ITエンジニア向けの就活サイトおすすめ13選!評判や選び方を解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

「エンジニアに特化した就活サイトなんてある?」
「エンジニアは未経験でもなれるもの?」

就活生のなかで、エンジニアに興味をもつ方は少なからずいるでしょう。なかには、全くの未経験で挑戦してみたいと考える方もいるかもしれません。

エンジニアは、未経験者でも活躍できる可能性は十分に考えられます。就活サイトの選び方次第では、入社できる企業が見つかることもあるでしょう。

本記事では、エンジニアにおすすめの就活サイトを紹介します。就活サイトを選ぶ方法や、登録するまえにおこなっておくべき対策まで解説するので、エンジニアを志している方はぜひ参考にしてください。

目次

ITエンジニアを目指す就活生におすすめの就活サイト

それではITエンジニアを目指す就活生におすすめの就活サイトを紹介します。

関連記事:【24卒・25卒向け】就活サイトおすすめランキング比較|失敗しない選び方を解説

レバテックルーキー

レバティックルーキー
レバテックルーキーおすすめポイント
  • IT業界の人材紹介で高い知名度を誇るレバテック株式会社が運営
  • 大手からベンチャー企業まで幅広い求人を保有
  • ES添削、面接対策、ポートフォリオ作成サポートを実施

レバテックルーキー」は「ITエンジニアを目指す新卒学生向け」の就活エージェントです。

運営会社のレバテック株式会社は、IT業界専門のエージェントとして15年以上の歴史を有しており、IT企業・IT業界における人材紹介サービスで高い知名度を誇ります。

独占求人や非公開求人などの質の高い求人が多く、IT業界を目指す人はまず登録しておきたいエージェントです。

保有する求人は大手からベンチャー企業まで幅広く、とくに就職サイトでは埋もれがちな優良ベンチャー企業の求人を豊富に取り揃えています。

数多くの求人の中から、あなたの希望に沿った求人を紹介してくれるでしょう。

在籍する就活アドバイザーはIT業界専門で実績を積んできた「IT就職のプロ」ばかりで、業界の最新動向やスキル、入社後のキャリアや働き方についても相談できます。

ITエンジニアを目指す学生にとって、頼もしいパートナーとなるでしょう。

キャリアチケット

キャリアチケット
  • 特徴① あなたに合った企業のみ紹介
  • 特徴② 13,000人以上の就活をサポート
  • 特徴③ オンラインの就活セミナーが充実

キャリアチケットは何十社も受けてそのうちの内定がもらえた企業で働くのではなく、自分にあった企業で活躍するためにサポートしてくれます。

 

入社してから後悔しないために、あなたが活躍できる企業を選ぶための方法をアドバイスしてくれます。

どのように就職活動を進めていけばいいのか分からない方にこそ、利用してほしい就活エージェントです。

 

またキャリアチケットのアドバイザーからのアドバイスを受けることで、内定率が93%アップした実績もあるので、ぜひ利用してみてください。

 

サービス名 キャリアチケット
運営会社 レバレジーズ株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 就職後の未来まで見据えたサポート
  • 「キャリアチケットカフェ」で気軽に情報交換できる
  • 就職活動のノウハウを学べるオンラインセミナー
対応地域
東京、名古屋、大阪、京都など全国
公式サイト

 

キャリアスタート

キャリアスタート新卒
  • 特徴① 最短2週間で内定を狙える
  • 特徴② 入社実績2,000名以上
  • 特徴③ 定着率92%

キャリアスタートは一人ひとりのあった企業を紹介してくれるため、入社後定着率が90%以上と高いのが特徴の就活エージェントです。

また、学生から人気の高い有名企業への就活サポートをもしてくれます。

 

質の高い求人紹介から、一人ひとりに合わせた面接サポートまで無料で対応してくれるため、就活がなかなかうまくいかず悩んでいる方におすすめです。

 

最短2週間で内定獲得している実績もあるため、できるだけ早く内定がほしい方はぜひとも利用したい就活エージェントです。

 

サービス名 キャリアスタート
運営会社 キャリアスタート株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • あなたの個性にあった求人を紹介
  • マンツーマンで就活をサポート
  • 全国どこでも対応可能
対応地域
北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年2月時点

LHH就活エージェント

LHH就活エージェント
  • 特徴① 最短ルートで内定を狙える
  • 特徴② 企業ごとにESを添削してくれる
  • 特徴③ 入社後のキャリアを考えたサポート

LHH就活エージェントはただ求人を紹介するのではなく、入社後のキャリアを見据えたサポートをしてくれます。

また、グローバル求人や一般的な就活サイトには登録されていない求人を多く保有しています。

 

企業に合わせた自己PRや志望動機の添削から面接対策まで、一緒に担当者がサポートしてくれるため、自分の描きたいキャリアを実現できる企業から内定をもらうことができるでしょう。

 

サービス名 LHH就活エージェント
運営会社 アデコ株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 一人ひとりにあった求人を紹介
  • 非公開求人を多く保有
  • 就活イベントを定期的に実施
対応地域
全国
公式サイト

 

Meets Company

meets company
  • 特徴① 社長や人事と直接話すことができる
  • 特徴② 独自ルートで選考に進むことができる
  • 特徴③ オンラインの就活セミナーが充実

Meets Company(ミーツカンパニー)は「就活エージェント×合同説明会」を掛け合わせたサービスです。

 

ミーツカンパニーで開催されている合同説明会は、かしこまった雰囲気ではなく、少人数の座談会形式で進められるため、素の自分をアピールしやすいのがポイントです。

 

またミーツカンパニーのイベントに参加した方限定で、1次面接スキップできる特別選考に進むこともできます。

 

社員の雰囲気やサイトではわからないリアルの声を聞けるのもリアルイベントの特徴の1つです。

 

サービス名 Meets Company
運営会社 株式会社DYM
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 少人数の合同説明会に参加できる
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 全国各地でイベントに参加できる
対応地域
全国
公式サイト

 

キャリアパーク

キャリアパーク
  • 特徴① 最短1週間のスピード内定
  • 特徴② 専属のエージェントが就活をサポート
  • 特徴③ 300社の中から最適な企業のみ紹介

キャリアパークは特別の選考フローや選考回数が少ない求人を取り揃えているため、内定まで早くて1週間、最速3日で内定獲得も狙えます。

 

また、平均5回以上の面談や選考対策のセミナーなどあなたの就活をトータルでサポートしてくれます。

 

なかなか内定がもらえない方や今すぐ内定が欲しい方は、年間1,000名以上の面談を行うキャリアアドバイザーのサポートを借りて、就活を成功させましょう。

 

サービス名 キャリアパーク
運営会社 ポート株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 個別のオンライン面談を実施
  • 上場企業が運営
  • 選考回数が少ない求人枠を紹介してくれる
対応地域
全国
公式サイト

 

DiG UP CAREER

DIG UP CAREER
  • 特徴① 最短2週間で内定獲得
  • 特徴② 首都圏に特化した求人を保有
  • 特徴③ 完全オーダーメイドの就職サポート

DiG UP CAREER は、利用者満足度90%、友人紹介率60%の支援が手厚い就活エージェントです。

キャリアアドバイザーがしっかりと自己分析に向き合ってくれるから、あなたに合った企業が見つかりやすいでしょう。

 

さらに、LINEを使って密にコミュニケーションがとれるのも特徴です。 メールや電話と違い、スピード感をもって相談できるため、早期の就職成功も難しくありません。

紹介企業は、メーカーや商社、アパレル、金融などを取り扱っており、幅広い業界からあなたにあったところを選べます。

 

面接後には企業からフィードバックがもらえるので、次に活かせるのもメリットです。

 

サービス名 DiG UP CAREER
運営会社 NaS株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 利用者満足度90%の就活エージェント
  • LINEを使って密にコミュニケーションがとれる
  • 面接後に企業からフィードバックがもらえる
対応地域
東京、神奈川、埼玉、千葉
公式サイト

 

エンジニア就活

エンジニア就活
  • 特徴 無料プログラミング研修
  • 特徴 採用コンサルタントによる就活サポート
  • 特徴 独自の対策セミナー

エンジニア就活は、シンクエージェント株式会社により運営されている就活サイトです。大手企業から、Sler・外資系・ベンチャー・自社開発・Webなど、あらゆる業界の求人を取り揃えています。

利用者が投稿した就活体験談を企業ごとに見られるので、はじめての就活に不安な方は目を通しておくことをおすすめします。

希望したい方は、無料のプログラミング研修が受けられるところもポイントです。プログラミングが未経験の方は、事前に実績を積んでから就活に望むこともできます。就職まえに、少しでもプログラミングの知識を身につけておけば、入社後に遅れることなくスタートダッシュがきれるでしょう。

サービス名エンジニア就活
運営会社シンクエージェント株式会社
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
おすすめポイント無料のプログラミング研修が受けられる
対応地域全国
公式サイトhttps://engineer-shukatu.jp
2024年2月時点

オファーボックス

オファーボックス
  • 特徴 企業側からオファーが届く
  • 特徴 自己分析ツールで自分らしさを表現
  • 特徴 就活の可能性が広がる

オファーボックスは、株式会社i-plugが運営している就活サイトです。情報通信や建設、教育・医療・福祉など幅広い業界を取り揃えており、もちろんエンジニアを求める企業も掲載されています。オファーボックスはスカウト型の就活サイトのため、就活生の情報を見た企業がオファーを送る形式です。

一番のポイントは、企業側が1日に送れるオファーの数に限りがあるところです。上限が設定されているため、無作為にスカウトを送ることができず、一通一通厳選して就活生にオファーを送ります。さまざまな業界から多くのスカウトが来るため、就活の可能性を広げられるところもポイントです。

サービス名オファーボックス
運営会社株式会社i-plug
登録企業数16,726社以上
公開求人数非公開
おすすめポイント厳選された企業からのオファーがもらえる
対応地域全国
公式サイト https://offerbox.jp/
2024年2月時点
あわせて読みたい
オファーボックスの評判はやばい?就活生のリアルの口コミを紹介 オファーボックスの評判って実際どうなの? オファーボックスを使うときはどうやって進めればいいの? といった悩みや疑問を抱える方も多いのではないでしょうか。 就職...

キミスカ

キミスカ
  • 特徴 企業の本気度がわかる3種類のスカウト
  • 特徴 キミスカ独自の適性検査TPI©で自己分析に役立つ
  • 特徴 キミスカ登録者限定のイベント多数

キミスカは、株式会社グローアップが運営している就活サイトです。オファーボックス同様、逆求人サイトのため、プロフィールを入力すれば企業側からスカウトが届きます。

登録者のみが受けられる適性検査の結果は、自己分析の際に役立つデータです。エンジニアになるために、補うべきスキルなどがわかります。

一番のポイントは、プロフィールを充実させるごとにゴールド・シルバー・ノーマルと3段階にランクづけされるところです。上のランクにいくほど、希少価値のある企業からスカウトが届く可能性が高くなります。良質の企業からスカウトをもらうには、ゴールドランクを目指すのは必須といっても過言ではありません。

サービス名キミスカ
運営会社株式会社グローアップ
累計登録企業6,500件以上
公開求人数非公開
おすすめポイントプロフィールごとに与えられるランク
対応地域全国
公式サイトhttps://kimisuka.com/
あわせて読みたい
キミスカの評判・口コミを徹底比較|メリットやデメリットも解説 キミスカを知ったものの、怪しい噂もあり一歩踏み出せない方もいるでしょう。 そこで本記事では、キミスカの評判・口コミ、活用するメリット・デメリット、最大限利用す...

Paiza

paiza
  • 特徴 自分のスキルに合わせた就活サイトが利用できる
  • 特徴 プログラミング診断可能 
  • 特徴 ITエンジニアのためのさまざまなコンテンツが揃っている

paizaは、paiza株式会社が運営しているITエンジニア向けの就活サイトです。ITエンジニアに特化した企業を紹介するだけでなく、プログラミング学習をおこなえるプラットフォームも備わっています。

paiza独自でプログラミングスキルをチェックできる機能が搭載されており、スキルレベルが6段階にわかれています。自身のもつスキルレベルの高さに合わせて、使用する就活サイトを選べるところがポイントです。

paizaは、大きく分けてITエンジニア向けの新卒用の就職サイトと転職サイト、若手向けの転職サイトの3つが揃っています。自分がどの就活サイトを使うべきかを考えて決めることが大切です。

サービス名paiza
運営会社paiza株式会社
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
おすすめポイントプログラミングスキルをチェック可能
対応地域全国
公式サイトhttps://paiza.jp/
2024年2月時点

Wantedly

Wantedly
  • 特徴 気軽に企業のページに訪問できる
  • 特徴 成長できるインターンと出会える
  • 特徴 自身の活躍を共有できる

Wantedlyは、ウォンテッドリー株式会社が運営している企業とワーカーが出会うためのサイトです。おもに、20代から30代をターゲットに企業を紹介しています。

もともとはエンジニア界隈からはじまったサービスのため、エンジニア関連の職種が多く掲載されている様子がうかがえます。気になる企業が見つかった際は、「話を聞きに行きたい」ボタンをタップすれば、すぐに企業へ連絡が届くため手間がかかりません。

Wantedlyは、プロフィールを充実させているほど興味をもってくれる企業が増えます。自身のプロフィールは、できるだけ魅力的に見えるよう工夫しておきましょう。

サービス名Wantedly
運営会社ウォンテッドリー株式会社
登録企業数37,000
公開求人数非公開
おすすめポイント手間のいらない応募方法
対応地域全国
公式サイトhttps://www.wantedly.com/
2024年2月時点

IT求人ナビ

IT求人ナビ
  • 特徴 条件のマッチと就業成功率が最高水準
  • 特徴 新しいキャリアパスの発見
  • 特徴 全国7拠点での就活支援

IT求人ナビは、株式会社アクロビジョンが運営している、IT業界専門の就活サイトです。とくに、エンジニアとして働きたい方たちへ、最大限のサポートを提供することを念頭に置いています。

IT求人ナビは、プロのキャリアコーディネーターが利用者の経歴やスキル、業界の動向を考慮して全面的にサポートをおこないます。就職支援は未経験者や新卒者だけでなく、転職希望者やフリーランスの方々も対象です。

転職や独立をおこなう求職者には、年収アップにはどの企業へ就くべきかなども最大限サポートしてくれます。無料登録も30秒で完了するため、エンジニア就職を志している方であれば誰でも簡単に利用を開始できるサービスです。

サービス名IT求人ナビ
運営会社株式会社アクロビジョン
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
おすすめポイントエンジニアに特化した手厚いサポート
対応地域札幌・仙台・関東・愛知・関西・広島・福岡
公式サイトhttps://it-kyujin.jp/
2024年2月時点

エンジニア未経験者には総合型の就活サイトがおすすめ

エンジニアの仕事が未経験の就活生は、総合型の就活サイトで仕事を探すのがおすすめです。

総合型の就活サイトは、幅広い求人を取り扱っている場合が多く、未経験者歓迎の募集をかけているところも少なくありません。

就活サイトは、自身の個人情報を入力したのち登録し、求人を自分で見つけて応募から面接の日程調整まで全て自分でおこないます。就活を自分でおこなえる自信のない方は、エージェント型のサイトを利用してみてもよいでしょう。

エージェント型の就活サイトでは、担当のキャリアアドバイザーが一人ひとりの就活生に寄り添います。企業探しから選考対策まで、就活のほとんどを全面的にサポートしてくれるため強い味方となるのです。

しかし、エージェント型の就活サイトは、基本的に自身で求人に応募することができません。必ず担当者を介して応募するかを決めなくてはならないため、就活サイトと就活エージェントをうまく使い分けるのもひとつの方法です。

エンジニア就活サイトの選び方5

就活サイトを活用してエンジニアの職業を探そうとしている就活生はたくさんいるでしょう。しかし、種類がありすぎて、どの就活サイトを使うべきかわからないという就活生も少なくないのではないでしょうか。

本項目では、どんな要素を基準にしてエンジニア向けの就活サイトを選べばよいかを解説します。

検索型就活サイトを選ぶ

エンジニア向けの就活サイト選びで迷っている方は、検索型就活サイトを利用するのもひとつの手です。

検索型就活サイトは、入力した条件をもとに企業を検索する形式のサービスをいいます。

検索型就活サイトの特徴

企業に対する希望条件や自身の個人情報を入力し、検索をかけると条件と自分の情報に沿った求人を見ることができます。条件を詳しく入力すれば、希望にあった企業のみが表示されるため、企業を効率よく探すのに効果的です。

どんな人に向いている?

検索型の就活サイトは、大学在学中にプログラミングスクールに通ったり独学で学習したりしながら、実際にコードを扱った経験のある就活生に向いています。

ある程度の経験があれば、どんな人材を求めている企業に応募すべきか自ずとわかってくるでしょう。企業探しから応募まで、ほとんどの手順を自身でおこなえる方にはおすすめです。

使用するときの注意点

求人によっては、高いスキルを求める企業もあるため注意が必要です。また、検索型の就活サイトは応募できる企業を自身で見極める必要があるため、未経験者には向いているとはいえないでしょう。

逆求人型サイトを選ぶ

就活サイトには、逆求人型というスカウト形式の就活サイトも存在します。

以下に、どのようなサービスなのかを解説します。

逆求人型就活サイトの特徴

逆求人型サイトは自身の個人情報やスキル、希望の条件などを登録しておけば、企業の方からスカウトがくる形式の就活サイトです。

どんな人に向いている?

逆型求人サイトは、自分で企業を探す手間が省けるため、就活のためにあまり時間が作れない方におすすめです。また、スカウト形式のため企業に対しとくにこだわりがない方にも向いているといえます。

検索型求人サイト同様、ひとつ一つの企業がどのようなところかを見極めなくてはいけません。ある程度エンジニアのスキルがある就活生の方が安心して利用できるサービスです。

使用するときの注意点

スカウトしてきた求人が、環境が自分には合わない可能性や、ブラックといわれるような企業である可能性も否定できません。企業がどのようなところかを見極めるためにも、未経験者にはあまりおすすめできないサービスです。

あわせて読みたい
逆求人サイト新卒へのおすすめ14選! 上手な活用方法とは? 逆求人サイトに登録したいけどどこがおすすめなのかわからない 逆求人サイトできちんとスカウトが届くようにしたい 新卒向けにおすすめの逆求人サイトを知りたい このよ...

エージェント型のサイトを選ぶ

前項でも軽く紹介しましたが、担当者から企業を紹介してもらえる、いわゆるエージェント型のサービスを選ぶのもひとつの方法です。

エージェント型就活サイトの特徴

エージェント型就活サイトは、キャリアアドバイザーが担当者としてつくため、サポートを受けながら就活がすすめられるサービスです。自己分析のまとめ方から履歴書やESの添削、面接の練習など、さまざまなサポートを受けられます。

なかには、元エンジニアのキャリアアドバイザーが在籍しているサービスも存在します。エンジニアに関するアドバイスを受けられたり、入社前に備えておくべきエンジニアの知識を教えてもらえたりするため効果的です。

どんな人に向いている?

エージェント型の就活サイトは、手厚いサポートが期待できるため、エンジニアの仕事が完全に未経験の方でも安心して利用できます。

また、一人で就活をおこなえるかが不安な方にもおすすめです。プロのキャリアアドバイザーがついてくれるだけでも、得られる安心感は大きく異なります。

使用するときの注意点

エージェント型の就活サイトは、人との関わりが多くなります。担当者との相性が合わない場合、逆にストレスになる可能性も否めないため注意が必要です。

また、エンジニアの知識が少ない人が担当になる場合もあります。エンジニアについて相談したくても、あまりよい情報を取り扱っていないケースがあるため、担当者は慎重に選ぶのが大切です。

あわせて読みたい
就活エージェントおすすめ比較21社|24卒・25卒向けに各社の特徴を徹底解説 「就活エージェント」って調べると口コミとして、イイこと悪いこと色々書いてあるから選びにくいと思います。会社自体が優れていても、担当者の質が低い事は良くある話...

取り揃えているWeb業界やエンジニアの求人数で選ぶ

上記の3つ以外にも、エンジニア向けの就活サイトは取り揃えているWeb業界や、エンジニア職の求人数で選ぶのも方法です。求人数は、多ければ多いほど選択の幅が広がります。

選択肢が多ければ多いほど、自分が探していたような求人に出会える可能性は上がります。

より多くの求人を見てみたい方は、求人数の多さが評判の就活サイトを調べてみてもよいでしょう。

キャリアアドバイザーの知識量を基準に選ぶ

エージェント型の就活サイトの選び方になりますが、キャリアアドバイザーの豊富な知識量で決めるのも手段のひとつです。とくにエンジニア未経験者の場合、サポート担当者の質が左右されるといっても過言ではありません。

おもに、以下の項目に詳しいキャリアアドバイザーが在籍している就活サイトを選ぶのがよいでしょう。

  • エンジニアとしての就職にどのようなスキルがあれば有利か
  • エンジニアとしての就職には最低限どのような知識が必要か

上記について知っているアドバイザーの方が、安心して相談しやすいうえにスムーズに就活を進めやすくなります。

エンジニア経験者が在籍している就活サイトへの登録もおすすめです。

エンジニア向けの就活サイトを選ぶコツ

エンジニア向けの就活サイトにも、正しい選び方が存在します。就活サイトを利用するまえに、以下の項目を把握しておくと、就活サイトを効率よく活用できます。

  • エンジニアに関する説明会やイベントを紹介しているかを確かめる
  • 自分のスキルに見合った企業を紹介してくれるかを確かめる
  • ポートフォリオの添削を受けつけているか確かめる
  • 内定獲得後におこなっておくべき対策を教えてくれるかを確かめる

以下の項目は、おもにエージェント型の就活サイトが該当します。就活サイトを選ぶときは、自分のキャリアに合わせて選ぶとよいでしょう。

エンジニアに関する説明会やイベントを紹介しているかを確かめる

エンジニア向けの就活サイトを選ぶコツとして、説明会やイベントを紹介しているかどうかを確認することが挙げられます。エンジニア関連のイベントに参加すれば、企業がエンジニアに求める人材や就職に有利なスキルなどを知る機会が得られることができます。

エンジニア向けのイベントとして、季節ごとに開催されるインターンや企業説明会などが該当します。

初回面談などで、イベントについての情報や、コミュニティについて知っているかどうかをあらかじめ聞いてみるとよいでしょう。

自分のスキルに見合った企業を紹介してくれるかを確かめる

エンジニア向けの就活サイトを利用する際は、自分のスキルに見合った企業を紹介してくれるかどうかを見極めるのも大切です。自分のスキルに見合った企業に入社できれば、就職先とのミスマッチや早期退職を防ぐ効果が期待できます。

未経験者の場合、教育制度が充実している企業に応募するのもおすすめです。

教育制度が十分に整っている企業は、未経験者の社員を立派なエンジニアになるまで時間をかけてでも育てようという意識が強い傾向にあります。

はじめは慣れないことが多く、戸惑う出来事に出会うかもしれませんが、立派なエンジニアとして活躍できるようになるのです。

未経験者とは反対に、キャリアアップが目指せる企業を紹介してもらえるかどうかも重要です。とくに、大学在学中に独学である程度のエンジニアスキルや知識が身についている就活生にあてはまります。

ポートフォリオの添削を受けつけているか確かめる

就活サイトを利用する際は、ポートフォリオの添削をおこなってくれるかどうかで決めるのもよいでしょう。ポートフォリオの添削はエージェント型の就活サイトのみで対応されるので、一度見てもらいたい方は検索型よりもエージェント型を利用しましょう。

ポートフォリオは、応募の際に企業へアピールするための材料になります。ポートフォリオを添削してもらえれば、アピールする成果物の質をあげたり、見やすいものへと改善されたりする効果が期待できます。

ポートフォリオは、エンジニアとして自分がどれほどの実力をもっているかを伝えるための実績です。選考に進む際は、できるだけ準備しておくことをおすすめします。

内定獲得後におこなっておくべき対策を教えてくれるかを確かめる

内定獲得後におこなうべき対策を教えてもらえるかどうかも、就活サイトを選ぶ基準として挙げられます。就活で大切なのは、企業に内定をもらうことだけではありません。

入社後に十分な活躍ができることこそ就活の時点で考えておくべき項目です。

入社後に活躍できるためのアドバイスをくれる担当者がいる就活エージェントは信頼できるでしょう。

ほかにも、学習しておくと有利になる項目や知っておくと役立つ知識、おすすめの参考書なども教えてくれる担当者のいる就活エージェントは良質といえます。

エンジニア就活サイトをより有効活用するためにおこなうこと

エンジニア向けの就活サイトを選ぶコツを知ったあとは、サービスを有効活用するための対策を知っておきましょう。なにもせずに就活サイトを利用するよりも、事前にある程度の対策をおこなってから使い始めた方がより大きな効果を期待できます。

以下に、就活サイトをより使いこなすためにどのような対策をおこなえばよいかを解説します。

自己分析をおこなう

エンジニア向けの就活サイトを利用するまえに、あらかじめ自己分析を済ませておきましょう。自己分析をおこなっておくことで、掲載されている求人のなかで自分にあった企業が見つけやすくなります。

自己分析では、就職するのにふさわしい企業や業界を特定させるために、自分の得意な項目や苦手な項目を再認識します。

エンジニアにもさまざまな仕事があるので、自分に合っている職種がわからない方は、自己分析をおこなうよう意識してください。

エンジニアに関する知識をある程度身につけておく

就活サイトを利用するまえに、エンジニアの知識をある程度身につけておくことも視野に入れておいてください。エンジニアに関する勉強は就活サイトを利用しながらでもおこなえますが、知識のインプットは早めに始めるのをおすすめします。

エンジニアに興味があっても、とくに未経験者の場合は、予習もかねてある程度の知識をつけておくことが大切です。企業によっては、知識なしで内定を決めると入社後についていけなくなる可能性が生じます。

就活サイトの利用を検討している方は、自身でエンジニアに必要な知識について調べてみるのもよいでしょう。

ポートフォリオを作成する

エンジニアの就活サイトを有効活用するためには、ポートフォリオの作成も大切です。企業へ応募する際には、アピールできる成果物があった方が、活躍してくれると期待される可能性が高まります。

エンジニアのポートフォリオの場合、成果物のほかに、過去の実績や可能な仕事内容などをわかりやすく記載しておくとよいでしょう。とくに未経験者の場合は、ポートフォリオなどの成果物がない状態のまま応募しても、どの程度活躍できるかわからない人は雇いたくないと思われるかもしれません。

就活サイトで応募する企業を探すまえに、実績のアピールとしてポートフォリオの準備からはじめておいてください。

就活サイトの口コミや評判をチェックする

就活サイトを利用する際は、口コミや評判のチェックも忘れずにおこなっておいてください。現在では、さまざまな種類の就活サイトが存在します。種類によっては、キャリアアドバイザーの質や取り揃えている求人の数が大きく変わるのです。

なにも調べず、適当に選んで利用すると、求人の質が悪いサイトにあたってしまうリスクなどが考えられます。

就活サイトを利用する際は、口コミや評判をみてどの程度の質なのかを確認しておきましょう。

エンジニア未経験者におすすめの勉強法

エンジニア未経験の方は、キャリアアドバイザーからサポートを受けながら就活をおこなうにしても、ある程度の勉強は大切です。本項目では、エンジニアの勉強をどのようにおこなえばよいか、おもな勉強法を紹介します。

エンジニアの知識がなく、応募したい企業にアピールできる要素が見つからない方は、以下の方法を参考に知識を身につけてみましょう。

独学で勉強する

エンジニアの勉強には、独学でおこなう方法も存在します。

以下の学習法を実行し、必ず参考書や動画などに記されてある内容を実践したり、アウトプットしたりする機会を設けてください。

書籍やテキストを読む

エンジニアの勉強法として、書籍やテキストなどで学習する方法が挙げられます。書店でテキストや書籍を購入し、知識を身につけるやり方です。

エンジニアの種類によって、使うべき参考書などは異なります。

また、書店に並べられている書籍や参考書のほとんどがプロによって書かれたものです。内容に高い信ぴょう性をもったうえで学習に取り組めます。

注意点として、書籍には向き不向きや読みやすさがあるため、自分にとって合わないものが含まれている場合があります。どの参考書を使うべきかを見極める力が大切です。

動画を見る

エンジニアの独学勉強法として、動画で学ぶのもひとつの方法です。現在は、動画型投稿サービスなどに勉強法や知識の発信をしている人が多く存在します。

なかには、プロのエンジニアが発信している動画も複数存在するため、動画で学ぶことでも十分に可能です。

キーワードを入力して検索するだけなので、見たい動画を探すのにも手間はほとんどかかりません。しかし、発信者によっては信ぴょう性が疑わしいものがある可能性には注意が必要です。

エンジニア専用のアプリを使う

独学する方法として、専用アプリを利用するのも手段のひとつです。近年では、手軽に楽しめることを目的として、エンジニアの知識を身につけられるアプリが誕生しています。

エンジニアに関する基礎知識や、最低限学んでおくべき知識などがすぐに学べるところがメリットです。スマートフォンからダウンロードすれば、すぐにはじめられるうえ隙間時間にも勉強できます。

まずは基礎知識から学んでみたい方は、アプリでの学習からはじめてみるのもよいでしょう。

プログラミングスクールに通う

エンジニアに関する勉強を独学でおこなえる自信のない方は、プログラミングスクールに通いながら学習するのもおすすめです。近年増加傾向にありますが、エンジニア向けのプログラミングスクールが存在します。

実際に、大学在学中にスクールに通っている人はたくさんいるので、学生からでも社会人並みの知識を身につけられるのです。

プログラミングスクールは、まとまった時間があっても自分で勉強できる自信がない、本格的に学びたい方に向いています。プロのエンジニアから直接教えてもらえるため、専門的な知識に関する質問もおこなえます。

また、同じくエンジニアを志している仲間にも出会えるため、企業についての情報も仕入れられるかもしれません。プログラミングスクールは、限られた時間のなかで効率的なカリキュラムが組まれています。

きちんと学習すれば、スキルを十分にのばすことが期待できます。

エンジニアの勉強会に参加する

エンジニアの勉強方法として、勉強会への参加も方法のひとつです。企業によって、無料で参加できる勉強会があります。勉強会への参加は、エンジニア同士で交流をする場を設けられるところがメリットです。

エンジニアと交流すれば、企業の求めるエンジニアの理想像や勉強しやすい参考書など、さまざまな有益情報が得られます。

勉強会によっては、実際に現役のエンジニアやエンジニアを志している人たちに直接会えるオフ会が開催される場合もあります。

まだ時間のある就活生は、大学生のうちにエンジニア向けの勉強会に参加するのも検討しましょう。

エンジニア向けのオンラインサロンに入会する

エンジニア向けのオンラインサロンに入会するのも、効率のよい学習方法のひとつです。エンジニアの勉強会に似ていますが、オンラインサロンではおもにエンジニアに関する情報共有がおもにおこなわれます。

エンジニア向けのオンラインサロンには、無料のものもあれば月額費を支払うことで入会できるところもあります。オンラインサロンは、トピックについての語り合いや情報共有が効率よくおこなえるよう、ある程度の知識を得たあとに入るのがよいでしょう。

また、エンジニア同士のつながりをもつこともできるため、一緒に語り合いたい仲間が欲しい方にはおすすめです。

学習だけでなく、仲間づくりを意識している方は、ぜひ入会を検討してみましょう。

入社後にスキルを身につける

エンジニアに必要なスキルを身につける時間がなく忙しい方は、入社後にスキルを身につけるという方法もあります。

勉強していてる人のなかにも、未経験者でスキルに自信がない方はいるでしょう。独学や事前学習だけで知識が身についた気がしないときは、研修制度が整っている企業に就職するのも手段のひとつです。実際に現場で働きつつ学習した方が、スキルを身につけやすくなる場合があります。

また、研修制度を利用すれば、不明点をすぐ質問できるところもメリットです。

わからないことを短時間で解決できるのは、効率よく学習するのに大きな効果が期待できます。

エンジニア就活に関するよくある質問

エンジニア関連の職業に就職するにあたって、就活生が疑問をもつ項目を以下にまとめました。就活をおこなう方は、以下の質問項目をチェックして、あらかじめ不明な点は解決しておきましょう。

エンジニアに興味がある新卒におすすめの就活サイトはある?

エンジニアに興味がある場合、自分に備わっている知識量を加味して就活サイトを選びましょう。未経験であれば、未経験者向けの就活サイトや担当者がサポートしてくれる就活エージェントを利用するのがおすすめです。

エンジニア就活は未経験でも可能?

はい。可能です。エンジニアが未経験者のための就活サイトもあるため、登録を検討してはいかがでしょうか。

エンジニア業界に就職するには就活サイトよりもエージェントの方がよい?

エンジニア未経験者の場合はエージェント型の就活サイトをおすすめします。

ある程度エンジニアの知識が備わっており、企業選びが自分でおこなえる自信のある方は、就活サイトを使ってみてもよいでしょう。

最後に|エンジニア就活サイトは自分にあったものを選んで有効に使おう

エンジニアの仕事に興味がある方は、自分のスキルや能力を考慮して、利用する就活サイトを決めることからはじめてみましょう。

とくに、未経験者の場合は総合型の就活サイトに登録するのがおすすめです。

未経験者向けの求人を多く取り揃えているため、選択の幅が広がります。就活サイトはほかにもさまざまな形式のものが存在するので、自分に合った形式を選んで決めるとよいでしょう。

エンジニア向けの就活サイトを利用する際は、サービスを選ぶコツや事前におこなうべき対策を知っておくのも大切です。いきなり利用を開始しても、うまく使いこなせないと就活自体が成功しない可能性も考えられます。

就活を成功させるためには、就活サイトの選び方が重要といっても過言ではありません。

自分に合っている就活サイトはどれなのか、どんなサービスが揃っているものがよいのかを十分に考えて利用を開始してください。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。