民間企業から公務員の転職で後悔する7つのこと|後悔しない対策も解説

公務員
編集者
公務員転職後悔 アイキャッチ
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

公務員に転職したら後悔する?

公務員への転職でどんなことに後悔するのか知りたい

このような悩みをお持ちではないでしょうか。

民間企業から公務員へ転職した場合、イメージとのギャップから失敗だったと感じるケースがあります。

試験に合格してやっと得た公務員の仕事なのに、後悔するのは避けたいですよね。

この記事では、民間から公務員への転職後によくある後悔7をまとめています。

後悔しやすい人の特徴や後悔しないためのポイントも解説するため、公務員への転職を考えている人はぜひ参考にしてください。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

関連記事:公務員への転職におすすめの転職エージェント7選|選び方と使いこなすコツも解説

目次

民間から公務員への転職後によくある後悔

公務員転職後悔

民間から公務員への転職後によくある後悔は、次の7つです。

民間企業と公務員には多くの違いがあり、よく知らないまま転職するのはリスクが高いといえます。

失敗を避けるためにも、実際にありがちな例を知って役立てましょう。

サービス残業が多い

近年では公務員もサービス残業が増えています。

公務員といえば「定時で上がれて土日祝日はしっかり休める」というイメージが強く、それを理由に転職を考える人もいるでしょう。

しかし実際は人件費の削減によりどこも人手が足りず、定時までに終わらなかった仕事をサービス残業でこなしているのが現実です。

配属された部署によっては、地域のイベントや休日開庁のために出勤を余儀なくされることもあります。

その上公務員の残業代は予算に上限があるため、時間外の勤務すべてに残業代が出るわけではありません。

「公務員なら仕事がラクだろう」と甘い考えで転職すると、後悔に繋がる恐れがあるでしょう。

給料が低い

民間企業から公務員に転職して、給料が下がってしまうケースは少なくありません。

総務省の「令和4年地方公務員給与の実態調査」によれば、公務員の平均年収は約650万円です。国税庁の「令和4年分民間給与実態統計調査」によれば、給与所得者の平均年収は約458万円となっているため、一見高水準に見えます。

しかし年齢別に見ると、20代公務員では平均年収が約300万円~450万円と大幅に低くなります。

そのため転職したてや前職が大手企業だった場合は、公務員になって年収が100万円以上ダウンすることも珍しくないのです。

その上公務員は副業が禁止されており、足りない分を補うこともできません。

転職において収入を重視するなら、公務員を目指すかどうかは慎重に検討するべきでしょう。

人間関係が合わない

公務員は異動が多く、そのたびに人間関係を構築しなければならない難しさがあります。

国家公務員は全国勤務で約2年に1回、地方公務員はエリア限定勤務で34年に1回の異動があるのが一般的です。

国家公務員の場合、慣れない土地で馴染みのない慣習や文化がある中、周囲とうまく付き合っていかなければなりません。

地方公務員の場合、自治体によっては内輪的・閉鎖的なコミュニティがあり、新しい人間はなかなか受け入れてもらえないケースもあります。

さらに公務員は仕事柄、地域の人たちとの関わりが多いため、苦情やクレームを受けて精神的に疲弊してしまうこともあるでしょう。

人づきあいが苦手な人は、地域や部署の異動があっても対応できそうか、転職前によく考えるようにしてください。

年功序列である

公務員は、年齢や勤続年数に応じて評価される年功序列制度を採用しています。

ひと昔前、高度経済成長期の日本では定年まで勤める終身雇用や、人材確保のためメリットが多い年功序列が多く取り入れられました。

年功序列は組織の一体感が高まりやすい、長期的に人材育成できるといった面もありますが、一方で業務にマンネリが起きやすく企業として成長しにくいというデメリットがあります。

特に年配の職員は、黙っていてもポジションが上がっていくことからやっつけ仕事になっていることもあり、モチベーションに温度差を感じるかもしれません。

公務員を目指す場合は、年功序列制度が基本になることを念頭に置いておくべきでしょう。

評価されにくい労働環境である

公務員の年功序列制度は、個人の能力や成果が評価されにくい労働環境です。

現代では成果主義を取り入れ、即戦力となるスキルのある人材を確保したいと考える企業が増えています。

公務員は与えられた仕事をすれば給料は上がっていきますが、自分自身の成長やスキルアップの機会を失う恐れもあるのです。

特に前職がスタートアップや若い人が多いなど実力主義が強い企業だった場合、やりがいを感じられずモチベーションの低下に繋がるかもしれません。

個人で評価されることを重視したい場合は、公務員以外への転職も視野に入れたほうが良いでしょう。

試験の倍率が高い

公務員を目指す場合、公務員試験に受からなければならないという大きなハードルがあります。

公務員は昔から人気が高い職業だったため、倍率が10倍を超えるのは当たり前でした。

さらに国や県など規模の大きい自治体では筆記試験の難易度も高く、何度も落ちる人も珍しくありません。

転職の場合は高卒や大卒で試験を受ける人とは違い、働きながら勉強して受からなければならないため、さらに状況は厳しいでしょう。また筆記試験で通っても面接で人となりを判断され、試験に落ち続けるケースもあります。

ただし近年では公務員試験の申し込み者は減ってきており、2023年度の国家公務員一般職試験で3.2倍など、およそ24倍程度の倍率となっています。

職種によってはさらに低い倍率になることも考えられるため、「どうせ受からないだろう」と敬遠していた場合は見直してみても良いでしょう。

業務の効率が悪い

公務員の業務の効率性は、民間企業と比べると悪いと言わざるを得ません。

近年では働き方改革が声高に叫ばれていますが、日本の労働生産性は海外諸国に比べて低いのが実情です。

とはいえ、コロナ禍以降は民間企業でもAIが急速に普及するなどデジタル化が進み、業務の効率化を見直す動きが高まっています。

そんな中、公務員は昔からの規則や複雑なルールが多い上、プライバシー保護や公正性の観点からもなかなか現状を変えにくいのです。デジタル化が進んだ企業から転職すると、公務員の非効率なアナログ仕事に驚いてしまうかもしれません。

小さな企業では「ここはこうしたほうがいい」という意見も反映されやすいですが、公務員になった場合はそれも難しいでしょう。

公務員の転職で後悔しないためには?

公務員の転職で後悔しないためには、次の4つのポイントを意識することが大切です。

失敗するリスクを下げるため、自分にできることから1つずつ対処しましょう。

転職の目的を明確にしておく

転職前には、自分が公務員を目指す目的を明確にしてください。

そもそも公務員になることがゴールではなく、やりたい仕事や目標があって転職を志したはずです。

できれば10年スパンの長期目線で、紙に書き出すなどして目的を可視化すると、そのために何をするべきかが見えてくるでしょう。

目標がわかっていれば、転職後に悩んだり壁にぶつかったりした時も、冷静に対処できるようになります。

また、目標設定は公務員試験の面接でも役に立つはずです。

次の記事では、公務員から転職する成功ポイントを深堀りして解説しているため参考にしてください。

関連記事:公務員から転職は難しい?おすすめの業種や成功ポイントを解説

自分で公務員について理解を深める

何となくのイメージや中途半端な知識ではなく、公務員のメリット・デメリットについてしっかり理解を深めておきましょう。

年功序列制度や異動など、公務員と民間企業には多くの違いがあります。転職後に「知らなかった、そんなはずじゃなかった」と思っても後の祭りです。

地方自治体を目指すなら、実際にその自治体で働く人を見たり、話を聞いてみたりするのも1つの方法です。

その上で自分の今後のライフプランに照らし合わせ、本当に公務員になることで理想の働き方や暮らしを実現できるのか、よく考える必要があるでしょう。

資格を取得する

公務員を目指す場合、職種によっては以下のような資格が必要です。

  • 看護師
  • 保健師
  • 保育士
  • 栄養士
  • 薬剤師
  • 司書
  • 作業療法士

公務員として採用された場合、民間ではなく公立の機関・施設で勤務することになります。

しかし、働きながら取得を目指すのは難しい資格も多いでしょう。

そのほか、公務員になるために必須ではないものの、筆記試験対策やキャリアアップに有利になる資格もあります。

  • 日商簿記
  • 情報処理技術者
  • ファイナンシャルプランナー
  • MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

自治体によっては、上記の資格があると加点や筆記試験免除が受けられます。

希望する自治体で対象となる資格があれば、転職前に取得しておいても良いでしょう。

転職のプロに相談する

転職活動は1人で進めるよりも、転職のプロに相談するのがおすすめです。

転職エージェントを利用すると次のようなサポートが受けられるため、安心して転職活動に臨めるでしょう。

  • 面接対策
  • 応募書類の添削
  • 企業紹介

なお、エージェントによって得意な業界や職種は異なります。複数の会社に登録して、自分に合うエージェントを見つけてください。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

公務員におすすめの転職エージェント

それでは実際に、公務員におすすめの転職エージェントを紹介していきます。

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 117,375件
非公開求人数 非公開
対応地域
全国、海外
公式サイト
2024年5月15日時点

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 395,821件
非公開求人数 347,727件
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※2024年5月15日現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年5月15日時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 58,835件(※1)
非公開求人数 14,190件(※1)
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

おすすめの転職エージェントについてもっと詳しく知りたい方は、次の記事を参照してください。

関連記事:転職エージェントおすすめ比較ランキング!大手転職エージェント17社の特徴や選び方を解説

民間企業から公務員への転職で後悔する人の特徴

民間企業から公務員への転職で後悔する人には、次のような特徴があります。

人にはどうしても向き不向きがあるものです。

後悔しないためには、まず自分が公務員に向いているのかどうかを知っておきましょう。

コミュニケーションを取るのが苦手な人

公務員の仕事には、周囲の人とのコミュニケーションが欠かせません。

窓口業務や同僚との連携などビジネス上のやりとりはもちろん、住民と接する機会も多くあります。部署によっては苦情・クレームを直接受けることもあるため、それなりの対人スキルやメンタルの強さが必要です。

そもそも人づきあいが苦手な人はこういったケースに対応できず、仕事が苦痛になる恐れもあります。

転職前に最低限のコミュニケーションスキルを身に着けておき、進んで人と関わっていくという覚悟を持ちましょう。

大きな裁量権を持って仕事がしたい人

大きな裁量権を持って仕事がしたい人は、公務員になると不満を抱えてしまうかもしれません。

自分がやりたいと思ったことも、上司がNOといえばそれで終わりです。

公務員は大きな組織の中で働くため、個人行動が多い人や我が強い人は歓迎されにくいでしょう。

自分のやりたい仕事がしたい、自分で裁量権を持って進めたいという人は、規模が小さく実力主義の企業やフリーランスとして働くのがおすすめです。

専門スキルを身につけたい人

公務員の仕事では、専門的なスキルは身につきにくいといえます。

特に資格や経験がなくてもできる仕事が多い上、仕事を覚えたと思ったら部署異動があるという繰り返しのためです。

さらに仕事は基本的に「与えられるもの」であり、能動的に新しい仕事を生み出す場面は少ないため、どうしても大きな成長はしにくくなります。

深く狭くではなく、浅く広く何でもできる人材こそ公務員向きであり、公務員で専門性を極めることは難しいでしょう。

同じ作業を繰り返すのが苦手な人

部署にもよりますが、公務員の仕事では同じ作業の繰り返しも多くあります。

特に窓口業務はひたすら同じ手続きのルーティーンのため、苦痛を感じる人も少なくありません。

飽きっぽい人や常に刺激を求めるタイプの人は、公務員よりももっと自分に向いた職種を探すべきです。

民間企業から公務員への転職で後悔しないために、知っておきたい注意点やポイントをもっと詳しく知りたい方は、次の記事を参照してください。

関連記事:民間から公務員へ転職するなら知っておくべき注意点と大切なポイント

公務員の転職にはメリットもある!

ここまで公務員の転職で後悔するケースについて見てきましたが、もちろん次のようなメリットもあります。

公務員を目指す前にはメリットとデメリット両方を把握し、総合的に判断するようにしましょう。

雇用の安定性が高い

公務員は民間企業に比べて、雇用の安定性が高いのが特徴です。

民間企業のように倒産などの恐れもなく、よほどの問題を起こさない限りは解雇されることもありません。

また年功序列で年齢とともに給与が上がっていき、賞与や諸手当も充実しているため、長く勤めるほど安定した給料を確保できます。

とにかくリスクを低くして安定を求めたい人にとって、公務員は最適な選択肢といえるでしょう。

休日をしっかりと取れる

公務員は土日祝日休みが基本で、有給消化もしっかりと義務付けられています。

年間平均休日が120130日プラス、有給で20日休めると考えると、1年のうち最大で4割の休日が取れる計算です。

これは民間企業と比較すると高い数字といえます。

そのため仕事以外に趣味や生きがいがある人や、家族との時間を大切にしたい人は、休日の多さを優先して公務員を選ぶという選択肢もあるでしょう。

周囲からの印象が良い

公務員という仕事は、社会的な信用を得やすいのも大きなメリットです。

解雇の心配がなく給料が安定しているため、家を借りる時やローンを組む時もスムーズに進むことが多いでしょう。

また、例えば結婚相手が公務員であれば、相手の親の印象は良くなることもあるでしょう。

社会的地位や信用を重視したい人は、公務員がぴったりだといえます。

仕事のプレッシャーを感じにくい

公務員は、比較的プレッシャーを感じにくいこともメリットでしょう。

公務員はあくまで組織の中の人間であり、大勢で1つの仕事をこなすのが基本です。例えば医師のように、個人のミスや結果が誰かに大きな影響を与えるということはありません。

また仕事のできる・できないが評価や給料に直結するわけではないため、自分のペースで仕事ができるともいえます。

そのため大きな責任を負うと不安を感じる人や、プレッシャーで体調を崩してしまう人には公務員がぴったりです。

実際に公務員から転職してよかったことや、後悔しないための方法は次の記事にまとめているため、参考にしてください。

関連記事:公務員から転職してよかったことは?|後悔しないための方法も解説

【まとめ】民間企業から公務員の転職で後悔する7つのこと

民間企業から公務員へ転職すると、給料の低さや個人の評価のされにくさに不満を持つケースが多くみられます。

公務員には多くの人が好意的なイメージを持ちますが、実際は大きな違いがあることも珍しくないため、冷静に判断するよう心がけましょう。

転職後に後悔するのを防ぐためには、目的を明確にし、公務員について理解を深めておくことが大切です。

転職エージェントを利用すると、無料で面接対策やサポートを受けられます。

転職活動に自信がない方やプロ目線のアドバイスが欲しい方は、ぜひ相談してみましょう。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。