30代女性が外資系企業へ転職する5つの方法やメリット・デメリットを解説

高橋宇内
           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

30代女性でも外資系企業へ転職できる?

30代女性で外資系企業へ転職する方法を知りたい

といった悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

外資系企業は誰しもが憧れる仕事の一つです。しかし、外資系企業の実態を理解していないと、転職をしても後悔するかもしれません。

そこで本記事では、30代女性が外資系企業に転職するメリットやデメリット、求められるスキル、成功するための方法などを詳しく解説します。

外資系企業への転職を目指す30代女性は、ぜひ最後までご覧ください。

この記事の執筆者
高橋宇内
高橋 宇内 氏人事&キャリアドバイザー経験者
採用コンサルタントとして企業の人事を複数担当。転職後キャリアドバイザーとして、新卒・中途の求職者の支援。

関連記事:外資系に強いおすすめの転職エージェント・転職サイト比較ランキング|年代別のポイントを徹底解説

目次

【結論】30代女性でも外資系企業への転職は可能

結論、外資系企業への転職は30代女性でも可能です。なぜなら、外資系企業は職歴や学歴ではなくスキル・経験・実績を重視するからです。

女性が働きにくく男性比率が高い業界もありますが、外資系企業は男女問わず成果主義を採用しているため、女性でも働きやすいのが特徴です。

30代女性でも外資系企業に求められるスキルや経験があれば、転職はできるでしょう。

ただし、外資系企業への転職は簡単ではありません。転職に必要な対策を入念に実施することで実現できます。

高橋 宇内氏

本記事の内容を参考にして、外資系企業への転職を成功させましょう。

30代女性が外資系企業に転職するメリット5つ

30代女性が外資系企業に転職するメリット5つ

30代女性が外資系企業に転職するメリットは、以下のとおりです。

  • 年齢や性別関係なく評価される
  • ワークライフバランスが整えられる
  • 育児や出産に理解がある
  • 収入が増える
  • 働き方の自由度が高い

外資系企業へ転職する前に、自分にとってメリットがあるのか検討しましょう。

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

年齢や性別関係なく評価される

30代女性が外資系企業に転職するメリットの一つは、年齢や性別関係なく評価される点です。

業界や職種によっては仕事と子育ての両立が難しく、仕事の業務が限定されてしまい、キャリアアップできないケースもあるでしょう。

外資系企業は、いままでの経験・スキル・実績などを総合的に判断するため、年齢や性別によって評価が変わることはないでしょう。

高橋 宇内氏

30代女性でも外資系企業でキャリアアップできる可能性があるのは、転職するメリットといえるでしょう。

ワークライフバランスが整えられる

ワークライフバランスが整えられるのも、30代女性が外資系企業に転職するメリットです。

外資系企業の勤務形態は、在宅ワークや時短勤務・フレックスタイム制度を導入している企業が多い傾向にあります。

仕事を続けていると「毎日の出社がつらい」「生活スタイルに合わせて働きたい」と思うときがあるはずです。外資系企業は社員が働きやすい環境を整えているため、ワークライフバランスを保血ながら働くことができます。

ただし、繁忙期になると残業や出社をする可能性があることは念頭に置きましょう。

育児や出産に理解がある

30代は結婚や出産などのライフイベントが起こりやすい年齢です。その際、融通が利く仕事に就職していないと、私生活に悪影響を及ぼすかもしれません。

外資系企業の多くは以下のような福利厚生によって、働きやすい環境を提供している傾向があります。

  • 育児・出産休暇
  • フレックスタイム制
  • 在宅勤務
  • 時短勤務
  • 住宅補助

ライフイベントが起こる可能性が高い30代女性にとって、育児や出産に理解がある環境は嬉しいはずです。

高橋 宇内氏

30代女性でも働きやすい環境がある外資系企業は、転職する大きなメリットになるでしょう。

収入が増える

外資系企業は平均年収が高いことでも有名です。

マイナビが調査した「2023年版モデル年収ランキング」では、外資系金融の平均年収は1,683万円でした。

国税庁が調査した「令和3年分 民間給与実態統計調査」では、日本の平均年収が443万円でした。

外資系企業と日本の平均年収を比較すると、約1,200万円の差があることが明確です。外資系企業に転職をすれば、年収が高くなる可能性が高いといえるでしょう。

働き方の自由度が高い

外資系企業は、柔軟な働き方ができる傾向にあります。外資系企業は、出社したり在宅ワークをしたりなど、自由度が高い勤務系が可能です。

自分にとって最適な環境を提供してくれるのは、外資系企業に転職するメリットでしょう。

高橋 宇内氏

その中でも、ライフスタイルが変わりやすい30代女性にとっては、働き方の自由度が高い点はありがたいでしょう。

関連記事:外資系企業で働きたい人に向いてる人や働くメリット・デメリットを解説

30代女性が外資系企業に転職するデメリット

30代女性が外資系企業に転職するデメリット

30代女性が外資系企業に転職するデメリットは、仕事内容の難易度です。

外資系企業は高い給与や働きやすい環境が整っている一方で、求められるスキル・経験は高くなります。

また、転職後も常に新しい知識をインプット・アウトプットする必要があるため、最初は慣れるまでに時間がかかるでしょう。

外資系企業へ転職するときは、働いてからも常に努力が必要であることを覚えておきましょう。

関連記事:外資系転職の失敗パターン5つと後悔しないために考えておきたいこと

30代女性が外資系企業から求められるスキル・経験

ここからは、30代女性が外資系企業へ転職するために必要なスキル・経験を紹介します。

以下のスキル・経験があると、外資系企業への転職が有利になる可能性が高くなります。

  • 語学力
  • 柔軟性
  • 傾聴力
  • 成長意欲
  • マネジメント
  • ロジカルシンキング
  • クリティカルシンキング

それぞれのスキル・資格が求められる理由について、見ていきましょう。

語学力

30代女性が外資系企業から求められるスキル・資格の一つは、語学力です。外資系企業では、グローバル展開をしている事業が多く、語学力を一つの採用条件としているケースがあります。

一般的に語学力で求められる基準は、TOEIC700以上です。英語以外の外国語が話せる場合、評価は高くなる可能性があります。

もし海外留学の経験がある方は、実体験が高評価されやすいので、積極的にアピールしましょう。ただし、外資系企業には語学力を求めていないときもあるため、募集要項の確認が大切です。

高橋 宇内氏

外資系企業へ転職するときは、自分が採用基準を満たしているのかを把握しましょう。

柔軟性

柔軟性も、30代女性が外資系企業から求められるスキルの一つです。外資系企業は日本国内ではなく、海外での動きにも注目しています。

近年、AIやDXの促進により、経済状況が常に変化しています。いままで正しかった情報が明日には更新されているかもしれません。

その際、クライアント企業へ最適なサービスを提供するには、柔軟な対応力が必要です。外資系企業へ転職するには、柔軟性が欠かせないスキルとなるでしょう。

傾聴力

外資系企業は国際的な環境でビジネスを展開しており、異なる文化やバックグラウンドを持つ人々と協力し、円滑なコミュニケーションを図る必要があります。

傾聴力は異なる意見や視点を理解し、円滑なコミュニケーションを築くうえで重要なスキルです。

たとえば、クライアントとの商談やチーム内での意見交換、上司・同僚からの指示を正確に理解することが求められます。

異なる国や文化の同僚やクライアントと円滑な関係を築くためは、相手の言葉だけでなく、その裏にある意図を理解し反応することが大切です。

傾聴力はコミュニケーションスキルだけでなく、リーダーシップや協働力の向上にも役立ちます。外資系企業での仕事は、一人ではなく数人単位のプロジェクトで実施されるケースがほとんどです。

上司や同僚が提案するアイデア・課題に対して真摯に向き合い、チームとして良い方向に導くためには、傾聴力が不可欠です。

高橋 宇内氏

外資系企業では傾聴力を必要とする場面が多くなるため、30代女性が身につけていれば転職できる可能性は高まるでしょう。

成長意欲

外資系企業は急速に変化するビジネス環境において、従業員が主体的に学び、成長する姿勢を重視します。

成長意欲がある人材は、新しい課題にも果敢に取り組む姿勢や自己啓発の積極性があり、変化に適応する柔軟性も兼ね備えているはずです。新しい業務やプロジェクトに挑戦し、それによって自身のスキル・経験を高める姿勢は、外資系企業において高く評価されます。

成長意欲がある人材は、自分のキャリアをステップアップするだけでなく、企業全体の成長にも貢献できるでしょう。

また外資系企業はグローバルな視点を持ち、異なる文化や価値観に対応できる人材を求めています。

30代女性で外資系企業へ転職するには、新たな知識やスキルを積極的に取り入れ、国際的なビジネスにおいても適応できる能力を身につけることが必要です。

マネジメント

外資系企業は優秀なメンバーをまとめられるほどのマネジメント経験がある人を求めています。

組織内での中心としての役割を果たすだけでなく、プロジェクトを牽引し、成果を上げれる人こそマネジメント能力がある人です。30代女性でリーダーシップがある方は、これからの将来性にも期待されるため、高評価を得られます。

マネジメント経験がある人は、外資系企業の求める人物像として重要視され、キャリアアップにつながるでしょう。

ロジカルシンキング

外資系企業では、ビジネス上の意思決定・問題解決において、データや事実にもとづいた論理的なアプローチが必要です。

ロジカルシンキングは、複雑な課題に対して冷静かつ客観的に向き合い、解決策を導き出すための基本的な能力となります。

ロジカルシンキングが求められる理由は、急速に変化するビジネス環境において、さまざまな情報やデータを正確かつ迅速に分析し、適切な意思決定をおこなう必要があるためです。

また、ロジカルシンキングできる人は、他のメンバーとのコミュニケーションも円滑に行い、協力して業務を進められます。

高橋 宇内氏

ロジカルシンキングは外資系企業で活躍するために求められる能力だといえるでしょう。

クリティカルシンキング

クリティカルシンキングとは、物事を冷静にかつ客観的に分析する能力です。

外資系企業ではビジネス環境が複雑で変動しやすいため、さまざまな状況に適応し、的確な意思決定を示す必要があります。

クリティカルシンキングは、主観的な意見や既存の概念にとらわれず、客観的な情報をもとに見解を導き出す方法です。具体的には、物事に足して「なぜ」と深掘りをすることで、その情報が本当に正しいのかを確認する方法です。

クリティカルシンキングが重視される理由として、変化のスピードが速まる現代社会において、事前の計画通りに事が進まないことが多いためです。

クリティカルシンキングは予測不能な状況にも柔軟に対応し、新たな機会を見つけ出す力となります。また他のメンバーとの協力や意見交換においても、深い洞察力を活かしてチームの意思決定をサポートする役割を果たします。

高橋 宇内氏

外資系企業では、クリティカルシンキングを有する人材がチームをリードし、ビジネスの成果を上げる一翼を担うことが期待されるでしょう。

30代女性の外資系企業への転職におすすめの職種・業界

30代女性の外資系企業への転職におすすめの職種や業界は以下のとおりです。

  • コンサルタント
  • バックオフィス
  • システムエンジニア
  • 製薬業界
  • 保険業界

それぞれの職種について解説します。

コンサルタント

30代女性の外資系企業への転職におすすめの職種一つは、コンサルタントです。

外資系企業におけるコンサルティングは、高度な専門知識と経験が求められるがゆえに、30代の女性がこれまで培ってきたスキル・経験を活かしやすい領域となっています。

コンサルタントとしての仕事では、問題解決能力や分析力、コミュニケーションスキルが必要です。

30代になると、これらのスキルが高まっていると期待されるため、外資系企業においてはコンサルタントとしてのキャリアが適しているといえます。

30代女性がコンサルタントとして外資系企業に転職するには、これまでの職務経歴やスキルを具体的にアピールポイントとして伝えることが重要です。

バックオフィス

外資系企業では、バックオフィスのポジションは組織全体の円滑な運営に欠かせない重要な職種として位置づけられています。

バックオフィスの具体的な職種は、以下があげられます。

  • 人事
  • 経理
  • 法務
  • ITサポート

バックオフィスの職種では、組織の裏方として業務を支え、効率的な業務プロセスを確立することが重要です。

また30代女性が外資系企業のバックオフィスで活躍するには、組織運営に関する幅広い知識や実務経験、コミュニケーションスキルが必要となります。

特に、国際的な環境での業務経験や多様なバックグラウンドを持つことが、バックオフィスでの働き方の幅を広げるでしょう。

システムエンジニア

外資系企業の一部の部署では、情報技術が業務の中心となっており、システムエンジニアは基盤を支える重要な役割となっています。

外資系企業ではグローバルな業務展開が一般的であり、大規模で複雑なシステムを構築・維持することが重要です。そのため、システムのポジションは高度な技術力やプロジェクト管理スキル、チームワークが求められます。

30代の女性がシステムで外資系企業に転職するには、技術的なスキルやプロジェクト経験だけでなく、国際的な環境でのコミュニケーション能力も欠かせません。

外資系企業のシステムエンジニアは、技術の進化に迅速に対応し、グローバルで活躍できる魅力的なキャリアチャンスが広がっているでしょう。

製薬業界

外資系製薬企業は、世界的な研究開発が求められる分野であり、多岐にわたる職種が存在します。

製薬業界の主な職種は、以下があげられます。

  • 研究開発職
  • 製品マネージャー
  • マーケティング担当者
  • 臨床開発担当者
  • 品質管理

また、外資系企業の製薬職は国際的な研究ネットワークや製品のグローバル展開が特徴であり、多様な文化・バックグラウンドを持つチームで働くことが一般的です。

そのため、英語力や異文化コミュニケーションスキルも重要なポイントとなります。グローバルで活躍したい30代女性のとっては、外資系の中でも製薬業界がおすすめです。

保険業界

外資系保険企業は、グローバル展開や多様な商品・サービスを提供しており、さまざまな職種が存在します。

具体的には、以下があげられます。

  • アンダーライター
  • 保険商品開発担当者
  • リスクアナリスト
  • クレームアジャスター
  • 営業担当者

保険企業はリスクマネジメントや保険商品の提案、契約管理など多岐にわたり、クライアントとの信頼関係を築くことが大切です。

また、保険企業は経済の変動や社会の変化に影響を受けやすく、変化に対応できる柔軟性・洞察力も求められます。

外資系の中でも保険業界の仕事は、社会的な意義のあるサービスを提供することに繋がるため、社会貢献感を感じながら働ける点が魅力的です。

30代女性が外資系企業に転職する方法5つ

30代女性が外資系企業に転職する方法は、以下のとおりです。

  • スキル・資格を取得する
  • 自己分析で過去の経験・実績を深掘りする
  • 志望先が求める人物像を把握する
  • 書類・面接対策を入念にする
  • 女性転職の実績が豊富なエージェントを活用する

30代女性が外資系企業に転職するメリットやおすすめの職種を理解しても、対策を実施しなければ成功させるのは困難です。

外資系企業への転職を成功させるためにも、必要な対策を講じて実現させましょう。

スキル・資格を取得する

外資系企業は高い専門性や特定のスキルを求めることがあり、スキルや資格を取得することが必要です。

具体的には、以下のようなスキル・資格が活用できます。

  • 中小企業診断士
    中小企業の経営課題を解決するために診断・助言をおこなう
  • MOS(Microsoft Office Specialist)
    Word・Excel・PowerPointなどのマイクロソフト製品を利用できる
  • 国際秘書検定
    英語や日本語を駆使して経営に必要な業務処理をおこなう
  • 日商簿記2級以上
    企業の経営活動における記録を計算・整理し財務状況を明らかにする
  • プロフェッショナルエンジニア
    アメリカが公共の安全・福祉・健康に奉仕することを目的としたエンジニア

資格は言葉と違い、明確に証明できるスキルです。外資系企業やクライアント企業は、資格がない人材よりも、証明できる証拠をもっている人材を信用します。

外資系企業へ転職するときは、資格の取得も検討しましょう。

高橋 宇内氏

資格がなくても転職できる可能性は十分にあるので、一つの武器として把握しておきましょう。

自己分析で過去の経験・実績を深掘りする

30代女性が外資系企業へ転職するには、自己分析で過去の経験・実績を深掘りすることが大切です。なぜなら、外資系企業は高い専門性や実績を重視するからです。

自分の強みを明確に把握し、アピールできなければ、採用される可能性は低くなります。

自己分析をするときは抽象的ではなく、具体的かつ定量的に深掘りするのがポイントです。

たとえば「営業職を8年間継続した」ではなく「8年間の営業職の中で、マネージャーとして年間売上1億円を達成した」と深掘りします。

外資系企業は自社に貢献してくれる人材か否かを判断しているので、明確な実績を提示することが重要です。

高橋 宇内氏

自己分析を怠ると不採用になる可能性が高いので、妥協せずにおこないましょう。

志望先が求める人物像を把握する

志望先が求める人物像を把握する理由は、採用される可能性を高めるためです。

外資系企業は独自の企業文化や価値観を持っており、自社にマッチする人材を求めています。採用されるには志望する企業の文化や価値観を理解し、どのような人物像が求められているかを把握することが不可欠です。

高橋 宇内氏

「求める人物像=採用したい人材」と覚えておきましょう。

志望先が求める人物像を把握するときは、企業の公式Webサイトや求人情報、SNSなどを確認することが大切です。

企業によっては「求める人物像」と記載されている場合があります。記載されていないときは、事業内容や経営理念を分析し、求めている人物を分析しましょう。

志望企業への理解が深まることで、転職活動がより効果的かつ戦略的に進むでしょう。

書類・面接対策を入念にする

外資系企業の選考では、書類・面接が設けられているケースがほとんどです。選考対策を入念におこなわないと、不採用になる可能性の方が高くなるでしょう。

書類選考では次のポイントが大切です。

  • 指定フォーマットの確認
  • 誤字脱字
  • PREP法

履歴書や職務経歴書を作成するときは、指定フォーマットや誤字脱字の確認は必須です。内容を記載するときは「PREP法」を活用するとより魅力的にアピールできるでしょう。

PREP法とは、以下の頭文字をとった略し言葉で、論理的にわかりやすく説明する方法です。

  • Point:結論
  • Reason:理由
  • Example:具体例
  • Point:結論

外資系企業では、クライアントを納得させるための論理的思考力が不可欠です。採用担当者もロジカルに伝えられるかを見ているケースが多いため、PREP法は有効な手段として活用できるでしょう。

面接選考では、結論ファーストが大切です。採用担当者からの質問には、結論から回答するのが一般的です。

しかし、面接選考になると「自分をアピールしないといけない」という焦りから、うまく表現できないかもしれません。面接選考は緊張するシチュエーションですが、結論ファーストを意識して取り組みましょう。

以下のように聞かれやすい質問の回答を準備しておくのも、緊張をほぐすうえで大切です。

  • 志望理由
  • 転職理由
  • 競合他社との違い
  • いままでの経験・実績
  • 貢献できるスキル
  • 採用するメリット
高橋 宇内氏

志望先が求める人物像と書類・面接で伝える内容をマッチさせると高評価になる可能性が高まります。

女性転職の実績が豊富なエージェントを活用する

女性転職の実績が豊富なエージェントを活用するのは、外資系企業への転職において重要な要素です。

転職活動には、履歴書や職務経歴書の作成・面接対策・求人選定・退職手続きなど、必要な準備が多くなります。一人で進めようとする場合、休日に転職しなければいけないかもしれません。

しかし、転職エージェントを活用すれば、転職活動に必要な準備のサポートをすべておこなってくれるため、効率的かつ効果的に進められます。また、女性の転職に特化しているエージェントは、あなたのライフスタイルを把握したうえで、適切なアドバイスを提供してくれるはずです。

女性に特化した転職エージェントは、あなたと二人三脚で進めてくれるので、貴重なパートナーとして活躍してくれるでしょう。

高橋 宇内氏

女性特化の転職エージェントの中でも特におすすめなのは、次に紹介する企業です。

関連記事:外資系企業に転職すると年収アップする?平均年収や転職する方法を解説

外資系企業に転職したい30代女性におすすめの転職エージェント5選

30代女性で外資系企業に転職したい人におすすめの転職エージェントを5社紹介します。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 転職後の平均年収925万円以上
  • レジュメ登録で企業やエージェントから直接スカウトが届く
  • AIによるマッチングでキャリアの選択肢が広がる

リクルートダイレクトスカウトは、20代から40代まで幅広い年代向けの求人を保有しており、年収アップを実現したい方におすすめです。

自分の市場価値も分かるため、すぐに転職する予定がない方にもおすすめです。

  • 年収アップの転職を実現したい
  • 職務経歴書の作成に時間をかけたくない
  • スカウトと求人検索からの応募、双方利用したい
リクルートダイレクトスカウトの詳細情報
サービス名リクルートダイレクトスカウト
運営会社株式会社リクルート
公開求人数305,476件
(年収800万円以上:97,939件)
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://directscout.recruit.co.jp/
2024年6月18日時点

※ユーザーアンケートより抜粋

利用する際に登録審査がないので、気軽に無料で利用することができるのが良いです。ハイクラス求人を無料登録だけで利用できるというのは、ここの最大の魅力だと思っています

リクルートダイレクトスカウトを利用しましたが、培ってきたスキルや経験を活かせるスカウトが届きましたし、更には待遇も良くてキャリアアップする事が出来たので、非常に助かりました。

リクルートダイレクトスカウトを利用しましたが、登録をするとメールが大量に届くようになりました


関連記事:リクルートダイレクトスカウトの評判|リアルな口コミや特徴・利用の注意点も徹底解説

【アンケート概要】
集計方法:インターネットによる調査
調査期間:2024年3月27日~2024年4月3日
調査対象:リクルートダイレクトスカウト利用者の男女

ビズリーチ

ビズリーチの特徴
  • 求人の1/3が年収1,000万円以上
  • 利用者の7割が思いもよらぬ企業からスカウトが届いたと回答
  • 3人に2人が年収アップを実現

ビズリーチは管理職や経営幹部層のハイクラス人材向けの求人を多く保有しています。

ヘッドハンターや企業から直接スカウトが届くため、自分の市場価値を診断したい方にもおすすめです。

こんな方におすすめ
  • 自身の適切な市場価値を知りたい方
  • 年収1,000万円以上ほしい方
  • 自分でヘッドハンターを選びたい方
ビズリーチの詳細情報
サービス名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数121,907件
(年収800万円以上:102,474件)
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/
2024年6月18日時点
ビズリーチの口コミ
※ユーザーアンケートより抜粋
 希望条件にあう求人が多く見つかった

自分のスキルや希望条件に合った求人情報が豊富で、興味を持った企業にはすぐに応募することができました。また、担当者からのフォローアップもしっかりしており、採用までのサポートも受けられました。

 職務経歴書の添削のレベルが高い

ハイクラス向けの求人に興味を持ったので、ビズリーチを利用しました。ここは、サポート体制がしっかりしているところが良かったです。特に職務経歴書のアドバイスが的確で自分で作成した職務経歴書がいかに駄目だったかをいい意味で思い知らされました。

定型文のメッセージが届く

ヘッドハンターの多くは定型文でメッセージを送ってきているのが丸わかりで、私の登録内容など見ていないんだろうなぁと思う方ばかりでした。


関連記事:ビズリーチの評判・口コミまとめ|利用の流れや活用のコツを紹介

【アンケート概要】
調査期間:2023年4月13日~2023年4月27日
調査対象者:ビズリーチ利用者の男女100名
調査方法:インターネットによる調査

ランスタッド

ランスタッド

  • 特徴①年収800万円以上のハイクラス求人が豊富
  • 特徴②グローバルや外資系企業に強い
  • 特徴③各業界に精通したコンサルタントが在籍

ランスタッドは世界39カ国でサービスを展開しているハイクラス求人向けの転職エージェントです。

 

国内企業はもちろん、グローバルや外資系企業の求人を多数取り揃えています。

 

また、コンサルタントは各業界に精通しており、専門性の高いアドバイスを受けることができます。

 

ランスタッドの約8割が非公開求人であるため、自分にあった求人があるか探すためにもまずはランスタッドに会員登録しておきましょう。

 

サービス名 ランスタッド
運営会社 ランスタッド株式会社
公開求人数 5,842件(ハイクラス求人)
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年6月3日時点

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント
type女性の転職エージェント
  • 女性に特化した転職支援
  • ワークライフバランスを重視した転職も可能
  • 面接のためのメイク指導あり

 

type女性の転職エージェントは、女性の転職支援を専門とした転職サービスです。

 

女性ならではの転職事情に精通したキャリアアドバイザーから専任でサポートを受けられ、たとえば「子育てと両立したい」「残業なしがいい」「キャリアアップしたい」などの悩みも気軽に相談できます。

 

年間1万人以上(※1)の女性のキャリアカウンセリングをおこなっているとあって、女性に寄り添った転職サポートに期待できるでしょう。

 

求人への応募や応募書類の添削、面接対策などのサポートのほか、女性のための身だしなみやメイク指導もあり、typeならではのサービスで女性の転職活動を心強く支援してくれます。

 

(※1)type女性の転職エージェントの公式ホームページより

 

サービス名 type女性の転職エージェント
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数 9,911件
非公開求人数 17,787件
対応地域
東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイト
2024年6月3日時点

 

マイナビ転職 女性のおしごと

マイナビ転職女性のおしごと
マイナビ転職女性のおしごとの特徴
  • 女性に転職に関するノウハウが豊富
  • 様々なキーワードで検索できる
  • 女性が働きやすい求人を見つかる

マイナビ転職女性のおしごとは、女性の転職に特化した求人を取り扱う転職サイトです。

キーワードごとに検索ができるため、自分の転職条件を入れて探してみるのも良いでしょう。

女性の転職に関するノウハウが豊富な点も魅力のひとつ。

女性の悩みに回答するQ&Aや適職診断、成功者の声など、転職に関する悩みに寄り添ったコンテンツが多数あります。

マイナビの提供する転職に関するイベントにも参加できるため、積極的に活用しましょう。

転職サイト名マイナビ転職 女性のおしごと
運営会社名マイナビ株式会社
求人数17,813件 ※1
おすすめポイント・キーワード検索が多い
・女性の転職ノウハウを多数発信
・マイナビの転職サービスを活用できる
対応地域東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイトhttps://tenshoku.mynavi.jp/woman/
※2023年11月時点

外資系の企業への転職でよくある質問

ここでは、外資系企業への転職でよくある質問について回答します。

働きやすい外資系企業の特徴は?

福利厚生が整っている会社は、外資系企業の中でも働きやすいでしょう。

30代女性の場合は、ライフスタイルに合わせた制度を選択するのがおすすめです。

外資系企業が高収入になる理由は?

外資系企業は無形商材を提供しているケースが多く、原価がかかりません

その結果、利益率が高くなり、従業員に給与として還元しています。

外資系で求められる英語力は?

TOEIC700点以上を水準としている企業が多い傾向にあります。

なぜ外資系だと産休や育休を取りやすいの?

外資系企業は成果主義であるからです。

「休んでも結果を出せば問題ない」という方針の企業が多いため、産休・育休は取りやすいでしょう。

30代女性が外資系企業へ転職するにはエージェントが必要

30代女性が外資系企業へ転職することは可能です。ただし、事前の準備を怠ると、不採用になる可能性の方が高くなります。

30代女性が外資系企業への転職を成功させる方法について振り返りましょう。

  • スキル・資格を取得する
  • 自己分析で過去の経験・実績を深掘りする
  • 志望先が求める人物像を把握する
  • 書類・面接対策を入念にする
  • 女性転職の実績が豊富なエージェントを活用する

以上の中でも特に重要なのは、女性特化の転職エージェントです。女性特化の転職エージェントは履歴書や職務経歴書の書き方・面接対策・求人情報について網羅しています。

担当のエージェントは、あなたの情報をもとに適切なアドバイスを行い、成功させるために力を貸してくれます。外資系企業が好む人材の特徴についても教えてくれるため、重要なパートナーになるでしょう。

30代女性で外資系企業への転職を目指している方は、無料で活用できる転職エージェントにまずは相談してみてはいかがでしょうか。

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。