26歳女性の転職事情|転職するメリット・デメリットや成功ポイントを解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

26歳は20代の後半を迎えたこともあり、転職を検討している女性も少なくないはずです。

一定の経験を積んできたことから、このまま同じ業界でキャリアを上げていこうか、それとも、心機一転、新たな業界にチャレンジしてみようか、迷うこともありますね。

そこでこの記事では、転職を迷っている26歳女性に向けて、知っておきたい「26歳は転職しやすいかどうか」「26歳女性が転職するメリット」「転職を成功させるポイント」をまとめました。

最後には、おすすめの転職エージェントも紹介しています。ぜひ参考にしていただき、転職すべきかどうかの判断基準にしてください。

関連記事:20代転職サイトおすすめ比較ランキング【前半後半や女性向け】未経験・高卒向けの転職エージェントも解説

目次

26歳女性の転職は遅い?転職しやすい?

26歳女性の転職は、全く遅くありません。転職市場では、26歳の年齢が問題になることはあまりありません。

むしろ、26歳での転職は、これまでの経験を活かすこともできますし、新たなキャリアパスを探求する絶好の機会ともなります。

実際、20代後半の女性は一定の職業経験を備えているため、転職市場では多くの企業から高い評価を受けることが期待できます。

ただし、26歳は第二新卒とは異なるので、ポテンシャルだけで採用されることはあまりありません。面接では、これまでの経験をしっかりとアピールする姿勢が重要です。

関連記事:26歳でも未経験転職が可能な理由と転職活動で押さえておくべきポイント5つ

26歳の女性が転職するメリット

26歳の女性が転職を考える場合、様々なメリットがあります。一つひとつ確認してみましょう。

ポテンシャルを評価してもらえる

26歳の女性は、若さと適度な社会人経験のバランスが取れており、企業側はそのポテンシャルも高く評価します。

これまでの職務経験、習得したスキルだけでなく、今後の可能性にも目を向けてもらえるメリットがあるのです。

26歳はまだ成長の可能性を見てもらえますから、特にキャリアアップや職種変更を目指す女性にとって、新たな職種や業界へのチャレンジが可能になります。

未経験の職種や業界にも挑戦できる

ポテンシャルも見てもらえることから、26歳の女性なら、未経験の分野や新しいことに挑戦できるのもメリットでしょう。

26歳なら、これまで経験のない業種に挑戦する場合でも、入社後に教育を受け、成長できる環境を整えてくれるはずです。

このため、自分が興味を持っていたけれど、今まで経験のない業界や職種への転職も、26歳であれば現実的な選択肢となり得ます。

自分の強みを知った上で転職できる

社会人経験があることで、自分の強みや適性を理解した上で転職できるのもメリットです。

26歳は、これまでの経験から自分に合った仕事や働き方が見え始める年齢でもあります。何が自分に合っていて、何が合ってないのか理解できることから、効率的な転職活動につながりやすいでしょう。

また、自己分析を通じて明確にした強みを前面に出し、転職先の企業にアピールすることで、より望む条件での転職が可能になるのも嬉しいポイントです。

26歳の女性が転職するデメリット

一方で、26歳女性の転職には次のようなデメリットがあります。転職を検討する際には、このようなデメリットにも目を向けましょう。

年収が下がる場合もある

転職する一番のデメリットは、年収が下がる可能性があることです。

とくに、未経験の業界に挑戦すると、そのリスクは高まります。とはいえ、これまでの経験が活かせないなら、それが給与に反映されるのは仕方ないことです。

転職先の企業が提供する給与や待遇、キャリアプランには個別の差があり、これまでの職場よりも劣る条件でのオファーを受けることも少なくありません。

職種によっては経験不足と受け取られる場合がある

特に専門性が高い職種や業界では、経験年数が重視される傾向にあります。

26歳であっても、特定のスキルや知識が不足していると判断されることがあり、経験不足を理由に転職が難しいケースも存在します。

このため、転職活動では自分の経験を適切にアピールしましょう。もし、未経験分野へ挑戦するなら、事前のしっかりとした準備が必要です。

26歳女性に転職をおすすめするケース

26歳の転職は遅くはないとはお伝えしたものの、転職がおすすめできるケースとおすすめできないケースがあります。

まずは、どういったケースでおすすめできるのかを見てみましょう。

転職の目的が明確なケース

転職を考える際、最も重要なのはその目的を明確にすることです。

自身のキャリアプランに合わせた転職、例えばキャリアアップを目指す、より自分に合った働き方を求めるなど、具体的な目的がある場合は、転職を積極的に検討する価値があります。

転職の目的が明確になっていれば、企業に対して自分の意志をはっきりと伝えられるようになり、面接も自信をもって挑めるようになります。

キャリアアップを検討しているケース

現在の職場でのキャリアアップが難しい、または限界を感じている場合も、転職をおすすめできます。転職によって、新たなステップアップとなるからです。

特に26歳なら、これまでの経験を活かして、より高いポジションやよい待遇を実現できる可能性が高いといえます。

キャリアアップを目指す際には、自分のスキルや経験を明確にし、それを新しい職場でどのように活かせるかを考えることが重要です。

セクハラ・パワハラがあるケース

職場でのセクハラやパワハラは、働く女性にとって深刻な問題です。このような環境にいる場合、自身の健康とキャリアを守るためにも、転職を検討すべきです。

セクハラやパワハラは、心身にとって悪い影響を与えます。場合によってはうつ病などにり患して、長期の休養を強いられるかもしれません。

また、セクハラやパワハラを受けることで仕事のモチベーションが下がり、思うようにキャリアを築けない可能性も高まります。

26歳は、これからのキャリア形成において重要な時期であるため、不健全な職場環境からは抜け出すようにしましょう。

結婚・出産と両立できない職場にいるケース

ライフイベントの計画がある場合、現在の職場がそれらと両立できるかどうかは、重要なポイントです。

結婚や出産を控えている場合、それらをサポートする職場環境を求めるのは自然なことです。

26歳の女性が転職を検討する際には、将来のライフプランに合った柔軟な働き方ができる職場を選ぶことが、長期的なキャリアの成功につながります。

関連記事:既婚女性のリアルな転職事情|結婚すると転職は不利になる?

26歳女性に転職をおすすめできないケース

一方で、次のようなケースに該当するなら、転職は慎重になった方がよいかもしれません。

職場への不満から転職したいケース

職場での不満が転職の唯一の理由である場合、慎重に考える必要があります。

もちろん、上で説明したような、セクハラやパワハラ、家庭と両立できないなどの、ご自身で解決できないような不満がある場合は、この限りではありません。

一方で、不満の原因が自分自身の問題や解決可能な問題である場合、転職ではなく現状の改善に努めるべきかもしれません。

転職しても同様の問題に直面する可能性があるため、職場環境に関する不満は、転職を決定する前に十分に検討することが大切です。

年収を下げたくないケース

お伝えした通り、転職をすると年収が下がる可能性があります。

新たな業種に挑戦する場合には、経験不足を理由に前職よりも低い給与を提示されることも少なくありません。

年収を維持または向上させたい場合、転職はリスクを伴う選択肢であるため、現在の職場での給与アップや昇進を検討することも一つの方法です。

現在の職場でまだ学べることがあるケース

現在の職場でまだ学ぶべきことが多い場合、転職は時期尚早かもしれません。

特に専門的なスキルや経験がこれから身につく段階であれば、転職よりも現在の職場での学びを優先することが、長期的なキャリア形成に役立つことがあります。

キャリアの初期段階では、経験やスキルの積み重ねが非常に重要であり、それを転職で失うリスクを考慮する必要があります。

26歳女性が転職したくなる理由

26歳の女性が転職を考える理由は多岐にわたります。ここでは、どういった理由で転職したくなるかを見てみましょう。

ライフイベントを視野に入れた働き方がしたいから

多くの女性は、結婚や出産などのライフイベントを控えている年齢になると、そのようなイベントと仕事を両立できる環境を求めます。

とくに、26歳は20代の後半となることから、結婚や出産を意識し出す年齢といえます。現在の職場で仕事と家庭の両立が難しい場合、転職を検討する女性は多いようです。

転職先を選ぶ際には、フルタイム、パートタイム、リモートワーク、フレックスタイムなど、柔軟な勤務体系を提供しているかがポイントになるでしょう。

休みが取りにくい職場だったから

仕事と休みのバランスは、職場選択において重要な要素です。休暇が取りにくい、ワークライフバランスが取れない環境では、個人の健康が犠牲になる可能性があります。

また、26歳の女性がキャリアの中でライフイベントを考慮する場合、休暇の取得が容易な職場がよいといえます。育児や家族の対応をするには、フレキシブルに休める環境が望ましいでしょう。

休みが取りにくい職場に勤めている女性は、自分のライフスタイルや将来の計画に合った職場を探す際に、転職を検討することが多いようです。

給料が低かったから

給与面での不満は、転職を考える大きな動機の一つです。

給料が十分でないと感じる場合、自己のスキルや経験が適切に評価されていない、という感覚につながることがあります。それによって仕事のモチベーションが下がってしまうこともあるでしょう。

また、26歳ともなれば、初期のキャリア形成を終え、自身のスキルや経験を市場価値として評価してもらいたいと考えることも少なくありません。

もし現在の職場での給与が、自分の能力や市場価値に見合わないと感じる場合、よりよい給料を求めて転職を検討するのは、当然のことです。

関連記事:20代後半の平均年収は?男女別・業種別なども調査して紹介

26歳の女性が転職を成功させるポイント

26歳の女性が転職を成功させるためには、いくつかの重要なポイントがあります。戦略的に転職活動を進めることが成功へのカギといえるでしょう。

社会人経験を強みとしてアピールする

社会人経験は、転職市場において大きな強みとなります。特に26歳の女性なら、これまでの経験を活かして、新たな職場で即戦力として活躍できるポテンシャルを持っています。

自分の経験をアピールする際には、具体的な業務成果や困難を乗り越えた経験、チームでの協力やリーダーシップのエピソードを前面に出すことが重要です。

経験を通じて培われたスキルセット、問題解決能力、コミュニケーション能力などを明確に示し、それらがどのように新しい職場での業務に貢献できるかを具体的に説明できるようにしましょう。

企業が欲しい人材を把握する

転職活動では、応募先の企業がどのような人材を求めているかを理解することが不可欠です。

どれだけ自分をアピールしても、採用担当者に「一緒に働きたい」と思わせることができなければ、内定は得られません。

また、26歳はポテンシャルを見てもらえる年齢ではあるものの、ポテンシャルだけで採用されることはほとんどないでしょう。

求人情報や企業のウェブサイトを確認して、自分のスキルや経験が企業のニーズと合致するかを考えることが、転職成功のカギとなります。

転職理由はポジティブに伝える

転職理由を面接などで伝える際は、ポジティブな表現を心掛けることが重要です。

否定的な理由や現職への不満ではなく、キャリアアップや新たな挑戦への意欲を前面に出すことで、積極的な印象を与えることができます。

たとえ現在の職場に不満があっても、それを直接的に批判するのではなく、自身の成長への意欲や、新しい環境での学びの機会を求めていることを強調するとよいでしょう。

転職してからのことを長期的に考える

転職は一時的な変化ではなく、自分のキャリアに長期的な影響を及ぼします。

そのため、転職後のキャリアプランやライフスタイルなど、転職後のことを長期的に考えることが大切です。

結婚や出産などのライフイベントだけでなく、キャリアの可能性、スキル習得の機会、そして個人的な成長の見通しを考慮するようにしてください。

転職エージェントを活用する

転職エージェントの利用は、転職活動においてマストといえるでしょう。

転職エージェントは、個々のキャリア目標やスキルに合った求人を提案し、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策など、転職プロセス全体を通じて手厚いサポートを提供します。

また、非公開求人へのアクセスできるのもメリットです。非公開求人は一般の求人サイトでは見られないもので、よい待遇のものも少なくありません。

キャリアアップや年収アップを目指したい方なら、必ずエントリーしておきたいといえるでしょう。

転職市場の動向や業界特有のニーズに精通している転職エージェントを利用することで、より効果的な転職活動が可能になります。

関連記事:女性向け転職エージェントおすすめ比較ランキング|20代前半後半・30代・40代別に評判・口コミを解説

26歳の女性におすすめの転職エージェント

ここでは、26歳の女性におすすめの転職エージェントを紹介します。転職エージェントは無料で利用できますし、複数登録が基本です。

ここで紹介するところには、ぜひ、全て登録するようにしてください。

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント
type女性の転職エージェント
  • 女性に特化した転職支援
  • ワークライフバランスを重視した転職も可能
  • 面接のためのメイク指導あり

 

type女性の転職エージェントは、女性の転職支援を専門とした転職サービスです。

 

女性ならではの転職事情に精通したキャリアアドバイザーから専任でサポートを受けられ、たとえば「子育てと両立したい」「残業なしがいい」「キャリアアップしたい」などの悩みも気軽に相談できます。

 

年間1万人以上(※1)の女性のキャリアカウンセリングをおこなっているとあって、女性に寄り添った転職サポートに期待できるでしょう。

 

求人への応募や応募書類の添削、面接対策などのサポートのほか、女性のための身だしなみやメイク指導もあり、typeならではのサービスで女性の転職活動を心強く支援してくれます。

 

(※1)type女性の転職エージェントの公式ホームページより

 

サービス名 type女性の転職エージェント
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数 10,259件(※2)
非公開求人数 18,487件(※2)
おすすめポイント
  • 女性ならではの悩みを相談できる
  • 非公開の求人を紹介してもらえる
  • 転職活動に合うメイクを教えてもらえる
対応地域
東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイト
(※2)2024年2月時点

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 364,283件
非公開求人数 225,664件
おすすめポイント
  • 求人数の多さが売り
  • 質の高いキャリアアドバイザーがトータルサポート
  • 多くの転職者が給料アップを実現
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※求人数は2024年2月現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年2月時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 53,661件(※1)
非公開求人数 16,211件(※1)
おすすめポイント
  • キャリアドバイザーにしっかり相談できる
  • はじめての転職活動でも安心の徹底したサポート
  • 夜間や土曜日に相談できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

まとめ

26歳は、働く女性にとって転職の最適な年齢といえるでしょう。これまでの経験も踏まえつつ、ポテンシャルも考慮されるからです。

新しい職種に挑戦することも難くありませんし、これまでのスキルを活かしてキャリアアップすることも可能です。

ただし、闇雲に転職活動をしても上手くいかないかもしれません。「転職理由はポジティブに話す」「企業が求める人物像を把握する」などのポイントを押さえるようにしましょう。

また、転職をするなら転職エージェントを利用するのがマストです。ぜひ、この記事で紹介したところの登録を進めてください。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。