未経験者におすすめ転職のサイト10選|選び方や成功するためのコツを解説

高橋宇内
編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

未経験者におすすめの転職サイトは?

30代未経験でも転職できる?

といった悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。未経験で転職活動をする場合、どのような転職サイトを活用すればいいのか悩むケースも多くなります。

未経験の業界や職種を希望している方は、自分に合った転職サイト活用しないと、望んだ結果を得られないかもしれません。

そこで本記事では、未経験者向けの転職サイトを選ぶときのポイントや、最大限活用するコツ、使うときの注意点などについて詳しく解説します。

「未経験だけど転職したい」という方は必見の記事です。ぜひ、最後までご覧ください。

 

この記事の執筆者
高橋宇内
高橋 宇内 氏人事&キャリアドバイザー経験者
採用コンサルタントとして企業の人事を複数担当。転職後キャリアドバイザーとして、新卒・中途の求職者の支援。
目次

未経験におすすめする転職サイト10選

まずは未経験におすすめする転職サイトを10選紹介します。

サイト名特徴サイトのタイプおすすめの年代
リクルートエージェント転職支援実績、保有求人数ともにNo.1エージェント型20代
30代
40代
マイナビエージェント手厚いサポートに定評ありエージェント型20代
30代
doda幅広い業界・職種の求人を取り扱いエージェント型
求人広告型
スカウト型
20代
30代
40代
type転職エージェント首都圏でIT系・企画職・営業職に転職したい方にエージェント型20代
30代
40代
ビズリーチ企業からスカウトが届くハイクラス向け転職サイトスカウト型20代
30代
40代
リクルートダイレクトスカウト待つだけで転職活動を進められるスカウト型転職サイトスカウト型30代
40代
リクナビNEXT豊富な求人数とオファー機能が魅力求人広告型20代
30代
40代
マイナビジョブ20's若手人材向けの未経験歓迎求人が多いエージェント型20代
ミドルの転職ミドル層のハイクラス転職に特化エージェント型
スカウト型
求人広告型
30代
40代
LHH転職エージェント両面型サポートが特徴のハイクラス向けエージェントエージェント型20代
30代
40代
あわせて読みたい
未経験転職に強い転職エージェントおすすめ10選|未経験へ転職する時のポイント 経験したことのない職種にチャレンジしたい!やはり未経験の職種を志望するなら転職エージェントに相談すべき?転職エージェントは未経験でも紹介してくれるのかな。 未...

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 364,283件
非公開求人数 225,664件
おすすめポイント
  • 求人数の多さが売り
  • 質の高いキャリアアドバイザーがトータルサポート
  • 多くの転職者が給料アップを実現
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※求人数は2024年2月現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年2月時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 53,661件(※1)
非公開求人数 16,211件(※1)
おすすめポイント
  • キャリアドバイザーにしっかり相談できる
  • はじめての転職活動でも安心の徹底したサポート
  • 夜間や土曜日に相談できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

doda

doda

dodaの特徴
  • 圧倒的な求人数
  • 顧客満足度No.1を獲得
  • 直接応募も可能

 

dodaは、圧倒的な求人数と顧客満足度の高さが特徴の転職エージェントです。

 

保有求人は公開・非公開合わせて20万件超(※1)と多数で、キャリアカウンセリングを受けられる拠点は全国に12ヵ所あり、大手エージェントの中でも有数の規模を誇ります。

 

また、顧客満足度ランキングで1位(※2)を獲得した実績もあり、手厚いサポートと質の高い求人紹介に期待できるでしょう。

 

dodaでは、転職エージェントを介した応募のほか、気になる求人に自分で直接応募できる機能も備えられています。さらに、企業から直接スカウトが届くサービスもあり、自分に合った方法で転職活動を進められるのも魅力です。

 

(※1)2023年3月時点の求人数
(※2)2023年オリコン顧客満足度調査 「転職エージェント 20代」で1位

 

サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 239,252件(※3)
非公開求人数 38,315件(※3)
おすすめポイント
  • 多くの求人の中から選べる
  • 自分のペースで転職活動を進められる
  • 徹底してサポートしてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※3)2024年2月時点

 

【dodaの口コミ・評判】

初めての転職におすすめ
初めての転職で使用しました。最初はdodaさんではないところを使っていたのですが求人が最初来たきり紹介がなく他も利用しようと思いdodaさんを登録。エージェントも登録し担当についてくれた方がとても熱心でした。コロナ禍で書類通過率はかなり悪かったですが絶えず求人紹介を頂けましたし、転職活動を進めるにつれ書類通過率も上がってきました。他サイトの口コミなどであるように専門性には欠けるかもしれませんが初めてで右も左も分からない方にはおすすめです。在職中で忙しい人もlineでやりとりできますし、職務経歴書や志望動機などもざっくりした文章でも添削と調整をしてくれてサポートはかなり手厚いです。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

こちらの不安や要望に適した丁寧な対応に満足でした
印象的なテレビCMのキャッチコピーに背中を押されて、登録をしました。
担当の方は、とても穏やかで丁寧な対応をしてくださいました。
求人情報に関しても、こちらの要望に沿うように、繰り返し複数求人をご紹介くださいました。
また、私が職選びや面接や転職後のことで抱える不安や疑問にも一つ一つ答えて下さり、大変心強かったのが印象的でした。レスポンスに関しては、まれに時間がかかることもありましたが、全体的に満足しています。
おかげさまで無事に転職もでき、最後まで面倒を見てくださった担当者様には大変感謝しております。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

 

 

type転職エージェント

type転職エージェント
type転職エージェントの特徴
  • 首都圏を中心に展開
  • 「納得感のある転職」の実現にこだわり
  • ITエンジニアや企画職・営業職に強み

 

type転職エージェントは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に転職サービスを提供しているエージェントです。

 

「納得感のある転職」のサポートにこだわりがあり、キャリアの相談や希望条件に合った求人の紹介、応募書類の添削、面接対策など、転職完了まで手厚くサポートを受けられます。

 

企業の採用担当者からのヒアリングにも力を入れており、求める人物像や経験を把握したうえで求人を紹介してもらえるため、マッチング精度の高い転職の実現に期待できます。

 

特にITエンジニアや企画職、営業職の転職に強みがあり、25年以上の歴史(※1)と34万人以上の転職支援実績(※1)をもとに、転職を成功に導いてくれるでしょう。

 

(※1)type転職エージェントの公式ホームページより

 

サービス名 type転職エージェント
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数 9,742件(※2)
非公開求人数 17,998件(※2)
おすすめポイント
  • 一都三県での転職に強み
  • 営業、企画、ITエンジニアへの転職に強い
  • 後悔のない転職が実現できる
対応地域
東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイト
(※2)2024年2月時点

 

【type転職エージェントの口コミ・評判】

年収UP交渉もスムーズに進めていただき、大満足です!

(前略)

キャリアアドバイザーの方に相談すると、プログラミングの経験のほかにWEBサイトの開発経験があることは今後の転職にプラスになるという高い評価をいただき、どちらの経験も活かし、システムの企画にも携われるEコマースのシステムエンジニアで内定をいただきました。キャリアアドバイザーの方にスキルを正しく評価していただき、自信を持って転職活動に臨めたことが成功につながったと思います。年収交渉もスムーズで、企業からスキルを評価されているのだと思うとさらにやる気が出ますね!

引用元:転職成功事例|type転職エージェント

新たなキャリアの提案で年収大幅UP!

これまで社内SEとしてキャリアを積んできましたが、年収UPを目的に転職活動を始めました。社内SEとはいえ、携わったシステムは全てスクラッチで開発し、開発の全行程から保守・運用まで経験してきたことを伝えると、開発の全工程の経験がある点を高く評価してくださり、キャリアアドバイザーの方からITコンサルタントとして新しいキャリアを築いてみてはどうだろうかとアドバイスをいただきました。書類作成や面接対策をしていただき、万全の状態で望んだ結果、希望する企業から内定をいただくことができました。年収も自分が予想していたよりも大幅にアップし、人材紹介サービスを利用して本当によかったと思っています。

引用元:転職成功事例|type転職エージェント

 

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 106,511件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 高待遇の求人を多数保有
  • 質の高いスカウトが届く
  • 自分の市場価値を測れる
対応地域
全国、海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 年収800万円~2,000万円の多数掲載
  • 転職決定年収 平均925万円以上 ※1
  • 転職スカウトサービス 顧客満足度2年連続No.1 ※2

※1 2022年度実績:2022年4月~2023年の間にレジュメ登録があった年収750万円以上のサービス登録者

※2 2023年オリコン満足度調査 転職

リクルートダイレクトスカウトは、スカウト機能が特徴のハイクラス向け転職エージェントです。

 

登録情報をもとにヘッドハンターが最適な求人を探してくれるため、忙しい方でも手間なく希望に合った求人を見つけられます。

一般には公開されていない非公開の求人も紹介してもらえるので、自身のキャリアの可能性を広げられるでしょう。

 

また、企業から直接オファーが届くダイレクトスカウトにも対応しており、待つだけで効率よく転職活動を進められる点も魅力です。

高年収の求人が多いこともリクルートダイレクトスカウトの特徴で、年収800万~2,000万円の求人も多数保有されています。

 

ハイキャリアでの転職を考える方や、転職をきっかけに年収を上げたい方におすすめの転職エージェントです。

 

サービス名 リクルートダイレクトスカウト
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数

161,104件(※)

年収600万円以上の求人数

非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • キャリアアップ・年収アップを目指せる
  • 時間をかけずに転職活動ができる
  • マッチ度の高い求人を教えてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

リクナビNEXT

リクナビ 転職サイト
  • 特徴① 独自の高性能AIで最適な求人を提案
  • 特徴② 「気になる」に登録した企業からの誘いがある
  • 特徴③ ダイレクトオファーも実施

リクナビNEXTは、転職業界大手の株式会社リクルートが運営する転職サイトです。幅広い業種と職種の求人を掲載しており、20代の登録は特におすすめです。

独自のAI技術を駆使して、あなたをトータルで分析してもらえます。巨大なデータベースの中からぴったりの求人を紹介してもらえるでしょう。意外な業界や職種をおすすめされることもあるかもしれません。

魅力的な企業があれば、「気になる」で登録しておけるのもメリットです。企業からお誘いが来ることもあるので、採用がスムーズに進むでしょう。

さらに、企業が求める人物像とマッチすればオファーが届くこともあります。中にはオファーでしか紹介されない非公開求人もあるので、とりあえず登録しておくことをおすすめします。

  サービス名リクナビNEXT
  運営会社株式会社リクルート
  公開求人数100,173件
  非公開求人数非公開
  おすすめポイント・自分にぴったりの求人が見つかる
・気になるリストで気になる求人を保存できる
・オファーを受け取れる
  対応地域東京、大阪、福岡、名古屋など全国/海外
  公式サイトhttps://next.rikunabi.com/

マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20
  • 特徴① 20代・第二新卒・既卒向け
  • 特徴② 未経験歓迎の求人多数
  • 特徴③ マイナビのノウハウを保有

マイナビ20’sは20代、第二新卒、既卒に特化した転職エージェントです。

 

20代の転職をサポートしてきたからこそ、若手特有の転職事情に熟知しており、カウンセリングから面接対策まで、転職活動のすべてを親身になってサポートしてもらえます。

 

未経験歓迎の求人を75%以上も保有しているのが一番の特徴です。

 

これまでに経験はないけれど、新しい職種・業界に挑戦したい20代におすすめできるでしょう。

 

転職業界大手のマイナビ関連会社が運営していることから、マイナビのノウハウを持っているのも安心できる点です。

 

自己分析に役立つ適正試験が受けられるほか、キャリアアドバイザーがあなたの強みを分析してぴったりの職場を紹介してもらえます。

 

サービス名 マイナビジョブ20's
運営会社 株式会社マイナビワークス
公開求人数 5,813件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 既卒・第二新卒から就職を目指せる
  • 新しい分野に挑戦できる
  • 自分にぴったりの求人を紹介してもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

ミドルの転職

ミドルの転職
  • 特徴① 30代・40代専用のハイクラス転職サイト
  • 特徴② 年収1,000万円以上の求人を多数保有
  • 特徴③ スカウト機能あり

ミドルの転職は、30代・40代のミドル世代を専門にした転職エージェントです。

 

ハイクラスに特化しているのが特徴で、経営幹部、管理部長、営業部長など高い役職の求人をたくさん保有しているのがメリットです。

 

年収1,000万円以上の求人も2万件以上保有しているのも強みでしょう。

 

独占求人のほか、スカウト機能もあるので、キャリアアップや年収アップを狙う30代・40代なら必ず登録しておきたい転職エージェントです。

 

サービス名 ミドルの転職
運営会社 エン・ジャパン株式会社
公開求人数 20,356件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 30代・40代で転職を検討している方
  • ハイクラス転職が実現できる
  • 年収1,000万円以上を狙える
対応地域
東京、愛知、大阪、福岡、など全国/海外
公式サイト
(※)2024年2月時点、年収1,000万円以上の求人

 

LHH転職エージェント

LHH転職エージェント
  • 特徴① 各職種のプロフェッショナルがサポート
  • 特徴② 360度式コンサルティング
  • 特徴③ 大手・外資・優良中堅など幅広い求人

LHH転職エージェントはスイスに本社を構えるAdeco Groupが運営する転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーは職種別に担当しており、そこから業界別ごとのチームに細分化しています。

あなたの専門領域に精通しているので、あなたの市場価値を正しく判断し、適切な求人を紹介できるのがメリットです。

 

また、一人のキャリアアドバイザーが企業と求職者の両方を担当する360度コンサルティングを実施しているので、受かるポイントを正確に把握しているのも嬉しいポイントでしょう。

 

豊富なネットワークがあり、国内の大手企業や外資企業はもちろん、優良中堅など幅広い求人を保有しています。

 

サービス名 LHH転職エージェント
運営会社 株式会社アデコ
公開求人数 17,940件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 質の高いサポートが受けられる
  • 企業の情報を正確に知ることができる
  • さまざまな企業の紹介を受けられる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

未経験転職の現状は?

未経験の業界・職種への転職には難しいイメージがあるかもしれませんが、転職を成功させている人が多くいるのも事実です。

この章では、未経験転職の現状について解説します。

未経験の業界・職種への転職は可能

結論からいうと、未経験の業界・職種への転職は可能です。

Indeedが全国の正社員を対象におこなった調査によると、転職経験者のうち、未経験の業種や職種に転職した経験がある方は、約半数の54.3%にも上りました。

引用元:「未経験転職に関する調査」を実施(2023年)|Indeed

さらに、未経験転職の経験がある方に業種と職種のどちらが未経験なのか尋ねたところ、61.3%の方が「前職と業種も職種も異なる転職をした」と回答したようです。

引用元:「未経験転職に関する調査」を実施(2023年)|Indeed

これらの調査結果より、転職は同業種・同職種でないと成功できないわけではなく、未経験転職でも実現の可能性はあると予想できます。

ただし、未経験の業界・職種への転職は簡単なことではありません。転職エージェントを活用して、未経験歓迎の求人を紹介してもらったり、書類添削や面接対策などの転職サポートを受けたりするのが得策です。

未経験転職の難易度は年代によって異なる

ただし、未経験転職の難易度は年代によって異なるようです。

株式会社マイナビが2022年に実施した調査結果を参照すると、未経験者採用に積極的な企業の割合には、年代別によって以下の違いがあることがわかります。

【参考記事】【図4】<人材属性別>今後の中途採用の見通し(単一回答)|中途採用状況調査2023年版(2022年実績)|マイナビキャリアリサーチLab

「未経験でも積極的に採用したい」と回答した企業は、新卒で入社して間もない20歳〜25歳の人材で56%、数年~20年近くの社会人経験を積んだ26歳〜40歳で48.1%となっています。

この結果より、年齢とともに難度は上がるものの、未経験転職を実現させられる可能性はあるといえるでしょう。

未経験の業種・職種への転職を目指す際は、年齢に応じた対策を講じると、転職成功の可能性を高められるはずです。

詳しくは、【ケース別】未経験で転職サイトを使うときの注意点の章で解説します。

未経験者向けの転職サイトを選ぶポイント6つ

転職サイトの「選び方がわからない」「利用した経験がない」という方は、ぜひ参考にしてください。

対象になっているか確認する

転職サイトを選ぶ際、自分が対象になっているのかを必ず確認してください。なぜなら、転職サイトには、利用制限を設けている場合があるからです。

自分が使いたい転職サイトがあったとしても、未経験者不可などの条件によって利用できない可能性があります。

高橋 宇内氏

転職サイトの使用条件は、公式ホームページに記載があるため、事前に確認しましょう。

求人数をチェックする

転職サイトを選ぶときは、求人数もチェックしましょう。転職サイトによって、公開している求人数が異なります。

たとえば、未経験でも利用できる転職サイト「doda」では、公開求人数が220,178件です。(2023年11月時点)

一方、リクルートエージェントの求人数は、385,131件です。(2023年11月時点)

各転職サイトによって求人数が変化するため、未経験でも利用できる企業を選ぶことを推奨します。

高橋 宇内氏

転職サイトには「独占求人」や「非公開求人」もあります。紹介を受けるときは、担当のエージェントに相談しましょう。

サポート内容を比較する

転職サイトのサポート内容を比較する理由は、求人紹介や選考対策に特化している場合があるからです。

未経験の転職は、手厚いサポートが受けられる転職サイトを選ぶと、スムーズに転職活動が進められます。

具体的には、職務経歴書添削や面接対策、企業選びなどのサポートを丁寧にしてくれる転職サイトがおすすめです。

高橋 宇内氏

自分が転職サイトに求めるサポート内容に優先順位をつけて、合致している企業を選ぶと満足する結果になる可能性が高いでしょう。

口コミ・評判を調査する

未経験者向け転職サイトには、それぞれの特徴があります。

口コミ・評判は、実際に転職サイトを活用している方の意見を見られたり、リアルな情報を知れたりするため、利用後のミスマッチがなくなります。

ただし、口コミ・評判がすべてではないので、一つの意見として捉えましょう。

高橋 宇内氏

利用しようとしているサービスに自分が応募したいような求人が無ければ、サービスの変更を検討すると良いでしょう。

特化型・総合型を把握する

転職サイトには、特化型・総合型が存在します。

特化型

特定の業界について深い情報が得られるサイト

総合型

幅広い業種・職種の求人を扱うサイト

特化型は、特定の業種に絞った求人が探せますが、求人数が少ない傾向にあります。総合型は、多様な求人数を誇りますが、専門的な知識については劣ります。

特化型と総合型によって特徴が異なるため、自分に適した転職サイトを選ぶのがおすすめです。

高橋 宇内氏

自分がどちらに向いているかわからない場合は、両方に登録して検討してみるといいでしょう。

エージェント型のサイトにも登録する

未経験転職を実現させるには、エージェント型の転職サイトに登録するのがポイントです。

転職サイトには大きく分けて、「求人広告型」と「エージェント型」の2種類があります。エージェント型の転職サイトを利用すると、転職のプロであるキャリアアドバイザーのサポートが受けられ、転職成功の可能性を高められるでしょう。

業界・職種の転職事情や応募先企業の詳しい情報を教えてもらえ、未経験転職を心強く後押ししてもらえるはずです。

未経験者にはエージェント型の転職サイトがおすすめ

前述したように、未経験での転職を目指す方ほど、エージェント型の転職サイトの利用がおすすめです。転職エージェントを利用すると、未経験転職のノウハウを教えてもらえたり、非公開求人を紹介してもらえたりとさまざまなメリットがあります。

この章では、転職エージェントで受けられるサービス内容を解説します。

未経験転職の実績をもとにサポートを受けられる

ほとんどの転職エージェントでは、未経験者の転職を支援してきた実績があり、未経験転職のノウハウを熟知しているでしょう。

未経験者歓迎の求人の紹介や面接でのアピール方法、企業の目に留まる応募書類の書き方など、求人紹介から内定までを総合的にサポートしてもらえるのは、転職エージェントならではのサービスです。

前述したように、未経験者でも利用できるエージェントを選べば、未経験転職に詳しいキャリアアドバイザーから支援を受けられるはずです。

業界・企業の情報を教えてもらえる

転職エージェントのサービスのひとつとして、転職を希望している業界・企業の情報を教えてもらえることが挙げられます。

たとえば、希望する業界は未経験者でもなじみやすいか、応募先の企業はどのような経緯で採用活動をしているのかなど、未経験転職で知りたい情報を共有してもらえるのです。とくに、応募先の企業に未経験者を採用した実績があるとわかれば、自信をもって応募に進めるでしょう。

もちろん自身での業界研究・企業研究も必要ですが、エージェントで情報を教えてもらえることは、忙しいさなかの転職活動で大きな助けとなるはずです。

応募時に推薦状を添えてもらえる

転職エージェントを利用して応募すると、応募書類にキャリアアドバイザーからの推薦状を添えてもらえます。推薦状には、以下のような内容が書かれることが多いようです。

推薦状に記載される内容
  • 応募者の経歴
  • 応募者の人柄、強み
  • 転職理由
  • 残業の可否や希望年収額などの条件 など

このような情報は履歴書・職務経歴書だけでは伝えきれないため、エージェントを利用するメリットといえます。

また、企業側からすると、過去に取引経験のあるキャリアアドバイザーからの推薦であれば、信頼が厚く、「一度会って話してみたい」と判断するかもしれません。

推薦状を添付してもらうことで、未経験であっても書類選考通過の確率を上げる効果も期待できるのです。

未経験者向けの非公開求人がある可能性も

転職エージェントでは、一般には公開されていない「非公開求人」の情報が保有されています。非公開求人は、エージェントに登録して紹介を受けた人しか知り得ないため、転職の選択肢を増やしたい方はぜひ利用したいものです。

非公開求人には、好待遇の求人や人気企業の求人が含まれており、なかには未経験者向けの求人が保有されているケースもあります。

非公開求人は競争率が比較的低いため、スムーズに選考が進む可能性が高いでしょう。

未経験転職でサイトを活用すべき5つの理由

転職サイトを活用するメリットを知りたい方は、ご覧ください。

より多くの求人にアクセスできる

転職サイトを活用すべき理由は、選択肢の幅が広がるからです。転職サイトは「公開求人」「非公開求人」「独占求人」といった、さまざまな求人があります。

転職サイトを活用して、より多くの求人にアクセスできれば、自分に適した企業が見つけられるはずです。

納得する企業へ転職するには、欠かせない存在となるでしょう。

希望条件に適した求人を探してくれる

転職サイトには、自分に適した求人を紹介してくれるエージェントがいるため、探す時間を省けるメリットがあります。

エージェントは求職者へのヒアリングを通じて、仕事をするうえでの優先順位や希望職種・業界を理解し、最適の企業を紹介するサポートをおこなっています。

数多くの求人の中から探すよりも、エージェントに厳選してもらった方が、適切な企業に出会えるかもしれません。

また、節約した時間を選考対策に使えるので、万全の状態で本番へと臨めるでしょう。

書類作成・添削が受けられる

未経験での転職の場合、書類作成の方法がわからないという方は少なくありません。転職サイトのエージェントは書類選考を通過させるコツを知っているので、正しい方法でレクチャーしてくれます。

エージェントの紹介求人の場合は、より詳しい情報を知っているため、応募企業に適した内容の書類が作成できるメリットがあります。

面接対策を手伝ってくれる

転職サイトを使用すると、担当のエージェントが模擬面接の練習をしてくれるため、採用される可能性が高まるというメリットがあります。

模擬面接では、過去に同じ企業を受けた方のデータを元に、聞かれる可能性が高い質問も教えてくれるので、事前準備がおこないやすいでしょう。

とくに、以下の質問は転職活動で聞かれる可能性が高く、事前に準備しておく必要があるでしょう。

面接で質問されることが多い項目
  • 志望動機
  • 長所・短所
  • 活かせる知識・経験
  • 競合他社との違い
  • 逆質問

知りたい情報を教えてくれる

転職サイトでは、さまざまな転職市場に関する情報を発信しています。

企業のホームページで企業理念や概要は調べられますが、面接で聞かれやすい質問などについて調べるのは困難です。しかし、転職サイトでは求人内にさまざまな情報を載せているため、詳しく調査できます。

転職サイトによっては、エージェントを活用できるサービスがあり、より詳しい情報を聞くことも可能です。

調べてもわからない内容は、エージェントに直接聞いてみるのも手段の一つでしょう。

未経験転職でサイトを最大限利用するコツ5つ

転職サイトをより効率的かつ効果的に活用したい場合は、ぜひ参考にしてください。

計画を立てる

未経験転職でサイトを最大限活用するためには、計画を立てることが大切です。転職サイト自体はすぐ利用できますが、後先考えずに利用してしまうと、退職するタイミングなどの調整が難しくなります。

転職サイトを活用して転職活動を進める場合は、3ヵ月~半年ほどかかるケースがほとんどです。転職したい時期が決まっている人もいるでしょう。

未経験転職でサイトを活用するときは、いつまでに終了させるのか計画を立て、逆算して考える必要があります。

経歴は嘘をつかない

転職サイトを活用する際、個人情報や過去の経歴について入力します。その際、自分を良く見せたいといった理由などから嘘の経歴を入力してしまうと、アンマッチした企業へ入社する可能性が高まります。

転職サイトに入力した内容は、企業側が閲覧できるシステムになっています。求職者の登録情報をもとに、企業はスカウトメールなどを送ります。

自分のスキルや経験と見合っていない求人ばかり届くため、転職活動がかえって非効率になってしまいます。

また最悪の場合、嘘の経歴が選考でバレてしまい経歴詐称によって法的処置になる可能性があるので、注意が必要です。

未経験転職でサイトを利用するときは、経歴を正直に入力しましょう。

事前に自己分析を済ませる

転職サイトを活用して転職活動を進めると、志望先に応募した1週間後には面接選考になるケースがあります。

転職サイトから応募する際、事前に自己分析をおこなっていれば、面接選考に対応できます。しかし、選考対策をせずに進めてしまうと、面接選考で不採用になる可能性が高くなります。

もし選考を受けた企業が第一志望だった場合、後悔するはずです。

転職サイトから応募した後に自己分析を実施することもできますが、不備によって、面接官の質問に返答できないケースが多くなります。

転職が未経験の場合、とりあえず行動しようと始めてしまいますが、かえって失敗する確率が高くなります。転職未経験者がサイトを活用して進める場合は、自己分析を先におこないましょう

選考対策を実施したうえで転職サイトを利用すれば、面接がすぐに決まっても対応できるはずです。

希望条件に優先順位をつける

転職サイトには多くの求人があるため、何を基準に選べばいいのか悩む方も多いはずです。そこでおすすめなのが、希望条件の優先順位付けです。

希望する条件の中に「どうしても譲れない条件」「許容できる条件」を決めることで、企業選びがおこないやすくなります。

優先順位をつける項目の例
  • 職場環境
  • 業務内容
  • 金銭面
  • 経営方針や社風
  • 福利厚生

優先順位の1位、2位に働く環境が関連している場合は、企業の事業内容などを調べましょう。

自分が優先度の高い条件から求人を選ぶと、転職後のミスマッチも防げるはずです。

特化型・総合型を併用する

転職未経験者がサイトを活用するときは、特化型と総合型を併用するのがコツです。

特化型の転職サイトは、特定の業種に絞っているため、志望先が決まっていれば効率的に見つけられます。一方、求人数が少ないことから、希望条件に合う企業を見つけられないかもしれません。

特化型と総合型にはどちらにもメリット・デメリットがあります。しかし、どちらの転職サイトも併用すれば、良い部分だけを利用できるため、より効率的かつ効果的に活用できるはずです。

転職未経験者の場合は、各サイトの良いとこどりをすることを推奨します。

未経験者が転職を成功させる秘訣【プロが語る】

転職未経験者が成功させるには、転職サイトを複数併用するのがおすすめです。

高橋 宇内氏

転職サイトには、独占している非公開求人があるのをご存知でしょうか。

非公開求人は、各転職サイトにしかない特別な求人です。

非公開求人の中には、大手や優良企業も多くなります。より多くの非公開求人にアクセスするには、複数の転職サイトを併用することが必要です

高橋 宇内氏

転職未経験者が転職サイトを活用して成功させる場合は、積極的に利用しましょう。

未経験転職の成功率を高める方法4つ

それぞれの方法について、詳しく解説します。

経験・スキルを活かせる業種に転職する

未経験転職の成功率を高めるには、いままでの経験・スキルを活かせる業種を選ぶことが重要です。

転職経験がない場合でも、過去に就業実績がある業種であれば、働くイメージが湧くと思います。

しかし、いままで経験がない業種の場合、転職難易度は高くなります。なぜなら、中途採用では即戦力が求められるからです。

企業が中途で採用する人材は、経験・スキル・実績がある求職者です。ただし、20代の場合は、ポテンシャル採用をする可能性があるため、未経験でも転職できるかもしれません。

30代は社会人経験を積んでいる前提で採用活動をおこなうため、即戦力を証明するスキルや経験が必要です。

年代によって求められる要素は異なりますが、経験・スキルを活かせる業種の方が、転職未経験でも成功する確率を高められるでしょう。

未経験者採用を募集している企業に応募する

未経験者採用を募集している企業に応募するのも、成功率を高める方法の一つです。

たとえば、大手求人サイトマイナビ転職が「未経験OK」で公開している求人数は、6,368件です。(2023年11月時点)

マイナビ転職TOPページ
公式サイトより引用

各転職サイトには、詳細検索ができるツールを搭載しているため、求人を絞り込むことができます。未経験者採用を実施している企業は、転職が初めてでも成功できる可能性を高められるはずです。

また、複数の転職サイトを併用すれば、より多くの未経験求人にアクセスできるので、選択肢も増やせます。

転職未経験者がサイトを活用して成功させるには「未経験者採用」を募集している企業に応募するのも、手段の一つでしょう。

具体的かつ定量的な転職理由を準備する

転職活動では、書類・面接選考を設けるケースがほとんどです。その際、面接官から高評価を得るには、具体的かつ定量的な転職理由が欠かせません。

志望理由の例

「私が転職する理由は、貴社にしかないチームプロジェクトで実力を伸ばし、会社の成長に貢献したいと思ったからです。私は営業職を3年間続け、年間売上を2,000万円達成することができました。しかし、個人で活動することがほとんどだったため、孤独感を感じていました。貴社ではチームと一緒に大規模なプロジェクトに挑戦をすることができると考えております。前職でのスキル・経験を活かし、貴社でのプロジェクトに貢献したいと思っています。」

転職理由を伝えるときは「年間売上2,000万円」などの定量的な説明に加え、背景となる具体的な説明を伝えることが重要です。

具体的かつ定量的に伝えるメリットは、採用担当者にイメージを与えられる点です。採用担当者は求職者に対して「本当に貢献してくれるだろうか」と懸念視しています。

しかし、働くイメージを与えるように転職理由を伝えられれば、採用担当者が不安に思っている部分も払拭できるでしょう。

具体的かつ定量的な説明は、他の求職者との差別化ポイントにもなり、高評価につながります。

複数の転職サイト・エージェントを併用する

未経験転職を成功させるには、複数の転職サイト・エージェントを併用するのがポイントです。

転職サイト・エージェントによって保有求人は異なるため、いくつかのサービスを併用すると、それだけ転職の選択肢を広げることにつながるでしょう。

また、複数人のキャリアアドバイザーから客観的なアドバイスを受けることで、自身の立ち位置が明確になり、未経験転職のためにすべきことが把握しやすくなるはずです。

総合型と特化型、求人広告型とエージェント型など、異なるタイプの転職サイトに登録して、さまざまなサービスを利用してみてください。

未経験者におすすめの業界・職種

未経験者は、人手不足の業界や将来的にも需要が高い職種を選択すると、キャリアチェンジに挑戦しやすいでしょう。具体的には、以下のような業界・職種を検討するのがおすすめです。

未経験者におすすめの業界・職種
  • IT・Web業界
  • 介護職
  • トラックドライバー
  • 建設作業員
  • 工場作業員
  • ブライダル・ホテル業界
  • 飲食業界
  • 販売職

教育体制が充実している企業を選べば、入社後もやりがいを感じながらステップアップしていけるはずです。

【関連記事】未経験でもできる仕事16選!正社員として採用されやすい求人の特徴や転職のコツを解説

転職サイトを利用する流れ

転職未経験者の中には、どのようにサイトを使って進めるのか不安視する方もいるでしょう。以下では、転職サイトを利用して活動する流れについて解説します。

転職サイトを利用する未経験者は、ぜひ参考にしてください。

STEP

基本情報登録

初めに、利用したい転職サイトに登録しましょう。

登録する転職サイトの数に制限はないため、自分が管理できる範囲でおこなってください。

STEP

志望業界・職種・企業の調査

続いては、転職サイトの中から志望業界や職種・企業の選定をおこないます。

志望する業界・職種について調査を重ねれば、転職後のミスマッチを予防できるはずです。

STEP

書類作成・応募

企業研究後は、書類作成と応募です。

応募書類を作成する際は、住所や会社名に不備がないか、封筒の大きさは指定通りか、他にミスがないかなど、細かい注意事項もしっかり守りましょう。

STEP

面接選考

書類選考に通過した後は、面接選考です。これまで準備してきた内容を伝え、面接官から好印象をもたれるようにハキハキと話しましょう。

面接会場に入る前から試験が始まっている可能性があるため、注意してください。

STEP

内定・条件交渉

内定後は、転職までに必要な書類の作成です。転職までに時間がある方は、これから必要となるスキルを身につける努力を始めましょう。

転職はゴールではなくスタートなので、常に成長する気持ちで望むのがベストです。

STEP

転職

転職後は、即戦力として働けるように向上心をもって取り組みましょう。

ここまでが一連の流れになるので、転職サイトを利用する未経験者は、ぜひ参考にしてください。

【ケース別】未経験転職をするときの注意点

転職活動には、年齢や状況によって注意するポイントが異なります。知らずに転職活動を進めると、志望企業に採用してもらえないかもしれません。

志望企業へ転職するためにも、各年代における注意点を確認しておきましょう。

20代未経験で転職サイトを利用する注意点

20代未経験で転職サイトを使用するときは、ポテンシャルが重要視されていることを理解しておきしましょう。

20代は30代以降の方と異なり、社会人経験が少ない傾向にありますが、企業は成長する将来性に期待をしています。企業は20代を採用する際、これからのポテンシャルを判断材料の一つにしています。

20代未経験で転職サイトを使用して転職活動をするときは、熱意や意欲をアピールしましょう。

高橋 宇内氏

いままでの経験から「活躍できる可能性がある」と判断されれば、20代でも大手・優良企業に転職できる可能性があるでしょう。

30代未経験で転職サイトを利用する注意点

30代未経験で転職サイトを利用する場合、いままでの経験を具体的かつ定量的に記載しなければ、不採用になる可能性が高くなります。

30代以降はポテンシャルではなく、即戦力であるかが企業側の判断基準です。

企業が求めるスキルや経験をアピールできなければ、転職するためのスキルや経験が不足していると思われるかもしれません。

高橋 宇内氏

30代未経験で転職サイトを活用する際は、企業が求める意図も踏まえたうえで活用しましょう。

40代未経験で転職サイトを利用する注意点

40代未経験で転職サイトを活用するときは、企業側にリスクがあることを理解する必要があります。企業側としては、従業員に1日でも長く働いてほしいと考えています。

40代の場合、20・30代と比べて勤続年数が短くなるため、企業が求める人物像には該当しないかもしれません。

40代で転職する場合は、企業が採用するメリットを明確にアピールすることが大切です。40代を採用するリスクよりメリットの方が大きくなれば、転職できる可能性は高まります。

高橋 宇内氏

40代未経験での転職は、ハードルが高くなっていることを認識しましょう。

未経験からITエンジニアを目指すときの注意点

未経験からITエンジニアを目指す際は、事前にプログラミングスキルやITの知識を身につけておいたほうが、スムーズに転職活動が進みます。

多くの企業では、たとえ求人票に「未経験歓迎」と掲げていたとしても、一定レベルのスキルがあることを前提としているためです。

ITエンジニアに転身したい方は、まずはオンラインスクールや独学でプログラミング技術を学びましょう。転職のゴール時期と学習に必要な期間から逆算して、勉強を開始するのが重要です。

多くの場合、ITエンジニアの採用活動ではポートフォリオの提出が求められるため、この点でも事前の学習は必須といえます。

【関連記事】未経験におすすめのプログラミングスクール25選!評判・口コミを徹底解説

未経験から事務職を目指すときの注意点

未経験から事務職を目指すのは可能ですが、人気の職種であるため、倍率の高さには覚悟が必要です。とくに、一般事務は特別な資格や知識が求められないぶん、志望者が多い職種といえます。

実力の高さを強調したいのであれば、以下のような資格を取得するとアピール材料となるかもしれません。

アピール材料となる資格
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)
  • 簿記
  • 秘書検定

また、事務職では業務遂行の正確性やコミュニケーション能力が求められるため、現職でのエピソードを交えて、これらのスキルが備わっていることを伝えましょう。

未経験者向けの転職サイトによくある質問

未経験者向けの転職サイトに関してよくある質問について回答していきます。

30代未経験でも転職できる求人はある?

30代未経験でも転職できる求人はあります

本記事で紹介する求人は、30代未経験でも可能です。

未経験40代男性・女性でも使える転職サイトは?

未経験40代でも、マイナビミドルシニアやFROM40のように使用可能な転職サイトはあります。

ただし、求人数は多くないので、転職はかなり難しくなります。

未経験でも転職エージェントに登録できる?

未経験者でも転職エージェントへの登録は可能です。

本記事で紹介したエージェント型の転職サイトは、どこも未経験向けの求人が保有されているので、ぜひ活用して転職を叶えてください。

未経験でも転職できる業界・職種は?

未経験でも転職できるおすすめの業界
  • 人材業界
  • 広告・メディア業界
  • IT業界
  • Web業界

これらの業界は人手不足の傾向が強いため、未経験でも転職しやすい業界です。

未経験でも転職できるおすすめの職種
  • 営業職
  • インフラエンジニア
  • 販売職
  • 事務職

入社時点で専門知識が求められ過ぎないため、未経験でも転職しやすいでしょう。

未経験での転職で有利になる資格は?

以下は、未経験での転職で有利になる資格です。職種ごとに異なるため、志望先と照らし合わせてください。

未経験での転職で有利になる資格
  • 簿記検定
  • 秘書検定
  • MOS
  • 宅地建物取引士
  • ITパスポート
  • 情報処理技術者試験
  • TOEIC700点以上

求人票の「未経験歓迎」は本当?

求人票の「未経験歓迎」はそのままの意味で受け取って問題ありません。「多くの人材に応募してほしい」との思惑から、このように記載する企業が多いようです。

ただし、未経験歓迎と謳っているからといって、何のスキルもなくてOKというわけではありません。募集職種によって求められるスキルは異なるため、業界や企業、職種の研究を怠らないようにしましょう。

未経験でも年収を上げられる?

未経験でも、年収水準が高い業界・職種に転職すれば、年収を上げることは可能です。

年収が高い傾向にある業種・職種
  • IT業界
  • 金融業界
  • 営業職
  • 外資系企業

未経験転職で年収を上げたい方は、これらの企業を目指してみるのがおすすめです。

ハローワークと転職サイトの違いは?

ハローワークとエージェント型の転職サイトには、以下のような違いがあります。

ハローワーク転職サイト
求人の見つけ方ハローワークに設置されているパソコンやインターネットサービスを使って自分で検索するキャリアアドバイザーから紹介を受ける
求人の内容地域密着型の中小企業が中心大企業の求人や非公開求人もある
求人数多い転職サイトによる
応募書類の添削ありあり
面接対策ありあり
企業との連絡質問は基本的にハローワークを介しておこなう転職エージェントを介しておこなう
応募の仕方紹介状を添付して自分で応募する
ハローワークを介して応募する
転職エージェントを介して応募する
キャリア相談ありあり
利用料金無料無料

もっとも大きな違いは、ハローワークは地域密着型の中小企業の求人が中心であるのに対し、転職サイトには幅広い企業の求人が保有されている点です。

ハローワークでは転職サイトにはないような独自の求人を見つけられるため、迷っている方は両方登録するとよいでしょう。

転職サイトにはいつ登録するのがベスト?

転職サイトにはいつでも登録できますが、プロフィールページの「転職希望時期」の欄は、実際の進捗状況によって更新するのがおすすめです。

とくに、エージェント型の転職サイトでは、数多くの登録者が転職希望時期によって振り分けられているのが通常で、転職希望のタイミングが近いほど優先度が上がる傾向があります。

転職希望時期は登録時のままにせず、こまめに更新するように心がけてください。

未経験転職は転職サイト積極的に活用しよう

転職活動が未経験の場合、何から始めればいいのかわからない方も多いでしょう。転職サイトは転職未経験者でも自由に活用でき、希望する業種を見つけられるツールです。

また、転職サイトを併用すれば、より多くの求人にアクセスできるため、成功する可能性を高められます。

転職未経験者の中で「異業種の仕事に転職したい」「仕事を変えたいが困っている」と悩んでいる方は、無料で利用できる転職サイトを積極的に活用しましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。