ミドルクラスの転職を成功させるポイントとは?【まだ間に合う】失敗しないための注意点も紹介

編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

ミドルクラス世代の転職は、年齢層に伴って求められるスキルが多岐に渡るため、成功する場合もあれば失敗してしまう場合もあります。

本記事では、ミドルクラスでの転職を成功させるためのポイント失敗しないための注意点の他、ミドルクラスの変わりつつある求人トレンドについて解説をしながら求められるスキルや転職に成功するためのポイントを紹介していきます。

ご自身に合った転職先を見つけていくためにも、本記事で紹介をした内容をぜひ参考にしてみてください。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

関連記事:ミドル層におすすめの転職エージェントは?キャリア別と職種別・女性向けまで紹介

目次

ミドルクラスの転職は厳しい?実態を徹底解説

近年は多様な働き方が浸透し、経験豊富なミドルクラスだからこそできる管理職や専門性の高い職種を求める企業も出てきています。

ミドルクラスの転職は厳しいのかを以下の3つの観点から解説します。

  1. ミドルクラスの転職の現状
  2. 選択肢は少なくなるが、チャンスは増えている
  3. 条件面で折り合いが取れないことが多い

ミドルクラスの転職の現状

厚生労働省の調査によると、企業が「積極的に採用を強化したい」年代は、35歳未満が43.5%、45歳以上55歳未満が3.1%、55歳以上になると1.0%という結果になりました。

引用元:中途採用に係る現状等について|厚生労働省

ミドルクラスの転職になると年齢だけではなく、アピールできる実績や労働条件などが企業の求める条件と合わない場合が多いことが考えられます。

しかし、エン・ジャパンの調査によると転職コンサルタントの約8割が「2023年は35歳以上のミドルを対象とした求人が増加する」と回答しており、ミドル人材の求人が増加する理由として「若手人材の不足」や「景気の回復」などの影響があると考えられています。

引用元:「2023年ミドルの求人動向」調査約8割のコンサルタントが「2023年はミドル求人が増える」と回答|エン・ジャパン(enJapan)

専門的なスキルがあるとチャンスは増える

ミドルクラスの転職においては、今後もニーズが高まることが予想されます。しかし、その一方で、採用できる枠も限られるため競争が激しくなっているという課題もあります。

転職活動を有利に進めていくためには「高い専門性」が求められます。例えば、管理部門系の職種であれば、IPOや経理財務、法務や監査などでの実務経験があると転職後でも活躍が期待できるとのことで採用がされやすいです。

誰でもできる汎用的な作業よりも、資格や免許を取得して活かせるスキルを所有していれば、よりスムーズに転職活動が進められるでしょう。    

条件面で折り合いが取れないことが多い

ミドルクラスが転職をしたことで自身の希望通りの条件で転職ができるとは限りません。ハイクラスの転職では、年収や役職は上がりやすい傾向ではありますが、その分業務における責任は増えます。

結果として、前職と比べて休暇が取りづらい状況になったり、マネージャーやリーダーなど業務やプロジェクトに対する責任を取らなければいけない立場になる場合もあります。

ミドルクラスが転職をする際は、入社条件に関して妥協する部分を事前に考えておくと良いでしょう。

ミドル層がハイクラス転職を成功させる7つのポイント

ミドルクラスの方々が転職活動を成功させるためのポイントを紹介します。

40代を過ぎて転職を考えている人や自身のキャリアに不満を感じている人、または新しい挑戦を求めている人には、特に役立つ情報が含まれているでしょう。

応募する企業の情報収集を徹底する

応募する企業の情報収集を徹底することは、転職活動において非常に重要です。情報収集を徹底することで、自分が応募する企業についてより深く理解し、その企業が求めている人物像やスキルを把握することができます。

情報収集の方法は、まず企業の公式サイトをチェックすることです。サイト内には企業の事業内容やビジョン、採用情報などが記載されています。

また、SNSや求人サイトの活用、転職エージェントのキャリアアドバイザーから社風や事業内容などの他にも、過去の転職者や社長の人柄などリアルな情報を共有してもらうようにするのも効率的です。    

自分の市場価値とポータブルスキルを把握する

ミドルクラス層が転職するにあたって、自分の市場価値と、どのような職場でも通用する「ポータブルスキル」を把握することは非常に重要です。

市場価値は、求人市場での自分の価値を示すもので、職種や業界によって異なります。

自分の市場価値を把握するには、同業種の求人情報を収集したり、転職エージェントに相談したりすることが有効です。

自分が気付いていないだけで、過去に携わった業務や保有している資格や免許が実は転職先で十分活かせる、自己PRの大きな内容になるなど、どんな側面が評価の対象になるのかは市場価値を分析してみないと分かりません。

まずは自分のことを知ることから始めることをおすすめします。    

職務経歴書で必要なスキルをアピールする

職務経歴書は自身の経歴やスキルを分かりやすく伝えるためのツールです。

ミドルクラスの方が転職活動をする際には、応募先企業の採用担当や代表取締役など読み手が読みやすいよう、自分が何者で過去の実績を踏まえてどんなことが出来るのか、どんなことを転職先に期待しているのか、自分のことを理解してもらいやすいように作成することが大切です。

スキルや業務経験をアピールするために、実績を具体的に示すことや、自分がどのような貢献をしたかを示すことが求められます。

また、業界や職種によっては、特定の資格やスキルを持っていることが必須条件となる場合があります。このような場合には、必要なスキルや資格をしっかりとアピールし、応募先にアピールすることが大切です。

面接では論理的に話す

応募先企業の採用担当が、面接での自己PRを通じて持つスキルや経験を把握するためには、過去に達成できた実績と、何故その実績を達成することができたかの経緯の両方を語ることが大切です。

例えば営業職として転職する場合には、前職での業績がどのくらいあるのか可能な限り具体的な数値を用いて説明します。その業績を達成させるために取引先のお客様や社内に対してどう働きかけたのか、全てを1つの物語として話題が成立するようにすることで、面接官は聞き手として興味津々で話を聞いてもらいやすくなります。    

肩書きに固執しない

転職活動をすることで、今までの経験を活かせる仕事に巡り合えるほかにも、全く予想していなかった分野の業界や職種に関するスカウトをもらう機会もたくさんあります。

例えばITエンジニアとして活躍していてエンジニア職に転職しようと思っていたけれど、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネジメントの経験から、プロジェクトの管理職としてオファーが来るなど、思ってもみなかったキャリアアップの機会が巡ってくることもあります。    

なので、転職活動中は柔軟な姿勢で挑むことをおすすめします。   

転職エージェントを利用する

ミドル層の人で転職に困っている人は、一度転職エージェントを利用してみるといいでしょう。

転職エージェントを利用することで自分の悩みを解決することができ、現状を整理することができます。

また、書類添削や面接対策などの選考対策や非公開求人の紹介といったサポートを受けることができるため、効率良く転職活動を進められます。

ミドルクラスにおすすめな転職エージェントについて詳しく知りたい方は、一度こちらの記事を参考にしてみてください。
ミドル層におすすめの転職エージェントは?キャリア別と職種別・女性向けまで紹介

「ミドルの転職」を活用する

「転職活動がうまくいかない...」「年齢が高いからと企業に断られる...」とお困りの方には「ミドルの転職」を活用することがおすすめです。

ミドルの転職は株式会社エン・ジャパンが運営するミドル世代に特化した転職サービスです。

ミドルクラス向けの求人を2万件以上保有しており、キャリアアップや年収アップを目指しているミドル層に人気なサービスとなっています。

「どんなサービスかもっと詳しく知りたい...」という方に向けて、以下の記事ではより詳しくミドルの転職について解説しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

enミドルの転職の評判を徹底比較|プロがリアルな情報を解説

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

ミドルクラスの転職におすすめの業界・職種4選

ミドル層の転職におすすめの業界や職種は以下のとおりです。

業界・職種詳細
IT業界システムエンジニアなどの上流工程に携われるエンジニアがおすすめ
介護業界人手不足で離職者も多いため転職事情が売り手市場である
営業職年齢よりも成果が重視されるため経験があまり関係なく転職しやすい
企画職年齢を重ねて得た経験が強みとなる仕事ができる

ミドル層で転職に困っている方は一度このような業界・職種を目指して転職活動を進めるといいかもしれません。

企業が採用したいミドルクラスの特徴とは?

企業においてミドルクラスは、組織内で中核を担い、企業の成長に欠かせない存在です。ミドルクラスには、専門性だけでなく、マネジメント能力やコミュニケーション能力も求められます。

ここでは、企業が求めるミドルクラスの人材像について見ていきます。

1.考えていることを言語化する能力

企業が求めるミドルクラスの人材の中で、考えていることを言語化できることが重視されます。

業務上必要なコミュニケーションにおいて、新しいアイディアや確認したいことなどを正確に相手へ伝えられるよう、分かりやすく伝える能力は、特に管理職などでは必要なスキルとして各社で研修も組まれているほど重要視されています。    

責任者として現場で新しい人材を採用した際の業務のレクチャーなどで、正確に伝えて即戦力として活躍してもらうためにも、必要不可欠な能力です。    

2.実績やスキルを確実にアピールする能力

企業との面接において、自分の実績やスキルを確実にアピールできることが必要です。

自分が何者かを伝えることで、採用する価値のある人材であることを伝えて優位な立場になるためにも、自分の魅力を理解して売り込むハングリー精神は必ず身に付けておいた方が良い能力です。    

3.柔軟性と謙虚さ

会社で勤続するにあたって、柔軟性と謙虚さが求められます。

ミドルクラスは上の世代とも下の世代とも円滑にコミュニケーションを取りながら仕事に取り組むことが前提なので、様々な意見やアイディアと取り入れるためにも柔軟性と謙虚さを持ちながら活躍する必要があります。    

4.専門性と現場のマネジメント能力

ミドルクラスには、専門性のあるスキルとマネジメント能力も多く求められます。

専門性とは、建築業界やエンジニア職などで深い知識やスキルを持っていることで、業務をより効率的に行い、より高い品質の仕事をすることができます。

また、現場のマネジメント能力も非常に重要な能力です。これは、従業員が自分の業務を遂行するために必要な資源やプロセスをうまく管理し、生産性を高めることができる能力を指します。

現場のマネジメント能力は、チームの運営やリーダーシップスキル、問題解決力、意思決定力、コミュニケーションスキルなどに関する能力も含まれます。これらのスキルを持っている従業員は、業務を円滑に進めることができ、チームや部署のパフォーマンスを向上させることができます。

ミドルクラスの転職活動で失敗しないための注意点

ミドルクラスの転職活動において、注意すべき点がいくつかあります。

まず、転職理由については慎重に考える必要があります。

ミドルクラスの場合、転職理由が不十分だと、企業側から「やりたいことが明確ではない」と判断されてしまうことがあるため、転職を決意する前に、自分が転職したい理由や目的を明確にし、それを企業側にアピールできるように準備することが大切です。

また、面接の際には、自己アピールができるよう、自分自身のスキルや経験を客観的に整理しておくことが必要です。

さらに、企業側からの質問に対して適切に回答できるよう、企業研究を事前に行い、求められるスキルや経験、企業の特徴などを把握しておくことが望ましいです。

転職エージェントや転職サイトを利用する際には、信頼できるものを選び、情報の正確性を確認することも重要です。

さらに、自分自身が求める条件と合致している求人を選び、積極的にアプローチすることが求められます。

以上のように、ミドルクラスの転職活動においては、転職理由の明確化や面接対策、転職エージェントの選定など、注意点を把握し、対策を講じることが求められます。

ミドルクラスの転職においてよくある質問

最後にミドルクラスの転職においてよくある質問に答えていきます。

ミドルクラスに対する求人のトレンドとは?

ミドルクラスの転職市場は、近年大きく変化しています。

これまでは、「30歳半ばを過ぎての転職は難しい」と考えられていたため、中高年層やミドルクラスを対象とした求人情報の中で、希望に合うものを見つけるのは難しいと言われていました。

しかし、近年は多様な働き方が浸透してきたことで、経験豊富な中高年だからこそできる管理職や専門性の高い職種を求める企業も出てきました。結果的に、ミドルクラスの求人のニーズが高まりつつある傾向にあります。

また、定年が65歳だと考えた場合、50歳で転職をしても、その後15年間は働くことが可能です。これにより、ミドルクラスが次のキャリアステップに進むことができるようになりました。

企業側もミドルクラスの転職や持ち合わせているスキルに注目をしており、管理職や専門職など前職からの待遇や経験に見合った求人が増えてきています。

経験豊富で、柔軟性のあるミドルクラスは、若い世代にはない価値を持っており、その価値を活かせる企業が増えていることも、転職市場の変化の一つです。

さらに、中高年層やミドルクラスが転職する場合には、収入面や働き方の条件も重要になります。多くのミドルクラスは家庭を持っている割合も多く 、場合によっては年収が下がってしまうなど収入面での不安もあります。

そのため、年収がアップする転職先を求めたり、ワークライフバランスが良くなる職場を探したりすることが重要になってきます。

ミドルクラスとシニア世代の違いと転職状況

ミドルクラスとシニア世代は、一般的には、ミドルクラスが35歳から54歳の社会人、シニア世代が55歳以上を指します。

転職市場では、ミドルクラスは比較的求人数が多く、転職しやすい傾向にありますが、シニア世代は求人数が少なく、転職の際には多くの課題が伴います。

【参考記事】ミドル世代は何歳の事を指す?転職成功させるために意識すべきポイントをについて紹介します|GeeklyMedia(ギークリーメディア)

ミドルクラスの求人数

ミドルクラスの求人数は、リーマンショック後の2009年を底に右肩上がりの傾向を示しています。このため、転職を検討するミドルクラスの人々にとっては、追い風となっており、比較的求人情報を得やすい状況が続いていると言えるでしょう。

【参考記事】ミドル世代は何歳の事を指す?転職成功させるために意識すべきポイントをについて紹介します|GeeklyMedia(ギークリーメディア)

ミドルクラスの転職市場

ミドルクラスにおける転職市場として、コロナ禍を皮切りに大きく変化しています。    

リモートワークや時差出勤の導入など働き方が多様化した影響で、世の中の企業が職場の業務効率化や新しい事業運営など企業内での変革に対応するため、ミドルクラスへ求めているスキルや経験などのニーズが増えており、即戦力として非常に注目されているのが現状です。    

ただし、ミドルクラスにも求められるスキルは変化しており、マネジメント能力や専門性が求められることが多くなっています。そのため、スキルアップを積極的に行い、自分自身の価値を高めることが必要とされています。

【参考記事】2021年「ミドルの求人動向」調査42%の転職コンサルタントが「2021年は35歳以上のミドル求人が増加」と回答。|エン・ジャパン(enJapan)

ミドルクラスの転職理由には何がある?

ミドルクラスにおける転職は、自己実現やキャリアアップを目的としている場合が多いといえます。

ここでは、ミドルクラスが転職を決める上で最も大きな要因となる理由を以下の6つにまとめて紹介します。

  1. 社風や価値観のミスマッチ
  2. 人間関係
  3. 会社の将来性に不安を感じること
  4. キャリアアップ
  5. 給与や待遇面への不満
  6. プライベートな理由

社風や価値観のミスマッチ

ミドルクラスの転職理由の1つ目は、自身の仕事に対する価値観と会社の社風のミスマッチによるものです。

ミドル世代は、20代など若い頃と比較して仕事に慣れてきて経済的にも余裕も生まれ、徐々に自分のやりたいことが明確化してくる段階に入ります。

そのため、会社の考え方や社風、上層部の方針などの価値観と自分の考えに違いを感じた場合、転職を考えるケースが増えます。

他にも、仕事を行う上で身に付けた資格やスキルを基に新しいことに挑戦してみたいなど、自分のやりたいことに気が付き始めた際に、会社から求められていることとミスマッチしている場合も、転職を志すきっかけとなって、具体的な転職活動に移り始める割合が多いです。    

そのため、自分の能力やスキルを活かしながら、自分に合った職場環境が一体どんな会社なのかを、しっかり分析しておく必要があります。

人間関係

ミドルクラスが転職する理由の2つ目は、職場の人間関係に関する不満が挙げられます。

職場に不快な雰囲気があったり、同僚とのコミュニケーションにストレスを感じていたり、上司などからパワハラやセクハラなどの問題があった場合、転職を検討する人が増えています。

大企業の場合は、部下が徐々に実績を上げて昇進し、自分が今いる役職などポジションを奪われるなど、下からの突き上げも発生するので、絶えず上からも下からも追い込まれやすい状況に陥りやすい世代でもあると言えるでしょう。    

長期間同じ職場で働いていると、不満があってもなんとか我慢しようと思ってしまうことがあるため、転職することをためらうことがあります。

しかし、職場の人間関係が悪いままでいると、ストレスや不満が溜まり、心身ともに健康に悪影響を与えることがあることから、転職を考え始めるきっかけになるケースもあるといえるでしょう

会社の将来性に不安

ミドルクラスの転職理由の3つ目は、会社の将来性に不安を感じるケースがあります。

ミドルクラスは、今後のキャリアアップや退職後の生活設計に向けて、安定性や将来性について考える傾向があります。

そのため、現在勤めている会社の将来性に疑問を感じると、転職を考えるようになることがあります。

会社の将来性に不安を抱く理由としては、少子高齢化やAIなど最新技術が普及することにより、今まで成り立っていた事業や業種が淘汰されるなどの、市場や業界の変化によって会社の業績が不安定になる他、今後の経営方針など会社の考え方に不安を感じ始めた際にも、自分の将来的な経済面での安定性が揺らぐなど危機感を抱いた際にも転職を考えるきっかけになりえます。

業界や職種によっては、最新技術が普及によって近い将来人間が行う仕事が無くなるなどの声も出ているので、今の仕事が5年後や10年後も存続しているのか、今の会社で働き続けることが可能か、一度考えてみると答えが出しやすいでしょう。

キャリアアップ

ミドルクラスの転職理由の4つ目は、キャリアアップです。

職務経験を重ねてキャリアを築いてきていて、今後の成長や発展のため、キャリアアップを目指せる新しい職場や業界に転職することも転職理由としてよく挙げられます。

キャリアアップを目指す場合、転職後に求める社内でのポジションや職種、業務内容について明確なイメージを持っていることが重要です。ミドルクラスの転職の場合は、ただ単に仕事をこなすだけではなく、部署やプロジェクトなど1つの組織を運営するためのリーダーシップやマネジメントなどヒューマンスキルも合わせて求められる傾向が強いです。

転職後に自分がどんな仕事ぶりを発揮できるのか、会社がどう活躍することを期待しているのかを細かく確認する必要があります。

給与や待遇に不満

ミドルクラスの転職理由の5つ目は、給与や待遇に対する不満が挙げられます。

長年勤めた会社での給与に対する不満や、同じ年齢やキャリアの人に比べて給与が低いと感じる場合、転職を考えることがあります。

また、労働時間や休暇制度が不満足な状態が続くなど待遇面に不満がある場合は、別の企業に移ってより働きやすい環境を求めることができます。

今の持ち合わせているスキルや職歴が市場でどう評価されやすいのか市場価値を分析することで、今は転職せずにスキルを身に付けた方が良いのか、競合他社であれば好待遇で有意義に仕事が出来るのかなど転職をすべきかどうか判断材料を確認することができます。    

転職の際には、自分が求める給与や待遇だけでなく、働く上で重視するポイントや職場環境、将来性などを総合的に考慮することが大切です。

プライベートな理由

ミドルクラスの転職理由の6つ目は、家族の事情によって転居が必要になった場合や、自分自身の健康状態が悪化した場合などプライベートな理由が挙げられます。

また、育児や介護のために勤務時間が柔軟でないと困る場合もあり、そのような状況下では、転職して働き方を変えることで、仕事とプライベートの両立を図ることができるでしょう。

さらに、転職によって自宅近くの会社に勤める、乗り換え無しで通勤できるなど通勤時間が短縮されることで、時間的余裕が生まれるため、自分自身の趣味や家族との時間を大切にするために転職する方もいます。

プライベートな事情によって転職を考える場合は、仕事の内容や待遇面だけでなく、勤務地や勤務時間などの条件面にも注意が必要です。

転職エージェントを選ぶときのポイントとは?

この項目では、ミドルクラス向けの転職エージェントを選ぶ上でのポイントについてご紹介します。

もっと詳しく転職エージェントの選び方について知りたい方は以下の記事も合わせてご覧ください。

転職エージェントの選び方とは?失敗しない見分け方を徹底紹介!

ミドルクラス向け求人に特化しているか確認する

ミドルクラスの転職エージェントを選ぶ上で、最も重要なのはミドルクラス向けの求人に特化しているかどうかです。

ミドルクラスは、経験豊富で高い専門性を持つ人材であり、転職先も高いレベルを求めることが多いため、一般的な転職エージェントの求人情報では希望に合った求人に出会えないことがあります。

しかし、ミドルクラス向け求人に特化した転職エージェントであれば、高い専門性を持つ人材に合った求人を多数保有していることが多いため、より良い求人に出会える可能性が高くなります。

特に、専門職に特化した転職エージェントは、求人情報についての知識や情報量が豊富であるため、希望する職種や業界に合わせた求人を提案してくれることが多いです。

TVCMやYoutube広告などでも頻繁に放映されているような、大手の転職エージェントであれば、ミドルクラスに向いた優良企業の求人をたくさん保有しているので、まずは大手の転職エージェントに会員登録してみることをおすすめします。    

転職サポートコンテンツ・機能を持っているか注目する

ミドルクラスの転職エージェントを選ぶ際には、転職サポートとして役立つコンテンツ・機能が充実しているかを確認することが重要です。

具体的には、履歴書や職務経歴書の添削や面接対策、転職イベントや転職フェアなど、転職エージェントが主催運営しているイベントなど、転職活動において必要となる情報収集元などサポートがどの程度提供されているかをチェックすることが大切です。

転職エージェントは会員登録をすれば、全員に専任のキャリアアドバイザーが付いて、いつでもメールや電話でサポートをしてもらえます。フォローアップの制度は充実しているのですが、1人だけに頼るのではなく、他にも情報提供をしているキャリアアドバイザーやキャリアコンサルタントなど、第三者の知識も習得しながら転職活動をすることで、より情報収集を効率よく行えます。    

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

転職エージェントをうまく活用するコツとは?

ミドルクラスが転職エージェントを活用するにあたり、キャリアアドバイザーやサポート制度を上手に使いこなすことは必要不可欠です。

ここからは、上記の使い方ついて詳しく解説し、ミドルクラス層の方々が理想の転職を実現するためのコツを紹介します。

転職エージェントの賢い使い方についてまとめて詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

転職エージェントの賢い使い方|利用の流れや使い倒すコツを徹底解説

経験とスキルの評価

ミドルクラス層が転職する際、経験とスキルの評価が成功のカギとなります。これまでの経験やスキルを正確にアピールすることで、自分に合った職種やポジションに出会うことができます。

そのためにも、まずは自分が持っているスキルや経験を客観的に把握することが大切です。

自己分析をしっかり行い、自分がどのようなスキルを持っているのかを整理することで、自分がどのような職種やポジションに向いているのかを明確にすることができます。    

履歴書や職務経歴書、面接などで自分のスキルや経験をアピールする際には、具体的な実績や数字を示すことが大切です。また、自分の強みや特徴を強調し、他の応募者と差別化することも重要です。

転職エージェントのスカウトを活用する

転職エージェントには、応募先となる企業側が、事前登録した職歴や保有資格や免許、これからやってみたいことなどのレジュメを見た上で気になる人物に対してスカウトをすることがあり、このスカウト機能を活用することはミドルクラスの転職に成功するための重要な方法の一つです。    

スカウト機能を上手に活用すれば、相手から「あなたに興味があるのでカジュアル面談や面接をして下さい」と直々にオファーが来ているのとほぼ同じ意味合いなので選考が進みやすいメリットと、自分で求人情報を探す手間を省くことができるメリットがあります。    

もしも、自分の希望条件とマッチングする企業からのスカウトがあれば迷わず応募した方が、転職活動もスムーズに進められます。

転職エージェントに会員登録をした際は、スカウト機能があるかどうかについても確認することをおすすめします。    

【関連記事】転職サイトのスカウトの仕組みとは?好条件の見分け方やメリットを解説

2つ以上の転職エージェントを利用する

転職エージェントは、掲載求人の種類や特徴、利用者の属性などエージェントによって異なる点があります。

転職を成功させるためには、様々な転職エージェントを利用することで、1つの転職エージェントだけでは知り得ない情報や求人情報を得られる可能性が高くなります。

また、キャリアアドバイザーとも相性があり、もしも合わないなと感じた際には別の転職エージェントをメインに活用して、元々の転職エージェントは求人検索用にするなどの使い分けも可能です。    

【関連記事】複数の転職エージェントを使うのってあり?上手に掛け持ちや併用する方法を解説

自分のスキルを把握してミドルクラスからの転職を成功させよう

ミドルクラスの方が転職を成功させるためのポイントや失敗しないための注意点を解説してきました。

ミドルクラスの転職を成功させるためには、自己分析をしっかり行い自分の市場価値とポータブルスキルを把握し、応募する企業の情報収集を徹底することが重要です。

そして、応募先企業へ自分がどんなスキルを持っていてどう活躍出来るのかをしっかり自己PRをすることで、より正確に評価を受けて内定を獲得できる確立もアップします。

上記の転職活動を効率よく行うためにも、ミドルクラスの転職に向いている転職エージェントを上手く活用しながら、適切に情報収集することから始めてみましょう。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。