営業以外の仕事に転職するコツ3選!おすすめの職種や転職を成功させる方法を徹底解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

「営業が営業以外の仕事に転職することはできる?」

「営業以外の仕事に転職するコツは?」

上記のような疑問を抱えている方もいるのではないでしょうか?

結論、今、営業でも営業以外の仕事に転職はできます。

ネット上の声を見ると、「営業職以外は厳しい」といわれていることが多いですが、しっかりと転職するコツを理解していれば他の職種にも挑戦はしやすくなるでしょう。

とはいえ、具体的に転職を成功させるコツや方法などを知りたい方も多いはずです。

本記事では、営業以外の仕事に転職するコツ3つをご紹介し、おすすめの職種や転職を成功させる方法なども解説します。

「営業職以外に転職したい!」と思っている方は、ぜひご一読ください。

リクルートエージェント
目次

営業マンが営業職を辞めたくなる理由

営業職を辞めたいと思う理由は様々あります。今回は日本労働調査組合(https://nichirou.com/)が営業職500人にアンケート調査結果をもとに、営業を辞めたい主な理由4件紹介します。

【調査概要】
■調査名:営業職の退職動機に関するアンケート
■調査期間:2021年5月24日~2021年5日25日
■調査対象:全国20~49歳の会社員
■有効回答数:531名

https://nichirou.com/3659

給料が安い

給料が安いことが原因で、営業職を辞めたい人も多くいます。

営業職で給料が安くなりやすい原因に、インセンティブ制度が関係しています。インセンティブ制度を設ける企業では、基本給が他職種と比べて低いながら、契約件数などに応じて報酬が増える仕組みが採用されています。

しかし、営業職では契約が取れないことで給料が低くなってしまい、退職を検討する理由になっているようです。

長時間労働

営業職は顧客対応が中心となるため、「顧客のニーズに応える提案に改善をする」「顧客の依頼内容に素早く対応する」など、業務内容に柔軟性とスピードが求められやすい職種です。

そのため、業務時間が長くなりやすく、長時間労働を理由に退職を検討する理由になっています。

上司や会社からのプレッシャー

営業職は企業にとって売り上げに直結する契約に関わる業務のため、会社や上司から強いプレッシャーをかけ続けられやすいです。

こういったプレッシャーが心理的に負担となり、退職を検討する理由になります。

モチベーション維持

営業職は常に新しい契約を取り続けることを中心に取り組むことも多く、顧客との契約後はまた新たな顧客との契約を目指すこととなり、業務内容が単調になりやすいことも特徴です。

また、インセンティブ制度がある給料体系では、契約が取れない時期には給料が低くなってしまうなど、金銭的なモチベーションが落ち込みやすいケースもあります。

その他営業職を辞めたい理由

その他に営業職を辞めたいとされる理由には、

  • 業績不振
  • 営業職を苦手と感じている
  • コミュニケーションを苦手と感じている
  • 商材やサービスに対して自信を持てない

など様々な理由があげられます。

 

ここまでは営業職を辞めたいと考えている方の理由について触れましたが、次章では営業職以外への転職について解説してきます。

営業以外の転職におすすめできる職種7つ

営業以外への転職におすすめできる職種は、主に以下7つあります。

  • マーケティング
  • コンサルタント
  • 人事・採用
  • 営業企画
  • システムエンジニア(SE)
  • プログラマー
  • 経理

営業以外にもこれだけ多くの職種があることを理解しておけば、新たな仕事に挑戦しやすいでしょう。

それでは、順番に解説します。

【関連記事】営業から転職したい人におすすめの職種7選を紹介|転職時の注意点も解説!

1.マーケティング

1つ目の職種は、マーケティング職です。

マーケティング職といっても、多くの種類があり、主に以下3つのジャンルがあります。

  • デジタルマーケティング
  • リアルマーケティング
  • アウトバウンドマーケティング

どの種類にも共通していえることが、市場や顧客の分析を踏まえたうえで集客戦略をたてることです。

たとえば、Webマーケティングであればインターネットを活用してどう商品を販売していくかを分析して計画を立てます。

近年では、デジタルマーケティングの中でも、コンテンツマーケティングやSNSマーケティングなどといった、Webマーケティングが主流になりつつあります。

いずれのマーケティングにおいても、新規の戦略を立てることもあれば、既存顧客の販売・集客データ分析をして改善提案をするケースや、ブランドイメージを確立して集客に優位性のあるポジションを取る場合などもあり、思考力と発想力が問われるやりがいのある仕事といえるでしょう。

「データ分析をしてアイデアを出し、結果を出したい」という方には、おすすめできる職種です。

2.コンサルタント

2つ目の職種は、コンサルタントです。

コンサルタントは、企業や個人が抱えている課題を解決に導くために、有益な情報や対応策を提示することなどが業務内容です。

営業職で培ってきた顧客の課題を汲み取って商品を提案するというスキルが役立ちます。

相手が悩んでいることを解決に導くことができるため、人の役に立ったという実感が得られやすく、やりがいを感じやすい職種ともいえるでしょう。

また、営業と同様に対人の仕事であるため、コミュニケーション能力が活かせられるのも魅力です。

3.人事・採用

3つ目の職種は、人事・総務です。

人事・総務職は、会社の人材の採用活動や配属先を決めるなどの仕事をおこないます。社員のキャリアを決める仕事であるため、責任感をもって業務に取り組む必要があります。

特に総務部は、備品や施設などの管理や福利厚生に関わる業務など、さまざまな業務をこなす仕事です。

営業職やマーケティング職などの部署ではおこなわない業務も遂行するため、やりがいはもちろん、特別感を得られることもあるでしょう。

「縁の下の力持ちとして働きたい」という方は、人事・総務職がおすすめです。

4.営業企画

4つ目の職種は、営業企画です。

営業企画は、市場調査や顧客分析などをおこなったうえで、明確な営業戦略を立てる仕事のことをいいます。

実際に営業職としてのキャリアがある方は、これまでの経験を活かして商品やサービスを売る戦略を立てやすく、十分キャリアを生かせられます。

「どうすれば弊社のサービスや商品に興味を持ってくれるか」「どうすれば購入してもらえるのか」などの視点を持ちながら仕事をするため、営業スキルを発揮できるでしょう。

特に取り扱っている商品やサービスが近ければ、商材の知識も役立たせられるため、営業職の方が転職するにはおすすめの職種です。

5.システムエンジニア(SE)

5つ目の職種は、システムエンジニア(SE)です。

システムエンジニア(SE)は、システム開発をおこなう上流工程を担当します。

数値データから論理的な分析・提案や顧客のニーズを把握することなどが必要な業務ですから、営業職の経験が活きやすい職種でもあります。

プログラミングの知識や技術は、独学やスクールに通うなどで身につける必要があるでしょう。

「システムエンジニアに挑戦したい」という方は、転職時にある程度知識やスキルを身につけておくのをおすすめします。

6.プログラマー

6つ目の職種は、プログラマーです。

プログラマーは、システムエンジニアが作成した設計書に基づいて開発をおこないます。HTMLやCSSなどのプログラミング言語を活用してシステム開発を進めるため、専門性の高い知識やスキルが必要です。

また、システム上のエラーを発見するのもプログラマーの仕事となります。システムエンジニアが作成した設計書に基づいて開発をしてもうまく動作しない場合もあるため、テストを繰り返してエラーを発見・処理していく細かな作業もおこないます。

「細かな作業が苦ではない」「プログラマーに興味がある」という方はプログラマーへの転職も視野に入れておくと良いでしょう。

7.経理

7つ目の職種は、経理職です。

経理は、会社に関わるお金の流れや取引の流れを記録する事務作業などをおこないます。会社の会計に携わる仕事であり、お金に関する情報を経営者や企業の利害関係者に報告します。

主な業務内容は、以下のとおりです。

  • 現金預金や手形などの管理
  • 買掛金管理や売掛金管理
  • 請求書作成
  • 給与台帳の作成

さまざまな業務をおこなうため、非常にやりがいを感じやすい職種であることも魅力の一つです。

どの会社にも必要な職種であるため、スキルや知識さえあれば転職できるでしょう。

営業以外の仕事に転職するコツ3選

営業以外の仕事に転職するコツは、主に以下3つです。

  • 営業経験が活かせる職種を選ぶ
  • 業界は同じでも職種を変える
  • 資格取得や副業でスキルを培う

ネット上で「営業は営業職しかない」という声を聞くと不安になりますが、営業以外の仕事に転職するコツさえ理解していれば、違う職種に就ける可能性を高められるでしょう。

以下3つの内容をぜひ参考にしてみてください。

1.営業経験が活かせる職種を選ぶ

営業経験が活かせる職種を選ぶことは、経験や実績が転職活動の武器になるのでおすすめです。

また、営業経験が活かせる職種に就くことができれば、これまで培ってきた営業スキルを最大限に発揮できるため、会社に貢献していることがより早く実感できるようになります。

たとえば、営業企画であれば市場の動向調査や顧客分析、製品分析などをおこなったうえで営業の戦略を立てるため、リスト作成などをしたことがある方であれば十分に経験を活かせるでしょう。

「営業スキルを活かせる職種に転職したい」という方は、これまで自分が培ってきた営業経験やスキルを活かせる職種を選ぶのをおすすめします。

2.業界は同じでも職種を変える

業界は同じでも職種を変えることも、営業以外の仕事に転職するコツです。

業界が同じであれば、たとえ職種が異なったとしても業界に対する知識が豊富であるため、転職先でその知識を活かせられます。

たとえば、ライター職であれば専門知識がなくても特定の知識に精通していることが武器になります。営業経験で培われた業界知識や商材に関連するノウハウなどを十分に活かすことができるでしょう。

このように、同じ業界で違う職種に転職すれば、営業で培った業界知識などを最大限に発揮することができるようになります。

転職先で活躍できる確率を高められるため、同業界で転職先を探してみるのもひとつの手法です。

3.資格取得や副業でスキルを培う

営業以外の仕事に転職するコツとして、資格取得や副業でスキルを培うことも挙げられます。

特に未経験職に挑戦する場合、その業界や職種に必要な知識やスキルを身につけなければなりませんが、「資格取得」や「副業」をして知識やスキルを身につければ、前職の経験があるかどうかは重視されないでしょう。

資格を取得すれば、最低限知識があることを形として証明できますし、副業としてスキルを培うことができれば、転職後も即戦力として活躍すると期待してもらえます。

「未経験職へ挑戦したい」と思っている方は、資格取得のために勉強したり副業を始めたりするなどして、行動するようにしましょう。

【関連記事】営業職からの転職は有利?未経験からの転職におすすめの職種とは

営業以外の仕事へ転職する際の注意点

営業以外の仕事へ転職する際の注意点は、主に以下3つです。

  • 年収が下がるケースもある
  • コミュニケーションはどの職種でも必要である
  • 転職したい職業について調べる

あらかじめ注意点を把握しておけば、転職先で後悔するようなことを防げるでしょう。以下3つの内容をぜひ参考にしてみてください。

1.年収が下がるケースもある

まずは、営業以外の仕事へ転職すると年収が下がるケースがあることです。

営業職では基本給の他に、獲得した契約数や売上などの成果に応じて、インセンティブがもらえる仕組みを構築している会社が多い傾向にあります。

営業以外に転職するとなれば、こういったインセンティブが期待できない可能性があるため、今よりも年収が下がることもあるでしょう。

また、未経験の業界や職種に転職する場合は、スキルが備わっていないため、年収が低く見積もられてしまう可能性もあります。

ただし、転職先の業界に関わるスキルを身につけたり、高年収が期待できる会社へ転職したりすれば、年収を下げないことも可能です。

もちろん、営業へ転職しても年収が下がるケースはありますが、営業以外の職種に転職することで年収が下がるケースがあることも頭に入れつつ、転職活動をすると良いでしょう。

2.コミュニケーションはどの職種でも必要である

営業以外の職種に転職するとはいえ、コミュニケーションはどの職種にも必要です。

「人とコミュニケーションを取るのが苦手」という理由で転職したいという場合でも、新しい職場でのコミュニケーションは欠かせません。

たとえお客さんと会話しなくても、社内で業務連携や情報共有することなどで、上司や同僚とコミュニケーションを取らなければ、円滑に業務を進められません。

もし、今の会社でコミュニケーションを仕事として活用することに悩まされているのであれば、コミュニケーションの中でも何が嫌だと感じているかを言語化しましょう。

「提案すること」「断られること」「プレゼンテーションをおこなうこと」「良いと思わない製品・サービスを売ること」「クレームを受けること」など、人によって様々な理由に分かれるはずです。

こういった自己分析を踏まえないと、別の職種に転職してもまた同じような悩みに陥る可能性があります。

たとえば、一見働き方が真逆に思えるSEであっても、顧客に対してシステムの提案などをおこないます。また、顧客は専門知識を持たないので、無理難題を求められたときに調整をおこなう必要などもあるでしょう。

このように、どのような職種であってもコミュニケーションは必要であることを踏まえ、今後どのような点を改善する必要があり、どのようなコミュニケーションを省ける仕事に就くのか意識すると良いでしょう。

3.転職したい職業について調べる

転職したい職業について調べることも、営業以外の職種に転職する際のポイントです。

営業以外の職種に興味を持った場合、その職種について調べておかなければ、明確な転職理由を考えられないだけでなく、入社後に想像していた仕事の仕方とギャップが生じて後悔することになることもあるでしょう。

最低限、転職したい職業について調べておくことで、転職先での職務内容も理解しやすくなり、面接でも自分がどういった点で貢献できそうか効果的にアピールしやすくなるでしょう。

営業以外の仕事へ転職を成功させる方法|3つのステップ

営業以外の仕事へ転職を成功させるには、主に以下3つのステップを踏む必要があります。

  • 前向きかつ明確な転職理由を準備する
  • キャリアやスキルを棚卸しておく
  • 未経験へ転職する場合は転職エージェントを活用する

転職活動をおこなう前に、成功させる手順を理解すれば、スムーズな転職活動を実現できるようになるでしょう。

以下3つの内容をぜひ参考にしてみてください。

1.前向きかつ明確な転職理由を準備する

まずは、前向きな転職理由を明確にしておくことです。

営業以外の職種に就きたいと思う理由は、人それぞれ異なります。「人間関係が悪くて転職したい」「営業のノルマが厳しすぎて転職したい」など、ネガティブな理由もあるかもしれません。

しかし、正直に理由を話してしまうと採用担当者からは「また同様のケースになったらすぐ辞めるのでは?」と懸念されてしまいます。

重要なのは、どんな理由があっても前向きな転職理由を用意しておくことです。

「培ってきた営業スキルを活かして、新たな職種に挑戦したい」「自分の活躍できる幅を広げたい」など、ポジティブな理由をアピールできれば、採用担当者の目に留まりやすくなります。

これから転職を検討する営業職の方は、前向きかつ明確な転職理由を準備しておきましょう。

【関連記事】営業職の転職理由の考え方・伝え方を例文付きで徹底解説!

2.キャリアやスキルを棚卸しておく

キャリアやスキルを棚卸しておくことも、転職を成功させる方法の一つです。

これまで営業職として培ってきたスキルや経験の中には、次の転職先でも活かせられるものもあるはずです。

たとえば、営業企画に興味があり転職したい場合、「顧客に効果的な興味付けをおこなえた経験」などを十分活かせるでしょう。

このように、自分がどんな経験の中で何を学び、他の職種でどう活かせそうかを分析しておけば、転職先でも活躍できるようなビジョンを描けるようになります。

転職先で「こんなはずではなかった」と後悔するようなことを防ぐため、また、面接で効果的に経験をアピールするために、あらかじめキャリアやスキルを棚卸しておきましょう。

3.未経験へ転職する場合は転職エージェントを活用する

未経験への転職を検討している場合は、転職エージェントを活用することも重要です。

転職エージェントに登録すれば、専任のキャリアアドバイザーがついて無料で転職支援をしてくれます。キャリアアドバイザーと面談をおこない、自分の希望に合う求人を紹介してくれるため、転職の満足度を高めやすくなります。

特に未経験職への転職だと、業界や職種に関する知識が少ないため、一人で全てをおこなうとなると、転職活動に行き詰った際にどう改善すれば良いのかわからなくなりがちです。

転職エージェントを利用することで、未経験の職種に関する知識や転職市場の最新の状況について教えてくれるため、正しい行動ができるようになるでしょう。

営業以外への転職におすすめの転職エージェント

ここからは、営業以外への転職におすすめの転職エージェントを5社ご紹介します。

サービス名対応エリア主な特徴
キャリアスタート全国・転職市場に精通した専門スタッフが多数在籍
・サイト内で企業情報などを確認できる
DYM就職全国・求人数が業界でもトップレベル
・面接対策に力を入れている
就職カレッジ全国・面接対策や書類添削などのサポート体制が充実
第二新卒エージェントneo全国・就職・転職実績が10,000人以上
・転職希望者向けの情報配信記事が豊富
ハタラクティブ全国・業界の事情に精通しているヘッドハンターが多数在籍
・スカウトサービスが充実

1位 キャリアスタート

キャリアスタート
求人数非公開
対応エリア全国
主な特徴・自宅にてZoomや通話で相談可能
・転職成功BOOKを参考に就職活動ができる

キャリアスタートは、第二新卒者向けの転職サイトです。サービス登録者が68,165人(2023年3月時点)いるほど多くの人から愛されています。

そんなキャリアスタートの特徴は、定着率が高いことです。企業と求職者のマッチング分析を入念におこなっていることで、入社後の定着率は92%以上あります。

転職後に「思っていたのと違う」といった後悔をさせることなく、納得のいく転職活動ができるようになるでしょう。

さらに、高待遇案件の求人を多数保有しており、年収アップ率が83%と高い数値を記録しています。

「年収アップの転職を実現させたい」「転職先で後悔したくない」などと思っている方は、キャリアスタートの利用をおすすめします。

アルバイトしか社会経験しかない中で、不安もありとても緊張しましたが、最初の電話から面接前の対面での面接練習まで、とても優しく対応して頂けました。

共通の趣味もあり明るくはなしてくれたので、話しやすく不安・緊張をたくさん聞いて頂けて安心出来ました。

ありがとうございました!

引用元:Google MAP

2位 DYM就職

DYM就職

求人数非公開
対応エリア全国
主な特徴・離職率が低い
・ベンチャー企業に強い

DYM就職は、既卒・フリーター・ニートの就職に強い転職エージェントです。オンライン面談を実施しているため、地方の転職希望者も気軽に利用できます。

東証プライム上場企業やトップベンチャー企業など、DYM就職が厳選した優良企業からあなたに最適な企業や職種に出会いやすいです。

また、多数保有している求人の中には、書類選考なしで面接まで進めるものもあります。

「書類選考に自信ない」「転職活動を少しでも効率よく進めたい」という方からすれば、嬉しいポイントです。

入社後の離職率が低く、求職者と求人企業のミスマッチを減らすために、丁寧なヒアリングやサポートもしてくれます。

納得のいく転職活動ができるようになるため、ぜひ登録してみてください。

3位 就職カレッジ

就職カレッジ JAIC
求人数非公開
対応エリア全国
主な特徴・「就職支援講座」を展開
・内定率が高い

ジェイックは、20代の転職・就職に強い転職エージェントです。これまで累計33,000名以上の転職支援や入社後サポートで定着率91.5%あるなど、実績が豊富です。

独自の研修「就職支援講座」を展開しており、社会人としての基本的なマナーや自己分析のやり方などを5日間にわたって学べます。

研修内容のレベルは、基礎的なことから応用レベルまで、質の高い講座を受けられる仕組みです。

さらに、書類選考なしの集団面接会が設けられているのも魅力です。企業約20社と集団面接を受けられるため、社会人経験や経歴が少ない方も選考に有利に働きやすくなります。

4位 第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneo
求人数非公開
対応エリア全国
主な特徴・就職・転職実績が1万人以上
・転職希望者向けの情報配信記事が豊富

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営する転職エージェントです。第二新卒に特化しておりますが、既卒や中卒、フリーターなどの方にも向いています。

職務経験なしの就職・転職実績が1万人を突破しており、就職・転職相談がしやすいサービスとして人気があります。

そんな第二新卒エージェントneoは、転職希望者向けの情報配信記事が豊富であることが魅力です。

面接対策のやり方や適職の見つけ方など、転職に関するノウハウが書かれているため、転職に対して不安な方も記事を見ることで、転職の知識を学ぶことができます。

1名あたりのサポート時間が8時間という長さを誇り、丁寧な転職支援を受けられる点も嬉しいポイントです。

5位 ハタラクティブ

ハタラクティブ
求人数約2,700件
対応エリア全国
主な特徴・未経験OKの求人多数
・短期間で80.4%の就活生が内定を獲得

ハタラクティブは、未経験OKの求人を多く保有しているフリーター・未経験・既卒向けの転職エージェントです。

サポートの質の高さに定評があり、書類通過率96%以上内定率80%以上の実績を誇ります。営業以外の未経験職に転職したい方におすすめできる1社です。

ハタラクティブの特徴は、ベンチャー企業から大手企業までさまざまな業界・職種の求人を取り扱っていることです。

40種以上の職種・幅広い業界の求人を紹介してもらえるため、自分に最適な企業を見つけやすく、企業選びに困りません。

また、最短2週間で内定を獲得する方も存在し、早めに内定を取れるようなサポートをしてもらえるのも嬉しいポイントです。

「早く転職活動を終わらせたい」「さまざまな業界や職種を見てみたい」という方は、ぜひ登録してみてください。

30代で営業以外への転職におすすめの転職エージェント

最後に、30代で営業以外への転職におすすめの転職エージェント5社をご紹介します。

エージェント名求人数対応エリア主な特徴
リクルートエージェント約67万件全国・求人数業界トップレベル
・面接対策に力を入れている
マイナビエージェント約8万件全国・面接対策や書類添削などのサポート体制が充実
doda約20万件全国・転職市場に精通した専門スタッフが多数在籍
・サイト内で企業情報などを確認できる
dodaX約4万件全国・業界の事情に精通しているヘッドハンターが多数在籍
・スカウトサービスが充実
type転職エージェント約3万件東京
神奈川
埼玉
千葉
・無料の転職相談会を開催
・セミナーを毎週開催
2023年3月時点

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェント
求人数約67万件
対応エリア全国
主な特徴・求人数が業界で最大規模
・各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍

リクルートエージェントは、求人数約67万件(2023年11月時点)を誇る大手転職エージェントです。

業界でもトップクラスの求人数を保有しているため、営業以外のさまざまな職種の求人があります。

そんなリクルートエージェントでは、職務経歴書を簡単に作ることができる「職務経歴書エディター」が利用可能です。ガイドに沿って入力していくだけで職務経歴書が完成するため、伝える情報やアピールポイントなどを漏らさず書けるようになるでしょう。

さらに、面接の通過率を向上させる「面接力向上セミナー」も定期的に開催しているため、本番の面接試験を想定した対策ができます。

「書類作成や面接試験が不安」「豊富な求人数から自分に合う職種を見つけたい」といった方は、リクルートエージェントをおすすめします。

リクルートエージェント

2位 マイナビエージェント

マイナビエージェント

求人数約8万件
対応エリア全国
主な特徴・幅広い業界
・職種の求人を取り扱いあり
・面接対策が充実

マイナビエージェントは、20代〜30代の若年層に強い大手総合型転職エージェントです。

在籍するキャリアアドバイザーは業界ごとの専任制で、各職種の転職事情をしっかりと把握しています。約8万件(2023年11月時点)から、自分に合った最適な企業を提案してもらえます。

マイナビエージェントは、「無期限」で転職支援を受けられる点が大きな特徴です。一般的に、転職エージェントは「3ヵ月間」「半年」などと転職支援の期間を設けておりますが、マイナビエージェントでは期間の縛りがありません。

期間を気にすることなく自分のライフスタイルに合わせた転職活動ができるでしょう。

「自分のペースで転職活動をおこないたい」「営業以外の職種の転職事情について詳しく知りたい」と思う方は、マイナビエージェントに登録するのをおすすめします。

3位 doda

doda
求人数約20万件
対応エリア全国
主な特徴・幅広い業界
・職種の求人を取り扱いあり
・面接対策が充実

dodaエージェントは、約20万件(2023年3月時点)の求人数を誇る大手転職エージェントです。

保有している求人の中には、営業以外にエンジニアや経理など、さまざまな職種の求人を取り扱っています。

各業界や職種の転職市場に精通した専門スタッフが在籍しているため、それぞれの業界や職種に特化した転職支援が受けられます。

そんなdodaエージェントでは、サイト内で企業情報などを確認できます。業務内容や会社情報はもちろん、年収や業績などが見られるため、自分に合った企業の選定がしやすいです。

さらに、エージェント機能に加えて自分でも求人検索・応募ができるため、うまく使い分けて効率よく転職活動を進めることができます。

「企業情報を詳しく見てから企業選定をおこないたい」と思う方は、dodaエージェントの登録をおすすめします。

https://twitter.com/shiron160/status/1616070277582172161?ref_src=twsrc%5Etfw

4位 doda X

dodaX
求人数約4万件
対応エリア全国
主な特徴・ハイクラス向けの求人あり
・スカウトサービスが充実
2023年3月時点

doda Xは、ハイクラス向けの求人を取り扱っている転職サービスです。

年収600万円以上の求人を多数取り扱っており、業績の良いIT企業や外資系企業など、高待遇が期待できる企業の求人が豊富です。

そのため、営業職以外で年収アップが見込める転職を実現させたい方にはおすすめできます。

doda Xでは、ヘッドハンターがさまざまな専門領域を持っており、各業界の事情に精通しています。

転職したい先の業界に関する情報やその企業の内部事情などを詳しく教えてもらえるため、ミスマッチを防げるようになるでしょう。

自分にあった方法で転職活動を進めていければ、優良な企業と巡り会えるチャンスが広がるため、ぜひ参考にしてみてください。

https://twitter.com/12qbUVhh4IXUd1n/status/1297174053048918016?ref_src=twsrc%5Etfw

5位 type転職エージェント

type転職エージェント
求人数約3万件
対応エリア東京・神奈川・埼玉・千葉
主な特徴・IT業界
・営業職の求人数が多い

type転職エージェントは、求人数約3万件(2023年11月時点)を誇る関東圏内の企業に特化した転職エージェントです。

特に一都三県の企業には強く、営業職はもちろん、エンジニアや総務人事など多くの業界・職種の求人を保有しています。

type転職エージェントでは、無料の転職相談会・セミナーを毎週開催しており、履歴書や職務経歴書の書き方や面接対策のやり方などを学べます。

転職活動に不安を覚えている方も安心して取り組むことができる体制が整っているため、転職に対する不安を軽減できるでしょう。

さらに、type転職エージェントはカウンセリングのレベルが高いことに定評があります。転職希望者のキャリアプランや転職理由などを入念に聞き出し、ヒアリング結果を踏まえたうえで最適な求人を紹介してもらえます。

少しでも転職に対する不安がある場合は、type転職エージェントがおすすめです。

まとめ

本記事では、営業以外の仕事に転職するための3つのポイントを紹介し、おすすめの職種や転職を成功させる方法などについて解説しました。

結論、営業出身だからといって営業以外の仕事ができないというわけではありません。営業で培ったスキルや経験値などを活かせる職種を選べば、転職先で後悔するようなことを防げます。

もし、あなたが営業以外の職種に転職したいと思っているのであれば、本記事で紹介したように、前向きな転職理由を準備、スキルの棚卸し、転職エージェントの活用をおこない、「転職してよかった」といえるようになってください。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。