退職代行に失敗したくない!後悔しない業者選びのポイントを解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

退職代行の利用を検討していると「失敗した」「後悔」といった、マイナスな意見を目にする機会があります。何事にもリスクは付きものとわかっていても、お金を支払って業者に依頼するのだから、なるべく自身のイメージに合った退職を実現させたい方は多いのではないでしょうか。

結論からいうと、退職代行は運営業者によってサービスの質やできること自体が大きく異なります。勤め先とのトラブルや退職失敗の事態を回避するには、対応範囲の広い業者へ依頼するのが安心かもしれません。

この記事では、退職代行の失敗事例を参考にしながら、トラブルが生じる原因や回避策、安心度の高い業者選びのポイントを解説していきます。問題のある職場環境やストレス、精神的に追い詰められているなどですぐに勤め先を辞めたい方や、退職代行に失敗したくない方は参考にしてみてください。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
公開求人数
36.9万件
非公開求人数
22.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
公開求人数
6.8万件
非公開求人数
1.8万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
dodadoda
4.2
公開求人数
23.0万件
非公開求人数
3.4万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
公開求人数
1.3万件
非公開求人数
1.8万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年1月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
dodadoda
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年1月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
dodadoda
4.2
口コミを読む
  • 比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
  • テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
口コミを読む
  • サイトがシンプルな作りで見やすい。
  • 関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年1月時点
目次

退職代行サービスで起きた5つの失敗事例

退職代行サービスを利用する場合、どのような失敗が考えられるのかを把握しておくのは大切です。ここでは、サービス利用時に起こりうる失敗事例を5つ挙げて解説していきます。

1.契約金を振り込んだら業者と音信不通になった

退職代行の失敗事例には、依頼主が料金を振り込んだ途端に、業者と音信不通になるケースが挙げられます。これは、退職代行サービスのなかに詐欺業者が存在するためと考えてよいでしょう。

このような悪徳業者は、依頼主との打ち合わせでは非常に丁寧な対応をとっているため、詐欺業者とわかりにくいものです。

しかし、依頼主からの振り込みが確認できると、急に連絡が取れなくなり、電話が繋がらなくなるのが特徴といわれています。こうなると、依頼主の退職が代行されるどころか、支払ったお金も返ってきません。

詐欺ではなくても、連絡の遅さやレスポンスのなさといった、質の悪いサービスを展開する業者も多くあります。詐欺被害に遭わないためには、口コミサイトなどをきちんと確認したうえで、実績・評判が良い業者を選べるよう注意するのが大切です。

2.退職手続きのために職場から連絡がきた

勤め先と一切連絡を取りたくないと考えている方なら、以下のような手続きを直接する必要が出てくれば「代行に失敗した」と思うかもしれません。

  • 業務の引き継ぎ
  • 書類の受け取り
  • 貸与品の返却

とくに貸与品の返却は、退職代行業者のサービスに含まれていないケースが多いものです。自身で勤め先へ郵送する必要があり、不足物があれば何度もやり取りしなければいけなくなります。

また、ある程度責任のあるポジションに就いている方や、大きなプロジェクトに携わっている方なら、業務の引き継ぎも直接勤め先と連絡をとる必要が出てくるでしょう。

退職代行を利用して辞めようと考えるなら、計画を実行する前に最低限の引き継ぎ書類を準備したり、備品を返却しておいたりするなど、少しずつ準備しておくのがよいでしょう。

3.未払い賃金や残業代の請求・有給消化ができなかった

「退職代行に失敗した」と思う方は、運営元の業務範囲外の内容を依頼しているケースが考えられます。退職代行サービスは、おもに一般企業・労働組合・弁護士の3種類の運営元にわかれており、業者によって対応できる業務範囲が異なるのです。

それぞれの業務範囲をまとめると、以下のようになります。

対応範囲一般企業労働組合弁護士
勤め先への退職意思の伝達
即日退社
有給の取得交渉×
未払い賃金の支払い交渉×
退職日の調整×
裁判の代理人××

たとえば、一般企業へ依頼した方が、残業代・未払い賃金・有給休暇の取得を求めても、実現できません。もらえるはずの給料や退職金などが勤め先から支払ってもらえない、有給休暇の取得ができないとなれば、自ら勤め先と交渉しなければいけなくなるでしょう。自身が依頼する業者はどのような内容まで対応してくれるのか、事前に確認しておけると「失敗した」と思わず済むかもしれません。

4.勤め先から損害賠償を請求された

退職代行の失敗には、勤め先からの損害賠償請求が挙げられます。依頼主の退職が原因で勤め先の経営が悪化したり取引先との契約が解除されたりすると、「重篤な被害を受けた」との理由で損害賠償を請求されるケースがあります。

原則、法律に則った方法で退職した場合、勤め先から従業員に対する損害賠償請求は不可能です。しかし、従業員の契約期間が定めてある場合や職務を途中放棄した場合は、償いを求められる可能性も否めません。

とくに悪徳企業の場合は注意が必要で、損害賠償を請求されると示談交渉や裁判で争うしかなく、弁護士へ依頼しなければならないでしょう。そのようなとき、退職代行業者に顧問弁護士がいると、万が一に備えた準備が可能となります。

依頼主の退職がトラブルに発展する可能性が高い場合は、最初から訴訟に対応できる弁護士か退職代行業者を選ぶのがおすすめです。

5.勤め先を辞められなかった

退職代行の依頼主にとって「退職できない」という事態は、避けたい失敗のひとつでしょう。

評判の良い代行業者は、成功率100%と謳っているケースが多くあります。このような業者は、退職に関する法律知識をきちんと押さえたうえで適切な手続きをおこなっているため、高い成功率を維持できると考えられます。退職代行の実績も多く、イレギュラー時の対処法まで把握しているため、安心して代行を依頼できる可能性が高いといえるでしょう。

しかし、知名度と実績が不透明な業者の場合は、サービスが不十分で退職そのものに失敗するケースがあるかもしれません。

確実に退職を実現させたい方は、業者選びの際にサービス内容とあわせて口コミもチェックするのがおすすめです。

このように、退職代行サービスにはさまざまな失敗事例が挙げられます。しかし「失敗」と感じるかどうかは、依頼主が代行業者へどのような内容まで望んでいるかによって異なるとも考えられます。

退職代行を失敗しないためにも、自身の退職に求める条件を洗い出す必要がありそうです。

退職代行の利用でトラブルが生じる原因「非弁行為」とは?

退職代行でトラブルが起きる原因には、弁護士だけに認められている法律業務を、弁護士以外の者が業務の一環でおこなう「非弁行為」が挙げられます。非弁行為の詳細は弁護士法第72条で定めてあり、報酬を得る目的で弁護士以外の者が法律事務を取り扱うのは違法となります。

(非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止)

第七十二条 弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

引用元:弁護士法第72条|e-Gov法令検索

上記を踏まえると、弁護士以外の者が退職代行をおこなう際、次のような退職条件の交渉や訴訟手続きなどをおこなうのは非弁行為に該当し、違法となります。

  • 会社からの退職拒否に対する反論
  • 務め先に対する有給休暇消化の交渉

労働組合の退職代行の場合は、団体交渉権というものが認められており、弁護士とほとんど同様に会社と労働問題に関する交渉をおこなうことができます。

したがって、退職日の調整や即日退職の実現、有給休暇の消化、退職や有給消化の拒否に対する反論などを行うことができます。

ただし、訴訟に関する手続きはおこなえないため、会社に対してハラスメントなどの慰謝料請求未払い賃金の請求など法廷でおこなうような交渉を検討されている方は弁護士に依頼すると良いでしょう。

依頼する業者が非弁の場合、どんなに「勤め先と交渉してほしい」と懇願しても、対応してもらえません。むしろ対応してもらえてしまった場合、会社から非弁行為であることを指摘されて訴えられてしまうと、あなたが事情聴取を受けることになるなどといったトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。

非弁行為に該当してしまう禁止事項を十分理解したうえで業者選びをおこなうことで退職代行での失敗を未然に防ぐことができます。

退職代行に失敗しないためのポイント

退職代行を失敗しないためには、以下のポイントを意識した業者選びが大切です。

  • 運営会社のホームページや口コミを調べておく
  • 代行業者の対応可能範囲をきちんと把握する
  • 理想の退職方法があるなら詳細に伝える
  • 確実性を求めるなら隠さず伝える
  • 基本料金や追加費用を確認する
  • 顧問弁護士の有無を確認する

詳細をひとつずつチェックしていきましょう。

運営会社のホームページや低評価の口コミを調べておく

良質な退職代行業者を選ぶには、公式ホームページのチェックが欠かせません。とくに、運営元の企業を確認するのは大切です。

会社概要の企業所在地・電話番号・代表者名が正しく記載されているかをチェックし、可能であれば地図検索でオフィスの実態を見ておけると安心かもしれません。

また、口コミを確認するなら、低評価のものを絞って見るのがおすすめです。業者のマイナス要素が多く挙がっているなら、自身の基準で譲歩できるレベルなのかを確認しておきましょう。そうすれば「失敗した」と感じるケースも少なく、イメージどおりに退職できる可能性が高くなるはずです。

業者の対応範囲の把握と事前対策をおこなう

前述のとおり、退職代行の業者は主に3種類あります。それぞれの業者によって対応可能範囲が異なるため、利用料金を支払う前にきちんと把握して対策を練っておくのが大切です。

とくに、以下のポイントに留意できると、退職代行がスムーズに進む可能性が高まります。

  • 退職代行業者の対応外業務を確認する
  • 出社要求への対策をおこなう
  • 事前準備を万全にしておく

留意点として、退職代行業者が勤め先へ伝えるのは「依頼主の退職意思」です。勤め先から引き継ぎや出社の要求があれば余分なやり取りが増えるため、退職までの期間が長引きます。

もし、退職実行までに引き継ぎ書の作成や荷造りといったできる限りの対処をおこなっていれば、出社の可能性を減らせるでしょう。退職代行に失敗したと感じる可能性も低くなり、成功率のアップが見込めるはずです。

理想の退職方法があるなら詳細に伝える

退職代行に心配したくないと考える方は、代行業者を選ぶ際に自身の退職イメージの詳細を伝えましょう。とにかく退職の意思を伝えられたら良いのか、業者へ手続きまで依頼したいのか、勤め先に求めるものはあるのかなど、明確にしておくのが大切です。

具体的には、以下を参考にしてみてください。

  • 勤め先へ求めること・発行希望の書類をリストアップする
  • 退職代行業者に対応してほしい内容を明確にする
  • 理想的な退職をイメージして業者へ伝える

上記の点を事前に退職代行業者へ伝えておくと、業者のできること・できないことの把握が可能になります。依頼したもののあとになって「対応してもらえなかった」とならずに済むため、理想と現実のギャップを最小限にとどめられるでしょう。

確実性を求めるなら隠さず伝える

退職代行の確実性を業者に求めるなら、自身の状況を包み隠さず伝えるのが大切です。業者へ報告すべき点には、以下が挙げられます。

  • 勤め先での自身の立場・業務
  • 勤め先での引き継ぎの必要性
  • 退職代行の利用に伴う懸念点
  • 勤め先での問題点  など

たとえば、依頼主が勤め先でのセクハラやパワハラに悩んでいる場合、業者は正当な退職理由を勤め先へ伝えられるため、退職代行がスムーズに進む可能性が高くなるでしょう。一方、依頼主の度重なる無断欠勤など、なんらかの非があれば、退職代行を慎重に進める必要があるかもしれません。

退職代行業者は、依頼主の現状報告を踏まえて対応の可否を判断しています。退職代行の確実性を高めたいなら、自身の良い点と悪い点を踏まえ、あらかじめ業者へ相談しておくのがよいでしょう。

基本料金や追加費用を確認する

退職代行に失敗しないためには、業者ごとのサービス内容だけでなく、料金システムもきちんと把握しておくのが大切です。以下の表を参考に、退職代行における各運営元の料金相場をチェックしておきましょう。

運営業者金額の相場
一般企業1万円~5万円
労働組合2万5,000円~3万円
弁護士5万円~10万円
運営元の違いによる退職代行の料金相場|日本労働調査組合

多くの場合、退職代行は2万円~5万円程度と思っておくとよいかもしれません。人によっては「価格が高すぎる」と感じる方もいるでしょう。しかし、退職代行の利用料金は業者によってさまざまです。

なかには、正社員やパート・アルバイトといった依頼主の雇用形態でプランが変わったり、有給消化や残業代の支払い交渉といった依頼内容によって、追加費用が発生したりするケースもあります。

退職代行に失敗したと思わないためにも、このような料金システムはあらかじめ明確にしておくのがおすすめです。

顧問弁護士の有無を確認する

退職代行業者を選ぶ際は、顧問弁護士が在籍する業者を選ぶのがよいかもしれません。顧問弁護士がいる退職代行業者だと、勤め先との交渉や訴訟が必要な場合でも、スムーズに対応してくれる可能性が高まります。

また、依頼主サイドに顧問弁護士がいるとわかれば、勤め先が強固な姿勢を示してくる確率も低くなるでしょう。退職意思の無視や損害賠償請求といったリスクを軽減できるため、円満退職を希望する場合でも安心して退職代行の依頼が可能となります。

このように、退職代行に失敗しないためには慎重な業者選びがカギといえます。業者の口コミ評価や顧問弁護士の有無を確認して信頼性を高めると同時に、自身のありのままを伝えて対応の可否を把握するのも失敗を未然に防ぐポイントです。

利用料金の支払いを済ませたあとに「この業者では失敗しそうだ」と思っても、全額返金はかなわない可能性もあります。退職代行をスムーズに成功させるためにも、事前確認を怠らず納得のいく業者選びをおこないましょう。

退職代行の失敗に不安を抱く方へ|よくある疑問・悩み

退職代行サービスを初めて利用する場合、代行失敗に不安を抱く方も多いでしょう。

ここでは、退職代行サービスに関するよくある悩みや疑問について解説していきます。

退職代行を利用すれば本当に辞められる?

信頼性の高い業者へ依頼すれば、きちんとした手続きでの退職が望めます。しかし、安さを売りにしているような悪徳業者へ依頼してしまった場合、依頼主からの利用料金を受け取ったら無責任に業務を投げ出されてしまう可能性もゼロではありません。

安全かつ納得のいく退職を実現させたい場合は、労働組合や弁護士が運営する代行サービスの利用がおすすめです。

労働組合や弁護士であれば、依頼主の退職意思を勤め先へ伝えるだけでなく、有休消化や退職金の受け取りなどの交渉まで依頼できます。自身の譲れないポイントを押さえた退職が可能になるため「代行に失敗した」と感じるケースも少なくなると考えられます。

退職代行を確実におこなってもらいたい場合は、業者の口コミ評価と実績を確認したうえで、成功率の高い業者を選ぶのもポイントといえるでしょう。

退職代行の利用は違法?

退職代行業者が依頼主に代わって退職意思を伝えるのは、違法ではありません。

しかし、弁護士法の定めにより、以下のような対応まで代行できる業者は限られます。

  • 退職日の調整・交渉
  • 有休消化・欠勤の交渉
  • 業務の引き継ぎに関する交渉
  • 未払い給料・退職金の支払い交渉
  • 退職届の発送・離職票の受け取り など

上記に対応してもらえるのは、労働組合や弁護士が運営する退職代行サービスです。もし、上記の事柄に加えてトラブルの対処やハラスメントに対する慰謝料請求まで考えているなら、弁護士へ依頼しましょう。

有給を消化したい場合はどうしたらいい?

退職代行サービスを利用する場合でも、有休消化は可能と考えられます。労働基準法第39条では、労働者の有給休暇を取得する権利が認められており、法律を根拠に代行業者が勤め先へ交渉してくれます。

以下は、勤続年数に応じた有給休暇の付与日数を一覧にしたものです。すでに消化している有給休暇は勤め先へ確認しなければいけませんが、自身がもつ有給日数の参考にしてみてください。

勤続年数有給休暇の付与日数
6ヵ月10日間
1年6ヵ月11日間
2年6ヵ月12日間
3年6ヵ月14日間
4年6ヵ月16日間
5年6ヵ月18日間
6年6ヵ月20日間

【参考記事】

年次有給休暇の付与日数は法律で決まっています|厚生労働省・都道府県労働局・労働基準監督署

労働基準法第39条|e-Gov法令検索

ただし、退職代行業者のなかでも一般企業が運営するサービスでは「依頼主が有休消化を希望している」といった伝達に留まるため、注意しましょう。この場合、勤め先から反論されても何も対処できません。

勤め先へ伝えるだけでなく、きちんと交渉してほしいなら、労働組合や弁護士の退職代行サービスを利用するようにしましょう。

未払いの給与を受け取りたい場合はどうする?

未払い賃金の請求がしたい場合、弁護士が運営する退職代行サービスを利用するしか方法はありません。未払い賃金を請求するにはさまざまな手続きが必要で、給与明細書や勤怠管理表、就業規則、雇用契約書といった証拠資料の収集が求められます。

請求準備が整った後は、書類の送付や話し合いで支払いを求めるのが通常です。もし、勤め先側が支払いに応じなければ、民事調停や支払督促といった裁判手続きへ移行する必要があるでしょう。

勤め先へ未払い賃金の支払いを要求したい場合は、いかなるシーンでも法律に基づいて対処していかなければなりません。自身の退職条件に「賃金の請求」が含まれているなら、労働問題を扱う弁護士へ退職代行を依頼しておくのが安心です。

最後に|退職代行の失敗に不安を抱くなら交渉権のある労働組合への相談がおすすめ

退職代行を利用しなければ、無事に仕事を辞められないリスクを抱える方は多くいます。そんな状況下において「失敗せずきちんと辞められるだろうか」と不安を抱くのは当然のことです。

自身の状況と希望する退職条件を整理した上で、退職代行サービスを選ぶことで思っていたのと違う結果になってしまったり、失敗に終わってしまったりという状況を回避することができます。

退職代行は選び方さえ間違わなければスムーズで希望に沿った退職が可能と考えられます。

退職に失敗する可能性が限りなく低い職場環境で、安さ重視の方には一般企業が運営する退職代行サービスがおすすめです。

有給休暇の消化や即日退職の実現、退職や有給休暇の消化拒否に対する反論など、なんらかの交渉を伴うことが予測される方には労働組合の退職代行サービスがおすすめです。一般的に、金額は一般の退職代行サービスとそこまで変わりません。

慰謝料や過去の未払い賃金の請求、不当に損害賠償を受ける等のトラブルが発生していたり、予測されたりする方には弁護士が必要です。労働組合では交渉は可能ですが、法廷でのサポートまでをおこなってもらうことはできません。その代わり、金額はおよそ倍に相当する50,000円でも安い部類に入ります。

退職代行サービスについてメリットやデメリットなどを理解しつつ、どういう退職代行サービスにはどんなことができるのかなども理解して、自分にとって最適な退職代行サービスを選択して納得のいく結果を得てください。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
公開求人数
36.9万件
非公開求人数
22.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
公開求人数
6.8万件
非公開求人数
1.8万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
dodadoda
4.2
公開求人数
23.0万件
非公開求人数
3.4万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
公開求人数
1.3万件
非公開求人数
1.8万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年1月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
dodadoda
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年1月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
dodadoda
4.2
口コミを読む
  • 比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
  • テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
口コミを読む
  • サイトがシンプルな作りで見やすい。
  • 関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年1月時点
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。