保育士が20代で転職するのは早すぎ?若いうちに転職するメリットと注意点を解説

片野秋子
編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

将来性のある20代保育士は、現場で必要とされている年齢層です。

そのため「若いから採用してもらえないのではないか?」「経験を積んで30歳になってから転職したほうがよいのではないか?」などと心配する必要はないでしょう。

とはいえ、計画なしでの転職は大変危険です。20代転職ならではのデメリットや注意点を理解したうえで行動しなければ、大きな失敗を招く可能性もあるでしょう。

そこで本記事では20代保育士が転職するメリットや注意点を解説します。後悔のない転職を果たしたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

なお、未経験から20代で保育士になる方法異業種に転職する場合のおすすめの転職先も本記事で紹介しています。

これから保育士になろうと考えている20の方も、ぜひ参考にしてください。

この記事の執筆者
片野秋子
片野 秋子 氏元保育士
保育士として8年勤務。現在はフリーライターとして活動し、複数メディアの編集者も務める。 ブログ「保育士といろ」を運営

関連記事:保育士に強い転職エージェントおすすめランキング18選|評判・口コミをもとに徹底比較!

目次

20代保育士の転職は珍しくない!

そもそも、20代保育士の転職は珍しくありません。

厚生労働省の調査によると、令和3年における20代女性の離職率は、2024歳は26.9%2529歳は17.9%という結果でした。30代・40代・50代・60代の年齢層の中でも、20代の離職率が1番高いです。

引用元:厚生労働省「年齢階級別入職率・離職率(令和3年(2021)・女)

上記の調査は、全職種の女性を対象としているので、20代保育士の離職率をあらわしているものではありません。しかし保育園は女性が多い職場なので、データとして反映されているのは事実です。

20代保育士は学生から社会人になり、働くこと自体に疲れやすかったり、先輩や上司の指導でストレスを感じやすかったりする年代でもあるでしょう。働くなかで他の保育園のよい部分がみえてきて、転職を意識しだすのもこの時期です。

20代ならではの背景をふまえると、20代の転職が多い現実にも納得できるでしょう。

片野 秋子氏

私も新卒で入社した保育園を20代半ばで辞めました。同じ年代で転職されている方も周りにたくさんいたので、20代での転職は珍しくない印象です。

20代の保育士はむしろ保育園側が求めている年齢層

20代前半での転職は早すぎて印象が悪いのではないか?」「20代後半は年齢的に雇ってもらえるのだろうか?」など、年齢をネックに転職に悩む20代保育士は少なくありません。

はっきりいって、心配無用です。なぜなら、20代保育士はむしろ保育園側が求めている年齢層だから。

以下は、厚生労働省が調査した保育施設の性別・年齢層別職員構成割合(平均)を示した表です。

30歳未満の項目に当てはまる20代は、職員構成の3割以上を占めており、ほかの年代よりも高い割合です。

20代は新卒で大量採用があるため、数値が高くなりやすい傾向にありますが、要因はそれだけはありません。20代は伸び代があり将来性のある年代なので、保育園側も積極的に採用したいと考えているでしょう。

年齢を理由に、転職を諦めるのはとてももったいないです。自分の気持ちを大切にして、最適の道を選択していきましょう。

20代保育士の転職理由とは?

20代保育士の転職理由を解説します。

以下は、厚生労働省の調査による過去に保育士として就業した者が退職した理由を示したグラフです。

全年代を対象としている調査なので20代の詳しい退職理由ではありませんが、上位にきている「職場の人間関係」「給料が安い」「仕事量が多い」は、20代を含め多くの保育士が悩む内容でしょう。

初めて会社員となる20代は、世渡りのスキルが身についていないため、職場での立ち回り方に苦労するケースも少なくありません。

また、厚生労働省が調査した「保育士の平均賃金(年齢階級別)」の情報をもとに計算すると、20代保育士の平均手取り額は15万〜17万円ほどです。

保育士は子どもの保育に加え、書類作成や行事の準備などの業務を並行しなければならないため、仕事量の多さに対し給料が割に合わないと感じる場合もあるでしょう。

片野 秋子氏

私も20代の頃「職場の人間関係」「給料が安い」「仕事量が多い」の悩みを抱えていました!それらの理由が、実際に転職を考えたきっかけにもなりました。

20代保育士が転職する際の注意点3

ここからは、20代保育士が転職する際の注意点を解説します。

  • あまりにも短い期間で転職する場合はよく検討する
  • 迷惑がかかりやすい時期の転職は控える
  • マイナスの退職理由は伝えない

転職に失敗するリスクを軽減させるためにも、しっかりポイントをおさえておきましょう。

注意点短い期間で転職する場合はよく検討する

入社して数ヶ月の短い期間で転職を考えている方は、よく検討したほうがよいでしょう。

履歴書には早期退職の記録が残るため、応募先の面接官に「また、すぐに辞めるのではないか?」と懸念されやすくなります。疑念を払拭するため、面接官から必要以上に転職理由を問われる可能性もあるでしょう。

早期退職のリスクを避けたいなら、最低でも1年は仕事を続けるのがよいです。

ただし、過労やいじめやパワハラなどの悪質な環境により、体調不良をきたす場合は、自分の体を優先する判断を大切にしましょう。

注意点迷惑がかかりやすい時期の転職は控える

保育園は年単位でクラス運営をおこなっているため、年度途中の転職は職場に迷惑がかかりやすいです。

途中で人員に穴が空いてしまうので、職員に迷惑がかかるほか、子どもや保護者にも大きな不安を与えてしまうでしょう。

そのため、体調不良の場合をのぞいては、原則、クラスが切り替わる年度末の退職が好ましいです。

片野 秋子氏

配慮のある行動は円満退職にもつながります。スムーズに退職を受理してもらえるように、転職時期はなるべく年度末を検討しましょう。

注意点マイナスの退職理由は伝えない

給料の低さや労働環境の悪さなどのマイナスな退職理由を、上司にストレートに伝えるのはよくありません。

印象が悪いため、快く話を聞いてもらえない可能性があるでしょう。また「不満に感じている点は改善するから、考え直してみて」と引き止められるケースも珍しくありません。

退職理由はなるべく「新たなキャリアを積みたい」「挑戦してみたい保育分野がある」など前向きな内容にするのが好ましいです。

【例文】

私事で恐縮ですが、今年度で退職させていただきたいです。この園では、子どもの向き合い方、職員間で連携をとる大切さなどたくさんのことを学ばせていただきました。今後、より視野を広げたスキルアップをしていきたいので、ほかの環境のもとで保育士の経験を積みたいと考えています。

【例文】

私事で恐縮ですが、今年度で退職させていただきたいです。この園では、子どもの向き合い方、職員間で連携をとる大切さなどたくさんのことを学ばせていただき、心から感謝しています。働くなかで障害児の保育に興味をもつようになったため、障害児支援に力を入れた保育園で働きたいと考えています。

将来性を含めた退職理由にすると上司も応援するほか選択肢がなくなるため、話がスムーズに進むでしょう。

20代保育士が転職で成功するためのポイント3

次に、20代保育士が転職で成功するためのポイントを紹介します。

  • 将来を見越して情報収集を念入りにおこなう
  • 熱意を伝えてポテンシャルの高さをアピールする
  • 転職支援をしてくれるエージェントを活用する

計画的に転職を進めて、理想の職場への転職を叶えましょう。

将来を見越して情報収集を念入りにおこなう

転職を成功させたいなら、志願先の情報収集を念入りにおこないましょう。

20代は今後、キャリアや結婚・出産などのライフステージが変化する可能性があります。そのため、そのときの状況にあった最適なサポートをしてもらえる職場に転職するのがよいでしょう。

また、次の転職先で長く働きたいと考えている方は、労働環境が整っている園かどうかもチェックするのが大切です。

〈将来を見越した情報収集のポイント〉
  • 産休・育休はしっかりもらえるのか
  • キャリアアップできる体制はあるのか
  • 働きやすい労働環境は整っているのか

キャリアアップできる体制は「キャリアアップ制度の取り組みが積極的か」「役職や勤続年数に応じた手当が充実しているか」といった情報から判断するとよいでしょう。

働きやすい環境とは有給休暇の取得率や年間休日数、残業時間数どの情報が参考になります。情報収集に力を入れて、自分が長く充実して働ける職場を見つけていきましょう。

熱意でポテンシャルの高さをアピールする

30代・40代の保育士と比べると実績や能力は劣るものの、20代は若さが武器となりポテンシャルで採用されやすいです。面接で「ここで働きたいです!」と積極的に熱意を伝えると、面接官の評価も高まるでしょう。

熱意をアピールできるチャンスの1つは、志望動機を伝えるときです。働く意欲を示すには、園の情報をおり交ぜながら話すのが効果的です。

〈志望動機の例文〉

貴園の保育方針である「子どもの主体性を育てる保育」に共感したためです。

前職では一斉保育だったため、子どもの主体性が育ちにくい環境だと感じていました。貴園は自由保育を導入し、子どもの意見や選択を尊重する保育を大切にされています。また、子どもが好きな遊びを自由に選べるように保育室の環境が整っている点にも、とても魅力を感じました。ここであれば私がやりたい保育を学べると思い、志願いたしました。

20代はまだまだ伸び代があり、将来への期待が高い年齢層です。自分は保育現場に必要とされている人材であると自信をもちながら、積極的に熱意をぶつけましょう。

転職支援をしてくれるエージェントを活用する

転職エージェントを活用するのも、転職の成功率を高める方法の1つです。

転職エージェントに登録すれば、転職市場に詳しい担当者が転職活動をサポートしてくれるため、内定率を高めるアドバイスがたくさんもらえます。

またサポートが手厚いため、自分一人では難しい転職活動もスムーズに進められるでしょう。

〈転職エージェントのサポート内容〉
  • 転職相談カウンセリング
  • 求人紹介
  • 面接対策・書類添削
  • 条件交渉
  • 転職先との連絡
  • 各種手続きのサポート

あなたの希望条件にあった求人を紹介してもらえるため、理想の職場も見つけやすいです。手間をかけずに自分の納得のいく職場への転職を叶えたい方は、転職エージェントに1度相談してみてはいかがでしょうか。

20代におすすめの転職エージェントは後ほど詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

20代で未経験から保育士に転職するには?

20代で未経験から保育士に転職するには、まず保育士の資格を取得しなければなりません。

〈保育士資格を取得する方法〉
  • 厚生労働大臣が指定する「指定保育士養成施設」を卒業する
  • 保育士試験の受験資格を満たしたうえで受験し合格する

参考:厚生労働省「保育士になるには?

1つ目は、厚生労働大臣が指定する「指定保育士養成施設」に入学し、卒業にあわせて資格をもらう方法。指定保育士養成施設は、大学や短期大学、専門学校で、保育の専門的な知識を学ぶ教育体制が整っています。

2つ目は、保育士試験の受験資格を満たしたうえで受験し合格する方法。年に2回おこなわれる保育士試験を受験し、合格すれば保育士資格を取得できます。

ただし、受験するにあたり「指定保育士養成施設ではない学校の卒業者」または「児童福祉施設で実務経験2年以上かつ総勤務時間数2,880時間以上従事した者」の条件を満たさなくてはなりません。

片野 秋子氏

保育士資格を取得するのに年齢制限はないので、いつでも保育士を目指せます。興味をもったタイミングで資格取得をぜひ検討してみてください。

20代保育士は転職先を異業種にするのもあり

保育士から異業種に転職する選択肢もあります。

保育の経験を活かしたいなら、子どもと触れ合う機会がある職種を選ぶとよいでしょう。

〈保育の経験を活かせる職種〉
  • 写真館のスタッフ
  • 子ども服の販売員
  • テーマパークのスタッフ
  • 子ども向けの習い事の先生

保育士は、乳幼児の専門知識があるほか、子どもや保護者の対応に慣れているので現場で重宝されるはずです。

保育とは全く別の仕事に挑戦したい方は、未経験者の応募が多い職種から検討してみるとよいでしょう。経験やスキルは求められないため、大きなプレッシャーを感じずに働けます。

〈未経験でもチャレンジしやすい職種〉
  • 事務員
  • 営業職
  • アパレル
  • 飲食店
  • IT業界

未経験の仕事にチャレンジする場合は、研修や教育体制が充実している会社を選びましょう。理解や技術の習得がスムーズで、ひとり立ちも早くなります。

20代は若いので失敗を恐れる必要はありません。気になる職業があれば積極的に挑戦していきましょう。

20代保育士の転職をサポートしてくれるおすすめの転職エージェント5

ここでは、20代保育士の転職をサポートしてくれるおすすめの転職エージェント5つ紹介します。

求人数や求人の質に加えて、サポートの手厚さに定評のある転職エージェントを厳選したので、ぜひ参考にしてみてください。

保育士ワーカー

保育士ワーカー
  • 特徴① 年間3万人以上が利用
  • 特徴② 保有求人数が多く、様々な地域・施設形態の求人を網羅
  • 特徴③ 保育士専門のキャリアアドバイザーによる支援

保育士ワーカーは、年間3万人以上(※1)の保育士を転職成功に導く転職エージェントです。

 

運営会社である株式会社トライトキャリアは2004年の設立以来、医療・福祉業界で人材紹介事業を展開してきた歴史を有しており、取り扱い求人の多さに特徴があります。

 

保育園・幼稚園にくわえて学童・病院・企業と幅広い施設形態の求人があり、全国の求人を網羅していることもポイントです。

 

登録すると、多数の非公開求人を見られるほか、保育士転職のプロであるキャリアアドバイザーから転職成功まで支援してもらえます。

 

転職の不安や疑問にも答えてくれるため、現在抱えている悩みを気軽に相談してみるといいでしょう。求人票からはわからない生の情報とともに、最適な求人を紹介してもらえるはずです。

 

(※1)保育士ワーカーの公式ホームぺージより

 

サービス名 保育士ワーカー
運営会社 株式会社トライキャリア
公開求人数 20,412件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年4月15日時点

 

保育士バンク!

保育士バンク!がおすすめの方
  • できるだけ多くの求人情報を見たい
  • 希望条件に合った求人情報を見つけたい
  • 転職活動に役立つ情報を知りたい

保育士バンク!は、保育士向け転職エージェントの中でも最大規模の転職エージェントです。

合同説明会を開催したり、LINEで転職に役立つ情報を提供したりするなど、多方面から求職者をサポートしてくれます。

日本マーケティングリサーチ機構の調査によると、「転職が決まりやすいNo.1」「信頼できるNo.1」「保育士がオススメするNo.1」「お客様満足度No.1」「認知度No.1」「好感度No.1」など、6部門でNo.1を獲得しており、十分に信頼できる転職エージェントといえるでしょう(201810月、20191月調査)。

対応エリアは幅広く、求人数も非常に多く揃っています。 勤務地・雇用形態・仕事内容・園の特徴・福利厚生など、細かく条件指定して求人検索できるため、希望する勤務条件に合った転職先が見つかりやすいという特徴もあります。

また、実際の職場の写真が多数掲載されており、転職後をイメージしながら求人検索できる点も魅力です。

求人数49,451件
雇用形態別求人数()正社員:13,578件
アルバイト・パート:6,697件
契約社員:1,542件
対応地域全国
サイトの種類エージェント型
運営会社株式会社ネクストビート
サイトURLhttps://www.hoikushibank.com/
20241月時点の求人数

保育のお仕事

保育のお仕事
  • 特徴① 保育士が使いたい転職サイトNo.1
  • 特徴② 園の雰囲気や内部情報まで共有
  • 特徴③ 施設形態・職種を絞り込んでの検索が可能

保育のお仕事は、「保育士が使いたい転職サイトNo.1(※1)」を獲得した実績があり、手厚い転職サポートやサイトの使いやすさに定評があります。

 

非公開求人の中には急募案件や人気園の求人などもあり、登録すると好条件の求人に出会える可能性を高められるでしょう。

 

キャリアアドバイザーが実際に訪問して得た情報をもとに、園の雰囲気や内部情報まで共有してくれるので、入職後のミスマッチ回避にも期待できます。

 

使い勝手のよい検索機能も特徴的で、保育園・幼稚園のほか、企業内保育や児童発達支援施設など、希望の施設形態を指定しての検索が可能です。

 

職種は保育補助から主任・副主任、園長まで指定でき、さまざまな職歴の方におすすめできるサービスです。

 

(※1)日本マーケティングリサーチ機構 2022年 第1位

 

サービス名 保育のお仕事
運営会社 株式会社トライキャリア
公開求人数 50,402件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年4月15日時点

 

保育士人材バンク

保育士人材バンク
  • 特徴① 独自ルートで入手したここでしか出会えない求人多数
  • 特徴② 求人ごとに充実した情報を提供
  • 特徴③ 最短3日のスピード内定の可能性あり

保育士人材バンクは、保育士・幼稚園教諭向けの転職支援サービスで、株式会社エス・エム・エスが運営しています。

 

東証プライム市場上場の信頼感と医療・福祉業界で築かれた人材紹介の実績をもとに、独自ルートによる情報収集がおこなわれているため、ここでしか見られない求人の紹介に期待できるでしょう。

 

求人内容の充実ぶりが特徴で、園の特色や雰囲気、求める人物像、キャリアパートナーの一言など、掲載情報だけである程度のイメージが湧くように工夫されています。

 

さらに、登録すると職場の人間関係や保護者の雰囲気などの内部情報も共有してもらえるため、入職後のギャップを最小限に抑えられるはずです。

 

最短3日で内定した実績(※1)があり、スピーディーに転職を叶えられるかもしれません。

 

(※1)保育士人材バンクの公式ホームページより

 

サービス名 保育士人材バンク
運営会社 株式会社エス・エム・エス
公開求人数 27,466件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト https://hoiku.jinzaibank.com/
2024年4月15日時点

 

マイナビ保育士

マイナビ保育士
  • 特徴① 転職業界大手の株式会社マイナビが運営
  • 特徴② 保育業界専門のキャリアアドバイザーによる寄り添う転職支援
  • 特徴③ 入職後の悩みや不安にも親身に対応

マイナビ保育士は、人材紹介大手の株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。

多様な業界で培った転職ノウハウをもとに、保育士転職をサポートしてくれます。

 

サービスの特徴は、保育業界専門のキャリアアドバイザーから寄り添った転職支援を受けられることです。

 

求職者からヒアリングした希望条件と実際に園に訪問して得た情報をもとに求人を紹介するため、ミスマッチが起こる可能性を最小限に抑えられるでしょう。

強みを引き出すカウンセリングも注目したいポイントで、自信をもって書類選考・面接に臨めます。

 

また、入職後のアフターフォローにも力を入れており、新しい職場での悩みや不安の相談にも対応しています。

 

転職には不安がつきものですが、マイナビ保育士なら、新しいキャリアの一歩を力強く応援してもらえるでしょう。

 

サービス名 マイナビ保育士
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 17,021件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年4月15日時点

 

最後に|保育士が20代で転職するメリットを武器にして理想の職場を見つけよう!

転職において、20代の年齢をネックに感じる必要はありません。むしろ20代は、若さや将来性の高さから保育現場で必要とされている年齢層です。

「転職したいな」と感じたら、自分の心に素直に従って行動を起こすのがよいでしょう。

転職活動をする際は、ぜひ本記事で紹介した「おすすめの転職エージェント」をご活用ください。求人の質やサポート内容がよい転職サイトを厳選したので、あなたの転職をきっと有利に進めてくれるでしょう。

登録は無料なので、ぜひお気軽に問い合わせてみてください。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。