コンテンツディレクターとは?未経験でもなれる?仕事内容や必要なスキルを紹介!

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

コンテンツディレクターコンテンツ制作における要の存在であり、コンテンツのボリュームが大きければ大きいほど役割の重要性は際立ってきます。

特にWebコンテンツの需要が高まる現代では、Webやマーケティングなどの幅広い知識が必須とされ、コンテンツディレクターの業務は非常に多岐にわたっています。

ユーザーのニーズに寄り添い、かつクライアントの要望を満たす良質なコンテンツを作り上げるためには、コンテンツディレクターの技量が欠かせないといっても過言ではありません。

多くのスキルが必要とされるコンテンツディレクターは、やりがいのある職業であり、人材を求める企業が多いことからも、転職を検討している未経験者は多いことでしょう。

この記事では、コンテンツディレクターの仕事内容や必要なスキル、プロジェクトに携わる専門職を解説するとともに、未経験者がコンテンツディレクターになる方法などを紹介します。

転職活動を検討する際におすすめの転職エージェントも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

目次

コンテンツディレクターとは?

コンテンツディレクターとは、コンテンツ制作のプロジェクト全般を取りまとめる中心的なポジションです。

クライアントの課題解決やブランド訴求、情報拡散などを目的としたコンテンツを制作するために、進捗管理や品質管理など、広範囲の業務をおこないます。

コンテンツディレクターの手腕がコンテンツのクオリティを決定づけるため、責任は重大です。

しかし、コンテンツディレクターとしての実績を積むことで、社内外からの信頼を獲得し、自分の価値を高めることができるでしょう。

Webコンテンツの制作から公開までの流れ

コンテンツディレクターの仕事内容を理解するには、コンテンツ制作の大まかな流れを把握することが重要です。

コンテンツはさまざまありますが、ここではWebコンテンツの制作から公開までの流れを紹介します。

  1. クライアントのヒアリング
  2. 企画
  3. 構築案立案
  4. 執筆
  5. 校閲 
  6. 修正
  7. コンテンツの調整
  8. 最終確認
  9. 公開
  10. 分析・改善

ひとつのコンテンツを完成させるには、各担当者の技術を集結し、多くの工程を経る必要があります。

プロジェクトの進捗を円滑に進めるコンテンツディレクターは、全ての担当者と密にコミュニケーションを取りながら、プロジェクト全体の進捗を掴むことが大切です。

コンテンツディレクターの仕事内容を詳しく解説

Webコンテンツが完成するまでの大まかな流れを紹介しました。ここでは、コンテンツディレクターの3つの仕事内容を詳しく解説します。

クライアントのヒアリングと課題解決

コンテンツディレクターがまず初めにおこなうのは、クライアントのヒアリングです。

課題解決や目的達成のために、どのようなコンテンツを制作するのかを明確にします。

ヒアリングで重要なのは、クライアントのニーズを探求し共有することです。コンテンツディレクターが、クライアントが気づいていない潜在的なニーズを発見することで、チームはより高品質コンテンツを制作することができます。

クラアントの潜在ニーズを引き出すためには、クライアントの商品や業務内容、方針、競合などの徹底した事前リサーチが必要不可欠です。

クライアントの潜在ニーズを引き出し目的を明確化した後に、コンテンツの具体的な方向性を決定します。

決定事項には、以下のような内容が挙げられます。

  • コンテンツの種類
  • コンセプト
  • ターゲット層
  • デザインやイメージ
  • 納期
  • 予算

コンテンツディレクターとしての経験が浅い場合、クライアントとのミーティングは緊張の連続です。緊張を緩和しスムーズなヒアリングを進めるために、事前準備の徹底は必須といえるでしょう。

また、場数を踏むことで、迅速にクライアントの要望をくみ取り、新たな視点での提案をすることができるようになるはずです。

プロジェクトの進行と管理

ヒアリングでコンテンツの方向性を決めたら、実際にプロジェクトを進行させます。

プロジェクトの第一段階は、市場調査です。

ユーザーの興味関心を引きつけ、さらにアクションへとつなげるコンテンツを制作するには、ターゲット層のニーズを理解する必要があります。トレンドの分析やキーワード調査は、独自性をもった企画を発案するうえで必要不可欠です。

市場調査をもとに効果的なコンテンツ戦略を立てたら、次はライティングやデザイン、校正などの作業へと進みます。

納期までに余裕のあるスケジュールを組むとともに、各プロセスの現状をチームと共有することはコンテンツディレクターの重要な役割です。

また、プロジェクトを滞りなく進めるためには、クライアントからの急な変更要請や社内トラブルに備えて、対策を考えておくことも不可欠といえるでしょう。

コンテンツの品質維持・管理

コンテンツの品質を維持・管理するのも、コンテンツディレクターの重要な仕事です。

プロジェクトには多くのチームメンバーが絡むため、綿密な企画をもとに制作したコンテンツであっても、当初の意向と多少の差異が発生する可能性があります。

制作途中で些細な相違を見つけだすのは、クライアントのニーズを最も理解しているコンテンツディレクターこその役割です。

さらにコンテンツの納品後は、クライアントの要望にマッチしているのか、コンバージョンはどうかなどの継続的な分析と改善が求められます。

コンテンツディレクターに必要なスキルとは

幅広い業務をおこなうコンテンツディレクターは、プロジェクトをまとめるリーダー的素質を求められるほか、斬新なアイディア力や、シビアなビジネス視点、マーケティングの知識などが求められる、柔軟性と専門性を併せもつ職業です。

ここでは、コンテンツディレクターを目指す方が知っておくべき、3つのスキルを詳しく解説します。

斬新で柔軟な発想力

クライアントのニーズを満たすコンテンツを制作しても、ユーザーの目に止まらなければ意味がありません。膨大な数のコンテンツに埋もれてしまわないためには、目新しくユニークなコンテンツを生み出す必要があります。

そこでコンテンツディレクターに求められるのは、斬新で柔軟な発想力です。

世の中が求めるものとクライアントの課題解決を結びつける柔軟な発想力が、革新的なコンテンツを作り上げるアイデアの源になります。

発想力を鍛えるためには、日頃からさまざまな情報にアンテナを張り、アイディアを練り続けることが大切です。さらに、思いついたアイディアを可視化する習慣をつけると、新たな発想が生まれやすくなります。

スケジュール管理能力

スケジュール管理能力も、コンテンツディレクターに必要なスキルのひとつです。

納期を厳守するのはもちろんのこと、クライアントとプロジェクトメンバーの双方に極力負担のかからない余裕のあるスケジュールを組みます。

また、クライアントは時折、厳しい納期を要求してくる場合があります。

コンテンツディレクターはクライアントの意向をのむばかりではなく、プロジェクトメンバーと協議を重ねてお互いが納得できるスケジュールを提案することが大切です。

ほかにも、プロジェクト進行中のトラブルや、クライアントによる仕様変更の要求など、不測の事態が起こるケースもあります。

予期せぬ出来事にも対応できるスケジュールを組むには、タスクを細分化することがポイントです。
タスクは細かければ細かいほど、必要な工数が明確になります。

マーケティング力

クラアイントの課題を解決するコンテンツを作り上げるには、ターゲットとなるユーザーがどのようなコンテンツを利用して情報を得るのかを判断する必要があります。

コンテンツマーケティングは、ユーザーに役立つ情報を提供することで、ユーザーとクライアントとの信頼関係を築くマーケティング手法です。

たとえばWebマーケティングの場合、リスティングやSNS、ウェビナー、メールマーケティングなど、あらゆる種類のコンテンツを掛け合わせることで相乗効果を生み出します。

そのためコンテンツディレクターは、マーケティングに包含されるデジタルマーケティングやWebマーケティングなどの、広範な知見が必要です。Googleなどの検索エンジンで流入数増加を狙うSEOの知識も必須といえるでしょう。

さらに、コンテンツ提供後のユーザーの行動分析や効果測定をおこなうスキルも求められます。

コンテンツディレクターが関わる専門職を紹介

コンテンツはさまざまなプロの技術が結集して完成します。

コンテンツディレクターはプロジェクトに関わる全ての担当者に仕事を割り当てるため、各専門職の業務を理解している必要があります

ここでは、6つの専門職を紹介しながら、コンテンツディレクターがとるべき行動について解説します。

ライター|記事の執筆

記事の執筆を担う職種をライターといい、中でもWeb上に公開する記事を執筆するのがWebライターです。

公開する記事の内容はその目的に応じて変わります。

  • 商品やサービスの販売を目的とするセールスライティング
  • Googleなどの検索エンジンからの訪問者を増やすためのSEOライティング
  • イベントやセミナーなどのレポートや人物に取材をおこなうインタビューライティング
  • 商品やサービスのブランディングを目的とするコピーライティング

Webライターは執筆における基本のテクニックをおさえながら、ユーザーの共感を得る文章を執筆します。

コンテンツディレクターは、Webライターに対してコンテンツの目的や納期を明確に伝え、高品質なライティングをおこなってもらえるように配慮します。

カメラマン|画像や動画を撮影

コンテンツに掲載する写真にはフリー素材を使用する場合もありますが、コンテンツのオリジナリティを強調するには撮りおろしの写真や動画は必須といえるでしょう。

Webサイトのイメージカットや取材人物の撮影、SNS用、広告素材など、イメージを的確に表現した写真や動画は、コンテンツの質をアップさせる要素のひとつです。

自社社員にカメラマンがいない場合は、法人やフリーランスのカメラマンを手配します。カメラマンの過去の作品やコストなどを考慮して人選することが重要です。

コンテンツディレクターは、カメラマンに理想のイメージや締め切りなどを明確に伝え、撮り直しなどの致命的なミスが発生しないよう、綿密にコミュニケーションをとりましょう。

エンジニア|コンテンツを構築

コンテンツを構築するのがエンジニアであり、Webコンテンツの開発をおこなうのがWebエンジニアです。

Webエンジニアは、ブラウザの開発をおこなうフロントエンドエンジニアと、サーバーやデータベースの構築をおこなうバックエンドエンジニアに分かれ、デザイン以外の開発全般をおこないます。

エンジニアの専門性は非常に高いことから、コンテンツディレクターはエンジニアの仕事内容を十分に理解する必要があります。

コンテンツの内容に合うエンジニアを集め、無理のないスケジュール調整をおこなうことがコンテンツディレクターの重要な役割です。

デザイナー|デザインを構築

ユーザーはコンテンツの第一印象で、欲しい情報が掲載されているかどうかを瞬時に判断する場合があります。
そのため、良質なコンテンツのデザインはユーザーの注目を集めるのに必要不可欠な要素です。

デザイナーはデータやリサーチをもとに、ユーザーのアクションにつながる魅力的で印象的なコンテンツをデザインします。

デザイナーは、クライアントの要望を満たし、かつユーザーのニーズに応えるコンテンツをデザインするために、ベストな手法やアプローチを常に模索する必要があります。

そのためコンテンツディレクターは、多様なアイディアを共有し、コンテンツ制作の目的にブレが生じないよう気を配ることが大切です。

SEOコンサルタント|SEO対策で集客アップ

SEOの計画や戦略を練るのがSEOコンサルタントです。

SEOコンサルタントは「コンテンツのアクセス数を増加させたい」「自社サイトを経由した商品の購入を増やしたい」「認知度アップを図りたい」などのコンテンツの目的を理解したうえで、SEO施策をおこないます。

ただし、SEO対策はすぐに結果がでるものではなく、分析力やマーケティングの知識も必要とする複雑な作業です。

コンテンツディレクターはSEOコンサルタントだけに頼らず、エンジニアやデザイナーと協力しながらチーム全体で効果的なSEO対策をおこなう必要があります。

校閲者|コンテンツの品質向上

コンテンツの信頼度とクオリティを高めるために、校正・校閲作業は重要です。

特にWeb記事では、公開までのタイムラグが短いという長所がある一方で、多くの記事を公開し更新していく必要があります。

そこで誤字脱字はもちろん、記事の一貫性や情報の正確性を確認するのが校閲者です。

コンテンツディレクターが校閲作業を担う場合もありますが、プロに委託する方法もあります。

初見の担当者に依頼する場合、コンテンツディレクターは最初から任せきりにするのではなく、技量を確認することが重要です。また校閲作業は、複数人で確認作業を重ねるのが望ましいでしょう。

未経験者がコンテンツディレクターになる方法

ここまで、コンテンツディレクターの仕事内容や求められるスキル、コンテンツ制作に関わる専門職などを紹介しました。

幅広い業務や多くの知識を求められるコンテンツディレクターですが、未経験者がコンテンツディレクターになることは可能なのでしょうか。

ここでは、未経験者がコンテンツディレクターになるための2つの方法を紹介します。

【関連記事】Webマーケティング職へ未経験から転職するには?転職手順・やりがい・スキルも解説

幅広い知識を身につける

コンテンツディレクターは一般的に実務経験が重視される職種です。そのため、まったくの未経験者がコンテンツディレクターになるのは難しい傾向があります。

まずは制作会社やマーケティング会社に就職し、幅広い専門知識を身につけることがコンテンツディレクターになる近道といえるでしょう。Webコンテンツの場合は、CSSやHTMLなどの専門知識のほかにも、WebマーケティングやSEOの知識も必要とされます。

就職する会社によって仕事内容は異なりますが、ライターやデザイナー、アシスタントとしての経験を積みながらコンテンツの知識を習得し、自己研鑽も忘れずにおこないましょう。

転職エージェントに相談する

未経験者がコンテンツディレクターになるには、制作会社などに就職し経験を積むことが近道であることを説明しましたが、どのような会社を選ぶべきか悩む方は多いでしょう。

転職エージェントにはコンテンツディレクターに詳しいアドバイザーが在籍しているため、気軽に相談してみるのがおすすめです。

未経験者歓迎の求人が掲載されている場合もあるため、転職を成功させたい方や、転職自体に不安や迷いがある方は、転職エージェントを利用してみましょう。

【関連記事】Webマーケティングに強いおすすめの転職エージェント5選!未経験で転職するためには

コンテンツディレクターへの転職には転職エージェントの利用がおすすめ

未経験者がコンテンツディレクターになるためのアプローチとして、転職エージェントへの相談があることを紹介しました。

ここでは、転職エージェントの利用をおすすめする理由をさらに詳しく解説します。

知識と経験が豊富なアドバイザーの在籍

転職エージェントに在籍する転職アドバイザーは、知識と経験が豊富です。

もちろんコンテンツディレクターの仕事にも精通しており、求職者の経験と希望を考慮して求人先をピックアップします。

「自分がどのようなコンテンツに携わりたいのか」「何年以内にキャリアパスしたいか」などの目標を具体的にアドバイザーに伝えることで、より効率的な転職活動を進めることができるでしょう。

「コンテンツディレクターを目指すべきか」「そもそも転職はするべきか」などと不安や悩みをもつ方にも、転職エージェントはおすすめです。

転職エージェントは相談のみの利用も可能で、求人への応募は必須ではありません。
アドバイザーは転職のプロであるため、転職の時期が相応ではないと判断することもあるでしょう。

条件の交渉や入職後のフォローまでおこなってくれる

転職エージェントのサービスは、アドバイスや求人検索をおこなうだけではありません。

求職者の希望条件に近づくよう採用者に交渉をおこなってくれたり、入職後の困りごとや疑問解決のためのフォローをおこなってくれたりもします。

ほかにも、転職エージェントのサービスは多くあります。

  • 好条件がそろう非公開求人の紹介
  • 履歴書や職務経歴書などの応募書類添削や作成代行
  • 求職者の実務経験やキャリアの棚卸し
  • 面接対策
  • 転職活動のスケジューリング

転職エージェントのサポートは手厚いものの、多くは無料で利用することが可能です。

転職前に企業の内部事情がわかる

求人への応募は、求人票に掲載されている情報で判断することが多いでしょう。そのため、入職後に「イメージと違った」と感じるのはよくあるケースです。

転職エージェントのアドバイザーは、企業へ直接足を運び綿密な打ち合わせを重ねています。

そのため求職者は、応募前に職場の内部事情や雰囲気などの情報をアドバイザーから得ることで、ミスマッチを防ぐことが可能です。

転職エージェントを活用するコツ

転職活動におけるメリットが多い転職エージェントですが、活用するためにはいくつかのコツがあります

ここでは、おさえるべき4つのポイントを解説します。

【関連記事】転職エージェントの賢い使い方|利用の流れや使い倒すコツを徹底解説

転職の決意がなくても登録しておく

転職エージェントは転職の決意がなくても登録しておくのがベストです。

コンテンツディレクターや業界の求人を日頃からチェックすることで、求められる条件や相場を把握することができるからです。

事前にリサーチを済ませておくことで、転職活動に本腰をいれる際には、短期間で効率の良い転職活動を進めることができるでしょう。

数分で会員登録できる転職エージェントは多いため、スキマ時間に登録しておくことをおすすめします。

複数登録は必須

転職エージェントは複数の登録が必須です。A社にない求人をB社で保有していたり、C社には非公開求人が多いというパターンがあるからです。

複数登録しておくことで、求人数のほかにも求人の質や傾向、キャリアアドバイザーの対応なども比較することができます。

自分に合う転職エージェントを見つけることは転職を成功させる大きなポイントになるため、少なくとも2~3社は登録し利用しましょう。

書類添削や面接対策をお願いする

履歴書や職務経歴書は採用者に自分をアピールする手段のひとつですが、作成には時間がかかり、セールスポイントを表現しきれない場合が多いものです。

そこで強い味方になるのが、転職エージェントの書類添削サービスです。アドバイザーは企業が求める人材を理解しているため、採用者に響く応募書類を作成することができます。

転職エージェントによっては、応募書類作成を代行してくれる会社もあるため、現職で多忙を極める方は時間を大幅に短縮することが可能です。

応募書類同様、面接にも事前の対策が必要ですが、転職エージェントの効果的な面接対策はほかの応募者に差をつけることができるでしょう。

担当者と相性が悪い場合は変更を依頼する

コンテンツディレクターや業種に精通する転職アドバイザーは多いものの、時には相性の悪い担当者と出会うことがあります。

転職の進め方は個人によって異なり、スピード感を重視する方やじっくりと進めたい方など、求めるものはさまざまです。

そのため、キャリアアドバイザーとの間に温度差が生じ「紹介してもらえる求人数が少ない」「ゆっくり進めたいのに催促をしてくる」などと相性が悪いと感じるケースが発生します。

キャリアアドバイザーとの相性は転職活動において重要なポイントです。担当者を変えてほしい場合は、遠慮せずに変更をお願いしましょう。

コンテンツディレクターを目指す方が利用すべき転職エージェント7選

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 382,338件
非公開求人数 334,322件
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※2024年4月15日現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 111,434件
非公開求人数 非公開
対応地域
全国、海外
公式サイト
2024年4月15日時点

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年4月15日時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 71,822件(※1)
非公開求人数 14,493件(※1)
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

doda

doda

dodaの特徴
  • 圧倒的な求人数
  • 顧客満足度No.1を獲得
  • 直接応募も可能

 

dodaは、圧倒的な求人数と顧客満足度の高さが特徴の転職エージェントです。

 

保有求人は公開・非公開合わせて20万件超(※1)と多数で、キャリアカウンセリングを受けられる拠点は全国に12ヵ所あり、大手エージェントの中でも有数の規模を誇ります。

 

また、顧客満足度ランキングで1位(※2)を獲得した実績もあり、手厚いサポートと質の高い求人紹介に期待できるでしょう。

 

dodaでは、転職エージェントを介した応募のほか、気になる求人に自分で直接応募できる機能も備えられています。さらに、企業から直接スカウトが届くサービスもあり、自分に合った方法で転職活動を進められるのも魅力です。

 

(※1)2023年3月時点の求人数
(※2)2024年オリコン顧客満足度調査 「転職エージェント 20代」で1位

 

サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 241,469件
非公開求人数 37,762件
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年4月15日時点

 

【dodaの口コミ・評判】

初めての転職におすすめ
初めての転職で使用しました。最初はdodaさんではないところを使っていたのですが求人が最初来たきり紹介がなく他も利用しようと思いdodaさんを登録。エージェントも登録し担当についてくれた方がとても熱心でした。コロナ禍で書類通過率はかなり悪かったですが絶えず求人紹介を頂けましたし、転職活動を進めるにつれ書類通過率も上がってきました。他サイトの口コミなどであるように専門性には欠けるかもしれませんが初めてで右も左も分からない方にはおすすめです。在職中で忙しい人もlineでやりとりできますし、職務経歴書や志望動機などもざっくりした文章でも添削と調整をしてくれてサポートはかなり手厚いです。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

こちらの不安や要望に適した丁寧な対応に満足でした
印象的なテレビCMのキャッチコピーに背中を押されて、登録をしました。
担当の方は、とても穏やかで丁寧な対応をしてくださいました。
求人情報に関しても、こちらの要望に沿うように、繰り返し複数求人をご紹介くださいました。
また、私が職選びや面接や転職後のことで抱える不安や疑問にも一つ一つ答えて下さり、大変心強かったのが印象的でした。レスポンスに関しては、まれに時間がかかることもありましたが、全体的に満足しています。
おかげさまで無事に転職もでき、最後まで面倒を見てくださった担当者様には大変感謝しております。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

 

 

type転職エージェント

type転職エージェント
type転職エージェントの特徴
  • 首都圏を中心に展開
  • 「納得感のある転職」の実現にこだわり
  • ITエンジニアや企画職・営業職に強み

 

type転職エージェントは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に転職サービスを提供しているエージェントです。

 

「納得感のある転職」のサポートにこだわりがあり、キャリアの相談や希望条件に合った求人の紹介、応募書類の添削、面接対策など、転職完了まで手厚くサポートを受けられます。

 

企業の採用担当者からのヒアリングにも力を入れており、求める人物像や経験を把握したうえで求人を紹介してもらえるため、マッチング精度の高い転職の実現に期待できます。

 

特にITエンジニアや企画職、営業職の転職に強みがあり、25年以上の歴史(※1)と34万人以上の転職支援実績(※1)をもとに、転職を成功に導いてくれるでしょう。

 

(※1)type転職エージェントの公式ホームページより

 

サービス名 type転職エージェント
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数 9,998件
非公開求人数 17,698件
対応地域
東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイト
2024年4月15日時点

 

【type転職エージェントの口コミ・評判】

年収UP交渉もスムーズに進めていただき、大満足です!

(前略)

キャリアアドバイザーの方に相談すると、プログラミングの経験のほかにWEBサイトの開発経験があることは今後の転職にプラスになるという高い評価をいただき、どちらの経験も活かし、システムの企画にも携われるEコマースのシステムエンジニアで内定をいただきました。キャリアアドバイザーの方にスキルを正しく評価していただき、自信を持って転職活動に臨めたことが成功につながったと思います。年収交渉もスムーズで、企業からスキルを評価されているのだと思うとさらにやる気が出ますね!

引用元:転職成功事例|type転職エージェント

新たなキャリアの提案で年収大幅UP!

これまで社内SEとしてキャリアを積んできましたが、年収UPを目的に転職活動を始めました。社内SEとはいえ、携わったシステムは全てスクラッチで開発し、開発の全行程から保守・運用まで経験してきたことを伝えると、開発の全工程の経験がある点を高く評価してくださり、キャリアアドバイザーの方からITコンサルタントとして新しいキャリアを築いてみてはどうだろうかとアドバイスをいただきました。書類作成や面接対策をしていただき、万全の状態で望んだ結果、希望する企業から内定をいただくことができました。年収も自分が予想していたよりも大幅にアップし、人材紹介サービスを利用して本当によかったと思っています。

引用元:転職成功事例|type転職エージェント

 

まとめ

コンテンツディレクターの仕事内容や必要なスキルを紹介するとともに、未経験者がコンテンツディレクターになる方法などを紹介しました。

コンテンツディレクターはプロジェクトをスムーズに進めるために、高度な専門知識をもとにクライアントやプロジェクトメンバーと密にコミュニケーションをとります。

クライアントの業種や業務内容を深く理解することや、コンテンツ制作に関わる各専門分野の仕事を広く学び続ける努力が必要とされますが、その分やりがいのある魅力的な仕事といえるでしょう。

未経験者がコンテンツディレクターになるには、コンテンツ制作に携わる仕事に従事し、経験と知識を習得することが近道になります。また、転職エージェントに相談することも方法のひとつです。

転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談することで、第三者目線の的確なアドバイスを受けることができるため、自分では気づくことのできなかった新たな視点をもつことができるでしょう。

転職エージェントは無料で登録することができるため、複数登録がおすすめです。

未経験者がコンテンツディレクターになれる可能性は十分にありますので、あきらめずに自己研鑽を続けましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。