Webマーケティング職へ未経験から転職するには?転職手順・やりがい・スキルも解説

CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

  • X
  • facebook
  • LINE
  • linkedin
  • URLcopy
   
本記事は、転職エージェント公式サービス(リクルート・マイナビ・ビズリーチ等)の広告リンクを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

未経験だけどWebマーケティング業界に転職したい

Webマーケティング業界に転職するには何のスキルや経験が必要?

といった悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。

近年、IT技術が促進している関係でWebマーケティング業界に関するスキルや知識、経験を持った人材が求められています。Webマーケティングの経験や実績が増えれば、収入が増える期待も持てるでしょう。

しかし、未経験でWebマーケティング業界への転職は容易ではありません。そこで本記事では、下記について解説します。

この記事で分かること
  • 未経験でもWebマーケティング業界へ転職できるのか?
  • Webマーケティング業界への転職が難しい理由
  • Webマーケティング業界に向いている人の特徴
  • 未経験からWebマーケティング業界に転職するのが厳しい人の特徴
  • Webマーケティング業界で役立つ資格
  • 未経験からWebマーケティング業界への転職を成功させるポイント
  • Webマーケティング業界を目指す人におすすめの転職エージェント
高橋 宇内氏

Webマーケティング業界へ転職し、新しいキャリアを築きたいと考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

この記事の執筆者
高橋宇内
高橋 宇内 氏人事&キャリアドバイザー経験者
採用コンサルタントとして企業の人事を複数担当。転職後キャリアドバイザーとして、新卒・中途の求職者の支援。
目次

【結論】未経験でもWebマーケティング業界へ転職できる!

結論、未経験でもWebマーケティング業界への転職は可能です。ただし、転職する年齢や過去の経験、スキル、実績などに条件が必要なときもあります。

前職でコンサルティングやプロジェクトマネージャー、営業といった職種を経験している場合、Webマーケティング業界が未経験でも、活かせるスキルがあるでしょう。

20代で転職する際、スキルや経験ではなくポジションで採用される可能性があります。一方、30代以降は実績などが重要視されるため、スキルや経験がないと未経験で転職するのは難しいでしょう。

未経験でWebマーケティング業界へ転職するときは、年齢や過去の経験によって大きく左右されます。そのため、未経験でも転職できる場合もあれば、難しい場合もあるでしょう。

本記事で解説するWebマーケティング業界への転職については、未経験からでも成功できるポイントに繋がっているので、ぜひ参考にしてください。

未経験でWebマーケティング業界への転職が難しい5つの理由

未経験でWebマーケティング業界へ転職する際、難しい理由を把握しておくことで、改善するための対策ができます。未経験から転職を成功させるには、事前にどこが難しいのか理解することが重要です。

未経験でWebマーケティング業界への転職が難しい理由は、下記のとおりです。

  • 専門的なスキルが求められるから
  • 常に成果が求められるから
  • 採用されるには実績が必要だから
  • 競争率の高い職種だから
  • 業務内容の幅が広いから

未経験からWebマーケティング業界へ転職するためにも、難しいと言われる理由を把握しておきましょう。

理由1.専門的なスキルが求められるから

専門的なスキルが求められることが、未経験からWebマーケティング業界への転職が難しい理由のひとつです。

Webマーケティング業界での主な仕事は、インターネット上で製品やサービスの宣伝、販売促進、顧客獲得などを行うことです。

未経験者がWebマーケティング業界に転職するには、オンライン上で販売する知識やデータ分析といったスキルを身につける必要があります

たとえば、SEO対策(検索エンジン最適化)やSNS広告運用、コンテンツ戦略、データ分析などのスキルがあげられます。

また、Webマーケティング業界は常に変化するアルゴリズムやトレンドに敏感である必要があります。

新たな技術や手法が次々と登場し、市場の競争も激化しているため、未経験者にとってはステップアップが難しい側面があります。

場合によっては、専門的なスキルを証明するための資格や実績が求められるでしょう。実績を求められたときは、これまでの経験やプロジェクトを通じて、Webマーケティング業界で活用できるスキルをアピールすることが重要です。

しかし、Webマーケティング業界に関係するスキルや経験、実績はすぐ身につくものではありません。

そのため、未経験からWebマーケティングへの転職が難しいと言えるでしょう。ただし、他業界でも継続的な学習と努力を重ね、専門的なスキルを磨くことで、未経験者でもキャリアチェンジを成功させられるでしょう。

理由2.常に成果が求められるから

常に成果が求められることも、未経験からWebマーケティング業界へ転職する難しい理由のひとつです。

Webマーケティング業界は、デジタル領域での活動を通じて、具体的な成果を上げることが求められるため、プレッシャーや厳しさが伴います。

Webマーケティングの目的は、プロモーションや広告活動を通じて、ターゲットユーザーを引き込み、顧客行動を促進することです。

施策によって、サービスの売上向上やサービスの登録者数など具体的な成果を達成することが求められます

未経験者が転職してWebマーケティングの仕事に携わる場合、成果を上げるための戦略や手法をゼロから学び、実践する必要があります。

ただ知識を持つだけでなく、実際のプロジェクトで成功を収めることが求められるため、プレッシャーや責任が高まるでしょう。

成果をあげるには、データを適切に解釈して、業務に取り組む能力が欠かせません。また、成果を出すためには常に変化する環境に対応し、迅速に適応するスキルも必要です。

新たなトレンドやアルゴリズムの変化に対応するためには、学習と改善を続ける姿勢が求められます。

そのため、未経験者がいきなりWebマーケティング業界の環境に転職するのは、難しいと言えるでしょう。

理由3.採用されるには実績が必要だから

採用されるには実績が必要であることも、未経験からWebマーケティング業界へ転職する難しい理由のひとつです。

Webマーケティング業界で結果を出すためには専門的な知識や実践的なスキルが必要です。未経験者が転職するには、Webマーケティング業界に必要なスキルをある程度持っていないと、採用されることが難しくなります。

企業側は、求職者が成果を上げた経験や持っているスキルを重要視します。未経験の求職者の場合は、具体的な実績がなく、スキルや能力を評価するのが困難です。

企業側は、他の応募者と比較して、実績のある人材を選ぶことが多いため、未経験者が採用されるためには、どのように実績を積み上げていくかが重要なポイントです。

実績を増やす場合は、フリーランスなどで行動することで、積み上げられます。しかし、、Webマーケティングのスキルや経験は簡単に積み上げられるとは限らないため、未経験で転職するのが難しいと言えるでしょう。

理由4.競争率の高い職種だから

競争率の高い職種であることも、未経験からWebマーケティング業界へ転職する難しい理由のひとつです。

現代のビジネス環境はデジタル化の進展により大きく変化し、オンライン戦略が企業の成長を促進する要素となりました。そのため、Webマーケティングの専門知識やスキルを持つ人材の需要が高まっています。

一方、Webマーケティング業界全体での需要の高まりにより、転職市場は競争が激化しています。

多くの求職者がWebマーケティング業界への転職を志しているため、未経験者が求人募集に応募しても、競争率が高い状況が起こっているようです。

また、需要の高まりにより、求められるスキルや経験が厳しくなる傾向もあります。企業は、Webマーケティングのプロジェクトを効果的に遂行し、成果を上げる人材を求めているため、専門知識や実務経験が必要です。

SEO対策やSNS広告、コンテンツ戦略、データ分析などのスキルを持つ人材は、優遇して採用される可能性がより高まるでしょう。

しかし、需要の高まりは未経験者にとってもチャンスを意味します。需要が高まっている職種であるため、スキルや経験、実績を増やせば、市場での価値が上がり高待遇で転職できる可能性があります

理由5.業務内容の幅が広いから

業務内容の幅が広いのも、未経験からWebマーケティング業界へ転職する難しい理由のひとつです。Webマーケティングは多岐にわたる活動を含むため、幅広い業務内容に対応するスキルが求められます。

Webマーケティングは、SEO対策、SNS広告、コンテンツ制作、データ分析、メールマーケティングなど、多くの要素が組み合わさった領域です。

業務内容の幅広さは、複数の分野にわたるスキルを身につける必要があるため、習得に時間と努力が必要です。

また、Webマーケティングは常に変化する分野であり、新たなトレンドやツールが次々と登場します。そのため、業務内容の幅広さと変化の激しさは、未経験者にとって難易度が高くなる要因となるでしょう。

一方、業務内容の幅広さは未経験者にとっても成長のチャンスです。異なる業務に取り組めば、多様なスキルや経験を積むことができ、自身のキャリアを豊かにできます。

また、複数の分野にわたる知識とスキルを持つことで、より広い範囲での活動が可能となり、市場での価値が高まります

業務内容の幅広さに対応するためには、計画的な学習と実践が必要です。自身の強みとなるスキルや分野を選定し、徐々に範囲を広げていくアプローチも効果的です。

また、スクールに通い専門家からのアドバイスやトレーニングを活用するのも、効率的にスキルアップするための方法となるでしょう。

業務内容の幅広さは、未経験からWebマーケティングへ転職する難しい理由のひとつですが、同時に幅広いスキルを身につけるチャンスでもあります。Webマーケティング業界への転職を機会に、採用したいと思われる市場価値を身につけ、未経験から成功させましょう。

Webマーケティング職の担当者が語る主な仕事内容とやりがい

WebマーケティングとはWeb(インターネット)を活用したマーケティング活動をするのが主な仕事です。

どのような業務を行うかはWebメディアを運用するのかWebサービスなのか、ECサイトなのか、比較サイトなのかで、仕事内容は大きく違います。

どういった業務があるのか知ることで、就きたい仕事、業務も変わってくると思いますので、ざっくりとした概要を知っておくだけでも、転職後のミスマッチをなくすことができます。

高橋 宇内氏

ここでは実際にWebマーケティングに働いている方にお話を聞いてみました!

Web広告運用

リスティング広告とは、検索連動型広告と呼ばれる広告で、ユーザーの検索したキーワードに合わせて表示される広告のことです。

実際にユーザーが知りたい内容に対して広告を表示することができるため、商品やサービスを申し込むユーザー可能性が高いことがリスティング広告の特徴です。

またリスティング広告は低予算でも出稿でき、広告費用はユーザーが広告をクリックしたタイミングでかかる仕組みになっています。

リスティング広告はWebマーケティングにおいて欠かせない重要な施策であるため、広告運用をおこなうマーケターに求められる責任が求められます。

20代/男性/労働・転職メディア運用

私のミッションは、労働問題や転職関連など働くことに関して悩むユーザーと、そのユーザーを欲する広告主との間のマッチングを加速させながら運営メディアの広告収益を最大化させることです。

ユーザーの悩みをきちんと理解し、行動(コンバージョン)に移させるためにはどのようなアプローチが正しいのかを常に考えながら日々の業務としています。

30代/男性/不動産売却・相続メディア運用

Webサイトの運用全般に携わる「監督」的な役割です。

サイトの設計から開発依頼、リリース、リリース後の運用・改修まで、担当するサイトに関しては何でもやっています。どちらかというと自分で何かを制作するというよりは、運用状況を絶えず監視して、状況が改善されるよう周りに指示出しをするのがメインの仕事です。Webサイトは閲覧状況などの数字が細かく記録されていくので、数字を追いかけることが目標を達成するための具体的な方法となります。

SNS運用

X(Twitter)やInstagramなどの様々なSNSを活用して、商品やサービスの購入へつなげることがSNS運用をおこなうマーケターに求められます。

またSNSはそれぞれ特徴があるので、認知度を高めたいのか、商品を購入してもらいたいのかなど目的に合わせて使い分けられています。

SNSはトレンドが目まぐるしく変わっているため、時代の変化に対応するために、最新情報を常に取り入れる姿勢がSNS運用をおこなうマーケターには必要です。

SEO(検索エンジン最適化)対策

SEO(Search Engine Optimization/検索エンジン最適化)とは、Googleなどの検索エンジンの上位に表示させて、Webサイトに訪れる人を増やすことで、売り上げを上げる施策のことです。

自社サイトが検索上位に表示されるために、ページやサイト内・外を最適化するために様々な業務をおこなっていきます。

SEOマーケターの主な仕事内容
  • キーワード選定
  • 新規記事の執筆
  • 既存記事のリライト

また検索上位が取れた後は、売り上げを最大化するためにまた別の施策を行うなど、SEO施策といっても様々な業務があります。

30代/男性/法律系・転職メディア運用

SEOは検索するユーザーと向き合い続けることで成果が出せる手法なので、どんな方が調べていて、何に悩んでいて、どうなればこの人は幸せなのか?を毎日考える仕事です。

やりがいとしては、検索して自分の関わったコンテンツが上位にいればすぐにわかりますので、分かりやすい成果が目に見えることですね。

20代/男性/労働・転職メディア運用

普段の仕事は、Googleアナリティクスやサーチコンソールなどを見ながら数字の分析をし、SEOやCVRを改善するための施策を考えています。

また、リスティングの運用なども日々行っております。自分が考えた施策などがうまくいき、セッション数やCV数が伸びたときなどはとても嬉しいです。また、自分が担当しているサイトが成長して、ちょっとずつ大きいサイトになっていくことにとてもやりがいを感じます。

20代/男性/労働・転職メディア運用

マーケティング業務もさまざまですが、ディレクター業務では、担当するサイトが現在どのような状況か調査し、改善していくのがメイン業務です。また、サイトをより使いやすくするために、サイト内デザインの作成をしたり、ライターに依頼するキーワードの決定や構成を作成したりすることもあります。状況に合わせて、自分で記事を書くこともあるので、SEOライティングの知識があると仕事しやすいかもしれません。

Webマーケティング職が「やめとけ」と言われる理由

以下では、Webマーケティング職が「やめとけ」と言われる理由について解説します。

Web業界は移り変わりが激しい

Webマーケティング職が「やめとけ」と言われる理由の1つに、移り変わりが激しい業種であることが挙げられます。

Web業界は、常に最新情報やトレンドが更新される業種です。そのため、必要となる知識やスキルの移り変わりが激しく、自ら進んで勉強する必要があります。

例えば、最新情報やトレンドが更新される度に、せっかく勉強して身につけた知識やスキルを再度ブラッシュアップしなければなりません。このように、常に学び続けないといけないことが、Webマーケティング職が「やめとけ」と言われる理由です。

実は地味で作業量が多い

Webマーケティング職が「やめとけ」と言われる理由には、地味で作業量が多いことも挙げられます。これも上記で説明した「移り変わりの激しさ」が影響しています。

例えば、せっかく作成したWebコンテンツであっても、数ヶ月後には更新された情報に合わせて、リライトや修正をくわえなければならないケースがあるでしょう。

このように、実は地味で作業量が多いことも、Webマーケティング職が「やめとけ」と言われる理由の1つです。

常に成果が求められる

Webマーケティング職は、常に結果が重視される仕事であり、基本的には「成果主義」の職種です。そのため、成果がでなければ、クライアントから仕事をもらえなくなるリスクがあります。

例えば、頑張ってSEOを意識して作成したWebコンテンツでも、競合に負けてしまい、上位表示されなかったり、CVがでなければ評価されないこともあるでしょう。

このように、常に成果が求められるWebマーケティング職は、強いプレッシャーがかかる仕事であるために「やめとけ」と言われることも多いようです。

今あるスキルが将来使えなくなる可能性がある

前述したように、Webマーケティング職は、常に情報やスキルのブラッシュアップが必要となる仕事です。そのため、今あるスキルや知識が、将来使えなくなる可能性があります。

例えば、AIが代行できる仕事が今後なくなると言われているように、便利になればなるほど、使えなくなるスキルが増えると言われています。

そのために、今のスキルが使えなくなる可能性があるWebマーケティング職が「やめとけ」と言われる理由です。

ただし、身につけたマーケティングスキルやITスキルは、ほかに応用が効くことも多いため、まったく使えなくなる無駄なスキルとは言えないでしょう。

給料が高い業種とはいえない

Webマーケティング職が「やめとけ」と言われる理由として、給与が高いとは言えないことも理由の1つとなっています。そこで、Webマーケティング職の平均的な給与額を紹介します。

業種別の平均年収ランキング 転職エージェントdodaのWebサイト

引用:業種別の平均年収ランキング 転職エージェントdodaのWebサイトより

上記は、転職エージェント「doda」が2022年に調査した結果です。こちらのデータによると、Webマーケティング職の平均給与は422万円となっており、下記の全業種の平均年収と比較すると、30代の平均年収よりも少ない金額となっています。

平均年収ランキング 転職エージェントdodaのWebサイト

引用:平均年収ランキング 転職エージェントdodaのWebサイトより

ただし、Webマーケティング職は、前述した通り「成果主義」であるため、高収入を得ている人と、収入が低い人との差が大きい職種です。

そのため「給与が高くない」ことを理由に「やめとけ」とは一概に言えない職種とも言えるでしょう。

未経験からWebマーケティング業界に向いている人の特徴3つ

Webマーケティング業界に向いている人の特徴は、下記のとおりです。

  • 数字に強くデータ分析が好きな人
  • 徹底した仮説・検証を行える人
  • コツコツ地味に努力できる人

どんな人がWebマーケティング業界に向いているか把握して、どのように自分に置き換えるのか伸ばせるでしょう。

特徴1.数字に強くデータ分析が好きな人

数字に強く、データ分析が好きな人は、未経験からWebマーケティング業界に向いている人の特徴です。

Webマーケティングは、データをもとに改善・実行を繰り返す職業であり、数字をもとに業務を行っていきます。数字を理解し、データ分析を好む人は、効果的な戦略の構築や最適化において重要な存在です。

Webマーケティングでは、広告クリック数やコンバージョン率などの数値データを日常的に扱います。

データを分析し、傾向やパターンを把握することで、どの施策が成果を上げているのかを判断してさらに施策を立てて利益向上を目指していきます。

データ分析を好む人は、情報をもとに論理的に問題解決をする能力があります。Webマーケティングでは、効果的な広告戦略やコンテンツ戦略を立案する際、データをもとに戦略を構築します。

データ分析が好きな人は、複雑な情報を整理し、客観的な判断を行うスキルを持っているため、未経験からでもWebマーケティングの分野で活躍し、成果を上げられるでしょう。

高橋 宇内氏

Webマーケティングに関わっていなくても、数字に強くデータ分析を行っていた経験があれば、アピール材料として活用できるでしょう。

特徴2.徹底した仮説・検証を行える人

徹底した仮説・検証を行える人も、未経験からWebマーケティング業界に向いている人の特徴です。

Webマーケティングの世界では、効果的な戦略を展開するために仮説を立て、検証する能力が求められます。徹底した仮説・検証ができる人は、新たな手法やアイディアを探求し、データにもとづいた意思決定を行えるでしょう。

徹底した仮説・検証を行える人は、自身のアイディアや戦略を疑問視し、客観的なデータと照らし合わせて改善していく姿勢を持っています。

いきなり施策を実行して失敗するのではなく、仮説を立てたうえで進める人材のほうが成長する見込みがあるため、採用されるた方が高まるでしょう

そのため、徹底した仮説・検証を行える人は、未経験からWebマーケティングに向いている人の特徴だと言えるでしょう。

高橋 宇内氏

Webマーケティングにおいて、徹底した仮説・検証ができるのは大きな武器です。経験をもとに強みをアピールできれば、未経験でもWebマーケティング業界に転職できる可能性は高いでしょう。

特徴3.コツコツ地味に努力できる人

コツコツ地味に努力できる人も、未経験からWebマーケティング業界に向いている人の特徴です。Webマーケティングは、短期的な成果だけでなく、長期的な成果を追求する職業です。

Webマーケティング業界では、成果を上げるために試行錯誤が欠かせません。効果的な戦略やアプローチを見つけるには、継続的な実験や改善を行うことが不可欠です。

コツコツと地味に努力できる人は、成果を求めるだけでなく、過程に価値を見出すことができる特徴を持っています。

一見派手に見えるWebマーケティング業界ですが、活躍している人の多くは、地道な努力を惜しまずに取り組んでいる人たちです。

高橋 宇内氏

地道な効果検証は、誰しもが楽しいと思える作業ではないため、飽きてしまう場合が多いです。しかし、コツコツと努力できる人は、クリエイティブ要素が強いので、Webマーケティング業界に向いているでしょう。

未経験からWebマーケティング業界への転職が厳しい人の特徴3つ

未経験からWebマーケティング業界への転職が厳しい人の特徴は、下記のとおりです。

  • 学習意欲が低い人
  • 同じ作業を続けたい人
  • 深掘りができない人

上記に該当する場合でも、Webマーケティング業界に転職する難易度は高くなるでしょう。厳しい理由を把握し、必要な努力を続けることで、未経験からでもWebマーケティング業界への転職ができます。

上記の特徴に該当する人で、Webマーケティング業界への転職を目指す場合は、ぜひ参考にしてください。

特徴1.学習意欲が低い人

学習意欲が低い人は、未経験からWebマーケティングへの転職が厳しい人の特徴です。Webマーケティングは常に変化し続ける分野であり、新しい技術や手法が次々と登場します。

たとえば、新しい広告プラットフォームやソーシャルメディアのアルゴリズムの変更など、最新トレンドが常に変化します。

学習意欲が低い人は、変化についていけない可能性があり、戦略の効果や効率を低下させてしまう場合があるでしょう。

また、常に新たな知識やスキルが求められる業界でもあります。SEO対策やコンテンツマーケティング、広告運用など、多岐にわたるスキルを求められますが、学習意欲が低いと習得することが難しいかもしれません。

Webマーケティング業界では常に新たな学習をすることが、成功への道を切り開く鍵となります。

学習意欲が低い場合は、自ら新しい知識やスキルを積極的に取り入れることで、未経験からでもWebマーケティングへ転職できる可能性が高まるでしょう。

高橋 宇内氏

自分がなぜWebマーケティング業界に挑戦したくて、将来どのような目標を達成したいのかを考えることが、モチベーションの向上に繋がるでしょう。

特徴2.同じ作業を続けたい人

同じ作業を続けたい人も、未経験からWebマーケティングへの転職が厳しい人の特徴です。

Webマーケティングは多岐にわたる作業や施策を展開する職種であり、柔軟な対応力と幅広いスキルが求められます。同じ作業を好む人は、Webマーケティング業界の特性に合わない可能性があるでしょう。

とくに、Webマーケティングは成果を追求する分野であり、効果を最大化するための戦略が重要です。

変化が激しいWebマーケティング業界で成果を残すには、同じ作業を続けるのではなく、常に新しいアイディアや施策を考え、実行する必要があります。

また、Webマーケティングはトレンドや市場の変化に敏感であるため、常に最新の情報にアクセスする必要があります。

Webマーケティングの世界では、同じ作業を続けるだけでなく、柔軟な発想やスキルも求められます。新しいアイディアや施策を考え、適切なタイミングで実行することが成功への鍵です。

そのため、同じ作業を続けたい人は、未経験からWebマーケティングへの転職が厳しい人の特徴だと言えるでしょう。

高橋 宇内氏

いきなり違う作業をするのが難しい場合は、普段の業務をどのように効率出来るかなど、身近なことから考えてみましょう。

特徴3.深掘りができない人

深掘りができない人も、未経験からWebマーケティングへの転職が厳しい人の特徴です。Webマーケティングは幅広い領域をカバーし、戦略的なアプローチやデータ分析が求められます。

深く掘り下げて課題や解決策を見つけるスキルは、Webマーケティング業界で必要不可欠です。

Webマーケティングでは、単に施策を実施するだけでなく、効果を評価し、改善を行う必要があります。深掘りができない人は、課題の本質や問題の根本原因を見つけるのが難しいかもしれません

また、Webマーケティングは多くのデータを取り扱い、分析して戦略を立てる必要があります。深掘りができない人は、潜在的なデータの洞察や傾向を見逃す可能性があります。

一方、深掘りができるようになれば、未経験からWebマーケティング業界に転職できるチャンスでもあります。

深掘りをするときは、否定的な考え(クリティカルシンキング)が必要です。たとえば、成功した体験は、なぜうまくいったのか、より成果を残すにはどのような行動が必要なのかと分析します。

深掘りができない人は、未経験からWebマーケティングへの転職が厳しい人の特徴ですが、いまから自分を変えるための行動を起こせば、成功に変えられる可能性が高まるでしょう。

高橋 宇内氏

深掘りするスキルは誰しもが始めからあるわけではなく、努力によって得られた力です。未経験からWebマーケティング業界を目指す場合は、必要な努力をすることから始めましょう。

Webマーケティング業界の転職に役立つ資格3選

未経験からWebマーケティング業界へ転職する場合、資格を取得するのも手段のひとつです。資格を取得していると転職後もスムーズに活動ができ、より成果を残せる可能性があるでしょう。

本記事では、Webマーケティング業界の転職に役立つ下記の資格について解説します。資格取得をして転職活動を有利に進めたい場合は、ぜひ参考にしてください。

  • 資格1.マーケティング・ビジネス検定
  • 資格2.ネットマーケティング検定
  • 資格3.ウェブ解析士

資格.1マーケティング・ビジネス検定

マーケティング・ビジネス検定とは、マーケティングやビジネスに関する知識やスキルを評価するための資格です。

マーケティング・ビジネス検定は、初級から上級までの複数のレベルが存在し、受験者のスキルや経験に合わせて受験できます。

レベルごとにマーケティングの基本的な概念や用語、戦略の理解、実務的な課題解決能力などが評価されます。

受験内容は、マーケティングやビジネスに関する幅広く、以下のトピックに関する知識が求められます。

  • 市場調査
  • 広告
  • 販売促進
  • 商品企画
  • 顧客対応
  • デジタルマーケティング
  • ブランディング
  • 戦略立案

勉強時間や料金、取得方法は下記のとおりです。

資格取得にかかる時間約15時間
取得方法各級の試験合格
費用A級:12,760円(税込)
B級:7480円(税込)
C級:6270円(税込)
A級・B級併願:20,240円(税込)
B級・C級併願:13,750円(税込)
合格率約70%
(参照元:マーケティング・ビジネス実務検定 国際実務マーケティング協会

資格2.ネットマーケティング検定

ネットマーケティング検定とは、インターネットを活用したマーケティング戦略や手法に関する知識やスキルを評価するための資格です。

ネットマーケティング検定は以下のようにオンライン上での広告・プロモーション活動に関連する幅広い知識が求められます。

  • インターネット広告
  • Webサイト最適化
  • ソーシャルメディアマーケティング
  • 電子メールマーケティング
  • コンテンツ戦略
  • アフィリエイトマーケティング
  • Web分析

ネットマーケティング検定は、初級から上級までの複数のレベルが存在し、受験者のスキルや経験に合わせて受験できます。資格を取得することで、オンラインマーケティングの基本的な概念や戦略、実践的なスキルの習得を目指せます。

勉強時間や料金、取得方法は下記のとおりです。

資格取得にかかる時間約15時間
取得方法ネットマーケティング検定試験合格
費用6,000円(税込)
合格率得点率70%以上
(参照元:ネットマーケティング検定 サーティファイ

資格3.ウェブ解析士

ウェブ解析士とは、Webサイトやオンラインプロモーションの効果を測定し、データ分析を行って改善策を提案する専門家の資格です。

ウェブ解析士は、Webサイトのトラフィックやユーザー行動のデータを収集・分析し、ビジネス目標の達成やユーザーエクスペリエンスの向上をサポートする役割を果たします。

ウェブ解析士の資格試験は、Webデータに関する幅広いスキルや知識が求められます。

  • データ分析技術
  • Web解析ツールの使用
  • 効果的なレポート作成

勉強時間や料金、取得方法は下記のとおりです。

資格取得にかかる時間15~60時間
取得方法ウェブ解析士試験合格
費用17,600円(税込)
合格率約90%
(参照元:2023年ウェブ解析士認定試験 一般財団法人ウェブ解析士協会

Webマーケティング業界未経験だからこそ知っておきたい転職成功のポイント4つ

Webマーケティング業界未経験者が転職を成功させるには、下記のポイントが大切です。

  • ポイント1.志望する理由を明確にする
  • ポイント2.スクールに通う
  • ポイント3.独学で勉強する
  • ポイント4.転職エージェントを活用する

上記のポイントを実践することで、未経験からWebマーケティング業界へ転職できる可能性を高められます。少しでも成功する確率を上げるためにも、実践しましょう。

ポイント1.志望する理由を明確にする

志望する理由を明確にするのは、転職を成功させるためには大切なポイントです。

とくに未経験でWebマーケティング業界へ転職するためには、なぜWebマーケティングなのかを明確にしておく必要があります。なぜなら、企業は明確で論理的な理由でないと、納得して採用をしないからです。

完成度の高い志望理由を作るためには、自己分析と業界研究を行うことが欠かせません

自己分析と業界研究をすることで、なぜWebマーケティングに興味を持ち、転職を考えるのかを再確認できます。自己分析と業界研究は、書類や面接で自己アピールを行うときに重要です。

自分の過去の経験やスキルを振り返ることで、なぜWebマーケティングに転職したいのか、どのような貢献ができるのかを具体的に説明できるでしょう。

また、面接選考では、業界を志望する理由や活かせる強みについて質問されます。自己分析と業界研究ができていると、業界とのミスマッチを防げるだけでなく、面接官からの質問に対して適切な回答ができます。

志望理由を明確にするのは、未経験者がWebマーケティング業界への転職を成功させるための重要なステップです。面接官が採用したいと思う志望理由を伝えることで、転職できる可能性が高まるでしょう。

高橋 宇内氏

志望理由はほとんどの面接で質問されます。あいまいな回答だと不合格になるので、明確な答えを用意しておきましょう。

ポイント2.スクールに通う

スクールに通うのも、未経験者がWebマーケティング業界へ転職するためのポイントです。Webマーケティングは専門的なスキルや知識が求められるため、スクールに通って学ぶことで転職できる可能性を高められます。

スクールに通うメリットは、未経験者でも専門的な知識やスキルを習得できる点です。Webマーケティングは、SEO対策やSNS広告、コンテンツ制作など多岐にわたる分野から成り立っており、基本から学ぶことが重要です。

スクールでは、実務に必要なスキルやツールの使い方、最新のトレンドなどを体系的に学べます。また、スクールでは業界の専門家から直接学ぶこともできます。

講師陣からツールの使い方について学ぶことで、より実践に近いスキルを身につけられるでしょう。

さらに、スクールでは同じ志を持つ仲間との出会いも期待できます。同じスクールに通う仲間は、一緒に学び合い、情報交換をすることができる貴重な存在です。実務経験がない未経験者でも、仲間と切磋琢磨しながらスキルを向上させられます。

ただし、スクールに通うときは、自身の目指す方向性に合ったコースやプログラムを選ぶことが大切です。基本的な知識を学ぶ初級コースから、特定の分野に特化したコースまでさまざまな選択肢があります。

自分のスキルや目標に合わせて適切なプログラムを選ぶことで、効果的なスキルアップが図れます。

未経験者がWebマーケティング業界に転職するには、スクールで学ぶことも有効な手段となるでしょう。

高橋 宇内氏

企業側としても、転職前にスクールで学ぶ姿勢があることは、高評価にする要因です。事前にできる行動は実践しましょう。

ポイント3.独学で勉強する

独学で勉強するのも、未経験者がWebマーケティング業界へ転職するためのポイントです。

独学で勉強するメリットは、時間と場所を自由に選べることです。通勤時間や休日を活用して、自分の都合に合わせて学習を進められます。

近年は、YouTubeやSNS、コンテンツ商品など、無料から有料の学習教材があります。

また、業界の専門家が執筆したブログ記事やWebサイトも貴重な学習リソースです。実際の事例やノウハウ、トレンド情報などを提供しており、自分の興味や必要に応じて学習内容を選べます。

ただし、情報の信ぴょう性や正確性に注意を払い、信頼できる情報源を選ぶことが重要です。

独学で勉強するときは、計画的な学習スケジュールを立てる必要があります。時間を無駄にしないためには、自分の目標やスキルアップのニーズに合わせて、学習を進めていくことが効果的です。

実際に、自身でブログやSNSを運用するのも、貴重な経験に繋がります。

Webマーケティング未経験者が転職を成功させるためは、独学で勉強することも重要なステップとなるでしょう。

高橋 宇内氏

経験がない人より少しでもある人の方が評価は高くなります。Webマーケティング業界に転職したい意思を示すためにも、事前に学べることは取り入れましょう。

ポイント4.転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用するのも、Webマーケティング未経験者が転職を成功させるためのポイントです。

転職エージェントは、未経験者でも適切な求人情報を提供し、転職を成功させる支援をしてくれる頼りになる存在です。

転職エージェントを活用すると、下記のようなサポートが受けられます。

  • キャリアステップの相談
  • 書類作成・添削
  • 面接対策
  • 公開・非公開求人の紹介
  • 給与や待遇の条件交渉
  • 退職手続のサポート
  • アフターフォロー

上記のように、転職活動に必要な準備をほとんど手伝ってくれるのが特徴です。とくに、非公開求人の紹介を受けられるのは大きなメリットです。

非公開求人は、企業がエージェントからの紹介でしか選考を受けないため、特別なルートになっています。非公開求人の中には、有名大手企業や優良企業が多く存在します。本来受けることができない求人に応募できるチャンスとなるでしょう。

ただし、転職エージェントを活用するときは、信頼性や実績のあるエージェントを選ぶことが重要です。複数のエージェントを比較し、自分の希望に合ったサービスを提供しているか、過去の実績や口コミ・評判などを確認することが大切です。

未経験でWebマーケティング業界に転職する場合、エージェントはさまざまなサポートをしてくれます。未経験での転職に不安やサポートがほしい場合は、積極的に活用しましょう。

高橋 宇内氏

本記事では、Webマーケティング業界へ転職するときにおすすめの転職エージェントを3選に厳選して紹介します。未経験から転職を目指している方は、ぜひ利用ください。

あわせて読みたい
複数の転職エージェントを使うのってあり?上手に掛け持ちや併用する方法を解説 「転職エージェントを複数利用するときの選ぶ基準はどうしたらいい?」 「複数の転職エージェントを利用するときは何を意識したらいい?」 といった悩みや疑問を持つ方...

未経験からWebマーケティング職への転職におすすめの転職エージェント3選

転職サイト・エージェントも『総合職転職』と『専門職特化』の転職サイトなど様々ですが、どの転職サイトがいいのでしょうか。

  • 転職サイト:自分で求人を探して応募する
  • 転職エージェント:自分にあった企業を紹介してもらえる

世の中には100以上の転職サイト・エージェントがありますが、ここではWeb/IT系に強い転職サイトのなかから下記の3つをおすすめしたいと思います。

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2023年12月時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 67,499件(※1)
非公開求人数 18,873件(※1)
おすすめポイント
  • キャリアドバイザーにしっかり相談できる
  • はじめての転職活動でも安心の徹底したサポート
  • 夜間や土曜日に相談できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 364,921件
非公開求人数 233,721件
おすすめポイント
  • 求人数の多さが売り
  • 質の高いキャリアアドバイザーがトータルサポート
  • 多くの転職者が給料アップを実現
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※求人数は2023年12月現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

doda

doda
dodaの特徴
  • 圧倒的な求人数
  • 顧客満足度No.1を獲得
  • 直接応募も可能

 

dodaは、圧倒的な求人数と顧客満足度の高さが特徴の転職エージェントです。

 

保有求人は公開・非公開合わせて20万件超(※1)と多数で、キャリアカウンセリングを受けられる拠点は全国に12ヵ所あり、大手エージェントの中でも有数の規模を誇ります。

 

また、顧客満足度ランキングで1位(※2)を獲得した実績もあり、手厚いサポートと質の高い求人紹介に期待できるでしょう。

 

dodaでは、転職エージェントを介した応募のほか、気になる求人に自分で直接応募できる機能も備えられています。さらに、企業から直接スカウトが届くサービスもあり、自分に合った方法で転職活動を進められるのも魅力です。

 

(※1)2023年12月時点の求人数
(※2)2023年オリコン顧客満足度調査 「転職エージェント 20代」で1位

 

サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 223,854件(※3)
非公開求人数 39,055件(※3)
おすすめポイント
  • 多くの求人の中から選べる
  • 自分のペースで転職活動を進められる
  • 徹底してサポートしてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※3)2023年12月時点

 

【dodaの口コミ・評判】

初めての転職におすすめ
初めての転職で使用しました。最初はdodaさんではないところを使っていたのですが求人が最初来たきり紹介がなく他も利用しようと思いdodaさんを登録。エージェントも登録し担当についてくれた方がとても熱心でした。コロナ禍で書類通過率はかなり悪かったですが絶えず求人紹介を頂けましたし、転職活動を進めるにつれ書類通過率も上がってきました。他サイトの口コミなどであるように専門性には欠けるかもしれませんが初めてで右も左も分からない方にはおすすめです。在職中で忙しい人もlineでやりとりできますし、職務経歴書や志望動機などもざっくりした文章でも添削と調整をしてくれてサポートはかなり手厚いです。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

こちらの不安や要望に適した丁寧な対応に満足でした
印象的なテレビCMのキャッチコピーに背中を押されて、登録をしました。
担当の方は、とても穏やかで丁寧な対応をしてくださいました。
求人情報に関しても、こちらの要望に沿うように、繰り返し複数求人をご紹介くださいました。
また、私が職選びや面接や転職後のことで抱える不安や疑問にも一つ一つ答えて下さり、大変心強かったのが印象的でした。レスポンスに関しては、まれに時間がかかることもありましたが、全体的に満足しています。
おかげさまで無事に転職もでき、最後まで面倒を見てくださった担当者様には大変感謝しております。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

 

 

Webマーケティングに転職したい未経験によくある質問

Webマーケティング業界に転職したい未経験者によくある質問は、下記のとおりです。

Webマーケティングのキャリアパスは?

Webマーケティングでキャリアパスを描く場合は、マネージャー・ディレクター・スペシャリストがあげられます。成長度合いによっては、部長や役員を目指せる可能性もあるでしょう。

Webマーケティングの年収はどれくらい?

dodaが調査した2022年度の結果によると、Webマーケティング業界の平均年収は422万円です。

業種別の平均年収ランキング 転職エージェントdodaのWebサイト

引用:業種別の平均年収ランキング 転職エージェントdodaのWebサイトより

平均年収ランキング 転職エージェントdodaのWebサイト

引用:平均年収ランキング 転職エージェントdodaのWebサイトより

Webマーケティングは完全未経験での転職は難しい?

完全未経験は難しいでしょう。ただし、転職前に資格の取得やスクールに通うなどでスキルを高めると、完全未経験でも転職できる可能性が高まります。

まとめ|Webマーケティング業界未経験で転職は厳しいが、ポテンシャルをアピールしよう

未経験でもWebマーケティング業界への転職は十分可能です。しかし、未経験者がWebマーケティング業界へ転職するには、下記の対策が必要です。

  • 前職でのスキルや経験、実績を活用する
  • 資格を取得する
  • スクールや独学で勉強する
  • 転職エージェントを活用する

とくに転職エージェントを活用することは、未経験で転職するうえで重要なポイントになるでしょう。

本記事で紹介する転職エージェントは、Web系の求人が豊富かつ実績があります。転職エージェントを併用すると、より選択肢を広げられるのでおすすめです。

Webマーケティングができる人材は、高い業務レベルを要求されます。企業側もできると思って要求をしているため、真剣に考えて取り組んでいけば転職市場でもニーズの高い人材になれるでしょう。

Webマーケティング業界は企業が存在している限り無くならないため、スキルと経験があれば大企業やコンサルタントとしての独立も難しくありません。

未経験からでも努力を続けることで、新たなマーケティング領域へ展開といったキャリアの選択肢も広げられるでしょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。