社内SEが後悔する理由5選!レベルが低いといわれる理由と後悔しないキャリアプラン

CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

  • X
  • facebook
  • LINE
  • linkedin
  • URLcopy
社内SE公開する理由5つ
   
本記事は、転職エージェント公式サービス(リクルート・マイナビ・ビズリーチ等)の広告リンクを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

IT・Web業界の中でも「社内SE」は人気な職業のイメージがありますね。けれど、実際に働いてみると、いろんな不満がでてきて「後悔してしまった!」と感じる方も一定数いるはずです。

ステップアップしてよりスキルを高めたい!

保守・運用やヘルプデスクがほとんどで、もっと開発に関わりたい!

上記のような思いを持っているにも関わらず、具体的にどうすればよいかわからない方も少なくないでしょう。

そこでこの記事では、社内SEになった人のよくある後悔を紹介したあと、社内SEの代表的なキャリアプランについて解説しています。さらに、最後にはスキルアップ・キャリアアップしたい人が利用するべき「転職エージェントサービスについても紹介しました。

この記事を参考に、「スキルアップ・キャリアアップして働くキャリアパス」を手に入れ、より充実した人生を送りましょう!

この記事を読んでわかること
  • 社内SEはシステム開発をしないケースもあり、スキルアップしにくい不満がある
  • スキルアップ・キャリアアップしたい社内SEの方向けのキャリアプラン
  • 社内SEで働いている方が年収アップ・スキルアップ・キャリアアップするための方法

これ以上後悔しないために転職エージェントに無料登録

性別
年齢
エンジニア
経験
職種
目次

社内SEになって後悔する理由5選

冒頭でもお伝えしましたが、ITエンジニアの中には「社内SEは人気の職業だ」というイメージを抱く方も少なくないでしょう。たしかに、ワークライフバランスを実現しやすく、SIerと比べてプレッシャーもかかりづらいなどのメリットがあるのも事実です。

一方で、社内SEになったけれど、後悔している方も一定数います。仕事には必ず向き、不向きがありますから、誰もが社内SEで働いて満足できるわけではありません。

まずは、社内SEになったけれど、実際に働いてみたら後悔した理由の代表的なものを5選に絞ってピックアップしました。

システムの開発をすることが少なくスキルアップしにくい

社内SEは自社システムの構築に携わるものの、スキルアップしにくいケースも少なくありません。これは、開発自体は外部のベンダーに依頼し、社内SEはシステムの企画やベンダーとの調整業務、システムの保守運用がメインとなるケースが多いからです。

開発をしないことからプログラミングの実務経験を積むことが難しく、どうしてもスキルアップが難しくなってしまいます。これが、社内SEが「レベルが低い」と言われてしまう理由のひとつでもあります。

そのため、プログラミングのスキルを磨きたい、開発手法のスキルを高めたいなど、プログラミングを仕事の中心にしたい方にとっては後悔する結果になってしまいます。

仕事の成果が見えにくく評価につながりにくい

社内SEの仕事は成果が目に見えにくく、評価につながりにくいことも、後悔する理由に挙げられます。これは、社内SEの仕事が定量的に判断しにくいことが原因です。

社内SEの仕事は、自社システムの開発から保守運用、セキュリティー対策、社内のヘルプデスクと多岐に渡り、どうしても定性的な評価になりがちです。営業職のように「売上が1億円つくれた」と目にみてわかりやすくければよいのですが、なかなか難しいのが現実です。

ITに詳しくない企業によっては、社内SEの評価制度が確立されていないこともあります。仕事を頑張ってもなかなか評価につながらず、年収アップも見込めないことから後悔してしまうのです。

社内・社外での調整が大変

システム開発においては、社内・社外の人との調整や折衝が中心の業務になるケースも少なくありません。

社内においては、「事業部と課題のすり合わせ」「経営層へのシステムの企画プレゼンや予算の策定」などをしなければなりませんし、開発を外部ベンダーに依頼すれば、「納期やコストの調整」「進捗管理などのマネージメント」をしなければなりません。

社内・社外ともに、密なコミュニケーションが必要となるので、人間関係の調節や折衝が苦手な人はストレスがたまる原因となることもあるようです。

ヘルプデスクも担当し雑務が多い

社内SEの業務範囲は多岐にわたります。ヘルプデスクのような雑務を担当することもあり、それにわずらわしさを感じる方も少なからず存在しています。

とくに、企業によってはIT分野に慣れていない従業員が多いこともあるでしょう。導入したシステムの使用方法だけではなく、「PCの操作方法がわからない」「Wi-Fiがつながらなくなってしまった」「新しいソフトのダウンロード方法を知りたい」などのPC・ネットワーク関連なども対応しなければなりません

このような初歩的なトラブルをシステム開発の間に対応しなければならず、ストレスに感じる方も一定数います。システムの企画やインフラ整備に集中したい方は、社内SEになったことを後悔するケースもあるようです。

キャリアアップが難しい

社内SEはキャリアアップが難しい特徴があります。これはスキルアップが困難なことが原因です。

前述したように、社内SEはシステム開発する際、ベンダーとの調整や導入後の運用・保守がメインで、自身で開発する分業が多くないケースが通常です。どうしても実務経験を積むことができず、スキルアップが難しくなってしまいます。

もちろん、課長や部長などのマネージメント側に回ることも可能でしょうが、数が限られています。プログラマーやプロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャー等に転職することも不可能ではありませんが、これまで担当した業務内容によっては難しいことも少なくありません。

社内SEのやりがい・働きやすさとは

上記のように、社内SEになったのを後悔する方が一定数いるものの、やりがい働きやすさを感じる部分があるのも事実です。ここでは、どのようなやりがい・働きやすさがあるのか確認しておきましょう。

システム開発の上流工程に関われる

システム開発をする際、開発自体は社外ベンダーに依頼し、自身では要件定義や基本設計などの上流工程に関われるのが代表的なやりがいだといえるでしょう。経営層と交渉することもあり、社内のキーパーソンと深い関係を築けるのもメリットです。

また、企業規模によってはプロジェクト全体に関わる必要もあるので、プロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーのような役割を担う必要もあります。仕事を通してマネージメントスキルや問題解決スキル、リーダーシップなどが磨かれることもあるでしょう。

会社経営に影響を与えるような仕事に携われる

社内SEが開発するシステムには、社内の業務改善やコスト削減を目的とするケースもあります。導入したシステムが良ければ、業務効率が上がったりコストが大幅に減ったりして、会社経営に影響を与えられることもあります。

そのような重要な業務を任せられ、実際にやり遂げたときには大きなやりがいを感じられるでしょう。企業の一員として、会社の飛躍に多大な貢献ができるのもメリットです。

社員からの評価が伝わりやすい

社内SEは自社内のシステムを開発します。つまり、システムを利用するのは同じ企業の社員なのです。このことから、開発したシステムの評価をダイレクトに受けられます。業務がやりやすくなった・改善したなどの声が直接的に届くので、やりがいを感じやすいでしょう。

また、ヘルプデスクの担当もするので、他の社員が困っているときに役立てる場面も多々あります。細かな仕事ではあるものの、困りごとを解決してあげられれば直接感謝されることも多く、働く上でのやりがいになります。

残業やプレッシャーが少ない

社内SEは他のITWeb業界と比べて働きやすいと評価してよいでしょう。その理由は残業やプレッシャーが少ない傾向にあるからです。

残業が少ない理由は、仕事相手が社内の人間だからです。納期をある程度調節できるので労働時間の裁量もききやすく、残業を減らせます。その結果、ワークライフバランスを整えやすいのがメリットです。

また、外部企業等からのプレッシャーが少ない点も指摘できます。精神的ストレスが減ることから、気持ちに余裕をもって仕事に取り組める傾向にあるでしょう。

社内SEの後悔しないキャリアプランとは

働きやすく、やりがいも感じられる社内SEですが、上述したように「スキルアップやキャリアアップが難しい」点がデメリットとして挙げられます。

なかなか年収も上がらず、キャリアプランが描きにくく悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

ここでは、スキルアップやキャリアアップを目指したい方向けに、社内SEのおすすめのキャリアプランをピックアップして紹介します。

社内SEとして他の企業に転職する

社内SEとして他の企業に転職するのは、社内SEの最も代表的なキャリアプランの1つです。ただし、同じ社内SEでも企業によって業務内容が違うことがありますので、転職先ではどのような仕事を任されるかは注意しましょう。

従業員数が比較的少ない企業では、1~数人で社内SEを担当することが一般的です。担当業務は予算管理やシステム開発、ヘルプデスクと多岐に渡りますので、幅広い業務をこなさなければなりません。もっとも、転職する際に細かく必要なスキルが設定されていることは稀です。実務をこなしながら覚えていって問題はないでしょう。

一方、従業員数が比較的多い企業では、社内SEが担当する業務が細かく分かれているケースが多く見られ、深い知見や知識が求められるケースが多いでしょう。社内システムだけでなく、ネットワークの構築やサーバーの設定、セキュリティーの設定を担当することもあります。いずれにせよ、特定の分野のスペシャリストとなる必要があります。

他のエンジニア職へ転職する

社内SEの中でも特定の分野に特化して業務に従事しているのであれば、その分野のスペシャリストとして他のエンジニア職へ転職する方法もあります。開発に従事したい方はSIerや大手ベンダーを目指すとよいでしょう。一方、ネットワーク構築に興味があるなら、ネットワークエンジニアを目指すのもありです。

社内SEから他のエンジニア職への転職例としては次のようなものがあります。

  • システムエンジニア
  • Webエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • アプリケーションエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • データエンジニア
  • セールスエンジニア
  • セキュリティエンジニア など

転職エージェントの利用は無料です!

ITコンサルタントに転職する

ITコンサルタントとは、企業のIT戦略や業務改革支援、新システムの導入などをおこなう職業のことです。コンサルティング企業やSI企業が主な転職先になります。

ITコンサルタントには、経営や基幹業務に関する知識、スキル、マネージメントスキル、クライアントの企業課題を掴むコミュニケーションスキル、提案スキルなど、幅広いスキルが必要とされます。もし、ITコンサルタントへの転職を希望するなら、普段から幅広い業務をこなして、スキルアップを目指さなければなりません。

なお、ITコンサルタントの転職先として代表的なコンサルティング企業は、30代後半以降になると採用対象にしていないケースも少なくありません。ITコンサルタントを目指すなら、早い段階からの準備が必要です。

社内SEのマネージャー職へキャリアアップする

比較的大きな組織ならば、社内SEのマネージャー職へのキャリアアップを目指すのも1つの手段です。仕事のノウハウに加えて、マネージメントスキルや予算管理、ベンダー管理などのスキルを求められます

ただし、1~数人で社内SEを担当している小規模な会社だと、そもそもマネージャー職が用意されていないこともあるので注意が必要です。

CIOへキャリアアップする

CIOとは、「情報統括役員」もしくは「最高情報責任者」のことです。最適な情報化戦略を立案して、実行することを役割とし、企業経営の一翼を担います。単に新たなシステムを導入するだけではなく、自社の競争力を高める施策を立案しなければなりません。

ただし、CIOへのキャリアアップは経営的な知見を必要とするので、困難なケースも少なくありません。システム部門と事業部門でローテーションがある人事制度を設けている企業において、事業部門に移動しIT担当者に任命され、自部門のIT活用についてシステム部門と折衝などを経てCIOに就任するのが理想的な流れですが、現実的には難しいことも少なくないでしょう。

社内SEから転職したい!と思ったあなたへおすすめの転職エージェント┃マイナビIT AGENT

マイナビITAGENT

この記事を読んでいる方の中には、「社内SEになって後悔している」「もっとスキルアップ・キャリアアップしたい」と転職を検討している方もいるでしょう。

もし、転職を検討しているなら、マイナビIT AGENTをおすすめします。

マイナビIT AGENTはIT・Web業界に特化した転職エージェントで、SIer、システム開発、ソフトウェアベンダー、通信キャリア、ITコンサルティング、SaaS、など幅広い業界の求人を保有しており、あなたにぴったりの転職先が見つかる可能性が高まります。新たな職種へ挑戦したい人も、社内SEとして別の企業に転職したい人も、どちらのサポートも可能です。

ここでは、社内SEで転職を検討している人に、マイナビIT AGENTがおすすめの理由をより詳しく解説します。

優良な求人や非公開求人を多数保有

転職者を採用したい企業はたくさんあり、それら求人の質は玉石混交です。その中でも、マイナビIT AGNETは優良な求人を多数保有している特徴があります。

マイナビIT AGENTにしか掲載されていない求人や、非公開求人も多数保有しています。

非公開求人とは、「条件が良く求職者が殺到するのを避けたい」「経営戦略の基幹に関わる求人だから公にしたくない」など理由から自社のサイトに掲載させていない求人のことです。

非公開求人は求めるポジションやスキルが明確で高いスキルを要求される傾向にあります。スキルアップ・キャリアアップを目指すなら、必ずチェックしておきたい求人といえるでしょう。

業界に精通したキャリアアドバイザーの丁寧な面談

マイナビIT AGENTには、転職の成功をサポートするキャリアアドバイザーが在籍しています。登録後はまず、キャリアアドバイザーと面談をおこない、これまでの経験やヒアリングやキャリアの棚卸しを丁寧に実施してくれます。

今後のキャリアパスが明確になっていなくても、現状の不満やどのような人材になりたいかを伝えると、適切なキャリアパスを提示してくれるので、「転職先が明確になってはいないけれど、とにかく転職したい」という人にもおすすめです。

また、在籍するキャリアアドバイザーはIT・Web業界に精通しており、各企業がどのような人物を必要としているかしっかり把握しています。あなたのスキルと経歴をしっかり把握したうえで、適切な企業を提案してくれるのでミスマッチが起こる可能性をぐっと減らせるのです。

転職が初めてで不安がいっぱいという方も、キャリアアドバイザーがあなたの疑問に一つひとつ丁寧に回答してくれるから、安心して転職活動に挑めるのもメリットです。

転職を成功させるための手厚いサポートが充実

キャリアアドバイザーが、履歴書の添削や面接対策だけでなく、内定後には入社日や年収交渉などおこなうのも、マイナビIT AGENTをおすすめする理由です。

履歴書や面接は内定獲得に直結するものです。あなたに魅力があったとしても、履歴書や面接でそれが伝わらなければ内定は取れません。

キャリアアドバイザーは各企業が履歴書のどこに注目しているかもしっかりと把握しているので、応募理由やあなたの強み、これまでの経験などを、通過率があがるよう適切に添削してくれます

また、徹底した面接対策を実施してくれるのもうれしいポイントです。模擬面接を実施し、身だしなみや話す速度などのほか、その企業の面接で過去にどのようなことが聞かれて、どのような情報を伝えるべきかまでしっかりアドバイスしてもらえます。

また、内定後には、入社日や年収交渉などもあなたに代わっておこないます。特に年収交渉は心理的な抵抗があり、自らおこなうのはむずかしいでしょう。アフターフォローが充実しているのも、マイナビIT AGENTのメリットです。

まとめ

社内SEが後悔する理由を解説しました。代表的なものは「スキルアップができない」だといえますが、その原因は、開発は外部ベンダーに依頼し、社内SEがプログラミングをする機会が少ない点が指摘できるでしょう。一方で、システム開発の上流工程に関われる会社経営に影響を与えるような仕事に携われるなどのメリットがあるのも事実です。

社内SEのキャリアプランには、「他の企業の社内SEに転職する」「他のエンジニアに転職する」「マネージャーにキャリアアップする」などがあります。それぞれ必要とされる知識やスキルが異なりますので、働きながら足りない部分は補填するようにしなければなりません

もし、社内SEで転職することを検討しているなら、ぜひ、マイナビIT AGENTを利用しましょう。キャリアアドバイザーはIT・Web業界に精通しており、丁寧な面談から内定後の条件交渉までトータルでサポートしてもらえるメリットがあります。

利用は無料ですので、ぜひお気軽に登録してください。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。