Webマーケティングの年収は?仕事内容・キャリアパス・向いている人を徹底解説

編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

Webマーケティングの年収ってどれくらい?

ほかの業界と比べて年収高いのかな?


厚生労働省の全国統計データによると、Webマーケティング就業者の平均年収は約620万円とされています。

社会人全体の平均年収は443万円であるとされているため、Webマーケティングの年収は一般的な社会人よりも100万円以上高いことになります。

とはいえ、Webマーケティング業界では、スキルや職種、業界などによって年収が大きく変動します。

例えば、同種のWebマーケティングであっても、東京都のWebマーケティング平均年収は668万円、大阪府のWebマーケティング平均年収は633万円と環境により差が開いています。

Webマーケターの平均年収に近づいたり、より高収入を目指したりするためには、ご自身の業務スキルや働く環境に注意してみるとよいでしょう。

Webマーケティングの年収に関与する知識を把握することで、スキルアップに繋がる行動が取りやすくなるはずです。

この記事では、Webマーケティング業界の年収や、キャリアアップの方法についてわかりやすく解説します。Webマーケティング業界未経験の方に向けて、スキルなしで転職するためのポイントも解説します。

【参考文献】令和3年分 民間給与実態統計調査
Webマーケティング(ネット広告・販売促進) - 職業詳細 | job tag(職業情報提供サイト(日本版O-NET))

※この記事の情報は、各転職エージェント公式サイトを参照しています。掲載の基準として、求人数やサポート体制に着目しています。

関連記事:Webマーケティングに強いおすすめの転職エージェント10選!未経験向けなど比較して紹介

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点
目次

Webマーケティングの年収

厚生労働省のjobtagによると、Webマーケティングの平均年収は660.3万円です。しかし、Webマーケティング職は様々な種類があり、一概にすべての年収が当てはまるわけではありません。

職種によって、その仕事内容はもちろん、年収にも差が生じます。

Webマーケティング職の代表的な職種の平均年収について、下記で詳しく見ていきましょう。

※参照:jobtag(日本版O-NET)Webマーケティング・厚生労働省

SEOコンサルタントの平均年収

SEOコンサルタントの業務は、SEO関連の施策だけではありません。顧客が抱えている課題をヒアリングするスキルやコミュニケーション能力も求められます。

IT特化の転職エージェント「ギークリー」によると、SEOコンサルタントの平均年収は約438万円から625万円です。企業によっては成果や実績に対するインセンティブなどがあるため、それ以上の年収を獲得することも可能です。

令和4年の平均給与額が458万円となっているため、SEOコンサルタントは平均よりも高い年収が見込めます。

※参照:GeeklyReview
※参照:令和4年分 民間給与実態統計調査・国税庁

Web広告の運用担当者の平均年収

Web広告の運用はもちろん、データを元に戦略を立てる能力が必須です。

広告運用自動化ツール「Shirofune」を開発・提供する株式会社Shirofuneでは、Web広告の運用担当者の実態調査を行いました。

Web広告運用歴を「未経験から2年未満」「3年から5年未満」「5年から10年未満」「10年以上」に分けた結果、それぞれの平均年収は下記の通りです。

Web広告運用歴別の平均年収
  • 未経験から2年未満:520万円
  • 2年から5年未満:550万円
  • 5年から10年未満:750万円
  • 10年以上:916万円

また、全体の平均年収は623万円となっており、先ほどお伝えした令和4年度の平均給与やSEOコンサルタント以上の年収を狙えます。

※参照:「Web広告運用人材の年収と採用難易度」に関する実態調査

SNSサービス担当者の平均年収

SNSサービス担当者は、InstagramやX(Twitter)などの様々なSNSを活用し、扱っている商品やサービスの認知拡大を狙うのが主な仕事です。

専門学校「御茶ノ水スクールオブビジネス」では、SNSマーケターの平均年収は400万円から500万円が相場とされています。

初心者や駆け出しなど、年数が浅い場合は300万円~400万円が平均年収の目安です。大手に勤めている正社員であれば、年収500万円以上も可能です。

求人情報専門の検索エンジン「indeed」によると、SNS運用の平均年収は485万円、SNS企画は780万円です。

このように、SNSサービスのどのような業種になるのかによって、平均年収は大きく異なります。

※参照:専門学校・お茶の水スクール・オブ・ビジネス
※参照:indeed

CVOサービス担当者の平均年収

CVを向上させるための施策を行うのがCVOサービス担当者の業務内容です。

スタートアップ採用やM&A支援に注力しているソーシングブラザーズによると、CVOサービス担当者の平均年収は450万円から700万円ほどです。

SEO対策同様に、専門的な知識やスキルなどが必要になるため、簡単に行えるような業務内容ではありません。そのため、必然的に年収も高い傾向にあります。

スキルを磨き、数値による実績が叩き出せれば、これ以上高額の年収を狙うことも可能です。

※参照:ソーシングブラザーズ

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

Webマーケティングとは

WebサイトやWebサービスなどを活用して、自社の商品やサービスを販売するためのマーケティング活動が主な仕事です。多くのユーザーをサイトに引き込んで、設定している目的達成のための施策を行います。

基本的にデジタルマーケティングの一部であり、Webに特化したマーケティング活動がWebマーケティングです。「ネット社会」「情報社会」といわれている現代では、Web活用は欠かせない集客や販売ツールの1つといえます。

SNSやスマートフォンの普及が広がり、今や情報収集はネットが中心となってきました。こうした背景からも、今後さらにWebマーケティングの重要性は高まるとされています。

Webマーケティングの仕事内容・職種

ひとことで「Webマーケティング」といっても、その仕事内容や職種は多岐にわたります。Webマーケティングに対する理解を深めるためにも、具体的な仕事内容や職種について理解しておきましょう。

それぞれを下記で詳しく紹介します。

Webマーケティングの仕事内容

Webマーケティングの仕事内容は、集客やサイト運営、データの分析が主です。それぞれ専門的な知見が必要となるため、誰でもできる簡単な仕事とはいえません。

それぞれどのような仕事内容なのか、ひとつずつみていきましょう。

集客施策

集客施策は様々な手法を駆使して多くのユーザーを呼び込みます。主な施策内容は下記の通りです。

主な施策内容
  • Web広告
  • SEO対策
  • メールマガジン
  • SNS
  • MEO対策
  • YouTube

集客は、こうした様々な施策を取り入れることが大切です。幅広い層への認知度を高めるだけでなく、直接的な売り上げアップも期待できます。

Webサイトの運営

自社の商品やサービス説明、問い合わせ、購入ができるWebサイトを運営します。具体的には下記のような仕事内容です。

主な仕事内容
  • サーバーやドメイン管理
  • 掲載コンテンツの作成・追加・更新
  • 分析と改善
  • 問い合わせやトラブル対応

Webサイト運営の目的は企業ごとに様々あります。しかし、どのような場合でも、ユーザーの要望に応えることは欠かせません。

データ分析

ユーザーの属性や行動データを分析します。Webサイトへの流入経路、サイト内の巡回や離脱率など、様々なデータを活用し、問題点や改善点を出します。サイト見直しはもちろん、扱っている商品やサービスの開発にも繋がる重要な仕事です。

単純なアクセス数だけにとらわれず、最終目標にしているアクションに至った割合の向上を意識して分析しなければいけません。商品の購入、資料請求、問い合わせ、会員登録など、目標にしているゴールはそれぞれの企業で異なります。

現状を把握し目標の達成度合いをモニタリング、施策効果の測定といった流れでデータ分析が行われます。専門的知識はもちろんのこと、商品やサービス、ターゲット層などに関する深い理解がなければ、企業に合った対策を講じることはできません。

Webマーケティングの職種

Webマーケティングの職種は様々あります。その中でも、特に重要なのが下記でお伝えする3つです。流行やトレンドを知り、ユーザーニーズや時代の流れに合った仕事が求められています。

どのような職種なのか、それぞれ詳しくみていきましょう。

広告運用

広告運用ではその名前の通り、様々な媒体に出稿した広告の運用・管理をおこないます。広告媒体の選定やキーワード・キャッチコピーの変更などを通して、数値の改善に努めます。

近年ではネットが普及したことから、テレビやラジオなどの媒体よりもWeb広告を主としている企業が多くなってきました。その背景もあり、Webマーケティングの広告運用は、SNSやアプリ、Webサイトへの広告出稿が主です。

広告運用をする際のポイントは、費用を抑えつついかに効果を高められるかという点です。さらにデータを元に分析・改善する必要があるため、数字への強さや論理的思考が求められます。

今後もWeb広告の重要性は高まっていくと予想されており、Webマーケティングの仕事として大切な職種のひとつです。

SEO運用

ユーザーに自社のWebサイトを見つけてもらうため、Googleなどの検索エンジンで上位表示を目指すのがSEO運用の主な業務です。

Googleでキーワードを検索すると記事がヒットしますが、この記事の順位や評価はGoogleなど検索エンジンに左右されています。上位に表示されなければ、当然ユーザーの訪問は減ってしまうため、上位表示を目指すための施策をおこなうのが中心となります。

具体的には、キーワードの分析・評価やコンテンツ作成のほか、サイト内やページ内の改善をおこなうことが挙げられます。場合によっては社外のライターにコンテンツ作成を外注したり、エンジニアやデザイナーの協力を必要とすることも珍しくありません。

集客から成果が出るまでは時間がかかるケースも多いですが、問い合わせや購入に繋がる窓口の役割を果たすため、やりがいも大きいでしょう。

SNS運用

現在、Facebook・Instagram・X(Twitter)・TikTokなど様々なSNSが活用されています。年代や性別も幅広いSNSは、うまく利用することで効率よく情報の拡散が可能です。

商品やサービスに対する認知拡大、ユーザーへの情報提供、新商品発売前の市場把握、顧客ロイヤリティの向上など、様々な効果が期待できます。

SNS運用として代表的な手法は、下記の5つです。

SNS運用の代表的な手法
  • SNSアカウント運用
  • SNS広告配信
  • SNSキャンペーン
  • インフルエンサーマーケティング
  • ソーシャルリスニング

自社SNSや広告、ユーザーによって作成されるUGCなどを活用し、効率よく認知度を高め集客や売上の拡大を狙います。

WebマーケターとWebディレクターの違い

「Webマーケター」と「Webディレクター」は、名前の響きから何となく似ている業種と考える方も少なくありません。

ざっくりと分類すると、Webマーケターは「自社のWebサイトに集客する」こと、Webディレクターは「Webサイト全般に携わる」ことが主な業務です。

以下に詳しい違いを記載しますので、自身の適性と照らし合わせて向き不向きを判断してみてください。

WebマーケターWebディレクター
主な業務商品やサービスをより多く売るための施策を立てて実行する
得られた結果を分析し、課題点や次回の施策に生かす
Webサイトの構成やコンテンツ内容の策定、予算やスケジュール管理など全てに携わる
会社によっては開発や制作まで担当することもある
求められるスキル市場調査や広告・SEO・SNSに対する知識
コミュニケーション能力
分析力
マネジメントスキル
マーケティングの知識
企画力
デザイン・システムなどの技術的な知識
未経験でもなれるか企業によっては可能幅広いスキルや経験が求められるため、未経験から転職するのは難易度が高い
平均年収(※)660.3万円579.8万円
※参考:職業情報提供サイト(日本版O-NET)jobtag|Webディレクター
1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

Webマーケティングのキャリアパス|年収を上げる方法とは

Webマーケティングでの主なキャリアパスは以下の3点です。

それぞれ見ていきましょう。

社内でキャリアアップをする

1点目は社内でキャリアアップをして、マネジメントをする立場になることです。

責任は大きくなりますが、役職手当が支給されることで、年収を上げることができるでしょう。

チームリーダーやプロジェクトリーダーなどの役職につくためには、実績や成果を積むことが重要といえます。

自分の努力次第で、社内でキャリアアップできるのがWebマーケティングの魅力の1つです。

別の業界に転職する

Webマーケティングのスキルや経験を深めることで、別の業界に転職することもできます。

Webマーケティングで得た知見は特定の業界に依存したスキル・経験ではなく、汎用性があるため異なる業界にも転職することができます。

例えば、金融系の企業でWebマーケティングに携わっていた人が、小売業界の企業でWebマーケターとして活躍することも可能でしょう。

また、所属している業界によっては年収が低い場合もあるので、同じ職種でも業界を変えることで年収を上げることができます。

例えば、広告代理店やコンサルティング業界は年収が高く、サービス業界や小売業界は年収が低い傾向にあります。

働く業界を変えることで年収を上げていくこともできるでしょう。

フリーランスになる

フリーランスになることも、Webマーケティングのキャリアパスの1つです。

場所を選ばずに働ける業界であるため、Webマーケティングでフリーランスとして働いている人は多いです。

企業のWebコンサルや、業務委託が主な仕事となるでしょう。

フリーランスでは、案件を掛け持ちすることで会社員より収入が増える可能性もあります。

ただし自己管理が必須となり、自ら仕事を取りに行く姿勢が求められます。

未経験でWebマーケティングに転職する方法とは?

未経験でもWebマーケティングに転職することは可能です。

理由として、前述した通り、Webマーケティング業界は成長中の業界で人材が不足しているからです。

とはいえ、何から手をつければ良いか判断がつかない方も多いのではないでしょうか。

そこで転職活動を有利に進めるためにも、未経験でもWebマーケティングに転職するポイントを解説します。

【関連記事】Webマーケティング職へ未経験から転職するには?転職手順・やりがい・スキルも解説

Webマーケティングの知識をつける

1つ目は、Webマーケティングの知識をつけることです。

Webマーケティングでは、オンライン上でマーケティング手段を効果的に発揮する必要があります。

そのためには、WebやSNSの最新の特徴を常に把握することが重要であるといえるでしょう。

従って、Webマーケティング業界では、自発的に行動できる人が求められると考えられます。

Webマーケティングに関して自ら学んでいる姿勢をアピールできると、転職活動がうまくいく可能性が高くなるはずです。

具体的におすすめする勉強方法は以下の5点です。

スクールで学習する

いきなりWebマーケティングに転職することが不安な方は、基礎から学べるスクールに通うのがおすすめです。

実務で使えるスキルを手に入れることができれば、未経験でも転職できる可能性が高くなるかもしれません。

スクールごとに学べる項目や費用、受講期間が異なるため、自分の学習する目的や予算からスクールを選びましょう

資格を取る

Web関連の資格を取ることでアピールポイントになり、転職活動を有利に進められます。

「マーケティング・ビジネス実務検定」では特定の業界に絞られない幅広いマーケティングの知識を学ぶことができるため、マーケティング全体の知識を得たい方におすすめです。

そのほかにもビジネスですぐに使えるスキルを身につけられる「IMA」やインターネットマーケティングの知識を深められる「ネットマーケティング検定」などがあります。

Webマーケティングについて知識を深めるためにも、資格を取ることは選択肢の1つです。

書籍で勉強する

費用を抑えながら勉強したい方は書籍で勉強するのがおすすめです。

マーケティング全般の知識を学べる本を買って、知識を深めましょう。

ただし、書籍からの学びだけではなかなか自分のスキルとはなりにくいため、学びを行動に移すとよりマーケティングの知識が身についていくでしょう。

自分のサイトを運営する

書籍や資格でインプットしただけではなく、自分でアウトプットをするとさらに学びが深まります

自分自身で思考しながらサイトを運営することで、Webマーケティングの基礎知識を身につけることができるでしょう。

実際に行動している姿勢は転職先に評価されるポイントになるでしょう。

また、自身のサイトが収益化できていると、最低限のWebマーケティングの知識があることをアピールできるため、転職する際に活かすことができます。

オンラインサロンに入る

オンラインサロンに所属し、現役のWebマーケターと交流するのもおすすめです。

実際の仕事内容やスケジュールなどのリアルな内容を知ることができたり、スキルや資格など、求められる能力を把握できたりといったメリットがあります。

さらに、在籍するWebマーケターが転職経験者だった場合、具体的な転職活動や面接に対するアドバイスがもらえるケースも少なくありません。

効率よく情報を集め転職活動を進めるためにも、ぜひオンラインサロンを活用してみてください。

転職エージェントを活用する

Webマーケティングの知識を深めていくのと同時に大切なことが、転職エージェントを活用することです。

どんな求人があるのか、どんな人が転職に成功しているのかは実際の求人を見てみないとイメージできないことが通常でしょう。

転職エージェントの担当アドバイザーが、あなたの希望の年収や働き方をヒアリングした上で、未経験OKの求人を紹介してくれるはずです。

転職エージェントの登録自体は無料なので、転職を考えている方は一度登録しておくことをおすすめします。

また、求人が多ければ多いほど、自分にあったものを見つけやすいため、転職エージェントは複数登録しておきましょう。

【関連記事】Webマーケティングに強いおすすめの転職エージェント5選!未経験で転職するためには

Webマーケティングに向いている人の特徴

Webマーケティングは、いわゆる「縁の下の力持ち」です。そのため「目立った仕事がしたい」「人の前に立って活躍したい」という方には向きません。

では、具体的にどういう人なら向いているのか、ここで詳しくみていきましょう。

上記3つのポイントは、Webマーケティングに向いている人の主な特徴です。それぞれ下記で紹介します。

データ分析や数字を扱うのが好きな人

データ分析スキルは、Webマーケターには欠かせません。数字に強く扱いが好きという点も重要です。また、論理的思考も求められます。

アクセス数や目標達成率、CVRなど、様々な数字と毎日にらめっこするのがWebマーケティングの仕事です。目立った仕事ではなく、Webマーケティングの業務内容を知らない人からすれば楽に思われることも少なくありません。

しかし、実際データを分析してWebサイトの改善策の立案やコンテンツの修正など、行うべき仕事は山のようにあります。

分析力や数字に対する強みがある人は、Webマーケティングに向いているといえます。

新しい知識を学ぶことが好きな人

Webマーケティングは常に新しい情報を入手し続ける必要があります。例えばSEO対策を行うためには、Googleの検索アルゴリズムを常に把握しておかなければいけません。

また、商品やサービスを効率よく販売するために、市場動向やユーザーニーズなどもチェックが必要です。新しい知識を学ぶことが好き、情報を多く集め最善策を出せるようにするなど、Webマーケティングは技術だけでなく自発的な学習意欲があることも大切な要素です。

チームワークを大切にできる人

Webマーケティングは、様々な業種や他部署と協力しながら取り組むことが多くあります。そのため、チームワークを大切にできる人はWebマーケティングに向いています。

逆に、単独行動や一人で独走してしまうような人は向いていません。

本記事でもお伝えしているように、Webマーケティングには様々な職種があります。それぞれに大切な役割があり、協力することで設定しているゴールに進むことが可能です。

チームワークを大切にし、コミュニケーションをとってしっかりチームプレーを行えるのであれば、Webマーケティングの仕事が向いています。

Webマーケティングへの転職におすすめの転職エージェント【未経験OK】

Webマーケティング業界の転職におすすめの転職エージェントを紹介します。

マイナビITエージェント

マイナビITエージェント

公式サイト: https://mynavi-agent.jp/it/

マイナビIT AGENTは、転職業界大手の「マイナビ」が運営する、IT・Webエンジニアに特化した転職エージェントで、業界最大級の求人数のほか、非公開求人を多数保有しています。

マイナビIT AGENTしか保有していない独占求人もたくさんあるので、Webマーケティングに転職を考えているのであれば必ず利用したい転職エージェントだといえるでしょう。

マイナビ紹介事業の一種であるマイナビエージェントは、独占求人の紹介が転職エージェント利用のメリットであると明言しています。

「非公開求人や独占求人に応募できること」「企業の内部情報を入手できること」「書類審査や面接の通過率が高くなること」は、転職活動を有利に進められる見逃せないメリットです。

引用元:転職エージェントならマイナビエージェント【公式】|無料で業界のプロに相談

また、転職後の定着率が97.5%と非常に高いことが、求職者に適した求人を紹介できている証とも考えられるでしょう。

在籍するキャリアアドバイザーはIT・Web業界に精通しており、各企業の情報をしっかり把握しているほか、履歴書作成や面接対策も企業の特徴に応じてアドバイスがもらえるため、転職活動に不慣れな人も安心して転職に挑めるはずです。

レバテックキャリア

レバテックキャリア

公式サイト:https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアはIT業界に転職したい人におすすめの特化型エージェントです。

総合型転職エージェントと比べ、IT業界の成長企業から大手企業まで幅広い求人を取り扱っています。

未経験でIT業界を目指す人、IT業界内での転職を狙う人など、求職者のスキルは様々です。

求職者のスキルに合致している求人であるか否かを、IT業界に精通した担当者が判断してくれることがレバテックキャリア の大きな強みです。

担当者のIT業界への知識が深いため、社内でのポジションや会社の仕事内容など専門用語を用いた転職の相談もしやすいでしょう。

希望の企業への転職成功率96%と転職成功率も高く、60%の利用者が平均約50万円給与アップを叶えているため、Webマーケティング業界の転職で年収を上げたい人におすすめです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

公式サイト:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、20万件以上の非公開求人を取り扱っている転職エージェントです。

掲載されている業種や職種が幅広く、求人数の多さから細かい条件にもマッチできる求人に出会える可能性が高いと考えられます。

ハイクラス向けの求人も多数掲載されているため、年収アップやキャリアアップを図りたい人にもおすすめです。

各業界出身のキャリアアドバイザーが在籍しているため、履歴書や職務経歴書の添削や面接対策、業界についてのアドバイスなど転職サポートが充実していることも魅力といえます。

doda

doda

公式サイト:https://doda.jp/

dodaの特徴は、業界最大級の大手エージェントであり、 保持する求人が非公開含め20万件以上あることです。

dodaには、サービス開始から10年以上、業界大手として多くの転職を支えてきた実績があります。

また未経験から経験者優遇の職種まで、さまざまな転職者へのサポートを実現しているため、Webマーケティングにチャレンジしたい方はもちろん、今までのキャリアを活かしてキャリアアップしたい方にもおすすめのエージェントです。

ワークポート

ワークポート

公式サイト:https://work-port.jp/

ワークポートは未経験からのキャリアチェンジを支援する転職エージェントです。

人材紹介専門で19年の歴史のあるワークポートは、転職支援で培った豊富なデータを活用して転職者に寄り添った手厚いサービスが特徴のひとつ。

ワークポートを利用すると「レジュメ」という履歴書・職務経歴書の作成ツールを無料で利用できます。

必要情報を入力するだけで自動的に履歴書や職務経歴書が作成できるので、どのように書けばいいかわからない、職務経歴書を書く手間を省きたいという方におすすめです。

ワークポートのキャリアアドバイザーは「転職コンシェルジュ」と呼ばれ、求職者の希望を第一に考えたサポートを行ってくれます。

20代でWebマーケティングへの転職を考えているが、初めてのことで本当に転職できるか不安に感じている人に特におすすめの転職エージェントです。

Webマーケティングに関するよくある質問

Webマーケティングに関するよくある質問の中から、2つの内容をピックアップしました。Webマーケティングについて、やはり気になるのは年収です。

下記でWebマーケティングの気になる年収について、2つの内容を詳しくみていきましょう。

Webマーケティングの独立年収はいくらですか?

デジタルマーケティング支援を得意とする株式会社イールドマーケティングでは、フリーランスのWebマーケター300名を対象にしたアンケートを実施しました。

その結果、最も多い年収が300万円から400万円、次に多いのが400万円から500万円です。

令和4年の平均年収は458万円のため、Webマーケティングの独立年収は平均年収とさほど大きく変わりません。しかし、スキルを高め高額案件の受注などが増えれば、それ以上の年収も見込めます。

※参照:令和4年分 民間給与実態統計調査・国税庁
※参照:株式会社イールドマーケティング【実態調査】フリーランスWebマーケター300人に聞いた年収や働き方、実態について

Webマーケティングで年収1,000万円は可能?

企業に在籍する場合、会社規模やポジションによって異なりますが、年収1,000万円を超えることも可能です。一流のWebマーケティングスキルと実績を身につけられれば、1,000万円を十分目指せます。

フリーランスの場合、先にお伝えしたように平均年収は300万円から500万円が相場です。

しかし、単価の高い案件の受注が増えればその分収入も上がります。フリーランスであればいくつかの案件を同時に請け負うことが可能です。無理のない範囲で多くの仕事を受ければ、年収1,000万円を実現させることもできるでしょう。

まとめ

Webマーケティングは業界として伸びているうえに、業務の進行にスキルが求められます。

そのため、Webマーケティングの平均年収は、日本人全体の平均年収と比べて高くなっていると考えられます。

また、人材が不足しているため、未経験でも転職しやすい業界といえるでしょう。

ただし、自ら進んで行動することが求められるため、スクールに通ったり、資格を取ったりすることも重要です。

自ら学ぶ姿勢をアピールして、転職活動を有利に進めていきましょう。

転職活動に不安を抱えている方は、ひとりで悩まずに転職エージェントを活用するのがおすすめです。ご自身の状況に応じたアドバイスをくれて、希望に沿った求人を紹介してくれるはずです。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。