30代で介護職から転職は可能?おすすめの転職先や転職成功のコツを含めて解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

30代に突入し、これまで続けてきた介護職から転職したいと考える人も少なくないでしょう。

同じ仕事を続けていると、このままでいいのかと考えることはだれでも一度は経験しているはずです。

ただし、周りに転職している人がいないと、転職できるかどうか不安になりますよね。

本記事では、30代で介護職からの転職を成功させるためのポイントや、おすすめの職種などをまとめています。

介護士からの転職を成功させたい人は、最後まで見ていってください。

1分で無料登録!
介護士におすすめの
転職エージェント4社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

介護ワーカー

介護ワーカー

4.8
公開求人数
4.5万件
非公開求人数
非公開
【介護士エージェントおすすめNo.1】はじめての転職、未経験の方、転職検討中の方でもアドバイザーが安心サポート。時給や待遇で選びたい方、企業からのスカウト待ちしたい方にもおすすめ。

レバウェル介護

レバウェル介護

4.3
公開求人数
約20万件
非公開求人数
非公開
【口コミ評価No.1実績あり】求人情報から職場の雰囲気がわかる。離職率・人間関係などのネガティブな情報も収集可能な、「安心」が売りの転職サービス。

ミラクス介護

ミラクス介護

4.0
公開求人数
4.2万件
非公開求人数
9.2万件
【介護職がおすすめする求人サイトNo.1】非公開求人数は業界最大級。経験豊富な人材コンサルタントが、あなたに合った働き方や転職先を提案。

マイナビ介護職

マイナビ介護職

3.8
公開求人数
7.3万件
非公開求人数
非公開
【地方求人が豊富】株式会社マイナビが運営する介護士向け転職エージェント。履歴書の添削や面接対策も◎
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

介護ワーカー

介護ワーカー

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

レバウェル介護

レバウェル介護

4.3
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

ミラクス介護

ミラクス介護

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビ介護職

マイナビ介護職

3.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

介護ワーカー

介護ワーカー

4.8
口コミを読む
・丁寧に応対いただき、希望の条件にぴったりの求人を紹介してもらえました。
・自分の資格でどの程度の賃金が支払われるのかが聞けて、話をするだけでもとても参考になりました。

レバウェル介護

レバウェル介護

4.3
口コミを読む
・他のサイトよりも求人数が多く感じました。条件を絞っても、選択肢が多かったので自分に合ったところを選ぶことができました。
・人材コンサルタントは介護資格保有者もしくは介護現場で働いたことがある方で信頼できました。

ミラクス介護

ミラクス介護

4.0
口コミを読む
・求人数の多さが圧倒的で首都圏を中心とした求人を多く取り扱っているところが良いです。
・とにかく電話連絡が多かったですし、時間帯関係なくかかってきたので、そこはとても気になってしまいました。

マイナビ介護職

マイナビ介護職

3.8
口コミを読む
・地方に住んでいる私でも求人数が多く、気軽に利用できました。
・詳細な条件指定や給与情報が提供され、希望に合った仕事を見つけるのが容易でした。
2024年4月1日時点
目次

30代で介護職から転職したい理由

30代で介護職から転職したい理由は以下のとおりです。

ひとつずつ見ていきましょう。

関連記事:介護職から離れたい!転職理由や対処法・転職すべき人の特徴とは?

業務量に対して収入が低いため

30代で介護職から転職を考える理由の一つに、業務量に対して収入が低いという点があります。

介護職は他の職種に比べて収入が低いにもかかわらず、肉体的および精神的に厳しい労働が求められていますが、労働の負担に見合った報酬が得られていません。

とくに30代はキャリア形成や将来設計を考える重要な時期であり、経済的な安定や生活の質を求めて転職を検討するケースが多く見られます。

よりよい待遇を求めて、介護職から他業種への転職を考える人が増えている現状があるのです。

体力的にも精神的にも限界を感じた

30代で介護職から転職を考える理由として、体力的にも精神的にも限界を感じたという点もあります。

介護職は肉体的な負担が大きく、利用者の移動や入浴介助などで体力を消耗します。

精神的なストレスも大きいため、長時間労働や人間関係の問題が加わると、心身ともに限界を感じることがあるでしょう。

このような状況が続くと、健康を害するリスクが高まり、キャリアの見直しや職場環境の改善を求めて転職を検討するケースが増えています。

人間関係に問題がある

人間関係の問題も、30代で介護職から転職を考える理由のひとつです。

介護職場はスタッフや利用者との密接な関わりが必要であり、その中でのコミュニケーションの難しさや対人関係のストレスが問題となることがあります。

とくに、職場内の上下関係やチームワークの欠如が原因で、仕事の効率や職場の雰囲気に悪影響を及ぼすことがあります。

このような環境は精神的な負担を増大させ、仕事へのモチベーション低下を招くため、改善を望む声が高まり転職を検討する介護職員が増えているといえるでしょう。

将来のキャリアに不安を感じた

30代で介護職から転職を考える理由の一つに、将来のキャリアに不安を感じたという点もあります。

介護職は社会的に重要な役割を担っているものの、キャリアパスが限られていると感じる人も少なくありません。

とくに30代は、キャリア形成の重要な時期であり、給与の低さや昇進の機会の少なさから将来に対する不安を感じることがあります。

このような不安から、よりキャリアアップの機会が見込める他業種への転職を検討する人が増えているのです。

生活リズムが不規則である

生活リズムが不規則であるという点も、30代で介護職から転職したい理由のひとつです。

介護職は24時間365日の対応が必要なため、夜勤や早朝勤務など不規則なシフトが組まれます。

このような勤務形態は、体力的・精神的な負担を増やすだけでなく、家族との時間やプライベートにも影響を及ぼしてしまいます。

とくに、30代はキャリアや家庭生活の両立を考える時期であり、健康や生活の質を重視して転職を検討する人が増えています。

30代で介護職から異業種へ転職するメリット

30代で介護職から異業種へ転職するメリットは以下のとおりです。

転職を考えている人は、一緒に見ていきましょう。

規則正しい生活ができる

30代で介護職から異業種へ転職するメリットの1つとして、規則正しい生活ができる点が挙げられます。

介護職は24時間体制で勤務する必要があり、不規則な勤務時間や夜勤などが発生します。

介護職に比べ異業種への転職では、通常の9時から5時の勤務時間が多く、週末や祝日も休みが取れるようになるのです。

規則正しい生活リズムを取れることで、健康的な生活習慣を維持しやすくなります。

30代で介護職から異業種へ転職することで、規則正しい生活リズムを手に入れられるのは大きなメリットといえるでしょう。

年収が上がる

30代で介護職から異業種へ転職する大きなメリットの一つに、年収が上がる可能性があります。

介護職は重労働でありながらも、給与が低い傾向にあることがほとんどです。

異業種へ転職し経験やスキルを活かせる職種に就けば、収入の向上が期待できます。

例えば、介護職からケアマネージャーや事務系職種への転職は、介護の経験を生かしつつより高い年収を目指すことが可能です。

30代はキャリア形成の重要な時期であり、転職市場でも価値が高く評価される年齢層です。

この機会にキャリアチェンジを図ることで、経済的な安定と成長を実現することができるでしょう。

体力や精神的な負担が少なくなる

30代で介護職から異業種へ転職する大きなメリットの一つは、体力的および精神的な負担が軽減されることです。

介護職は肉体的にも精神的にも要求が高く、長時間労働や夜勤が常態化している場合が多いです。

異業種への転職することにより、定時での勤務や休日が確保しやすくなり、生活リズムが整いやすくなります。

生活リズムが整うことで、仕事とプライベートのバランスが取りやすくなり、結果的に心身の健康を維持しやすくなるというメリットがあります。

30代で介護職から異業種へ転職するデメリット

30代で介護職から異業種へ転職するデメリットは以下のとおりです。

メリットだけではなく、デメリットもチェックしておきましょう。

ブラック企業に転職する可能性がある

30代で介護職から異業種へ転職する際のデメリットとして、ブラック企業に転職してしまう可能性があります。

なぜブラック企業へ転職してしまうかというと、介護職から異業種への転職を考える際、未経験の分野への挑戦となるため、情報不足が原因といえます。

とくに30代はキャリアを積んできた年齢層であり、安定した職場を求める傾向が強いですが、その期待を逆手に取った不当な労働条件を提示する企業も存在します。

転職先の選定には、企業の評判や実際の労働環境をしっかりと調査することが重要です。

職種によっては介護で身につけたスキルが活かせない

30代で介護職から異業種へ転職する際のデメリットの一つに、職種によっては介護で身につけたスキルが活かせないという点が挙げられます。

介護職でつちかったスキルや経験は、人と直接関わるコミュニケーション能力や忍耐力などが中心ですが、これらが直接役立たない職種も多く存在します。

とくに技術系や高度な専門知識を要する職種では、介護職の経験が求められる場面が少なく、スキルの再構築が必要になってしまうのです。

転職を考える際には、自身のスキルがどの程度活かせるかを事前にリサーチし、適切な職種選びをすることが重要です。

30代からの転職に活かせる介護職の強み

30代からの転職に活かせる介護職の強みは以下のとおりです。

30代からの転職に活かせる介護職の強み

転職に活かせることばかりなので、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

コミュニケーション力

30代からの転職において、介護職で習得したコミュニケーション力は大きな強みとなります。

介護職では、利用者やその家族・医療スタッフとの円滑なコミュニケーションが求められ、結果的に高い対人スキルが身につきます。

異業種への転職でも、このコミュニケーション力はチームワークの向上や顧客満足度の向上に直結するため、どの業界でも重宝されるスキルです。

とくに、30代はキャリアの中核を担う年代であり、コミュニケーション力を活かして即戦力として活躍することが期待されます。

このように、介護職で磨かれたコミュニケーション力は、30代からの転職で大きな強みとなるでしょう。

忍耐強さ

30代からの転職において介護職で得た忍耐強さは、非常に価値のある強みです。

介護職は精神的、肉体的に要求が厳しい職種であり、日々の業務を通じて高い忍耐力が求められます。

この忍耐力は、厳しい状況下でも冷静に対応できる能力として、他業種でも非常に重宝されるのです。

とくに、プロジェクトの期限内での納品や困難な顧客対応など、ストレスの多い状況下での作業において、この忍耐強さが大きなアドバンテージとなります。

チームでの作業が必要な職場では、忍耐強さを持つことで困難なタスクでも最後まで諦めずに取り組む姿勢が評価され、信頼される存在となるでしょう。

協調性

介護職で学んだ協調性も、30代からの転職において大きな強みとなります。

介護職では、利用者やその家族・他のスタッフとの円滑なコミュニケーションが不可欠であり、多様な意見や立場を持つ人々と協力して物事を進める能力が求められます。

この協調性は、チームワークを重視するあらゆる業界で高く評価される資質です。

とくに、30代はチームの中心として活躍する世代であり、介護職で磨かれた協調性を活かして、新たな職場で即戦力として貢献できます。

介護職での経験は、30代からの転職においても非常に有利になるでしょう。

柔軟性

30代からの転職において、介護職をとおして習得した柔軟性は非常に重要な強みとなるでしょう。

介護職は日々異なる状況に対応する必要があり、その過程で柔軟な思考と行動が求められ、柔軟性が身に付きます。

転職後に、プロジェクトの変更や急な問題への対応が必要な業務に就くと、介護職で養われた柔軟性が高く評価されるでしょう。

30代の転職では、多様な業務に対応できる柔軟性が求められるため、介護職経験者は柔軟性があるという点で優位に立つことが可能です。

介護職での経験は、異業種への転職を円滑にし、新しい職場で即戦力としての活躍が見込めるでしょう。。

介護職を活かせる他業種

介護職を活かせる他業種は以下のとおりです。

ひとつずつ詳しく解説していきます。

関連記事:介護士から転職する場合の選択肢とは?介護士の経験を活かせるおすすめ業種を解説

介護教員

介護職の経験を活かして他業種で働く選択肢の一つに、介護教員があります。

介護教員は、介護福祉士養成施設や福祉系高校で指導者として働く職業です。

この職に就くためには、介護福祉士としての実務経験が5年以上必要です。

介護教員は、自身の介護経験を生かして次世代の介護福祉士を育成する重要な職であり、教育分野でのキャリアを築くことができます。

また、実務者研修の講師としても活動することが可能で、介護の現場で得た経験や知識を直接伝えることが求められます。

介護教員は介護職の経験を活かしつつ、教育者としても専門性を発揮できるため、介護職からのキャリアチェンジを考えている人にとって魅力的な選択肢です。

保育士

保育士も、介護職の経験を活かして他業種で働く選択肢の一つです。

介護職で習得したコミュニケーションスキルや観察力、忍耐力などは、保育士としても非常に重宝されます。

保育士は子どもたちの安全を守りながら、成長をサポートする役割を担うため、介護職での経験が直接活かすことが可能です。

保育士への転職は、介護福祉士の資格を持つ人にとって、資格取得が比較的容易であるというメリットもあります。

介護職から保育士への転職は、福祉の現場での経験を生かしつつ、新たなキャリアを築く絶好の機会といえるでしょう。

看護師

介護職の経験を活かせる他業種の一つに、看護師も挙げられます。

介護職での経験は、看護師としてのキャリアに直接役立つスキルや知識を提供することが可能です。

とくに、患者さんの日常生活のサポートや基本的な健康管理の経験は、看護師としての業務においても重要です。

介護職で習得したコミュニケーション能力やチームワーク、忍耐力などの人間力も、看護師として働く上で大きな強みになります。

ただし、看護師になるためには、看護師国家試験に合格し必要な資格を取得する必要があります。

介護職から看護師への転職は、専門的な知識や技術をさらに深め、医療分野でのキャリアを築く絶好の機会といえるでしょう。

生活相談員

介護職の経験を活かせる他業種として、生活相談員も選択肢のひとつです。

生活相談員は、介護福祉施設で利用者やその家族との間に立ち相談対応や施設の入退所手続き、地域やケアマネージャーとの連携・調整などを行う職種です。

介護職で培ったコミュニケーション能力や問題解決能力、利用者への深い理解が直接活かせるため、スムーズにキャリアチェンジがおこなえます。

生活相談員はソーシャルワーカーとも呼ばれ、介護職員としての経験があれば特定の資格がなくても就職できる場合がありますが、社会福祉士や精神保健福祉士などの資格があればさらに有利になります。

介護職からのキャリアアップを目指す方にとって、生活相談員は魅力的な選択肢のひとつといえるでしょう。

心理カウンセラー

介護職の経験を活かせる他業種のひとつに、心理カウンセラーもあります。

介護職では利用者やその家族との深いコミュニケーションを通じて、心のケアを行うことが多く、この経験は心理カウンセラーとしても役立ちます。

心理カウンセラーは、相談者の悩みや問題解決をサポートする職業であり、傾聴が得意で先入観や私情に惑わされず相談者に向き合える人が適任です。

介護職で培った人の話を聴くスキルや、悩みに対応する能力を活かし、心理カウンセラーとしてのキャリアを築くことが可能です。

キャリアアドバイザー

キャリアアドバイザーも、介護職の経験を活かせる他業種のひとつです。

介護職で培ったコミュニケーション能力や人に寄り添う姿勢は、キャリアアドバイザーとしても重要なスキルとなります。

キャリアアドバイザーは、転職希望者の適性や希望を理解し、最適な職場を提案する仕事です。

介護職経験者は、人の心に寄り添う力や多様な人々とのコミュニケーション経験を活かし、転職希望者の不安や悩みに深く共感し解決へと導くことができます。

介護業界専門の転職エージェントであれば、介護職のリアルな現場経験を活かした具体的なアドバイスが可能となり、転職希望者にとってもより信頼性の高いサポートを提供することが可能です。

1分で無料登録!
介護士におすすめの
転職エージェント4社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

介護ワーカー

介護ワーカー

4.8
公開求人数
4.5万件
非公開求人数
非公開
【介護士エージェントおすすめNo.1】はじめての転職、未経験の方、転職検討中の方でもアドバイザーが安心サポート。時給や待遇で選びたい方、企業からのスカウト待ちしたい方にもおすすめ。

レバウェル介護

レバウェル介護

4.3
公開求人数
約20万件
非公開求人数
非公開
【口コミ評価No.1実績あり】求人情報から職場の雰囲気がわかる。離職率・人間関係などのネガティブな情報も収集可能な、「安心」が売りの転職サービス。

ミラクス介護

ミラクス介護

4.0
公開求人数
4.2万件
非公開求人数
9.2万件
【介護職がおすすめする求人サイトNo.1】非公開求人数は業界最大級。経験豊富な人材コンサルタントが、あなたに合った働き方や転職先を提案。

マイナビ介護職

マイナビ介護職

3.8
公開求人数
7.3万件
非公開求人数
非公開
【地方求人が豊富】株式会社マイナビが運営する介護士向け転職エージェント。履歴書の添削や面接対策も◎
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

介護ワーカー

介護ワーカー

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

レバウェル介護

レバウェル介護

4.3
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

ミラクス介護

ミラクス介護

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビ介護職

マイナビ介護職

3.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

介護ワーカー

介護ワーカー

4.8
口コミを読む
・丁寧に応対いただき、希望の条件にぴったりの求人を紹介してもらえました。
・自分の資格でどの程度の賃金が支払われるのかが聞けて、話をするだけでもとても参考になりました。

レバウェル介護

レバウェル介護

4.3
口コミを読む
・他のサイトよりも求人数が多く感じました。条件を絞っても、選択肢が多かったので自分に合ったところを選ぶことができました。
・人材コンサルタントは介護資格保有者もしくは介護現場で働いたことがある方で信頼できました。

ミラクス介護

ミラクス介護

4.0
口コミを読む
・求人数の多さが圧倒的で首都圏を中心とした求人を多く取り扱っているところが良いです。
・とにかく電話連絡が多かったですし、時間帯関係なくかかってきたので、そこはとても気になってしまいました。

マイナビ介護職

マイナビ介護職

3.8
口コミを読む
・地方に住んでいる私でも求人数が多く、気軽に利用できました。
・詳細な条件指定や給与情報が提供され、希望に合った仕事を見つけるのが容易でした。
2024年4月1日時点

30代で介護職から転職を成功させるポイント

30代で介護職から転職を成功させるポイントは以下のとおりです。

ここから詳しく解説しますので、転職を成功させたい人は一緒に見ていきましょう。

関連記事:介護職から他業種へ転職するためには?活かせる経験や成功のコツを解説!

介護職の強みをアピールする

30代で介護職から転職を成功させるためには、介護職で習得した強みを効果的にアピールすることが重要です。

介護職では、コミュニケーション能力・忍耐力・協調性など、多くの重要なスキルが身につきます。

転職活動では、これらのスキルを具体的な業務経験やエピソードと結びつけて紹介することで、自己PRの説得力を高めることが可能です。

介護職特有の人間力や状況判断力も強調すると、採用担当者に対して、介護職での経験がどのように他職種に活かせるかを明確に示せるでしょう。

転職条件や計画を立てる

30代で介護職から転職を成功させるためには、転職条件や計画を事前にしっかりと立てることが重要です。

自分が求める職種や業界、求める条件を明確にし、それに合った求人を効率的に探すことができます。

転職活動のスケジュールを立て、いつまでにどのようなアクションを起こすか計画的に進めることで、スムーズに転職活動が可能です。

転職サイトやエージェントの利用も有効で、専門のアドバイザーからのサポートを受けながら、自分に合った転職先を見つけることができます。

計画的に転職活動を進めることで、30代の介護職からの転職が成功しやすくなります。

転職理由を肯定的に伝える

30代で介護職から転職を成功させるためには、転職理由を肯定的に伝えることが重要です。

面接時には、過去の職場に対する否定的な意見を避け、自己成長や新たなチャレンジへの意欲を前向きに表現しましょう。

自己の成長やキャリアアップを目指す積極的な姿勢を強調することで、採用担当者にポジティブな印象を与えることが可能です。

転職理由を肯定的に伝えられるよう、面談対策など準備を徹底しましょう。

転職エージェントを利用する

30代で介護職から転職を成功させるポイントの一つとして、転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントは、介護業界に特化した専門知識を持つプロフェッショナルが、個々の希望や条件に合った求人を紹介してくれます。

他にも履歴書の添削や面接対策など、転職活動全般にわたるサポートを受けることができるため、転職成功率を高めることが可能です。

とくに、30代はキャリアの築き方に悩む年代でもあり、転職エージェントのアドバイスが新たなキャリアパスを見つける手助けになるでしょう。

転職エージェントを利用することで、効率的かつ戦略的に転職活動を進めることが可能です。

30代で介護職からの転職におすすめの転職エージェント

30代で介護職からの転職におすすめの転職エージェントは以下のとおりです。

30代で介護職からの転職におすすめの転職エージェント

ここからひとつずつ解説していきます。

介護ワーカー

介護ワーカー
介護ワーカーの特徴
  • 8万件以上の公開求人
  • アドバイザー全員が介護業界に精通している
  • 面接同行や勤務条件の交渉も対応

介護ワーカーは介護職の転職をフルサポートする転職サイトで、長年の転職サポートから施設・病院との強いパイプがあり、良質な非公開求人を多数保有しています。

全国の介護施設や事業所の求人情報を8万件以上掲載しており、介護職やケアマネージャー、相談員など幅広い職種の求人に対応しています。

介護業界の事情に精通した専任の担当者による介護職の立場を理解したサポートに定評があり、面接の日程調整や同行、勤務条件の交渉なども代行してもらえる点も魅力です。

サービス概要
サービス名介護ワーカー
運営会社株式会社トライキャリア
公開求人数46,999件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイトhttps://kaigoworker.jp/
2024年5月15日時点

関連記事:介護ワーカーの評判は最悪って本当?気になる口コミとメリット・デメリットを紹介!

レバウェル介護

レバウェル介護
レバウェル介護の特徴
  • 年間累計利用者数80万人
  • 介護専門のエージェントによる充実したサポート
  • 未経験・無資格OK

レバウェル介護は、介護業界に特化した転職・派遣サービスで、年間累計利用者数は80万人に及びます。

豊富な求人数と介護の専門知識を持った担当エージェントによる充実したサポートが特徴で、多くの求人を見て比較したいという方におすすめです。

未経験・無資格OKの求人が多く、職場見学を推奨しており、利用者に合った職場選びをサポートしています。

サービス概要
サービス名レバウェル介護(旧きらケア)
運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数200,973件
非公開求人数非公開
対応地域北海道、東北、北陸、関東、東海、関西、中国、九州、沖縄  (※)
公式サイトhttps://job.kiracare.jp/
2024年5月17日時点
(※)甲信越・四国は対応外

【関連記事】レバウェル介護(旧きらケア)の口コミと評判|注意点や賢く活用するコツを解説!

ミラクス介護

ミラクス介護
ミラクス介護の特徴
  • 首都圏最大級の求人数
  • 多数の非公開求人を保有専門知識を持ったコンサルタントによるサポート

ミラクス介護は、介護職に特化した転職支援サービスです。

とくに、首都圏で最大級の求人数を誇り、多数の非公開求人を保有しており、良質な求人が多いことが特徴です。

専門知識を持ったコンサルタントが個別にサポートし、書類添削や面接対策も利用することができます。

介護職だけでなく、関連職種の求人も豊富に取り扱っており、多くの介護職員から支持されています。

サービス概要
サービス名ミラクス介護
運営会社株式会社ミラクス
求人数42,696件
非公開求人数93,053件
対応地域全国
ホームページhttps://kaigo.miraxs.co.jp/
2024年5月10日時点

関連記事:ミラクス介護の評判は?利用者の口コミからわかる実態・活用のコツを解説!

30代で介護職から転職に関するよくある質問

ここからは、30代で介護職から転職に関するよくある質問について回答します。

介護職から転職する際の強みはなんですか?

30代で介護職から転職する際の強みは、介護業務で培った多様なスキルです。

とくに、コミュニケーション能力・忍耐力・協調性・対応力・マネジメント能力が挙げられます。

これらのスキルは、介護職特有の環境で磨かれるため、他の多くの職種で求められる資質といえるでしょう。

例えば、チームでの協働を要する業務・顧客対応・プロジェクト管理など、多岐にわたる分野でこれらの能力は活かされます。

介護職の実務経験を生かして、新たなキャリアを築くことが可能です。

介護職から転職できない人の特徴は?

介護職から転職できない人の特徴として、介護業界特有のスキルが他業種で活かしにくいという点があります。

他業種へキャリアチェンジするためには、新しい分野のスキルアップが必要になることを理解しておきましょう。

また、介護職に長く勤めていると、年齢的な制限で転職が難しくなることも特徴のひとつです。

自身のスキルや体力、年齢を考慮した上で、適切な転職先を見極めることが重要です。

介護職から一般企業に転職する方法は?

介護職から一般企業に転職する方法には、まず自身の経験やスキルを見直し、一般企業で活かせるポイントを明確にすることが重要です。

介護職で培ったコミュニケーション能力やチームワーク、問題解決能力などは、多くの企業で求められるスキルです。

資格取得や追加のスキル習得も転職成功の鍵となります。

転職エージェントの利用も検討し、専門のアドバイザーが履歴書の添削や面接対策を受け、適切な求人を紹介してもらうのもおすすめといえるでしょう。

まとめ|30代からの転職に活かせる介護職の強みと成功のポイント

最後に、30代からの転職に活かせる介護職の強みは以下のとおりです。

30代からの転職に活かせる介護職の強み
  • コミュニケーション力
  • 忍耐強さ
  • 協調性
  • 柔軟性

30代で介護職から転職を成功させるポイントは以下のとおりです。

30代で介護職から転職を成功させるポイント
  • 介護職の強みをアピールする
  • 転職条件や計画を立てる
  • 転職理由を肯定的に伝える
  • 転職エージェントを利用する

30代になるまで介護職で働いた経験と強みを活かせば、転職を成功させることは可能です。

30代で介護職からの転職を早く決めるためには、転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントを利用しながら行動を起こし、転職を成功させましょう。

1分で無料登録!
介護士におすすめの
転職エージェント4社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

介護ワーカー

介護ワーカー

4.8
公開求人数
4.5万件
非公開求人数
非公開
【介護士エージェントおすすめNo.1】はじめての転職、未経験の方、転職検討中の方でもアドバイザーが安心サポート。時給や待遇で選びたい方、企業からのスカウト待ちしたい方にもおすすめ。

レバウェル介護

レバウェル介護

4.3
公開求人数
約20万件
非公開求人数
非公開
【口コミ評価No.1実績あり】求人情報から職場の雰囲気がわかる。離職率・人間関係などのネガティブな情報も収集可能な、「安心」が売りの転職サービス。

ミラクス介護

ミラクス介護

4.0
公開求人数
4.2万件
非公開求人数
9.2万件
【介護職がおすすめする求人サイトNo.1】非公開求人数は業界最大級。経験豊富な人材コンサルタントが、あなたに合った働き方や転職先を提案。

マイナビ介護職

マイナビ介護職

3.8
公開求人数
7.3万件
非公開求人数
非公開
【地方求人が豊富】株式会社マイナビが運営する介護士向け転職エージェント。履歴書の添削や面接対策も◎
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

介護ワーカー

介護ワーカー

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

レバウェル介護

レバウェル介護

4.3
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

ミラクス介護

ミラクス介護

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビ介護職

マイナビ介護職

3.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

介護ワーカー

介護ワーカー

4.8
口コミを読む
・丁寧に応対いただき、希望の条件にぴったりの求人を紹介してもらえました。
・自分の資格でどの程度の賃金が支払われるのかが聞けて、話をするだけでもとても参考になりました。

レバウェル介護

レバウェル介護

4.3
口コミを読む
・他のサイトよりも求人数が多く感じました。条件を絞っても、選択肢が多かったので自分に合ったところを選ぶことができました。
・人材コンサルタントは介護資格保有者もしくは介護現場で働いたことがある方で信頼できました。

ミラクス介護

ミラクス介護

4.0
口コミを読む
・求人数の多さが圧倒的で首都圏を中心とした求人を多く取り扱っているところが良いです。
・とにかく電話連絡が多かったですし、時間帯関係なくかかってきたので、そこはとても気になってしまいました。

マイナビ介護職

マイナビ介護職

3.8
口コミを読む
・地方に住んでいる私でも求人数が多く、気軽に利用できました。
・詳細な条件指定や給与情報が提供され、希望に合った仕事を見つけるのが容易でした。
2024年4月1日時点
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。