コンサルから事業会社へ転職する5つのメリット|成功させる秘訣も解説

編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

将来的に企業の事業に深く関わりたい

ワークライフバランスを重視して働きたい

といった理由で、コンサルから事業会社への転職を希望する方もいるでしょう。

コンサルで磨かれた専門スキルや経験は、事業会社でも高く評価されています。しかし、事前に転職するための対策をしないと、失敗する可能性があります。

そこで本記事では、コンサルから事業会社へ転職するメリット・デメリット、成功させるポイント、注意点などについて解説します。

コンサルから事業会社への転職を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

1分で無料登録!
ハイクラスに特化した
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
公開求人数
16万件
非公開求人数
非公開
1か月で平均20件以上のスカウトが届く、年収800万円以上を目指したい方向けのハイクラス特化エージェント。簡単レジュメ登録をして待つだけでOK。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.6万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
公開求人数
4.8万件
非公開求人数
1.8万件
【とりあえず登録!安心の大手】特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda
4.0
公開求人数
21.4万件
非公開求人数
3.3万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント。
2024年3月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年3月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
口コミを読む
・スムーズに年収の上がる転職ができたので、無駄な時間がかからなくて使い勝手が良かったです。
・エージェント担当の方の機械的な対応に「仕事感がある」と感じた。
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
・7年勤めた会社から転職する際に利用しました。登録後の無料期間で多くのスカウトをもらえました。
・まだ転職前ですが、市場における自分の価値を認識できたので有意義だと感じています。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda
4.0
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
2024年3月時点

 

この記事の執筆者
高橋宇内
高橋 宇内 氏人事&キャリアドバイザー経験者
採用コンサルタントとして企業の人事を複数担当。転職後キャリアドバイザーとして、新卒・中途の求職者の支援。

関連記事:コンサルタントにおすすめの転職エージェントランキング比較|戦略コンサル・ITコンサル・未経験向けに解説

目次

コンサルから事業会社へ転職する人は多い

コンサルから事業会社へ転職する方は多い傾向にあります。決断する理由は、コンサルと事業会社の働き方の違いです。

コンサルは、企業が抱える問題を解決するための提案をしたり、戦略を立てたりする役割を担います。ときには戦略の実行もサポートしますが、基本的に外部のコンサルとして問題解決に取り組むのが特徴です。

ただし、コンサルがクライアントに課題解決の提案をすると、その時点でコンサル契約が終了する場合があります。よって、コンサルは最終的な実行段階までは関与できない場合がほとんどです。

そのため、自らが主体者として戦略を実行し、事業に変革をもたらす仕事に携わりたいと考え、コンサルから事業会社への転職を志望する方が増えています。

他にもさまざまなメリットによって、コンサルから事業会社への転職を検討している方がいます。

【関連記事】コンサルタントを辞めたい方へ|辞めたい理由と経験を活かせる転職先

コンサルから事業会社へ転職するメリット5つ

コンサルから事業会社へ転職するメリット5つ

コンサルと事業会社の大きな違いは、携わるプロジェクトの違いです。コンサルはクライアントのためのプロジェクトであるため、短期間で成果を出さなければいけません。

事業会社は自社のためのプロジェクトであるため、長期間にわたって関わる機会が多くなります。このような違いによって、コンサルから事業会社へ転職するメリットがあります。

計画から実行まで直接関われる

コンサルから事業会社へ転職すると、計画から実行まで直接関われる点がメリットです。コンサルはあくまで、第三者としてクライアントに戦略や提案をおこないますが、実際の判断・決定はクライアントに委ねられます。

通常、契約期間が終了すると、実行の段階まで関与することは難しくなります。

一方、事業会社は自社が計画から実行まで直接関われるため、自らの力で成果を上げたいと考える方は事業会社への転職を選ぶと良いでしょう。

事業に中長期的な視点で取り組める

コンサルはプロジェクト単位で仕事を進めるため、終了すると次のクライアントの案件に参加します。コンサルでは、同じクライアントと最後まで関わり続けられることは滅多にありません。

一方、事業会社は自社の成長が目標なので、中長期的な戦略を立案し実行していきます。計画を持続可能にしていくには、組織体制の構築や資金管理が大切です。

これまでの自社の強みやこれまでの経験を踏まえ、中長期的な視点で事業に取り組めるのが事業会社の醍醐味です。

生活リズムを整えられる

事業会社は、コンサルに比べて生活リズムを整えやすいのがメリットです。コンサルは、クライアントの要望に合わせて仕事をするため、残業や休日出勤が必要な場合もあります。

生活においてプライベートの時間が取れなかったり、子育てや介護の時間が確保できなかったりすると、コンサルで長期的に働き続けるのは難しいでしょう。

しかし、事業会社は自社内の業務なので、ある程度自分でスケジュールをコントロールできるようになります。

高橋 宇内氏

事業会社ではワークライフバランスを整えられ、健康的な生活を送れるでしょう。

【関連記事】コンサルが激務なのは本当?やめとけと言われる理由や実態を解説

達成感を味わえる

コンサルから事業会社に転職すると、新たな業務やプロジェクトを任されるでしょう。難易度が高い実務を遂行することで、成長を感じ達成感を味わえます

新しい環境での挑戦と成功体験は、自己成長につながるため、仕事へのモチベーションを高められます。

一つの戦略を実行・遂行までおこなえるのも、事業会社で働く大きなメリットです。

経営に直接関われる

事業会社に転職すると、経営に直接関与できるポジションに就く場合があるでしょう。自分が経営に携わることにより、企業の方向性を大きく左右するため、やりがいも大きくなります。

具体的な仕事内容は、経営課題の特定・解決策の提案・戦略の実行まで幅広く活動します。たとえば、課題を特定するときに必要な、事業会社の内部や外部環境の分析などがあげられます。

高橋 宇内氏

経営に直接関わることで、今まで以上の成長に期待できるでしょう。

コンサルから事業会社へ転職するデメリット3つ

コンサルから事業会社へ転職するデメリット3つ

コンサルから事業会社への転職は、メリットもあればデメリットもあります。コンサルから事業会社への転職を検討しているなら、デメリットも考慮したうえで自分に合った選択をしましょう。

ポジションが落ちる可能性がある

コンサルから事業会社へ転職すると、ポジションが落ちる可能性があります。なぜなら、コンサルとして培ったスキルや知識が、新しい職場で直接活かせない場合があるからです。

コンサルと事業会社では、企業の組織体制や業務内容が異なるため、適応までに時間がかかってしまうでしょう。

また、コンサルでは高度な専門知識や分析力が求められる一方で、事業会社では現場の実務や運営に関わるスキルがより重視される傾向があります。

高橋 宇内氏

ポジションが下がってしまうと、給与面の待遇や仕事内容がスケールダウンしてしまうので注意が必要です。

社内調整に時間がかかる

コンサルはクライアントと直接連絡を取り、個人単位での活動が多いため、個人プレーが求められます。しかし、事業会社は部署ごとに明確な役割があり、組織全体での連携が重要です。

事業会社では部署ごとに隔たりがあり、意思決定や社内調整に時間がかかってしまいます

大規模で複雑な組織では、社内の手続きや上司の説得に時間がかかり、社内からOKサインが出ないと進められなかったりするため、コンサル時代に比べてもどかしさを感じるでしょう。

特定の分野に絞られる

事業会社への転職は、特定の分野に絞られるデメリットがあります。コンサルはさまざまなプロジェクトに関わるため、クライアントの業界も幅広く、多岐にわたるスキルや知識が得られます。

しかし、事業会社ではその企業が関与する具体的な分野や業務に特化しているので、コンサルで培った幅広い経験よりも特定の分野への深い専門知識が求められるでしょう。

たとえば、通信系の会社に勤務すると、メーカー会社の業界知識がわからなくなるように、他の業界に触れる機会がなくなってしまいます。

特定の分野に絞られると、他の分野でのキャリア拡大が難しくなる可能性があります。転職先でのキャリアの選択肢が限定されるため、窮屈に感じてしまうかもしれません。

1分で無料登録!
ハイクラスに特化した
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
公開求人数
16万件
非公開求人数
非公開
1か月で平均20件以上のスカウトが届く、年収800万円以上を目指したい方向けのハイクラス特化エージェント。簡単レジュメ登録をして待つだけでOK。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.6万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
公開求人数
4.8万件
非公開求人数
1.8万件
【とりあえず登録!安心の大手】特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda
4.0
公開求人数
21.4万件
非公開求人数
3.3万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント。
2024年3月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年3月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
口コミを読む
・スムーズに年収の上がる転職ができたので、無駄な時間がかからなくて使い勝手が良かったです。
・エージェント担当の方の機械的な対応に「仕事感がある」と感じた。
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
・7年勤めた会社から転職する際に利用しました。登録後の無料期間で多くのスカウトをもらえました。
・まだ転職前ですが、市場における自分の価値を認識できたので有意義だと感じています。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda
4.0
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
2024年3月時点

コンサルから事業会社で活用できる4つの経験・スキル

コンサルから事業会社へ転職する際、事業会社側も豊富な経験やスキルを持っているコンサルを採用したいと考えるでしょう。

コンサルで身につけた経験やスキルが事業会社で活かせれば、転職後すぐに活躍できるかもしれません。

コンサルから事業会社の転職で活用できる経験・スキル

ロジカルシンキング

ロジカルシンキングとは、物事の因果関係を筋道立てて考える力です。事業会社でも重要なスキルとして活用できます。

コンサルは複雑な企業の課題に取り組むため、状況を論理的に分析し解決策を導き出すスキルが身につきます。事業会社でも、経営課題や業績向上に対する問題を整理し、明確な解決策を提案できるでしょう。

また、コンサルは戦略策定から実行まで、クライアントにわかりやすく説明する必要があります。このスキルは事業会社でのチーム内の円滑なコミュニケーションや、上層部へのプレゼンで活用できるでしょう。

クリティカルシンキング

クリティカルシンキングとは、物事を客観的にとらえ問題に対して深掘りをして、効果的な解決策を見つける力です。事実にもとづいた情報を判断し、論理的な根拠にもとに問題や課題へのアプローチが求められます。

たとえば、自社のビジネス課題や市場動向を的確に評価し、最善の解決策を提案するときにクリティカルシンキングが役立ちます。

自社を俯瞰してみられるコンサル出身の観点を活かし、中長期的な視点でプロジェクトを進められると、事業会社で重宝されるでしょう。

課題解決能力

コンサルは多くの企業の経営課題と向き合ってきた過去の経験から得たスキルを活かし、自社が抱える潜在的な問題にも気づけるでしょう。

そして原因を徹底的に特定・分析し、効果的な戦略を策定し実行に移します。課題解決能力は、コンサル時代に養われる重要な能力です。

コンサルから事業会社へ転職するときは、課題解決能力をアピールしましょう。

物事を俯瞰的にみる力

コンサルの仕事では、全体を見渡す視野の広さが欠かせません。俯瞰してクライアントの問題点を観察し、一つひとつの解決策を深掘りして、どの策がもっとも適切かを提案します。

また、クライアントだけでなく、業界の特性や課題を客観的な視点で把握する必要もあるでしょう。

こうしたプロセスで身につけた俯瞰力は、事業会社に転職したあとも、自身の強みとして活かせるはずです。

コンサルから事業会社へ転職を成功させるポイント8つ

コンサルから事業会社へ転職を成功させるポイント7つ

コンサルから事業会社へ転職を成功させるには、十分な対策が必要です。対策をしないまま転職活動を進めてしまうと、転職に失敗する可能性が高くなります。

アピールできる強みを棚卸しする

コンサルから事業会社への転職を成功させるために、アピールできる強みの棚卸しが重要です。

なぜなら、自分の強みやスキルを客観的に把握すると、自己分析がどのような価値を企業に提供できるかを明確に理解できるからです。

具体的には、職務経歴書を作成しこれまでの実績・経験・スキルを整理してみましょう。

高橋 宇内氏

同僚や家族などからのフィードバックをもらい、第三者の視点からも強みを確認するのが効果的です。

資格を取得する

コンサルから事業会社に転職するなら、資格の取得をしておくと良いでしょう。資格は、特定の知識やスキルを持っているという客観的な評価になります。

志望する業界に関連する資格を取得し自己アピールすると、企業からの信頼性が高まります。

またコンサルの経験を活かして、経営企画に関する部署に転職するなら、以下の資格の取得がおすすめです。強みになる資格を取得し、転職活動を有利に進めましょう。

コンサルから事業会社への転職で有利になる資格
MBA(Master of Business Administration)

経営学部修士・経営管理修士と呼ばれるもので、経営学や経営管理の専門家の称号です。
主に経営戦略・マーケティング・財務分析・データ分析など経営に関する知識を学びます。

中小企業診断士

中小企業の経営課題に対する診断や提案をおこなえる国家資格です。経営課題を発見し、多角的な視点で課題対応に臨めるため、実際の業務に直結します。

TOEIC・TOEFL

海外の企業と提携をしたり、英文の契約書を読んだりなど業務で英語が必要になる場面が多くあります。高い英語力を持っていると、ポテンシャルが評価されて採用される可能性が高まるでしょう。

高橋 宇内氏

業務で使えるレベルの英語力は、TOEICで800点以上、TOEFL iBTで70〜90点程度の英語力が目安です。

志望職種・企業の研究をする

コンサルから事業会社に転職するなら、事前に志望職種・企業の研究をしておくべきです。職種・企業研究をすると、自分の適性のある仕事を見つけられるでしょう。

また、研究を通じて理解を深めた職種や企業に、書類や面接選考で的確なアピールができるようになります。

志望職種・企業の研究の進め方
  • 企業のホームページをチェックする
  • 社内報や口コミサイトで従業員の声を聞く
  • 業界のニュースやトレンドを把握する
  • インタビューや社外向けイベントを通じて現場の雰囲気に触れる

求める人物像を調査する

コンサルから事業会社への転職を成功させるには、求める人物像を調査しましょう。求める人物像を調査すると、企業が採用したい人材を理解できます。

企業が求める人物像を知るには、企業の公式サイトに記載がある価値観や、過去の採用情報から確認します。企業がどのような人材を重宝し、どのような点を重視するかを把握できるでしょう。

企業が求める人物像の情報を収集すると、採用したい人材の要素に近づける可能性が高まるため、高評価を得やすくなります。

論理的かつ定量的な志望理由を作る

履歴書や職務経歴書の志望理由は、論理的かつ定量的な志望理由の作成が大切です。過去の実績や成果を数値で示すと、企業に対して自分がどれだけ貢献できるかがわかりやすくなります。

論理的かつ定量的な志望理由の例は、以下のとおりです。

論理的かつ定量的な志望理由の例

私が貴社を志望する理由は、過去のコンサル経験から得た洞察やスキルを活かし、経営課題に直接関わりたいからです。

私はコンサルとしての経験を通じて、企業の問題解決において具体的な戦略を策定し実施してきました。例えば、前職で提案した戦略が実行され、企業収益が前年比で20%向上しました。
貴社に就職した後は、コンサルのプロジェクトにおいて得た業界洞察や競合分析のスキルを活かし、事業課題に対して的確なアプローチを提供できると考えています。  

また、コンサルタントとしての柔軟性や適応力を活かし、新しい環境での挑戦に積極的に取り組みたいと考えています。

私は常に新しい知識やスキルの習得に努め、変化に適応することでクライアントに価値を提供してきました。

貴社でも私の経験を最大限に発揮し、成長に貢献したいと考えております。

企業を志望する理由や自分が企業に提供できる価値を、筋道を立ててわかりやすく説明しましょう。

また、具体的な数字やデータを用いて説明すると実績がイメージしやすくなります。

高橋 宇内氏

志望理由を具体的かつ定量的に作ると、企業に対してわかりやすく説得力のあるアピールができるでしょう。

選考対策を徹底する

転職活動の書類・面接はどの企業でも重視されるため、選考対策を徹底しましょう。書類・面接選考の対策を怠ってしまうと不採用になる可能性が高まります。

書類対策は、過去のプロジェクトの実績や成果を具体的に記載し、数値・事例を交えて書きましょう。コンサルの強みである、戦略的思考や問題解決能力を強調すると、企業が求める人物像とリンクできます。

面接対策は、応募企業のビジョンや事業に関する情報を調査し、面接官に対しての質問を用意しておきましょう。また、実践的な模擬面接をおこない、よくある質問を想定しておくと、自信を持って臨めます。

スカウト型の転職サイトを利用する

コンサル経験者には、スカウト型転職サイトの利用もおすすめです。

スカウト型の転職サイトとは、登録するだけで企業の採用担当者や転職エージェントからオファーが届くサービスを指します。コンサル経験者は転職市場での評価が高く、希望にかなうオファーを受け取れる可能性が高いでしょう。

スカウト型転職サイトを利用するメリットは、自分では思いも寄らないような求人と出会うきっかけの場となることです。

プロフィールの内容によってオファーするかどうかが判断されるため、マイページのプロフィール欄を充実させると、より理想に近い内容のオファーが届きやすくなるはずです。

転職エージェントを利用する

より転職成功率を高めたいなら、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントは、専任のアドバイザーが転職活動に関する手厚いサポートを無料で受けられます。

転職エージェントのサポート内容
  • 希望条件や過去の経歴のヒアリング
  • 情報提供
  • 求人の提案
  • 履歴書・職務経歴書の作成・添削
  • 面接対策
  • 給与・入社日の条件交渉
  • 入社手続き・退職手続き

転職エージェントを併用すると、異なる求人情報や多角的なアドバイスを受けられるため、より効率よく転職活動を進められます

ただし、同じ求人に複数のエージェントから応募しないよう注意が必要です。

1分で無料登録!
ハイクラスに特化した
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
公開求人数
16万件
非公開求人数
非公開
1か月で平均20件以上のスカウトが届く、年収800万円以上を目指したい方向けのハイクラス特化エージェント。簡単レジュメ登録をして待つだけでOK。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.6万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
公開求人数
4.8万件
非公開求人数
1.8万件
【とりあえず登録!安心の大手】特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda
4.0
公開求人数
21.4万件
非公開求人数
3.3万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント。
2024年3月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年3月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
口コミを読む
・スムーズに年収の上がる転職ができたので、無駄な時間がかからなくて使い勝手が良かったです。
・エージェント担当の方の機械的な対応に「仕事感がある」と感じた。
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
・7年勤めた会社から転職する際に利用しました。登録後の無料期間で多くのスカウトをもらえました。
・まだ転職前ですが、市場における自分の価値を認識できたので有意義だと感じています。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda
4.0
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
2024年3月時点

コンサルから事業会社へ転職するときの注意点

コンサルから事業会社へ転職するとき、スキル・経験不足を感じるときがあるでしょう。

コンサルは、幅広いプロジェクトの問題を解決する専門家ですが、事業会社では特定の業務・プロセスに特化した専門知識が求められるため、コンサルで得た「広く浅く」の知識では物足りないと感じてしまいます。

また、コンサルでの経験を積んでも、事業会社では特有の業務や文化があるため、対応する実務経験が不足している場合があります。

高橋 宇内氏

新しい環境に適応にするには、早めに業界や企業の理解を深め、自身のスキル・経験をアップデートさせましょう。

異動や転勤する可能性がある

事業会社に正社員として入社すると、部署異動や転勤の可能性があります。コンサルは基本的に、異動や転勤はなく、同じ会社の中で専門性を追求しキャリアを発展させられます。

しかし、幅広い事業を展開する事業会社では、長期的に正社員として勤めると、異動や転勤は避けられないでしょう。自分の希望しない部署や遠方への転勤もありうる事例です。

同じ業界・職種で専門性を追求し、一貫したキャリアを構築したいと考えている方にとっては、事業会社への転職はリスクになるかもしれません。

年収が下がる可能性がある

コンサルから事業会社に転職する場合、年収が下がる可能性があることには理解が必要です。この理由は、一般的に事業会社の年収はコンサルファームよりも低く設定されているためです。

実際、dodaの平均年収ランキングを参照すると、コンサルタント関連職の年収順位・年収は以下のようになっています。

順位職種平均年収
8位戦略/経営コンサルタント717万円
10位業務改革コンサルタント(BPR)696万円
18位会計コンサルタント/財務アドバイザリー607万円
20位ITコンサルタント602万円
22位セキュリティコンサルタント/アナリスト597万円
23位組織/人事コンサルタント593万円
【参考記事】日本のビジネスパーソンの平均年収は?平均年収ランキング(平均年収/生涯賃金)【最新版】(2023年12月)|doda

多くのコンサル系職種が20位以内にランクインしており、コンサル業界の年収水準の高さが伺えます。

事業会社への転職で年収を上げたり、コンサル時代に得ていた年収を維持したりするのは難しいかもしれません。

コンサルから事業会社に転職したい方におすすめの転職エージェント

ここでは、コンサルから事業会社に転職したい方におすすめの転職エージェントを3社紹介します。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 年収800万円~2,000万円の多数掲載
  • 転職決定年収 平均925万円以上 ※1
  • 転職スカウトサービス 顧客満足度2年連続No.1 ※2

※1 2022年度実績:2022年4月~2023年の間にレジュメ登録があった年収750万円以上のサービス登録者

※2 2023年オリコン満足度調査 転職

リクルートダイレクトスカウトは、スカウト機能が特徴のハイクラス向け転職エージェントです。

 

登録情報をもとにヘッドハンターが最適な求人を探してくれるため、忙しい方でも手間なく希望に合った求人を見つけられます。

一般には公開されていない非公開の求人も紹介してもらえるので、自身のキャリアの可能性を広げられるでしょう。

 

また、企業から直接オファーが届くダイレクトスカウトにも対応しており、待つだけで効率よく転職活動を進められる点も魅力です。

高年収の求人が多いこともリクルートダイレクトスカウトの特徴で、年収800万~2,000万円の求人も多数保有されています。

 

ハイキャリアでの転職を考える方や、転職をきっかけに年収を上げたい方におすすめの転職エージェントです。

 

サービス名 リクルートダイレクトスカウト
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数

170,269件

年収600万円以上の求人数

非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
2024年5月15日時点

 

【関連記事】リクルートダイレクトスカウトの評判|リアルな口コミや特徴・利用の注意点も徹底解説

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 117,375件
非公開求人数 非公開
対応地域
全国、海外
公式サイト
2024年5月15日時点

【関連記事】ビズリーチの評判から使い方まで|利用する際のメリット・デメリットも徹底解説

ランスタッド

ランスタッド

  • 特徴①年収800万円以上のハイクラス求人が豊富
  • 特徴②グローバルや外資系企業に強い
  • 特徴③各業界に精通したコンサルタントが在籍

ランスタッドは世界39カ国でサービスを展開しているハイクラス求人向けの転職エージェントです。

 

国内企業はもちろん、グローバルや外資系企業の求人を多数取り揃えています。

 

また、コンサルタントは各業界に精通しており、専門性の高いアドバイスを受けることができます。

 

ランスタッドの約8割が非公開求人であるため、自分にあった求人があるか探すためにもまずはランスタッドに会員登録しておきましょう。

 

サービス名 ランスタッド
運営会社 ランスタッド株式会社
公開求人数 5,840件(ハイクラス求人)
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年5月15日時点

【関連記事】ランスタッドの評判は本当?口コミの比較と派遣や単発バイトの注意点

コンサルから事業会社への転職でよくある質問

コンサルから事業会社への転職でよくある質問

コンサルから事業会社への転職でよくある質問をまとめました。

コンサルと事業会社の違いは?

コンサルは、クライアントベースでプロジェクトを進めていき、経営課題解決のための提案をして戦略を実行する仕事です。コンサルのプロジェクトは事業会社に比べると短期間で終わる傾向があります。

事業会社は自社の経営課題解決のためのプロジェクトを進める仕事です。事業会社は、自社の成長のために長期的な視点で戦略を考える必要があるでしょう。

また、コンサルは幅広い業界の知識や経験が身につくのに対し、事業会社は特定の業種の深い専門知識が身につきます。

事業会社の平均年収は?

事業会社の平均年収は、業界や企業の規模、従業員のポジションなどによって異なります。たとえば、一般的なビジネス職の平均年収は、400万円から800万円程度が一般的です。

コンサル業界の給与水準は平均より高いので、事業会社に転職すると年収が下がってしまう可能性もあるでしょう。

ただし、特定の専門職や管理職、高度な技術を必要とする分野では、それ以上の年収を得られます。業界や職種によっても差があるので、具体的な企業や職種に関する情報を確認することが重要です。

転職に失敗しないか心配です

転職市場には「絶対失敗しない方法」は存在しませんが、失敗を避けるために策を講じることは可能です。

コンサルから事業会社への失敗を避けるには、以下のポイントに注意して転職活動に取り組んでください。

コンサルから事業会社への失敗を避けるポイント
  • 自己分析で市場価値・適性を確かめる
  • 企業ファーストの考えを意識する
  • 希望条件を幅広くする
  • 事前の選考対策を入念にする

【関連記事】コンサル転職のよくある失敗例|後悔しないためのコツを解説

事業会社への転職に年齢制限はある?

事業会社への転職に年齢制限はありませんが、30代半ばを超えると求人数が減る可能性はあります。事業会社への転職は先延ばしにせず、早く行動に移すのが賢明です。

また、30代後半以降の方も、マネジメント職や経営幹部候補の求人は見つけられるかもしれません。転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談し、自分に合う求人の紹介を受けてみてください。

コンサルから事業会社への転職で年収は下がる?

コンサルから事業会社への転職では、年収が下がる可能性があります。年収をどうしても下げずに転職したい方は、転職エージェントに相談すると、進むべき道を示してもらえるでしょう。

コンサルから事業会社への転職にはエージェントの力が必要

コンサルから事業会社への転職では、それぞれの仕事の特徴やメリット・デメリットへの理解が大切です。

コンサルはクライアントの要望に応えて、短期間のプロジェクトを一つひとつこなすのに対し、事業会社は自社の経営課題を計画から実行まで、長期的な視点でプロジェクトを遂行します。

コンサルから事業会社への転職を検討しているなら、転職エージェントを活用しましょう。転職エージェントは、あなたの情報をもとに、適切なアドバイス・サポートを行います。

コンサルから事業会社へ転職するための書類作り・面接対策を実施するため、成功させる可能性を高められるでしょう。

何をすべきか悩んでいる方は、無料で利用できる転職エージェントにまずは相談してみましょう。

【関連記事】コンサルのキャリアプランとは?転職時にチェックするべきポイントを解説

1分で無料登録!
ハイクラスに特化した
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
公開求人数
16万件
非公開求人数
非公開
1か月で平均20件以上のスカウトが届く、年収800万円以上を目指したい方向けのハイクラス特化エージェント。簡単レジュメ登録をして待つだけでOK。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.6万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
公開求人数
4.8万件
非公開求人数
1.8万件
【とりあえず登録!安心の大手】特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda
4.0
公開求人数
21.4万件
非公開求人数
3.3万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント。
2024年3月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年3月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
口コミを読む
・スムーズに年収の上がる転職ができたので、無駄な時間がかからなくて使い勝手が良かったです。
・エージェント担当の方の機械的な対応に「仕事感がある」と感じた。
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
・7年勤めた会社から転職する際に利用しました。登録後の無料期間で多くのスカウトをもらえました。
・まだ転職前ですが、市場における自分の価値を認識できたので有意義だと感じています。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda
4.0
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
2024年3月時点
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。