コンサルが激務なのは本当?やめとけと言われる理由や実態を解説

高橋宇内
編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

コンサルは激務なの?

コンサルはやめとけって言われる理由は?

といった疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。コンサル業界に転職を考えている一方で「激務だからやめとけ」と耳にするときがあると思います。

しかし、コンサル業界で働いた経験がないと、その実態はわからないでしょう。

そこで本記事では、コンサル業界が激務なのか・なぜやめとけと言われるのか・転職するために必要な対策などについて詳しく解説します。

コンサルへの転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
コンサルタントにおすすめの転職エージェントランキング比較|戦略コンサル・ITコンサル・未経験向けに解説 コンサルティング会社に転職したいけれど、自身のスキルや経験で転職するのは難しいよなぁ このようなイメージから転職活動に踏み切れない方は少なくありません。 確か...

 

この記事の執筆者
高橋宇内
高橋 宇内 氏人事&キャリアドバイザー経験者
採用コンサルタントとして企業の人事を複数担当。転職後キャリアドバイザーとして、新卒・中途の求職者の支援。
目次

コンサルが激務になるのは繁忙期【現役社員にインタビュー】

高橋 宇内氏

まずは、コンサル業界で働く現役社員にインタビューをした、実際の仕事内容や1日のスケジュールについて紹介します。

コンサル業界で働くイメージをもてると思うので、ぜひ参考にしてください。

コンサルの仕事内容

現在はどのようなお仕事をされていますか?

Y.Tさん26歳男

現在は、戦略コンサルタントとして働いています。

 具体的には、どのような仕事内容をおこないますか?

Y.Tさん26歳男

基本的には、クライアント様が抱える課題を3~5人ほどのチームで解決する仕事です。

コンサルは激務と言われますが、実際はどうでしょうか?

Y.Tさん26歳男

私はそんなに激務だと感じた経験はありません。普段の仕事では定時で帰れる日がほとんど、残業をしても30分ほどです。ただ、繁忙期になると2時間ほど残業をするときがあります。

コンサルで働く前に理解しておくべきことはありますか?

Y.Tさん26歳男

常にインプット・アウトプットが必要であることです。コンサルはクライアント様の課題を解決することが使命です。そのためには、クライアント様の業界・職種について深く理解することが欠かせません。
時には、激務だと思うかもしれませんが、結果的に自分自身の成長へつながり、充実した毎日が過ごせています。

コンサルの1日のスケジュール

コンサルで働く具体的な1日のスケジュールは、以下のとおりです。

時間業務内容
8:00〜9:00出勤
9:00〜9:30朝会
チーム内で本日のタスクの擦り合わせる
9:30〜12:30本日のタスクを実施する
(リサーチ、分析、資料作成等)
12:30〜13:30ランチ
13:30〜14:00クライアント会議の資料を最終確認する
14:00〜15:00クライアントとプロジェクトの論点に関して討議する
15:00〜15:30チーム内でクライアント会議の決定事項、ToDoを振り返る
15:30〜17:00クライアント会議の議事録を作成する
17:00〜本日のタスクや明日の会議の準備を実施する

コンサルティング業界が「激務」「やめとけ」と言われる理由5つ

コンサルティング業界が「激務」「やめとけ」と言われる理由は、以下のとおりです。

  • 常に新しい知識を学ぶ必要があるから
  • 結果を出すことが求められるから
  • 事前準備に時間を要するから
  • クライアントに行動が左右されるから
  • 休日出勤する可能性があるから

それぞれの理由について、詳しく解説します。

常に新しい知識を学ぶ必要があるから

コンサルティング業界が激務・やめとけと言われる理由の一つは、常に新しい知識を学ぶ必要があるからです。

コンサルティング業界は、特定の業種に絞られているケースもありますが、企業の情報について深く理解する必要があります。

仮に知らない業界・職種だった場合は、専門性を身につけるために新しい知識を学ぶことが大切です。コンサルティング業界は、顧客の課題を解決する仕事であるため、常に新しい情報を提供する必要があります。

時には、休日に勉強するときがあり、休める日が減ってしまうでしょう。

結果を出すことが求められるから

コンサルティング業界に限らず、どの仕事でも結果を求められるはずです。社内でも結果を出した従業員は、高く評価され紹介するケースが多くなります。

コンサルティング業界も同様に、常に結果を求められるため、プレッシャーに感じるときがあるでしょう。

しかし、クライアントからお金をもらっている以上、その価値を提供する必要があるのは必然ともいえます。

事前準備に時間を要するから

事前準備に時間を要するのも、コンサルティング業界が激務・やめとけと言われる理由です。コンサルティング業界は、クライアントにヒアリングを行ったうえで、最適なプランを提案します。

その際、提案を行うための資料作りをおこないます。提案資料では、ミスや漏れがないものを作り上げる必要があるため、上司から厳重なチェックを受けます。

提案資料に問題があった場合は、当日中にやり直すときがあり、夜遅くまで残業するかもしれません。

コンサルティング業界に慣れないうちは、修正などによって時間がかかり、ワークライフバランスが保てないときがあります。もしコンサルティング業界に転職した場合、初めの期間は激務に感じる可能性があるでしょう。

クライアントに行動が左右されるから

コンサルティング業界が激務・やめとけと言われ続けている理由は、クライアントに行動が左右されるからです。基本的には、クライアントの要望に応じて活動するケースが多くなります。

クライアントによっては、土日に稼働していたり、夜遅くに急なトラブルで連絡があったりします。その際、予定が詰まっていたとしても、業務を遂行する必要があるため、残業になり激務だと感じるかもしれません。

コンサルティング業界は、クライアントワークになる場合がほとんどです。時には、クライアントの行動次第で疲弊する可能性があるため、コンサルティング業界は激務・やめとけといわれるでしょう。

休日出勤する可能性があるから

コンサルティング業界は、休日出勤する可能性があります。すべてのクライアントが、自社の休日と同じ期間に働いているとは限りません。

コンサルティング業界では通常、土日休みになるケースが多い傾向にあります。しかし、土日に活動しているクライアントがいる場合、休みの日に急遽対応が必要な要望をもらうときがあるでしょう。

返信が遅くなってしまうと、信頼関係が悪くなる場合があるので、早急な対応が必要です。休日出勤する日がある場合、休めないことから激務だと思うときがあります。

高橋 宇内氏

ただし、休日出勤をした人は、別日に休みをもらえるケースがほとんどです。転職前は会社の規定を確認しましょう。

コンサル業界の激務が変化している状況

コンサル業界は激務だと言われるときもありますが、働き方が変化している企業が多くあります。

コンサル業界の激務と言われる状況が、どのように変化しているのか詳しく見ていきましょう。

長時間労働を改善する企業が増えている

コンサル業界全体を通じて、長時間労働を改善する企業が増えています。

高橋 宇内氏

私が所属していた採用コンサルの企業は、火・木ノー残業dayがありました。

企業によっては、定時になったら帰宅を命じる場合があります。コンサル業界全体で改善されている傾向がみられるため、残業が多く激務だと思う企業は減っているでしょう。

フレックスタイム制を導入している

フレックスタイム制とは、企業が設けた時間内に出勤し、退勤する制度です。場合によっては昼の12時に出社し、19時に帰宅することができる制度です。

コンサル業界では自由に働ける環境を増やし、生産性を向上させる取り組みをおこなっている企業が増えています。朝の満員電車が窮屈で「仕事に行きたくない」と思う方は多いはずです。

コンサル業界はフレックスタイム制やリモートワークを導入することで、働き方改革を実施しています。コンサル業界の激務が変化していることから、働きやすいと感じるケースが増えているでしょう。

残業時間を管理している

コンサル業界の中には、残業管理をしている企業も増えています。残業が増えてしまう場合、次の日の業務に支障が出る点を懸念していることから、従業員の就業時間が管理しています。

残業が多い従業員には、帰宅を推奨するなどの行動も増えているようです。従業員の残業時間を管理することで、効率的に働けているかの状況確認もできます。

高橋 宇内氏

コンサル業界は激務だと言われる状況は、残業時間の管理などから改善されている傾向にあります。

コンサルティング業界の魅力5つ

コンサルティング業界の魅力は、以下のとおりです。

  • 平均年収が高い
  • 市場価値が高まるスキル・経験が積める
  • 周囲から良い刺激を受ける
  • 経営に関われる
  • 大きな達成感を味わえる

コンサルティング業界が激務と聞いても、憧れを持つ方も多いでしょう。

ここでは、コンサルティング業界の魅力について詳しく解説します。

平均年収が高い

コンサルティング業界の魅力の一つは、平均年収が高いことです。マイナビ転職が調査した「職種別モデル年収平均ランキング」では、

コンサルティング業界に該当する職種では、以下のような結果が公表されました。

職種名平均年収
経営コンサルタント1,358万円
システムコンサルタント987万円
セキュリティコンサルタント731万円
営業・マーケティングコンサルタント723万円
金融コンサルタント720万円

コンサルティング業界は、職種全体を通しても平均年収が高い傾向にあります。

国税庁が公表した「令和3年分民間給与実態統計調査」では、日本の平均年収が443万円であるため、高収入であることが明らかでしょう。

高橋 宇内氏

コンサルティング業界に転職ができれば、今以上に収入を得られる可能性が高いです。

市場価値が高まるスキル・経験が積める

市場価値が高まるスキル・経験が積めるのも、コンサルティング業界の魅力です。各仕事において、さまざまなスキルを身につけられます。

しかし、事業や経営課題を解決できる人材は多くはいません。コンサルティング業界は、課題に対して「〇〇をしてください」と提案する立場です。

また、無形商材は目に見える判断材料がないので、根拠となる説明をもとに納得させる必要があります。

コンサルティング業界でおこなわれる仕事は、レベルが高い業務内容が多くなりますが、市場価値が高まるスキル・経験を積むことができます。

コンサルティング業界で得たスキルや経験は、どの企業も求めるので、今後の転職活動にも活かせるでしょう。

周囲から良い刺激を受ける

コンサルティング業界で働く従業員は、高学歴やビジネスで結果を残している人など、優秀な人材が多い傾向にあります。

さまざまな知識・技術を持つ人材が多い中で仕事ができれば「負けてられない」と活動するため、自然とスキル向上につながるはずです。周囲からの良い刺激は、自分自身の成長に関わります。

高橋 宇内氏

スキル・経験が向上できることは、コンサルティング業界で働く魅力の一つでしょう。

経営に関われる

コンサルティング業界は、企業の経営課題に関わるケースが多いため、貴重な経験を積めます。あなたの技量次第でクライアントの企業自体が成長する変化も間近で体験できます。

経営に関わる仕事は社長や幹部などが担当するため、関われる人はごく一部です。

コンサルティング業界に所属していると、経営課題を解決する仕事が一般的になるので、常に貴重な経験に関われます。

高橋 宇内氏

「将来起業したい」と思っている方は、コンサルティング業界で経験を積むのが良いでしょう。

大きな達成感を味わえる

コンサルティング業界は経営に関われますが、簡単に解決できる課題はありません。企業が外部に依頼するということは、自社だけでは解決できない問題です。

コンサルティング業界の仕事は、企業の社長が解決できない課題を成功へと導くことです。時には、困難な場面に出くわし、挫折するかもしれません。

しかし、徐々に実力を身につけ、企業の経営課題を解決できれば、大きな達成感を味わえるでしょう。

高橋 宇内氏

コンサルティング業界にしかない喜びを感じられるはずです。

コンサルへの転職を成功させるポイント5つ

コンサルへの転職を成功させるポイントは、以下のとおりです。

  • 論理的かつ定量的な説明を身につける
  • 必要な資格を取得する
  • いままでの経験・強みを棚卸する
  • 求める人物像を調査する
  • 転職エージェントを活用する

コンサルへの転職は容易ではありません。成功するために必要な準備を行わないと、失敗する可能性が高まります。

ここでは、コンサルへの転職を少しでも成功させるポイントを詳しく解説します。コンサル業界を目指している場合は、ぜひ参考にしてください。

論理的かつ定量的な説明を身につける

コンサルへの転職を成功させるポイントの一つは、論理的かつ定量的な説明を身につけることです。

コンサルでは、クライアントに対して的確なアドバイスを提供するために、データ分析や論理的思考が不可欠です。論理的思考を身につけるには、問題解決のスキルを強化する必要があります。

実際の業務では、クライアントが抱える課題や問題点を正確に把握し、論理的なアプローチで解決策を提案することが重要です。

定量的な説明力を向上させるには、データ分析スキルを向上させることが欠かせません。コンサルには数値や統計データを駆使して、クライアントの課題や提案の本質を明示することが求められます。

高橋 宇内氏

コンサルへの転職を成功させるには、クライアントの懸念点をなくしながら解決するための、論理的かつ定量的な説明が重要になるでしょう。

必要な資格を取得する

必要な資格を取得することも、コンサルへの転職を成功させるポイントです。資格は特定のスキル・知識を体得している証明になります。

第三者からすると資格があるか否かでは、安心感が異なるはずです。企業側としても、クライアントにチームメンバーを紹介する際、資格を保有している従業員がいた方が安心するでしょう。

資格は働くうえで従業な武器となるため、コンサルへの転職をする前に取得するのも手段の一つです。

コンサルに活かせる資格は、以下があげられます。

  • 中小企業診断士
  • キャリアコンサルタント
  • FP(ファイナンシャルプランナー)2級以上
  • 公認会計士
  • MBA(Master of Business Administration)

いままでの経験・強みを棚卸する

いままでの経験・強みを棚卸する理由は、企業にアピールするための材料を厳選するためです。中途採用では、スキルや経験・実績が求められます。

特にコンサルは、クライアントの課題解決できる即戦力を採用したいと考えています。コンサル会社が魅力に思うアピールができなければ、不採用になる可能性は高いでしょう。コンサルへの転職を成功させるなら、いままでの経験・強みを棚卸することは不可欠です。

いままでの経験を深掘りするときは、一つのスキルではなく、複数の強みを掛け合わせるのがポイントです。

たとえば、単に「課題解決能力があります」と伝えるのではなく、以下のように掛け算を行います。

  • 課題解決能力×論理的思考力
  • 課題解決能力×コミュニケーション能力
  • 課題解決能力×業務遂行力

自分が持っているスキル・強みをかけ合わせれば、あなたにしかないアピールポイントになるはずです。

高橋 宇内氏

コンサルへの転職を成功させるには、いままでの経験・強みを深掘り、他の求職者にはない良さを伝える必要があるでしょう。

求める人物像を調査する

コンサルへの転職を成功させるには、企業が求める人物像の調査は欠かせません。各コンサル会社は独自の企業文化や価値観を持っており、自社にマッチする人材を求めています。

企業が求める人物像には優れた分析力、問題解決能力、コミュニケーションスキル、柔軟性などがあげられるでしょう。ただし、各企業が特に重視している要素も存在します。

たとえば、特定の業界やテーマに関する専門知識・経験、国際的な視点・プロジェクトマネジメント能力などが求められる場合もあります。

企業が求める人物像を調査するときは、企業の公式ホームページや求人情報、SNSなどから確認できるはずです。コンサル会社が提供しているサービスに関連性する経験があれば、アピール材料として活用できます。

企業が求める人物像にマッチする人材がいれば、採用される可能性は高まるでしょう。

高橋 宇内氏

コンサルへの転職を成功させるなら、事前の準備を入念におこなってください。

転職エージェントを活用する

コンサルへの転職を成功させるポイントとして最も有効なのが、転職エージェントの活用です。

転職エージェントは書類・面接選考で高評価を得られるポイントを網羅しています。その情報をもとに、あなたにしかない強みを見つけ、志望先と一貫性がある書類・面接対策の実施が可能です。

また、転職エージェント経由でしか志望できない非公開求人も存在します。転職エージェントは、転職活動に必要な準備を網羅的にサポートします。

ただし、転職エージェントを選ぶときは、コンサルへの転職を成功させた支援実績がある企業を選びましょう。支援実績がある転職エージェントであれば、どのような対策が必要なのか知っています。

求職者側としても、時間を効率的かつ効果的に使用できるはずです。コンサルへの転職は難易度が高いため、適切なサポートが欠かせません。

コンサルへの転職におすすめな転職エージェント5選

高橋 宇内氏

コンサルへの転職でおすすめな転職エージェントを紹介します。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 年収800万円~2,000万円の多数掲載
  • 転職決定年収 平均925万円以上 ※1
  • 転職スカウトサービス 顧客満足度2年連続No.1 ※2

※1 2022年度実績:2022年4月~2023年の間にレジュメ登録があった年収750万円以上のサービス登録者

※2 2023年オリコン満足度調査 転職

リクルートダイレクトスカウトは、スカウト機能が特徴のハイクラス向け転職エージェントです。

 

登録情報をもとにヘッドハンターが最適な求人を探してくれるため、忙しい方でも手間なく希望に合った求人を見つけられます。

一般には公開されていない非公開の求人も紹介してもらえるので、自身のキャリアの可能性を広げられるでしょう。

 

また、企業から直接オファーが届くダイレクトスカウトにも対応しており、待つだけで効率よく転職活動を進められる点も魅力です。

高年収の求人が多いこともリクルートダイレクトスカウトの特徴で、年収800万~2,000万円の求人も多数保有されています。

 

ハイキャリアでの転職を考える方や、転職をきっかけに年収を上げたい方におすすめの転職エージェントです。

 

サービス名 リクルートダイレクトスカウト
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数

161,104件(※)

年収600万円以上の求人数

非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • キャリアアップ・年収アップを目指せる
  • 時間をかけずに転職活動ができる
  • マッチ度の高い求人を教えてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 106,511件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 高待遇の求人を多数保有
  • 質の高いスカウトが届く
  • 自分の市場価値を測れる
対応地域
全国、海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

ランスタッド

ランスタッド

  • 特徴①年収800万円以上のハイクラス求人が豊富
  • 特徴②グローバルや外資系企業に強い
  • 特徴③各業界に精通したコンサルタントが在籍

ランスタッドは世界39カ国でサービスを展開しているハイクラス求人向けの転職エージェントです。

 

国内企業はもちろん、グローバルや外資系企業の求人を多数取り揃えています。

 

また、コンサルタントは各業界に精通しており、専門性の高いアドバイスを受けることができます。

 

ランスタッドの約8割が非公開求人であるため、自分にあった求人があるか探すためにもまずはランスタッドに会員登録しておきましょう。

 

サービス名 ランスタッド
運営会社 ランスタッド株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 専門的なアドバイスが受けられる
  • グローバル企業へ転職したい方に!
  • 年収3,000万円以上を目指せる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト

 

doda X

dodaX

doda Xの特徴
  • ハイクラス転職に特化
  • 年収800万円以上の高収入求人あり
  • ヘッドハンターからスカウトが届く

 

doda Xは、管理職やハイキャリアの方などに特化した転職サービスです。

 

全ての求人がマネージャークラスやCFO、事業戦略担当などのハイクラス求人で、現在管理職に就いている方のほか、転職をきっかけにキャリアアップしたい方にもおすすめできます。

 

年収800万円以上や年収1,000万円以上の非公開求人を多数保有しており、年収アップを目指す方も条件に合う求人を見つけられるでしょう。

 

登録すると、ヘッドハンターから直接スカウトが届くシステムで、忙しい方でも手間をかけることなく好条件の求人に出会える可能性があります。

 

気になる求人を見つけたらdoda Xを介して応募できるサービスもあり、自身の意向に合わせて転職活動を進められるのが特徴です。

 

サービス名 doda X
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 45,836件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • キャリアアップ・年収アップが期待できる
  • 管理職やハイキャリアポジションの求人を保有
  • 手間なく転職活動が進められる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

doda

doda

dodaの特徴
  • 圧倒的な求人数
  • 顧客満足度No.1を獲得
  • 直接応募も可能

 

dodaは、圧倒的な求人数と顧客満足度の高さが特徴の転職エージェントです。

 

保有求人は公開・非公開合わせて20万件超(※1)と多数で、キャリアカウンセリングを受けられる拠点は全国に12ヵ所あり、大手エージェントの中でも有数の規模を誇ります。

 

また、顧客満足度ランキングで1位(※2)を獲得した実績もあり、手厚いサポートと質の高い求人紹介に期待できるでしょう。

 

dodaでは、転職エージェントを介した応募のほか、気になる求人に自分で直接応募できる機能も備えられています。さらに、企業から直接スカウトが届くサービスもあり、自分に合った方法で転職活動を進められるのも魅力です。

 

(※1)2023年3月時点の求人数
(※2)2023年オリコン顧客満足度調査 「転職エージェント 20代」で1位

 

サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 239,252件(※3)
非公開求人数 38,315件(※3)
おすすめポイント
  • 多くの求人の中から選べる
  • 自分のペースで転職活動を進められる
  • 徹底してサポートしてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※3)2024年2月時点

 

【dodaの口コミ・評判】

初めての転職におすすめ
初めての転職で使用しました。最初はdodaさんではないところを使っていたのですが求人が最初来たきり紹介がなく他も利用しようと思いdodaさんを登録。エージェントも登録し担当についてくれた方がとても熱心でした。コロナ禍で書類通過率はかなり悪かったですが絶えず求人紹介を頂けましたし、転職活動を進めるにつれ書類通過率も上がってきました。他サイトの口コミなどであるように専門性には欠けるかもしれませんが初めてで右も左も分からない方にはおすすめです。在職中で忙しい人もlineでやりとりできますし、職務経歴書や志望動機などもざっくりした文章でも添削と調整をしてくれてサポートはかなり手厚いです。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

こちらの不安や要望に適した丁寧な対応に満足でした
印象的なテレビCMのキャッチコピーに背中を押されて、登録をしました。
担当の方は、とても穏やかで丁寧な対応をしてくださいました。
求人情報に関しても、こちらの要望に沿うように、繰り返し複数求人をご紹介くださいました。
また、私が職選びや面接や転職後のことで抱える不安や疑問にも一つ一つ答えて下さり、大変心強かったのが印象的でした。レスポンスに関しては、まれに時間がかかることもありましたが、全体的に満足しています。
おかげさまで無事に転職もでき、最後まで面倒を見てくださった担当者様には大変感謝しております。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

 

 

コンサルの激務に関するよくある質問

コンサルの激務に関するよくある質問

コンサルの激務に関してよくある質問に回答します。

コンサルの激務ランキングは業界内で何番目ですか?

一概に順番は決められません。

コンサルが激務と言われる環境も改善されているため、それほど高くはないでしょう。

コンサルを辞める人は入社何年くらいですか?

1〜3年が多いでしょう。

ただし、人によっては5年や10年勤めてから退社する人もいます。転職するかどうかはコンサルを辞める年数ではなく、大切なのは自身のキャリアプランをもとに決めることです。

コンサルにノルマはありますか?

仕事内容によってはあります。

営業職はテレアポ数だったり、タスク数があったりするため、部署によるでしょう。

コンサルに欠点はありますか?

実力主義である点です。入社1年でも、結果を出していれば役職が与えられます。一方、入社5年目でも結果が出なければ、役職は低いままです。

実力主義は良い点でもあり、悪い点にもなるでしょう。

コンサルが激務なのは改善されている

コンサルが激務である状況は、改善され始めています。すべての企業が実施しているとは限りませんが、徐々に増えているでしょう。

「コンサルは激務だからやめとけ」と言われる情報は、少し前までの環境です。

現在は、従業員が働きやすい環境を提供しているコンサル会社が多いため、安心して働けるでしょう。

コンサルへの転職を目指す場合は、転職エージェントの利用がおすすめです。転職活動に必要なサポートを網羅的に実施するので、効率的かつ効果的に進められます。また、無料でさまざまな情報提供も受けられるのが特徴です。

コンサルへの転職を目指している人は、無料で活用できる転職エージェントにまずは相談してみてはいかがでしょうか。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。