栄養士におすすめの転職サイト比較ランキング|キャリアアップできる転職先も紹介

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

栄養士が求められる業界や職場は幅広く、キャリアやスキルアップのために、また、現在の待遇や給与面も改善したいなどの理由で、転職を考えている方もいるのではないでしょうか。

転職サイトを活用すれば、たくさんの求人を閲覧できる機会が増え、よりあなたの希望に合った転職先が見つかる可能性が高まります。しかし、いざ転職サイトを利用しようと思っても、転職サイトがたくさんあり、どこに登録すればいいのか悩んでしまうでしょう。

そこで本記事では、栄養士の方の転職に役立つ、おすすめの転職サイトを紹介します。ぜひ本記事を参考にしていただき、気になった転職サイトへ登録してみてください。

目次

栄養士におすすめの転職サイト10社を比較

栄養士の方に向けた転職サイトはたくさんあります。そこで、おすすめの転職サイトを10社紹介します。転職サイトにはアドバイザーやコンサルタントによるサポートサービスもあり、活用することで転職をスムーズに進めらます。

栄養士人材バンク

栄養士人材バンク

栄養士バンクは、全国規模で転職を支援しています。掲載企業は医療・介護・福祉施設、保育園、給食委託会社、一般企業などです。キャリアパートナーが専任でつき、一人ひとりにあったサポートが特徴です。

転職サイト名 栄養士人材バンク
運営会社 株式会社エス・エム・エス
対応エリア 全国
公開求人数 非公開
サイトURL https://ejb.eichie.jp/
2023年11月時点

口コミ・評判

 

栄養士ワーカー

栄養士ワーカー

栄養士ワーカーも、全国の求人を掲載しており、栄養士専門のアドバイザーが転職を支援します。転職活動中のアドバイスだけでなく、転職後もサポートしてくれるなど、初めての転職でも安心して活用できるでしょう。

転職サイト名 栄養士ワーカー
運営会社 株式会社トライト
対応エリア 全国
公開求人数 9,871件
サイトURL https://eiyoushi-worker.com/
2023年11月時点

口コミ・評判

 

レバウェル栄養士

レバウェル栄養士

レバウェル栄養士は、栄養士に特化した転職サービスで、非公開・好条件求人を多数保有していることも特徴です。アドバイザーは、職場の雰囲気など求人の詳細な情報もシェアしてくれます。

転職サイト名 レバウェル栄養士
運営会社 レバレジーズメディカルケア株式会社
対応エリア 全国
公開求人数 非公開
サイトURL https://levwell.jp/profession/rd/
2023年11月時点

口コミ・評判

担当して頂いたアドバイザーさんがとにかく詳細を親身に聞いて下さったうえに、希望に沿った情報をたくさん紹介して下さった。他の転職サイトも利用していた事もあったけれど、私の中では1番好感の持てた転職サイトだった。アドバイザーさんの人柄が本当に良く、一度、私事で登録解除する事があったのですが、就職活動再開時には同じアドバイザーさん指名で再度就職活動を再開。本当に色々とお世話になって感謝の気持ちしか無いです。

有料施設をさがしておりました。保険の関係で色々悩んでいる中、すぐによい求人をみつけてきてくれました。アドバイスなどくださり、不安に思っていることも解消でき、今回は私の諸事情で契約にはいたりませんでしたが、誠実な対応をしていただきました。私は特に年齢的なものもあり、難しいとおもいましたが、優しく親身に知りたいことを教えていただけました。

引用元:みん評 |レバウェル看護(旧:看護のお仕事)の口コミ・評判  

 

栄養士転職ナビ

栄養士転職ナビ

栄養士・調理師専門の転職支援サイトです。非公開求人も多数あり、全国の求人を検索できます。転職サポートに登録すると、さらにキャリアパートナーによるサポートも受けられます。

転職サイト名 栄養士転職ナビ
運営会社 株式会社プレアデス
対応エリア 全国
公開求人数 9,904件
サイトURL https://eiyoushi-tensyoku.com/
2023年11月時点

マイナビコメディカル

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは、医療介護の転職情報を掲載しています。人材大手のマイナビが運営しているため求人数も豊富で、職業と勤務地を組み合わせた検索ができる点が特徴です。

転職サイト名 マイナビコメディカル
運営会社 株式会社マイナビ
対応エリア 全国
公開求人数 2,663件
サイトURL https://co-medical.mynavi.jp/
2023年11月時点

口コミ・評判

 

栄養士のお仕事

栄養士のお仕事

栄養士のお仕事は、栄養士専門の転職サイトで全国の求人を検索できます。派遣やパート求人もあるため、プライベートと仕事を両立させた働き方を探している方にもおすすめです。

転職サイト名 栄養士のお仕事
運営会社 株式会社トライトキャリア
対応エリア 全国
公開求人数 2,420件
サイトURL https://eiyoushi-shigoto.com/
2023年11月時点

 

ジョブメドレー

ジョブメドレー

医療業界では最大級の求人数を扱うジョブメドレーは、求人検索だけでなくスカウトが届くこともあります。LINEを使った問い合わせも可能なため、手軽にお仕事探しができることも特徴です。

転職サイト名 ジョブメドレー
運営会社 株式会社メドレー
対応エリア 全国
公開求人数 非公開
サイトURL https://job-medley.com/?evo
2023年11月時点

口コミ・評判

 

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 364,283件
非公開求人数 225,664件
おすすめポイント
  • 求人数の多さが売り
  • 質の高いキャリアアドバイザーがトータルサポート
  • 多くの転職者が給料アップを実現
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※求人数は2024年2月現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

 

doda

doda

dodaの特徴
  • 圧倒的な求人数
  • 顧客満足度No.1を獲得
  • 直接応募も可能

 

dodaは、圧倒的な求人数と顧客満足度の高さが特徴の転職エージェントです。

 

保有求人は公開・非公開合わせて20万件超(※1)と多数で、キャリアカウンセリングを受けられる拠点は全国に12ヵ所あり、大手エージェントの中でも有数の規模を誇ります。

 

また、顧客満足度ランキングで1位(※2)を獲得した実績もあり、手厚いサポートと質の高い求人紹介に期待できるでしょう。

 

dodaでは、転職エージェントを介した応募のほか、気になる求人に自分で直接応募できる機能も備えられています。さらに、企業から直接スカウトが届くサービスもあり、自分に合った方法で転職活動を進められるのも魅力です。

 

(※1)2023年3月時点の求人数
(※2)2023年オリコン顧客満足度調査 「転職エージェント 20代」で1位

 

サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 239,252件(※3)
非公開求人数 38,315件(※3)
おすすめポイント
  • 多くの求人の中から選べる
  • 自分のペースで転職活動を進められる
  • 徹底してサポートしてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※3)2024年2月時点

 

【dodaの口コミ・評判】

初めての転職におすすめ
初めての転職で使用しました。最初はdodaさんではないところを使っていたのですが求人が最初来たきり紹介がなく他も利用しようと思いdodaさんを登録。エージェントも登録し担当についてくれた方がとても熱心でした。コロナ禍で書類通過率はかなり悪かったですが絶えず求人紹介を頂けましたし、転職活動を進めるにつれ書類通過率も上がってきました。他サイトの口コミなどであるように専門性には欠けるかもしれませんが初めてで右も左も分からない方にはおすすめです。在職中で忙しい人もlineでやりとりできますし、職務経歴書や志望動機などもざっくりした文章でも添削と調整をしてくれてサポートはかなり手厚いです。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

こちらの不安や要望に適した丁寧な対応に満足でした
印象的なテレビCMのキャッチコピーに背中を押されて、登録をしました。
担当の方は、とても穏やかで丁寧な対応をしてくださいました。
求人情報に関しても、こちらの要望に沿うように、繰り返し複数求人をご紹介くださいました。
また、私が職選びや面接や転職後のことで抱える不安や疑問にも一つ一つ答えて下さり、大変心強かったのが印象的でした。レスポンスに関しては、まれに時間がかかることもありましたが、全体的に満足しています。
おかげさまで無事に転職もでき、最後まで面倒を見てくださった担当者様には大変感謝しております。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

 

 

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年2月時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 53,661件(※1)
非公開求人数 16,211件(※1)
おすすめポイント
  • キャリアドバイザーにしっかり相談できる
  • はじめての転職活動でも安心の徹底したサポート
  • 夜間や土曜日に相談できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

 

条件別|栄養士におすすめの転職サイト

栄養士が働く場は、医療や教育現場だけではなく多岐にわたります。転職を考えている方の中には、働き方に注目して求人を検索することもあるでしょう。

そこで、ここでは、条件別に活用できる転職サイトを紹介します。

職場・業態別|栄養士のおすすめ転職サイト

栄養士が活躍するさまざまな職場の求人を掲載しています。

また、医療や介護現場に限定して探したい場合など、専門性のある転職サイトを利用することで、希望の職場での求人検索ができるでしょう。

「早朝勤務なし」「ブランク可」などの特徴別|栄養士のおすすめ転職サイト

栄養士に特化した転職サイトは、複数の希望条件を入力して求人検索ができます。

働ける時間が限られている方やブランクがあり心配な方も、条件を設定して検索すれば応募するハードルも下がるでしょう。

 おすすめ転職サイト

保有資格別|栄養士のおすすめ転職サイト

保有資格を登録することで、自分のスキルを活かせる転職先を探しやすくなります。

保有資格を活かしたい方は、専任のアドバイザーがつく転職サイトを利用して、資格を活かした転職先を紹介してもらうのもおすすめです。

 おすすめ転職サイト

雇用形態別|栄養士の転職サイト

育児や介護などによりワークライフバランスを優先した働き方や、正社員として働きたい方など、働き方の選択肢が豊富な転職サイトもあります。

自身の理想のライフスタイルに合わせて選べる点がメリットです。

おすすめ転職サイト 

地域別求人数が多い栄養士転職サイト

いくら魅力的な求人がそろっていても、転職したいエリアの求人が少なければ、希望を満たす求人を見つけられないかもしれません。転職サイトを選ぶ際は、転職希望地域の求人数を確認するのもポイントです。

この章では、北海道、東京、大阪、愛知、福岡の5つの地域別に求人数が多い栄養士転職サイトを紹介します。

北海道|栄養士・管理栄養士の正社員求人

サイト名公開求人数(正社員)
ジョブメドレー328件
栄養士ワーカー276件
※2023年11月時点

北海道で公開求人数が多いのは、医療・介護系の求人を多く取り扱うジョブメドレーです。

ジョブメドレーでは、市区町村や沿線での絞り込みのほか、登録住所をもとに自宅周辺の求人を地図から検索できます。通勤の利便性を重視して求人を探したい方にとって、使い勝手の良いサイトといえるでしょう。

東京都|栄養士・管理栄養士の正社員求人

サイト名公開求人数(正社員)
ジョブメドレー1,373件
栄養士ワーカー1,061件
栄養士転職ナビ910件
※2023年11月時点

東京都では、ジョブメドレー、栄養士ワーカーの求人数が多い結果となりました。

とくに、栄養士ワーカーに登録すると、専任のアドバイザーが希望条件を満たす求人を探してくれます。非公開求人も充実しており、選択肢を広くもって転職活動を進められるでしょう。

大阪府|栄養士・管理栄養士の正社員求人

サイト名公開求人数(正社員)
栄養士ワーカー601件
ジョブメドレー446件
マイナビコメディカル439件
※2023年11月時点

大阪府でとくに求人数が多いのは、栄養士ワーカー、ジョブメドレー、マイナビコメディカルでした。

中でも、栄養士ワーカー・マイナビコメディカルは、登録した人だけが紹介を受けられる非公開求人も保有されているため、納得できる求人が見つかりやすいかもしれません。

愛知県|栄養士・管理栄養士の正社員求人

サイト名公開求人数(正社員)
ジョブメドレー262件
マイナビコメディカル245件
栄養士ワーカー183件
※2023年11月時点

愛知県では、ジョブメドレー、マイナビコメディカルの求人数の多さが目立ちました。

ジョブメドレーは転職サイト、マイナビコメディカルは転職エージェントという点で違いがあります。併用すると、より幅広い求人情報に触れられるはずです。

福岡県|栄養士・管理栄養士の正社員求人

サイト名公開求人数(正社員)
栄養士ワーカー203件
ジョブメドレー201件
※2023年11月時点

福岡県で公開求人数が多いのは、栄養士ワーカーとジョブメドレーです。

どちらも市区町村や施設形態からの絞り込みが可能で、条件に合う求人を簡単に見つけられるはずです。

栄養士向け転職サイトの選び方

数ある転職サイトの中から、どのように転職サイトを選んだらよいのでしょう。転職サイトの選び方について3つのポイントを紹介します。

サポート体制が整った転職サイトを選ぶ

転職を効率的に進めるためには、アドバイザーやコンサルタントによるフォローがあると安心です。

転職活動中は、履歴書の書き方・面接対策・入社の手続きなど、個人で活動するとわからないこともたくさんあります。

また、入社日などの交渉をしにくいこともあるため、後悔のない転職活動のためには、サポート体制が整った転職支援サイトがおすすめです。キャリア相談や面接対策など、転職に必要なサポートを受けられるため、安心して転職活動ができます。

運営実績や転職支援実績が豊富な転職サイトを選ぶ

栄養士の転職実績がある転職サイトを選びましょう。公式サイトに掲載されている口コミやSNSなどをチェックすることで、実績がわかります。

また、運営会社について調べることで、より安心と信頼を持って転職活動を進められるでしょう。

転職したい都道府県に対応した転職サイトを選ぶ

転職サイトの中には、都心の求人を中心に掲載しているケースがあります。

働きたい都道府県の求人が掲載されていることを確認し登録することで、「求人がなく転職できなかった」といったトラブルを防げます。

栄養士が転職サイトで転職成功させるコツ

栄養士専門や大手の転職サイトなど、栄養士の方におすすめの転職サイトを紹介しました。しかし、転職サイトに登録しただけでは、転職の成功にはつながりません。

そこで、転職を成功させるコツ5つ紹介します。希望条件に少しでもあう求人を見つけるためや、「イメージしていた仕事と違う」などの入社後のミスマッチを防ぐために、これから紹介するコツを参考に転職活動をしてみてください。

複数の転職サイトやエージェントに登録する

複数の転職サイトや転職エージェントに登録をすることで、よりたくさんの求人情報をチェックできます。それぞれの転職サイトで扱っている求人が異なるため、より希望条件に合う転職先を探したい場合は、転職サイトをひとつに絞らずに複数登録することがおすすめです。

たとえば、Aの転職サイトだけ登録した場合、希望条件に合う求人が少ないと転職活動に不安を感じ、転職を諦めてしまうかもしれません。しかし、Bの転職サイトにも登録しておくことで、興味のある求人を見つけられる可能性が増え、転職活動を意欲的に続けることが可能になるでしょう。

複数の転職サイトに登録することで、希望条件に合う求人に出会える確率が高まります。

転職希望時期を明確に伝える

転職サイトへ登録する際は、転職の希望時期をはっきり伝えることがおすすめです。特に希望時期が決まっていなくても、転職する時期を決めることで、転職活動を積極的に、かつ効率的に進められます。

もし、転職時期をはっきりと伝えなかった場合、自分自身も転職活動に意欲的になれずに時間ばかりがすぎてしまうことが考えられます。また、担当者が転職をサポートしてくれる場合も、転職時期があいまいなままでは効果的なサポートを得られないかもしれません。

また、希望時期がはっきりとわからない場合、面接などで回答に困ってしまうこともあるでしょう。最悪の場合、面接先企業に本当に入社してくれるだろうか?と疑問を抱かれてしまう原因になります。

もちろん、求人を見たい場合や転職を検討・相談したい場合も、転職サイトに登録することは可能です。その際は、まずは相談したい旨を伝えましょう。

コンサルタントの変更希望は遠慮しない

転職サイトを利用すると、コンサルタントによるカウンセリングや転職サポートがつく場合があります。コンサルタントとの相性も問題なく、転職活動に対して親身に相談に乗ってくれる場合は、問題ありません。しかし、中にはコンサルタントとの相性に違和感を感じるケースもあるでしょう。

コンサルタントに違和感や不安を感じたまま転職活動を進めてしまうと、コンサルタントに自身の希望を言えずに転職してしまい、結果として転職先で後悔してしまうこともあります。

転職を成功させるためには、信頼できるコンサルタントに出会うことも大切なポイントです。コンサルタントに不安がある場合は、変更したいことをはっきりと伝えてください。

経歴やスキル・資格は正確に伝える

あなたの経歴やスキル・保有している資格を正確に伝えましょう。経歴やスキル・資格を正確に伝えることで、希望条件にあう求人に出会いやすくなります。今までどのような経験を重ね、必要に応じて取得した資格をプラスすることで、具体的なキャリアプランを考えることに役立ち、転職先のイメージもしやすくなります。

また、あなたの経歴やスキル・資格は、転職する際に大きな強みになります。面接官にアピールできるポイントになるだけでなく、入社後の活躍をイメージさせることにもつながるでしょう。

どんな経験をして、どんなスキルを身につけたのか。さらに、資格取得の動機や将来性を伝えることで、転職活動を効果的に進められます。

希望条件ははっきりと伝える

最後に、希望条件をはっきりと伝えましょう。転職を成功させるためには、あなたの希望条件と転職先の条件がよりマッチすることが重要です。

しかし、100%希望条件を満たす転職先に出会えることは少ないため、希望条件に優先順位をつける、NGポイントを決めておくことがおすすめです。

さらに、通勤時間や残業など、希望する条件の他に可能な条件も考えておきましょう。たとえば、残業なしの条件で求人を探しても見つからなかった場合、残業は月10時間までならOK、通勤時間が短い場合はOKなどの条件を変更できるポイントを入れておくことで、求人検索の幅を広げることができます。

このように希望条件をはっきりと決めて伝えることで、入社後に後悔しない転職につながります。

栄養士転職サイト利用の流れ

栄養士向けの転職サイトを利用すると、手厚い転職支援を受けられるのがメリットです。では、実際にどのような流れで転職活動が進んでいくのでしょうか。

この章では、転職サイト利用の流れを解説します。

1.栄養士の求人をチェック

まずは、サイトに掲載されている栄養士の公開求人をチェックしましょう。エリアや勤務時間などの条件で絞り込み、どのサイトを利用すると希望の求人を見つけられそうか、おおよその見当をつけます。

公開求人は登録しなくても閲覧できるサイトがほとんどなので、さまざまなサイトを見てみるのがおすすめです。

2.栄養士転職サイトに登録

気になる栄養士転職サイトを見つけたら、無料登録に進みます。通常は、公式サイト上に登録画面が設けられており、氏名、資格の種類、希望エリアなどの情報を入力すると登録完了です。

エージェント型の場合、登録後に連絡が届き、面談日時の調整がおこなわれます。都合の良い日時を指定し、キャリアアドバイザーとの面談を受けましょう。

希望条件や転職で叶えたいことなどを伝えると、自身に最適な求人を紹介してもらえます。

3.書類作成や面接準備

気になる求人があれば、そのまま応募に進みます。エージェント型の転職サイトの場合、応募は担当アドバイザーを通しておこなうのが通常です。

中には、履歴書・職務経歴書の添削や面接対策などのサポートを実施しているサイトもあります。過去に聞かれた質問内容や、応募先施設で重視される点などを教えてもらえることもあるので、積極的に活用しましょう。

4.面接

書類選考を突破すると、次は企業との面接です。エージェント型の場合、担当アドバイザーに面接日程の調整も任せられます。

面接に向けて準備してきたことを思い出し、リラックスして臨みましょう。

5.内定・入職日調整

1回〜3回にわたる面接のあと、内定が決定します。内定後は、勤務条件の確認や入職日の調整がおこなわれます。

エージェント型の場合、担当アドバイザーに交渉を依頼できるので、希望の入職日や年収を伝えてみてください。

また、中には入職後のフォローが充実している転職サイトもあります。実際に働き始めてから気になることが出てきたら、気軽に相談してみるとよいでしょう。

栄養士がキャリアアップするためには

栄養士の資格を活かして、キャリアアップしたいと考える方もいるでしょう。また、転職をするならキャリアアップにつなげたいと思っている方もいるかもしれません。

そこで、ここでは栄養士の資格を活かしながら、よりキャリアップするためのポイントを紹介します。

転職や、キャリアップの方向性に悩んでいる方は、ぜひ参考にご覧ください。

栄養士はキャリアアップできる?

栄養士としてキャリアアップできるのか不安な方はいませんか。

栄養士のキャリアアップには、これから紹介する主な2つの道があります。あなたの専門性や興味関心に合わせて資格をプラスすることで、活躍の幅を広げられるでしょう。

専門知識を深める

栄養士としての知識や経験を活かし、専門知識を深めることもキャリアアップにつながります。教育現場に精通した栄養士と、医療現場での経験が豊富な栄養士では、それぞれ専門性や経験値が異なるでしょう。

栄養士として専門分野を深めておくことで、その道のプロフェッショナルとなり、キャリアアップを目指すことが可能です。

キャリアアップしたい栄養士におすすめの資格

資格を取得することで、プラスのスキルを身につけたことの証明になります。その結果、新しい職場でのチャレンジやキャリアアップにつながるでしょう。

栄養士が活躍する場所は多岐にわたるため、あなたが興味関心のある場所で活躍できるように、得意分野の専門性を深め、さらに資格を取得することもおすすめです。

管理栄養士

管理栄養士は国家資格です。すでに栄養士として働いている方の中には、保有している方も多いでしょう。

管理栄養士の資格は、小学校や保育所などの教育現場、介護施設や病院などの医療機関、行政や企業、研究機関など、幅広い場所で活用できます。

食事のアドバイスや献立管理、栄養状態を管理するなど、食を通してサポートする専門職です。

アスリートフードマイスター

スポーツ選手がベストなパフォーマンスを発揮できるように、食をサポートできる資格です。日本アスリートフード協会が認定する民間資格で、3つのレベルに分かれています。

資格を取得するためには、それぞれの講座の受講と試験への合格が必要です。アスリートフードマイスターの資格を取得することで、食事の面からスポーツ選手をサポートでき、子どもの成長に合わせた栄養管理などに役立ちます。

食物アレルギー管理栄養士

食べ物のアレルギーを持つ方も増えていて、食物アレルギー管理栄養士が注目されています。

教育現場での給食や医療現場など、食事を提供する場所で栄養士は活躍しています。近年では、食物アレルギーの方にも適切な対応が求められるため、正しい知識と対処技術が求められています。

食物アレルギー管理栄養士に認定されるためには、申請資格を満たしていることと、研修を受け認定審査に合格することが必要です。

特定保健指導担当管理栄養士

特定保健指導担当管理栄養士は、健康診査によって対象者になった方に、食事や栄養指導を行います。

生活習慣を改善させるための指導力や健康改善につながる意識改革など、栄養や病気に関する知識だけでなく、指導力も必要です。

特定保健指導担当管理栄養士になるためには、申請資格を満たし、審査や研修会を受ける必要があります。

在宅訪問管理栄養士

在宅訪問管理栄養士は、自宅にいながら医療や介護を必要とする方が、安全で快適な生活が送れるように栄養面でのサポートを行います。

自宅でケアを続けるうえで、栄養バランスの良い食事ができるようにサポートすることや、医療機関などと連携しながら在宅で療養する方を支える仕事です。

近年、自宅で過ごす療養者が増えたことから、フリーランスで活躍する在宅訪問管理栄養士もいるなど、徐々に活躍の幅が増えています。

在宅訪問管理栄養士は、必要な申請資格を満たし、認定試験に合格することが必要です。

糖尿病療養指導士

糖尿病療養指導士は、糖尿病患者さんに対してサポートします。

糖尿病療養指導士になるためには、栄養士資格の他に、2年以上の療養指経験など条件があります。さらに、指定講座を受講し試験を受ける必要もあります。

食品保険指導士

日本健康・栄養食品協会が認定する資格で、講習会の受講と試験への合格が必要です。

健康食品や保健機能食品の知識と、その知識を消費者に伝えたり相談を受けたりする仕事があります。

その他に、専門的な知識を企業の製造や販売サポートに役立てることもあります。

サプリメントアドバイザー

サプリメントアドバイザーは民間資格です。サプリメントアドバイザーを認定している協会や認定機構があります。資格講座の受講や試験を受ける場所によって、認定基準に違いがあります。

サプリメントアドバイザーは、消費者が自身の健康状態に合わせて、サプリメントを選べるように、ドラッグストアや薬局でサポートしたり、企業での企画・販売にも役立てられたりしています。

健康運動指導士

財団法人健康・体力づくり事業財団による認定資格です。

個人にあった運動プログラムを作成したり、運動指導をしたりと、運動の面から健康をサポートします。そのため、介護施設や病院などので活躍が期待されている資格です。

フードコーディネーター

日本フードコーディネーター協会が認定する民間資格で、13級まであります。

メニューを開発したり料理講師をしたりなど、食に関する幅広い知識を食を楽しむことに活かせる資格です。

栄養のスペシャリストである栄養士の資格と掛け合わせることで、より食のプロフェショナルをアピールできるでしょう。

栄養士が転職する時に注意すること

栄養士の方が転職するときに注意したいことを2つのケースに分けて紹介します。

異業種に転職する場合

栄養士としての資格や経験を活かすことができますが、業界が異なることで全く新しい仕事を経験することもあるのが、異業種への転職です。たとえば、ドラックストアで働く栄養士と病院で働く栄養士では仕事の内容が異なります。

そのため、同業種へ転職する場合よりも、転職活動が難しくなることもあるでしょう。異業種へ転職する際は、これまでの経験が転職先でどのように活かせるのか具体的に伝えることが重要です。企業側も、異業種での経験はポジティブに捉えることもあるため、具体的に活躍できるポイントを整理しておくことが大切でしょう。

異業種へ転職する場合は、転職先とどのように過去の経験が役立つのか整理し伝えましょう。

正社員に転職する場合

正社員としての転職を希望する場合には、企業に関するリサーチをすることがおすすめです。

希望勤務地は自宅近くでも、将来的な転勤の可能性や、キャリアやスキルアップの有無など、長期的に働けるか確認が必要でしょう。また、残業時間が派遣社員やパート社員と異なるなど、勤務条件も異なるかもしれません。

再転職のリスクを防ぐためにも、社風や勤務体制など入社前によく確認しましょう。

栄養士が活躍できる仕事

食事や栄養面がサポートできる栄養士は、さまざまな場所で活躍が可能です。

介護施設

介護施設など高齢者施設は需要が増えています。

体力の衰えから食べ物が食べづらくなる高齢者の方に向けて、サポートしながら食事を楽しんでもらう工夫や、体調に合わせた食事づくり、食事を通して健康管理をするなど、栄養士の仕事には重要な役割があります。

幼稚園・保育園

子どもたちの成長を食事を通してサポートする幼稚園や保育園では、栄養士の方から人気のある職場です。

季節やイベントに合わせた食材を使って、栄養バランスを考えた食事を考えるなど創造性も必要です。さらに、食物アレルギーに配慮した食事作りも求められるため、専門性を求められることもあります。

食品関係の企業

企業の商品開発や企画、販売のサポートなどで食の知識が求められることがあり、栄養士の資格が役立ちます。

配属される部署によっては、食の知識を活かしながらマーケティングや衛生管理など、さまざまな仕事にも携わるでしょう。

社員食堂のある企業

社員食堂がある場所でも栄養士が活躍します。社員へ栄養バランスを考えたメニューを提供することが主な仕事です。

献立作成や食材の発注、調理や衛生管理などをします。企業によっては、栄養指導をすることもあります。

栄養士向けの転職サイトを利用する際によくある質問

栄養士が転職サイトを利用する際、さまざまな疑問をもつかもしれません。

ここでは、栄養士の転職活動でよくある質問に回答します。

転職サイトと転職エージェントの違いは?

転職サイトと転職エージェントでは、受けられるサポート内容に違いがあります。

転職サイトでは、多数の求人の中から条件を満たす求人を探し、自分自身で応募・書類選考・面接と転職活動を進めます。

中には、栄養士の転職に関するコラムが充実していたり、施設からのオファー機能が備わっているサイトもあるのが特徴です。自分のペースで転職活動に取り組めるのもメリットといえるでしょう。

転職エージェントは、キャリアアドバイザーの力を借りて転職活動を進める方法です。求人の紹介や応募書類の添削、面接対策、面接日程の調整と、多岐にわたるサポートを無料で受けられます。

はじめて転職する方や多忙で転職活動に時間を割けない方、一人での転職活動に自信がもてない方に向いている方法です。

転職サイト以外にどんな転職方法がある?

栄養士の転職方法として、ハローワークでの相談や知人からの紹介が挙げられます。

ハローワークは、厚生労働省が運営する職業紹介所で、求人紹介だけでなく、書類添削や面接対策などの支援も充実しています。病院や保育園、企業などの幅広い栄養士求人が保有されており、相談すると転職の選択肢を広げられるはずです。

知人から紹介を受け、同じ職場に入職するのも有効な転職方法といえます。知人から職場の内情を聞いたうえで転職を決められるため、入職後のミスマッチを最小限に抑えられるでしょう。

ただし、条件に合わない部分があっても内定を断りにくかったり、入職後にイメージとの相違があっても退職に踏み切りにくかったりなど、デメリットがある点には注意が必要です。

転職サイトとハローワークの違いは?

転職サイトとハローワークのもっとも大きな違いは、企業側の掲載コストの有無です。

転職サイト・転職エージェントは、企業側がコストをかけて人材募集を掲載したり、人材紹介を受けたりするサービスです。

対してハローワークは、国が運営する職業紹介サービスとあって、掲載に費用がかかりません。そのため、とくに中小企業の求人情報が多数集まっているのは魅力です。一方、一部には質の悪い求人が含まれていることもあるようです。

また、栄養士向けの転職サイトを利用すると、栄養士の転職事情に精通したアドバイザーから支援を受けられるのが特徴です。

ハローワークの窓口でも転職相談は可能ですが、栄養士に特化したアドバイスには期待できないでしょう。

栄養士の平均年収は?

2022年に実施された賃金構造基本統計調査によると、栄養士の平均年収は約379万円です。

同調査において、全職種の平均年収は約496万円であるため、栄養士の年収は全国平均を下回っているといえるでしょう。

【参考記事】令和4年賃金構造基本統計調査|e-Stat政府統計の総合窓口
※企業規模計(10人以上)の「きまって支給する現金給与額」×12と「年間賞与その他特別給与額」を合計して算出

栄養士に多い転職理由は?

栄養士に多い転職理由として、人間関係や賃金への不満、仕事内容の不一致などが挙げられます。

栄養士は、栄養士の同僚だけでなく、施設内のさまざまな人と協力しながら業務に取り組む仕事です。また、給料は全国平均よりも安い傾向があるうえに、力仕事や蒸し暑い中での調理作業が求められることもあります。

とくに、病院や介護施設では毎日3食を提供する必要があるため、休みがとりにくく、年末年始休暇や夏季休暇などのまとまった休みがない方もいるでしょう。このようなことに不満をもち、転職で環境を変えようと考える方も多いようです。

なお、転職でこれらの改善を目指すのであれば、事前の情報収集が成功のカギといえます。

栄養士はどんな転職先が多い?

栄養士の転職先として多いのは、病院や保育園、幼稚園、介護施設、学校、行政機関などです。

転職先の施設形態によって仕事内容は異なるため、自身のやりたいことや将来的なキャリアプランをもとに、まずは業界・施設を絞り込むのがおすすめです。

管理栄養士と栄養士の違いは?

管理栄養士と栄養士のもっとも大きな違いは、栄養士の仕事は健康な方のみを対象としている一方で、管理栄養士の仕事の対象には、健康上の理由で栄養摂取にサポートが必要な方も含まれることです。

また、栄養士は養成施設の卒業とともに取得できる免許です。対して管理栄養士は、養成施設の卒業後、国家試験に合格することで取得できる免許で、健康と栄養に関するより深い知識が求められます。

管理栄養士から未経験の業界に転職するのは難しいですか?

管理栄養士でも、未経験の業界に転職するのは可能です。管理栄養士の資格を活かし、食と栄養に関わる仕事に転職すれば、初めての分野でもやりがいを感じられるでしょう。

たとえば、一般企業の研究職や行政機関での勤務も選択肢のひとつです。専門的な知識をもとに、フリーランスの栄養コンサルタントとして働く道も考えられます。

栄養士が年収を上げるためには?

栄養士が年収を上げるためには、管理職に就く、スキルを磨いて待遇の良い施設に転職するなどの方法があります。

また、管理栄養士の資格を取得してステップアップすれば、仕事の範囲が広がり、年収アップにもつながるでしょう。

栄養士から管理栄養士になる方法は?

栄養士から管理栄養士になるためには、管理栄養士の国家試験に合格し、免許を取得しなければいけません。試験の受験資格は、卒業した養成施設によって以下のような違いがあります。

栄養士養成施設を卒業  …学んだ年数と実務経験の合計が5年以上であること
管理栄養士養成施設を卒業…すぐに受験できる

たとえば、2年制の養成施設を卒業して栄養士免許を取得した方の場合、管理栄養士試験を受けるためには3年の実務経験が必要です。

管理栄養士試験は年1回、毎年2月〜3月に実施されます。計画的に勉強に取り組み、合格を目指しましょう。

【参考記事】管理栄養士国家試験について|日本栄養士会

最後に|栄養士の転職は転職サイトと転職エージェントの両方を利用しよう

栄養士の転職には、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。さらに、アドバイザーやコンサルタントなどのサポート体制があれば、初めての転職活動でも効率的に進めることができるでしょう。

栄養士は食のプロとして、さまざまな場所で活躍が期待されています。一方で、現在の働き方や収入に不満のある方もいるでしょう。年収やキャリアアップを考えている栄養士の方は、ぜひ転職サイトを活用してみましょう。

まずは、転職サイトに登録し、相談するだけでもキャリアの悩みの解消や転職活度に役立ちます。ぜひ今回紹介した転職サイトに登録して転職活動をはじめてみてください。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。