放射線技師におすすめの転職エージェントランキング|選び方や利用するメリットを解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

転職をお考えの放射線技師の方は、放射線技師の求人が多い転職エージェントを利用するのがおすすめです。本記事では、放射線技師向けの転職エージェントの紹介や選び方、利用するメリットについて解説します。

ぜひこの記事を参考にしながら自分に合った転職エージェントを見つけ、転職活動を有利に進めていきましょう。

放射線技師の転職に強い転職サイトは登録無料です!

放射線技士におすすめの転職サイト3選
サイト名 評価 強み

放射線技士人材バンク

4.8

放射線技士専任のアドバイザーが求人のご紹介・給与交渉など転職活動全般をサポート。

レバウェル医療技師

4.5

電話・LINEで連絡で相談可能!給与交渉などのサービスもアリ。

マイナビコメディカル

4.2

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループが運営する医療介護業界特化した転職サイト。
目次

放射線技師の求人が多いおすすめの転職エージェント5選

放射線技師の求人数が多い転職エージェントを5つ紹介します。どのエージェントも放射線技師や放射線科、コメディカルに特化した転職エージェントですので、質の高い求人やエージェントからのアドバイスが期待できます。

放射線技師におすすめの転職エージェントは次の5つです。

  • マイナビコメディカル
  • 放射線技師人材バンク
  • 診療放射線技師JOB
  • ジョブデポ放射線技師
  • ジョブスルー

こちらの項目では、おすすめの転職エージェントの特徴や求人数を紹介しますので、エージェント選びの参考にしてください。

放射線技師人材バンク|放射線技師の求人多数

放射線技師人材バンク
基本条件詳細情報
対応エリア全国対応
求人の種類診療放射線技師
公開求人3,031件
運営会社株式会社エス・エム・エス
おすすめポイント・診療放射線技師特化型の転職サイト
・診療放射線技師の求人が多数
・面接対策などのサポートが手厚い
公式サイトhttps://www.jinzaibank.com/hjb
2023年7月時点

放射線技師人材バンクは、診療放射線技師特化型の転職エージェントです。求人数は約3,000件と、他のサイトと比較しても多いのが特徴です。

求人数が多ければ多いほど、希望する転職先が見つけやすくなり転職の選択肢も広げてくれます。求人を観覧してみて、自分に合った求人が掲載されているかを調べてみましょう。

マイナビコメディカル|大手マイナビ運営のコメディカル向け転職エージェント

マイナビコメディカル
基本条件詳細情報
対応エリア全国対応
求人の種類診療放射線技師/臨床工学技士/臨床検査技師/理学療法士/作業療法士/言語聴覚士/視能訓練士/柔道整体師/医療事務/管理栄養士/栄養士/臨床開発モニター/治験コーディネーター/あん摩マッサージ指圧師/鍼灸師/調理師/調理スタッフ/児童指導員/機能訓練指導員/胚培養士
公開求人全体:35,449件 診療放射線技師のみ:1,079件
運営会社株式会社マイナビ
おすすめポイント・コメディカル特化型の転職サイト
・定着率の高い医療機関多数
・日本最大級の転職情報サービス「マイナビ」運営
公式サイトhttps://co-medical.mynavi.jp
2023年7月時点

マイナビコメディカルは、大手マイナビが運営するコメディカル向けの転職エージェントです。他の医療系職業を合わせると全体で3万件以上の求人を有しており、放射線技師の求人も1,000件以上あります。

他サイトと比較すると圧倒的な求人数ですので、放射線技師から他の医療職への転職をお考えの方にも特におすすめのエージェントです。

 

 

診療放射線技師JOB

診療放射線技師JOB
基本条件詳細情報
対応エリア全国対応
求人の種類診療放射線技師
公開求人922件
運営会社株式会社SEプラス
おすすめポイント・診療放射線技師特化型の転職サイト
・時期に応じた転職アドバイスあり
・求人情報は毎日更新
公式サイトhttps://rtjob.jp
2023年7月時点

診療放射線技師JOBは、診療放射線技師向けの転職エージェントで、求人数は1,000件ほどあります。放射線技師専門のキャリアコンサルタントが付いてくれるのはもちろん、アプリや履歴書作成ソフトで気軽に応募書類の作成ができる点が診療放射線技師JOBの特徴です。

求人情報が毎日更新していたり時期に応じた転職ノウハウが掲載されていたりするため、小まめにチェックするのがいいでしょう。

 

ジョブデポ放射線技師

ジョブデポ放射線技師
基本条件詳細情報
対応エリア全国対応
求人の種類放射線技師
公開求人1,801件
運営会社with Career株式会社
おすすめポイント・放射線技師特化型の転職サイト
・求人が出ていない病院に交渉する「逆指名制度」あり
・他サイトと比較すると地方の求人数が多い
公式サイトhttps://j-depo.com/rt
2023年7月時点

ジョブデポ放射線技師も放射線技師専門の転職エージェントとして2,000件近くの求人が公開されています。

全国対応している転職サイトでも、実際には東京や大阪などの大都市に求人が偏っていて、地方の求人は0件ということも少なくありません。ジョブデポ放射線技師では、半数以上の都道府県で10件以上の求人が掲載されているため、大都市以外で放射線技師の転職を考えている方におすすめの転職エージェントです。

 

ドクターネットエージェント

ドクターネットエージェント
基本条件詳細情報
対応エリア全国対応
求人の種類診療放射線技師/放射線科医師/臨床検査技師
公開求人全体:4,591件 診療放射線技師のみ:951件
運営会社株式会社ドクターネット
おすすめポイント・放射線科人材特化型の転職サイト
・別事業と連携し、医療機関の「生の声」を熟知
・利用者に合わせたオーダーメイド求人あり
公式サイトhttps://dn-agent.com
2023年7月時点

ドクターネットエージェントは、診療放射線技師をはじめとした放射線科に関わる求人を取り扱う転職エージェントです。診療放射線技師の求人も1,000件ほどあり、エージェントによる転職サポートも充実しています。

元放射線科医が設立した会社ということもあり、放射線科の転職に強い転職エージェントですので、放射線分野で活躍されている方は、良い転職先を見つけられるでしょう。

 

放射線技士におすすめの転職サイト3選
サイト名 評価 強み

放射線技士人材バンク

4.8

放射線技士専任のアドバイザーが求人のご紹介・給与交渉など転職活動全般をサポート。

レバウェル医療技師

4.5

電話・LINEで連絡で相談可能!給与交渉などのサービスもアリ。

マイナビコメディカル

4.2

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループが運営する医療介護業界特化した転職サイト。

放射線技師が転職エージェントを選ぶ際の4つのポイント

放射線技師向けの転職エージェントを5つ紹介しましたが、転職活動を成功させるためには、自分に合った転職エージェントを見つけることが大事です。

こちらでは、放射線技師が転職エージェントを選ぶ際に注目してほしい4つのポイントについて説明します。

専門性の高い転職エージェントであること

放射線技師は専門性の高い職種です。総合型の転職エージェントのほうが求人数は多いですが、医療職や放射線技師に特化したエージェントのほうが質の高い求人を紹介してもらえる確率が高まります。

また、担当者となるアドバイザーもその分野に精通している人なので、転職市場の動向を教えてくれたり応募先との交渉をしてくれたりと、より有意義なサポートをしてくれるでしょう。

すでに放射線技師として転職することを決めている方であれば、その分野に精通している転職エージェントを利用することが第一です。

求人数が多い転職エージェントであること

求人数の多さは、転職エージェントを選ぶ上でも重要な指標になります。求人数が多ければ、それだけ希望する転職先が見つかりやすくなり、転職先の選択肢を広げてくれることにもなります。

また、転職エージェントによって掲載されている求人情報は異なるため、気になる転職エージェントがあれば複数利用してみるのもおすすめです。

サポートが充実している転職エージェントであること

転職エージェントは、利用者の転職を成功させるために、次のようなサポートをおこなってくれます。

  • 転職相談
  • 自己分析
  • 履歴書・面接等の直接アドバイス
  • 面接スケジュールの調整
  • 企業への条件交渉

特に初めて転職をする方や久しぶりに転職をする方であれば、面接対策や応募書類の書き方などで不安になる部分も出てくるでしょう。しっかりサポートをしてくれる転職エージェントであれば、慣れない転職活動もスムーズに進めることができます。

アドバイザーとの相性が良いこと

転職エージェント選びで最も大事なことは、担当になるアドバイザーとの相性と言っても過言ではありません。

最初の面談やその後のやり取りの中で、「相性が良くないな」と感じた場合には、運営会社にアドバイザーの変更をしてもらえないか提案してみましょう。基本的にはどの転職エージェントも簡単にアドバイザー変更に応じてくれます。

ただし、小規模な転職エージェントの場合、対応できるアドバイザーが少ないこともあります。相性が良くないアドバイザーから変更できないようであれば、転職エージェントそのものを変更することも1つの方法です。

放射線技士におすすめの転職サイト3選
サイト名 評価 強み

放射線技士人材バンク

4.8

放射線技士専任のアドバイザーが求人のご紹介・給与交渉など転職活動全般をサポート。

レバウェル医療技師

4.5

電話・LINEで連絡で相談可能!給与交渉などのサービスもアリ。

マイナビコメディカル

4.2

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループが運営する医療介護業界特化した転職サイト。

放射線技師が転職エージェントを利用するメリットとデメリット

専門性が高く、求人数も限られている放射線技師の転職では、転職エージェントを活用するメリットがたくさんあります。一方で、転職エージェントのデメリットも存在します。

こちらの項目では、放射線技師が転職エージェントを利用する場合のメリットとデメリットをまとめました。

メリットデメリット
利用にお金がかからない転職先の詳細を教えてもらえる
客観的な自己分析ができる
面接対策や書類添削をしてもらえる転職活動の負担が軽減する
連絡がしつこいと感じる可能性がある
希望に合わない求人が紹介されることもある
アドバイザーと相性が合わないことがある

転職エージェントを利用する5つのメリット

転職エージェントを利用するメリットには、主に次の5つ内容が挙げられます。

  • 利用にお金がかからない
  • 転職先の詳細を教えてもらえる
  • 客観的な自己分析ができる
  • 面接対策や書類添削をしてもらえる
  • 転職活動の負担が軽減する

利用にお金がかからない

転職エージェントではさまざまなサポートを受けられますが、登録から転職先決定まで全て無料で利用することができます。

登録自体はメールアドレスの登録や簡易的な職歴の入力程度で完了しますので、複数の転職エージェントを気軽に使ってみて比較することが可能です。

転職先の詳細を教えてもらえる

求人票の情報だけでは一部の内容しか把握することができず、実際の仕事内容や労働環境、職場の雰囲気などは入社してみるまでわからないのが一般的です。

転職エージェントでは、転職先の施設や企業ともやり取りをしているため、詳細な職場の情報を把握していることが多くあります。特に放射線技師に特化している転職エージェントであれば、施設や企業とも良好な関係が築けていることも多く、より詳しい内部事情まで聞ける可能性が高まります。

客観的な自己分析ができる

転職エージェントに登録した後は面談をおこない、転職先の希望や適性などを明確にしていきます。キャリアアドバイザーから客観的な意見をもらえますので、自分だけでは思いつかないような職場や働き方を見つけるきっかけになるかもしれません。

特に、放射線技師から他の職種に転職したい方や、放射線技師の仕事を続けるかどうか悩んでいる方におすすめです。

面接対策や書類添削をしてもらえる

転職エージェントでは、面接対策や応募書類の添削までサポート内容に含まれます。転職活動に慣れていない方であれば、思い悩んで時間がかかることも避けられて、スムーズに転職活動を進められます。

転職のプロであるキャリアアドバイザーのサポートを受けることで採用率がぐっと高まるでしょう。

転職活動の負担軽減ができる

働きながら転職活動をする場合、スケジュール管理や応募先とのやり取りだけでも大きな負担になってしまいますよね。

転職エージェントを利用すれば、それらのタスクをキャリアアドバイザーが代行してくれるため、利用者は希望先企業の研究や選考準備、現職の引き継ぎなどに集中することができます。

放射線技士におすすめの転職サイト3選
サイト名 評価 強み

放射線技士人材バンク

4.8

放射線技士専任のアドバイザーが求人のご紹介・給与交渉など転職活動全般をサポート。

レバウェル医療技師

4.5

電話・LINEで連絡で相談可能!給与交渉などのサービスもアリ。

マイナビコメディカル

4.2

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループが運営する医療介護業界特化した転職サイト。

放射線技師が転職エージェントを利用する3つのデメリット

一方で、放射線技師が転職エージェントを利用するデメリットも存在します。

特に質の悪い転職エージェントやアドバイザーにあたってしまった場合は、ストレスを感じたり転職活動に支障が出たりします。上記でお伝えしたように、安心して任せられる転職エージェント選びが大事になるのです。

放射線技師が転職エージェントを利用する際に起こり得るデメリットには、次の3つがあります。

  • 連絡がしつこいと感じる可能性がある
  • 希望に合わない求人が紹介されることもある
  • アドバイザーと相性が合わないことがある

連絡がしつこいと感じる可能性がある

転職エージェントに登録するとアドバイザーから連絡が来るようになります。基本的には打ち合わせや求人紹介のためのヒアリングが主になりますが、その他にも「転職のご状況はいかがでしょうか?」などと連絡が来た場合、煩わしいと感じる人もいるでしょう。

あまりサポートを必要としておらず、自分のペースで転職活動をしたい人は、その旨をアドバイザーに伝えてみるのがおすすめです。

希望に合わない求人が紹介されることもある

エージェントは利用者からのヒアリングに沿って求人を紹介します。ただ、放射線技師の求人数は少ないため、希望する条件に一致しない求人の紹介をされることもあるでしょう。

希望に合わない求人を頻繁に紹介されてしまえば、それだけ無駄なやり取りが増えます。しっかり希望を伝えているにも関わらず、希望に合わない求人ばかりが紹介されるのであれば、アドバイザーや利用するエージェントを変更することをおすすめします。

アドバイザーと相性が合わないことがある

転職エージェントのアドバイザーも人ですから、得意分野や性格などによる相性もあります。上記のように希望に合わない求人が紹介されたり、対応が遅かったりして、「自分には合わない」と感じてしまう人もいるでしょう。

転職エージェントは無料で利用できますので、少しでも合わないと感じた場合には、アドバイザーを変更してもらったり、他のサイトとも比較したりしながら自分に合ったエージェントを見つけていってください。

放射線技士におすすめの転職サイト3選
サイト名 評価 強み

放射線技士人材バンク

4.8

放射線技士専任のアドバイザーが求人のご紹介・給与交渉など転職活動全般をサポート。

レバウェル医療技師

4.5

電話・LINEで連絡で相談可能!給与交渉などのサービスもアリ。

マイナビコメディカル

4.2

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループが運営する医療介護業界特化した転職サイト。

放射線技師が転職エージェントを有効活用するために知っておくこと

放射線技師が転職を成功させるためには、自分に合った良い転職エージェントを選んで、有効活用するのが大切です。こちらでは、転職エージェントをうまく活用するためのポイントを5つご紹介します。

  • まずは登録して情報を収集する
  • 複数の転職エージェントに登録してサービスの質や相性を比べる
  • エージェントに任せっきりにしない
  • 転職理由や転職先の希望をまとめておく
  • アドバイザーとの相性が悪ければすぐに変更する

まずは登録して情報を収集する

転職エージェントは無料で利用できるので、転職情報を収集するためにも気軽に登録しましょう。登録後はアドバイザーと面談することに煩わしさを感じる方もいるかもしれませんが、公開されていない求人情報や転職のノウハウなどを聞くチャンスです。

連絡が不要になれば、通知OFFにしたり連絡を控えてもらったりもできるので、まずは登録して転職に関する情報を集めていくことをおすすめします。

複数の転職エージェントに登録してサービスの質や相性を比べる

自分に合った転職エージェントを見つけるためには複数のエージェントに登録することがおすすめです。

転職エージェントやアドバイザーによって紹介される求人も違ってきますが、1つだけしか利用していないと、それが最善なのかどうかまで判断できません。

比較対象となる複数のエージェントで登録をしておくことで、自分に合ったエージェントかどうかを判断する基準となるでしょう。

エージェントに任せっきりにしない

エージェントは様々なサポートをしてくれますが、受け身で任せっきりにすることはおすすめできません。受け身すぎると「転職に消極的な人」と判断されて、人気求人を紹介してもらえない可能性がありますし、アドバイザーと意思疎通ができずにミスマッチが起こりやすくもなります

「登録さえすればOK」と受け身でいるのではなく、希望条件を明確にしたり、自分で理想の求人を見つけてきたりすると、アドバイザーがあなたのことを理解しやすくなり、マッチングの精度も高くなるでしょう。

転職理由や転職先の希望をまとめておく

転職エージェントの登録後は、アドバイザーと面談して希望する転職先の特徴や仕事への適性などを明確にしていきます。

ヒアリングの中で自分の適性に気づけることもありますが、事前に自分の中で考えをまとめておくことで、アドバイザーにあなたの希望や考えが伝わりやすくなります。上記でもお伝えしたように、任せっきりではなく自分の考えをしっかりまとめておくと良いでしょう。

アドバイザーとの相性が悪ければすぐに変更する

転職エージェントは、どうしてもアドバイザーとの相性に影響されてしまう部分があります。あなたの希望を汲み取ってくれなかったり、連絡が遅くて不満に思ったりするようであれば、アドバイザーを変更してもらうことも可能です。基本的にどこの転職エージェントもアドバイザー変更はすぐに行ってくれます。

アドバイザーが変わるだけでも、求人の種類や転職に対するアドバイスの質が大きく変わることもあるでしょう。

アドバイザーが良くないと思ったら、すぐに変更を希望して、それでも対応が遅いようであれば、利用する転職エージェントそのものを変更しても良いでしょう。

放射線技士におすすめの転職サイト3選
サイト名 評価 強み

放射線技士人材バンク

4.8

放射線技士専任のアドバイザーが求人のご紹介・給与交渉など転職活動全般をサポート。

レバウェル医療技師

4.5

電話・LINEで連絡で相談可能!給与交渉などのサービスもアリ。

マイナビコメディカル

4.2

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループが運営する医療介護業界特化した転職サイト。

転職エージェントを利用する一般的な流れ

転職エージェントを利用する前に、転職活動の一般的な流れを理解しておくことが大切です。

以下で詳しくみていきましょう。

STEP

公式サイトから登録

最初に、利用したい転職エージェントを選んで登録しましょう。登録は簡単で、基本的にはWebですぐにできます。

5分以内で登録できることも多いので、複数のエージェントに登録するのがおすすめです。

STEP

転職エージェントで希望の求人を検索

登録完了後は、転職エージェントを利用して求人を探しましょう。

多くのエージェントでは、非公開求人も含めた豊富な情報があり、検索機能が整っているので、転職活動をスムーズに進めることが可能です。

さらに、一部の転職エージェントではスカウト機能があります。自身の学歴や資格、職歴を詳しく記載してアピールすると、企業から直接オファーがくる可能性があるのです。

転職エージェントによって扱っている求人が異なることも多いので、複数のエージェントに登録すると、より多くの情報を得られます。

これによって、転職活動をより効果的に進めることができるでしょう。

STEP

営業担当者と面談・相談

営業担当者と面談をおこないます。面談の前には、希望する条件、転職のタイミング、職歴、将来のキャリアプランなどを整理しておき、自分の希望を明確に伝えられるよう準備しましょう。

STEP

応募書類の添削

転職エージェントを利用すれば、履歴書や職務経歴書の添削サポートを受けることが可能です。

もし書類作成に不安があれば、担当者に助言を求めたり、エージェントが提供するサンプルを参照したりして作成してみましょう。

STEP

希望の条件に合う求人に応募

求人情報のなかから、自分の求める条件に適したものに応募します。応募する際には、募集の詳細と企業の情報をしっかりとチェックすることが大切です。

転職エージェントでは、給与や労働時間などの条件について企業と交渉することもできます。希望する条件があれば、事前にエージェントに伝えておきましょう。

STEP

面接指導

面接までの期間に、転職エージェントが面接指導をおこなってくれるサービスもあるので利用してみましょう。

面接時の話し方や答える内容について、事前によく考えて準備しておくことが大切です。

STEP

面接・書類選考

応募書類は、営業担当者を通じて企業に提出されます。

書類選考をクリアすると、企業での面接がおこなわれます。面接の日程調整や給与の交渉なども、エージェントがサポートしてくれるので安心です。

STEP

内定・退職

内定をもらったら、その職場で実際に働くかどうかを慎重に決め、決定したら速やかに企業に回答を伝えましょう。

内定後に給与や勤務条件などについて懸念や疑問があれば、営業担当者に相談しましょう。企業との交渉なども営業担当者がおこなってくれます。

転職することが確定したら、現在の職場の退職手続きも進めましょう

放射線技師が転職エージェントを利用する際によくある質問

最後に、放射線技師の方が転職エージェントを利用する際によく生じる疑問に対してお答えします。

転職エージェントの利用に費用はかかる?

転職エージェントは、求人紹介をしている企業から転職が決まった際の成功報酬として費用を受け取っています。利用者から費用を受け取るようなことがないビジネスモデルになっているため、登録から転職先が決まるまで完全無料で利用できますので、安心して登録してください。もちろん、面接対策や書類添削などの転職サポートも無料で受けることができます。

転職エージェントを利用したら転職する必要がある?

転職エージェントを利用したからといって、絶対に転職する必要はありません。登録して、求人を紹介してもらってから検討することもできますし、転職サポートだけを受けることも問題ありません。

「自分の市場価値を知りたい」という動機で転職エージェントを利用することもできますので、気軽に登録してみましょう。

複数の転職エージェントに登録できる?

複数の転職エージェントに登録することに問題はなく、むしろおすすめです。いくつかの転職エージェントを比較してみることで、より良い求人に出会える確率もアップするでしょう。

ただ、あまり多く登録しすぎてしまうとアドバイザーとのやり取りやメール通知などが負担になることもありますので、2〜3社程度がベストでしょう。

放射線技士におすすめの転職サイト3選
サイト名 評価 強み

放射線技士人材バンク

4.8

放射線技士専任のアドバイザーが求人のご紹介・給与交渉など転職活動全般をサポート。

レバウェル医療技師

4.5

電話・LINEで連絡で相談可能!給与交渉などのサービスもアリ。

マイナビコメディカル

4.2

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループが運営する医療介護業界特化した転職サイト。

まとめ

放射線技師におすすめの転職エージェントの紹介や選び方について解説しました。医療従事者向けや放射線技師向けなど、専門性の高い転職エージェントを中心に探してみることをおすすめします。

転職エージェントを利用することで、求人紹介だけでなく、面接対策や書類添削などの転職サポートも受けることができます。

後悔しない転職にしていくためには、相性の良い転職エージェントを見つけ、二人三脚で転職活動を進めていくことが大切です。本記事を参考にしながら、自分に合った転職エージェントを見つけていってください。

放射線技士におすすめの転職サイト3選
サイト名 評価 強み

放射線技士人材バンク

4.8

放射線技士専任のアドバイザーが求人のご紹介・給与交渉など転職活動全般をサポート。

レバウェル医療技師

4.5

電話・LINEで連絡で相談可能!給与交渉などのサービスもアリ。

マイナビコメディカル

4.2

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループが運営する医療介護業界特化した転職サイト。
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。