放射線技師のリアルな年収は?勤務先別の相場や年収を上げるためのポイントを解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

「自分の年収は高い?安い?」「今の年収は妥当?」と疑問をもつ放射線技師は多いでしょう。

放射線技師の年収は、同じ仕事内容でも勤務場所や年齢によって差が生じます。

たとえば医療機関の場合、施設の規模の大きさや、働く放射線技師の人数、残業の多さなどにより年収は変化します。

また、民間企業で働く放射線技師は高年収を得ている場合が多く、医療機関から転職するケースも多いです。

この記事では、放射線技師のリアルな年収を勤務先・年齢層・男女の区分で紹介するとともに、放射線技師が年収をアップさせる方法や、転職を成功に導くポイントを紹介します。

放射線技士におすすめの転職サイト3選
サイト名 評価 強み

放射線技士人材バンク

4.8

放射線技士専任のアドバイザーが求人のご紹介・給与交渉など転職活動全般をサポート。

レバウェル医療技師

4.5

電話・LINEで連絡で相談可能!給与交渉などのサービスもアリ。

マイナビコメディカル

4.2

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループが運営する医療介護業界特化した転職サイト。
目次

放射線技師のリアルな年収 気になる平均は?

職場内で給与の話はタブーとされていることが多いため、自分の年収が妥当かどうか、気になる放射線技師は多いでしょう。

ここでは、勤務先や年齢層別に、放射線技師のリアルな年収を紹介します。

【勤務先別】放射線技師の平均年収

放射線技師の年収は、勤務する場所によって大きく異なります。残業時間などの諸手当や給与形態が異なるためです。

放射線技師の多くは医療機関で働いていますが、一方で、放射線技師は国家資格を有しているため、医療機器メーカーをはじめとする民間企業で資格を活かして働くこともあります。

ここでは、放射線技師が働く施設ごとの平均年収を紹介します。

大学病院

大学病院に勤務する放射線技師の平均年収は、およそ400万~600万円です。

ほかの医療機関で働く放射線技師の平均年収と比べると、高い傾向にあります。

大学病院の多くは600を超える病床数を抱え、職員数は1,000人を超えます。

規模が大きいことから、技師の役割や担当するモダリティが細分化されているのが特徴です。

また、学会発表に力を入れている場合は、研究や準備で時間外勤務が増えます。残業手当による収入が増えることも、年収が高い要因のひとつといえるでしょう。

国立・公立病院

国立・公立の病院に従事する放射線技師の平均年収は、およそ400万円~500万円ほどです。

病床数や従業員数が多いため大学病院と同様に担当が細分化されますが、年収は大学病院と比較するとやや低い傾向にあります。

しかし、国立・公立の放射線技師は公務員扱いとなるため、安定した収入と充実した福利厚生を得ることが可能です。

勤務年数に合わせた昇給や待遇のほか、教育体制も充実していることから、長年にわたり勤務する放射線技師が多く見受けられます。

民間病院

民間病院に勤務する放射線技師の平均年収は、およそ370万円~450万円です。

民間病院の規模はさまざまあります。中規模よりも大規模のほうが高年収の傾向にありますが、一概にはいえません。

脳外科や整形外科など専門病院も多くあることや、残業時間の多さや各種手当、休暇の方針は病院で異なるからです。

民間病院に勤務する場合は、給与のほかにも福利厚生面をしっかり確認すると良いでしょう。

クリニック・健診センター

クリニック・健診センターに従事する放射線技師の平均年収は、およそ350万~400万円です。

全体の平均をやや下回りますが、夜勤がないため時間外手当が少ないのが理由に挙げられるでしょう。

一方で、放射線技師が一人だけの施設は、高スキルを求められ責任も増える分、給与も高い傾向にあり、平均年収は380万~450万円です。

クリニック・健診センターでは基本給が高く年間賞与が低めに設定されているケースが多く、年俸制を採用している施設は高月給で賞与が全くない場合もあります。

民間病院と同様に、クリニック・健診センターも施設の方針によって収入の幅は大きく異なります。

医療機器メーカー

放射線技師が医療機器メーカーに従事する場合、アプリケーションスペシャリストとして勤務するケースが多いようです。

アプリケーションスペシャリストは医療機器の導入をサポートする仕事で、放射線技師の資格や経験を存分に生かすことができます。

アプリケーションスペシャリストの平均年収は、およそ400万~500万円と高く、住宅手当なども別途支給されます。

出張や残業が多い分、諸手当が給与に反映されるため、初年度から高収入を狙えるのが魅力です。

中でも外資系企業の場合は、年収が700万円以上になるケースもあるようです。

【年齢層別】放射線技師の平均年収

次に、放射線技師の年齢層別の平均年収を紹介します。

日本では経験年数に伴って給与が増えるのが一般的ですが、放射線技師も同様です。

20~24歳の平均年収が386万円なのに対し、ピークを迎える5559歳には702万円まで上昇しています。

もちろん個々のスキルや勤務場所による違いは生じますが、一般的に放射線技師の平均年収はキャリアに比例するといえるでしょう。

年齢層平均年収診療放射線技師人数
20~24歳 386万円 3,710人
25~29歳 425万円 9,310人
30~34歳 461万円 5,410人
35~39歳 526万円 5,800人
40~44歳 601万円 5,450人
45~49歳 608万円 6,960人
50~54歳 673万円 6,160人
55~59歳 702万円 5,040人
60~64歳 510万円 2,030人
65~69歳 516万円 1,310人
70歳~ 358万円 80人
全年齢 544万円 51,280人
【参考記事】【2023年度】診療放射線技師の給与額≪統計値≫|ドクターネットエージェント

【男女別】放射線技師の平均年収

ここでは、放射線技師の男女別の平均年収を紹介します。

結論、男性の平均年収は女性の平均年収を86万円上回ります。

男性の平均年収が564万円なのに対して、女性の平均年収は478万円です。

年収の差が生じる理由として、女性のライフイベントが影響しているといえるでしょう。

出産を機に育児休暇を取得したり、夜勤の日数を減らしたりすることが理由に挙げられます。

しかし近年では、雇用する側が男性に育児休暇を取得させるなど、女性の働き方を見直す取り組みが積極的におこなわれています。

年齢層 男性 女性
平均年収 診療放射線技師人数 平均年収 診療放射線技師人数
20~24歳 428万円 1,710人 350万円 2,010人
25~29歳 426万円 5,710人 425万円 3,600人
30~34歳 462万円 4,430人 460万円 970人
35~39歳 534万円 4,430人 502万円 1,380人
40~44歳 621万円 4,200人 535万円 1,250人
45~49歳 607万円 4,950人 612万円 2,020人
50~54歳 681万円 5,620人 592万円 540人
55~59歳 711万円 4,700人 577万円 350人
60~64歳 511万円 1,990人 433万円 40人
65~69歳 516万円 1,310人 - 0人
70歳~ 358万円 80人 - 0人
全年齢 564万円 39,120人 478万円 12,160人
【参考記事】【2023年度】診療放射線技師の給与額≪統計値≫|ドクターネットエージェント

放射線技師が給料をアップさせる方法

収入が安定していても、多くの放射線技師が年収を増やしたいと思うでしょう。

ここでは、放射線技師が給料アップのために実践できる取り組みを2つ紹介します。

資格取得にチャレンジする

放射線技師が昇給するための方法のひとつは、資格を取得することです。

放射線技師は既に国家資格の「診療放射線技師免許」を取得していますが、放射線にかかわる資格はほかにも多くあります。

さまざまな種類の資格を保有し、担当できるモダリティを増やすことで昇給を目指せるでしょう。

また、資格の保有はスキルアップのみならず、転職時にも役立ちます。

例え経験が浅くても、取り扱える業務の広さをアピールできるからです。

放射線技師が取得すべき資格の一例
  • 検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師-
  • X線CT認定技師
  • 第1種放射線取扱主任者
  • 血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師
  • 救急撮影認定技師
  • 磁気共鳴(MR)専門技術者
  • 肺がんCT検診認定技師
  • 胃がん検診専門技師
  • 医用画像情報専門技師

勤続年数を伸ばし昇進を目指す

放射線技師の平均年収は、年齢とともに増加する傾向があります。同じ職場で勤続年数をのばすことは、昇進や昇給への近道になるでしょう。

また、放射線技師としてのスキルアップだけではなく、後輩の育成に力を入れるなど、職場への貢献度も昇進のための重要なポイントです。

昇進や昇給にはそれなりの責任を伴いますが、努力を惜しまず年収アップを目指しましょう。

一方で、転職によって年収がアップする場合もあります。

業務内容が同じでも、医療機関や企業の体制により給与形態は異なるからです。

ただし、転職の時期や勤務条件は、慎重に判断する必要があります。収入面のみのジャッジは、転職を失敗に導く要因になりかねません。

放射線技師で年収1,000万円を達成させるには?

放射線技師の平均年収は544万円です。

調査結果からわかるように、年収1,000万円を受け取る放射線技師は僅かであることは明らかです。

では、年収1,000万円を達成させる、または平均よりも高い年収を得る方法には、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは2つのケースを紹介します。

高スキルを求める施設で働く

放射線技師が一人体制の医療機関は、責任が重くなる対価として高収入を得られる場合が多いです。

一人で全ての検査や撮影をおこなうため、必要なスキルは広範囲におよびます。

患者や医師とのやり取りも多く、精神面と体力面のタフさが求められるでしょう。

年収は医療機関で異なりますが、放射線技師としての経験を積みつつ、高収入を得たい方に一人体制の医療機関はおすすめです。

ハイクラス転職を目指す

年収1,000万円を達成する方法のひとつに、企業への転職があります。

転職市場では、年収800万円以上の求人に転職することを「ハイクラス転職」と呼びます。

放射線技師のハイクラス転職は、アプリケーションスペシャリストへの転職が一般的です。

医療機関で放射線技師として働いていた年数が長いほど、企業への転職後は仕事内容の違いや組織体制の違いに苦戦するでしょう。

しかし、経験を積み実力が伴えば、将来的に年収1,000万円を達成することは夢ではありません。

放射線技士におすすめの転職サイト3選
サイト名 評価 強み

放射線技士人材バンク

4.8

放射線技士専任のアドバイザーが求人のご紹介・給与交渉など転職活動全般をサポート。

レバウェル医療技師

4.5

電話・LINEで連絡で相談可能!給与交渉などのサービスもアリ。

マイナビコメディカル

4.2

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループが運営する医療介護業界特化した転職サイト。

放射線技師が転職を成功させるポイント

転職活動をスムーズに進めるためには、いくつかのポイントがあります。

ここでは、放射線技師が転職を成功させるための重要なポイントを4つ解説します。

転職の希望条件を明確にする

転職の理由は、年収、人間関係、キャリアプランなど千差万別です。

「現状を変えたい」「不満を解消したい」という理由で転職を考える場合も多くありますが、勢い任せの転職はリスクを伴います。転職の成功に焦りは禁物です。

まずは転職の理由をはっきりさせ、希望条件に優先順位をつけます。譲れない条件と妥協すべき点が見えてくるでしょう。

勤務場所の視野を広げる

放射線技師の多くは医療機関に勤務していますが、放射線技師が活躍できる職場は多様です。

医療機器を扱う企業や、原子力関連企業、電力会社に転職する方法もあります。また、放射線技術科学関連の研究者になる選択肢もあります。

放射線技師としてのキャリアを生かしつつ理想の将来像を実現させるためには、広い視野で転職先を選択することが大切です。

スキルに見合うキャリアプランを立てる

放射線技師のスキルがどれだけ高いものであっても、採用側が求めるスキルと合致しなければ内定は得られません。

自分のスキルを今一度整理し、採用者へのアピールポイントを棚卸しておくことが重要です。

転職したい医療機関や企業があっても技術が追い付いていない場合は、転職を保留にして現職で経験を積んだり、希望条件を変えたりするなどの選択もできます。

現状を客観的に整理し、スキルに見合うキャリアプランを立てましょう。

転職エージェントを利用する

放射線技師が転職を成功させるためには、転職エージェントの利用が必須といえます。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、転職を成功に導くプロです。

豊富な知識と経験から、相談者に最適な方法を考えアドバイスをおこないます。場合によっては「転職の時期を見直すように」と助言することもあるでしょう。

また、転職エージェントは求人を探すだけではなく、スケジュール調整や条件交渉、入職後のフォローなど、転職にかかわる全てのサポートをおこなってくれます。

求人票には載っていない職場の雰囲気などの情報を得られることも、転職エージェントを利用する魅力のひとつです。

土日や祝日に対応している転職エージェントもありますので、休みを取りにくい放射線技師も安心して転職活動をおこなうことができます。

放射線技師の転職を成功に導く転職エージェント7

放射線技師が転職を成功させるポイントを解説しました。

ここでは、医療業界や放射線技師の転職に特化した転職エージェントを7社紹介します。

全て無料で利用することができますので、気軽に登録を検討してみてください。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは、人材サービス業界大手のマイナビが運営する、医療職に特化した転職エージェントです。

マイナビは50年以上にわたる実績を誇り、病院や医療施設に太いパイプをもっています。そのため、保有する求人数は業界トップクラスです。

また求人の紹介にとどまらず、入社後のアフターフォローにも力を入れているため、放射線技師にとって頼れるエージェントといえるでしょう。

好条件が揃う非公開求人は登録後に紹介を受けることができます。時間のある時に登録を済ませておくのがおすすめです。

公開求人件数 37,782件
診療放射線技師 公開求人件数 1,146件
運営会社 株式会社マイナビ
対応エリア 全国
公式ホームページ https://co-medical.mynavi.jp/
2023年11月時点

放射線技師人材バンク

放射線技師人材バンク

放射線技師人材バンクは、放射線技師に特化した転職エージェントです。放射線技師専任のアドバイザーが転職の全般をサポートしてくれます。

求人の検索は「雇用形態」「施設」「診療科目」「スキル」と細分化されているので、希望条件に合う求人を手早く見つけることが可能です。

キャリアアドバイザーの評判も良く、精度の高いマッチングを実現してくれます。

転職の相談をする際には、希望条件やキャリアプランを詳細に伝えましょう。

公開求人件数 3,212件
診療放射線技師 公開求人件数 3,212件
運営会社 株式会社エス・エム・エス
対応エリア 全国
公式ホームページ https://www.jinzaibank.com/hjb
2023年11月時点

ドクターネットエージェント

ドクターネットエージェント

ドクターネットエージェントは、遠隔画像診断サービスのパイオニア的企業である株式会社ドクターネットが運営する転職エージェントです。

1995年の設立から約28年の間に培ってきた医療機関との深い繋がりをベースに、放射線技師に手厚いサポートを提供しています。

専門性の高いキャリアアドバイザーが求職者に丁寧なヒアリングをおこない、医療機関や企業に直接足を運び採用者のリアルな声を収集するため、両者のミスマッチを防いでいます。

転職エージェントの運営歴は約5年と短いものの、信頼度の高い転職エージェントといえるでしょう。

公開求人件数 4,432件
診療放射線技師 公開求人件数 985件
運営会社 株式会社ドクターネット
対応エリア 全国
公式ホームページ https://dn-agent.com/
2023年11月時点

ジョブデポ放射線技師

ジョブデポ放射線技師

国内トップクラスの求人を保有するジョブデポ放射線技師は、放射線技師の求人に特化した転職サイトです。

地方求人を多く扱っているため、Uターン・Iターンを検討する放射線技師にもおすすめです。

また、求人に掲載されていない医療機関に直接交渉をおこなってくれる「逆指名制度」を利用すると、興味のある職場に転職できる可能性が広がります。

放射線技師としてキャリアを向上させたい方は、無料登録後に非公開求人を確認してみると良いでしょう。

公開求人件数 2,539件
診療放射線技師 公開求人件数 2,539件
運営会社 with Career株式会社
対応エリア 全国
公式ホームページ https://j-depo.com/rt
2023年11月時点

診療放射線技師JOB

診療放射線技師job

放射線技師JOBは、職業に関する相談や指導をおこなう有国家資格者であるキャリアコンサルタントが在籍しているのが特徴です。

幅広い視点と豊富な知識をもっているため、転職の悩みへの的確なアドバイスが期待できます。

キャリアコンサルタントへの相談は、LINEでおこなうことも可能です。

求人情報は毎日更新されており、こまめにチェックすることで有利な転職活動を進めることができるでしょう。

公開求人件数 967件
診療放射線技師 公開求人件数 967件
運営会社 株式会社SEプラス
対応エリア 全国
公式ホームページ https://rtjob.jp/
2023年11月時点

レバウェル医療技師

レバウェル医療技師

レバウェル医療技師は、放射線技師・臨床検査技師・臨床工学技士専門の転職エージェントです。

保有求人には、病院やクリニックはもちろん医療機器を扱う企業もあります。

職種を変えたい放射線技師には、特におすすめの転職エージェントといえるでしょう。

キャリアアドバイザーは、平日以外も相談に応じてくれるため、現職で忙しい放射線技師も安心して転職活動を進めることができます。

また、転職先が決まった後のフォロー体制も万全です。万が一、転職後に問題が発生した場合は遠慮せずに相談しましょう。

公開求人件数 非公開
診療放射線技師 公開求人件数 非公開
運営会社 レバレジーズメディカルケア株式会社
対応エリア 全国
公式ホームページ https://iryogishi-oshigoto.jp/
2023年11月時点

CME放射線技師

cme放射線技師

医療業界に精通したキャリアアドバイザーが転職をバックアップしてくれるのが、CME放射線技師です。

放射線技師側に立った条件交渉を約束しているため、転職活動に不安を抱く方も安心してサポートを受けることができます。

年収や休日などの希望条件のほか、求人先の人間関係など踏み込んだ内容も説明してくれますので、転職後のミスマッチを防ぐことが可能です。

初めて転職活動する方やブランクのある放射線技師にもしっかりとサポートをしてくれます。

公開求人件数 非公開
診療放射線技師 公開求人件数 非公開
運営会社 株式会社CMEコンサルティング
対応エリア 全国
公式ホームページ https://www.cme-consulting.jp/rt-lp/
2023年11月時点

転職エージェントを活用するコツを解説

放射線技師におすすめの転職エージェントを7社紹介しました。

転職エージェントの利用は多くのメリットがありますが、さらに効果的に活用するためのコツを5つ紹介します。

スキマ時間に登録を済ませておく

転職エージェントの多くは、短時間で会員登録を完了することができます。

1分で登録が完了する転職エージェントもあり、ヒアリングは別日に予約することも可能です。

思い立った時に転職活動を進められるように、まずはスキマ時間に登録を済ませておきましょう。

登録後の求人への応募は必須ではありません。

転職の意思が固まらず「どのような求人があるのか確認したい」「転職するべきか相談だけしたい」という方でも、転職エージェントを利用することができますので、気軽に登録してみてください。

転職エージェントは複数登録・利用する

転職エージェントは複数利用するのがおすすめです。

掲載されている求人は各エージェントによって異なり、独占求人を保有している場合もあります。

納得のいく転職活動を進めるには、各転職エージェントの特徴や強みを生かすことがポイントです。

少なくとも23社を利用し、自分に合う転職エージェントを見つけましょう。

転職の希望条件を明確に伝える

転職活動をスムーズに進めるためには、キャリアアドバイザーに希望条件を詳細に伝えることが重要です。

キャリアアドバイザーはこれまでの経験と知識をフル活用し、求職者に的確なアドバイスをおこないます。

キャリアプランが具体的であるほど、条件にマッチした求人をピックアップしてくれるでしょう。

転職に迷いのある方も、キャリアアドバイザーに相談を進めることで展望が開けてくるはずです。

書類添削などのサービスを活用する

転職エージェントの多くは、応募書類の添削や面接対策のサービスを提供しています。

特に初めて転職活動をする放射線技師にとって、履歴書や職務経歴書の作成は高いハードルになるでしょう。

キャリアアドバイザーは採用者側が求める人材を把握しているため、応募書類や面接で重視される点を網羅した対策をおこなってくれます。

効率的な転職活動を進めるためにも、サービスを活用しましょう。

担当者と相性が悪い場合は変更を依頼する

転職エージェントには、放射線技師の仕事に理解のあるキャリアアドバイザーが在籍していますが、時には相性が悪いと感じるケースがあります。

「対応が遅い」「希望条件を無視する」など不満を抱く場合は、遠慮せずに担当者の変更を申し出ましょう。

まとめ

放射線技師のリアルな年収を勤務先別、年齢層別、男女別で紹介しました。

放射線技師としての働き方はさまざまです。勤務条件により年収は異なりますが、給与をアップさせる方法には現職でスキルアップをしたり、技術や資格を生かして転職をしたりする方法があります。

現在の年収や転職に迷う放射線技師にとって、転職エージェントは強い味方になるでしょう。

放射線技師の業界に精通したアドバイザーが客観的で的確なアドバイスをおこなってくれるため、気軽に複数登録をするのがおすすめです。

放射線技師として、理想の年収やキャリアプランを実現させましょう。

放射線技士におすすめの転職サイト3選
サイト名 評価 強み

放射線技士人材バンク

4.8

放射線技士専任のアドバイザーが求人のご紹介・給与交渉など転職活動全般をサポート。

レバウェル医療技師

4.5

電話・LINEで連絡で相談可能!給与交渉などのサービスもアリ。

マイナビコメディカル

4.2

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループが運営する医療介護業界特化した転職サイト。
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。