看護師で年収600万円も可能!目指す方法と必要なスキル

編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

看護師で年収600万円を超えたいと思っていませんか?

新卒や20代前半の場合、看護師で年収600万円以上の収入を得るのは、少しハードルが高いかもしれません。

とはいえ、夜勤の回数や病院の規模、勤続年数などによっても給与は変わってくるため年収600万円という数字は目指そうと思えば目指せる金額です。

この記事では、看護師で年収600万円を目指す方法や必要なスキルを紹介します。

看護師におすすめの転職サイト5選
サイト名 評価 強み

レバウェル看護

レバウェル看護

4.8

アドバイザーの対応No,1の転職サイト。充実のサポートで納得のいく転職を実現できる。

ナース人材バンク

 

ナース人材バンク

4.5

保有求人数No.1の転職サイト。まずは登録しておきたい転職サイト。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

4.5

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループの転職サイト。

ナースではたらこ

 

ナースではたらこ

4.3

病院からのスカウトが受けられる!最短1か月で転職可能!

看護師ワーカー

看護師ワーカー

4.0

好条件の非公開求人多数!専門のアドバイザーが徹底支援

 

目次

看護師で年収600万円は十分に現実的

看護師で年収600万円を得るのは可能ですが、勤続年数や夜勤、転職などの工夫が必要といえるでしょう。

厚生労働省の「令和3年賃金構造基本統計調査」によると、2021年の看護師の平均年収は約499万円です。

上記の年収499万円という数値には夜勤手当やボーナスなども含まれており、600万円には届いていません。

また、日本看護協会の「2020年病院看護実態調査報告書」によると、新卒看護師の初任給は、大学卒業で約27万円(年収378万円)、勤続10年の非管理職の看護師で約32万円(年収480万円)となっています。

やはり、年収600万円には届いていない結果となりました。

【参考記事】
令和3年賃金構造基本統計調査|厚生労働省
2020年 病院看護実態調査 報告書|日本看護協会

一方、年収600万円を超えている看護師も存在しています。

SNSなどでは、「東京では年収600万円だったが田舎に戻ると下がった」「夜勤専従で年収600万円超えた」「勤続年数30年で600万円ある」といった声が見受けられました。

このことから、工夫次第で年収600万円を得られる可能性があることがわかります。

看護師で年収600万円を目指す条件はある?

では実際に、どうしたら年収600万円が実現可能になるのでしょうか。看護師で年収600万円を目指すポイントをいくつか紹介します。

管理職に就く

ひとつめは、管理職に就く方法です。

肩書のない職員の場合、基本給に夜勤や残業などの手当がつきますが、管理職になると、さらに「役職手当がつきます。

そのため、管理職では平均月収は約48万円、中間管理職では約43万円といった具合に、給与の水準がグッと上がる傾向があります。

【参考記事】2021年 看護職員実態調査|日本看護協会

管理職に就くのは容易ではありませんが、勤続年数などが昇進につながる可能性は考えられるでしょう。

10年以上勤務する

次に紹介するのは、同じ職場で10年以上勤務する方法です。

なぜなら、勤続年数に伴って基本給が少しずつ上がる傾向があるからです。

近年は人事評価制度の導入が主流になりつつありますが、それでもなお年功序列は存在しています。

10年、15年、20年と勤続年数が長くなるにつれて年収アップが見込めるため、年収600万円にも手が届く可能性があります。

マイナビ看護師の調査によると、勤続1015年にあたる年代の平均年収は以下のとおりです。

年齢 平均年収
男性女性
30~34歳512万円471万円
35~39歳534万円490万円

平均年収は600万円にまでは届かないですが、勤続10~15年で500万円は平均といえるので、600万円を狙うのも十分現実的といえるでしょう。

規模が大きい病院へ転職する

規模が大きい病院へ転職するのも、ひとつの方法です。

規模が大きい総合病院などは、国や公的機関が母体となっているためです。

病院の経営母体には、以下のような団体が挙げられます。

  • :厚生労働省・国立など
  • 公的機関:都道府県・日本赤十字社・社会保険連合や組合など
  • 民間機関:医療法人・公益法人など

病床数が多く規模の大きな病院は、人事制度や昇給制度といった制度面も整っている傾向があります。

したがって、転職することで基本給の底上げができ、年収600万円を目指せる可能性があるといえるでしょう。

看護師におすすめの転職サイト5選
サイト名 評価 強み

レバウェル看護

レバウェル看護

4.8

アドバイザーの対応No,1の転職サイト。充実のサポートで納得のいく転職を実現できる。

ナース人材バンク

 

ナース人材バンク

4.5

保有求人数No.1の転職サイト。まずは登録しておきたい転職サイト。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

4.5

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループの転職サイト。

ナースではたらこ

 

ナースではたらこ

4.3

病院からのスカウトが受けられる!最短1か月で転職可能!

看護師ワーカー

看護師ワーカー

4.0

好条件の非公開求人多数!専門のアドバイザーが徹底支援

 

専門スキルや新しい資格を取得する

専門スキルを活かしたり、新たにスキルや資格を取得したりするのも有効です。

たとえば、看護師が取得できる資格には助産師・保健師・認定看護師・専門看護師などが挙げられます。

これらの資格は取得するのに費用・時間ともにかなりかかるうえに、資格手当は平均5,000円とかなり安めです。

※ 認定看護師の資格手当平均額は5,224円。66.3%は「資格手当なし」と回答。
参考ページ:認定看護師の活用及び成果に関する調査報告

「年収アップ」を直接狙う場合には、あまりおすすめとはいえません。

とはいえ転職時のアピールポイントはなるので、興味がある資格であれば取得を狙ってみると良いでしょう。

夜勤をする

夜勤をする方法もあります。

日本看護協会によると、平日におこなわれる夜勤1回あたりの平均手当額は以下のようになっています。

2交代制の夜勤11,286円
3交代制の深夜夜勤5,122円
3交代制の準夜勤4,154円

【参考記事】2020年 病院看護実態調査 報告書|日本看護協会

病院によって手当額は異なるため、手当の金額が高く設定されている病院を選ぶ、あるいは「夜勤専従」のような働き方をすることで、年収600万円に一歩近づけるでしょう。

看護師が年収600万円以上を目指すために必要なスキル

看護師で年収600万円を得るには、以下のようなスキルが必要になります。

  • マネジメント力
  • コミュニケーション力
  • 経験と実績

マネジメント力

中堅看護師になると、現場をまとめる力が求められます。

たとえば、新人を指導する力や、チームをまとめるリーダーシップなどです。ときには、冷静な判断力が必要になることもあるでしょう。

看護主任などに昇進すると、現場を管理し、まとめるマネジメント力が必要不可欠です。

そのため、マネジメント力が評価されると昇進につながりやすく、結果的に年収アップが見込めます。

コミュニケーション力

コミュニケーション力も欠かせません。

患者や医師、さまざまなスタッフとコミュニケーションをとり、連携しなければ対応できないこともあるからです。

たとえば、ひとりの患者がいたとしましょう。最善の処置をおこない、患者に回復してもらうためには、以下のようなコミュニケーションが重要になります。

  • 患者本人から体調を聞く
  • 医師から病状や進行具合を聞く、処置の判断をあおぐ
  • チームの看護師から患者の様子を聞く など

休暇などの関係で、ほかのスタッフに患者の対応を任せることもあるでしょう。

コミュニケーションが円滑で、情報共有がしっかりされていると、スムーズな連携ができ、患者も安心して治療を受けられるようになります。

チームワークが高まると、仕事の効率も上がり、評価につながることも考えられます。

経験と実績

やはり、ある程度の経験や実績が必要といえるでしょう。医療現場では、一刻を争うシーンもあります。

適切な処置をする」「冷静な判断をするといった行動は、どうしても経験が浅い看護師より、経験豊富な看護師のほうが柔軟に対応できるものです。

そのため、幅広い経験があるほうが、経験値を評価され、収入アップにつながる可能性が広がります

今より経験と実績を積み、年収アップを実現させましょう。

看護師におすすめの転職サイト5選
サイト名 評価 強み

レバウェル看護

レバウェル看護

4.8

アドバイザーの対応No,1の転職サイト。充実のサポートで納得のいく転職を実現できる。

ナース人材バンク

 

ナース人材バンク

4.5

保有求人数No.1の転職サイト。まずは登録しておきたい転職サイト。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

4.5

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループの転職サイト。

ナースではたらこ

 

ナースではたらこ

4.3

病院からのスカウトが受けられる!最短1か月で転職可能!

看護師ワーカー

看護師ワーカー

4.0

好条件の非公開求人多数!専門のアドバイザーが徹底支援

 

自分の自己分析をするのも有効

自分の長所や短所・スキルがわからない」という方もいるかもしれません。

自分の長所やスキルがわからない場合は、転職エージェントやアプリなどで自己分析をしてみるのがおすすめです。

自己分析をすると、自分のスキルを基にした「自分に見合う年収額」がわかります。「もっと上を狙えるかもしれない」、反対に「今のままじゃ年収600万円は難しい」と、自分で判断する一つの目安になるでしょう。

自分では気づいていなかったスキルがわかるかもしれません。

もっと〇〇したいな」と目標が明確になる可能性や、「転職するのもありだな」と新しい道が見える可能性もあります。

自分で自分を知るために、自己分析をしてみるのも、ひとつの手段ではないでしょうか。

年収600万円を目指す看護師におすすめの転職エージェント

レバウェル看護

レバウェル看護
  • 特徴① 求人数が多い
  • 特徴② 求人・病院ごとの情報が充実している
  • 特徴③ 「アドバイザー対応」「紹介案件の質」1位

レバウェル看護の強みは、充実した情報提供にあります。

 

10万件以上(※1)ある求人には一般的な求人詳細・施設詳細のほか、おすすめポイント、職場の雰囲気や福利厚生などの施設レビューが掲載されています。

さらに、求人によっては病院インタビューがあったり、医療方針や退職理由などを共有してもらえたりするため、具体的なイメージをもったうえで応募に進めるでしょう。

 

また、価値観や細かい条件をヒアリングしてからの求人紹介や入職後のアフターフォローなど、求職者に向き合ったサービスもポイントです。

「アドバイザー対応」「紹介案件の質」で1位を獲得した実績(※2)もあり、後悔しない転職を叶えたい方におすすめできます。

 

(※1)レバウェル看護の公式ホームページより

(※2)オリコン顧客満足度調査 2022年看護師転職 第1位

 

サービス名 レバウェル看護
運営会社 レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数 154,456件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年5月15日時点

 

ナース人材バンク

ナース人材バンク
  • 特徴① 年間10万人以上の看護師が利用
  • 特徴② 各都道府県を専任で担当するキャリアパートナー
  • 特徴③ 病院勤務以外のキャリアも支援

ナース人材バンクは、年間10万人以上(※1)の看護師が利用する転職支援サービスです。

 

各都道府県ごとに担当が分かれた看護師専門のキャリアパートナーが、数ある求人の中から最適な求人を紹介してくれます。

地域密着型ならではの一歩踏み込んだ情報提供にも期待できるため、求人で気になることは気軽に尋ねてみるといいでしょう。

 

また、姉妹サイトの「ナース専科」では、求人元の病院で実際に働く方の口コミも検索可能です。 取り扱い職種は、病院勤務の看護師のほか、トラベルナースや美容クリニック、企業看護師、保育園看護師、看護教員など、多岐にわたります。

 

悩みを解決するための多彩な選択肢が用意されていることも、ナース人材バンクの強みといえるでしょう。

 

(※1)ナース人材バンクの公式ホームページより

 

サービス名 ナース人材バンク
運営会社 株式会社エス・エム・エス
公開求人数 18,729件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年5月1日時点

 

マイナビ看護師

マイナビ看護師
  • 特徴① 非公開求人多数
  • 特徴② 実際に足を使って収集した内部情報を提供
  • 特徴③ まだ転職を決めていない場合でも相談可能

マイナビ看護師は、大手人材紹介企業の株式会社マイナビが運営する転職エージェントとあって、信頼感をもって利用できるのが魅力です。

保有求人のうち3割程度(※1)が非公開の求人なので、登録すると思わぬ好条件の求人に出会える可能性があるでしょう。

 

また、情報力の高さにも定評があり、実際に病院に足を運んで収集した内部事情なども教えてもらえます。

職場の雰囲気や看護師長の人柄など、求人票からは得られないような情報も得られ、応募先の選定にも役立つはずです。

 

もちろん、履歴書の添削や面接練習、内定後の条件交渉などのサービスも手厚く、はじめて転職する方の心強い味方となってくれます。

 

「まだ転職を決めていない」という方も、まずは気軽に相談してみるのがおすすめです。

 

(※1)マイナビ看護師の公式ホームページより

 

サービス名 マイナビ看護師
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 65,328件
非公開求人数 16,147件
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年5月15日時点

 

まとめ|自分に合った方法で600万円を目指そう

看護師で年収600万円を目指すには、役職に就く・夜勤をする・給与水準あるいは経営が良好な病院に転職する、などの方法があります。どの方法が合うのかは、人それぞれです。

経験年数につれて年収が上がる方もいれば、子育てなどで夜勤ができない方もいるでしょう。大きい病院への転職が、転機になるケースもあり得ます。

自分のライフスタイルに合う方法で、年収600万円を目指しましょう。

看護師におすすめの転職サイト5選
サイト名 評価 強み

レバウェル看護

レバウェル看護

4.8

アドバイザーの対応No,1の転職サイト。充実のサポートで納得のいく転職を実現できる。

ナース人材バンク

 

ナース人材バンク

4.5

保有求人数No.1の転職サイト。まずは登録しておきたい転職サイト。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

4.5

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループの転職サイト。

ナースではたらこ

 

ナースではたらこ

4.3

病院からのスカウトが受けられる!最短1か月で転職可能!

看護師ワーカー

看護師ワーカー

4.0

好条件の非公開求人多数!専門のアドバイザーが徹底支援

 

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。