夜勤専従看護師の現実とは?リアルな体験談から見る夜勤専従で働くメリット/デメリット

編集者
看護師夜勤 夜勤専従看護師とは
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

看護師の仕事は、患者さんやその家族に寄り添い、力になるやりがいのある仕事だと感じる人は多いことでしょう。その反面、看護師の仕事は、精神的にも肉体的にもかなりきつい仕事だと感じている人も多いのではないでしょうか。

看護師とひとことでいっても働き方はいろいろありますが、不規則な勤務体制がきつく、心身ともに疲弊して看護師を辞めてしまう人も多いようです。

看護師の働き方の中には、「夜勤専従」で働ける職場もあります。

夜勤ばかりでさらに肉体的にきつくなってしまうのでは!?と心配になってしまう人もいるかもしれませんね。

夜勤専従とは一体どのような業務があって、どういうメリットがあるのでしょうか。

今回は、看護師の夜勤専従についての基礎知識やメリットとデメリット、そして夜勤専従の仕事を見つける方法をご紹介します。

ここで紹介する情報が、少しでも看護師の皆さんのお役に立つと嬉しいです。

看護師におすすめの転職サイト5選
サイト名 評価 強み

レバウェル看護

レバウェル看護

4.8

アドバイザーの対応No,1の転職サイト。充実のサポートで納得のいく転職を実現できる。

ナース人材バンク

 

ナース人材バンク

4.5

保有求人数No.1の転職サイト。まずは登録しておきたい転職サイト。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

4.5

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループの転職サイト。

ナースではたらこ

 

ナースではたらこ

4.3

病院からのスカウトが受けられる!最短1か月で転職可能!

看護師ワーカー

看護師ワーカー

4.0

好条件の非公開求人多数!専門のアドバイザーが徹底支援

 

あなたにぴったりの転職エージェントを診断!
看護師転職サイト診断ツール
性別
年齢
勤務形態
目次

看護師の夜勤専従に関する基礎知識

まず、看護師の夜勤専従に関する基礎知識を紹介します。

ここでは夜勤専従看護師の仕事内容や勤務時間に関するお役立ち情報をご紹介します。

夜勤専従の看護師の仕事内容は?

夜勤専従看護師とは、読んで字のごとく夜勤のみの勤務をする看護師のことです。

仕事内容は一般的な夜勤のものと同じで、病棟の巡回やナースコール対応、トイレ介助やオムツ交換、配薬や点滴の交換、そして看護記録の記載や整理などの業務を担います。

夜勤専従は一般的に「家族や友人と生活リズムが合わない」とか「昼夜反対の生活で体調を崩してしまいそう」というネガティブなイメージを持たれているかもしれません。

どんな人が夜勤専従の看護師になるの?

夜勤専従の看護師は少人数の精鋭チームでの勤務になるので、少なくとも2~3年の常勤経験のある人で、基本的な看護技術や能力を持ち、かつ優れた判断力を持つ人が望ましいと言われています。

夜勤専従って月何回入れる?

夜勤専従看護師の勤務時間に関するルールは特にありませんが、日本看護協会では144時間までの勤務を推奨しているため、それに従っている病院が多いようです。

この144時間ルールを守っている医療機関の場合は、夜勤専従だと2交代体制で月に9回、3交代制だと月に18回ほど勤務することになります。

どのくらい働く?

勤務時間については、2交代制の場合は1日16時間程度、3交代制の場合は1日8時間程度です。

ただし、夜間は看護師の数が少ないので、時間通りにはなかなか仕事が終わらない場合もあります。

給与は?通常と夜勤専従との比較

夜勤専従看護師は、夜勤ありの通常の看護師に比べて出勤日の全てが夜勤なので、高収入が期待できます。

夜勤専従なので夜勤手当の支給金額が多く、医療機関によっては、通常の夜勤手当に加えて「夜勤専従手当」が支給される場合もあるので、さらなる収入アップが見込まれます。

夜勤専従で働く看護師のメリットとデメリット

どのような仕事をするにしても、それぞれメリットとデメリットがありますよね。

夜勤専従の看護師として働く場合のメリットやデメリットとはどのようなものなのでしょうか。

夜勤専従のメリット

夜勤専従で働く看護師は、なぜ「夜勤専従」という選択をしたのでしょうか。ここでは看護師が夜勤専従で勤務するメリットについてご紹介します。

高収入が期待できる

夜勤専従のメリットは、なんといっても高収入が期待できることでしょう。「夜勤手当」と「夜勤専従手当」がダブルで支給されるという場合もあるようです。

勤務日数が少ない

2交代制の場合は、1日あたりの勤務時間が長い分、勤務日数が少なくなります。この場合の勤務日数は月9回が一般的と言われています。

日中の時間を有効に活用できる

夜勤専従は、日中の時間を趣味や勉強に有効に使うことができるのもメリットの一つです。プライベートを充実させたいという希望を叶えるために夜勤専従を選ぶ看護師も多いようです。

夜勤専従のデメリット

では次に、夜勤専従の看護師として勤務するデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは夜勤専従のデメリットについてご紹介します。

体調を崩しやすい

2交代制で勤務した場合は、1日の勤務時間は16時間にも及ぶので、なかなか疲労が取れずに体調を崩してしまうことも多いようです。

常勤の求人が少ない

夜勤専従看護師は非常勤しか採用していない場合も多いので、常勤を希望する場合は、希望通りの勤務先になかなか巡り合わないという恐れがあります。

出世は望めない

夜勤専従は、日中行われる病院内の委員会室への参加が免除されたり、患者の担当になることが免除されたりする場合があるので、管理職の候補として名前が上がる可能性は低くなってしまいます。

看護師におすすめの転職サイト5選
サイト名 評価 強み

レバウェル看護

レバウェル看護

4.8

アドバイザーの対応No,1の転職サイト。充実のサポートで納得のいく転職を実現できる。

ナース人材バンク

 

ナース人材バンク

4.5

保有求人数No.1の転職サイト。まずは登録しておきたい転職サイト。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

4.5

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループの転職サイト。

ナースではたらこ

 

ナースではたらこ

4.3

病院からのスカウトが受けられる!最短1か月で転職可能!

看護師ワーカー

看護師ワーカー

4.0

好条件の非公開求人多数!専門のアドバイザーが徹底支援

 

あなたにぴったりの転職エージェントを診断!
看護師転職サイト診断ツール
性別
年齢
勤務形態

夜勤専従の看護師の本音

では、実際に夜勤専従で勤務している看護師は、本音ではこの仕事をどのように見えているのでしょうか。

夜型になる

確かに日勤と夜勤の両方するより、一つの時間帯でずっと勤務できたほうが、その時間帯に働くことに身体が慣れるのかもしれません。

生活スタイルの変化に合わせて夜勤専従を選択する

夜勤専従の方が、予定が立てやすいという声も根強いようです。

お給料が増える喜び

夜勤専従の最大のメリットは、なんと言ってもお給料が増えることですよね。

https://twitter.com/mi_rila25/status/1196777204740321281

夜勤専従の看護師求人が多いサイト3選

レバウェル看護(旧:看護のお仕事)

レバウェル看護

自分一人では調べきれないリアルな内部情報を提供してくれるのが、レバウェル看護(旧:看護のお仕事)です。

レバウェル看護(旧:看護のお仕事)が独自に入手した、どこにも掲載されていない「好条件」「好待遇」の求人を紹介しています。

給与の交渉も代行してくれ、徹底したサポートが得られると利用者のアドバイザーに対する満足度はかなり高く評価されています。

ナース人材バンク

ナース人材バンク

ナース人材バンクは、転職を希望する看護師が理想の職場で勤務できるよう、最大限のサポートをしてくれます。

プロのキャリアアドバイザーが病院・施設・クリニックなどの医療機関から企業に至るまで網羅的に求人情報を収集しているため、求人数は全国最大級です。

幅広い求人の中から希望の条件などと合うかをしっかりとチェックした上で、希望通りの仕事探しを手伝ってくれます。

看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)

看護師ワーカー

看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)は、看護師業界だけでなく、医療業界全体の求人を扱う業界横断的な転職エージェントです。その幅広い情報網を活かしたノウハウを元にしたサポートをしてくれます。

キャリアアドバイザーのヒアリング力、提案力が高く、どういった転職を実現したいのかを明確にして後悔のない転職活動ができることでしょう。

まとめ

今回は、看護師の夜勤専従についての基礎知識や夜勤専従することのメリットとデメリット、そして夜勤専従の仕事を見つける方法をご紹介します。

夜勤専従看護師を目指す場合には、自分にとってのメリットとデメリットをよく考えた上で進むべき道を選択することをおすすめします。

まずは看護師としての経験と自信実と績を積み上げて、看護師としての自分に自信が持てるよう努めてください。

看護師におすすめの転職サイト5選
サイト名 評価 強み

レバウェル看護

レバウェル看護

4.8

アドバイザーの対応No,1の転職サイト。充実のサポートで納得のいく転職を実現できる。

ナース人材バンク

 

ナース人材バンク

4.5

保有求人数No.1の転職サイト。まずは登録しておきたい転職サイト。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

4.5

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループの転職サイト。

ナースではたらこ

 

ナースではたらこ

4.3

病院からのスカウトが受けられる!最短1か月で転職可能!

看護師ワーカー

看護師ワーカー

4.0

好条件の非公開求人多数!専門のアドバイザーが徹底支援

 


あなたにぴったりの転職エージェントを診断!
看護師転職サイト診断ツール
性別
年齢
勤務形態
  • URLcopy
医療/介護系転職TEAMのアバター
CAREERUPSTAGE編集部

医療/介護系転職TEAM

医師・看護師・介護業界の転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。