警察官から民間企業へ転職するメリット・デメリットは?転職を成功させるコツやおすすめの職種を解説

           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

警察官から民間企業に転職するメリット・デメリットは?

警察官から民間企業への転職を成功させるコツが知りたい!

警察官は、国民の安全と治安を守る魅力的な職種です。

しかし、上下関係が厳しいことや、プライベートの時間を確保しにくいことなど、さまざまな理由から転職したいと考える方もいます。

警察官から民間企業への転職を成功させるためには、転職のコツを押さえておくと安心です。

本記事では、警察官から民間企業へ転職するメリット・デメリットや、転職を成功させるコツを詳しく解説します。

関連記事:公務員からの転職におすすめの転職エージェント7選|選び方と使いこなすコツも解説

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
12万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
41.9万件
非公開求人数
36.2万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
6万件
非公開求人数
非公開
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
25万件
非公開求人数
3.9万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年7月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年7月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年7月1日時点
目次

警察官が民間企業へ転職したいと考える理由

警察官が民間企業へ転職したいと考える理由としては、次のことが考えられます。

なんとなく民間企業へ転職したいと考えている方は、共感できる内容がないかよく確認してみてください。

精神的なダメージが大きい

警察官から民間企業へ転職したいと考える理由として、精神的なダメージが大きい点が挙げられます。

殺人や事故などの現場に、警察官は事件解決のために駆けつけなければなりません。

現場で見た光景によっては、トラウマになるようなものもあるでしょう。

また、自転車や自動車などの交通違反の取り締まりや、暴力団関係者、犯罪者などの取り締まりも警察官の役割です。

一般市民から罵声を浴びさせられたり、犯罪者や暴力団関係者にケガを負わされたりする可能性もあるため、精神的に大きな負担がかかります。

日常の業務が、精神的に負担がかかる理由から、民間企業への転職を考える方が多くいます。

プライベートの時間を確保しにくい

警察官の勤務形態は、基本的に次の2種類に分けられます。

警察官の勤務形態
  • 毎日勤務制
  • 交代勤務制

毎日勤務制は、平日の朝から夕方まで勤務する週休2日制の民間企業に近い勤務形態です。

交代勤務制は、出勤した日は次の日の朝まで働き、朝以降は非番となる勤務形態です。

いずれも休日は設けられていますが、事件や事故が発生すると残業が発生したり、休日出勤をしたりして働く必要もあります。

いつ事件が発生するかわからず、プライベートの時間を確保しにくい点が転職理由の1つです。

上下関係が厳しい

上下関係が厳しい点も、警察官から民間企業への転職を考える理由の1つです。

警察官の職場の多くは縦社会のため、上司の指令を遵守し、職務を全うしなければなりません。

男性社会のため女性警察官は、とくにストレスを感じやすくやめてしまう方も多いです。

そのため、フラットな雰囲気の職場環境で働きたいと考えている方は、上下関係の厳しい警察官が苦痛に感じる可能性があるでしょう。

理想と現実のギャップに耐えられない

入社前と現実のギャップに違和感をもっている場合も、警察官が民間企業への転職を考える理由になります。

映画やドラマなどを観て憧れて警察官を目指す方も多いですが、現実は上下関係が厳しい、プライベートの時間が確保できないなど異なります。

華やかなイメージと現実のギャップが大きく、耐えられない場合は別の職種へ転職したいと考えるようになるでしょう。

警察官から民間企業に転職するメリット

警察官から民間企業に転職するメリットは、次のとおりです。

転職するべきか悩んでいる方は、転職によって得られるメリットを確認し、検討してみてください。

それぞれ詳しく解説します。

自由な時間が増える

警察官から民間企業に転職するメリットとして、自由な時間が増えることが挙げられます。

事件や事故の発生によっては、長時間の残業や休日出勤が発生する可能性があります。

家族や友人との時間を大事にしたいと考えていても、プライベートの時間が確保できない点がネックに感じる方もいるでしょう。

民間企業へ転職すると、日中は働き週末に休日を取得する企業が多く、自由な時間を増やせます。

そのため、使える時間を増やしたい方や、家族、友人との付き合いを大事にしたい方は、民間企業への転職がおすすめです。

副業ができる

警察官は、公務員であるため国家公務員法や地方公務員法によって副業が禁止されています。

本業以外で収入を増やしたいと考えている方は、副業禁止に不満を感じるでしょう。

国家公務員法第一〇三条で、国家公務員は営利を目的とする企業や団体の役員等との兼業や自営業ができないと規定されている。

同法第一〇四条では営利企業以外の事業の団体についても同様のことを規定して、国家公務員の兼職、副業を禁止している。

地方公務員は、地方公務員法第三十八条で同様に兼職、副業が禁止されている。

引用元:衆議院

民間企業の場合は、副業を解禁している企業も多く、本業とプラスで収入が得られます。

単純に収入が増えるため、日常生活の満足度を上げたい方には魅力的です。

ただし、企業によっては就業規則で副業を禁止している可能性もあるため、事前によく確認しておきましょう。

日常的なプレッシャーから解放される

日常的なプレッシャーから解放される点は、警察官から民間企業へ転職するメリットといえます。

警察官は、常に犯罪やトラブルから国民の安全を守る仕事であるため、大きなプレッシャーがかかります。

プレッシャーがあまりに大きいと、心身ともに不調につながる可能性があるでしょう。

心身が不調なままでは、満足に勤務できないうえ、精神病を患う可能性もあるため注意が必要です。

民間企業へ転職すると、大きなプレッシャーから解放されるため、適度な緊張感のなかで業務に取り組めます。

そのため、日々のプレッシャーによって日常生活に支障をきたしている場合は、民間企業への転職を検討してみてください。

将来のキャリアの選択肢が広がる

警察官から民間企業へ転職すると、将来のキャリアの選択肢が広がります。

警察官のキャリアは、昇進しても警察官としてのキャリアしか歩めませんが、民間企業であれば多くの職種からキャリアを積み上げられるでしょう。

たとえば、ITエンジニアを経験すると、プロジェクトマネージャーや別のエンジニア職、事務職など複数のキャリアパスが考えられます。

キャリアの選択肢を増やしたいと考えている方は、興味のある職種の民間企業へ転職するのがおすすめです。

警察官から民間企業に転職するデメリット

警察官から民間企業に転職するデメリットは、次のとおりです。

民間企業への転職はメリットばかりではなく、デメリットについても同様に理解しておく必要があります。

警察官から民間企業へ転職する場合のデメリットも確認し、本当に転職するべきかどうか判断してみてください。

安定性を失う

警察官から民間企業に転職するデメリットとして、安定性を失うことが挙げられます。

警察官の給料は国民の税金から支払われているため、リストラのリスクがなく、安定して毎月の給料がもらえます。

しかし、民間企業は企業の売上のなかから従業員に対して給料が支払われる仕組みです。

売上によっては減給や賞与カット、人件費削減のためにリストラされるなどのリスクがあります。

今後も安定して収入を得て働きたいと考えている方は、警察官のほうが向いているといえるでしょう。

年収が下がる場合がある

警察官から民間企業へ転職すると、年収が下がる可能性があります。

令和4年4月1日地方公務員給与実態調査結果によると、警察官の平均年収は約720万円程度であるため、日本人全体の平均年収より高水準です。

民間企業へ転職する場合は、年収が下がる可能性が高いため、高年収で安定してお金を稼ぎたい場合はデメリットに感じるでしょう。

しかし、民間企業の場合でも昇進すると、警察官のとき以上に高年収を実現できる可能性もあります。

民間企業で高年収を実現するためには、普段からスキルを磨いていくことが重要です。

民間企業の雰囲気に馴染めない可能性がある

警察官から民間企業へ転職すると、民間企業の雰囲気に馴染めない可能性があります。

民間企業は、警察官のように上下関係が厳しい企業も少なく、フラットに接することが可能です。

日常的に上下関係の厳しい環境で仕事をしてきた警察官は、フラットな職場環境に馴染むまでに時間がかかるでしょう。

しかし、焦らずに続けていればそのうち民間企業への雰囲気に慣れてきます。

警察官から民間企業への転職は難易度が高い?

結論、警察官から民間企業への転職は難しくありません。

警察官で身につけた経験やスキルは、多くの民間企業で活かせる場面があります。

民間企業へ転職するときに、警察官は次のようなスキルが評価されやすいです。

警察官が評価されやすいスキル
  • 忍耐強さ
  • コミュニケーション能力
  • 責任の強さ

専門性が高い職種のため転職が難しいと考えられがちですが、上記のように民間企業へアピールできるスキルも複数あります。

コミュニケーション能力に関しては、どのような業界においても求められるスキルのため、積極的にアピールするとよいでしょう。

警察官からの転職におすすめの職種

警察官から転職するにあたって、スキルが活かせる職種について知りたいと考えている方も多いでしょう。

警察官から転職する場合は、次のような職種がおすすめです。

警察官からの転職におすすめの職種

それぞれの特徴やおすすめできる点を詳しく解説します。

営業職

営業職は、未経験を多く採用している営業職への転職がおすすめです。

警察官で身につけた体力とメンタルは、業界を問わずに営業職としてのキャリアに活かせます。

警察官のように異業種からの転職者を採用する傾向も強く、過去に経験がない場合でも十分に転職可能です。

インセンティブを設けている企業もあり、自身の頑張り次第では高年収を実現できる可能性がある点も営業職ならではの魅力になります。

建築や不動産、金融業界の場合は警察官のように上下関係が確立されており、民間企業の雰囲気に馴染めるか不安な方におすすめです。

関連記事:営業職の転職に強いおすすめ転職エージェント徹底比較17選|失敗しない選び方と転職成功のコツを解説

警備員

警備員は、施設に常駐して人の出入りを確認したり、窓や出入り口の開閉をしたりする職種です。

パトロール業務なども仕事内容に含まれており、警察官との共通点が複数あります。

また、警備員は体力も求められますが、警察官も同様に体力を必要とする職種のため、身につけたスキルが活かせます。

元警察官は、警備員の転職時にアピールできるポイントが多いため、転職活動を有利に進めたい方におすすめです。

市役所職員

同じ公務員の市役所職員への転職も、警察官からの転職におすすめの職種です。

安定して給料が得られるほか、事務作業をメインにおこなうため、警察官時代のように体力や気力はきつくありません。

福利厚生も充実しているうえ、休日出勤がいきなり発生するケースも少なく、ワークライフバランスを充実させられます。

そのため、毎月安定してお金を稼ぎたい方や、ワークライフバランスを重視する方におすすめの職種です。

IT業界

普段から情報収集や分析をおこなう警察官は、IT業界の情報セキュリティやデータ分析分野への転職がおすすめです。

情報セキュリティ分野に転職すると、IT化が進む現代において重宝されるスキルが身につくため、市場価値が高くなります。

また、IT業界はコミュニケーション能力が求められますが、警察官は人との関わりが多い職種のため問題ないと考えられるでしょう。

人材不足が著しく、未経験者を採用する企業も複数存在するため、自身の市場価値を高めたい方はIT業界への転職がおすすめです。

関連記事:IT業界向けの転職エージェントおすすめ5選|選び方や活用ポイントを解説

ドライバー

ドライバー職は、警察官時代のパトロールや追走などで得た運転技術が活かせます。

タクシードライバーやトラックドライバーなど、複数の職種がありますが、いずれも事故を起こさないように安全運転を心がけなければなりません。

警察官は安全運転を心がけて運転するほか、国民が事故しないために安全運転を投げかける職種です。

そのため、安全性が高いと判断される警察官はドライバーとしての仕事に向いています。

土地勘があるとドライバーの仕事を有利に進められる点も、警察官で身につけたスキルが活かしやすい部分です。

運転が好きな方や、警察官時代の運転技術を活かしたいと考えている方は、ドライバーへの転職がおすすめです。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
12万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
41.9万件
非公開求人数
36.2万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
6万件
非公開求人数
非公開
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
25万件
非公開求人数
3.9万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年7月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年7月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年7月1日時点

警察官からの転職を成功させるコツ

警察官から民間企業への転職を成功させるコツは、次のとおりです。

後悔のない転職をしたい方は、コツを押さえておきましょう。

それぞれ詳しく解説します。

在職中に転職活動をする

警察官から民間企業への転職を成功させたい方は、可能な限り在職中に転職活動をおこなうようにしましょう。

退職後に転職活動を進めると、毎月無収入の状態で貯金を崩しながら活動を続ける必要があります。

多くの貯金があれば問題ないかもしれませんが、少ない場合は焦って転職活動をしてしまいがちです。

焦って適当に転職先を決めてしまうと、自身が思い描いていた仕事内容や社風と異なるミスマッチが生じる可能性が高くなります。

在職中に転職活動を進めておけば、毎月安定した収入を得ながら安心感を持って転職活動に取り組めるでしょう。

最適な企業へ転職するためにも、可能な限り在職中に転職活動を進めるようにしてください。

自己分析で強みの棚卸しをおこなう

警察官から民間企業へ転職する場合は、自己分析によって自身の強みの棚卸しをおこなうようにしてください。

面接では企業の面接官に自身のどのような強みが志望する職種に活かせるか、具体的に説明する必要があります。

コミュニケーション能力や責任感など、人によって強みは異なりますが、事前に洗い出しておくと面接の際にスムーズに伝えられます。

相手に企業で働くイメージを持たせることができれば、採用してもらえる確率も高くなるため、自己分析は徹底しておこなうようにしましょう。

警察官の経験が活かせる職種を選ぶ

警察官から民間企業へ転職する場合は、警察官としての経験が活かせる職種を選ぶとよいでしょう。

警察官ではコミュニケーション能力や安全性を意識することなど、さまざまなスキルや経験が得られます。

身につけたスキルや経験が活かせる職種は、次のとおりです。

身につけたスキルや経験が活かせる職種
  • 営業職
  • 警備員
  • 市役所職員
  • IT業界
  • ドライバー

たとえば、パトカー運転で身につけた運転技術はドライバーの業務に活かせるでしょう。

警察官で身につけた経験やスキルを活かせる職種へ転職すると、面接の際にも面接官にアピールしやすくなります。

結果的に採用してもらえる確率も高くなるため、可能な限り警察官の経験が活かせる職種を選ぶようにしましょう。

転職エージェントを活用する

はじめての転職でうまくいくか不安な場合は、転職エージェントを活用してみてください。

転職エージェントでは、具体的に次のようなサポートが受けられます。

転職エージェントを活用する
  • 自己分析・企業分析のサポート
  • 書類添削
  • 面接対策
  • 企業とのスケジュール調整
  • 待遇交渉

警察官で得た経験やスキルの棚卸し、履歴書・職務経歴書などの添削、面接対策など転職におけるさまざまなサポートが受けられます。

業界の情報や企業の内情まで把握している転職エージェントも存在しており、情報収集として利用できる点も大きなメリットです。

内定後は納得がいくまで内定企業との給与交渉をしてもらえるなど、希望条件の転職先が見つかる可能性が高まります。

自身のみでの転職に不安がある方は、転職におけるさまざまなサポートをしてもらえる転職エージェントの利用がおすすめです。

警察官からの転職におすすめの転職エージェント

警察官から民間企業へ転職したい場合に、おすすめの転職エージェントは次のとおりです。

警察官からの転職におすすめの転職エージェント

それぞれ特徴やおすすめできる点などを詳しく解説するので、民間企業への転職を考えている警察官の方はぜひ参考にしてみてください。

ビズリーチ

ビズリーチ
ビズリーチの特徴
  • 優良企業や一流のヘッドハンターからスカウトが届く
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1以上占めている
  • 希少な求人を多数掲載している

ビズリーチは、警察官から民間企業の管理職や経営幹部などを目指すハイクラス向けの転職エージェントです。

求人のなかには多くの方が知っている企業の求人も多数含まれているため、大手企業へ転職したい方におすすめできます。

一定の基準を満たしたヘッドハンターや優良企業からスカウトが届く点も、ビズリーチの大きな特徴です。

普段は出会えない企業に出会える可能性があるほか、スカウトを自分の市場価値を確認するために利用できます。

警察官としてのスキルが評価されるか確認したい場合も、ビズリーチの利用がおすすめです。

サービス概要
サービス名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数124,931件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/
2024年7月1日時点
  • 高年収の求人情報が豊富
  • 自分の市場価値を理解できた
  • 自分でエージェントを選べる
口コミをもっと知りたい方はこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 各業界の転職市場に精通したキャリアアドバイザーが多数在籍
  • 担当企業へ訪問して企業の情報収集をしている
  • 書類添削・面接対策が充実

マイナビエージェントは、各業界の転職市場に精通したキャリアアドバイザーが多数在籍している転職エージェントです。

警察官から志望する職種へ転職する際に、キャリアアドバイザーから的確なアドバイスが受けられます。

また、キャリアアドバイザーは担当企業へ訪問して企業に関する情報を収集している点も大きな特徴です。

企業が求める人物像や企業の雰囲気など、通常知ることのできない情報を共有してもらえるため、納得のいく転職につなげられます。

書類添削や面接対策などの転職に必要なサポートも充実しており、転職がはじめての方でも安心です。

サービス概要
サービス名マイナビエージェント
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数60,755件
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
2024年7月1日時点

関連記事:マイナビエージェントの口コミ・評判まとめ|口コミから利用するメリットも解説

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 業界最大級の求人数
  • 非公開求人を多数保有している
  • 書類添削や面接対策などのサポートが充実

リクルートエージェントは、業界最大級の求人数を保有する大手の転職エージェントです。

対応業種や職種も幅広く、警察官から民間企業へ転職する際に幅広い求人のなかから選べるため、条件に合う企業を見つけやすいです。

30万件以上の非公開求人も多数保有しており、普段出会えないような企業に転職できる可能性もあるでしょう。

また、大手企業ならではの転職に関するサポートが充実しており、安心してサポートが受けられます。

警察官から希望条件に適した民間企業への転職を成功させたい方は、大手でサービスの手厚いリクルートエージェントがおすすめです。

サービス概要
サービス名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
公開求人数419,656件
非公開求人数362,556件
対応地域東京・名古屋・大阪・福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
2024年7月1日時点
  • 自分に合う求人が見つかった
  • めんどくさい手続きを代行してくれる
  • 書類の添削や面接対策をしてくれる

警察官から転職に関するよくある質問

警察官から転職に関する次のよくある質問を解説します。

同様の悩みを抱えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

警察官の離職率は?

総務省の「平成29年度 地方公務員の退職状況等調査」によると、警察官の離職率は約1.0%です。

民間企業と比較すると離職率が非常に低く、警察官を辞める人はそれほど多くないことがわかるでしょう。

警察官が転職の際にアピールできる強みはなんですか?

警察官は、転職の際に次のような強みをアピールできます。

アピールできる強み
  • 問題解決能力
  • コミュニケーション能力
  • ストレス耐性
  • 安全管理能力

複数考えられますが、事件や事故が発生した場合の冷静に対応する問題解決能力や、コミュニケーション能力などは多くの業界で求められるスキルです。

ストレス耐性も職種によっては重要になるため、転職時に積極的にアピールするようにしましょう。

女性警察官におすすめの転職先を教えてください。

女性警察官におすすめの転職先は、次のとおりです。

女性警察官におすすめの転職先
  • 市役所の公務員
  • 事務職
  • Web業界

いずれもPCを利用した業務が多く、警察官で身につけたPCスキルが役立つでしょう。

Web業界の場合は、身につけたスキルの市場価値が高く、キャリアの選択肢が広がるためおすすめです。

まとめ | 警察官から転職を成功させるためには転職エージェントのサポートを受けよう!

警察官は国民の安全を守る魅力的な仕事ですが、プレッシャーが大きく、プライベートの時間を取りづらいなどが理由で転職を考える方も少なくありません。

民間企業へ転職すると、フラットな職場環境で働けるほか、比較的勤務時間外の労働が少なくプライベートを充実させられます。

自身のみでの転職が不安な場合は、転職エージェントのサポートを受けるのも1つの方法です。

書類添削や面接対策に加えて、業界・企業の情報共有など多くのサポートが受けられるため、安心して転職活動に臨めるでしょう。

どのような転職エージェントがおすすめかどうかわからない場合は、ビズリーチやマイナビエージェントなどの転職エージェントを利用してみてください。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
12万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
41.9万件
非公開求人数
36.2万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
6万件
非公開求人数
非公開
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
25万件
非公開求人数
3.9万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年7月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年7月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年7月1日時点

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。当メディアは「コラムガイドライン」に基づき運営しています。 また、サイト内で紹介している転職支援サービスは「ランキング概要」等を基準に選定・評価しています。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。