20代で公務員を辞めたい理由は?取るべき行動や辞めるメリット・デメリットについて徹底解説

           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

20代だけど公務員を辞めたい

公務員から民間企業への転職は可能?

20代公務員のなかには、業務にやりがいを感じられないことや、給料が少ないことなどが原因で辞めたいと考えている方も多いです。

しかし、公務員から民間企業に転職できるのか、公務員を辞めてもよいのか悩んでいる方も少なくないでしょう。

20代で公務員を辞めたいと考えている方は、公務員を辞めたい理由を明確にし、本当に辞めるべきなのかよく考える必要があります。

本記事では、20代で公務員を辞めたい理由辞めたい場合に取るべき行動を詳しく解説します。

公務員から民間企業へ転職する際におすすめの転職エージェントも紹介しているため、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:20代におすすめ転職エージェント比較ランキング|女性や未経験・ハイクラス向けの選び方も解説

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
12万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
41.9万件
非公開求人数
36.2万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
6万件
非公開求人数
非公開
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
25万件
非公開求人数
3.9万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年7月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年7月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年7月1日時点
目次

20代で公務員を辞めたいと考える理由

20代で公務員を辞めたいと考える理由として、次のことが考えられます。

それぞれ詳しく解説するため、同様に20代で公務員を辞めるべきか悩んでいる方は参考にしてみてください。

業務にやりがいを感じない

20代で公務員を辞めたいと考える理由として、業務にやりがいを感じないことが挙げられます。

資料の作成やデータ処理などデスクワークが多い職種の場合は、毎日の仕事が単調なためやりがいを感じられなくなる可能性が高いです。

とくに、20代は就職したばかりで、大きな仕事を任されるケースも少なく、誰でもできる仕事が割り振られがちです。

そのため、刺激が少なく毎日の単調な作業は20代公務員が辞めたいと考える理由の1つになります。

給料が少ない

給料が少ないことも20代で公務員を辞めたいと考える理由の1つです。

20代のように若いうちは手取り額が少なく、給料に不満を抱えている方も多くいます。

また、公務員は国家公務員法第百三条により、副業も禁止されており、収入アップが望めない点も不満に感じる要因です。

もらえる給料が少ないと、家賃や光熱費などの固定費の支払いでお金がなくなり、生活が苦しいと感じる方もいるでしょう。

給料が原因で公務員を辞めたいと考えている方は、民間企業への転職や、資産運用で着々とお金を増やすのがおすすめです。

他にやりたいことがある

20代公務員のなかには、ほかにやりたい仕事があることが理由で辞めたいと考えている方も少なくないでしょう。

社会人となり多くの方や物事と出会い、さまざまな価値観に触れることで、将来の理想のキャリア像や目標が明確になる場合があります。

第二新卒の採用を強化している企業も多く、若いうちに転職をすると得られるメリットも大きいため、やりたいことが明確になった時点で早めに行動しましょう。

ただし、焦って転職活動をせずに、自己分析や企業分析を徹底し、不安な場合は転職エージェントに相談するなど、入念に対策していきましょう。

残業が多いなど労働環境が悪い

20代で公務員を辞めたい理由として、残業時間が長く労働環境が悪いことが挙げられます。

公務員は労働基準法の適用対象外となるため、職場によっては残業が常態化しているケースも少なくありません。

とくに学校の教師の場合は、残業手当や休日の部活動などによる手当もないため、労働時間が長い割に給料が少ないと感じることもあるようです。

民間企業の場合は、残業を削減する方針の会社や、テレワークなど多様な働き方を採用する会社は複数あります。

公務員の労働環境の悪さや自由度の低さが原因で、辞めたいと考えている方も多いでしょう。

組織風土が古く合わない

公務員の組織風土が古く、若い20代には合わないことが原因で辞めたいと考えている方は多いです。

職業の種類やポジションは公務員の場合でも複数ありますが、行政組織のため法律を遵守した行動が求められます。

基本的には決まった風習や形式に則って業務に取り組むため、民間企業のように新システムの導入やルールの変更などが少なくなります。

年功序列の職場も多く、早く出世したいと考えている場合は、公務員の働き方が適していないと感じるでしょう。

世間から冷たい視線を向けられる

世間から冷たい視線を向けられるのが嫌で公務員を辞めたいと考える20代の方も一定数存在します。

公務員の給料は国民が支払った税金をもとに、国や地方自治体から支払われるため、世間から冷たい視線を向けられることも多いです。

「税金から給料が支払われているからしっかり働いて欲しい」などと、世間から厳しい声を浴びせられることもあり、精神が疲弊してしまう可能性があります。

どうしても周りの視線や声が辛いと感じた場合は、無理をせずにのびのびと働ける環境へ身を置くことも1つの方法です。

20代で公務員を辞めるメリット

公務員を辞めたいと考えている方のなかには、本当に辞めても問題ないか気になるでしょう。

20代で公務員を辞めるメリットは、次のとおりです。

公務員を辞めるメリットをよく確認し、本当に辞めるべきなのかよく考えてみてください。

収入アップに期待できる

20代で公務員を辞めるメリットとして、収入アップに期待できる点が挙げられます。

公務員は昔の慣習から年功序列制度が強く残っており、大きな成果を出しても昇進や大幅な給料アップが望めません。

一方、年功序列のない民間企業へ転職すると、自身が出した成果が正当に評価され、給料アップが期待できます。

営業職や外資系企業などの場合は、歩合制を採用している企業も多く、成果次第では大幅な給料アップも実現できるでしょう。

自身のスキルや実績を給料に反映して欲しいと考えている方は、年功序列がなく実績やスキルをもとに評価してもらえる民間企業への転職がおすすめです。

やりがいを感じられる仕事ができる

自身の興味のある職種への転職や、実績やスキルを評価してもらえる企業で働くと、仕事にやりがいを感じやすくなるでしょう。

公務員の仕事は単調なものが多く、人によってはやりがいを感じられずに苦痛に感じる可能性があります。

そこで、興味のあった仕事をしたり、刺激のある企業へ入社したりすると、高いモチベーションを維持したまま仕事に取り組むことが可能です。

とくに、20代は第二新卒枠として採用してもらえる企業も多く、未経験の分野でもチャレンジしやすい傾向にあります。

公務員の仕事にやりがいを感じられない場合は、毎日刺激をもらえるような民間企業や、もともと興味のある職種への転職がおすすめです。

働き方の選択肢を広げられる

働き方の選択肢を広げられる点は、20代で公務員を辞めるメリットの1つです。

民間企業では、公務員時代にはなかった次のような働き方を実現できます。

  • テレワーク
  • フレックス制度

インターネット環境があれば、基本的にどこからでも仕事ができるテレワークや労働時間を自由に決められるフレックス制度など、ワークライフバランスを充実させられます。

小さい子どもが家庭にいる方や、毎日の通勤ラッシュを避けたい方など、多くのシーンで便利な働き方ができるため非常に魅力的です。

働き方の自由度を求める方は、テレワークやフレックス制度を採用している民間企業への転職がおすすめです。

副業ができる

20代で公務員を辞めるメリットとして、副業ができる点が挙げられます。

公務員の場合は国家公務員法第百三条により副業が禁止されており、副業での収入アップが望めません。

一方民間企業の場合は、副業禁止に関する法律はなく、副業に取り組むことで本業と別に収入を得られる可能性があります。

国も副業を推進しており、民間企業では副業を解禁する企業も増加傾向にあります。

ただし、企業によっては就業規則で副業を禁止している場合もあるため、入社前によく確認する必要があるでしょう。

本業と別に収入を得たい方は、副業のできる民間企業への転職をおすすめします。

参考:国家公務員法
副業・兼業の促進に関する取組について│厚生労働省

労働環境を改善できる可能性がある

20代で公務員を辞めると、労働環境を改善できる可能性があります。

民間企業では労働基準法が適用されるため、残業が常態化するような事態が公務員と比較して少なくなるでしょう。

働き方改革が浸透しつつある現代では、無理な労働を強要する企業も減少しており、労働者が働きやすい環境の構築が進んでいます。

いわゆるブラック企業と呼ばれる企業も一定数ありますが、現代では残業代を支払わなければ法律違反となり、労働基準監督署へ相談することができます。

パワハラやセクハラなども問題視されており、一昔前のような過酷な労働環境は減少しているでしょう。

残業時間が苦痛な方や、より良い環境で働きたい方は、労働基準法が適用され、社員の働きやすい環境を整備している民間企業へ転職しましょう。

20代で公務員を辞めるデメリット

20代で公務員を辞めたいと考えている方は、辞めることによるデメリットもあわせて確認しておきましょう。

20代で公務員を辞めるデメリットは、次のとおりです。

デメリットを確認し、公務員を辞めても後悔しないかよく考えて行動しましょう。

それぞれ詳しく解説します。

社会的信用度が低下する

20代で公務員を辞めるデメリットとして、社会的信用度が低下することが挙げられます。

公務員はリストラがなく、収入も安定しているため、社会的信用度が高いです。

クレジットカードや各種ローンの契約では信用情報が重視されますが、公務員は信用度が高く審査にも通過しやすい傾向にあります。

大手企業のように民間企業のなかにも信用度が高い企業がありますが、リストラのリスクがゼロではないため、公務員と比較して社会的信用度は低くなるでしょう。

そのため、転職を考えている方は社会的信用度の高い公務員のうちに、クレジットカードやローンの契約をしておくとよいかもしれません。

リストラされる可能性がある

民間企業に転職すると、公務員と異なりリストラされる可能性があります。

公務員は国から給料が支払われますが、民間企業の場合は企業の売上から給料が支払われています。

そのため、業績によっては人件費削減のためにリストラされる可能性があるでしょう。

公務員はリストラされるリスクも少なく給与も安定しているため、リストラのリスクを許容できるか考えたうえで転職しましょう。

公務員に再就職できる保証がない

公務員を辞めて民間企業へ転職した場合、再度公務員へ戻りたいと感じても再就職できる保証がない点には注意が必要です。

再度公務員に就職するためには、公務員試験に合格しなければなりません。

経験者採用枠での試験となるため、面接や論文が試験内容に組み込まれている可能性が高いです。

そのため、一度公務員を辞めた理由や再度就職したい理由を納得のいくように伝えなければ、採用してもらうのは困難になります。

公務員を辞めたい20代は、一度辞めると再度公務員に就職するのが困難であると心得ておきましょう。

関連記事:民間から公務員へ転職するなら知っておくべき注意点と大切なポイント

福利厚生の手当が薄くなる可能性がある

公務員は福利厚生が手厚いですが、民間企業の場合は職場によって福利厚生の手当が薄くなる可能性があります。

大企業の場合は、育児休暇や有給休暇など多くの福利厚生が充実していますが、ベンチャー企業や中小企業の場合は整っていない可能性もあります。

そのため、自身の生活スタイルに適した福利厚生が整っているかどうかよく確認してから転職を決めましょう。

希望の仕事に就けるとは限らない

公務員の仕事に不満があって転職しても、必ずしも希望の仕事に就けるとは限らない点には注意してください。

企業分析を徹底していても、基本的に企業の内情までは実際に入社するまではわかりません。

社風が思っていたものと違っていた場合も、働きにくいと感じる原因となります。

そのため、企業の内情や社風を知りたい場合は転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは、志望する企業の内情を把握している場合があり、情報を共有してもらえます。

転職後のミスマッチを防ぎたい場合は、企業の内情を把握している転職エージェントの利用を検討してみてください。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
12万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
41.9万件
非公開求人数
36.2万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
6万件
非公開求人数
非公開
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
25万件
非公開求人数
3.9万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年7月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年7月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年7月1日時点

20代で公務員を辞めたいと感じた場合に取るべき行動

20代で公務員を辞めたいと感じた場合は、早めの行動が重要ですが、焦って転職しないように注意してください。

公務員を辞めたいと感じた場合は、次のことを意識して行動してみてください。

それぞれ詳しく解説します。

公務員を辞めたい理由を明確にする

20代で公務員を辞めたいと感じた場合は、まずは公務員を辞めたい理由を明確にしましょう。

辞めたい理由を明確にしておかないと、なんとなく転職活動を進めてしまい、うまく行く可能性が低くなります。

公務員を辞めたい理由としては、次のことが考えられるでしょう。

公務員を辞めたい理由の例
  • 仕事にやりがいを感じられない
  • 給料が少ない
  • 周りの冷たい視線が気になる
  • 人間関係が悪い

多くの理由がありますが、自身がなぜ公務員を辞めたいのかを明確にし、軸にしたうえで企業選びをおこないましょう。

自己分析・企業分析を徹底する

自身に最適な企業に転職するためには、自己分析と企業分析を徹底しておこないましょう。

強みや弱みを洗い出し明確化すると、企業に求める希望や条件が見えてきます。

自己分析は、自己分析シートを活用したり、自身のみでは困難に感じる場合は、転職エージェントを活用したりするとよいです。

また、企業分析もあわせておこなえば、より自身に最適な環境の企業を見つけられる可能性が高まります。

企業分析は、次のような方法でおこなうのがおすすめです。

企業分析方法
  • 口コミ・評判を確認する
  • 企業の公式サイトをよく確認する
  • 転職エージェントに聞いてみる

口コミや企業の公式サイトなど、よく確認したうえで転職活動をおこないましょう。

強みの活かせる職種を探す

自己分析の際に強みの洗い出しができれば、強みの活かせる職種を探すのも転職活動を成功させるうえで、必要なことです。

たとえば、事務仕事の多い公務員の方であれば身につけたPCスキルをほかの事務職やITエンジニアに活かせるでしょう。

強みの活かせる職種であれば、面接の際に納得のいく志望動機を伝えられやすくなります。

転職活動の際は、公務員で身につけたスキルや強みをどのように志望職種で活かせるかアピールするようにしましょう。

在職中に転職活動する

公務員を辞めて転職する場合は、可能な限り在職中に転職活動するようにしましょう。

辞めてから転職活動をおこなうと、転職先が見つかるまでの間は無収入となります。

貯金が多くあれば良いですが、少ないとうまくいかなかった場合に貯金がなくなり生活が苦しくなるリスクがあるでしょう。

在職中に転職活動すれば、収入をもらいながら転職を進められるため気持ち的にも余裕が生まれ、うまく行きやすくなります。

そのため、公務員から転職する際は可能な限り在職中の転職活動が望ましいです。

転職エージェントに相談する

転職がはじめてで自身のみでの転職活動に不安がある場合は、転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントを利用すると、次のようなサポートが受けられます。

転職エージェントのサポート内容
  • 自己分析・企業分析のサポート
  • 書類添削
  • 面接対策
  • 業界・企業情報の共有
  • 企業とのスケジュール調整
  • 待遇の交渉

自己分析や企業分析に加えて、転職活動での書類添削や面接対策など、受けられるサポートはさまざまです。

日常生活が忙しい場合は、企業とのスケジュール調整を転職エージェント側でしてもらえます。

また、内定した企業との給与や処遇の交渉などもしてもらえるため、納得のいく転職活動をしたい方にもおすすめです。

関連記事:​​公務員から転職は難しい?もったいない?おすすめの業種や成功ポイントを解説

20代公務員からの転職におすすめの転職エージェント

20代で公務員から転職を考えている方のなかには、おすすめの転職エージェントを知りたいと思う方もいるでしょう。

ここでは、20代公務員からの転職におすすめの転職エージェントを3社紹介します。

20代公務員からの転職におすすめの転職エージェント

特徴や強みを確認し、自身に最適な転職エージェントを利用してみてください。

ビズリーチ

ビズリーチ
ビズリーチの特徴
  • ハイクラス向けの転職エージェント
  • ヘッドハンターや企業からスカウトが届く可能性がある
  • 大幅な年収アップに期待できる

ビズリーチは、公務員からハイクラスの企業に転職したいと考えている方におすすめの転職エージェントです。

年収1,000万円以上の求人が3分の1以上あるため、転職が成功すれば大幅な年収アップにつながる可能性があります。

優良企業や一定の基準を満たしたヘッドハンターからスカウトが届く場合もあり、普段出会えないような企業と出会える点も魅力の1つです。

スカウトは自身の市場価値を高める際にも利用できるため、社会においてどれほどの市場価値があるのか確認したい場合にもおすすめできます。

20代で公務員から転職を考えており、高収入を実現したい方は、ハイクラス転職向けのビズリーチがおすすめです。

サービス概要
サービス名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数124,931件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/
2024年7月1日時点
  • 高年収の求人情報が豊富
  • 自分の市場価値を理解できた
  • 自分でエージェントを選べる
口コミをもっと知りたい方はこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 志望業界の実情や転職ノウハウを紹介してもらえる
  • 企業へ直接足を運んでいるため企業の内情を共有してもらえる
  • 書類・面接対策など転職サポートが整っている

マイナビエージェントは、各業界の転職市場に精通したキャリアアドバイザーが在籍している転職エージェントです。

自身が志望する業界の内情や転職ノウハウを教えてもらえるため、安心して転職活動に望めます。

また、マイナビエージェントは企業へ直接足を運び情報を収集している点も大きな特徴です。

企業の内情や社風などの情報も教えてもらえるため、入社後のミスマッチを防止できます。

公務員から少しでも自身が求める企業に転職したい方は、業界に精通し、企業の詳細情報を保有するマイナビエージェントがおすすめです。

サービス概要
サービス名マイナビエージェント
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数60,755件
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
2024年7月1日時点

関連記事:マイナビエージェントの口コミ・評判まとめ|口コミから利用するメリットも解説

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 業界最大級の求人数
  • 非公開求人も多数保有している
  • 書類添削や面接対策などのサポートが充実している

リクルートエージェントは、業界最大級の求人数を保有する大手の転職エージェントです。

2024年6月1日時点で404,811件の公開求人があり、企業の選択肢が幅広い点が大きな特徴になります。

非公開求人も多数保有しており、普段出会えないような企業を紹介してもらえる可能性もあるでしょう。

また、転職エージェントならではの書類添削や面接対策などのサポートも充実しています。

公務員からはじめて転職活動する方は、安心かつ信頼度の大きいリクルートエージェントの利用がおすすめです。

サービス概要
サービス名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
公開求人数419,656件
非公開求人数362,556件
対応地域東京・名古屋・大阪・福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
2024年7月1日時点
  • 自分に合う求人が見つかった
  • めんどくさい手続きを代行してくれる
  • 書類の添削や面接対策をしてくれる

20代で公務員を辞めたいに関するよくある質問

20代で公務員を辞めたいと考えている方に関するよくある質問に回答します。

それぞれ詳しく解説するため、同様の悩みを抱えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

公務員を辞める最適なタイミングはいつですか?

公務員を辞める最適なタイミングは人によって異なりますが、可能な限り転職先が確定してからの退職が望ましいでしょう。

転職先が決まる前に辞めると次の職場が決まるまでは無収入で生活する必要があるため、生活の負担が大きくなります。

そのため、公務員を辞めて転職活動をする場合は、可能な限り収入を得つつ心身を安定させた状態で進めましょう。

20代で公務員を辞めた末路は?

20代で公務員を辞めた末路としては、次のようなことが挙げられます。

20代で公務員を辞めた末路
  • 自由な時間ができる
  • 副業ができる
  • 給料が上がる
  • 社会的信用度が低下する
  • リストラのリスクがある

自由な時間や副業ができるなどポジティブな要因や、社会的信用度の低下やリストラなどのネガティブな要因などさまざまです。

しかし、転職活動の際に自己分析や企業分析などを徹底し、希望の条件の企業に転職できれば成功といえます。

20代で公務員を辞めたいと考えている方は、辞めたあとに後悔しないように自己分析や企業分析を徹底しておこなうようにしましょう。

まとめ | 20代で公務員を辞めて転職を考えるなら転職エージェントがおすすめ!

20代で公務員を辞めたいと考える理由には、業務にやりがいを感じないことや、給料が少ないことなど人によってさまざまです。

公務員を辞める際は、辞めたいと考える理由を明確にし、次の転職先の企業の条件を洗い出すことが重要です。

自己分析や企業分析を徹底しておこなえば、入社後のミスマッチを防げます。

また、自身のみの転職活動が不安な場合は転職エージェントの活用を視野に入れてみてください。

書類添削や面接対策などのサポートに加えて、志望業界・企業の内情や社風なども紹介してもらえます。

公務員から自身が希望する条件の企業への転職を実現したい場合は、ビズリーチやマイナビエージェントなどの転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントを活用して公務員からよりよい転職先を見つけていきましょう。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
12万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
41.9万件
非公開求人数
36.2万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
6万件
非公開求人数
非公開
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
25万件
非公開求人数
3.9万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年7月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年7月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年7月1日時点

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。当メディアは「コラムガイドライン」に基づき運営しています。 また、サイト内で紹介している転職支援サービスは「ランキング概要」等を基準に選定・評価しています。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。