保育士から事務職へ転職したい方必見!失敗しない志望動機と面接対策とは

           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

保育士から事務職へ転職したいと考える方は少なくありません。

また保育士として培ってきた経験やスキルが事務職として評価されるケースも多くあります。

ただし、事務職は求人数に対して応募が多いので、未経験の方が挑戦するには適切な準備が必要です。

この記事では、はじめて事務職へ挑戦する保育士の方におすすめの職種や心構えなどを解説します。

目次

保育士から事務職へ転職できる理由

保育士の方が、事務職へ転職するのはたとえ未経験でも、そこまで難しいことではありません。

実際にこれまでも、転職を成功させた保育士出身の方は大勢います。

多くの保育士が得意とする次のようなスキルや能力が、転職先でも評価されやすいといえます。

保育士が事務職でも活かせるスキル・能力

コミュニケーション能力

保育士は、園児だけでなく保護者や同僚との円滑なコミュニケーションが求められる職業です。

保育士経験を通じて培われたコミュニケーション能力は、事務職でも重視されます。

新しい職場でも上司や同僚、外部の関係者との適切な連絡や報告、情報共有などがスムーズに行える点が評価されるでしょう。

調整力

保育士は現場で子どもの活動や行事などの計画を立てます。

実行に移す際には、様々な調整が必要で、子どもの個性や特性に合わせた対応、保護者への配慮、園内における役割分担など、状況に応じた調整力が養われます。

この調整力があれば、事務職でも業務の優先順位付けやスケジュール管理、関係部署との折衝などで活躍が期待できるでしょう。

丁寧な対応力

保育士は、子どもたちや保護者に対して丁寧な言葉づかいや態度で接することが求められる職業です。

この丁寧な対応力は、事務職のみならず、あらゆる仕事で必要とされる要素です。顧客対応や電話応対、来客対応などが事務職でとくに重要となります。

相手に好印象を与え、信頼関係を築くための基本的な姿勢が身についている点が、転職先で評価されるポイントといえるでしょう。

一定のPCスキル

現在の保育現場では、連絡帳の作成や書類の整理など、PCを使用する機会が増えています。

基本的なワード・エクセルの操作や、メールのやり取りなどに慣れている保育士も多いでしょう。事務職でもPCの操作スキルが求められることが多く見られます。

仕事以外でもPCに触れる時間を増やすなどして、一定レベル以上のスキルを身につけましょう。未経験から転職する場合にアピールしやすい強みになります。

保育士が事務職に転職するメリット

保育士の方が職種を変えて、事務職へ転職するメリットを紹介します。

給与アップの可能性がある

保育士から事務職へ転職することで、経済面での待遇向上が期待できます。

転職先の業種や規模などによっては、事務職の給与は保育士よりも高くなる可能性があるでしょう。経験を積みながらスキルアップすることで、さらなる収入アップも見込めます。

勤務時間が固定化しやすい

保育士は、子どもの預かり時間に合わせて勤務時間が変動しがちです。

夜間の預かり保育などに対応する施設では夜勤も多く、ライフワークバランスが崩れることも少なくありません。

これに対して一般的な事務職は勤務時間が固定されています。定時で仕事を終えられることが多い職場では、プライベートな時間も確保しやすいでしょう。

趣味や習い事のほか、事務職としてのスキルアップを図ることもできます。

PCスキルやビジネスマナーなどを習得できる

事務職に転職すると、これまでの保育士とは異なる新たなスキルを習得できます。

PCの操作スキルやビジネスマナーなどを身につけることは、今後のキャリアアップにも役立つでしょう。長期的なキャリア形成という視点でも、メリットがあります。

保育士におすすめの事務職の種類

事務職の中にもさまざまな種類があります。

一般的に保育士の方がチャレンジしやすいと考えられるものは次の通りです。

保育士におすすめの事務職の種類

一般事務

一般事務は、データ入力や必要書類の作成や社内処理、郵便物の仕分けや発送、電話対応などを主に担当します。

勤務先によって幅広い業務を担当する可能性がある職種です。

単純作業だけでなく専門性の高いシステム操作や資料作成が求められることもあります。

あらゆる業界で求人があるため、保育士からの転職先としておすすめです。

特に子ども向けのビジネスを展開しているなど、保育士経験が歓迎されやすい企業を選べば、採用面でも有利に働く可能性があります。

医療事務

医療事務は、病院やクリニックといった医療機関で働く仕事です。

受付・会計で患者さんをサポートしたり、医療費の計算やレセプトを作成したりします。

医療の資格が必要ではないので、未経験者でも応募可能な求人が比較的多くあります。

事務といっても、患者さんへの接遇が求められる職場が多いため、保育士時代に培った丁寧な対応力が活かせる職種です。

経理事務

経理事務は、お金の支払いや請求にかかわる仕事で、伝票の仕分けや帳簿の作成、社内の経費精算などを扱います。

PCスキルが重視され、保育士としてもPCを使ってきた方や数字を扱うのが好きな方にとって、経理事務はおすすめの転職先といえます。

一般事務と同じくあらゆる企業で必要とされる職種で、未経験者でも比較的難易度の低い仕事から取り組める可能性はあります。

人事事務

人事事務は、社員の労務管理や採用業務などを担当する仕事です。

最近は働き手不足の影響から、採用活動や離職防止に力を入れている企業が少なくありません。

また社員の給料や個人情報などを扱うことが多いため、堅実で真面目な性格の方が求められることも多いようです。

社員や入社希望者などと接するときは人当たりの良さが求められるため、コミュニケーション能力の高い保育士にマッチしています。

営業事務

営業事務は、営業担当者のサポート役として、書類作成や日程調整などを行います。

また名刺のデータ管理や見積書の発行など、経験とスキルによっては、より活躍できる幅が広がる可能性があります。

サポート業務が得意な保育士にとって、適性の高い事務職だといえるでしょう。

保育士が事務職に転職するときの不利な点と対策

一般企業の立場からは、保育士という職歴がやや特殊に映るかもしれません。

保育士の転職にあたっては次のようなポイントが不利な点になる可能性はあります。

一般企業での勤務経験がない

一般企業で勤務したことがない保育士が事務職へ転職する際、企業での働き方になじめるか不安に思われる可能性があります。

たとえば保育園と一般的なオフィスを比べると、働く環境や組織の形態が大きく異なるためです。

この点を克服するには、事務職に対する強い志望動機を明確に伝えるのが有効です。

保育士としての経験をどのように事務職で活かせるか、具体的に記述しましょう。

仕事のスタイルが大きく異なる

保育現場と事務職では、仕事のスタイルが大きく異なります。この違いに戸惑うこともあるかもしれません。

しかし、保育士としての経験を通じて得た順応性の高さを伝えるなど、新しい環境にも適応できる人材であることをアピールするのは有効でしょう。

好奇心が旺盛である、チームワークが好きなどのアピールも、事務職への転職には有利に働く可能性があります。

保育士の資格が使えない

事務職の仕事では、保育士の資格そのものが有利になることは、ほぼありません。

したがって保育士資格を活かすことに捉われると転職のハードルが高くなってしまう可能性が高いです。

一方で保育士として働く中で得た経験やスキルは、事務職でも十分に活かせます。

保育士としての献身性や周囲への気配りなど、自分の強みを具体的なエピソードを添えて表現することが重要です。

保育士が事務職への転職で失敗しないための注意点

保育士から事務職へ転職する際の失敗を避けるために、以下で注意してほしい4つのポイントについて解説します。

退職理由と志望動機を明確にする

保育士から事務職へ転職する際は、退職理由と志望動機を明確にすることが重要です。

退職理由として、保育士のキャリアに区切りをつけて「新たな分野にチャレンジしたい」という前向きな理由を伝えましょう。

職場や待遇への不満などがある場合でもネガティブな理由ではなく、事務職へ転職することが、自分のスキルを活かすことやキャリアアップの可能性を広げることを示すことが大切です。

その際には、保育士としての経験がどのように事務職で活かせると考えるか具体的に説明するようにしましょう。

自分の強みを明確にする

保育士としての経験から得られた自分の強みや、保育士以外の資格やスキルなどを書き出してみましょう。

転職活動では、自分の強みを効果的にアピールすることが求められます。

事務職にも活かせる強み
  • 子どもや保護者とのコミュニケーション能力
  • 細やかな観察力
  • 柔軟な対応力
  • 園内行事の企画や運営の経験

など、こうした経験をうまく伝えられると、事務職にも活かせると思ってもらえるでしょう。

事務職で求められることの多いPCスキルや文書作成なども、保育士時代の経験があれば、事務職への適性を示す材料となります。

職務経歴書を魅力的に作成する

職務経歴書は、転職活動で重要な役割を果たします。

保育士から事務職のように、異なる職種へ転職する際には、職務経歴書によって自身の経験やスキルを魅力的に伝えるプロセスがより重要性を増します。

職務経歴書には、保育士としての業務内容や実績、担当したプロジェクトを具体的に記載しましょう。

ただし業務内容を羅列しても、保育関係者でなければ意味は伝わりません。

自分なりに工夫した点や得られた成果を書き加えることで、保育士として積み上げた実績や経験の価値が効果的にアピールできます。自分が伝えたいと考えている強みを表現できるような書き方が求められます。

転職エージェントを活用する

保育士から事務職へ転職したいと思ったら、転職エージェントを活用しない手はありません。

転職エージェントは、求職者の経験やスキル、希望条件などを踏まえて、適切な求人を紹介してくれます。利用にあたっては無料な点も魅力です。

業界や職種を越えた転職の場合、自力で求人を探すのは情報を集めづらく難しいものです。

事務職にくわしい転職エージェントを活用すれば、自身の志向にマッチした効率的に求人を探すことができます。

また、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策など、転職活動全般にわたってサポートを受けられます。

自分の経験をどのようにアピールすべきか悩んだときも、転職エージェントに相談することで的確なアドバイスを得られるでしょう。

保育士が事務職へ転職するまでの流れ

実際に事務職へ転職するまでの大まかな流れは次のとおりです。

転職のスケジュールを決める

まずは転職したい時期を決め、スケジュールに落とし込みましょう。

現在の職場を退職する時期や、新しい職場での勤務開始時期などを考慮して、現実的な計画を立てることが大切です。

後任への引継ぎ期間が必要なケースもあるので、一方的に退職時期を決めず職場とすり合わせることが結果的に希望通りの転職につながる場合もあります。

転職先を探す

自分の希望する条件に合う求人を探すために、転職エージェントや転職サイトを活用しましょう。

とくに初期は、複数のサービスに登録することをおすすめします。

サービスによって得られる情報が異なるほか、担当者との相性もチェックしたほうがよいでしょう。

求人に応募する

希望する求人が見つかったら、応募します。

転職エージェントを利用している場合は、担当者に応募したい企業名を伝えて、必要な書類を準備しましょう。自分で応募する場合は、企業の採用サイトなどから直接連絡します。

応募書類を作成

一般的には履歴書と職務経歴書の提出が求められます。

保育士としての経験を事務職で活かせるようにアピールすることが重要です。

書類は転職エージェントの担当者に添削してもらったり、アドバイスを受けたりするとより魅力的なものに仕上がるでしょう。

面接を受ける

書類選考を通過すると、面接に進みます。

面接では、自分の強みや志望動機を明確に伝えましょう。事務職へ転職する意欲を示すことが大切です。

内定

企業によって異なりますが、23回の面接を経て内定を得ることができます。

内定後には、入社日や初めて出社する日程なども確認、調整しておきましょう。

また給与や賞与などの諸条件にも合意する必要があります。転職エージェントを通じて交渉する場合もあります。

退職

現在の職場での退職手続きをすすめます。

退職の際は、上司や同僚に感謝の意を伝えるとともに、良好な関係を維持することが大切です。転職先の都合にあわせるだけでなく、これまでお世話になった職場にも配慮するとよいでしょう。

保育士が事務へ転職する際のおすすめ転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 業界最大手で豊富な求人数と実績
  • キャリアアドバイザーによる手厚いサポート
  • 全国各地に拠点があり、地域密着型の支援

リクルートエージェントは、人材業界の最大手・リクルートが運営する転職エージェントです。

業界トップクラスの豊富な求人数と実績を誇り、様々な業界や職種の求人を取り扱っています。

保育士から事務職への転職支援にも定評があり、キャリアアドバイザーによる手厚いサポートが受けられます。履歴書の添削や面接対策など、転職活動全般をサポートしてくれるため、転職が初めての方でも安心して利用できるでしょう。

また、全国各地に拠点を持ち、地域密着型の転職支援を行っているのも特徴です。地元での転職を希望する方にとって心強い味方となります。

サービス概要
サービス名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
公開求人数419,656件
非公開求人数362,556件
対応地域東京・名古屋・大阪・福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
2024年7月1日時点
  • 自分に合う求人が見つかった
  • めんどくさい手続きを代行してくれる
  • 書類の添削や面接対策をしてくれる

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 大手企業との強いつながりで優良求人が豊富
  • 担当者との面談で適性や希望を丁寧にヒアリング
  • 未経験からの転職支援にも定評がある

マイナビエージェントは、大手就職情報サイト「マイナビ」が運営する転職エージェントです。

大手企業との強いつながりを持ち、優良求人を多数保有しています。

保育士から事務職への転職支援では、担当者との面談で適性や希望を丁寧にヒアリングし、最適な求人を紹介してくれます。未経験からの転職支援にも定評があるため、保育士以外の仕事を経験していない方でも安心して利用できるでしょう。

また、マイナビエージェントは、転職活動に必要なスキルアップ講座や、転職後のアフターフォローなども充実しています。転職を成功させ、新しい職場に定着するためのサポートが受けられるのも魅力です。

サービス概要
サービス名マイナビエージェント
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数60,755件
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
2024年7月1日時点

関連記事:マイナビエージェントの口コミ・評判まとめ|口コミから利用するメリットも解説

doda

doda
dodaの特徴
  • 業界最大級の求人数で選択肢が豊富
  • 専任のキャリアコンサルタントがマンツーマンで対応
  • 独自の適性診断テストで自己分析をサポート

dodaは、パーソルキャリアが運営する転職エージェントです。

豊富な求人数を誇り、様々な業界や職種の求人を取り扱っています。

事務職に転職したい保育士の方には、専任のキャリアアドバイザーが付き、マンツーマンで丁寧な対応を受けられます。求職者の経験やスキル、希望条件を踏まえて、最適な求人を紹介してくれるため、効率的に転職活動を進められるでしょう。

dodaは独自の適性診断テストを用意しており、自己分析をサポートしてくれます。診断結果をもとに、自分の強みや適職を知り、転職活動の方向性を定める助けになります。

サービス概要
サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 251,833件
非公開求人数 39,772件
対応地域 東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト https://doda.jp/
2024年7月1日時点

関連記事:dodaの悪い評判・口コミは実際どう? 向き不向きを徹底解説

保育士が事務職へ転職する際によくある質問

この章では、保育士から事務職に転職したい場合のよくある質問を紹介します。

未経験でも保育士から事務職に転職できますか?

未経験でも保育士から事務職への転職は可能です。

保育士が事務職でも活かせる能力
  • コミュニケーション能力
  • 調整力
  • 丁寧な対応力

など、保育士として培ったスキルは、事務職でも活かせる能力です。

これらの強みを積極的にアピールすることで、未経験からでも転職の可能性が広がります。

事務職で大変なことは何ですか?

事務職では、PCを使った作業が中心となるため、PCスキルが求められます。

また、書類の作成や管理、データ入力など、細かい作業が多いのも特徴です。

慣れないうちは大変に感じることもあるかもしれませんが、徐々に慣れて適応していけるでしょう。

保育士の離職率が高い理由はなぜですか?

保育士の離職率が高い理由として、業務の負担が大きいことや、給与水準の低さなどが指摘されています。

経験年数を重ねても待遇がよくならない場合もあり、結果として人間関係の悩みや保育士としてのやりがい不足によって離職につながるケースがあります。

関連記事:保育士を辞めたい!よくある理由や退職を伝えるタイミング、辞めた後の選択肢について解説

営業事務と事務職の給料は同じですか?

営業事務と事務職の給料は、会社や業界によって異なります。

営業事務は、営業職のサポート役として重要な役割を担っているため、事務職よりも給料が高いケースも見られます。

あくまで一般的な傾向であり、個別の企業や求人条件によって差があることも留意しておきましょう。

まとめ

保育士からキャリアチェンジを図るなら、これまでの経験やスキルを活かしやすい事務職への転職は十分に可能です。

転職活動の前に自分の強みをよく分析して、事務職でも通用する可能性を示せるようにしましょう。

未経験の職種への挑戦になるので、転職エージェントを活用して、さまざまなサポートを受けることをおすすめします。

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。当メディアは「コラムガイドライン」に基づき運営しています。 また、サイト内で紹介している転職支援サービスは「ランキング概要」等を基準に選定・評価しています。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。