30代保育士の転職は需要あり?未経験から保育士を目指す方法も解説

片野秋子
編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

自分の年齢を気にして「30代の転職は需要がないのでは?」と考える方もいるでしょう。

結論、30代保育士は即戦力のある中堅保育士として現場で重宝される人材です。これまでの経験や培ってきたスキルを評価する保育園はたくさんあるので、転職に不安を感じる必要はないでしょう。

とはいえ、しっかり計画的に転職活動を進めなければ、転職に失敗するリスクも招きかねません。

そこで本記事では、30代保育士の転職市場を徹底解説します。転職する際の注意点や、成功するポイントもあわせて紹介するので、今後転職を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

 

この記事の執筆者
片野秋子
片野 秋子 氏元保育士
保育士として8年勤務。現在はフリーライターとして活動し、複数メディアの編集者も務める。 ブログ「保育士といろ」を運営

関連記事:保育士に強い転職エージェントおすすめランキング18選|評判・口コミをもとに徹底比較!

目次

30代で保育士に転職するメリットはたくさんある!

まず、30代で保育士に転職するメリットはたくさんあります。

〈30代保育士が転職するメリット〉
  • 即戦力として採用されやすい
  • 保育経験があるため周囲の信頼を獲得しやすい
  • 役職のポジションが空いていれば給料アップが見込める

新卒から保育士を続けてきた30代は、保育経験が豊富です。そのため、30代は経験値やスキルで高い評価を得られるでしょう。30代というステータスだけで職員や保護者からの信頼も獲得しやすいです。

また、30代はクラスリーダーや副主任といったポジションを任される年代です。転職後すぐ役職につけば、給料アップも見込めるでしょう。

経験を積んだ30代は転職をするメリットがたくさんあります。これから転職を検討している方は、ぜひ自分の年齢を強みにして転職活動に励んでみてください。

30代保育士の転職理由5

次に、30代保育士の転職理由を見ていきましょう。

以下は、厚生労働省の調査による過去に保育士として就業した者が退職した理由を示したグラフです。

引用:厚生労働省

全年代を対象としている調査なので30代の詳しい退職理由ではありませんが、上位に来ている「職場の人間関係」「給料が安い」「仕事量が多い」は、年代問わず多くの保育士が悩む内容でしょう。

調査結果をもとに、30代の転職理由をさらに深掘りしていきます。

  • 人間関係のストレス
  • 労働条件に対する不満
  • 結婚・出産などのライフステージの変化
  • 今後のキャリアに対する不安
  • 新しい仕事への興味

1つずつ順番に見ていきましょう。

人間関係のストレス

実力のある30代保育士は、20代の頃と比べ現場で責任感を求められやすいです。上司からの指導や要望が増え、ストレスを感じる方も少なくありません。

またクラスリーダーを任された場合、チームの統率や後輩指導などで苦労するでしょう。

30代は中堅保育士として上司と後輩の板挟み状態になっている時期です。

「上司に評価されたい」「後輩を大切にしたい」といった様々な感情から気遣いも増え、人間関係に悩む30代も多いでしょう。

労働条件に対する不満

労働条件に対する不満により、転職を決断する保育士も少なくありません。

〈よくある労働環境への不満〉
  • 残業が多い
  • 給料が低い
  • 休憩時間がない

保育士の給料は年々あがってきているものの、まだ全職種の年収には届いてはいません。

厚生労働省が調査した「年代別の保育士の平均賃金」の結果をもとに計算すると、30代保育士の平均手取り額は月20万円前後でした。

保育士は仕事量の多さが原因で、残業を強いられたり、休憩時間が削られたりするケースも珍しくありません。現状の給料と労働量のバランスに満足できない保育士も多いでしょう。

片野 秋子氏

私も30代で一度転職をしています。残業が多かったのが転職を決断した大きな要因でした。転職先では残業がほとんどなく、転職してよかったと感じました!

結婚・出産などのライフステージの変化

30代は結婚・出産などライフステージの変化も多い年代です。

とくに仕事に不満がなくても、ライフステージの変化から退職を余儀なくされる方もいるでしょう。子どもを出産して子育てが落ち着いたタイミングで、再就職の形で保育士に復帰される方も少なくありません。

今後のキャリアに対する不安

今後のキャリアに不安を感じて転職を検討する方もいます。

2017年に厚生労働省により設立された「キャリアアップ制度」の導入より、若手や中堅の保育士もキャリアを積みやすい環境が整ってきました。しかし、役職の枠が限られていたり、役職の加算手当の配分は園側が調整できたりするので一般企業ほど、目立ったキャリア形成ができません。

勤務年数を重ねている30代は、今後のキャリアで悩みやすい年代です。

自分の将来を見つめて「もっとキャリアアップの体制が整った園に転職したほうがいいのではないか?」「キャリアアップがスムーズな一般企業に進むべきなのだろうか?」と考え、転職をする30代は多いでしょう。

新しい仕事への興味

ずっと同じ仕事を続けてきた方は他の仕事に興味をもつケースも珍しくありません。働くなかで様々な情報や価値観に触れるため、視野が広がるのでしょう。

また、今の仕事に対する不満から他の職種に魅力を感じて転職を決断する場合もあります。

片野 秋子氏

たとえば、動き回る保育の仕事に疲れた方はデスクワークの仕事。女性社会の人間関係にストレスを感じる方は、男女比率のバランスがとれる一般企業といった具合です。

40代の挑戦はよりハードルが高いので、新しいことにチャレンジするなら今だ!」と30代で新しい仕事に挑戦する方は少なくありません。

30代で保育士が転職する注意点

続いて、30代で保育士が転職する際の注意点を解説します。

  • 今より給料が下がる可能性がある
  • プレッシャーを感じやすい
  • 後輩が先輩になるケースがある

後悔しない道を歩むためにも、転職のリスクもしっかり知っておきましょう。

今より給料が下がる可能性がある

転職後、今の職場より給料が下がる可能性があります。

給料は、会社の基本給に加え、園独自の手当や自治体の処遇改善の取り組み状況によって変動します。

現職で勤続手当や役職手当が充実していたり、自治体が処遇改善の取り組みに力を入れている場合は、給与に大きく反映されているはずです。もし転職先が、基本給に+αの条件がなければ現職より給料が下がる可能性は十分に考えられるでしょう。

30代だから給料も高いはずだ」という考えは正しくありません。給料が減って後悔しないためにも、基本給だけでなく、給料アップに関連のある手当や自治体の取り組み状況を事前にチェックしておきましょう。

片野 秋子氏

私も転職で給料が下がった経験があります。転職したからといって給料があがるわけではないことを実感しました。

プレッシャーを感じやすい

30代での転職は、プレッシャーを感じやすいです。

30代は「経験者=即戦力」として評価・採用されるため、「ある程度のことはできて当たり前」の視点で見られています。そのため一定のスキルを最初から求められるぶん、プレッシャーを感じやすいでしょう。

また30代での転職は、クラスリーダーに任命されたり、リーダーでなくても経験の浅い保育士と組まされたりする可能性が高いです。

「経験者として期待に応えなければ!」と力が入りやすい方は、少しだけ肩の力を抜いて仕事に取り組む姿勢をもつとよいでしょう。

後輩が先輩になるケースがある

転職先では自分より若い保育士が先輩になるケースがあります。

年齢による上下関係ではなく、在職年数により上下関係が形成される職場は珍しくありません。年下で先輩意識をもつ方もいるので、命令口調や敬語なしで関わられる可能性もあります。

年齢による上下関係を大切にしている方にとっては、ストレスのかかる状況といえるでしょう。

30代保育士が転職を成功させるポイント

30代保育士が転職を成功させるポイントを紹介します。

  • 転職時期を考慮する
  • しっかり業務を引き継ぐ
  • 自己分析をおこなう
  • 転職理由を明確にする
  • 支援が手厚い転職エージェントを活用する

1つずつ順番に解説します。

転職時期を考慮する

スムーズに退職できるように転職時期を考慮しましょう。

保育士のもっともベストな転職時期は、年度末です。保育園は1年単位のクラス制なので、年度途中の退職は職員・子ども・保護者全員に迷惑がかかってしまいます。

また、退職を申し出る時期にも配慮が必要です。労働基準法で「退職は辞める2週間前に申告すれば受理される」と定められていますが、園側の負担を考えると、最低でも3ヶ月前に退職を申し出るのがよいでしょう。

代わりの職員を見つけるまでに一定の期間がかかるからです。

相手を配慮した行動が円満退職にもつながります。スムーズに退職し次に進めるように、転職時期を配慮するのは大切です。

しっかり業務を引き継ぐ

退職の許可が降りたら、業務の引き継ぎをおこないましょう。

最後まで仕事に責任をもつことで、円満退職にもつながります。反対に、引き継ぎ業務に手を抜くと「辞めることしか考えていないんだ」とこれまでの信頼を損ねかねません。

保育士の主な引き継ぎ内容は以下のとおりです。

主な引き継ぎ内容
  • 自分が担当した行事や係の情報
  • 書類や作品集の保管場所の共有
  • 次のクラスを担当する保育士へ子ども・保護者の情報を共有

自分がいなくても残る職員が滞りなく業務を進められる状態にしましょう。

片野 秋子氏

相手が忙しそうであれば、情報を紙やパソコンのテキストツールにまとめて、確認しやすい状態にしておくと親切です。

自己分析をおこなう

転職で成功するには、自己分析をおこなうのがおすすめです。

自己分析とは?

これまでの経験をもとに自分の思考・考え方・感情の動きを分析をおこない、自分の長所や強み、素質、価値観などを整理する作業のこと。

自己分析をすれば自分を深く理解でき、仕事の価値観や仕事に求める条件がはっきりします。自分自身や自分の考えにも自信がもてるため、面接官に自分の想いを堂々と伝えられるでしょう。

自己分析の方法はさまざまあります。

自己分析の方法
  • 診断ツールを活用する
  • 表やグラフを用いて自分の過去を振り返る
  • 用意された題材に対して「なぜ?」と問いかけ続け本心を探る

自己分析の種類ややり方はインターネットで検索するとすぐに出てくるので、気になったものをぜひ試してみてください。

30代は仕事や自分自身と向き合う中で、仕事の価値観や自分の素質と向き合う機会も多い年代です。

自己分析を機により自分への理解を深め、自分の考えを尊重した選択をおこなうのが大切です。

転職理由を明確にする

転職で自分の理想の職場に転職したいなら、転職理由を明確にしましょう。

転職活動では、選択肢が増えたり、不安で自分の目的が見えづらくなったりして、中途半端な選択をしてしまうケースも珍しくありません。

転職理由を明確にして、しっかり軸を定めておけば、といざというときに正しい判断を下せるでしょう。

以下のように転職を考えたきっかけを振り返れば、自分の転職理由を把握できます。

転職を考えたきっかけ 転職先に求める条件
残業が多く疲労で体調不良になった 自分の身体をを大切にしたいので、残業が少ない保育園
手取りが17万円ほどで生活が圧迫し気持ちにゆとりがもてない 気持ちにゆとりをもちたいので、手取り20万円くらいの保育園
子どもの人数が多く対応に追われて保育士が嫌いになりそう 子どもとじっくり向き合う保育を大切にしたいので、子どもの定員数が少ない保育園

環境がガラリと変わる転職は、今後の人生を左右するといっても過言ではありません。後悔しないためにも転職理由を明確にして、転職先を慎重に決めていきましょう!

支援が手厚い転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用するのも成功率をあげる方法の1つです。

転職エージェントに登録すれば、転職市場に詳しい担当者がついて、あなたの転職活動をフルサポートしてくれます。面接日の調整や保育園との諸連絡もおこなってくれるので、自分一人で転職活動をするより内定もスムーズに進むでしょう。

〈転職エージェントのサポート内容〉
  • 転職相談カウンセリング
  • 求人紹介
  • 面接対策・書類添削
  • 条件交渉
  • 転職先との連絡
  • 各種手続きのサポート

担当者は、保育士業界に精通しているので30代ならではの給料や人間関係の悩みもよく知っています。転職先に求める条件を伝えれば、気持ちを理解したうえで、あなたにあった転職先を紹介してくれるでしょう。

手間をかけずに自分の納得のいく職場への転職を叶えたい方は、転職エージェントに1度相談してみてはいかがでしょうか?

30代におすすめの転職エージェントは後ほど詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

30代保育士が活躍できる保育園以外の転職先ジャンル3

30代保育士が活躍できる転職先のジャンルを紹介します。

  • 一般の保育園以外の保育施設
  • 資格や経験を活かせる児童福祉施設
  • まったく別の一般企業

1つずつ順番に見ていきましょう。

あわせて読みたい
保育士から転職しやすいおすすめの異業種15選!スキルや資格を活かせる職種とは? 保育士は非常にやりがいのある仕事ですが、業務の多さや責任感の重さなどから異業種に転職したいと考える方もいるでしょう。 そこで本記事では、保育士からの転職でおす...

一般の保育園以外の保育施設

まずは、一般の保育園以外の保育施設です。保育士を積極的に採用している施設なので、気になる仕事があればぜひ挑戦してみてください。

以下は保育施設の一例です。

施設特徴
院内保育・企業内保育 企業や病院で働く社員の子どもを預かるのを目的とした保育施設
小規模保育 定員数が619人の少人数制の保育施設
病後時保育 病気または病気の回復期において集団保育が難しい子どもを預かる保育施設
片野 秋子氏

施設によって特徴や求められるニーズが異なります。そのため、未経験の業務をおこなうほか、新しい知識を深める必要があります。

はじめての保育施設でも、30代は保育の経験や知識が豊富なので、これまでの経験を活かして働けるでしょう。

資格や経験を活かせる児童福祉施設

続いて、資格や経験を活かせる児童福祉施設です。

そもそも児童福祉施設とは、児童福祉法に基づいて事業をおこなう施設の総称で、特別な配慮が必要な母親や子どものケア・自立をサポートする施設のこと。保育園も、この児童福祉施設に該当します。

ほかには、以下のような施設があります。

施設施設の目的
乳児院 保護が必要な乳児を入所させ、養護する施設
助産施設 経済的理由で入院助産できない妊産婦を入所させ、助産を支援する施設
児童養護施設 保護が必要または保護者がいない児童を入所させ、児童の養護や自立支援をおこなう施設
障害児入所施設 障がいのある児童を入所させ、日常生活の指導や自立支援をおこなう施設
母子生活支援施設 保護が必要または配偶者がいない女性と子どもを入所させ、生活支援や自立をサポートする施設

子どもや保護者の対応の経験を積んできた30代なら、相手の気持ちに寄り添った丁寧な関わりができるはずです。支援を必要としている方のサポートをする観点からも、大きなやりがいを感じられるでしょう。

まったく別の一般企業

まったく別の一般企業に転職する選択肢もあります。

子どもと関連のある仕事を選べば、保育士の経験や専門知識を活かせるでしょう。

〈保育の経験を活かせる職種〉
  • 写真館のスタッフ
  • 子ども服の販売員
  • テーマパークのスタッフ
  • 子ども向けの習い事の先生

「元保育士」の肩書きや保育で培ったスキルがあれば、職場やお客さまからの信頼も得やすいです。

また、保育とは全く別の仕事に挑戦する道もあります。その場合は、未経験者を応募している職種を選ぶと経験やスキルがなくても安心してチャレンジできるでしょう。

〈未経験でもチャレンジしやすい職種〉
  • 事務員
  • 営業職
  • アパレル
  • 飲食店
  • IT業界

求人を探す際は、研修や教育体制が充実している会社に注目するのを推奨します。学びの場がしっかり用意されていれば、理解や技術の習得がスムーズで、独り立ちも早くなるからです。

30代で新しい職種にチャレンジするのはまだ遅くありません。たった1度の人生を後悔しないためにも、興味のある仕事があれば、積極的に挑戦しましょう。

30代未経験で保育士を目指す方法

30代で未経験から保育士に転職するには、まず保育士の資格を取得しなければなりません。

〈保育士資格を取得する方法〉
  1. 厚生労働大臣が指定する「指定保育士養成施設」を卒業する
  2. 保育士試験の受験資格を満たしたうえで受験し合格する

参考:厚生労働省「保育士になるには?

1つ目は、厚生労働大臣が指定する「指定保育士養成施設」に入学し、卒業にあわせて資格をもうう方法。指定保育士養成施設は、大学や短期大学、専門学校で、保育の専門的な知識を学ぶ教育体制が整っています。

2つ目は、保育士試験の受験資格を満たしたうえで受験し合格する方法。年に2回おこなわれる保育士試験を受験し、合格すれば保育士資格を取得できます。ただし、受験するにあたり「指定保育士養成施設ではない学校の卒業者」または「児童福祉施設で実務経験2年以上かつ総勤務時間数2,880時間以上従事した者」の条件を満たす必要があります。

片野 秋子氏

保育士資格を取得するのに、年齢制限はありません。保育士になりたい気持ちを大切にして、新しい人生を歩んでみるのもよいでしょう。

30代保育士におすすめの転職エージェント5

ここでは、30代保育士の転職をサポートしてくれるおすすめの転職エージェントを5つ紹介します。

求人数や求人の質に加えて、サポートの手厚さに定評のある転職エージェントを厳選したので、ぜひ参考にしてみてください。

保育士ワーカー

保育士ワーカー
  • 特徴① 年間3万人以上が利用
  • 特徴② 保有求人数が多く、様々な地域・施設形態の求人を網羅
  • 特徴③ 保育士専門のキャリアアドバイザーによる支援

保育士ワーカーは、年間3万人以上(※1)の保育士を転職成功に導く転職エージェントです。

 

運営会社である株式会社トライトキャリアは2004年の設立以来、医療・福祉業界で人材紹介事業を展開してきた歴史を有しており、取り扱い求人の多さに特徴があります。

 

保育園・幼稚園にくわえて学童・病院・企業と幅広い施設形態の求人があり、全国の求人を網羅していることもポイントです。

 

登録すると、多数の非公開求人を見られるほか、保育士転職のプロであるキャリアアドバイザーから転職成功まで支援してもらえます。

 

転職の不安や疑問にも答えてくれるため、現在抱えている悩みを気軽に相談してみるといいでしょう。求人票からはわからない生の情報とともに、最適な求人を紹介してもらえるはずです。

 

(※1)保育士ワーカーの公式ホームぺージより

 

サービス名 保育士ワーカー
運営会社 株式会社トライキャリア
公開求人数 20,412件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年4月15日時点

 

保育士人材バンク

保育士人材バンク
  • 特徴① 独自ルートで入手したここでしか出会えない求人多数
  • 特徴② 求人ごとに充実した情報を提供
  • 特徴③ 最短3日のスピード内定の可能性あり

保育士人材バンクは、保育士・幼稚園教諭向けの転職支援サービスで、株式会社エス・エム・エスが運営しています。

 

東証プライム市場上場の信頼感と医療・福祉業界で築かれた人材紹介の実績をもとに、独自ルートによる情報収集がおこなわれているため、ここでしか見られない求人の紹介に期待できるでしょう。

 

求人内容の充実ぶりが特徴で、園の特色や雰囲気、求める人物像、キャリアパートナーの一言など、掲載情報だけである程度のイメージが湧くように工夫されています。

 

さらに、登録すると職場の人間関係や保護者の雰囲気などの内部情報も共有してもらえるため、入職後のギャップを最小限に抑えられるはずです。

 

最短3日で内定した実績(※1)があり、スピーディーに転職を叶えられるかもしれません。

 

(※1)保育士人材バンクの公式ホームページより

 

サービス名 保育士人材バンク
運営会社 株式会社エス・エム・エス
公開求人数 27,466件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト https://hoiku.jinzaibank.com/
2024年4月15日時点

 

保育のお仕事

保育のお仕事
  • 特徴① 保育士が使いたい転職サイトNo.1
  • 特徴② 園の雰囲気や内部情報まで共有
  • 特徴③ 施設形態・職種を絞り込んでの検索が可能

保育のお仕事は、「保育士が使いたい転職サイトNo.1(※1)」を獲得した実績があり、手厚い転職サポートやサイトの使いやすさに定評があります。

 

非公開求人の中には急募案件や人気園の求人などもあり、登録すると好条件の求人に出会える可能性を高められるでしょう。

 

キャリアアドバイザーが実際に訪問して得た情報をもとに、園の雰囲気や内部情報まで共有してくれるので、入職後のミスマッチ回避にも期待できます。

 

使い勝手のよい検索機能も特徴的で、保育園・幼稚園のほか、企業内保育や児童発達支援施設など、希望の施設形態を指定しての検索が可能です。

 

職種は保育補助から主任・副主任、園長まで指定でき、さまざまな職歴の方におすすめできるサービスです。

 

(※1)日本マーケティングリサーチ機構 2022年 第1位

 

サービス名 保育のお仕事
運営会社 株式会社トライキャリア
公開求人数 50,402件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年4月15日時点

 

ヒトシア保育

ヒトシア保育
  • 特徴① 転職サイト機能と転職エージェント機能を両立
  • 特徴② 派遣保育士の求人も掲載
  • 特徴③ 就職・転職フェアを全国で開催

ヒトシア保育では、自分で求人を探して応募できる転職サイトとしての機能のほか、転職サポートを受けられるエージェントサービス、事業所から直接オファーが届くスカウトサービスが提供されています。

 

保有求人のほとんどが非公開求人であるため、エージェントに登録するだけで転職の選択肢を広げられるでしょう。

 

もちろん転職相談や面接対策、条件交渉代行などの支援も充実しているので、一人での転職活動に不安がある方はエージェントへの登録をおすすめします。

 

サイトには、直接雇用だけでなく派遣社員の求人も掲載されており、希望の雇用形態に合わせて求人を絞り込めます。

 

全国で開催中の就職・転職フェアでは、採用担当者と直接話せたり、応募書類の添削や面接アドバイスを受けられたりもでき、転職成功のための情報収集に役立てられるでしょう。

 

サービス名 ヒトシア保育
運営会社 株式会社ネオキャリア
公開求人数 37,973件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年4月15日時点

 

マイナビ保育士

マイナビ保育士
  • 特徴① 転職業界大手の株式会社マイナビが運営
  • 特徴② 保育業界専門のキャリアアドバイザーによる寄り添う転職支援
  • 特徴③ 入職後の悩みや不安にも親身に対応

マイナビ保育士は、人材紹介大手の株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。

多様な業界で培った転職ノウハウをもとに、保育士転職をサポートしてくれます。

 

サービスの特徴は、保育業界専門のキャリアアドバイザーから寄り添った転職支援を受けられることです。

 

求職者からヒアリングした希望条件と実際に園に訪問して得た情報をもとに求人を紹介するため、ミスマッチが起こる可能性を最小限に抑えられるでしょう。

強みを引き出すカウンセリングも注目したいポイントで、自信をもって書類選考・面接に臨めます。

 

また、入職後のアフターフォローにも力を入れており、新しい職場での悩みや不安の相談にも対応しています。

 

転職には不安がつきものですが、マイナビ保育士なら、新しいキャリアの一歩を力強く応援してもらえるでしょう。

 

サービス名 マイナビ保育士
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 17,021件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年4月15日時点

 

30代保育士の転職に関するよくある質問

最後に30代保育士の転職に関するよくある質問を2つ紹介します。

転職で面接する際に効果的にアピールする方法はありますか?

経験豊富な30代は実力が評価されやすいので、これまでの経験や培ったスキルを積極的に伝えましょう。

たとえば、前職でクラスリーダーや行事のリーダーを務めた経験があるなら、保育の経験のほかにリーダーシップやマネジメント力もアピールできます。チームをまとめるために意識していたことや、苦労を乗り越えた体験談など具体的なエピソードがあればぜひ添えてください。

あなたの人柄や働きぶりが面接官に伝わり、好印象を与えられるでしょう。

30代で子持ちなのですが転職で不利にならないでしょうか?

勤務に大きな影響がない限り不利にならないでしょう。

ただ非協力的な態度を示す保育園もゼロではありません。お子さまがいると子どもが体調不良でお迎えが必要になり、早退をせざるを得ない場合が多々あるでしょう。そこで嫌な顔をされたり、すぐに早退の許可をくれなかったりする可能性もあります。

子育てをしながら安心して働くためにも、面接時に子育て中であることを伝え、協力してもらえる保育園かどうかを見極めるのがよいでしょう。

最後に|30代保育士の転職は需要があるので自信をもって行動しよう!

経験やスキルのある30代保育士は、保育園の成長を担う人材として重宝されます。また、教育の手間がかからないほか、即戦力としても活躍が期待できるので、30代保育士を積極的に採用する保育園も多いでしょう。

現在、転職を検討している方は、自己分析をおこない、自分の能力・強みを洗い出してみてください。再確認できた自分の特徴とこれまでの保育経験の情報を掛け合わせれば、自分らしさと30代までの経験が大きな武器となります。

転職活動をする際は、ぜひ本記事で紹介した「おすすめの転職エージェント」をご活用ください。求人の質やサポート内容がよい転職サイトを厳選したので、あなたの転職をきっと有利に進めてくれるでしょう。

登録は無料なので、ぜひお気軽に問い合わせてみてください。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。