留学経験のある就活生におすすめ就活エージェント5選|活用するメリット・デメリットも解説

高橋宇内
編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

「留学経験を就活で上手にアピールできるかわからない」
「就活エージェントを利用して、留学経験を最大限に活かした就活をしたい」

留学経験のある就活生や、現在留学中で帰国後に就活をする予定の学生の中には、このように悩む方も多いでしょう。

留学経験は就職活動において有利な要素となります。なぜなら、国内企業でもグローバルな視野をもつ人材を求める傾向が強まっているからです。

しかし、留学経験は効果的にアピールしないと、就活を有利に進められないかもしれません。

そこで、留学経験者の就職支援を得意とする就活エージェントを活用すれば、納得のいく就職を叶えられるはずです。

本記事では、留学経験のある就活生におすすめの就活エージェントを紹介します。エージェントを利用して、留学経験をうまく活かした就活をしましょう。

 

この記事の執筆者
高橋宇内
高橋 宇内 氏人事&キャリアドバイザー経験者
採用コンサルタントとして企業の人事を複数担当。転職後キャリアドバイザーとして、新卒・中途の求職者の支援。
目次

留学経験がある就活生におすすめの就活エージェント5選

ここでは留学経験のある就活生に、おすすめの就活エージェントを5社紹介します。

あわせて読みたい
就活エージェントおすすめ比較21社|24卒・25卒向けに各社の特徴を徹底解説 「就活エージェント」って調べると口コミとして、イイこと悪いこと色々書いてあるから選びにくいと思います。会社自体が優れていても、担当者の質が低い事は良くある話...

キャリアスタート

キャリアスタート新卒
  • 特徴① 最短2週間で内定を狙える
  • 特徴② 入社実績2,000名以上
  • 特徴③ 定着率92%

キャリアスタートは一人ひとりのあった企業を紹介してくれるため、入社後定着率が90%以上と高いのが特徴の就活エージェントです。

また、学生から人気の高い有名企業への就活サポートをもしてくれます。

 

質の高い求人紹介から、一人ひとりに合わせた面接サポートまで無料で対応してくれるため、就活がなかなかうまくいかず悩んでいる方におすすめです。

 

最短2週間で内定獲得している実績もあるため、できるだけ早く内定がほしい方はぜひとも利用したい就活エージェントです。

 

サービス名 キャリアスタート
運営会社 キャリアスタート株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • あなたの個性にあった求人を紹介
  • マンツーマンで就活をサポート
  • 全国どこでも対応可能
対応地域
北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年2月時点

LHH就活エージェント

LHH就活エージェント
  • 特徴① 最短ルートで内定を狙える
  • 特徴② 企業ごとにESを添削してくれる
  • 特徴③ 入社後のキャリアを考えたサポート

LHH就活エージェントはただ求人を紹介するのではなく、入社後のキャリアを見据えたサポートをしてくれます。

また、グローバル求人や一般的な就活サイトには登録されていない求人を多く保有しています。

 

企業に合わせた自己PRや志望動機の添削から面接対策まで、一緒に担当者がサポートしてくれるため、自分の描きたいキャリアを実現できる企業から内定をもらうことができるでしょう。

 

サービス名 LHH就活エージェント
運営会社 アデコ株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 一人ひとりにあった求人を紹介
  • 非公開求人を多く保有
  • 就活イベントを定期的に実施
対応地域
全国
公式サイト

 

DiG UP CAREER

DIG UP CAREER
  • 特徴① 最短2週間で内定獲得
  • 特徴② 首都圏に特化した求人を保有
  • 特徴③ 完全オーダーメイドの就職サポート

DiG UP CAREER は、利用者満足度90%、友人紹介率60%の支援が手厚い就活エージェントです。

キャリアアドバイザーがしっかりと自己分析に向き合ってくれるから、あなたに合った企業が見つかりやすいでしょう。

 

さらに、LINEを使って密にコミュニケーションがとれるのも特徴です。 メールや電話と違い、スピード感をもって相談できるため、早期の就職成功も難しくありません。

紹介企業は、メーカーや商社、アパレル、金融などを取り扱っており、幅広い業界からあなたにあったところを選べます。

 

面接後には企業からフィードバックがもらえるので、次に活かせるのもメリットです。

 

サービス名 DiG UP CAREER
運営会社 NaS株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 利用者満足度90%の就活エージェント
  • LINEを使って密にコミュニケーションがとれる
  • 面接後に企業からフィードバックがもらえる
対応地域
東京、神奈川、埼玉、千葉
公式サイト

 

キャリアパーク

キャリアパーク
  • 特徴① 最短1週間のスピード内定
  • 特徴② 専属のエージェントが就活をサポート
  • 特徴③ 300社の中から最適な企業のみ紹介

キャリアパークは特別の選考フローや選考回数が少ない求人を取り揃えているため、内定まで早くて1週間、最速3日で内定獲得も狙えます。

 

また、平均5回以上の面談や選考対策のセミナーなどあなたの就活をトータルでサポートしてくれます。

 

なかなか内定がもらえない方や今すぐ内定が欲しい方は、年間1,000名以上の面談を行うキャリアアドバイザーのサポートを借りて、就活を成功させましょう。

 

サービス名 キャリアパーク
運営会社 ポート株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 個別のオンライン面談を実施
  • 上場企業が運営
  • 選考回数が少ない求人枠を紹介してくれる
対応地域
全国
公式サイト

 

ジール

ジール

  • 特徴① オーダーメイドのキャリアプランが描ける
  • 特徴② 2,000件以上の企業が登録
  • 特徴③ 最短2週間のスピード内定

ジールは、年間利用者数1万2千人を超える新卒学生のサポートに特化した就活エージェントです。

 

厳選された3,000社以上の企業から求人を提供し、専門のキャリアプランナーが1対1のサポートをおこないます。

また、最短2週間で内定を獲得することができるため、「内定がなくて焦っている…」という学生におすすめのエージェントです。

短期間で効率的に企業や業界の話が聞ける合同説明会なども開催しているので、就活を早く終わらせたいという方は、一度利用してみるといいでしょう。

 

サービス名 ジール就活エージェント
運営会社 株式会社ジールコミュニケーションズ
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 相談だけの利用もできる
  • 面談をしてマッチした企業のみ紹介
  • 就活の始め方から内定後までサポート
対応地域
東京・名古屋・大阪中心に全国
公式サイト

 

留学経験のある就活生が就活エージェントを活用するメリット3つ

留学経験のある就活生が就活エージェントを活用するメリットは、以下のとおりです。

  • 評価されるためのアピール方法を教えてもらえる
  • 書類・面接選考対策ができる
  • 求人紹介を受けられる

留学経験のある就活生は有利とされていますが、経験をうまくアピールしないと高評価を得られません。

就活エージェントを利用すれば、自分のスキルや経験を活かせる就職先に出会えたり、効果的なアピール方法を教えてもらえたりするでしょう。

それぞれのメリットについて解説します。

評価されるためのアピール方法を教えてもらえる

留学経験のある学生が就活エージェントを活用するメリットのひとつは、異文化環境で得た経験のアピール方法を教えてもらえる点です。

留学は、言語力の向上だけでなく、柔軟性や異なる価値観に対する理解ももたらします。異文化圏で得られたスキルや経験は、企業にアピールする際の強みとして活かせるでしょう。

就活エージェントは、留学経験のある就活生の経歴やスキルを的確に捉え、企業に対してどのように伝えると効果的か、的確なアドバイスや戦略を提供してくれます。そのため、留学経験者の価値を最大限に引き出した就活が可能となるのです。

就活生は留学で得られた経験を最大限にアピールし、グローバルな視点をもつ人材として企業に魅力を伝えられるようになるでしょう。

また、中には、留学経験者のキャリアアドバイザーが在籍しているエージェントもあります。経験にもとづいたアドバイスを受けたい方は、キャリアアドバイザーの経歴に注目してみるのもひとつの方法です。

書類・面接選考対策ができる

就活において重要なのは、書類選考や面接選考で自分をどのようにアピールするかです。

就活エージェントは就活生の強みや特徴を理解し、最大限活かすための効果的なサポートをおこないます。

具体的には、留学経験に焦点を当てた適切なアピール方法や、回答内容についてのアドバイスなどです。

就活エージェントは企業の求める人物像や特徴を把握しており、その情報をもとに就活生が企業に適切なアピールをできるようサポートします。

その結果、留学から得たスキルや経験を明確に伝えられ、選考で企業の採用担当者に好印象を与えられるようになるでしょう。

高橋 宇内氏

就活エージェントを通じて的確な情報や助言を得られれば、留学経験を有利に活かせ、内定獲得の可能性を高められるはずです。

求人紹介を受けられる

就活エージェントは幅広い企業ネットワークをもとに、留学経験者の適性や志向に合った求人情報を紹介してくれます。

留学経験者が有するグローバルな視点や言語スキルと、それらを求める企業とのマッチングをサポートしてくれるのが特徴です。

就活生のスキルを的確に理解したうえで求人を紹介してもらえるため、留学経験の強みを最大限に発揮できる職場に出会いやすくなるでしょう。

また、中には帰国後すぐに就活を進められるように、留学中の求人紹介を実施していたり、オンライン面接対応可の企業を紹介してくれたりするエージェントもあります。現在留学中で就活のスケジュールに不安を抱えている方は、このようなサービスを利用してみるのもおすすめです。

留学経験のある就活生が就活エージェントを活用するデメリット3つ

留学経験のある就活生が就活エージェントを活用するデメリットは、以下のとおりです。

  • キャリアアドバイザーとの相性が悪いときもある
  • 返信スピードが遅い場合がある
  • 一部のサービスを有料としているエージェントもある

就活エージェントの活用にはデメリットもあります。メリットとデメリットの両方を把握して、就活エージェントのサポートが自分に合っているかどうかを判断しましょう。

キャリアアドバイザーとの相性が悪いときもある

就活エージェントを利用していると、「希望の内容が伝わらない」「誠実な対応をしてもらえない」など、キャリアアドバイザーとの相性が悪いと感じる場合があるかもしれません。

担当アドバイザーとの相性やコミュニケーションの質は、就活の成功を左右する重要な要素です。

なぜなら、担当者の理解や評価が不十分な場合、留学経験者の強みが適切にアピールされず、効果的なサポートが受けられなくなるからです。

担当アドバイザーとの相性が悪いと感じたら、就活エージェントの問い合わせ窓口に連絡して、担当者の変更を依頼しましょう。

高橋 宇内氏

就活エージェントを選ぶときは、担当アドバイザーとの相性を考慮することが重要です。

返信スピードが遅い場合がある

就活エージェントのキャリアアドバイザーは、一人で多くの就活生とやり取りをおこなっているため、個々のサポートへの返信に時間を要する場合があります。

すぐに知りたい情報やアドバイスがあるときに、担当エージェントからの返信が遅いと、就職活動の進捗やスケジュールに支障が出るかもしれません。

就活において、コミュニケーションの円滑さは重要な要素のひとつです。担当アドバイザーからの返信が遅いことが原因となって、不安やストレスを感じる可能性があるでしょう。

一部のサービスを有料としているエージェントもある

一部の就活エージェントでは、特定のサービスや特典を有料としているケースがあります。

有料サービスの具体例としては、個別面談や特別な非公開求人の紹介、限定セミナーなどがあげられます。

このような有料サービスを利用したい場合、追加料金の負担を考慮しなくてはなりません。

ただし、一部サービスを有料としている場合でも、基本の無料サービスが充実している就活エージェントもあります。

高橋 宇内氏

登録前にサービス内容や費用について十分な情報を収集し、予算や受けたいサポートに合ったエージェントを選択しましょう。

留学中でも就活はできる?

留学中は、オンライン面接を活用して、海外にいながら日本企業の選考を受けることも不可能ではありません。しかし、就活イベントや会社説明会への参加などは難しいため、実際に応募できる企業は限られるでしょう。

留学経験を活かして就活を成功させたいなら、帰国してから本格的に就活を開始するのが得策です。

ただし、だからといって就活のことを忘れていいわけではありません。帰国してすぐに就活に取り組めるよう、前もって基本的な準備を進めておくことが大切です。

留学中にできる就活準備
  • 自己分析
  • 企業研究
  • 応募書類の作成
  • ビジネスマナーのチェック
  • 適性検査の対策
  • 留学経験者向け就活イベントのスケジュールチェック
  • 就活エージェントへの登録
  • 求人情報の収集 など

留学中でもできることを少しずつ進めておくと、スケジュールに余裕ができるうえ、帰国後すぐに就活に向けて気持ちを切り替えられるでしょう。

なお、たとえばボストンキャリアフォーラムのように、日本人留学生が参加できる就活イベントが現地で開催されていることもあります。留学先の近くに参加できるイベントがないか、調べてみるのもおすすめです。

高橋 宇内氏

留学期間は語学の習得を優先することが大切です。焦る気持ちも理解できますが、無理をせずに、できる範囲で就活に取り組みましょう。

留学経験のある就活生の主な就職先5選

留学経験のある就活生の主な就職先は、以下のとおりです。

  • 外資系企業
  • メーカー
  • 商社・貿易系
  • 航空会社
  • ホテル・旅行関係

留学した就活生は、主に語学力を活かせる業界に就職するのがおすすめです。それぞれの理由について詳しく解説します。

外資系企業

日本においても外資系企業が増加しており、多言語を話せるグローバルな人材が求められています。

外資系企業では社内の公用語が外国語のケースも多く、会議や電話・メールでのやり取りにおいて、英語やその他の言語で円滑にコミュニケーションをとれるレベルの語学力が条件とされます。

また、外国籍の上司やチームリーダーがつく場合もあり、単純に多言語が話せるだけでなく、十分な意思疎通が可能で、交渉もできる程度の言語力がないと仕事がスムーズに進まないかもしれません。

留学経験があると、外資系企業の採用面接において大きなアドバンテージとなります。

ただし、外資系企業は完全実力主義なため、言語力だけでなくほかの実力やスキルも重視されるでしょう。

メーカー

留学経験を活かせる就職先として、海外に製品を輸出しているメーカーも挙げられます。メーカーには、自社製品をそのまま海外に輸出している企業や海外向けに製品を製造している企業があり、語学力が高く評価される傾向です。

中には、海外事業の展開に注力していて、現地法人や海外工場を有しているような企業もあり、海外出張や海外赴任の機会も得られるでしょう。

メーカーへの就職は、留学を経験した就活生にとっておすすめの選択肢といえます。

商社・貿易系

商社・貿易関係の企業では外国語を使う頻度が高く、留学経験者におすすめの業界です。とくに、総合商社や海外で事業展開しているような企業では、採用の際に語学力が重視されます。

ただし、人事部・総務部や国内向け事業を担当している部署、国内向け商品だけを取り扱う商社などでは、それほど高いレベルの語学力は必要とされないのが一般的です。応募先企業の事業内容や部署を十分に確認し、留学で培ったスキルが活かせるかどうかを判断しましょう。

商社や貿易関係の企業では、海外出張や海外転勤の機会も多くなります。高いレベルの語学力が必要とされますが、グローバルな活躍を目指したい方に最適なキャリアのひとつです。

航空会社

航空会社では、国際的な環境での業務が日常的におこなわれており、言語スキルや異文化に対する理解が重要な役割を果たします。

航空業界の仕事には、企画職や客室乗務員、グランドスタッフなど、多岐にわたる職種が存在します。とくに、日常的に外国語を使って仕事がしたい方、外国籍の乗客の接客をしたい方は、客室乗務員や空港のグランドスタッフがおすすめです。

航空会社では、留学経験者が有する異文化適応力や言語スキルが評価されやすく、国際的な視野を活かした仕事に従事できるでしょう。

ホテル・観光関係

ホテル・観光関係も、留学経験者が重宝される業界です。

昨今、日本政府は外国人旅行客を積極的に呼び込むインバウンド政策に力を入れています。2023年の訪日外国人旅行者の人数は、11月時点で累計2,000万人を超えており、今後ますます海外からの観光客は増加するでしょう。

そのため、ホテル・観光関係の企業では、高い語学力をもち、外国人旅行客とスムーズにコミュニケーションをとれたり、グローバルな視野でサービスを発案できたりする人材が重宝されます。

とくに、ホテルのフロントやコンシェルジュ、観光窓口などは、日常的に訪日観光客と接する機会があり、留学経験者がやりがいを感じられる職場のひとつです。

【参考記事】訪日外客数(2023年11月推計値)|日本政府観光局

留学先の現地企業に就職できる?

現在留学中の方の中には、「このまま現地企業に就職したい」と希望する方もいるかもしれません。

ただし、現実的に考えると、海外企業に採用されることは容易ではないでしょう。

まず、ひとつ目の問題として、日本の大学名はまったく海外で認識されていないことが挙げられます。日本の就職市場では、大学名も選考のひとつの要素として重視されるのが実情です。しかし、海外企業では、大学名よりも大学で勉強したことやスキルに重点が置かれる傾向があり、採用されるためには、ネイティブの候補者よりも秀でた能力があることを証明する必要があります。

ふたつ目の問題は、就労するためのビザの取得です。一部の国では海外留学生の受け入れに積極的で、学生ビザで現地就労できるケースがありますが、ほとんどの国では就労を許可されたビザがなければ就職はできません。日本人留学生が海外企業で働くためには、企業に就労ビザ発行のための手間と費用をかけてもらう必要があり、採用されるハードルは高いといえるでしょう。

もし、どうしても留学先で就職したいのであれば、海外進出している日系企業で現地採用されたり、無償のインターンシップから始めて能力を認めてもらったりすると、可能性はゼロではないかもしれません。

日本人コミュニティやインターネットで情報を収集し、早めに行動を開始するのが得策です。

就活生が留学経験からアピールできるポイント3つ

就活生が留学経験からアピールできるポイントは、以下のとおりです。

  • 語学力
  • コミュニケーション能力
  • 留学先での体験談

留学経験は就活において有利になりますが、面接で十分にアピールできなければ、採用担当者に好印象を与えられないかもしれません。

ここでは留学経験で得たスキルや経験を、どのようにアピールするべきか解説します。

語学力

留学経験で培った語学力は、異文化での生活や学習を通じて得られた貴重な資産です。

留学経験者は、留学先での授業や日常生活によって実践的なスキルを身につけており、他言語でのコミュニケーションに自信をもっているでしょう。

このような語学スキルは、国際的なビジネスや企業でのコミュニケーションにおいて不可欠です。

高い語学力をアピールするには、履歴書や面接において具体的な語学力とともに、留学経験で培った異文化理解を強調することが重要です。

具体的な言語スキルや留学での実践的な経験、異なる文化における柔軟性・適応力を具体的に示すと、自身の語学力が企業においてどのように活かされるかをわかりやすく伝えられるでしょう。

コミュニケーション能力

留学経験のある就活生は、留学先で異なる文化やバックグラウンドをもつ人々と積極的に交流した経験により、異文化コミュニケーションスキルを高めています。

日本と異なり、海外では自身の意思をはっきりと主張することが求められるため、留学経験者には高いコミュニケーション能力が備わっていると期待されるのです。

ビジネス環境が多様化している現在は、異なる文化間での円滑な対話が求められるため、留学経験者は重宝されるでしょう。

面接の場では、具体的なコミュニケーションの場面や留学先での経験を説明するのが効果的なアピール方法です。

留学先での日常生活や異なるバックグラウンドをもつ学生との交流などで、円滑なコミュニケーションを取るために工夫した点、得られた経験などを詳しく述べると良いでしょう。

留学先での体験談

留学先での体験談は、留学経験者がもつ独自性や成長経験を具体的にアピールできる手段です。

留学先で得た経験は、問題解決力、柔軟性、適応力などのスキルを証明する材料となるでしょう。

とくに、挑戦的な体験を通じて成長や学びが得られたことをアピールするのが効果的です。

新たな文化に適応する中でのコミュニケーションの工夫や留学先でのリーダーシップ経験、困難に直面して乗り越えた経験などを挙げましょう。

留学先で体験したことが、将来の仕事でどのように役立つか、具体的な言葉で伝えるのが重要です。

留学経験がある就活生はエージェントを有効活用しよう

留学経験があると、ほかの就活生との差別化につながりますが、アピール方法を工夫しなければ高評価は得られません。

どのように留学経験をアピールすべきかわからない場合は、就活エージェントを利用するのが良いでしょう。

なぜなら、就活エージェントでは、就活のプロである専任のアドバイザーが、留学経験者の強みを引き出すためのサポートをしてくれるからです。

具体的には、以下のようなサポートを受けられます。

就活エージェントのサポート例
  • スキル・経験・希望条件などのヒアリング
  • 求人紹介
  • 応募書類・面接対策
  • 条件交渉
  • 入社手続き

プロのサポートを受けることで、効率的かつ効果的な留学経験のアピール方法が理解できます。とくに、現在留学中の方は、帰国後は時間に余裕がない可能性もあるため、無料で使える就活エージェントを積極的に活用しましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。