転職3回目は多い?厳しい?アピールすべきこと・注意点を解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
証券会社を辞めたい
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

「転職3回目は、さすがに厳しいかな
「転職はあまり多くしすぎると、やっぱり印象がよくない?」

すでに2回の転職して、3回目の転職を考えている方も、なかにはいるのではないでしょうか。転職は回数を重ねれば重ねるほど難易度が上がるため、対策を考えなくてはいけません。

本記事では、転職3回目の方に向けて、転職を成功させるためのコツやアピールすべきポイントを解説します。3回目の転職を成功させたい方は、ぜひ参考にしてください。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年4月1日時点
目次

 転職3回目は厳しい?転職回数が増えるほど難しくなるのか

3回目の転職は厳しいと聞いたことがあるでしょう。しかし、実際には年齢があがるにつれて、転職回数は増えている傾向です。

厚生労働省が発表した「我が国の労働市場における転職をめぐる状況」によると、3554歳時点での転職回数は3回以上にのぼっているとのことでした。

転職者の転職回数│厚生労働省
【引用元】我が国の労働市場における転職をめぐる状況

回数を重ねれば重ねるほど転職が難しくなるというよりは、年齢によって厳しさが変わるといえます。

【年代別】転職3回目の内定への影響度

3回目の転職活動をするにあたって、年代は少なからず影響します。

具体的にどのような影響があるかを以下に説明します。

  • 転職3回目の20
  • 転職3回目の30
  • 転職3回目の40

年代別に解説するので、自身に該当する年代を参考にしてみましょう。

転職3回目の20

転職3回目を20代がおこなうのは、決して簡単ではありません。

20代は、社会人になって数年程度しか経過していないはずです。数年のうちに複数回転職活動をおこなってしまうと、「すぐに辞める人なのか」「長続きしない人なのか」などと疑いをもたれてしまう可能性があります。

また、転職するたびに職場で問題を起こしたのではという印象を持たれることもあります。

転職回数が3回目をむかえている20代が内定を得るためには、企業側から納得してもらえる転職理由が必要です。

転職3回目の30

転職3回目を30代でおこなう場合は、転職する理由によって、転職の難易度が変わります。30代は20代と比べて、ある程度の勤続年数を重ねていると判断される傾向にあります。

20代とは異なり、すぐに辞めるのではと疑われる可能性は下がるでしょう。しかし、同じ30代でも年齢によっては注意が必要です。30歳の人もいれば、39歳の人もおり、9年差は大きく見られます。

30代転職3回目で転職を成功させるためには、経験やスキルをアピールすることが求められます。一度自分のスキルや経験を棚卸することが大切です。

転職3回目の40

転職3回目を40代がおこなう場合、勤続年数よりもスキルや実績などが重視されやすくなります。40代が転職活動をおこなう際、企業側からは、20代や30代と比較して長い社会人経験を積んでいると思われやすい年代です。

勤続年数の短さも印象を下げる要素ではありますが、40代であれば、どのような活躍をおこなってきたかが重視されます。

自分のスキルに自信がない方は、3回目の転職活動において、アピールできることを考えておきましょう。

転職3回目を成功させる方法は?2回目までと比べて重視すべきこと

転職が3回目をむかえる人は、2回目までよりも入念に活動をおこなうべきです。転職回数が多くなってしまうのには、必ず理由があるため、企業側も採用の判断を慎重にする傾向にあります。

本項目で、転職3回目を成功させる方法を紹介します。とくに自分に足りなかった部分を特定し、内定に結び付けてみてください。

今まで以上に自己分析を徹底する

転職回数が3回目をむかえる方は、より徹底した自己分析が必要です。転職回数が3回目にいたった原因に、自己分析が不十分であったことが考えられます。

自己分析が不十分であると、自分にあった職場環境や自分のスキルを活かせる職種なのかがわからないまま、転職先を決めてしまいかねません。

転職先に入社したとしても、ミスマッチを起こしてしまい、すぐに転職活動を始めることにもなりかねません。

転職回数を重ねないようにするには、今まで以上に徹底した自己分析が大切です。

自分のスキルや経験を入念に整理する

3回目の転職を成功させるためには、自分のスキルや経験を入念に整理することが大切です。転職活動を繰り返している人は、自分のスキルがわかっていないまま企業を選んでしまっている可能性があります。

コミュニケーション能力がある人は販売職や営業など、スキルにあった仕事探しが大切です。

転職活動を繰り返している方は、スキルや経験を再度確認した方がよいでしょう。

企業に求める条件を見直す

企業に求める条件を見直すことも、転職3回目を成功させる方法です。複数回の転職活動をおこなっている方は、具体的な希望条件を設けていない可能性が考えられます。

求める条件を設定しないと、入社した際にミスマッチが起こりやすくなり、早期離職する可能性もあります。

条件を立てる際は、絶対に譲れない項目を23考えてみてください。考えたあとは、あらかじめ立てた23個の条件を満たす企業に注目するとよいでしょう。

キャリアアップできる見込みのある企業を選ぶ

自己分析や自分がもつスキルの再確認を終えたあとは、キャリアアップできそうな企業を選びましょう。キャリアアップできる見込みのある企業へ入社するためには、自分のスキルを十分に活かせる企業を選ぶことが大切です。

スキルは、特別資格がいるような本格的なものばかりでなくても問題はありません。コミュニケーションスキルやマネジメントスキルなど、どんなスキルでもよいのです。

入社後のミスマッチを起こさないためには、キャリアアップできるかどうかまで考えておきましょう。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年4月1日時点

転職3回目の人が企業にアピールすべきポイント

転職回数が多い人は、早めの内定を獲得するためにも、企業への十分なアピールが大切です。自分のスキルや希望にあった企業を見つけても、アピールできなければ採用される可能性は下がってしまいます。

以下に、転職3回目の人が企業にアピールすべきポイントを6つ解説します。

自分のスキルをアピールする

転職3回目の人が企業にアピールすべきことは、自分のスキルです。

自己アピールは、転職の回数に限らず転職活動をするうえで重要なポイントです。

自分のアピールができていない場合、どう貢献してくれるのかを企業側が判断できず、採用される可能性が下がってしまいます。自分のスキルをアピールするときは、スキルにエピソードをくわえて、過去にどのように役立ったのかを伝えるとより効果的です。

3回目の転職活動をおこなっている方は、自分のスキルや経験をアピールしましょう。

企業に対し魅力的に思った部分をアピールする

転職3回目の人が企業にアピールすべきポイントは、企業に対し魅力的に思った部分も挙げられます。企業のどこに魅力を感じたのかを伝えれば、志望動機の裏付けにもなりやすく、応募した理由に納得してもらえます。

また、企業へ感じた魅力に対して熱意をもって伝えることで、長く働いてくれると思われやすくなります。

本気で入社したいという思いが伝わると、企業側から好印象をもたれ、採用される可能性もあがるでしょう。

長く働くことをアピールする

長く働くことも、企業にアピールすべきポイントのひとつです。転職が3回目の人は、企業からすぐに辞めそうだと思われやすい傾向にあります。とくに20代で3回目の転職の方は、長期的に会社に貢献したい思いをアピールはおこなうようにしてください。

企業に対し魅力的に思った部分のアピールも同時におこないましょう。

魅力的に思われていると企業側が認識できれば、長く働くアピールに対しても信ぴょう性をもってもらいやすくなります。

転職後に実現したい目標を明確にアピールする

転職後に実現したい目標も、企業にアピールすべきポイントです。入社後の目標は、できるだけ明確にアピールするよう心がけてください。目標をアピールすると、少なからず企業側への期待度は高まります。

営業職であれば、

「年代問わず、気さくに会話ができるコミュニケーションスキルを活かして、売り上げ成績一位を目指す」

など具体的な目標を伝えることで、より説得力をもたせることができます。

また、目標をアピールする際は、企業が求めているものにあわせた目標を立てましょう。企業が売り上げに伸び悩んでいるのであれば、売り上げの成績を伸ばすなどが主な例です。

入社後の目標は、企業が求めている人物像にマッチするような内容をアピールすると、より成功しやすいでしょう。

具体的なキャリアプランをアピールする

転職3回目の人が企業にアピールすべきこととして、具体的なキャリアプランもひとつの例です。キャリアプランを具体的にアピールすると、転職者が入社したあとの姿を企業側がイメージしやすくなります。

キャリアプランは、具体的に話すほど十分なアピール効果を得られるでしょう。

キャリアプランをアピールする際は、自分のスキルと同時に伝えると、より説得力をもたせることができます。

前職での活躍したことや貢献したことをアピールする

前職での活躍も、転職3回目の人が企業にアピールすべき内容です。すぐに辞めてしまう印象を与えてしまうため、スキルや経験が身に付いていないのではと思われやすくなります。

前職での貢献や、活躍できたことをアピールできれば、自社にも役立ってくれそうだという印象をもってもらえます。

転職活動を繰り返したくない方は、前職で活躍したことや貢献したことを具体的に話すよう心がけましょう。

転職活動が3回目の人が注意すべき点3

転職活動が3回目になる方は、今まで以上に注意しなくてはいけない点があります。転職を成功させるための対策を考えないまま活動を続けても、同じ結果があらわれるかもしれません。

転職活動が3回目をむかえる人が注意すべき項目は、以下のとおりです。

  • 転職理由にネガティブな表現は使わない
  • ミスマッチがないように企業を選ぶ
  • 転職理由や転職回数をごまかさない

ひとつずつ解説していきます。

転職理由にネガティブな表現は使わない

転職活動が3回目の人が注意すべき点として、転職理由にネガティブな表現は使わないようにしましょう。転職する理由がネガティブなものであった場合、企業側からマイナスな印象をもたれてしまい、採用率が下がってしまう恐れがあります。

人間関係に問題があったことや、収入に不満があったなど、ネガティブな表現を使ってしまうと他責思考があると判断されてしまいます。

応募先の企業から転職理由を聞かれた際は、ポジティブな表現に変えるよう工夫してみましょう。

ミスマッチがないように企業を選ぶ

転職活動が3回目の人が注意すべき点として、ミスマッチのない企業の選び方も挙げられます。企業とのミスマッチが起こると十分な活動ができず、4回目の転職活動をせざるを得なくなるかもしれません。企業とのミスマッチの原因として、不十分な企業研究が考えられます。

ミスマッチを避けるためには、自己分析だけでなく企業研究にも力をいれましょう。

気になる企業があれば、ホームページや経営理念を確認すると、求めている人材や職場のイメージがつかみやすくなります。

転職理由や転職回数をごまかさない

転職理由や転職回数をごまかさないことも、注意すべきひとつです。近年ではSNSの普及もあり、応募者のSNSをチェックする企業も増えてきました。SNSの投稿内容と転職者の情報に相違があれば、経歴詐称を疑われます。

また、面接で把握できなかった人間性などを確認するリファレンスチェックによっても、ごまかしたことがばれるかもしれません。転職回数や転職理由をごまかすと、場合によっては内定取り消しもあり得ます。

面接の場では、正直に経歴を伝えましょう。

転職3回目の人が企業に懸念される点

転職3回目の人は、企業側からあらゆる事柄について懸念されます。とくに、企業側が注目することとしては以下のような内容が挙げられます。

  • またすぐに辞めてしまうのではないか
  • 経験やスキルが足りていないのではないか
  • 企業や仕事に対し不満を抱きやすいのではないか

ひとつずつ説明します。転職3回目をむかえる人は、対策と同時に企業が懸念する部分も把握しておきましょう。

またすぐに辞めてしまうのではないか

転職3回目の人が企業に懸念される点として、すぐに辞めてしまうのではないかという部分です。とくに、20代などの若い年齢で転職を繰り返している場合、勤続年数の少なさも懸念されます。

すぐに辞めてしまう人は、企業側から「少しでも不満なことがあるとすぐに辞めるのではないか」という印象をもたれやすい傾向にあります。

企業からすぐに辞める人と思われないためには、長く働くアピールをすることが大切です。

経験やスキルが足りていないのではないか

転職3回目の人が企業に懸念される点として、経験やスキルが足りていないのではと疑われる可能性が挙げられます。経験やスキルが足りない人は、入社しても自社に貢献できそうにないというイメージをもたれやすくなるためです。

また、複数回の転職を繰り返していることから、どの職種でも活躍するのは難しいと思われるリスクもあります。3回目で未経験業界に転職する方や、何度も未経験業界に転職している方は注意が必要です。未経験業界に転職を繰り返している方ほど、よりスキル不足を疑われやすくなります。

経験やスキルに自信のない方は、転職活動のまえに自己分析からはじめてみましょう。

企業や仕事に対し不満を抱きやすいのではないか

不満の抱きやすさも、転職3回目の人が企業に懸念される点です。すぐに辞める理由にもつながりますが、転職回数が多い方は、他責思考だと思われやすくなってしまいます。

転職する理由は人それぞれなので、仕方のない部分もあるでしょう。しかし、転職回数が多く、さらに転職までの間が短い方はとくに注意が必要です。スキルや経験、人柄に問題はないとしても、不満を抱きやすい人だと思われる恐れがあります。

企業から、不満を覚えやすい人だと思われないためにも、転職回数の多い理由はきちんと明確にしておいてください。

転職3回目でも大丈夫?転職回数を気にしない業界とは

転職回数が3回目方は、とくに業界の特徴や状況に目を向けてみましょう。業界によっては、転職回数が多い人でも採用されやすいところがあるのです。

とくに採用されやすい業界は、以下のとおりです。

  • 即戦力を必要としている業界
  • スキルや実績が必要な業界
  • 人材確保が必要な業界

ひとつずつ説明していくので、ぜひ参考にしてみてください。

即戦力を必要としている業界

即戦力を必要としている業界は、転職回数を気にしない傾向にあります。自社において、スキルを活かして活躍できる人材を求めているため、即戦力があれば転職回数は考慮されないことが多いのです。

厚生労働省が発表した転職者実態調査によれば、管理的な仕事では62.3%が、専門的・技術的な仕事では66.1%がとくに即戦力を求めていることが分かります。

前職や今までの経験を活かせる業界へ転職することは、転職3回目の人でも転職成功しやすいでしょう。

参考:令和2年度転職者実態調査の概況 厚生労働省

スキルや実績が必要な業界

外資系企業などのスキルや実績を重視している業界では、転職回数よりも、どれだけ活躍できる人材なのかが重要視されます。

転職回数よりもどのようなスキルや経験を持っているのか、どのように貢献してくれるのかを見ています。

今までの業務経験で十分なスキルや経験がある方は、転職回数がネックにならない外資系企業などの即戦力を求めている業界への転職がおすすめです。

人材確保が必要な業界

人手が足りていない業界も、転職回数の多さよりも人材確保を優先している傾向にあります。

サービス関連の仕事と事務関連の仕事、また工場作業員や運送業界なども挙げられます。

厚生労働省の転職者実態調査で発表された割合は、以下のとおりです。

仕事の種類 人材確保を採用理由にした割合 おもな業界
事務系 58.5% 受付事務
一般事務
医療事務
サービス関連 61.6% 飲食店など
その他の仕事 63.2% 運送業界
清掃員
工場作業員
参考令和2年度転職者実態調査の概況 厚生労働省

上記の仕事で興味のある方は、企業選びの参考にしてみましょう。

転職3回目の人におすすめの転職エージェント

難易度の高い3回目の転職を成功させるためには、あなたのスキルや経験にあった求人を紹介してくれる転職エージェントを選ぶことが大切です。

ここでは求人数が多く、転職サポートが充実している転職エージェントを3社紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 382,338件
非公開求人数 334,322件
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※2024年4月15日現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 111,434件
非公開求人数 非公開
対応地域
全国、海外
公式サイト
2024年4月15日時点

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年4月15日時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 71,822件(※1)
非公開求人数 14,493件(※1)
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

最後に|転職が3回目になる人は入念な対策を心がけよう

転職回数が3回目の方は、年代によって転職の難易度が変わります。

とくに20代は、転職回数が多いほどすぐに辞めてしまうのではと疑われ、内定をもらいにくくなってしまいます。

自己分析のやり方から企業選び、選考対策まであらゆる項目に工夫をくわえていきましょう。転職が3回目の場合でも、企業から人柄のよさや活躍できる人材であると評価されれば、採用される可能性はあがります。

転職を3回で終わらせたい方は、より効果的な対策を練ったうえで、企業に必要とされるためのアピールをおこないましょう。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年4月1日時点
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。