転職サイトのスカウトで落ちる理由5選|スカウトを増やすコツを解説

高橋宇内
編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
転職サイトのスカウトで落ちる理由5選|スカウトを増やすコツを解説
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

転職サイトからスカウトのメールが来ても、企業側がどのような意図で送ってきているのか温度感がわからず、不安に思う方もいるでしょう。

結論、スカウトメールが送られても不採用になるケースはよくあります。

しかし、選考対策を丁寧におこなえばスカウトからでも内定率を上げられるでしょう。

本記事では、転職サイトのスカウトで不採用になる理由や、質の高いスカウトを増やすコツについて解説します。

どの転職サイトを利用すべきか迷っている方は、以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事:スカウト型転職サイトおすすめランキング|仕組みや特徴・評判を徹底比較 

 

この記事の執筆者
高橋宇内
高橋 宇内 氏人事&キャリアドバイザー経験者
採用コンサルタントとして企業の人事を複数担当。転職後キャリアドバイザーとして、新卒・中途の求職者の支援。
目次

【結論】転職サイトのスカウトは落ちる場合もある

転職サイトのスカウトは内定を確約するものではありません。スカウトを受けると通常の選考よりも優遇される場合がありますが、それでも最終的な内定が確定するわけではないので注意しましょう。

スカウトを受けた場合でも通常の選考手順で進めるのが一般的です。

スカウトによって書類選考や面接が免除になるケースもありますが、内定に繋がるかどうかは本選考次第となります。

そのため、スカウトは一つの手段であり、最終的な内定を得るためには通常の選考も進めていくべきでしょう。

企業スカウトとの違い

企業スカウトとは、転職エージェントを介さずに企業から直接送られるスカウトメールです。

通常の転職サイトでのスカウトと異なり、企業スカウトはイベントやセミナーなどで個人が提供したメールアドレスに直接送信されるケースが多くなります。

この方法は、企業が主体となって求職者に個別にアプローチする手段であり、企業と直接やり取りするのが大きな特徴です。

転職エージェントスカウトとの違い

転職エージェントスカウトとは、転職エージェントが企業の代理として求職者に対してスカウトメールを送信する方法です。

このケースでは、転職エージェントが特定の企業を代表してアプローチをおこない、求職者に興味を持ってもらうことを目的とします。

また、転職サイトを使ってアプローチする場合もあれば、転職エージェントが直接求職者にアプローチする場合もあります。

転職エージェントを仲介役として挟むか否かが、大きな違いです。

関連記事:転職サイトのスカウトの仕組みとは?好条件の見分け方やメリットを解説

転職サイトのスカウトで落ちる5つの原因

転職サイトのスカウトで落ちる原因は、以下のとおりです。

  • スカウトメールを一斉に自動送信している
  • スキルや経験や希望と合わなかった
  • 面接の対応が悪かった
  • 競争率が高く優秀な人材が集まった
  • 給料や待遇の折り合いがつかなかった

転職サイトのスカウトは、書類選考が免除される場合があるものの、内定が確定ではありません。よって、求職者の希望条件が企業側の求人と合致していたとしても不採用になるケースもあります。

ここでは、どのような理由で不採用になってしまうのかを解説します。

スカウトメールを一斉に自動送信している

スカウトメールが一斉に自動送信されていると、同じ内容のメールが複数の求職者に送られています。このような自動送信の仕組みは、選考で不採用になる可能性が高まるでしょう。

なぜなら、求職者のプロフィールを確認して特定のスキルや経験に焦点を当てていないからです。

一斉送信は自分の経歴やスキルが評価されてスカウトメールを送ってきているわけではないため、通常の求人と同じように選考を受ける必要があります。

高橋 宇内氏

一斉送信されたスカウトは選考で有利になる可能性は低いといえるでしょう。

スキルや経験が希望と合わなかった

求職者のスキルや経験が企業側の希望に合わなかった場合、スカウトメールが届いても選考で落ちるケースがあります。

スカウトメールは、転職サイトに登録してある求職者の履歴書や職務経歴書を企業の採用担当者が見て、スカウトをする求職者を選定します。

しかし、転職サイトのプロフィールだけでは細かい経歴が十分に伝わりにくいため、選考を通じて初めて具体的なスキルや経験が確認される場合があります。

そこで求職者の細かい経歴が企業の求める人材像と合致しない場合、選考に落ちてしまうでしょう。

面接の対応が悪かった

求職者にスカウトメールを送るかどうかは求職者の履歴書・職務経歴書を見て判断するため、求職者との相性・人柄・意欲は、実際に面接をしないとわかりません。

仮に面接での対応が悪かったり、自社の価値観に合わないと判断されたりすると不採用になるケースがあります。

スカウトに応じるときは、面接に備えて自己アピールや働く意欲をしっかりと伝えることが内定への鍵です。

面接時の対応で不採用になる場合は、以下のようなケースがあげられます。面接の練習をするときに確認しましょう。

  • 第一印象が良くない
  • 転職理由と言動に矛盾がある
  • 企業研究が足りない
  • 仕事への向き合い方が消極的
  • 企業とビジョンが合わない
高橋 宇内氏

面接では採用担当者に良い印象を与え、適切な対応が求められます。

競争率が高く優秀な人材が集まった

転職サイトのスカウトで落ちる原因の一つは、競争率が高く優秀な人材が集まるからです。

スカウトメールは、企業が求める採用条件に合致する求職者に広く送信されるため、多くの求職者が同じ求人にアクセスします。

また、企業が他のルートも併用して採用活動をおこなっている場合があり、競争が激しい状況です。求職者の中には、自分よりも優秀な人材が集まっている可能性があります。

そのため、スカウトメールが来たからといって、採用が確定するわけではなく、他の求職者との相対的な評価が行われるのを理解しておく必要があるでしょう。

給料や待遇の折り合いがつかなかった

転職サイトのスカウトを受けても、給料や待遇の折り合いがつかなかった場合、不採用になるケースがあります。

転職を希望する求職者は前職よりも高い給料や良い待遇を望んでいるでしょう。しかし、応募先の企業が求職者の提示する条件に応えられない場合、不採用となる場合があります。

また、前職よりも給料が安くなったり福利厚生などの待遇が悪くなったりすると、求職者自身で内定を辞退するケースもあるはずです。

求職者と企業の希望条件が一致しないと、双方にとってベストな選択にはなりません。

関連記事:転職サイトのスカウトが「やばい」といわれる理由5選

【プロが解説】転職サイトのスカウトから応募して落ちる要因

【プロが解説】転職サイトのスカウトから応募して落ちる要因

転職サイトのスカウトは通常、採用されるケースが多くなります。しかし、転職サイトのスカウトから応募したにも関わらず、不採用になる方もいるはずです。

高橋 宇内氏

スカウトから応募して落ちる方は、選考対策が不足している可能性が高いと考えられます。

スカウト届くということは、企業との相性が良いまたは、経験や実績を評価されています。

その評価を過信して「何とかなるでしょ」と思う求職者もいるはずです。結果、選考対策が不十分で不採用になります。

高橋 宇内氏

転職サイトのスカウトから応募して内定を獲得するには、入念な選考対策を必要です。内定率を上げる方法を以下の記事で解説しています。

関連記事:転職スカウトの内定率は高い?好条件スカウトの見極め方を解説

転職サイトで質の高いスカウトを増やす方法5つ

転職サイトで質の高いスカウトを増やす方法は、以下のとおりです。

  • 履歴書・職務経歴書を明記する
  • 自分の大事にしたい希望条件を記載する
  • プロフィール写真は印象の良いものに変更する
  • 転職サイトに頻度高くログインする
  • プロフィールを定期的に更新する

転職サイトのスカウトで不採用になるのはよくあるケースですが、求職者の対策次第で質の高いスカウトを増やし、内定につながりやすくなるかもしれません。

効率よく転職活動を進めたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

履歴書・職務経歴書を明記する

質の高いスカウトを受けるには、履歴書・職務経歴書を明記し内容を充実させると良いでしょう。

履歴書・職務経歴書は、採用担当者がスカウトメールを送るうえで最も重要視する情報です。

正確かつ具体的な情報の入力が重要であり、もし書類の内容に虚偽や詐称があると企業からの信頼を損ない、不採用の原因になりかねません。

また、職務経歴書には具体的な業務内容や実績を詳しく記載することで、採用担当者が求める人物像をより具体的に理解しやすくなります。

高橋 宇内氏

過去の実績が優秀な人材には企業から質の高いスカウトが直接届くでしょう。

自分の大事にしたい希望条件を記載する

転職サイトで質の高いスカウトを増やすには、自分の大事にしたい希望条件をしっかり記載することが重要です。たとえば、企業の社風や職場環境など、自分が重視する要素を具体的に記載しましょう。

希望条件の具体的な記載は、企業とのミスマッチを事前に防ぎ、転職後の早期退職のリスクを減らせます。

希望条件を明確にすると、より適した求人情報やスカウトが届きやすくなります。

プロフィール写真は印象が良いものに変更する

質の高いスカウトを増やすには、転職サイトに登録するプロフィール写真も重要な要素です。プロフィール写真は第一印象を左右し、採用担当者が求職者の雰囲気を知れる手助けとなります。

プロフィール写真は清潔感があり、印象が良いものに変更すると良いでしょう。

良いプロフィール写真の例は、以下のとおりです。

  • サイズや撮影日が応募先企業のルールを守っている
  • シャツやブラウスなど仕事に適した服装をしている
  • 清潔感がある
  • 明るく撮影されている
  • 派手な化粧や加工をしていない

プロフィール写真を工夫することで、スカウトの質を向上させ、自身のアピール力を高められます。

転職サイトに頻度高くログインする

質の高いスカウトを増やすためには、転職サイトに頻繁にログインしましょう。

なぜなら、採用担当者の画面では、求職者のログイン回数がアクティブであるほど上位表示されるからです。ログイン回数や頻度が高いと積極的な転職意欲があると判断され、企業からの印象が良くなります。

また、定期的なログインや更新は、自分のプロフィールが最新であることを示し、採用担当者から注目されやすくなります。

転職サイトを積極的に活用し、アクティブな姿勢を見せることで、質の高いスカウトを受ける取るチャンスが高まるでしょう。

プロフィールを定期的に更新する

転職サイトにおけるプロフィールの定期的な更新は、質の高いスカウトを受けるために重要です。採用担当者はスカウトメールを送る前に求職者のプロフィールを確認しています。

積極的にプロフィールを更新すると自分の最新の情報・スキル・経験が反映され、採用担当者の目に留まりやすくなるでしょう。

また、新しい成果やプロジェクト、資格取得などの情報を追加することで、自分の強みがより鮮明に伝わります。

プロフィールのアップデートは、質の高いスカウトを引き寄せる手助けとなります。

転職サイトのスカウトで落ちる原因を改善する方法

転職サイトのスカウトで落ちる原因を改善する方法は、以下のとおりです。

  • 面接対策を実施する
  • 転職エージェントを併用する

転職サイトのスカウトで落ちる原因は人によってさまざまですが、対策をすれば落ちる原因を改善し内定率を上げられます。

以下の方法を参考に、効率よく転職活動を進めましょう。

面接対策を実施する

転職サイトのスカウトで落ちる原因を改善するには、徹底した面接対策が重要です。スカウトを受けた場合でも、面接は避けて通れません。

スムーズな選考を進めるには、事前に企業の特徴や求めるスキル、自己PRなどをしっかり把握し、面接対策を実施する必要があります。

企業の背景や文化について理解し、自分のスキル・経験をどのようにアピールするかを考えると、面接での印象が良くなります。

転職エージェントを併用する

転職サイトのスカウトで落ちる原因を改善するには、転職エージェントの併用もおすすめです。転職エージェントは、求職者の希望条件や経歴に合わせて、適切な求人を提案してくれるプロフェッショナルです。

転職エージェントはさまざまな求人情報を把握しているため、より自分に適した案件を見つけてくれる可能性が高まります。

転職エージェントと連携すれば、スカウトの質を向上させ、自身のキャリア目標に合致した転職活動が進めやすくなるでしょう。

転職エージェントで受けられる具体的なサポートは、以下のとおりです。

  • 自分の希望条件や経歴などのヒアリング
  • 求人の提案
  • 応募書類の作成
  • 面接対策
  • 条件交渉
  • 入退職手続き
高橋 宇内氏

転職エージェントを有効活用して転職活動を進めましょう。

質の高いスカウトが届くおすすめの転職サイト3選

転職サイトのスカウトで採用されずに落ちるのか不安な方に、本章では質の高いスカウトが届く転職サイトを3社紹介します。

複数の転職サイトに登録しておくことで、自分にあった企業からスカウトが届く可能性が高くなるので、まず登録してみて届くスカウトの違いを確かめてみてください。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 年収800万円~2,000万円の多数掲載
  • 転職決定年収 平均925万円以上 ※1
  • 転職スカウトサービス 顧客満足度2年連続No.1 ※2

※1 2022年度実績:2022年4月~2023年の間にレジュメ登録があった年収750万円以上のサービス登録者

※2 2023年オリコン満足度調査 転職

リクルートダイレクトスカウトは、スカウト機能が特徴のハイクラス向け転職エージェントです。

 

登録情報をもとにヘッドハンターが最適な求人を探してくれるため、忙しい方でも手間なく希望に合った求人を見つけられます。

一般には公開されていない非公開の求人も紹介してもらえるので、自身のキャリアの可能性を広げられるでしょう。

 

また、企業から直接オファーが届くダイレクトスカウトにも対応しており、待つだけで効率よく転職活動を進められる点も魅力です。

高年収の求人が多いこともリクルートダイレクトスカウトの特徴で、年収800万~2,000万円の求人も多数保有されています。

 

ハイキャリアでの転職を考える方や、転職をきっかけに年収を上げたい方におすすめの転職エージェントです。

 

サービス名 リクルートダイレクトスカウト
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数

161,104件(※)

年収600万円以上の求人数

非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • キャリアアップ・年収アップを目指せる
  • 時間をかけずに転職活動ができる
  • マッチ度の高い求人を教えてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 106,511件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 高待遇の求人を多数保有
  • 質の高いスカウトが届く
  • 自分の市場価値を測れる
対応地域
全国、海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

doda X

dodaX

doda Xの特徴
  • ハイクラス転職に特化
  • 年収800万円以上の高収入求人あり
  • ヘッドハンターからスカウトが届く

 

doda Xは、管理職やハイキャリアの方などに特化した転職サービスです。

 

全ての求人がマネージャークラスやCFO、事業戦略担当などのハイクラス求人で、現在管理職に就いている方のほか、転職をきっかけにキャリアアップしたい方にもおすすめできます。

 

年収800万円以上や年収1,000万円以上の非公開求人を多数保有しており、年収アップを目指す方も条件に合う求人を見つけられるでしょう。

 

登録すると、ヘッドハンターから直接スカウトが届くシステムで、忙しい方でも手間をかけることなく好条件の求人に出会える可能性があります。

 

気になる求人を見つけたらdoda Xを介して応募できるサービスもあり、自身の意向に合わせて転職活動を進められるのが特徴です。

 

サービス名 doda X
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 45,836件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • キャリアアップ・年収アップが期待できる
  • 管理職やハイキャリアポジションの求人を保有
  • 手間なく転職活動が進められる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

転職サイトのスカウトを利用するときの注意点5つ

転職サイトのスカウトを利用する時の注意点は、以下のとおりです。

  • 経歴・職歴は正確なものを記入する
  • 現職の企業や取引先は非公開設定にする
  • 求人条件を確認する
  • スカウトされた企業の研究をする
  • 希望条件の順位を明確にする

転職サイトのスカウトを利用するとき、注意するべき点があります。

注意点を把握しておくことで、転職サイトのスカウトを効果的に活用し、自分に最適な転職先を見つけられるでしょう。

経歴・職歴は正確なものを記入する

転職サイトに登録する経歴や職歴などの情報は、正確に記入しましょう。情報を正確に記入しない場合、企業が求める条件と合致せず転職できるチャンスを逃す可能性があります。

また、虚偽の情報を登録してしまうと、内定が取り消される場合もあります。

正確な履歴書や職務経歴書を作成すると、企業との信頼関係を築けてスムーズな選考が受けられるでしょう。

現職の企業や取引先は非公開設定にする

転職サイトに登録する際、氏名・現職の企業名・取引先などの個人情報を入力する必要があります。

このような個人情報を非公開設定にすることで、現職の企業や取引先の採用担当者に転職活動がバレるリスクを減らせるでしょう。また、職務経歴書のプロジェクト名や商品名・サービス名などの固有名詞からも個人情報がバレてしまう可能性があります。

転職サイトには万が一のトラブルを避けるために、特定の企業の公開範囲を設定したり、ブロックできる機能があったりします。転職活動がバレたくない方は、プライバシーを守りながら進めましょう。

求人条件を確認する

転職サイトのスカウトを受けるときは、求人条件を十分に確認することが重要です。希望する条件と実際の求人条件が一致しているかを入念にチェックすると、転職後のミスマッチを減らせます。

求人条件は給与・勤務地・業務内容・福利厚生などがあげられます。送られてきたスカウトメールの条件をしっかり読み込み、自分のキャリアやライフスタイルに適しているかどうかを検討しましょう。

また、希望する職種や業界にマッチするかどうかも確認ポイントです。

求人に関する情報をしっかり把握すると、自分に適した転職先を見極められ、転職成功率が上がる可能性が高まります。

スカウトされた企業の研究をする

転職サイトのスカウトを利用するなら、スカウトしてきた企業の研究を入念におこないましょう。スカウトはあくまでアプローチの一環であり、内定が確定するものではありません。

応募先の企業について十分な理解を深めることが成功への鍵となります。

企業研究をするときはスカウト先の特徴・ビジョン・事業内容・社風など、可能な限りの情報を収集しましょう。企業の公式Webサイトや過去の実績、社員の声などを確認することで、応募する企業に対する理解が深められます。

研究情報を活用すれば、スカウトメールや面接で企業に対してより具体的なアピールができるでしょう。

自分の転職意欲をしっかりと伝え、企業との相性を高めるためには、事前の研究は欠かせません。

希望条件の優先順位を明確にする

転職サイトの希望条件を広げすぎると、幅広くスカウトメールが送られてくる可能性があり、希望に合わない提案も届きます。

具体的には勤務地・職種・給与などの希望条件を具体的に洗い出し、その中で優先順位をつけると、より精度の高いスカウトメールを受け取れます。

受けたいスカウトメールをしっかりと選別し、転職活動を効率的に進められるようにしましょう。

転職サイトのスカウトによくある質問

以下では、転職サイトのスカウトによくある質問について回答します。

スカウトからの応募はどれくらい落ちる?

一人ひとりの対策によって異なります。

スカウトを受け取る前に準備を徹底していれば、不採用になるケースは少ないでしょう。

一方、選考対策を怠る求職者は、スカウトから応募しても落ち続けるかもしれません。

スカウトへの返信はいつまで?

返信の期限は設けられていませんが、2・3日後に返すのが一般的です。

遅くなると他の求職者が選考を受けている可能性もあるため、早めの行動を意識しましょう。

スカウトが来てるのに何で落ちるの?

企業が面接でミスマッチを感じたからです。履歴書や職務経歴書は、内容を盛ることができます。採用担当者は書類の情報を見てスカウトを送信しているため、実際の温度感までは把握できていません。

面接では求職者の温度感や自社とのマッチ度を確かめられるので、選考において総合的に判断しています。その結果、スカウトが来ても落ちるときがあるでしょう。

転職サイトのスカウトから落ちるのは選考対策不足

転職サイトのスカウトで不採用になる主な原因は、選考対策不足です。

スカウトメールが届いたからといって、面接対策や企業研究を怠ってしまうと、採用担当者に十分なアピールができず、不採用になる可能性が高まります。

選考対策不足が招く問題の一つは、面接での対応が不十分なケースです。

スカウトされたからといって、企業が求めるスキル・経験・志望動機などを調査し、自分の強みをアピールできなければ、内定を勝ち取ることは難しいでしょう。

また、企業や業界の事前研究が不足していると、面接での質問に答えづらくなります。企業がどのような価値観や文化を重視しているかを理解し、自分の適性や志向を説明できるようにすることが重要です。

スカウトを受けた際には総合的な選考対策を怠らず、丁寧かつ効果的なアプローチを心がけて、内定獲得を目指しましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。