幼稚園教諭におすすめの転職サイト11選|評判から比較して紹介!

           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

幼稚園教諭向けの転職サイトはたくさんあって、どこを使うべきか迷ってしまいますよね。

そこでこの記事では、おすすめの転職サイトを11選ピックアップして紹介しました。さらに、転職サイトの選び方も解説しています。

ぜひ本記事を参考にして、自分に合った1社を見つけてみてください。

 

目次

幼稚園教諭におすすめの転職サイト11選

まず最初に、幼稚園教諭に強い転職サイトを一覧で紹介します。

左右にスライドできます
保育士ワーカー保育士人材バンク保育のお仕事マイナビ保育士ヒトシア保育
総合評価
4.8

4.7

4.6

4.5

4.5
公開求人数(幼稚園教諭のみ)1,532件3,861件2,946件2,351件195件
サービスの特徴年間30,000人の
転職支援実績
独自のルートから仕入れた
施設の内部情報あり
好条件の非公開求人が
充実している
アドバイザーが実際に
足を運んだ施設を紹介
全国で転職フェアを
定期的に開催
取り扱い職種保育士
幼稚園教諭
保育教諭
保育補助
保育士
幼稚園教諭
保育士
幼稚園教諭
保育教諭
主任・副主任
園長
保育補助
保育士
幼稚園教諭
保育士
幼稚園教諭
保育教諭
取り扱い施設認可保育園
幼稚園
認定こども園
病院・クリニック
介護施設 他
認可保育園
認可外保育園
認定こども園
病院内・医療施設内
保育関連施設 他
認可保育園
認証・認定保育園
小規模保育園
認定こども園
病院内保育 他
認可保育園
認証・認定保育園
企業内保育所
院内保育所
病後児保育 他
認可保育園
事業所内保育
認定こども園
小規模保育
児童発達支援施設 他
面接同行サービス
厚生労働省の適正認定
詳細(クリックすると
該当箇所に移動します)
詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る
※2024年5月15日時点の求人数

それぞれ一つずつ詳細を見ていきましょう。

保育士ワーカー

保育士ワーカー
保育士ワーカーの特徴
  • 全国47都道府県に対応、年間39,373名が転職に成功(※1)
  • 保育士・保育教諭・幼稚園教諭の求人を2万件以上掲載(※2)
  • 保育士専門のキャリアアドバイザーによる支援

(※1)トライトワーカーとは
(※2)2024年4月時点

保育士ワーカーは、医療・介護・福祉業界向けの人材紹介事業を展開している株式会社トライトキャリアが運営する転職エージェントです。

保育園や幼稚園はもちろん学童・病院・企業など幅広い施設形態にも対応し、正社員・派遣など雇用形態についてもさまざまなニーズに対応します。

全国47都道府県の求人を網羅し、多数の非公開求人の紹介を受けられるほか、保育士転職のプロであるキャリアアドバイザーが転職成功までをサポートします。

保育業界ならではの転職の不安や疑問にも答えてくれるキャリアアドバイザーがサポートすることでマッチング率が高く、業界標準よりも定着率が高いこと、内定までの平均日数19日というスピード感も売りになっています。

  • 年収アップも人間関係も重視したい保育士の方
  • 自分とマッチした園・施設が知りたい方
  • 転職サポートの有無を選びたい方
保育士ワーカーの詳細情報
サービス名保育士ワーカー
運営会社株式会社トライトキャリア
公開求人数20,667件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイトhttps://hoikushi-worker.com/
※2024年6月3日時点

※ユーザーアンケートより抜粋

保育士ワーカーを利用しましたが、ライフスタイルに合わせて様々な働き方が出来る求人が充実していましたし、サポートも手厚かったので非常に心強かったです。

担当の方は基本的にレスポンスが早かったですし、問い合わせに対しても毎回具体的な回答をしてもらえたので、話も進みやすくて助かりました。

毎日のように沢山のメールが届きましたし、それも求人とは全く関係なく興味もないものばかりだったので、正直ストレスにしか感じなかったです。


関連記事:保育士ワーカーの評判・口コミとは?アンケートから見たメリット・デメリット

【アンケート概要】
調査期間:2024年3月18日
調査方法:インターネットアンケート
調査対象:保育士ワーカー利用者の男女

保育のお仕事

保育のお仕事
保育のお仕事の特徴
  • 全国の保育園・幼稚園など、5万件以上の求人を掲載
  • 勤務地や条件を登録しておけば求人情報をメールで受け取れる
  • エリア・求人の特徴・法人などからも検索可能

保育のお仕事は、「保育士が使いたい転職サイトNo.1」を獲得した実績があり、手厚い転職サポートやサイトの使いやすさに定評があります。(※1)

非公開求人の中には急募案件や人気園の求人などもあり、登録すると好条件の求人に出会える可能性を高められるでしょう。

キャリアアドバイザーが実際に訪問して得た情報をもとに、園の雰囲気や内部情報まで共有してくれるので、入職後のミスマッチ回避にも期待できます。

 使い勝手のよい検索機能も特徴的で、保育園・幼稚園のほか、企業内保育や児童発達支援施設など、希望の施設形態を指定しての検索が可能です。

 職種は保育補助から主任・副主任、園長まで指定でき、さまざまな職歴の方におすすめできるサービスです。

(※1)日本マーケティングリサーチ機構 2022年 第1位

  • たくさんの求人から比較したい保育士の方
  • 職種や施設形態から細かく調べたい方
  • ミスマッチの少ない転職がしたい方
保育のお仕事の詳細情報
サービス名保育のお仕事
運営会社株式会社トライキャリア
公開求人数50,386件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイトhttps://hoiku-shigoto.com/
※2024年6月3日時点

※ユーザーアンケートより抜粋

求人情報が充実していて、非公開の求人でも条件のよいところが多く掲載されている点です。また、担当アドバイザーのサポートも親身で手厚いので求人を探すことには困らないです。 

親身になって丁寧に対応して下さった。他にも希望に沿った求人を探して頂いて、とても心強く頼りになった。

担当者によって対応に差がある

担当アドバイザーのサポートは手厚いですが、距離を詰めてくるような人もいました。毎晩のように電話やメールをしてくるような少ししつこい方もいることが利用していてよくないと感じた点です。


関連記事:保育のお仕事の評判は?利用者の口コミから分かるメリット・効率的に活用するコツを解説!

【アンケート概要】
調査期間:2024年4月3月18日
調査方法:インターネットアンケート
調査対象:保育のお仕事利用者の男女

保育士人材バンク

保育士人材バンク
保育士人材バンクの特徴
  • 独自ルートで入手した保育士求人バンクでしか出会えない求人多数
  • 求人ごとに充実した情報を提供
  • 最短3日のスピード内定の可能性がある

保育士人材バンクは、運営する保育士・幼稚園教諭向けの転職支援サービスです。

運営する株式会社エス・エム・エスは東証プライム市場に上場しており、上場企業ならではの信頼感と医療・福祉業界で築かれた人材紹介の実績をもとに、独自ルートによる情報収集をおこなっています。そのため、保育士人材バンクでしか見られない求人紹介を期待できるでしょう。

求人内容の充実ぶりが特徴で、園の特色や雰囲気、求める人物像、キャリアパートナーの一言など、掲載情報だけである程度のイメージが湧くように工夫されています。

さらに、登録すると職場の人間関係や保護者の雰囲気などの内部情報も共有してもらえるため、入職後のギャップを最小限に抑えられるはずです。

 最短3日で内定した実績があり、スピーディーに転職を叶えられるかもしれません。

  • 人間関係の良い職場に転職したい保育士の方
  • 年収を上げたい方
  • まずは相談だけしてみたい方
保育士人材バンクの詳細情報
サービス名保育士人材バンク
運営会社株式会社エス・エム・エス
公開求人数28,241件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイトhttps://hoiku.jinzaibank.com/
※2024年6月3日時点

※ユーザーアンケートより抜粋
 じっくり話を聞いてくれた

アドバイザーはじっくりと話を聞いてくれて、こちらの事情に合わせた保育園を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接の心構え等を事細かに指導してくれました。

仕事内容が詳しく記入してあり、見やすい。分からない事や質問があれば、気軽にメッセージで質問できる。

地方だと求人数が少なくてキャリアアップをするには合わなかったですし、全体的に条件の良い求人があまりなくて残念でした。


関連記事:保育士人材バンクの評判・口コミは?特徴やメリット・デメリットも紹介

【アンケート概要】
調査期間:2024年3月18日
調査方法:インターネットアンケート
調査対象:保育士人材バンク利用者の男女

マイナビ保育士

マイナビ保育士
マイナビ保育士の特徴
  • 転職業界大手の株式会社マイナビが運営
  • 保育業界専門のキャリアアドバイザーによる寄り添う転職支援
  • 入職後の悩みや不安にも親身に対応

マイナビ保育士は、大手人材サービス企業のマイナビが運営する保育士専門の求人・転職支援サービスです。全国の認可保育所、認定こども園、幼稚園、企業主導型保育事業など、多彩な求人情報を取り扱っています。

大手企業ならではの信頼と安心感があり、豊富な求人情報の中から、自分に合った職場を見つけられます。

経験豊富なキャリアアドバイザーによる無料の転職支援サービスも魅力といえるでしょう。保育士としてのキャリアアップを目指す方には、心強い味方になってくれるはずです。

履歴書や職務経歴書など応募書類の作成サポートも手厚く、こうした書類の準備が苦手という方の応募までのスピードアップにも貢献してくれます。

  • 首都圏・大阪で転職したい保育士の方
  • 面接に自信がない方
  • 異業種への転職も視野に入れている方
マイナビ保育士の詳細情報
サービス名マイナビ保育士
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数17,366件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイトhttps://hoiku.mynavi.jp/
※2024年6月3日時点

※ユーザーアンケートより抜粋
 最初から最後まで丁寧にサポートしてくれた

カウンセリングから始まり、入社後のアフターフォローまで丁寧にサポートしてもらったので良かったです。大手の転職サイトなので、利用中は常に安心できました。苦手な自己PRの書き方などを細かくアドバイスしてくれたので嬉しかったです。

担当者の当たりハズレが激しいと感じます。一番最初に担当してくれた方は態度があまり良くない方で、話し方も冷たい感じがしてすごく居心地の悪さを感じたので、その旨を伝えたらすぐに対応して担当者を変えてもらうことができました。


関連記事:マイナビ保育士はしつこい?口コミを調査して分かった評判や特徴を紹介!

【アンケート概要】
調査期間:2024年3月22日~2024年3月29日
調査方法:インターネットアンケート
調査対象:マイナビ保育士利用の男女

ヒトシア保育

ヒトシア保育
ヒトシア保育の特徴
  • 園長や主任などの管理職や、オープニング園の求人を紹介
  • 働き方の自由度が高い派遣保育士としての就業も可能
  • 各地で多数の事業所が出展する就職・転職フェアを開催

ヒトシア保育では、自分で求人を探して応募できる転職サイトとしての機能のほか、転職サポートを受けられるエージェントサービス、事業所から直接オファーが届くスカウトサービスが提供されています。

ほとんどがWebに掲載されていない非公開求人なので、登録するだけで転職の選択肢を広げられるでしょう。

転職相談や面接対策、条件交渉代行などの支援も充実しているので、はじめての転職活動や「誰かに相談しながら進めたい」活動を進めたい方に、おすすめです。

また、派遣保育士なら週3日まで、短時間のみなど、希望にあわせた働き方を実現できます。

ヒトシア保育では、就職・転職フェアを全国の主要都市で開催しています。各事業所のブースを自由にまわって採用担当者と直接話せたり、先輩保育士からリアルな情報を聞けたりできる点が人気のイベントです。

  • 派遣で働きたい保育士の方
  • 地方で転職したい方
  • オンラインでサポートしてほしい方
ヒトシア保育の詳細情報
サービス名ヒトシア保育
運営会社株式会社ネオキャリア
公開求人数4,561件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイトhttps://hitoshia-hoiku.com/
2024年6月3日時点

※ユーザーアンケートより抜粋

対応が非常にスピーディーだったので、それだけ話が進むのが早くて1ヶ月もかからないうちに転職が出来ましたし、求人数も地方問わず全体的に多かったので、選択肢も広がりとても良かったです。

いろいろなところの環境や園長の人柄とか、聞きにくいこともどんどん教えてくれた。

全国に求人があると知り利用したいと思ったのですが、地方の求人は少なくて利用する前のイメージとはちょっと違うと感じました。


関連記事:ヒトシア保育(旧:保育ひろば)の評判は?口コミから分かるメリットや賢く活用するコツを解説!

【アンケート概要】
調査期間:2024年3月18日
調査方法:インターネットアンケート
調査対象:ヒトシア保育利用者の男女

レバウェル保育士

レバウェル保育士
レバウェル保育士の特徴
  • 保育業界専門のプロのアドバイザーが地域に特化した求人を紹介
  • 入職後の利用者から声を集めて職場の雰囲気が分かる情報を提供
  • 電話のほか、LINEやメールなど連絡手段を選択できる

レバウェル保育士は厚生労働大臣許可の求人紹介および転職支援サービスです。運営元のレバレジーズメディカルケア株式会社は、厚生労働省が定める「医療・介護・保育分野における適正な有料職業紹介事業者」の認定を受けています。

現場で働いている保育士のリアルな声が聞けるサービスが特に人気です。これは、レバウェル保育士を使って転職した保育士に入社後のアンケートをとって、職場の雰囲気がわかる情報を集めた結果を提供しているサービスです。実際に働いていなければ分からない情報を知ったうえで、慎重に転職先を決めたい方には、魅力的だといえるでしょう。

サービスを利用する際の連絡手段は、電話やLINE、メールなどの中から希望する方法を選べます。電話が苦手な方や、空き時間にLINEでやり取りしたい方には便利なサービスです。

サービス概要
サービス名レバウェル保育士
運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数直接優良求人をご紹介
非公開求人数非公開
対応地域全国
公式サイトhttps://levwell.jp/brand/childcare/

関連記事:レバウェル保育士の口コミ・評判を徹底調査!利用が向いている人とは?

保育Fine!

保育Fine!
保育Fine!の特徴
  • 人気の高いオープニングや小規模保育などの求人情報が多数
  • 希望する月給や時給で簡単検索、高待遇の求人も多く保有
  • 転職にまつわるコラムなどの情報掲載も充実

保育Fine!(ファイン) では、全国の保育士や幼稚園教諭の求人を掲載しており、正社員・パート・アルバイトの求人を探せます。小規模保育やオープニングなど人気の高い求人も多いのは魅力です。

未経験の方やボーナスあり の職場に就きたい方、残業は少なめがいい、家賃補助ありなどのこだわり条件や、

認定こども園や企業主導型保育などの施設形態もあわせて検索すると、希望にマッチした求人を探しやすいでしょう。希望する月給や時給で求人のフィルタをかけられるのも特徴です。たとえば月給25万円以上の好条件でも1,500件が検索結果に表示されます。

保育士の転職マニュアルや施設の違い、保育用語を解説したコラムも充実しているので、まずは情報を収集したいという方にもおすすめします。

サービス概要
サービス名保育Fine!
運営会社株式会社ネオキャリア
公開求人数5,053件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイトhttps://hoiku.fine.me/
※2024年5月20日時点

ほいくジョブ

ほいくジョブ
ほいくジョブの特徴
  • 保育士や幼稚園教諭の就業・転職を毎年3万人以上サポート
  • ブランクや未経験の方歓迎の求人を多数掲載
  • 正社員・派遣保育士にも対応、非公開求人も多数保有

ほいくジョブは株式会社プレアデスが運営する保育士・幼稚園教諭・児童発達支援管理責任者など、保育施設・放課後等デイサービスで働きたい人のための転職支援サービスです。雇用形態に関わらない幅広い求人情報が満載で、年間30,000人以上の保育士や幼稚園教諭の転職をサポートしています。

ほいくジョブの特徴は「ブランク復帰歓迎」「未経験OK」などの求人が充実していることです。希望の勤務条件だけでなく、園の雰囲気や保育方針なども共有してもらえるため、久しぶりに就業する方や資格を取得したものの未経験の方にも安心です。

正社員、派遣保育士など幅広い働き方をカバーし、サイトに掲載されない非公開求人もあるため、まずはサービスに登録するとよいでしょう。

サービス概要
サービス名ほいくジョブ
運営会社株式会社プレアデス
公開求人数19,603件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイトhttps://hoiku-job.net/
2024年4月20日時点

保育士コンシェル

保育士コンシェル
保育士コンシェルの特徴
  • 満足度95%以上、丁寧でスピード感のある対応への評価が高い
  • 非公開求人や高待遇の求人も多数保有
  • ベテラン向け、ブランクありの求人も簡単に検索可能

保育士コンシェルを運営するのは、WEBシステム開発を手がける株式会社プログレートです。保育園、幼稚園向けの連絡ツールシステムである「安心伝言板」の運営をおこなうため、保育園事業者との幅広いネットワークを保有しています。

アドバイザーの対応力が高いほか「転職してよかった」という声が多数寄せられているため、95%を超える高い利用者満足度を誇ります。

40歳以上のベテラン向けや1年以上のブランクがある方でもOKな求人、福利厚生制度にこだわって検索することも可能です。そのため、自身の希望する条件にマッチする求人を探しやすいでしょう。

サービス概要
サービス名保育士コンシェル
運営会社株式会社プログレート
公開求人数3,622件
非公開求人数非公開
対応地域首都圏、岩手、静岡、大阪、福岡、沖縄
公式サイトhttps://job.hoikushiconcier.com/
2024年4月20日時点

ジョブデポ保育士

ジョブデポ保育士
ジョブデポ保育士の特徴
  • 約7満件の豊富な求人から希望に合う勤務先を選べる
  • 運営企業自身で保育園を運営し、現場の実情や課題を持つ
  • 主要都市でかんたん検索、新卒向けの案件も掲載

ジョブデポは、医療・介護そして保育分野までをカバーする転職情報サイトです。保育士だけで約7万件の求人を掲載しているのは、保育分野で国内トップクラスです。

運営しているwith Career株式会社は、埼玉県で認可保育園の運営も手がけるからこそ、利用者の目線に立ったサービスを提供できるといえるでしょう。

サイトは細かい条件を設定して検索できるようになっており、都道府県での絞り込みに加えて主要な都市でのピンポイント検索も可能です。キャリアの短い方や未経験、ブランクがある方に向けて求人も多いほか、新卒向け求人を扱っているのも特徴です。

サービス概要
サービス名ジョブデポ保育士
運営会社with Career株式会社
公開求人数69,271件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイトhttps://j-depo.com/hoiku
2024年4月20日時点

クリックジョブ保育

クリックジョブ保育
クリックジョブ保育の特徴
  • 3万施設の中からプロが厳選した求人の紹介を受けられる
  • 登録後30分以内に電話連絡のスピード対応
  • 電話対応は24時間フリーダイヤル。都合に合わせて相談可能

クリックジョブ保育は、保育業界に特化した紹介会社で、全国の3万件以上の施設から担当エージェントがマッチする求人を紹介してくれます。転職や入職時の手続きは担当者がすべて手配するので、忙しい方におすすめの転職エージェントです。

運営するライフワンズ株式会社は、東京本社のほか、横浜、名古屋と大阪に事業所を構えており、対応可能な地域では希望者に直接会っての求人紹介やさまざまなサポートが受けられます。

夜間や休日を除くと、サービスに登録してから30分以内に電話連絡が入り、その場で希望条件や転職希望の時期を伝えられるスピード対応も魅力です。

こちらからの電話対応は24時間、フリーダイヤルで受け付けるため、都合にあわせてカウンセリングをおこなってくれるでしょう。

サービス概要
サービス名クリックジョブ保育
運営会社ライフワンズ株式会社
求人数非公開
対応地域東京、横浜、名古屋、大阪など
公式サイトhttps://hoiku.clickjob.jp/
2024年4月20日時点

幼稚園教諭が転職サイトを選ぶポイント

このように、幼稚園教諭向けの転職サイトはたくさんあります。その中から自分に最適なものを選ぶことは容易ではありません。

ここでは、どのように転職サイトを選ぶべきかについてまとめました。参考にしてください。

幅広い分野に対応している転職サイトを選ぶ

一口に幼稚園教諭といっても、その職場は多岐に渡ります。

公立幼稚園や私立幼稚園だけでなく、認定こども園、インターナショナルスクール、児童館、児童養護施設など、職場の選択肢はたくさんあるのです。

どのような職場が合っているかは判断が難しいですから、幅広い分野に対応している転職サイトを選ぶことは、あなたにぴったりの求人を見つける上で非常に重要です。

登録後はキャリアアドバイザーの意見などを参考に、どのような職場が適しているのか見極めるようにしてください。

求人数を確認する

転職サイト選びでは、求人数の多さも重要な判断材料になります。

求人数が多ければその分、あなたの希望条件を満たす職場が見つかる可能性が高まるからです。登録前には、転職サイトの求人数を確認しておくとよいでしょう。

ただし、求人数が多いだけではなく、求人情報の詳細度、求人の更新頻度、職場との連携の強さなども重要です。

求人数とあわせて、求人の質にも注目するようにしてください。

転職サポートの充実度で選ぶ

転職サイトは単に求人情報を提供するだけでなく、転職活動全体をサポートしていることが一般的です。

履歴書の書き方、面接の対策、給与や勤務条件の交渉など、専門のキャリアアドバイザーが提供するサポートの質は、転職成功のカギを握ります。

サポートが充実していれば内定を得られる確率が上がる一方、不十分であれば得られたはずの内定を取りこぼしてしまうかもしれません。

サポートが充実している転職サイトを利用することで、安心して転職活動を進めることが可能です。

幼稚園教諭向け転職サイトを利用するメリット

幼稚園教諭向けの転職サイトを利用するのには、たくさんのメリットがあります。

一つひとつ確認してみましょう。

非公開求人が多い

幼稚園教諭向けの転職サイトには、公開されていない非公開求人が多く存在します。

非公開求人は転職サイトに登録することでのみアクセス可能です。

求人を非公開にしている理由は「好条件だから応募者が殺到するのを避けたい」などが代表例です。

非公開求人は、待遇や職場環境がよいケースが多いため、年収アップやキャリアアップなどを目指す方なら積極的にエントリーしたい求人といえるでしょう。

自分のペースで転職活動を進められる

転職サイトを利用することにより、幼稚園教諭は自分のペースで転職活動を進めることが可能です。

全ての作業がネット上で完結するため、自宅や移動中でも求人情報を確認し、応募できます。

また、現職を続けながらでも、スキマ時間を利用して転職活動をおこなえるので、仕事に影響を与えることなく次のステップに進むことができます。

職場との交渉を代行してもらえる

エージェント型の転職サイトを利用すれば、給与や勤務条件などの交渉を代行してもらえるのもメリットです。

とくに、年収の交渉はシビアになりがちで、高いノウハウが求められます。さらに、交渉に苦手意識がある方も少なくないでしょう。

エージェント型の転職サイトならあなたに代わって交渉してもらえますから、希望条件で働ける可能性が高まります。

職場の詳細な情報が入手できる

転職サイトを利用すれば、職場の内部情報を得ることができます。

具体的には、職場の人間関係、文化、勤務環境など、公開されていない情報まで教えてもらえます。

これによって、実際に転職してみたけれど「思っていたのと違った…」と早期に離職するリスクを下げられます。

書類の添削や面接の対策が受けられる

転職サイトを通じた書類の添削や面接対策は、転職を成功に導く重要なサポートです。

履歴書や職務経歴書の添削があれば、書類選考を通過する確率を高められます。また、面接対策を受けることで、自信を持って面接に臨めるようになるでしょう。

あなたに転職するだけのスキルや魅力があったとしても、それが採用担当者に伝わらなければ意味がありません。

幼稚園教諭の転職事情に精通したキャリアアドバイザーのサポートがあるからこそ、内定獲得率をぐっとアップできるのです。

幼稚園教諭が転職サイトを利用するデメリット

幼稚園教諭向けの転職サイトにはさまざまなメリットがある一方で、利用する前に知っておくべきデメリットも存在します。

メリットと合わせて、一つずつ詳しく見ていきましょう。

必ずしも相性の良い担当者に当たるとは限らない

幼稚園教諭向けの転職サイトを利用するデメリットとして、相性の悪い担当者に当たってしまうことが挙げられます。

担当者もひとりの人間ですので、どうしても性格面で不一致を感じるケースは出てくるでしょう。

話し合いで解決する範囲ならまだしも、雑な対応をされたり希望と外れた求人を勧められたりしてしまうと、転職活動へのモチベーションが落ちかねません。

担当者と相性が合わないと感じたら、遠慮せずに変更を申し出ましょう

また相性の悪い担当者に当たりたくないという方は、最初から担当者がつかないジョブメドレー保育士のような転職サイトを活用するのも手です。

連絡がしつこいと感じることがある

担当者にもよりますが、頻繁に連絡が来てしつこいと感じてしまうケースがあります。

担当者が連絡してくる理由としては、転職活動の進捗を聞くためであったり、求人紹介のためであったりします。

あなたに合った求人を紹介しようとしてくれていることも珍しくはありませんが、中にはアドバイザーとしての実績を出すために躍起になっている方もいるようです。

連絡のペースは人それぞれですので、しつこいと感じたら連絡の頻度を落としてもらうか、電話ではなくメールやLINEに切り替えてもらうのが良いでしょう。

自分のペースで転職活動がおこなえないことがある

転職サイトを活用した場合、人によってはサポートされすぎて疲れると感じるケースがあります。

求人のピックアップから日程調整、面接対策や交渉など魅力的なサポートをしてくれる転職サイトですが、自分のペースを大切にしたい方には強引と感じるかもしれません。

ゆっくり転職活動をしたい方や直近での転職を考えていない方は、必ず登録時にその旨を伝えておきましょう

あるいは保育士ワーカーのように「転職サポート経由」と「直接応募」といった応募方法が選べる転職サイトであれば、ストレスを感じることも少ないでしょう。

幼稚園教諭が転職サイトを利用する流れ

転職サイトを利用する際の一連の流れを理解することで、転職活動がスムーズに進みます。

登録から面談、求人紹介、応募、選考対策、面接、そして内定・退職に至るまでのプロセスを把握しておくことが大切です。

幼稚園教諭が転職サイトを利用する流れ
STEP

登録

まずは、転職サイトの登録から始めましょう。基本的な情報を入力し、アカウントを作成します。

この際、登録情報は後の求人紹介に影響するため、正確かつ詳細に入力することが重要です。

一般的には、次のような情報を入力します。

必要な情報
  • 保有資格
  • 希望勤務形態
  • 入職希望時期
  • 氏名
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 電話番号 など
STEP

面談

登録後、多くの転職サイトでは専任のキャリアアドバイザーと面談をおこないます。

面談では、これまでの経験、転職の動機、希望する勤務条件などをくわしく話し、最適な求人を見つけるための情報を提供します。

面談は事務所にこちらから出向くことが一般的ですが、電話やビデオチャットなどで対応してくれることもあるようです。

STEP

求人紹介・応募

面談を踏まえた上で、担当のキャリアアドバイザーが個々のニーズに合った求人を紹介します。適切な求人が見つかったら、応募のプロセスに進みましょう。

この段階では、求人の詳細をよく読み、自分の希望に沿っているか、給与や勤務条件が適切かをしっかりと確認することが大切です。

なお、紹介してもらった求人が希望に沿わない場合は、断ることも可能です。どの点が希望に合ってないかも伝えることで、よい求人紹介につながります。

STEP

選考対策

求人に応募した後、エージェント型転職サイトの場合は、キャリアアドバイザーが面接や選考に向けた対策をサポートします。

履歴書や職務経歴書の添削から、模擬面接による対策まで、転職成功に向けた準備を整えます。

STEP

面接

面接では、これまで準備してきた内容をもとに、自分の経験やスキル、転職に対する熱意を伝えるようにしましょう。

面接官に対して誠実かつ自信を持って自己PRをおこない、職場に貢献できる理由を明確にします。

なお、転職サイトによっては、面接当日に担当者が同行してくれることもあるようです。苦手意識がある方は、そういった転職サイトを利用するとよいでしょう。

STEP

内定・退職

 面接を経て内定を得たら、現職の退職手続きに移ります。

転職サイトのキャリアアドバイザーが退職手続きのアドバイスを提供する場合もあります。

円滑な退職と新たな職場へのスムーズな移行を目指しましょう。

幼稚園教諭が賢く転職サイトを活用するコツ

転職サイトを利用する際には、ただ登録するだけではなく、その機能を賢く使うことが成功へのポイントです。

ここでは、どのように利用すれば転職サイトを上手に活用できるかを紹介します。

担当アドバイザーと相性が合わないときは変更する

転職活動において、担当のキャリアアドバイザーとの相性は非常に重要です。

キャリアアドバイザーのサポートは多岐に渡りますから、内定が得られるかどうかはキャリアアドバイザーの力量にかかっているといっても過言ではありません。

もし相性が合わないと感じたら、遠慮せずに変更を依頼してください。本人に直接伝えてもよいですが、難しいようであればサポートセンターなどに連絡を入れましょう。

キャリアアドバイザーとよい関係性を築くことで、個々の希望や条件に合ったサポートを受けることができ、転職成功へとつながります。

経歴やスキルは正直に伝える

経歴やスキルは、正確に伝えることが大切です。

よい求人を紹介してもらうことを目的に、嘘の経歴を伝えたくなるかもしれませんが、絶対に避けるようにしてください。

誇張や隠蔽は、信頼を失う原因になります。もし嘘が発覚したら、原則として今後は転職サイトからサポートしてもらえることはありません。

また、万が一、嘘がバレずに内定を得られたとしても、自分の実力以上の仕事を任せられることになり、仕事で成果を出せないことにつながります。

キャリアアドバイザーと面談する際には、これまでの経歴やスキルは正直に伝えるようにしてください。

キャリアアドバイザーに転職への熱意をしっかり伝える

転職への熱意をキャリアアドバイザーに伝えることは、その後のサポートに大きな影響を与えます。

というのも、転職サイトは内定が出ると、転職先から紹介料を得られる成功報酬型のビジネスモデルだからです。転職の熱意が高い人をサポートした方が、自社の利益につながります。

つまり、しっかりとしたサポートを受けたいのであれば、転職の意欲が高いことを伝えるのが一番の方法なのです。

熱意を伝える一番の方法は、「3ヶ月以内の転職を検討している」といったように、直近での転職を目指していることに触れましょう。

反対に「よい求人があったら転職を検討したい」といった態度では、満足できるサポートを受けられない可能性があるので、注意してください。

幼稚園教諭の転職傾向とは

ここでは、有効求人倍率を用いて、幼稚園教諭の転職傾向を見てみましょう。

幼稚園教諭の有効求人倍率

厚生労働省が運営するサイト「jobtag」によれば、2022年度の幼稚園教諭の有効求人倍率は2.64倍となっています。

有効求人倍率とは、有効求人数を有効求職者数で割って算出された数字です。倍率が1を上回れば求職者の数よりも人を探している職場が多く、下回れば求職者の数の方が多いことを示します。

つまり、有効求人倍率が2.64倍ということは、求職者1人に対して求人数が2.64件あることを意味しています。

いわゆる「売り手市場」ですから、転職を目指す幼稚園教諭にとっては有利な状況にあるといってよいでしょう。

あなたが望むような給与や福利厚生などが実現しやすい環境にありますから、転職サイトのサポートを受ければ、希望通りの職場に転職できる可能性が十分にあると判断できます。

【参考記事】幼稚園教諭|jobtag

幼稚園教諭が転職を成功させるコツ

転職を成功させるためには、事前の準備と情報収集が不可欠です。

ここで紹介するコツを参考に、戦略的な転職活動をおこなうことが大切です。

前もって園内を見学させてもらう

事前に園内の見学をおこなうことで、職場の雰囲気や園児たちの様子、スタッフの働き方を直接、確認することができます。

また、見学を通じて保護者や現場のスタッフとのコミュニケーションを図ることもでき、求人情報だけでは得られない貴重な情報を収集することが可能です。

リアルな情報を得られるので、職場のミスマッチを減らせます。

複数の転職サイトを併用し比較する

複数の転職サイトを併用することで、幅広い求人を比較検討することができます。

それぞれのサイトが持つ独自の強みや求人情報を比較することで、自分に最適な求人を見つけやすくなるでしょう。

また、複数の転職サイトを利用すれば、それだけたくさんのサポートを受けられます。履歴書作成や面接突破のスキルが身につき、内定獲得にさらに近づくはずです。

同じ求人に複数の転職サイトから応募しないようにする

同一の求人に複数の転職サイトを通じて応募することは避けましょう。

これは、職場側に混乱を招くだけでなく、転職者自身の信頼性を損ねる行動と見なされてしまうからです。

最悪の場合、今後の求人紹介を断られてしまう可能性も否定できません。同一求人への複数応募は絶対に避けてください。

園の口コミを収集する

転職活動において、園の口コミや評判を収集することは、実際の職場環境を知る上で非常に有効です。

雰囲気がある程度わかるので、口コミの収集もミスマッチを減らす方法の1つとなるでしょう。

口コミは、転職サイト、SNSなどからアクセスできることが多く、過去に勤務した職員の生の声を聞くことができます。

幼稚園教諭の転職に関してよくある質問

最後に、幼稚園教諭の転職に関してよくある質問をまとめました。参考にしてください。

在職中でも転職サイトは利用できますか?

はい、在職中の方も転職サイトを利用することができます。

多くの転職サイトは、現職との両立を支援するための機能を備えており、個人のプライバシーを保護しながら転職活動を進めることができます。

幼稚園教諭になりたいのですがどうすればよいですか?

幼稚園教諭になるためには、幼稚園教諭免許が必要です。

専門学校や短大、大学で教育に関する学びを積んで資格を取得し、その後転職サイトなどを利用して求人を探すことが一般的な流れです。

退職手続きの方法を教えてください

退職手続きは、勤務している園の規定に従い、退職の意志を表明し、必要な書類を提出します。

退職日や引き継ぎの方法なども事前に確認し、円滑に進めることが重要です。

転職サイトのコンサルタントは、退職手続きのアドバイスやサポートも提供してくれることが多く、不安な点や分からないことがあれば相談するとよいでしょう。

未経験から幼稚園教諭に転職できますか?

未経験から幼稚園教諭に転職することは原則できません

上でお伝えした通り、幼稚園教諭として働くには、幼稚園教諭免許が必要になるからです。

ただし、無資格であっても幼稚園で「保育補助」としてはなら働けます。転職サイトで「資格なしOK」など、条件検索をかけて求人を探すとよいでしょう。

まとめ|転職サイトを上手に活用し、転職活動を効率的に進めよう

この記事では、幼稚園教諭におすすめの転職サイトを紹介しました。

転職サイトにはそれぞれ特徴があります。担当のキャリアアドバイザーのサポート体制も異なりますので、口コミなども確認しながら、2〜3社に登録するのがおすすめです。

ぜひ、この記事で紹介したところに登録して、転職への第一歩を踏み出してください

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。