美容師はやめとけと言われる5つの理由|離職率や真相を解説

高橋宇内
編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

美容師はやめとけ・ブラックすぎると言われるけど実際はどうなの?

といった美容師のリアルについて気になる方も多いのではないでしょうか。

いざ働いてみて、後悔することだけは避けたいはずです。

そこで本記事では、美容師はやめとけと言われる理由や働くメリット、やりがいなどについて解説します。実際に美容師として働く人のリアルな本音も紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

 

この記事の執筆者
高橋宇内
高橋 宇内 氏人事&キャリアドバイザー経験者
採用コンサルタントとして企業の人事を複数担当。転職後キャリアドバイザーとして、新卒・中途の求職者の支援。
目次

美容師はやめとけと言われる5つの理由

まずは、美容師はやめとけと言われる以下5つの理由について見ていきましょう。

  • 残業・休日出勤が多い
  • 収入が低い
  • 下積み時代が長い
  • 人間関係のトラブルが多い
  • 将来が不安になる

美容師の不満としてよく挙げられる理由について、詳しく解説します。

残業・休日出勤が多い

美容師はやめとけと言われる理由の一つ目は、残業・休日出勤が多く、激務になってしまう点です。美容師はスキルアップをするために日々の練習が欠かせません。

しかし、営業中に練習するのは難しいため、営業終了後に行うのが一般的で拘束時間が長くなってしまいます。仮に通常営業が夜8時までの場合、そこから練習開始となるため、帰宅時間はその分遅くなります。

結果的に労働環境が過酷となり、残業時間が増え、休日出勤をしなければいけなくなってしまうのです。

美容師として成長するには、新しい情報・技術を身につけるために時間を確保しなければいけません。

また3割以上が、1~3年未満で退職をしており、美容師の人手が足りていないため、労働環境が過酷となり、残業時間が増えるケースもあるでしょう。

引用:資格があっても働かないのはなぜ?理美容界の人材不足、その解決法を探る|anreport
高橋 宇内氏

どの業界にも当てはまりますが、一流の美容師を目指すためには、残業・休日出勤を覚悟で練習を積み重ねることが大切になるでしょう。

収入が低い

収入が低いのも、美容師はやめとけと言われる理由の一つです。

マイナビが調査した「2023年版 職種別モデル年収平均ランキング」では美容師の平均年収は450万円でした。日本の平均年収が443万円(※)になるので、美容師の方が若干高いことがわかります。

美容師以外の職業にも該当しますが、初心者のうちは収入が低くなってしまいます。

美容師として働き始めたばかりで収入が低いのは、経験値が少なく、貢献できていないからです。トップスタイリストになり、企業の売上に貢献できれば、収入は増えます。

美容師として数年で諦めるのではなく、努力を積み重ねれば、高収入も期待できるでしょう。

※【参考記事】令和3年分 民間給与実態統計調査

下積み時代が長い

美容師はスタイリストとして活動するために、カットではなくシャンプーだけなどの下積み時代を経験します。アシスタント年数は人によって異なりますが、1〜3年が平均です。

スタイリストや独立して活動するには、実力が認められるまでの下積みが欠かせません。活動できない期間が長くなるほど「つまらない」「つらい」と感じしまい、理想と現実とのギャップに苦しむかもしれません。

このように、美容師として活動できるまでの下積み時代が長いことが、やめとけいわれる理由の一つです。

人間関係のトラブルが多い

美容師は社員だけでなく、お客様とコミュニケーションをとる対人スキルが重要です。美容師の場合、お客様対応をしながら、社員ともコミュニケーションを通じて、仕事を円滑に進める必要があります。

また、配属された店舗によって相性が良い社員もいれば、悪いと感じるときがあるはずです。ときには、理不尽なことがあるかもしれません。

美容師は対人関係が多い職業になるため、人間関係のトラブルが発生しやすい傾向があります。仮に仲が深まっても、店舗異動し人間関係がリセットされるケースもあるはずです。

人間関係に気を遣いながら働く美容師は、やめとけと言われる原因でしょう。

将来が不安になる

美容師が将来不安になる理由は、アシスタント歴が長く、収入が増えないからです。将来が不安になるのも、美容師はやめとけと言われる要因の一つです。

実際、美容師を辞めた理由で一番多いのが業務内容のわりに給与が低いことであり、将来的に生きていけないのではと不安になって、美容師を辞めた人が多いことが分かります。

引用:資格があっても働かないのはなぜ?理美容界の人材不足、その解決法を探る|anreport

美容師の初任給は15〜18万円ほどですが、その中から専用道具を購入するため、さらに収入は低くなるでしょう。アシスタントが続くと「将来美容師として生きていけないのでは?」と思う方が多いはずです。

美容師は稼げるようになるまで一定期間が必要になるので、金銭的余裕がない生活を続けることになるかもしれません。

そのため、美容師は一般的な企業と比較して「やめとけ」「ブラックだ」と言われているでしょう。

美容師資格の受験者数と離職数

美容師へ就職する前に、実際にどのくらいの人数が受験し離職しているのか気になる方も多いでしょう。

理容師美容師試験研修センターが公表した令和5年度の受験者数・合格者数は、以下のとおりです。

受験者数5,032人
合格者数3,131人
【参考】公益財団法人 理容師美容師試験研修センター

令和5年度の結果では、3,000人以上の方が理容師・美容師として就職します。

一方、厚生労働省が公表した「令和4年雇用動向調査結果の概要」によると、美容師が該当する生活関連サービス業・娯楽業の離職数は、18.7%(※)でした。約5人に1人が理容師・美容師をやめていることがわかるでしょう。

厚生労働省の結果から、美容師は比較的に離職率が高い傾向にあると判断できます。

(※)【参考記事】厚生労働省 令和4年雇用動向調査結果の概要

【実体験】美容師の本音

高橋 宇内氏

ここでは、現役の美容師にインタビューしたリアルな情報を紹介します

美容師になってから何年経ちますか?

N・Tさん(25歳男性)

5年経ちます。

現在はどのような役職ですか?

N・Tさん(25歳男性)

トップスタイリストです。

美容師に就職して良かった点はありますか?

N・Tさん(25歳男性)

普通に生活していたら関われない経営者や芸能人の方と関われること
自分が提案したデザインを喜んでもらえてやりがいを感じること

美容師はやめとけと言われていることに対して、どのように思いますか?

N・Tさん(25歳男性)

給料が低いなどの理由で「やめとけ」と言われますが、美容師以外にも当てはまることだと思います。美容師だけに限らず、仕事は成功したいという信念や熱量が必要だと思います。

美容師として活躍するには、どのような意識が必要ですか?

N・Tさん(25歳男性)

活躍して華やかに見える世界には、必ず他人より努力や下積みを経験する必要があると思います。ですので、諦めず日々の積み重ねを続ける意識が必要です。

美容師になるメリット

美容師になるメリットについて気になる方も多いはずです。

主にあげられるメリットは、以下のとおりです。

  • 需要がなくならない
  • 美容師の経験は他の職種にも活かせる

それぞれのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

需要がなくならない

美容師になるメリットの一つは、需要がなくならない点です。美容師はコミュニケーションをとりながら、要望に応じたセットを行います。

近年、AIなどの発達によって淘汰される業界や職種が増えています。しかし、美容師の仕事はハサミなどを細かく扱うため、人にしかできない職業です。

美容師は人だからこそ成り立つ職業であり、将来的にも需要があり続けるため、仕事に困らないでしょう。

美容師の経験は他の職種にも活かせる

美容師を目指す方の中には、他に目指せる職業を探すケースがあるでしょう。

たとえ美容師をやめたとしても、以下のような職種に活かせます。

美容師を辞めてもスキルを活かせる職種
  • 美容部員(ビューティーアドバイザー)
    お客様のメイクに関する要望をヒアリングし、最適な化粧品・メイク方法を提供する職業。
  • ネイリスト・アイリスト
    美容室のネイルサロンスペースやネイルサロンで、お客様の希望するネイルを施す職業。
  • ヘアメイク・メイクアップアーティスト
    雑誌やCM・テレビ番組で活躍するタレントのメイク担当をする職業。
  • ブライダルヘアメイクアーティスト
    花嫁に最適なヘアスタイルやメイクを施す職業。

美容師としてのスキルや技術は、横展開する際に大きく役立ちます。美容師として就職し、途中で職業を変更したいと思ったときに活かせるのは、メリットだと言えるでしょう。

美容師を辞めて後悔する人の特徴

美容師として就職したものの、退職しようと考える方も多いはずです。しかし、目標を持って美容師に就職した人は、辞めて後悔する可能性が高いと考えられます。

美容師は残業・休日出勤があったり、収入が低かったりします。これは美容師に限らずどの職業にも言えることです。

スタイリストとして活躍するまでに「きつい」などの理由で退職してしまうと、転職先でも同じ状況を繰り返すかもしれません。その結果「美容師を続けていれば良かった」と後悔するケースも考えられます。

やりたい仕事が美容師だった場合は、すぐ諦めるのではなく、最後まで努力してみてることを推奨します。

高橋 宇内氏

どの仕事でもすぐに結果が出るとは限らないため、根気強く努力を積み上げましょう。

美容師を辞めてよかったと思える人の特徴

美容師を辞めて後悔する人がいる一方、よかったと思える人もいます。美容師を辞めてよかったと思える人の特徴は、何となく選んだ方です。

美容師に就職する人の中には、軽い憧れを持ち「美容師になれたらいいな」と思っている場合があります。トップスタイリストとして活躍したいなどの理由がない場合、美容師を続けていても楽しさを感じづらくなるはずです。

残業や休日出勤があった際も、ネガティブになりやすい傾向があります。

明確な目的を持たないで美容師を目指した人は、後悔せずにやめられる可能性が高いでしょう。

美容師ではなく美容室がブラック

「美容師はブラックだ」と耳にするときがあるはずです。

結論、美容師ではなく美容室がブラックである可能性が高いと考えられます。

美容師は必要とされる職業であり、尊敬される仕事の一つです。しかし、美容室によっては残業・休日出勤代が出なかったり、理不尽な扱いをされたりする場合があります。

状況によっては、過酷な労働環境で働かざるを得ないケースも考えられます。

美容師はやめとけと言われるのは、美容室の過酷な労働環境に問題があるからだと考えられます。

美容師として就職するときは、企業ごとの採用条件や制度を比較し、自分に合った会社見極めるのがポイントです。

高橋 宇内氏

美容師ではなく美容室がブラックであることを理解しておきましょう。

美容業界での転職におすすめの転職エージェント

ここでは美容師やアパレルなど美容業界に強い転職エージェントを5社紹介します。

  • iDA
  • BeAle(ビアーレ)
  • キレイビズ
  • リクエストQJエージェント
  • パスキャリ

iDA|無料の研修と親身なフォロー

iDA

iDAは、アパレルや美容系の求人に強い転職エージェントです。化粧品販売やエステサロンなど、美容系求人が2,000件以上あります。「iDAカレッジ」という無料のオープンスクールで、現場で役立つ研修を受けられることも魅力です。

iDAでは、派遣社員から正社員へのキャリアアップや店長への昇格など、経歴とスキルに合った求人が紹介されます。

専門のコーディネーターの手厚いフォローがあるので、未経験から美容業界にチャレンジしたい人でも安心して転職活動ができるでしょう。

BeAle(ビアーレ)|転職サイトとエージェントが合体

BeAle(ビアーレ)

BeAle(ビアーレ)は、美容業界全般の求人を幅広く扱っている転職サイトです。転職サイトの中に転職エージェントサービスがあるサイト構成です。

ビアーレは、さまざまな特集を組んで求人を紹介しています。

BeAle(ビアーレ)で紹介している特集の例
  • 土日祝休みOK特集
  • アットホームサロン特集
  • 美容部員特集

特集以外でも、美容業界の受付や未経験OKなど幅広い求人を取り扱っているため、希望に沿った求人が見つけられるでしょう。

ビアーレでは、エージェントサービスを利用して就職先の紹介を受けることもできます。転職エージェントサービスでは、厚生労働省の認可を受けた専任のキャリアコンサルタントが就職活動をサポートしてくれます。

キレイビズ|転職者の声を聞ける美容系特化エージェント

キレイビズ

キレイビズは、美容師の求人を中心に美容系に特化した転職エージェントです。実際に美容業界に就職した利用者からの体験談が掲載されています。

キレイビズでは、美容業界専門に精通したエージェントが、希望に添った求人を紹介してくれます。扱う職種の代表は、下記のとおりです。

求人保有職種の例
  • 美容師
  • 理容師
  • エステティシャン
  • ネイリスト
  • アイリスト

キレイビズでは美容業界専門のスタッフが、希望に寄り添った求人を案内してくれます。

自分に代わって就職条件の交渉もおこなってくれるため、妥協せずに就職活動を進められるでしょう。

リクエストQJエージェント|美容師専門の転職エージェント

リクエストQJエージェント

リクエストQJエージェントは、美容師の求人に特化した美容系転職エージェントです。さまざまな対象者に向けた転職相談やイベントが多数開催されています。転職相談の主な対象者は、下記のとおりです

転職相談の主な対象者
  • 転職が初めて
  • 今後のキャリアに迷いがある
  • 女性美容師

上記の他にも、さまざまな対象者に向けた転職相談会が開催されています。転職に不安がある人は、一度転職相談を受けることといいかもしれません。

リクエストQJエージェントには、働いてから転職するか決められる「体験入店システム」があります。このシステムを活用することで、実際に職場の雰囲気や接客、技術を見たうえで転職することができます。

面接や履歴書などに対する充実したサポートもあるリクエストQJエージェントは、転職希望者にとって心強い転職エージェントとも言えるでしょう。

パスキャリ|20代30代のフリーターから正社員向け

パスキャリ

パスキャリは、20代・30代向けの美容・営業・受付・事務などの求人に特化した転職エージェントです。未経験者OKの求人もあるため、特にフリーターから正社員を目指す人におすすめです。

パスキャリでは、LINEで自分に合う仕事を簡単に診断できるサービスもあり、手軽に就職活動を進められるでしょう。就職したあとのフォローも無料で受けられるため、安心して利用できる転職エージェントです。

美容師から異業種へ転職したい人におすすめの転職エージェント

ここでは美容師から異業種へ転職したい人におすすめの転職エージェントを3社紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 364,283件
非公開求人数 225,664件
おすすめポイント
  • 求人数の多さが売り
  • 質の高いキャリアアドバイザーがトータルサポート
  • 多くの転職者が給料アップを実現
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※求人数は2024年2月現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 106,511件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 高待遇の求人を多数保有
  • 質の高いスカウトが届く
  • 自分の市場価値を測れる
対応地域
全国、海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年2月時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 53,661件(※1)
非公開求人数 16,211件(※1)
おすすめポイント
  • キャリアドバイザーにしっかり相談できる
  • はじめての転職活動でも安心の徹底したサポート
  • 夜間や土曜日に相談できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

「美容師はやめとけ」に関するによくある質問

美容師によくある質問は、以下のとおりです。

給料はいくらですか?

美容師の初任給は15〜18万円が平均的です。

トップスタイリストになれば、40~50万円も目指せるでしょう。

美容師を辞めたいけど、辞める理由で多い理由は何ですか?

美容師を辞める理由は、以下があげられます。

  • 残業・休日出勤が多いから
  • 収入が低いから
  • 下積み時代が長いから
  • 人間関係のトラブルが多いから
  • 将来が不安になるから

ボーナスはありますか?

企業によって異なります。求人広告に記載されているケースが一般的です。

まとめ|美容師はやめとけと言われる理由

美容師がやめとけと言われるのは、以下の理由です。

  • 残業・休日出勤が多い
  • 収入が低い
  • 下積み時代が長い
  • 人間関係のトラブルが多い
  • 将来が不安になる

美容師への就職には、賛否両論があります。しかし、美容師がやめとけと言われるのは、美容室の労働環境に問題がある可能性が高いと考えられます。給与や福利厚生、研修制度などが整っていれば、不満は溜まりづらいはずです。

美容師はやめとけと言われているのは、一つの意見ですが、メリットがあることも忘れてはいけません。

美容師として就職を考えている場合は、やめとけと言われる理由だけでなく、実際に働く人の意見やメリットを総合的に判断したうえで検討しましょう

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。