外資系金融業界に強い転職エージェント8選|選び方や活用時の注意点を解説

編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

金融業界は市場が大きく、業界動向サーチの「業界別 業界規模ランキング」によると、卸売・電気機器・総合商社に次いで4位の市場規模を誇っています。
【参考記事】業界別 業界規模ランキング|業界動向サーチ

この記事を読んでいる方のなかには、金融業界への就職・転職を検討されている方もいらっしゃるでしょう。

そこで、この記事では金融業界・外資系金融業界に転職したい方へ向け、転職エージェントの上手な活用方法について解説しています。興味がある見出しから読んでいただき、転職活動の参考にしていただければと思います。

1分で無料登録!
ハイクラスに特化した
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
公開求人数
16万件
非公開求人数
非公開
1か月で平均20件以上のスカウトが届く、年収800万円以上を目指したい方向けのハイクラス特化エージェント。簡単レジュメ登録をして待つだけでOK。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.6万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
公開求人数
4.8万件
非公開求人数
1.8万件
【とりあえず登録!安心の大手】特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda
4.0
公開求人数
21.4万件
非公開求人数
3.3万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント。
2024年3月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年3月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
口コミを読む
・スムーズに年収の上がる転職ができたので、無駄な時間がかからなくて使い勝手が良かったです。
・エージェント担当の方の機械的な対応に「仕事感がある」と感じた。
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
・7年勤めた会社から転職する際に利用しました。登録後の無料期間で多くのスカウトをもらえました。
・まだ転職前ですが、市場における自分の価値を認識できたので有意義だと感じています。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda
4.0
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
2024年3月時点
目次

外資系金融業界での転職におすすめの転職エージェント

金融業界での転職におすすめの転職エージェントとして、以下の5つが挙げられます。

それぞれの転職エージェントの特徴・強みを紹介します。

【関連】外資系転職に強い転職エージェントサイトおすすめ12社徹底比較|外資系企業への転職成功ポイントまで

typeハイクラス

typeハイクラスは、株式会社キャリアデザインセンターが運営する転職エージェントで、 ハイクラス転職に特化したサービスを展開しています。

求人数は約3万件、非公開求人約2万件かかえる大規模な転職エージェントであるため、 経験豊富なキャリアコンサルタントが求職者に適した求人を紹介してくれるでしょう。

そもそも株式会社キャリアデザインセンターにおける歴史はハイクラス・エグゼクティブに特化した転職情報誌「Type」に遡ることができ、転職業界で20年以上様々な企業にインタビューして培ってきた経験と転職成功ノウハウがあります。

創業当初からハイクラス転職のエキスパートとして最前線を走ってきたTypeハイクラスで転職することで、金融業界への転職を成功させることができるでしょう。

パソナ ハイクラス

パソナキャリア_管理部門

パソナ ハイクラスは、パソナキャリアが運営する転職エージェントで、 求人の約半数以上が年収800万円以上のハイクラス求人を抱えているのが特徴です。

それぞれの業種・職種に精通したキャリアコンサルタントが在籍し、応募先企業の情報提供や年収アップ交渉などを代行してくれます。

また、パソナハイクラスの強みとして、独占保有求人数が1700件以上あることが挙げられ、プラチナオファーなど一部の人材に対して優先的に求人を紹介する制度も特徴のひとつです。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは、株式会社リクルートが運営する転職エージェントです。

文字通り転職エージェントに登録した後は、転職エージェントのヘッドハンターからのスカウトを待つ形式になります。 登録情報は匿名としてまとめられ、求人とのスキルマッチを判断したヘッドハンターからスカウトが届いた後に転職活動が始まります。

2022年5月時点で約600社、4300名以上の求職者を転職に導いている実績もあり、しっかりと転職実績を保有する転職エージェントに任せたい人材におすすめできます。 さらにリクルートダイレクトを使うとマッチング後のやり取りを企業と直接行うため、通常の転職活動における転職プロセスを省略できるメリットがあります。

doda

doda

dodaは、総合人材サービスを手がける「パーソルキャリア」が運営する転職エージェントで、「豊富な求人数」と「高い利用者満足度」が特徴として挙げられます。

多くのアンケート調査でサポートの手厚さが言及され、業界最大手のリクルートエージェントよりも利用者の評価が高い調査結果もあります。

dodaは転職エージェントと転職サイトが1つのプラットフォームに集約されているため、転職活動に欠かせない情報収集がスムーズに運ぶのが特徴です。

外資系金融業界の求人を探すビジネスパーソンにとって、転職エージェントにおけるサポートは重要ですが、同じくらい自身による情報収集も必要になります。積極的に転職情報を収集したい人材におすすめできる転職エージェントです。

doda X

dodaX

doda Xは、管理職などのハイクラス人材を対象に絞った転職サービスです。

年収800~2,000万円の非公開求人を多数保有しており、管理職以上の仕事にチャレンジしたい人材におすすめできます。ハイクラス転職のため、対象年齢はおよそ40~50代になりますが、30代・20代の人材でもヘッドハンターによるヘッドハンティングが行われています。

20代のビジネスパーソンであっても、よりハイクラスのポジションで活躍したい場合は、経験豊富なヘッドハンターに転職相談を行うことも可能なため、成長意欲の高い人材におすすめしたい転職サービスです。

未経験から外資系金融業界へ転職したい人におすすめの転職エージェント

未経験で金融業界に転職したい人におすすめできる転職エージェントは下記の3つです。

それぞれの転職エージェントが未経験で金融業界に転職する際におすすめな理由を紹介していきます。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、人材業界最大手の「リクルート」が運営する転職エージェントで、「豊富な転職成功実績」と「圧倒的な取り扱い求人数」を特徴としています。

転職エージェントには大きく分けて「総合型」と「特化型」の2種類がありますが、リクルートエージェントは、総合型の転職エージェントとして知られています。「丁寧なサポート」や「圧倒的な求人数」などが求職者から高く評価されており、20代の求職者から幅広く支持されています。

未経験人材が金融業界に転職する際にも、金融業界の様々な転職事情について知れるため、まず登録しておきたい転職エージェントといえます。昨今の金融業界はバックオフィス業務のDX化や、サイバーセキュリティ対策などに力を入れており、ITエンジニアとして金融業界に転職することも可能です。

リクルートエージェントの検索機能で求人情報を探したり、会員登録によってキャリアアドバイザーから求人紹介を受けたりして、自身のキャリアチェンジを実現しましょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、日本最大級の就職・転職情報を取り扱う「マイナビ」が運営会社の転職エージェントです。リクルートエージェントやdodaと比較して、20代や若手の転職に定評がある転職エージェントで、若手向けの求人を豊富に取り扱っているのが特徴といえます。

また、業界・職種に特化した転職エージェントサービスも展開しており、金融・保険業界であれば「マイナビ金融エージェント」から、金融業界・金融業界で募集される職種事情に精通したキャリアアドバイザーからサポートを受けることが可能です。

未経験人材の金融業界への転職はその後のキャリアビジョン・キャリアプランに大きく影響を与えるため、安定した業績を誇る市場で働きたい人材や、高収入で資産形成を図りたい人材に利用をおすすめできます。

type転職エージェント

type転職エージェント「株式会社キャリアデザインセンター」が運営する営業職・企画職・ITエンジニア職に特化した転職エージェントです。取り扱い求人を一都三県に絞っているため、地方で転職活動を行うビジネスパーソンは利用できませんが、対象地域であれば経験豊富なコンサルタントがサポートに当たってくれます。

また、希望する業界・職種が決まっている場合は、その業界・業種に特化したキャリアアドバイザーを指名できるため、求人の選び方からスキル・経験の棚卸し、希望する転職先企業の分析なども依頼することが可能です。

ただし、type転職エージェントは特化型の転職エージェントに当たるため、豊富な求人から転職先を決めたい求職者ニーズには応えられない可能性があります。

リクルートエージェントやdodaなどの総合型転職エージェントも合わせて登録しておくと、豊富な求人から転職企業を探すことができます。type転職エージェントは、ITエンジニアの転職に特化した転職エージェントであるため、エンジニア職のまま金融業界に転職したい人材にとって頼もしい味方となるでしょう。

外資系金融業界に強い転職エージェントを上手く活用する方法

外資系金融業界に強い転職エージェントを上手く活用する方法として、主に以下の5つが挙げられます。

  • 担当者に自身のスキル・経験を正確に伝える
  • 担当者と一緒にキャリアプランを考える
  • 英文レジュメ対策を徹底する
  • ZOOM・対面の両方を想定した面接対策を徹底する
  • 外資系金融企業の特徴・働き方についてヒアリングする

それぞれの活用方法について解説していきます。

担当者に自身のスキル・経験を正確に伝える

担当者に自身のスキル・経験を正確に伝えることで、求人応募に足りない不足部分を補うための準備ができます。

中長期的に獲得されるスキルは該当しませんが、例えば英文レジュメの正しい書き方や、外資系金融業界で頻用される英単語の学習など、知っているかいないかで転職活動の進め方に大きく影響するものは、転職エージェントのキャリアアドバイザーのサポートによって解説できる可能性があります。

外資系金融業界への転職にあたり、具体的に「何を知っていて、何を知っていないのか」を伝えることが、専任のキャリアアドバイザーを上手に活用するコツといえます。

担当者と一緒にキャリアプランを考える

転職エージェントを利用する際は、業界事情に詳しいキャリアアドバイザーと一緒にキャリアプランを計画することが大切です。

自身の中で大まかなキャリアプランが決まっている場合でも、業界事情に詳しいキャリアアドバイザーの意見を取り入れることで、特定の職種における就業期間を短くする必要性を知ったり、想定よりも早く希望のキャリアに到達する方法を知ったりすることができます。

昨今の業界事情と、キャリアアドバイザーの独自の視点による今後の需要予測など、様々な視点から意見をもらうことが重要です。情報を提供してもらう際には、正しいかどうかで情報を精査することなく、選択肢の幅を広げるつもりで耳を傾けると良いでしょう。

英文レジュメ対策を徹底する

外資系金融業界への求人応募では、「英文レジュメ」を送付するケースが多く見られます。普段から英語を使う人材や、英語に慣れ親しんだ人材でも、英文レジュメの書き方は専任のキャリアアドバイザーからアドバイスをもらうことが大切です。

日本人が国内企業に履歴書・職務経歴書を出す時に添削指導を受けるのと同様に、どれだけ英語を使った業務を行っていても、外資系金融業界に適した英文レジュメの作成方法は知っておく必要があります。

外資系金融業界に強い転職エージェントのキャリアアドバイザーは何度も英文レジュメを用いた書類応募を経験しているため、「どうすれば人材の魅力が伝わるようなレジュメ作成ができるか」を知っていることでしょう。

自身で一度作成した経験がある人材も、一旦はキャリアアドバイザーの意見を聞き入れることをおすすめします。

ZOOM・対面の両方を想定した面接対策を徹底する

英文レジュメを求人企業に応募した後は、英語面接の対策を行う必要があります。この時、ZOOMなどを使ったオンライン面接の対策だけでなく、オフラインで面接を行う場合の対策も同時に行っておくことが大切です。

主に注意すべきポイントは「表情」と「ボディーランゲージ」で、採用担当者の文化背景を考慮した身振り・振る舞いを覚えておく必要があります。

既に外資系企業で勤務している方には周知の事実ですが、異文化コミュニケーションの基本は表情とボディーランゲージ、積極性です。自身がどのような会話を行う場合でも、相手と良好な関係を保ち、建設的な会話を行う必要があるため、そうした態度であることを対面の場合は示す必要があります。

異文化コミュニケーションが基本の外資系企業において、社員との適切なコミュニケーションは重要になるため、英語面接対策では上記の事柄に注意して進めましょう。

外資系金融企業の特徴・働き方についてヒアリングする

外資系金融業界に強い転職エージェントを活用する際は、外資系金融企業の特徴や働き方について細かくヒアリングすることが大切です。

外資系金融業界での就労経験がある人材ならまだしも、就労経験のない人材にとって、外資系金融企業の特徴や働き方が自身に合うかどうかイメージがつきにくいでしょう。

実際に多くの求職者の転職サポートを行ってきたキャリアアドバイザーから話を聞くことで、応募先企業での就労イメージを具体的にすることが可能です。

もし転職希望先の働き方に馴染めないようであれば、応募段階で応募する企業を変更することも可能なため、積極的に外資系金融企業の特徴・働き方についてヒアリングすると良いでしょう。

外資系金融企業への転職で転職エージェントを活用すべき理由

外資系金融企業への転職で転職エージェントを活用すべき理由は以下の通りです。

  • 自身のスキル・経験を客観的に評価してくれる
  • 希望に沿った求人・非公開求人を紹介してもらえる
  • 業界動向や応募先企業の情報が聞ける
  • 英文レジュメ・英語面接対策をサポートしてくれる
  • 応募・面接調整を代行してくれる
  • 給与交渉・条件交渉を代行してくれる

それぞれの理由について解説します。

自身のスキル・経験を客観的に評価してくれる

個人で直接外資系金融企業に応募を行う場合や、公募されている求人から直接応募を行う場合は、自身のスキル・経験と求人のミスマッチを起こす可能性があります。

外資系企業はジョブ型の雇用が主流なため、担当業務についての知識はもちろん、業務を確実に遂行できるビジネスパーソンを求めています。

上司や同僚が業務を助けるような社風が育っていない企業も多いため、求められるスキルを正確に再現できるかどうかを書類選考時・採用面接時には見られることでしょう。その際にスキルや経験を曖昧にしてしまったり、対応可能な業務をアバウトに答えてしまってはマイナスな印象を与えてしまいます。

仮に転職エージェントを活用してキャリアアドバイザーのアドバイスを事前にもらっていたら、こうしたミスは防げた可能性があります。自身のスキル・経験を客観的に評価してくれるキャリアアドバイザーがいるおかげで、書類応募時・採用面接時のよくある失敗例を回避することが可能です。

希望に沿った求人・非公開求人を紹介してもらえる

個人で調査を行った場合、外資系金融企業の求人が出てこないことがあります。特に外資系金融業界の求人は、必要とする人材と求職者のミスマッチを避けるべく、経験豊富な転職エージェントのキャリアアドバイザーに一任されていることが多いのです。

したがって、調査段階では探せなかった希望求人も、転職エージェントに登録することで、キャリアアドバイザー経由で紹介してもらえる可能性があります。

スキル重視かつ成果主義の外資系企業で活躍できる人材を、継続的にマッチングさせてきたキャリアアドバイザーに求人紹介をお任せすることが、転職の成功率を高める上で近道といえるかもしれません。

業界動向や応募先企業の情報が聞ける

転職エージェントを活用することで、外資系金融業界の業界動向や、応募先企業の情報を聞くことができます。国内の金融業界では、バックオフィス業務の負担軽減・省人化などのニーズを背景にIoT・AI関連技術を用いたDX化が推進されており、金融関連システムの開発・保守を行うネットワークエンジニアや、ITエンジニアの採用が強化されています。

こうした求人ニーズに転職エージェントのキャリアアドバイザーは精通しており、求人ニーズを踏まえて求職者の最適な転職先を提案するのが仕事です。

したがって、外資系金融業界の業界動向や応募先企業の情報に詳しいキャリアアドバイザーから話を聞くことで、自身のキャリアプランを再考する機会を得ることができます。

英文レジュメ・英語面接対策をサポートしてくれる

外資系金融業界への転職では、応募時に英文レジュメを送付し、英語面接を行った後に内定が決まります。こうした外資系金融業界特有の転職スケジュールを考慮し、各フェーズごとに必要な対策をしてくれるのが外資系金融業界に強い転職エージェントです。

現職の普段の業務から英語を使う場合であっても、外資系金融業界に適した英文レジュメの作り方、英語面接の仕方があるため、転職エージェントのキャリアアドバイザーからレクチャーを受けることが大切になります。

応募・面接調整を代行してくれる

外資系金融業界に強い転職エージェントに登録することで、転職活動における書類応募や、面接の日程調整などの手間のかかる作業を、専任のキャリアアドバイザーが代行してくれるようになります。

キャリアアドバイザーは求職者と求人の精度高いマッチングをもって自身の評価が決まるため、求人企業とのスムーズな連絡・調整には定評があります。

面倒な作業を代行してもらえると同時に、理想的なペースで転職スケジュールを組んでくれる点が評価できるでしょう。

給与交渉・条件交渉を代行してくれる

外資系金融業界に強い転職エージェントは、外資系金融企業の求人を多く扱っているため、他会社の求人情報などとの比較を通じて、求職者により条件の良い契約となるよう調整を行ってくれる特徴があります。具体的には「給与交渉」や「勤務形態の交渉」「福利厚生の交渉」などが挙げられます。

一般的な外資系企業の特徴として、スキル・能力に応じて給与が決まるため、求職者が保有している資格や担当領域における具体的な実績を強調することで年収アップが期待できます。

転職エージェントのキャリアアドバイザーであれば、何度も行ってきた業務であるため、適切な方法で様々な交渉を行ってくれるでしょう。

外資系金融業界への転職を成功させるコツ

外資系系金融業界への転職を成功させるためにやるべきこととして、下記の7つが挙げられます。

  • 外資系金融業界に強い転職エージェントを活用する
  • はじめは複数の転職エージェントに登録してサポートを受ける
  • 外資系金融業界・外資系金融企業について自身でもリサーチを行う
  • 外資系企業の日本撤退リスクを調べる
  • 外資系金融企業への転職後のキャリアプランも検討する
  • 「スペシャリスト」を目指したキャリア選択を行う

外資系金融業界は国内企業と異なり、外資企業としての様々な特徴を持っています。例えばジョブ型の雇用文化を背景とした「スペシャリストの優遇」や、経営資源の統一・集中化を目的とした「日本撤退」など、国内企業で勤めている間は想像さえしない常識があります。

これらの業界事情は一般的に知られているものですが、応募する企業によっては様々な社風・特徴を持っていることがあるため、転職エージェントのキャリアアドバイザーから事前に情報を提供してもらうことが大切です。

外資系金融業界に強い転職エージェントを活用する

外資系金融業界に転職したい場合は、外資系金融業界に強い転職エージェントを活用することを強くおすすめします。

先述したように、外資系金融業界に強い転職エージェントには、業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しており、求職者のニーズにマッチングした 求人を高い精度で紹介してくれる特徴があります。

外資系金融業界に強い転職エージェントを活用することで、個人応募によるミスマッチを防ぐことが可能です。

はじめは複数の転職エージェントに登録してサポートを受ける

外資系金融業界に強い転職エージェントを活用する際ははじめは複数の転職エージェントに登録してサポートを受けることが重要です。

なぜなら、登録する転職エージェントによってはキャリアアドバイザーから適切なサポートを受けられない場合もあり、転職活動に支障が出る可能性があるからです。

転職活動は普段の業務と並行しながら実施するため、担当者の質の低いサポートによる時間の無駄を減らすためにも、はじめは複数の転職エージェントに登録して適切なサポートが受けられる転職エージェントを選定しましょう。

外資系金融業界・外資系金融企業について自身でもリサーチを行う

外資系金融業界に強い転職エージェントを活用する際は専任のキャリアアドバイザーからその業界の事情を詳しく聞くことができますが、転職を成功させるためには、自分自身でも情報収集を行うことがおすすめです。

なぜなら、転職エージェントのキャリアアドバイザーから提供される情報はその転職エージェントが保有する情報の一部であり、 場合によっては情報の内容に偏りが出る可能性があるからです。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、頻繁に求人企業とのコミュニケーションをとり、求職者に紹介する情報と実際の現場の状況に乖離がないよう努めていますが、 どうしても一致しない部分が出てきます。

そのため、キャリアアドバイザーだけに頼ることなく、自分自身でも情報収集を行う癖をつけておくことが大切です。

外資系金融企業への転職後のキャリアプランも検討する

外資系金融企業への転職を成功させるためには、外資系金融企業へ転職した後のキャリアプランを検討することが重要です。

外資系金融企業への転職ではよく自身のキャリアプランについて聞かれます。 なぜなら採用企業は求職者が自身の会社でどれだけの価値を提供してくれるかバリューを出してくれるか、に強い関心があるからです。

採用する個人がキャリアアップを図る中で、自社に期待している待遇・機会の提供が知れると、採用企業は求職者とどのように向き合うべきか、どのようにキャリアプランを作っていくべきか、といった教育カリキュラムを作ることができます。

ジョブ型の求人募集とはいえ、求職者にとって多くのメリットを享受できるよう環境を整えるのが外資系企業の特徴ともいえます。

一見すると矛盾しているように感じるかもしれませんが、求職者のキャリアプランを聞き、その計画の中で自社がどれだけの機会を提供できるかを考えることが採用企業にとってもメリットになるのです。

転職エージェントに登録してはじめに行う初回面談や、普段のメッセージのやり取りの中で、自身がどのようなキャリアプランを描いているかについて、キャリアアドバイザーに丁寧に説明することをおすすめします。

1分で無料登録!
ハイクラスに特化した
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
公開求人数
16万件
非公開求人数
非公開
1か月で平均20件以上のスカウトが届く、年収800万円以上を目指したい方向けのハイクラス特化エージェント。簡単レジュメ登録をして待つだけでOK。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.6万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
公開求人数
4.8万件
非公開求人数
1.8万件
【とりあえず登録!安心の大手】特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda
4.0
公開求人数
21.4万件
非公開求人数
3.3万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント。
2024年3月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年3月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
口コミを読む
・スムーズに年収の上がる転職ができたので、無駄な時間がかからなくて使い勝手が良かったです。
・エージェント担当の方の機械的な対応に「仕事感がある」と感じた。
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
・7年勤めた会社から転職する際に利用しました。登録後の無料期間で多くのスカウトをもらえました。
・まだ転職前ですが、市場における自分の価値を認識できたので有意義だと感じています。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda
4.0
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
2024年3月時点

外資系金融業界への転職がおすすめな人

外資系金融業界への転職がおすすめな人の特徴として、以下の4つが挙げられます。

  • 金融業界でキャリアアップを図りたい人
  • 長期の留学経験・海外経験がある人
  • ネイティブレベルの英語力で議論ができる人
  • システム関連の高い知識を保有している人

それぞれの人材について解説します。

金融業界でキャリアアップを図りたい人

外資系金融業界への転職がおすすめな人の特徴として、金融業界でキャリアアップを図りたい人が挙げられます。

外資系金融業界は、国内金融企業でキャリアを積んだ人材にとって、次のステップとなる就職先であり、自身が保有するスキル・技能を最大限発揮できる場です。そのため国内金融企業におけるキャリアパスや、キャリアアップに限界を感じている人材におすすめできます。

長期の留学経験・海外滞在経験がある人

長期の留学経験・海外滞在経験がある人にも、外資系金融業界への転職をおすすめできます。外資系金融業界は多くの国籍・文化を持つ人材を受け入れ、企業内のコミュニケーションが異文化交流になっている場合があります。

そのため何かの議題に対して議論を行う社風や、疑問や不審に思うことに対して積極的に発言する文化が育っている環境で仕事ができることにやりがいを感じられるかもしれません。

国内企業の意思決定の方法や、会議の進め方に疑問を感じる人材は、外資系金融企業への転職によって新しいキャリアを歩めることでしょう。

ネイティブレベルの英語力で議論ができる人

ビジネスレベル・ネイティブレベルの英語力を保有する人材は、外資系金融業界への転職によって大きくキャリアアップできる可能性があります。

国内金融企業に在籍していると、なかなか英語を使う機会がありませんが、外資系金融企業の企業間コミュニケーションは基本的に英語であるため、自身の英語力を発揮できます。

国内企業におけるキャリア経験と英語力を合わせて、国際市場で戦いたい意欲的な人材に外資系金融了解はおすすめです。

システム関連の高い知識を保有している人

外資系金融業界の求人の中には、システム関連の高い知識を求める求人があります。

日本は通信インフラ等の分野において世界的に高い評価を受けており、そうした評価を内部で支える技術者を多く保有している国でもあるため、自身が金融システムの開発保守に詳しい人材であれば、求人企業とのスキルマッチにより、外資系金融企業への転職が決まる可能性があるでしょう。

ITエンジニアネットワークエンジニアは、たとえ異業界・異分野であっても優遇される傾向にあり、転職エージェントの登録をきっかけに金融業界でのキャリアチェンジ及び年収アップを図ることが可能です。

外資系金融業界への転職でよくある質問

外資系金融業界への転職でよくある質問を下記にまとめましたので参考にしてください。

  • 英語ができなくても外資系金融企業に転職できる?
  • 女性未経験でも外資系金融企業に転職できる?
  • 海外への留学経験・海外での就労経験がなくても外資系金融企業に転職できる?
  • 未経験から外資系金融投資銀行に転職できる?
  • 外資系金融業界への転職難易度はどのくらい?

英語ができなくても外資系金融企業に転職できる?

英語ができなくても外資系金融企業に転職することは可能です。外資系金融企業の中には、普段の業務で日本語を使用する部署もあり、その部署に転職することで、英語を使わなくても業務を遂行することができます。

ただし外資系企業であるため、顧客先が海外の顧客であることも多く、自身の担当業務を離れるようなことがあった場合、スムーズに対応できないことも想定されます。外資系企業はジョブ型の雇用形態が主流なため、そうしたトラブルが発生しにくいですが、日常会話レベルのスピーキングは身につけていた方が良いでしょう。

女性未経験でも外資系金融企業に転職できる?

女性未経験の人材でも外資系金融企業に転職することは可能です。外資系金融企業への転職において、性別による雇用の難易度は変わりません。

外資系金融企業への転職で必要なことは、その求人に対するスキルマッチと、求人企業における社風とのカルチャーマッチです。

外資系金融企業における女性の働き方について気になる方も多いかと思いますが、外資系企業ではビジネスウーマンの働き方やワークライフバランスについて様々な理解があり、妊娠や子育てを行っている人材に対して手厚いサービスを提供している企業もあります。

現在国内企業に勤め、子育てを行っているビジネスパーソンであっても、外資系金融企業への転職は可能です。

海外への留学経験・就労経験がなくても外資系金融企業に転職できる?

海外への留学経験・就労経験がなくても外資系金融企業に転職することは可能です。

しかし、いくらスキルマッチするとはいえ、対人コミュニケーションは多くの場合で異文化交流となるため、異文化コミュニケーションに慣れていない人材は入社から半年、あるいは1年間ほど思うように意見を伝えられない・同意が得られないといった悩みを抱える可能性があります。

とはいえこうした状況を企業側も見過ごすことはなく、様々な社員サポートを提供しながら環境への適応を促して行くのが一般的です。

そのため海外への留学経験・就労経験がないからといって外資系金融企業に転職できない理由にはならず、むしろスキルマッチさえできれば誰でもチャレンジできる業界といえます。

未経験から外資系金融投資銀行に転職できる?

未経験から外資系金融投資銀行に投資することは可能です。 一昔前までは外資系金融投資銀行といえば一部のエリートだけが就職できる金融業界でもトップレベルの人材が集まる業界でした。

しかし昨今はどの業界も人材不足が問題となっており、外資系金融業界もその例外ではありません。そのため外資系金融企業が募集する求人にスキルマッチする人材であれば、たとえ金融業界でのキャリアがなくても転職することは可能です。

スキルマッチする人材にとって、外資系金融企業の就労において苦労する点は社風・カルチャーの部分でしょう。求人企業が求めるスキル・技能を保有している人材であれば、一度キャリアアップの機会としてチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

外資系金融業界への転職難易度はどのくらい?

外資系金融業界の転職難易度は一概にはいえませんが、外資系企業の特徴として求人ニーズに合うスキル・技能を有する人材は積極的に採用される傾向があります。

日本企業では未だ根強い年功序列制度が残っていますが、外資系企業ではジョブ型雇用が主流であるため、業務を遂行するにあたり必要なスキル・技能を持っている人材であれば、国内企業ではチャレンジできない求人にも転職できることでしょう。

例えば20代の未経験人材が外資系金融業界で転職する場合を想定した時、  ITエンジニアやネットワークエンジニアといった職種は十分に求人とのスキルマッチを果たせる可能性があります。

エンジニアリングで使用するプログラミング言語やシステム構築のノウハウは世界共通であるため、海外市場でのキャリアアップを検討している人材は、外資系金融業界への転職を足掛かりとし、大きく飛躍するキャリアプランを計画できるでしょう。

まとめ

外資系金融業界では特定の分野領域における高いスキル・技能が求められますが、それぞれの求人で求められるスキル要件をクリアすれば、それぞれの職歴に関係なくチャレンジすることが可能です。

また昨今は人材不足を背景として、金融業界での就労経験がない人材でも、外資系金融銀行へ転職するケースが出てきています。

外資系金融業界は依然として高い年収帯を維持している業界であるため、転職を機にキャリアアップや年収アップを想定している人材は、外資系金融業界への転職を検討すると良いでしょう。

外資系金融業界への転職を検討する際は、様々な転職サポートを支援する転職エージェントの利用がおすすめです。

1分で無料登録!
ハイクラスに特化した
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
公開求人数
16万件
非公開求人数
非公開
1か月で平均20件以上のスカウトが届く、年収800万円以上を目指したい方向けのハイクラス特化エージェント。簡単レジュメ登録をして待つだけでOK。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.6万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
公開求人数
4.8万件
非公開求人数
1.8万件
【とりあえず登録!安心の大手】特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda
4.0
公開求人数
21.4万件
非公開求人数
3.3万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント。
2024年3月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年3月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
口コミを読む
・スムーズに年収の上がる転職ができたので、無駄な時間がかからなくて使い勝手が良かったです。
・エージェント担当の方の機械的な対応に「仕事感がある」と感じた。
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
・7年勤めた会社から転職する際に利用しました。登録後の無料期間で多くのスカウトをもらえました。
・まだ転職前ですが、市場における自分の価値を認識できたので有意義だと感じています。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda
4.0
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
2024年3月時点
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。