POSTED 2021/11/16

【徹底解説】介護ワーカーの評判・口コミ|メリット・デメリットと使い方も詳しく

医療/介護系転職TEAMのアバター
CAREERUPSTAGE編集部

医療/介護系転職TEAM

  • URLcopy

介護の転職について悩んでいませんか?

  • 「今の施設に不満を感じている」
  • 「介護の転職をしたいけど、どのようにすすめていいかわからない」
  • 「どの介護転職サイトを使えば良いかわからない」

厚生労働省が調査した結果では、介護の仕事を辞めた理由について「職場の人間関係」や「事業所の運営のあり方への不満」が多いとわかっています(参照:厚生労働省|介護労働の現状)。

そのため、介護の転職を行う際は、自身に合った施設を見つけることが重要です。

そこで今回は、介護転職サービスの介護ワーカーの評判や使い方を解説します。

介護ワーカーは、求人数も多く、転職サポートまで行ってくれるサービスです。

ぜひ介護ワーカーの評判や特徴を知り、自身に合った転職を行ってください。

介護ワーカーの公式サイト: https://kaigoworker.jp/

目次

介護ワーカーの良い評判

介護ワーカーの良い評判として、主に以下の3つが目立ちました。

  • 自身の希望を事業所に伝えてくれる
  • 面接同行してくれる
  • アドバイザーにお任せで対応してくれる

介護の転職エージェントを選ぶ上で、評判を軸に考えたい方は、以下の評判を参考にしてください。

自身の希望を事業所に伝えてくれる

介護ワーカーのアドバイザーに対しての評価では、自身の希望を事業所に伝えてくれる、柔軟性、対応の良さがわかる口コミ評判がありました。

 

口コミ利用者は、内定から入職までに期間が空いてしまいましたが、べての内容をアドバイザーが施設に伝え、対応してくれています。利用者の状況によっては、すぐに転職できない場合もあるでしょう。

しかし、そのような場合でも、アドバイザーが利用者の状況を理解して、適切に対応してくれます。

アドバイザーの対応力や利用者への理解などがわかる口コミ評判です。

面接同行してくれる

介護ワーカーでは、アドバイザーが面接同行まで行ってくれます。面接同行サポートについて、満足している方が多くいました。

 

他転職エージェントでは、面接同行まで行っていない場合や、同行はするものの同席まではしない場合もあります。一方で、介護ワーカーは同席も可能なので、初心者でも安心して面接を受けられるでしょう。 

アドバイザーにお任せで対応してくれる

介護ワーカーのアドバイザーは、すべてお任せで対応してくれます。対応力の良い評価として、以下のような口コミがありました。

 

基本的に転職エージェントは、アドバイザーが利用者に代わって転職活動をすすめてくれる仕組みです。

しかし、なかには満足できないアドバイザーもいます。

介護ワーカーに関しては、口コミを見る限り、サポートの満足度が高いです。アドバイザーの質の良さ、対応力の高さが感じられます。

介護ワーカーの悪い評判

介護ワーカーの口コミを調べると、悪い評判もありました。主に目立った内容は、以下の3つです。

  • 転職をせかされる場合がある
  • 電話がしつこい
  • 質の悪い求人もある

以下では、なぜこのような口コミ評判が寄せられてしまうのか、同様のトラブルになった際、どのように対処するべきか解説します。

良い口コミ評判だけではなく、悪い口コミ評判も参考に、介護ワーカーの利用を検討しましょう。

転職をせかされる場合がある

介護ワーカーの悪い口コミ評判では、転職を急かされるという内容の口コミが目立ちました。実際に見つかった口コミは、以下のような内容です。

 

口コミでもあるように、すぐに転職を考えていない場合であれば、転職をすすめられることに不快さを感じてしまうでしょう。しかし、転職エージェントは、企業と利用者の間に位置するため、転職を成功させることが仕事です。

そのため、転職をすすめることが、結果として「急かしている」ように感じられる可能性があります。

また、口コミでは「今すぐにではない」と伝えていると記載されていますが、できるだけ具体的にアドバイザーへ伝えることも大事です。

たとえば「今すぐではないけれど良い転職先が見つかれば転職する」場合であれば、アドバイザーは積極的に求人を紹介してくるでしょう。

どうしてもアドバイザーからの連絡が不快に感じる場合は、転職するタイミングを見計らって登録すると良いです。

電話がしつこい

転職エージェントでよくある悪い口コミ評判が、電話の頻度によるものです。介護ワーカーに関しても、同様の評判が見受けられました。

 

1日で5回の連絡は、不快に感じる方もいるでしょう。さらに、毎回違う電話番号からかかってきているので、不信感を抱く可能性があります。

ただし、電話をかけてくるというのは、それだけ当てはまる求人があったとも考えられるので、一概に悪い内容とは言い切れません。

また、頻度に関しては、アドバイザーへ相談すれば解決できるので、あらかじめ電話可能な時間帯や電話の頻度などは伝えておきましょう。

質の悪い求人もある

介護ワーカーで案内している求人の中には、以下の口コミ評判のように質の悪い求人もあります。

 

口コミの内容を見る限り、条件の良い施設とは言えません。

このような悪質な求人を紹介されるのは、介護ワーカーの信頼度を落としてしまう原因になるでしょう。

ただし、紹介される求人の質に関しては、アドバイザーと事前に相談しておくことで解決できます。細かい条件をすり合わせておくことで、自身と合った求人先を紹介してくれるでしょう。 

介護ワーカーの代表的な特徴4つ

介護ワーカーの主な特徴として、4つを紹介します。

  • 公開求人数が豊富
  • 求人紹介からアフターフォローまでサポート
  • 介護の知識を得られる豊富なコンテンツ
  • サポートを受けなくても非公開求人を確認できる

良い評判ではわからなかった介護ワーカーの特徴も解説するので、利用する際の参考にしてください。

公開求人数が豊富

介護ワーカーは、202110月現在の公開求人数が81,616件あります。介護の転職エージェントは他にもいくつかありますが、そのなかでも介護ワーカーの公開求人数は圧倒的な多さです。

実際に他介護点転職エージェントの求人数と比較すると、以下のようになりました。

エージェントの求人数と比較すると、以下のようになりました。

  • 介護ワーカー……81,616
  • マイナビ介護職……54,835
  • きらケア……46,514

求人数が多ければ多いほど、利用者の選択肢は広がります。多くの求人から自身に合う転職先を見つける上で、介護ワーカーの求人数の多さは、メリットに感じられるでしょう。

求人紹介からアフターフォローまでサポート

介護ワーカーのアドバイザーは、すべて一任できます。ヒアリングから求人紹介、面接対策や書類添削までは、他の転職エージェントでも行っていますが、介護ワーカーでは、面接の同席やアフターフォロー可能。

口コミでも先述したように、面接同行まではしても、同席してくれるアドバイザーは少ないです。

また、面接時に採用担当まで聞けなかった内容があれば、アドバイザーが採用担当者に確認するなど、徹底したサポートを行ってくれます。

さらに、内定・入職が決まった後になにかしらのトラブルが起きた場合のフォローも可能。「実際に働いてみたらイメージと違った」「待遇面で不満がある」などがあれば、アドバイザーに相談できます。

このように、他転職エージェントよりも1歩先の丁寧さは、転職初心者にとって、利用しやすいサービスになるでしょう。

介護の知識を得られる豊富なコンテンツ

介護ワーカー公式サイト内に掲載されている、介護に関する豊富なコンテンツも、一つの特徴です。

介護の仕事に関する内容や、履歴書・職務経歴書の書き方、面接のコツなどのコンテンツから、資格や介護の施設形態に関するコンテンツまであります。

とくに大きな特徴は、介護の資格や施設形態による内容です。面接や履歴書の書き方などは、他介護転職エージェントにも掲載されていますが、資格や施設形態についての内容の多さでは、介護ワーカーが勝っています。

実際に、介護ワーカーに掲載されている資格についての内容は18種類。介護福祉士や介護職員初任者研修などの基本資格はもちろん、柔道整復師や認知症ケア専門士など、ニッチな資格も掲載されています。

介護の施設形態は、デイサービスやデイケアから、有料老人ホームや特別養護老人ホームなどの11施設。細かく分類されて掲載されているため、わかりやすいです。

転職を利用するにあたり、どのような資格が有利に働き、どのような施設が自身に合っているかは重要なポイントとなるため、介護の知識が得られる多くのコンテンツは、介護ワーカーの強みと言えるでしょう。

サポートを受けなくても非公開求人を確認できる

介護ワーカーでは、転職サポートを受けなくても、非公開求人を確認できます。多くの転職エージェントでは、転職サポートに登録しなければ、非公開求人を紹介されることはありません。

しかし、介護ワーカーは、メール会員として登録すれば、月に12回の頻度で非公開求人を案内してもらえます。

メール会員の登録方法は、以下の通りです。

  1. 介護ワーカー公式サイトより「非公開求人メール」をクリック
  2. 10項目を入力(8項目は必須)
  3. 利用規約と個人情報の取り扱いに同意して次へ

以上で登録完了です。

「条件が合えば転職したい」「情報収集だけしておきたい」という方は、転職サポートではなく、メール会員として登録しておきましょう。

公式サイト: https://kaigoworker.jp/

介護ワーカーのメリット

介護ワーカーの特徴、良い評判だけではなく、メリットとして有利に働く部分についても解説します。

自身にとって大きなメリットとして感じられるなら、介護ワーカーが合っていると言えるでしょう。

とくに大きなメリットとして、以下の4つがあります。

  • 全国の求人が豊富
  • 求人絞り込み内容が豊富
  • 高収入の求人が豊富
  • 派遣に特化したサービスも展開

それぞれのメリットから、どのような方に介護ワーカーがおすすめなのか、実際の情報をもとに解説します。

全国の求人が豊富

介護ワーカーでは、公開求人数が多いだけでなく、地方の求人も充実しています。他の介護転職エージェントでは、都心部のみに集中しているケースもありますが、介護ワーカーなら、全国どこでも利用可能です。

実際に202110月現在の求人件数は、以下のようになりました。

  • 北海道・東北……9,872
  • 関東……21,794
  • 北陸・甲信越……5,188
  • 東海……7,952
  • 関西……23,663
  • 中国・四国……6,242
  • 九州・沖縄……6,905

参照元;介護ワーカー公式

大阪や東京などの都市部を除いた地方でも、5,000件以上の求人数です。地方で転職先を見つけたい方にとって、これだけの求人数があるのはメリットになるでしょう。

求人の絞り込み内容が豊富

介護ワーカーは、求人の絞り込み項目が豊富で、自身に合った求人を見つけやすいです。実際に、以下のような項目から、絞り込みできます。

  • 地域から探す
  • 職種で探す
  • 勤務形態で探す
  • 施設形態から探す
  • 給料で探す
  • 資格から探す
  • こだわり条件から探す
  • フリーワードで探す

上記の他にも、おすすめの介護求人特集や新着介護求人など、求人の検索方法が多数あります。さまざまな角度から自身に合った求人を見つけられるのは、希望が明確になっている転職者にとってメリットに働くでしょう。

高収入の求人が豊富

介護ワーカーの求人には、高収入なものも多く掲載されています。職種や立場によって異なりますが、基本的に介護職員の収入は低いです。厚生労働省の「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果」によると、介護士の平均月収は21.8万円、年収は約350万円となりました。このような給料の低さから、転職を考える方も多いでしょう。

そこで、実際に介護ワーカーの「給料で探す」から求人を調べたところ、以下のような結果になりました(202110月現在)。

  • 月給25万円以上……13,971
  • 月給30万円以上……3,828
  • 月給40万円以上……330
  • 月給50万円以上……27
  • 年収400万円以上……1,273
  • 年収500万円以上……187

介護ワーカーでは、介護士の平均月収を上回る月給25万円以上で1万件以上、年収400万円以上が1,000件以上もあります。現在の施設で給料に対して不満がある方には、この求人数はメリットとして感じられるでしょう。

派遣に特化したサービスも展開

介護ワーカーでは、派遣に特化したサービス「介護ワーカー×派遣」も展開しています。転職を検討される方のなかには、派遣としての働き方を考えている方もいるでしょう。そんな方には「介護ワーカー×派遣」をおすすめします。

介護ワーカー×派遣は、ただ派遣に特化した求人を案内しているだけではなく、時給1,600円~の高収入求人が豊富。さらに介護ワーカーの運営元である「TRYT」では、派遣社員向けの給与前払いサービスを行っています。

正社員やパートだけではなく、派遣に特化しているサービスがあるのも介護ワーカーの特徴であり、強みです。

介護ワーカーのデメリット

介護ワーカーには、一定数の悪い口コミ評判があったように、デメリットもあります。介護ワーカーを利用する際は、デメリットも加味した上で、利用を検討すると良いでしょう。主なデメリットは、以下の2つです。

  • キャリアアップに不向き
  • 求人・アドバイザーの質に差がある

なぜこれらのデメリットが発生してしまうのか、またデメリットの対策についても、以下で解説します。

キャリアアップに不向き

介護ワーカーは、キャリアアップの転職としては不向きです。求人件数自体は多いですが、管理職や上位の職種の求人件数は、少ない傾向にあります。

実際に職種で検索したところ、以下の結果となりました(202110月現在)。

  • 介護職・ヘルパー……65,728
  • ケアマネージャー……5,894
  • 相談員……5,706
  • サービス提供責任者……3,536
  • 管理職……1,647

上記のように、介護ワーカーの求人は、介護職・ヘルパーがほとんどを占めており、有資格者でなければ就けないようなケアマネージャーや管理職は少ないです。そのため、介護ワーカーは、キャリアアップキャリアアップに向いていないと言えます。

介護職のキャリアアップとして転職活動をする場合は、後述する「介護ワーカーと併せて登録しておきたい転職エージェント」を併用すると良いでしょう。

求人・アドバイザーの質に差がある

介護ワーカーに限ったデメリットではありませんが、転職エージェントは、アドバイザーによって質の差があります。

すべてのアドバイザーが親切で丁寧とは限りません。また、介護ワーカーに関しては、アドバイザーだけではなく、求人の質にもバラつきがあります。

これらのデメリットを改善するには、質の良いアドバイザーに相談することが大事です。もし、担当のアドバイザーに不満点があれば、担当の変更を依頼しましょう。

現在の担当アドバイザーに「他のアドバイザーの話を聞いてみたい」と申し出るか、介護ワーカーのお問い合わせフォームから担当を変更したい旨を送れば、変更できます。

そして、質の悪い求人を回避するために、アドバイザーにしっかり自身の希望を伝えておきましょう。どれくらいの給料で、どのくらいの休みが欲しいかなど細かく伝えておけば、質の悪い求人を紹介されることはありません。

質の悪いアドバイザーが在籍していることや質の悪い求人が掲載されていること自体はデメリットですが、上手く活用すればそれぞれは回避できます。

介護ワーカーの使い方

介護ワーカーの具体的な使い方について解説します。実際に介護ワーカーを利用する際、登録や求人検索方法で時間をロスしないために、参考にしてください。

介護ワーカー公式サイト: https://kaigoworker.jp/

登録方法

介護ワーカーへの登録は、1分ほどで完了します。手順は、以下の流れです。

  1. 介護ワーカー公式サイト「お仕事を紹介してもらう」をクリック
  2. 3つの項目から希望条件を選択
  3. 名前・生年月日を入力(メールアドレスを任意で入力)
  4. お客様情報を入力(住所・電話番号は必須)
  5. 利用規約と個人情報の取扱いに同意して次へ

以上で登録完了です。補足として、お客様情報入力ページにて「その他」という自由記入欄があります。自由記入欄には、連絡のとれる時間帯や希望などを記載しておきましょう。連絡のとれる時間帯を記載していないと、いつ介護ワーカーから連絡がくるかわかりません。

また、簡単にでも希望する条件を記載しておくと、実際にアドバイザーと話すときにスムーズです。

求人検索方法

介護ワーカーの求人検索方法を解説します。介護ワーカー公式サイトトップページには、さまざまな求人検索方法があるため、どれをどのように使えば良いかわからない方もいるでしょう。

求人検索では主にエリアによる検索になるため、トップページの「地域から探す」を使えば便利です。

一番使いやすいのは、トップページにある「詳細条件で介護求人を探す」です。

「詳細条件で介護求人を探す」では、エリアから職種、勤務形態、給料などで絞り込み検索を行えます。その他の検索方法は、公式ページ右のメニューから「派遣看護師」「夜勤求人」などの検索が可能です。

公式サイト上に検索メニューがありすぎて迷うかもしれませんが、基本的に「詳細条件で介護求人を探す」を使っておけば豊富な求人から希望のものを探すことができます。

転職サポートの流れ

実際に登録した際の、サポートの流れを解説します。基本的な流れは、以下5つのステップです。

  1. 利用登録
  2. アドバイザーによるヒアリング
  3. 求人の紹介
  4. 面接
  5. 内定・入職

補足として、求人の紹介や面接は何度でも可能です。利用者が納得するまで、何件でも求人の紹介が可能。1度の流れで完了ではなく、トライアンドエラーでアドバイザーと一緒に転職活動を進められます。

求人応募方法

介護ワーカーに掲載されている公開求人に応募する流れを解説します。前提として、介護ワーカーでは会員登録をしなければ応募はできません。応募するには、登録が必須です。

気になる求人がある場合は「この求人情報について問い合わせる」または「お問い合わせ」をクリックして、会員登録を完了させてください。

介護ワーカーQ&A

介護ワーカーを利用する上で、よくある疑問について回答していきます。実際に介護ワーカーを利用する際に、わからない点があれば参考にしてください。

また、以下にない疑問に関しては介護ワーカー公式サイト「よくあるご質問」を参考にしてください。

介護ワーカーの利用料金はかかりますか?

介護ワーカーの利用にあたり、料金はかかりません。無料で利用できる理由は、人材を探している病院や企業、施設から紹介手数料を受け取っているためです。

そのため、アドバイザーへの相談、求人紹介、面接同行など、サポート業務はすべて無料で利用できます。

内定が決まった場合も、紹介料は発生しないので安心して利用してください。

非公開求人はどのように紹介されますか?

非公開求人は、すべて会員登録後に閲覧・紹介されます。非公開求人の情報のみを知りたい場合は、先述したようにメール会員登録で閲覧可能です。

ただし、実際に非公開求人に応募する場合は転職サポートに登録する必要があるので注意しましょう。

また、非公開求人は利用者の条件に合わせてアドバイザーが紹介する流れになっているため、すべて閲覧できるものではありません。

自身に合った非公開求人を紹介してもらうには、できるだけ細かく、自身の希望を伝えておきましょう。

アルバイトやパートでも利用できますか?

アルバイトやパートでも利用できます。介護ワーカーで取り扱っている求人は、正社員だけではなく、アルバイトやパート、派遣の紹介も可能です。

実際にパートで検索すると19,358件の求人があります(202110月現在)。

また、派遣の場合は「介護ワーカー×派遣」にて、多くの好条件求人を扱っているので、そちらも併用すると、効率的に求人を探せるでしょう。

未経験での転職も可能ですか?

転職未経験、介護職未経験、どちらの場合でも利用可能です。実際に、介護ワーカーでは、未経験歓迎の求人や、教育制度の整った求人もあります。

実際に「未経験歓迎」で調べた結果、30,180件の求人数がありました(202110月現在)。

未経験という点で不安を感じる場合は、その旨をアドバイザーに伝えておくと良いでしょう。スキルや知識、今後のキャリアをもとに、利用者に合った求人を紹介してもらえます。

今すぐ転職を考えていなくても利用可能ですか?

すぐの転職でなくても、利用できます。「数カ月後に転職を考えている」「良い求人があれば転職したい」といった場合でも、介護ワーカーの利用は可能です。

実際に、登録フォームの「入職希望時期」でも、以下のように「未定」が含まれます。

  • 1カ月以内
  • 3カ月以内
  • 6カ月以内
  • 1年以内
  • 1年以上先
  • 未定

1年以上先や未定でも登録できるので、今すぐ転職を考えていない方でも問題ありません。また、アドバイザーと相談する際にも、今すぐ転職を考えていない旨を伝えておきましょう。

どのくらいの求人を紹介してもらえますか?

介護ワーカー公式サイトでは、38件程度の紹介となっています。

“介護職の求人に関しては、一般的には38件程度です

引用元:よくあるご質問|介護ワーカー

また、上限はないので、納得のいくまで紹介してもらうことができます。ただし、条件や時期によって求人紹介件数は異なるため、必ずしも3件以上紹介されるわけではありません。

場合によっては、なかなか紹介されないこともあるので、その点を踏まえて利用しましょう。

介護ワーカーからの紹介求人が少ない場合は、他の転職エージェントを併用すると良いです。

紹介を受けたら必ずしも応募しなければいけませんか? 

アドバイザーから紹介を受けた場合でも、自身の希望に当てはまらなければ、応募する必要はありません。内定が決まった場合でも、断ることは可能です。

また、断った場合でも、貴族して求人紹介は行われるので、自身に合う紹介先が見つかるまで利用できます。

希望と合わない求人ばかり紹介される場合は、自身の希望がアドバイザーに伝わっていない可能性があるので、改めて面談を行ってみると良いでしょう。

介護ワーカーと併せて登録しておきたい転職エージェント

介護ワーカーと併せて登録しておきたい転職エージェントを5つ紹介します。

介護ワーカーは、利用しやすい転職エージェントですが、先述したようにキャリアアップに向いている求人は少ないです。

また、必ずしも自身の希望する求人があるとは限らないので、他転職エージェントと併用しながら転職活動を進めた方が良いでしょう。

以下で紹介する転職エージェントは、介護ワーカーと同様の介護に特化したエージェントですが、それぞれに特化した部分が異なります。ぜひ介護ワーカーと併せて効率的に転職活動をすすめてください。

きらケア

きらケア

きらケアは、リアルな職場の雰囲気から求人を探せる介護転職エージェントです。

  • 職場の雰囲気で求人を探せる
  • キャリアアドバイザーを写真付きで紹介

大きな特徴は、写真付きで実際の施設に関する取材記事が閲覧できることです。

施設の魅力から働き方まで、教育体制まで、細かく記載されています。

さらに、施設の離職率や人間関係など、ネガティブな情報も合わせてアドバイザーが紹介してくれるので「入職してから雰囲気が合わないと感じた」というような、ミスマッチがありません。

また、これらのサポートを行うキャリアアドバイザーは、公式サイトにて写真付きで紹介されています。プロフィールや仕事におけるモットー、趣味まで記載されているので、人となりを知った上で、関わっていけるでしょう。

介護ワーカーよりも、具体的かつリアルな内容から転職先を決めたい方は、きらケアをおすすめします。

公式サイト: https://job.kiracare.jp/

マイナビ介護職

マイナビ介護

マイナビ介護職は、人材紹介業大手のマイナビが運営する、介護に特化した転職エージェントです。

  • 全国に面談会場あり
  • さまざまな相談会を実施
  • 元介護職など業界に特化した専門家が在籍

マイナビ介護職の大きな特徴は、全国に求人が豊富な点です。求人の数はもちろん、全国各地に拠点があるため、どこにお住まいの方でも、アドバイザーと対面で相談できます。

また、各拠点にて、さまざまな転職相談会を実施しているのも特徴の一つ。参考として、以下のような相談会を開催しています。

  • スピード転職相談会
  • 介護職のためのはじめて転職相談会
  • ワークライフバランス働き方相談会
  • 仕事で忙しい人必見休日転職相談会

介護ワーカーも地方の求人件数は豊富なので、マイナビ介護職と合わせて利用すれば、地方の方でもスムーズに転職できるでしょう。

公式サイト: https://kaigoshoku.mynavi.jp/

ミラクス介護

ミラクス

ミラクス介護は、業界最大級の求人数を誇る介護転職エージェントです。

  • 総求人数120,587件(2021年10月現在)
  • 非公開求人数88,907件(2021年10月現在)

介護ワーカーも、決して求人数は少なくありませんが、ミラクス介護はなんと12万件以上の求人を取り扱っています。

介護に特化した転職エージェントで、10万件以上の求人数を扱っているのは、ミラクス介護だけでしょう。

その求人数の多さから、幅広い職種を扱っているのも特徴の一つ。以下のような職種の求人の検索が可能です(求人数は202110月現在)。

  • 介護職・ヘルパー……25,899
  • サービス提供責任者……592
  • ケアマネージャー……2,228
  • 生活相談員……981
  • 機能訓練・リハビリ職……470
  • 看護助手……1,251
  • 栄養士・調理師……98

職種によって偏りはあるものの、介護ワーカーには掲載されていない求人も多数あります。

介護ワーカーと併用して登録するべき転職エージェントとして、相性が良いと言えます。

かいご畑

かいご畑

介護畑は、資格取得も検討できる転職エージェントです。

  • 資格支援制度が充実
  • 介護資格を持つコーディネーターが多数在籍

かいご畑の大きな特徴は、キャリアアップ応援制度による、介護資格取得のサポートです。

かいご畑は、福祉教室の運営も行っているため、転職に成功された方には、無料で資格取得講座を行っています。

求人を紹介するだけではなく、資格取得のサポートまで行っているのは、他社転職エージェントとの大きな違いです。

実際に掲載されている求人は、無資格・未経験可も多いため、これから介護職のスキルアップを考えている方に、おすすめの転職エージェントと言えるでしょう。

介護ワーカーでも未経験の求人数は多いですが、スキルアップを目指すという点を重視するなら、かいご畑の併用がおすすめです。

公式サイト: https://kaigobatake.jp/

介護ワーカーは介護転職初心者におすすめの転職エージェント

介護ワーカーの口コミや特徴、メリットを総評すると、以下のような方に向いていると言えます。

  • 介護職への転職が初めて
  • 転職活動を行うのが初めて
  • エリアを問わず転職活動を行いたい

介護ワーカーは、掲載求人やアドバイザーのサポート、独自コンテンツなどが、比較的初心者を対象としています。そのため、スキルアップやキャリアップに特化してはいない弱みはありますが、これから介護職を始めたい方にはおすすめです。

アドバイザーに対する評判も、良い評判が多く見受けられたので、介護の転職に不安を感じる方は、ぜひ介護ワーカーを利用してみてください。

公式サイト: https://kaigoworker.jp/

  • URLcopy
医療/介護系転職TEAMのアバター
CAREERUPSTAGE編集部

医療/介護系転職TEAM

医師・看護師・介護業界の転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。