ホテル業界からの転職は難しい?|有利になるスキルや資格、経験が活かせる業種を紹介

編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

「ホテルからどのような業界に転職できるのだろう」
「ホテルでの経験は役に立たないのではないか」
「そもそもホテルからの転職は難しそう」

このような疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、ホテルからの転職者は多く、身につけているスキルが有利になります。

本記事では、ホテルから転職できる理由や有利になるスキル、おすすめの業界などを解説します。

自己PRのコツも紹介するので、最後まで読んで転職活動の参考にしてみてください。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点
目次

ホテル業界からの転職者は多い

ホテル業界は離職率が高いのが特徴です。

令和5年雇用動向調査結果によると、ホテル業界を含む宿泊・飲食サービス業界の離職率は14.8%となっています。

産業全体で見ると、生活関連サービス業・娯楽業の15.0%についで2番目の高さです。

【引用元】:厚生労働省|令和5年上半期雇用動向調査結果の概要

他の業界と比べても離職率の高さが際立っており、ホテル業界からの転職は珍しいことではありません。

ホテル業界からの転職は可能

結論から言うと、ホテル業界からの転職は可能です。
むしろ、ホテル業界の出身者は多くの強みを持っているため、どの業界においても高く評価されます。

主な理由として、以下のような強みが挙げられます。

ホスピタリティ精神が身についている

ホテル業界出身者は、人間力や人格の高さが評価されます。

お客様一人ひとりに対して、最高のおもてなしを提供することが日頃の業務で染み付いているからです。

このような相手を思いやる心がけやサービス精神は、全ての業界で高く評価されます。

特に顧客対応が重視される業界では、ホスピタリティ精神は大きな武器となるでしょう。

冷静に問題解決ができる

ホテル業界出身者は、問題解決力が備わっていることも高く評価されています。

クレームなどのトラブルが発生した際にも、冷静な判断でお客様の要望に迅速かつ的確に対応することに慣れているからです。

企業では問題解決をしなければならない場面が多いため、ホテル業界出身者のもつ問題解決能力は高く評価されるのです。

トラブルがあっても、建設的な提案で解決する力はホテル業界以外でも重視されます。

英語が話せる

英語が話せる人材は多くの業界で重宝されます。

とくに、海外の拠点や外国企業との取引がある企業には欠かせないスキルです。

ビジネスのグローバル化が進む中で、多くの企業が英語を話せる人材を求めています。

海外に事業所がある企業なら、英語が話せれば海外で活躍できるチャンスもあるでしょう。

英語力はグローバル経営には欠かせないため、英語力があれば大きな強みになります。

ホテル業界から転職する人の主な退職理由

ホテル業界から転職したいと考える理由は人によって異なりますが、もっとも多い理由は以下の5つです。

それぞれ解説します。

労働時間が長い

ホテル業界は長時間勤務になりやすく、体力的に続かないことも理由のひとつです。

24時間のため、朝から晩まで勤務するケースも珍しくありません。

常に宿泊客の対応をしなければならず、ときにはトラブルへの対応で残業になってしまうこともあります。
業界の特性上、長時間のシフトを組まざるを得ないことが多いのです。

ホテル業界では長時間労働を強いられるケースが多く、仕事とプライベートの両立が難しいため、転職したいと考える人が多くいます。

精神的にきつい

ホテル業界は、常に質の高い接客やサービスが求められるため、精神的なストレスが多い仕事です。

勤務中は気の抜けない緊張状態が続くため、精神的に耐えられない人も少なくありません。

急なキャンセルや変更、無茶な要求があってもお客様が快適に過ごし、喜んでもらうために柔軟に対処する必要があります。

このような状況が続くと、ストレスが溜まりやすくなるのです。

常に笑顔を絶やさず対応しなければならないため、精神的につらさを感じ転職する人もいます。

勤務時間が不規則

早朝や深夜の勤務があり、不規則な勤務体系であることも転職原因のひとつです。

24時間、年中無休でお客様対応が求められるため、深夜もシフトを組まざるを得ません。

1日16〜18時間の連続勤務や、夜勤などが不定期で入るのもホテル業界の特徴です。

チェックアウトや朝食の時間帯に合わせた早朝勤務があったり、翌日の準備で深夜まで勤務しなければならなかったりなども多くあります。

このような不規則な勤務体系によって、体調を崩す人も少なくありません。

休日が少ない

ホテルは連休が取りにくく、プライベートの時間がとりにくい仕事です。

業界の特性上、一般の人が休みの時ほど忙しく、土日祝日や大型連休はほとんど休めません。

さらに、人員不足のホテルも多く、まとまった休暇が取りづらいのもホテルの特徴です。

休みが平日になるため、家族や友人と休みが合わせにくいことを転職の理由に挙げる人は少なくありません。

年収が低い

年収が低いことも退職原因となっています。

ホテル業界は、一般的に年収水準が他業種に比べて低い傾向です。

令和5年賃金構造基本統計調査の概況によれば、ホテル業界を含む宿泊・飲食サービス業界の平均年収は約260万円で、全業界の中でもっとも年収が低くなっています。

年収の低さがモチベーションが上がらない理由になっているのです。

【参考資料】:厚生労働省|令和5年賃金構造基本統計調査 結果の概況

ホテル業界の経験が活かせる転職先

ホテル業界で身についた経験は、どの業界でも重宝されます。

中でも以下の職種なら、より経験やスキルを活かすことが可能です。

ひとつずつ見ていきましょう。

ホテル業界の経験が活かせる転職先

営業職

ホテル業界での接客経験や対人スキルは、営業職で役立ちます。

営業職は問題点に気づき解決策を提案することや、業務を効率化するために必要なサービスなどを引き出す会話力が求められる仕事です。

ホテルもお客様のニーズを汲み取るための会話力が求められます。

ホテル出身者は日々の仕事の中で、自然にこのような能力が身に付いているのです。

営業職へ転職すれば、ホテルでの接客経験を活かせます。

関連記事:営業が未経験の30代でも活躍できる!必要なスキルと転職活動のコツを紹介

接客業

ホテル業界で培った接客スキルと現場での対応力は、他の接客業でも活かせます。

接客は気配りや心遣いが求められる仕事です。

ホテル業界出身者は、日頃の業務を通じてホスピタリティ精神や、笑顔を絶やさず気配りと心遣いのできる能力が身に付いています。

対人力に優れている人が多く、突発的な対応力も備わっているため、接客業と似ている部分が多いのが特徴です。

関連記事:接客業に強い転職エージェントおすすめ10選|選び方や必要なスキルを解説

外資系企業

ホテル業界出身者は、外資系企業で経験が活かせます。

多くの国籍のお客様と関わっており、文化や価値観の違いを受け入れることに抵抗がありません。

また、対人適応力に加えて語学力も身についています。

外資系企業では各国の人々が働いており、言葉や文化の違いを踏まえた接し方が求められます。

中には社内言語が英語とされている企業も少なくありません。

ホテル出身者は異文化の価値観や生活環境の違いを理解できる人が多いのも特徴です。

そのため、外資系企業からも高く評価されるでしょう。

関連記事:外資系企業で働く6つのメリット|働きやすい外資系業界・企業一覧

旅行業界

旅行業界は、ホテルでの経験を活かすには最適な業界です。

ホテル業界は旅行業界ともっとも関連性が高く、これまでの豊富な経験やスキルは旅行業界で大いに役立ちます。

ホテルに熟知しているため、宿泊先選びのアドバイスはもちろん、英語力を活かして通訳やインバウンド需要にも対応できるのが強みです。

宿泊施設に関する専門知識や、ホスピタリティ精神が身についているため、旅行業界で評価されるでしょう。

IT業界

IT業界は転職しやすい業界です。

学歴や職歴を問わない企業が多く、人手不足のため未経験者を積極的に採用しています。

総務省が発表した「令和5年情報通信に関する現状報告の概要」によれば、デジタル化を進める上での課題として「人材不足」を挙げている企業は41.7%となっています。

IT業界の半数近くの企業が人材不足に悩まされているのです。

特に、プログラマーやエンジニアが不足しているため、IT業界でプログラミングスキルを身につければ、さらに別の企業のIT人材としてスキルアップもしやすくなるでしょう。

【参考資料】総務省|令和5年 情報通信に関する現状報告の概要

関連記事:IT業界への転職で有利になる資格は?未経験向けの選び方も解説!

ホテル業界からの転職が有利になるスキル

ホテル業界で身につけたスキルは多くの企業で評価されます。

中でも以下のスキルは転職が有利になる能力です。

コミュニケーション能力

ホテル業界で身につけた高いコミュニケーション能力は、他の業界でも高く評価されるスキルです。

ホテル業界では、お客様の要望に答えるために、高いコミュニケーション能力が求められます。

顧客ニーズを満たすことはもちろん、チーム内や部門間で情報を共有し、スムーズに業務を行うためにも必要な能力です。

このような対人スキルは、ホテル業界以外でも求められるため有利になります。

とくに、宿泊部門の人は、コミュニケーション能力が高い傾向です。

企画力

ホテル業界から他業界への転職において、企画力は特に有利です。

ホテルでは、新しいサービスや販促イベントを立案する機会が多くあります。

たとえば、テーマパークとのタイアップ企画や、宿泊プランを考案するなどです。

このように、顧客ニーズを分析し、具体的な企画を提案する力が身に付いているのもホテル業界の特徴だと言えます。

企画に関しての総合的な力は、全ての職種において評価される大きな強みのため、他の業界でも活かされるスキルです。

おもに、宴会部門の人は高い企画力があります。

営業力

ホテル業界での営業力は、どの業界でも有利です。

ホテルでは予約を受け付ける際に、客室や料理のグレードアップを提案する機会も少なくありません。

団体旅行やパーティー、会議など法人を相手にした商談を行う場面も多くあります。

ホテル業界で働いている人は日常業務の中で、このような交渉力や営業力が身についている人が多いのです。

また、クレーム対応力も養われているため、営業職でもスキルを発揮できます。

主に、予約部門の人は営業力が高い傾向です。

マーケティング力

ホテル経験者のマーケティング力も転職に有利です。

ホテル業界の人は潜在ニーズを探るマーケティング能力が身についています。

ホテルでは顧客満足度を高めてブランド価値を向上させるために、市場のトレンドを把握し、ターゲットに合わせたプロモーションをおこないます。

このようなマーケティング力は、営業戦略を立てる上で重要なスキルのため、企業から高く評価されるでしょう。

主に、企画部門の人は高いマーケティング力があります。

マネジメント力

ホテル業界では、さまざまな場面でマネジメント力が養われます。

たとえば、繁忙期と閑散期に合わせた部門ごとの人員調整や、適材適所で業務を割り振らなければなりません。

このように、常に適切な人員配置とシフト管理が必要とされるため、マネジメント能力が自然に身につくのです。

また、クレーム発生時の対処や、突発的なフォロー体制など危機管理能力も培われています。

ホテル業界のマネジメントスキルは、転職で特に評価が高い能力のひとつです。

主に、管理部門の人はマネジメント力が高い傾向にあります。

ホテル業界からの転職を成功させるコツ

ホテル業界出身者は高いスキルを持っているため、転職で有利に活かせます。

しかし、スキルがあるだけでは成功させることは難しいでしょう。

ホテル業界から他の業界に転職するには、以下のコツを押さえる必要があります。

順番に見ていきましょう。

自分のスキルにあった仕事を選ぶ

転職で重要なのは、これまでの経験で身についたスキルを活かせる仕事を選ぶことです。

強みを活かせる仕事は自己PRしやすく、即戦力として活躍できます。

逆に、あなたのスキルに合っていなければ、仕事についていけなかったり、興味が持てなかったりして「こんなはずではなかった」と思う可能性があるのです。

まずは、これまでの経験の棚卸しを行い、どのようなスキルがあるのか自己分析しましょう。

あなたのスキルにあった仕事選びが転職成功のコツです。

退職後のキャリアプランを明確にする

転職を成功させるためには、退職後のキャリアプランを明確にすることが不可欠です。

キャリアプランを描かずに転職すると、失敗する可能性が高くなります。

また、面接で質問されるケースも多いため、しっかりと事前に考えておかなければなりません。

あなたのスキルや強みをもとに「将来どうなりたいのか」「目標を達成するためにはどのような職種が良いのか」を分析し、ゴールを設定すると明確になります。

キャリアプランを明確にすれば、具体的な行動指針となり転職の軸がブレません。

転職エージェントを利用する

転職活動で「何から始めたら良いかわからない」「ひとりでは不安」といった場合は転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントでは、各業界の動向や求人に精通したキャリアコンサルタントがあなたの経歴とスキルに合った案件を提案してくれます。

仕事の探し方や自己PRの書き方、面接対策を無料で受けられるなど、利用するメリットは大きいでしょう。

転職に関する相談や、一般の求人サイトでは見つからない非公開求人も紹介してもらえるため、有利な活動ができるのも特徴です。

関連記事:転職エージェントおすすめ比較ランキング!【2024年4月】人気大手18社の選び方を年代・職種別に一覧で解説

ホテル業界から転職する際の自己PR作成ポイント

転職する際には、自己PRの書き方が重要です。

どんなに高いスキルがあっても、うまくアピールできなければ、採用されるのは難しくなります。

自己PRを作成するポイントは3つです。

ぜひ参考にして作成してみてください。

退職理由はポジティブにする

退職理由はポジティブに表現することが重要です。

「ストレスが多かった」「給与が低かった」などネガティブな退職理由だと、またすぐに辞めてしまうのではないかとの印象を与えてしまいます。

たとえば、「スキルを活かせる場所を求めている」「より幅広い経験を重ねたい」など、キャリアアップを理由にすれば前向きな印象を与えられます。また「前職で得た経験を活かしたい」といった熱意も伝えると、さらに印象がよくなります。

ネガティブな退職理由は、マイナス印象になるのでポジティブに変換しましょう。

退職理由と志望動機は一貫性をもたせる

退職理由と志望動機は一貫性をもたせましょう。

一貫性があれば、価値観や意思決定の背景が理解されやすくなります。

キャリアビジョンを明確に伝えることで、単なる思いつきの転職ではなく、しっかり将来のゴールを見据えていると理解してもらえるのです。

自己PRはキャリアビジョンを明確にし、そこから退職の理由と志望動機を紐付けていくのがポイントです。

意気込みだけの自己PRにしない

自己PRは意気込みだけにならないように注意が必要です。

「頑張ります」という意気込みだけでは、中身がともなっていない印象があり、説得力に欠けてしまいます。具体的に何ができるのか、強みや経験をどう活かせるのが伝わらず、採用担当者の印象に残る自己PRにはならないのです。

応募企業への熱意はもちろん、強みや経験をどのような形で貢献できるのかを盛り込んだ自己PRにしましょう。

ホテル業界から転職におすすめの転職エージェント

ホテル業界からの転職を成功させるためには、転職エージェントの利用が効果的です。

その中でも、ホテル業界の人におすすめの転職エージェントを紹介します。

ビズリーチ

ビズリーチ
ビズリーチの特徴
  • スカウトが主体
  • ハイクラス求人が多い
  • ヘッドハンターが優秀

ビズリーチは管理職や経営幹部などの高年収のハイクラス求人が中心のため、転職して今よりも年収を上げたい人におすすめです。

一般的な転職エージェントとは異なり、サイトに登録してスカウトを待つスタイルです。

ヘッドハンターがあなたのスキルや経験を確認した上でスカウトするため、転職成功率が高くミスマッチが起こりにくい特徴があります。

あなたの経験に魅力を感じた企業からのスカウトなので、自分で探しても見つからない優良企業や、好待遇の仕事に出会える可能性が高いでしょう。

高年収のスカウトが欲しい人は、ビズリーチに登録してみてください。

サービス概要
サービス名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数117,375件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/
2024年5月15日時点

関連記事:ビズリーチの評判・口コミからわかるメリットと注意点を解説

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20代や第二新卒の転職に強い
  • サポート期間に制限がない
  • 非公開求人が多い

マイナビエージェントは幅広い業種・職種の求人を取り扱っているため、いろんな業界を見てみたい人におすすめです。

特に、金融業界や営業職など、職種や地域ごとに特設サイトがあるため、希望にあった仕事を
探しやすいのが特徴です。

また、20代〜30代前半の転職支援を得意としているため、初めて転職する人でも安心して利用できます。

マイナビエージェントの最大の魅力は、大手ならではの求人の多さです。

マイナビグループの傘下のため、多くの会社と取引があります。

そのため、他の転職エージェントにはない求人が豊富な点です。

さっそくマイナビエージェントに登録して、豊富な求人の中から探してみてください。

ビズリーチでスカウトを待ちつつ、マイナビエージェントで探すと、より見つかりやすくなります。

サービス概要
サービス名マイナビエージェント
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数58,835件
非公開求人数14,190件
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
2024年5月15日時点

関連記事:マイナビエージェントの口コミ・評判まとめ|口コミから利用するメリットも解説

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 実績ナンバーワン
  • 大手や上場企業の求人が多い
  • サポートが充実している

リクルートエージェントの最大の特徴は、老舗のブランド力といえます。

1977年からサービスを開始しており、圧倒的なブランド力があります。

そのため取引企業からの信頼も高く、上場企業や大手企業の求人が多いのも特徴です。

企業に対する交渉力も高いため、少しでも良い条件で転職したい人は登録をおすすめします。

いますぐ登録して、好条件の求人を紹介してもらいましょう。

リクルートエージェントは利用者が多い転職エージェントなので、ビズリーチ・マイナビエージェントと合わせて登録するのがおすすめです。

サービス概要
サービス名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
公開求人数395,821件
非公開求人数347,727件
対応地域東京・名古屋・大阪・福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
2024年5月15日時点

関連記事:リクルートエージェントの評判や口コミから分かるメリット・デメリットを解説

ホテル業界から転職でよくある質問

ホテル業界から転職したい人によくある疑問をまとめたので、参考にしてください。

ホテル業界がやめとけと言われる理由は何ですか?

ホテル業界がやめとけと言われるのは労働環境が原因です。

主に、以下のような理由があります。

当てはまる項目が多ければ転職を検討するのもひとつの方法です。

ホテル業界がやめとけと言われる理由
  • 人手不足
  • 給料が安い
  • 長時間労働
  • 休みが少ない
  • キャリアアップしにくい

なぜホテル業界からの転職が有利といわれるのですか?

ホテル業界からの転職が有利といわれる理由のひとつに、顧客対応力が高いことが挙げられます。

ホテルで働いている人はお客様一人ひとりに丁寧な対応が必要となるため、ホスピタリティが高いのが特徴です。

また、トラブルやクレームへの対処にも長けています。

どの企業においても、このような人材が必要とされているためです。

ホテル業界の転職の強みは何ですか?

ホテル業界の人はビジネスに必要な基本スキルが身についており、どの業界からも高く評価されます。

代表的な強みとして以下のものが挙げられます。

ホテル業界の転職の強み
  • 柔軟性
  • 顧客対応力
  • 問題解決力
  • ストレス耐性
  • コミュニケーション力

まとめ

ホテル業界で働く人は、日頃の業務を通じて身につけているスキルが、高く評価されています。

とくに、高いコミュニケーション力やホスピタリティ精神はどの業界でも求められる能力です。

また、高い語学力があれば海外の企業でも活躍のチャンスがあります。

これらのスキルをアピールすれば、転職はかなり有利です。

ただし、自己PRでスキルをアピールするにはコツが必要となります。

上手な書き方がわからないという人は、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを利用すれば、業界に詳しいアドバイザーが企業に応じた自己PRの書き方や、面接で好印象になる方法などをアドバイスしてくれます。

さっそく、転職エージェントを使って、ホテル業界からの転職を成功させましょう。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。