【例文あり】保育士の面接でよく聞かれる質問20個!回答例や服装・マナーも紹介

片野秋子
編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

面接では、自己紹介や志望動機、自己PRなど、聞かれる質問はある程度予測できます。

しかし、それ以外の質問は本番になってみないとわかりません。だからこそ、さまざまな質問を想定し、守備範囲を広げて対策を打っておく必要があるでしょう。

そこで本記事では、面接でよく聞かれる質問と例文を全部で12個紹介します。面接に適した服装やマナーも解説しますので、面接の通過率を高めたい方はぜひ参考にしてみてください。

面接は内定前の最終テストです。この記事を読めば、万全な準備を整えて、自信をもって本番面接にのぞめるようになります。

 

この記事の執筆者
片野秋子
片野 秋子 氏元保育士
保育士として8年勤務。現在はフリーライターとして活動し、複数メディアの編集者も務める。 ブログ「保育士といろ」を運営

関連記事:保育士に強い転職エージェントおすすめランキング18選|評判・口コミをもとに徹底比較!

目次

保育士のココをみている!面接官の評価ポイント3

まず、面接官が保育士を評価しているポイントをみていきましょう。

面接官が面接で見ているポイント
  • 人柄
  • 保育士の適性
  • 仕事に対する熱意

面接官は、あなたの回答内容や態度から、真面目そうな人・優しそうな人・明るそうな人といった人柄を推測します。そのうえで「この人と一緒に働きたい」「この人だったら仕事に貢献してくれそう」と見立てます。

また、履歴書に書かれている内容や面接の回答から、あなたの保育士としての適性も面接官はジャッジしています。なぜなら、適性があれば即戦力として期待ができるから。

保育士に必要な適性は、対応力、計画力、社交性、協調性、企画力などです。当てはまる適性があれば、面接で積極的にアピールしましょう。

さらに、面接官はあなたの仕事に対する熱意も面接でチェックしています。

熱意がある人間は「主体性や責任感がありそう」「保育園に新しい風を吹かせてくれそう」といった印象を与えます。

もしスキルや能力が足りなかったとしても、熱意があれば今後の成長を期待してもらえるでしょう。

面接では「人柄」「保育士の適性」「仕事に対する熱意」のポイントを面接官に評価されている意識をもち、加点要素を少しでも増やしましょう。

保育士の面接で必ず聞かれる質問と回答例文4

ここでは、保育士の面接で必ず聞かれる質問と回答例を紹介します。

スムーズに回答できるように、受け答えの練習をしておきましょう。

自己紹介をお願いします

〇〇 〇〇と申します。現在まで△△県の◻︎◻︎保育園で5年間、勤務しておりました。0歳児・2歳児・3歳児・4歳児のクラスを担当した経験があるため、乳児クラス・幼児クラスどちらの対応も可能です。クラスリーダーを2年間務めていたので、これまでの経験を活かしながら、貴園で活躍していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

自己紹介では、自分の名前と経歴を伝えましょう。

自己紹介となると、趣味や特技、長所など情報を多く盛り込んでしまいがちですが、面接時は簡潔に済ませて問題ありません。深掘りしたい情報があれば、面接官から質問してくれます。

質問のトップバッターにきやすい自己紹介は、あなたの第一印象を左右するといっても過言ではありません。面接官によい印象を与えるためにも、笑顔でハキハキと伝える意識をもちましょう。

この園を選んだ理由を教えてください

貴園の保育方針である「子どもの主体性を育てる保育」に共感したためです。

前職では一斉保育だったため、子どもの主体性が育ちにくい環境だと感じていました。貴園は自由保育を導入し、子どもの意見や選択を尊重する保育を大切にされています。また、子どもが好きな遊びを自由に選べるように保育室の環境が整っている点にも、とても魅力を感じました。

ここであれば私がやりたい保育を学べると思い、志願いたしました。

この質問はいわば志望動機です。「どうしてこの園で働きたいと思ったのか?」という視点で、考えてみるとよいでしょう。

「園の保育理念・保育方針に共感したから」「この園だと私のやりたい保育を学べると思ったから」など、その園の保育に強い関心をもったことを伝えるのが好ましいです。

あなたの長所・短所はなんですか?

私の長所は、協調性があることで、短所は、緊張しやすいことです。

まず、長所についてですが、私は協調性があり、周囲の方と良好な人間関係を築けるのが私の強みだと感じています。前職ではクラスリーダーを3年間務め、後輩保育士・パート保育士といった立場も年代も違う職員をまとめる役として尽力し、上司からは「連携がしっかり取れているクラス」と評価していただけました。

貴園でも、相手を尊重しながら協調性をもって仕事に取り組み、職員の皆さまと信頼関係を深めていきたいです。

そして私の短所は、緊張しやすいところで、人前での発言や発表にどうしても緊張してしまいます。緊張してしまったときは、自分を責めるのではなく、そのときにできる自分の最大限の力を発揮することに注力しています。

緊張で失敗しないために、準備はいつも念入りにおこなっています。そのため大きな失敗をしないという利点もあります。

長所・短所の質問は、あなたが自分自身を客観視できているかどうかをチェックしています。自分のことをよく理解している方は、仕事で高いパフォーマンスを発揮しやすいからです。

なお、短所を伝える際は、マイナスな印象で終わらせてはいけません。短所との向き合い方や短所がプラスに働く瞬間など、前向きな表現で最後まとめると、印象がよくなるでしょう。

あわせて読みたい
保育士の転職で有利になる自己PRとは?面接・履歴書でアピールできる例文16選 自分の長所や強みをただ一方的に伝えるのは、魅力的な自己PRとはいえません。 印象に残る内容にするには、保育園の情報や自分のエピソードを盛り込みながら、自分が保育...

退職(転職)理由を教えてください

【体調不良の場合】

前職は残業になる機会が多く、体力面・精神面に負荷がかかり、体調を崩してしまいました。現在は、医者から仕事に復帰しても問題ないと診断を受けております。今後は無理のない働き方を意識し、体調管理をしっかりとおこないながら、仕事に取り組んでいきます。

体調不良の場合は、できるだけ詳細を伝えましょう。曖昧に回答すると「またすぐに体調を崩すのではないか?」と心配されるからです。

また、現在は仕事をしても問題がない状態であることもしっかり伝えると、面接官に安心感を与えられます。

【給料面に原因がある場合】

自分の能力やスキルを評価してもらえる園で働きたいと思うようになったからです。

前職ではキャリアアップ研修の導入や役職・スキルに応じた手当がありませんでした。そのような評価体制が整っていない環境のなかで仕事のモチベーションを維持するのは難しいと思うようになりました。

貴園はキャリアアップ制度の導入や役職手当・資格手当といった環境が整っています。評価していただけたぶん、より強い責任感をもって仕事に貢献していきたいと思います。

給料が低いことに対する不満をストレートに伝えるのは印象が良くありません。

「自分の能力やスキルが(給与として)評価されなかった」「自分の努力が(給与に)反映されなかった」というように、オブラートに包んだ表現が好ましいでしょう。

【人間関係に原因がある場合】

人間関係の風通しがよい保育園で働きたいと思ったからです。

前職では、職員の意見が通りにくい環境でした。そのため、なかなか問題が解決しないもどかしさや、やりたい保育ができない歯痒さがありました。

貴園では、園見学をさせていただいたときに先輩・後輩の関係性がよく、皆さまが自発的に保育をおこなっている印象でした。私も貴園の職員の一員となり、よりよい保育が実現できるように日々努力していきたいと考えております。

「前職は人間関係が悪かった!」と愚痴のような表現にならないように注意してください。

志願先のホームページや園見学で保育園の人間関係の良さを感じたら、感じたことをそのまま伝えると面接官も嬉しい気持ちになるでしょう。

保育士の面接でよく聞かれる質問と回答例文5

次に、面接でよく聞かれる質問と回答例を紹介します。

理想としている保育士像はありますか?

貴園の保育方針にもある「子どもの主体性を育てる保育」の本質を理解し提供できる保育士になりたいです。

貴園で働けるようになったら、保育環境や先輩保育士の声がけをよく観察して、理解を深めてまいります。そして関連書を読んだり、研修に参加したりして知識を深めていきたいです。

まずは自分の理想像を簡潔に伝えましょう。理想に到達するための手段も添えると、信頼性もアップします。

保育士として大切にしていることは?

大切にしていることは「思いやりの心」です。

保育はチームプレーでもあるので、お互いを思いやり協力しあわないとよい保育は実現できないと考えています。そのため、誰かが大変そうにしている様子があれば、私は積極的に声をかけて手助けするようにしています。

貴園でも思いやりの心をもちながら、職員の方との信頼関係を構築していきたいです。

この回答により、あなたの人柄や仕事への熱意が伝わります。「このような考えをもっている方なら、きっとうちの園で活躍してくれるだろう」と面接官に具体的なイメージをもたせられるでしょう。

仕事で欠かせない条件はありますか?

欠かせない条件は、人間関係のよさです。

保育はチームプレーと認識しているので、職員間の人間関係がよくないと保育の質もあがらないと考えています。理想の人間関係は、お互いを尊敬しあいながら、思いやりをもって関わる関係性です。

私は人とコミュニケーションを取るのが得意なので、自分から積極的に声をかけて貴園で良好な人間関係を築いていきたいです。

給料や待遇の場合は、題材にあげるのは避けるのが好ましいでしょう。仕事の第一条件がお金面なのは、あまり印象がよくないからです。

人間関係や保育観に関する内容にするのが無難です。

前職でのご経験を教えてください

私は前職で、0歳児・2歳児・3歳児・4歳児のクラスを担当した経験があり、そのうち2歳児のクラスリーダーを2年、4歳児のクラスリーダーを1年務めました。

2歳児クラスのクラスリーダーを務めた際は、後輩保育士・パート保育士6名をまとめる立場として、風通しの良いクラス作りに励みました。4歳児クラスでクラスリーダーを務めた際は、3歳児・5歳児の幼児クラスとの交流が多かったので、こまめにクラス間で情報交換を行い、保育が円滑にまわる努力をしました。

貴園ではこれまでの経験を活かして、即戦力として活躍していきたいと考えています。

前職での経験を簡潔にまとめて、そのときに頑張ったこと、学んだことを伝えましょう。

具体的なエピソードを交えると、あなたの働きぶりが伝わり、即戦力のある人材として評価されやすくなります。

何歳児クラスを担当したいですか?

どのクラスでも構いません。しかし、前職は3年間ずっと乳児クラスの担任だったため、乳児クラスに配属していただければ、スムーズに対応できると思います。

幼児クラスの担任を受けもった経験はありませんが、保育の視野を広げたり、実力をつけたりするために、今後挑戦してみたいと考えています。

担当したいクラスを断定するのは、受け取り手によって「他のクラスに興味がないのかな?」とマイナス評価をつける可能性があります。

自分の希望を伝えつつも、どのクラスに配属されても責任をもって対応する意思があることを示すとよいでしょう。

保育士の面接でたまに聞かれる質問一覧

保育士の面接でたまに聞かれる質問を一覧で紹介します。

保育士の面接でたまに聞かれる質問
  • 好きな絵本はありますか?
  • 今後のキャリアプランを教えてください
  • 子どもの頃の好きな遊びを教えてください
  • 子どもの頃、どのような子どもでしたか?
  • 疲れたときのリフレッシュ法はありますか?
  • 保護者対応で大切にしていることはありますか?
  • 学生時代に何か打ち込んでいたものはありますか?
  • 絵本の読み聞かせで気をつけていることはありますか?
  • ピアノは弾けますか?弾けるとしたらどの程度弾けますか?
  • 子ども同士のケンカが起きたらあなたはどう対処しますか?
  • 職員間のコミュニケーションで心がけていることはありますか?
  • あなたは家族や友人からどんな人だといわれる機会が多いですか?
  • 子どもが苦手な食材を残していたらどのような働きかけをしますか?
  • 最近読んだ本を教えてください。なぜそれを読もうと思ったのですか?
  • 保育園の不祥事に関するニュースで気になるものを1つ挙げてください。そのニュースについてどのような考えをおもちですか?

質問に対する自分の答えを洗い出し答える練習を何度かしておくとよいでしょう。その作業を済ませておけば、いざというときに冷静に対応できるはずです。

新卒保育士の就職面接でよく聞かれる質問と回答例文3

新卒保育士の就職面接でよく聞かれる質問と回答例を紹介します。

保育士になろうと思ったきっかけを教えてください

保育士になろうと思ったきっかけは、幼少期、近所の年下の子どもたちの面倒をみたことです。当時、近所には私より年下の子どもが多かったため、私は年上として、みんなに遊びのルールを教えたり、怪我のないように見守ったりしていました。

その頃から子どものお世話をする保育士の仕事に興味をもつようになりました。

保育士になろうと決意した明確なきっかけや出来事があればエピソードを交えて伝えましょう。

「子どもが好きだから」「楽しそうだから」という単純な理由だと面接官からの評価は得にくいです。

情報が薄い場合は、子どもが好きになったきっかけや、保育士の仕事が楽しそうに感じた具体的な場面など、少し内容を掘り下げて考えてみるとよいでしょう。

保育士の仕事にどのようなイメージをおもちですか?

保育士の仕事は、責任の重い仕事だと思っています。子どもの命を預かり、そして子どもの未来を担う仕事だからです。

可愛い子どもと関わる仕事に楽しそうなイメージもありますが、責任感がなければ務まらない仕事だと考えています。

楽観的なイメージだけを伝えるのは、回答としては好ましくありません。

「命を預かる責任の重い仕事」という情報を入れると「新卒で考えがしっかりしている人」というプラスの印象を与えられるでしょう。

学生時代に頑張ったことを教えてください

(大学卒業を想定)

私は学生時代に勉学とサークル活動の両立に励みました。

サークル活動では、バトミントンサークルに所属していました。中学校・高校とバドミントン部に入っていたので、大学でも続けたいと思ったからです。サークルには実力のある先輩方がたくさん加入していたので、本格的な練習に励むことができました。

大学4年生ではサークルのリーダーになり、50人のメンバーをまとめる立場として貢献しました。

学業やアルバイト、サークル活動など、自分が頑張っていたことをテーマにして話します。アルバイトやサークル活動の話をする際は「勉強そっちのけ」の印象を与えないように、文武両道のメッセージを添えるとよいでしょう。

保育士の面接で問われる逆質問の例

そもそも逆質問とは、面接の終盤で聞かれる「何か質問はありますか?」という質問のこと。求職者のコミュニケーション能力や、志願の熱量・働く意欲を測る目的でおこなわれます。

保育士の面接で問われる逆質問の例を3つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

質問例①

貴園で取り組んでいる「主体性の保育」について理解を深めたいのですが、おすすめの本はありますか?

働くのを前提にした質問なので、志願の熱意や、働く意欲を伝えられるでしょう。

質問例②

貴園では「子どもの主体性を大切にしている保育」を保育方針に掲げていますが、具体的にどのような活動や子どもへの働き方を大切にさせているのですか?」

この質問は園の保育方針に共感し、理解を深めようとする姿勢を見せるアピールになります。

質問例③

私はリトミック講師の資格を取得しています。資格を活かせると嬉しいのですが、何かお役に立てる場面はありますでしょうか?

資格があるのは勉強熱心なプラスの印象を与えます。また「貢献したい」というメッセージも添えているので、仕事への熱意も伝えられるでしょう。

保育士が面接を受けるときの身だしなみ・持ち物

次に、保育士が面接を受けるときの身だしなみポイントを解説します。

身だしなみポイント
  • 服装
  • 髪型
  • メイク

1つずつ順番に見ていきましょう。

服装

まずは、面接時に適した服装です。

男性・女性ごとに服装で意識すべきポイントを以下にまとめました。

男性の場合
  • 服装:スーツ、派手すぎないネクタイ
  • かばん:ビジネス用バック
  • 靴:革靴
女性の場合
  • 服装:スーツ、ズボンまたは膝が半分隠れる丈のスカート
  • かばん:ビジネス用バック
  • 靴:革靴またはヒールの低いパンプス

指定がない限り男女ともに基本はスーツが好ましいでしょう。スーツの色は、黒や紺が無難です。

また、女性の丈が短いスカートやヒールの高い靴は印象がよくありません。ビジネスシーンに適した服装を心がけましょう。

女性はパンツスタイルよりスカートのほうが華やかな印象を与えます。しかし決まりはありません。私はパンツスタイルで面接を受けることが多かったです!

髪型・メイク

次は、面接時に適した髪型やメイクです。

まずは、男女別に髪型で意識すべきポイントを見ていきましょう。

男性の場合・髪型
  • 長さ:短髪、おでこを出す
  • 髪色:黒
  • 整髪料で髪を整える
女性の場合・髪型
  • 長さ:長い場合は髪を結ぶ、前髪は長ければピンで止める
  • 髪色:黒

男女ともに、顔周りがスッキリ見えるように意識してみてください。髪型が短い方でも、耳に髪がかかるのであればピンでしっかり留めましょう。

女性は、ナチュラルなメイクをするのが好ましいです。全く化粧をしないのは、あまりおすすめしません。顔の血色が悪く見える可能性があるためです。程よくファンデーションやチークをぬって、顔色を明るくしましょう。

持ち物

最後は面接時に必要な持ち物を紹介します。

面接に必要な持ち物
  • 印鑑
  • 携帯電話
  • 保育士証
  • クリアファイル
  • 室内用の上履き
  • 筆記用具・メモ帳
  • 履歴書・職務経歴書
  • ハンカチ・ティッシュ
  • A4サイズの書類が入るカバン
  • 予備のストッキング(女性の場合)

そのほかにも、保育園から指定されている持ち物があれば忘れずに用意をしましょう。

忘れ物をすると園に迷惑をかけるほか「自己管理ができない人」とマイナスな印象を与えかねません。当日は忘れ物がないように、家を出る前に必ずチェックしましょう。

保育士が覚えておくと安心な面接の流れとマナー

保育士が覚えておくと安心な面接の流れとマナーを解説します。

面接の流れとマナー
  • 面接前
  • 到着時
  • 面接時
  • 帰るとき

順番にみていきましょう。

面接前

大事なポイント!
  • 持ち物は前日までに準備
  • 早め(510分前)に園に到着する
  • スマートフォンをマナーモードにする

まず、前日までに必要な持ち物を準備しておきましょう。当日は「あれがない!」と思わぬアクシデントを招く可能性があります。

当日は、少し早めに園に到着するようにしてください。早すぎると逆に迷惑をかけてしまうので、510分前くらいがちょうどいいです。

また、会場に入る前にスマートフォンをあらかじめマナーモードにしておきましょう。面接中にアラーム音や着信音が鳴るのは失礼に値します。

到着時

大事なポイント!
  • 元気に挨拶
  • 靴を揃える

園に到着したらまず、元気に挨拶をしましょう!

〈挨拶例〉

「こんにちは!本日面談をお願いしている〇〇と申します。本日はお忙しいなか、お時間を作ってくださり、ありがとうございます。よろしくお願いいたします。」

第一印象で面接の合否が左右するケースも珍しくありません。最初の挨拶はとくに、笑顔で元気な挨拶を心がけましょう。

園内に入るときは、靴を揃えることを忘れないでください。作法やマナーはいつどこで見られているかわかりません。

面接時

大事なポイント!
  • 正しい姿勢で座る
  • 印象のよい話し方を意識する

まず、椅子に座るときは背もたれに寄りかからないようにしましょう。背筋を伸ばし、美しい姿勢を常に心がけてください。

また、話し方も面接官はよく見ています。緊張するとつい早口になってしまいますが、早口は聞き取りにくいうえ「せっかち」な印象を与えてしまいます。話すときはゆっくりなスピードで、丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

相手の話には笑顔で相槌を入れると、好印象を与えられます。

帰るとき

大事なポイント!
  • お礼を伝える
  • 帰宅するまで気を抜かない

面接が終わり園を出るときは、面接の機会を作ってくれたお礼を相手に伝えましょう。

園を出ても気を抜いてはいけません。どこで園の関係者に見られているかわからないからです。帰宅するまでが面接だと思って、集中を切らさないほうがよいでしょう。

保育士が面接官に好印象を与えるコツ3

ここでは、面接官に好印象を与えるコツを紹介します。

面接官に好印象を与えるコツ
  • 笑顔を絶やさない
  • ハキハキと質問に答える
  • 質問の回答を簡潔にまとめる

笑顔を絶やさない

面接時は、笑顔を絶やさないようにしましょう。表情が乏しいとあなたの人柄が伝わりにくいほか「この人と一緒に働きたい!」と思ってもらえる機会が減ってしまいます。

緊張するとつい顔がこわばってしまいがちですが、印象をよくするためにも常に笑顔を心がけてみてください。

ハキハキと質問に答える

相手の質問にはハキハキと答えましょう。ハキハキとした話し方は、自分の考えに軸をもち自信のある印象を与えられるからです。言葉に信頼性も増し、好印象を与えられます。

緊張で声が小さくなったり、話が遠回しになりやすかったりする傾向にある人は特に話し方を意識してみてください。

質問の回答を簡潔にまとめる

質問には簡潔に答えましょう。話を簡潔にまとめるコツは「先に結論を話す」です。

たとえば「あなたの長所を教えてください」という質問があった場合、結論が先・結論が後の違いは以下のとおり。

【結論が先】

私の長所は〇〇です。前職では〇〇の力を活かして、クラス運営に貢献しました。

【結論が後】

私は前職でクラス運営に貢献しました。長所の〇〇が十分に発揮されたからだと思います。

結論が後だと大事なポイントが伝わりにくいほか、話が長い印象を与えるため相手を疲れさせてしまいます。

面接官の記憶に残る回答をするためにも、結論を先にして質問には簡潔に答えましょう。

保育士が面接を成功させる3つの秘訣

面接を成功させる秘訣を紹介します。

面接を成功させる秘訣
  • 自己分析をおこなう
  • 保育園の方針や特色を調べる
  • 転職エージェントを活用する

1つずつ順番に見ていきましょう。

自己分析をおこなう

面接の成功率をあげたい方は、自己分析を念入りにおこないましょう。

自己分析とは?

これまでの経験をもとに自分の思考・考え方・感情の動きについて分析をおこない、自分の長所や強み、素質、価値観などを整理する作業のこと。

自己分析をすれば自分を深く理解でき、仕事の価値観や仕事に求める条件も明確になります。自分自身や自分の考えにも自信がもてるため、採用担当者に自分の想いを堂々と伝えられるでしょう。

自己分析の種類や、やり方はインターネットで検索するとすぐに出てくるので、ぜひ自分にあうやり方で試してみてください。

自分自身とじっくり向き合うと「自分らしさ」を丸ごと受け止められるようになります。自分に自信がもてて、面接での発言や態度に自信がみなぎるでしょう。

保育園の方針や特色を調べる

事前に保育園の方針や特色を調べておくのも、面接を成功に導く方法の1つです。

面接では志望動機で園に関する質問を必ずされます。また、逆質問でも園の情報を絡めた内容にする必要があります。保育園の情報をよくリサーチして回答すると「しっかり調べてくれた」と評価してもらえるでしょう。

面接官の関心を惹きつけて面接の成功率を高めるためにも、園情報の事前リサーチに力を入れてみてください。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用するのも面接を成功させるために有効な手段です。

転職エージェントとは?

担当者がついて、求職者の転職活動をフルサポートしてくれる人材紹介会社。その人にあった求人を紹介してくれるほか、書類の添削や面接の対策、保育園との必要な連絡のやりとりなどのサポートをしてくれます。

担当者は、面接日の日程調整に加えて、面接でよくある質問の共有や回答文に対してフィードバックをしてくれます。保育士の転職市場を熟知しているプロからの教えなので、情報の信用性が高いでしょう。

私も転職エージェントを活用した経験があるのですが、志望動機や退職理由の回答文を担当者に添削してもらいました。「こういう回答にすれば面接官の印象がよくなります!」と具体的なアドバイスもいただけたのでとても参考になりました!

万全な準備をして面接にのぞみたい方は、転職エージェントの利用をぜひ検討してみてください。

保育士の面接対策に協力してくれるおすすめの転職エージェント5選

保育士ワーカー

保育士ワーカー
  • 特徴① 年間3万人以上が利用
  • 特徴② 保有求人数が多く、様々な地域・施設形態の求人を網羅
  • 特徴③ 保育士専門のキャリアアドバイザーによる支援

保育士ワーカーは、年間3万人以上(※1)の保育士を転職成功に導く転職エージェントです。

 

運営会社である株式会社トライトキャリアは2004年の設立以来、医療・福祉業界で人材紹介事業を展開してきた歴史を有しており、取り扱い求人の多さに特徴があります。

 

保育園・幼稚園にくわえて学童・病院・企業と幅広い施設形態の求人があり、全国の求人を網羅していることもポイントです。

 

登録すると、多数の非公開求人を見られるほか、保育士転職のプロであるキャリアアドバイザーから転職成功まで支援してもらえます。

 

転職の不安や疑問にも答えてくれるため、現在抱えている悩みを気軽に相談してみるといいでしょう。求人票からはわからない生の情報とともに、最適な求人を紹介してもらえるはずです。

 

(※1)保育士ワーカーの公式ホームぺージより

 

サービス名 保育士ワーカー
運営会社 株式会社トライキャリア
公開求人数 20,412件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年4月15日時点

 

保育士バンク!

保育士バンク!
保育士バンク!がおすすめの方
  • できるだけ多くの求人情報を見たい
  • 希望条件に合った求人情報を見つけたい
  • 転職活動に役立つ情報を知りたい

保育士バンク!は、保育士向け転職エージェントの中でも最大規模の転職エージェントです。

合同説明会を開催したり、LINEで転職に役立つ情報を提供したりするなど、多方面から求職者をサポートしてくれます。

日本マーケティングリサーチ機構の調査によると、「転職が決まりやすいNo.1」「信頼できるNo.1」「保育士がオススメするNo.1」「お客様満足度No.1」「認知度No.1」「好感度No.1」など、6部門でNo.1を獲得しており、十分に信頼できる転職エージェントといえるでしょう(201810月、20191月調査)。

対応エリアは幅広く、求人数も非常に多く揃っています。 勤務地・雇用形態・仕事内容・園の特徴・福利厚生など、細かく条件指定して求人検索できるため、希望する勤務条件に合った転職先が見つかりやすいという特徴もあります。

また、実際の職場の写真が多数掲載されており、転職後をイメージしながら求人検索できる点も魅力です。

求人数 49,451件
雇用形態別求人数(※) 正社員:13,578件
アルバイト・パート:6,697件
契約社員:1,542件
対応地域 全国
サイトの種類 エージェント型
運営会社 株式会社ネクストビート
サイトURL https://www.hoikushibank.com/
※20241月時点の求人数

保育のお仕事

保育のお仕事
  • 特徴① 保育士が使いたい転職サイトNo.1
  • 特徴② 園の雰囲気や内部情報まで共有
  • 特徴③ 施設形態・職種を絞り込んでの検索が可能

保育のお仕事は、「保育士が使いたい転職サイトNo.1(※1)」を獲得した実績があり、手厚い転職サポートやサイトの使いやすさに定評があります。

 

非公開求人の中には急募案件や人気園の求人などもあり、登録すると好条件の求人に出会える可能性を高められるでしょう。

 

キャリアアドバイザーが実際に訪問して得た情報をもとに、園の雰囲気や内部情報まで共有してくれるので、入職後のミスマッチ回避にも期待できます。

 

使い勝手のよい検索機能も特徴的で、保育園・幼稚園のほか、企業内保育や児童発達支援施設など、希望の施設形態を指定しての検索が可能です。

 

職種は保育補助から主任・副主任、園長まで指定でき、さまざまな職歴の方におすすめできるサービスです。

 

(※1)日本マーケティングリサーチ機構 2022年 第1位

 

サービス名 保育のお仕事
運営会社 株式会社トライキャリア
公開求人数 50,402件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年4月15日時点

 

保育士人材バンク

保育士人材バンク
  • 特徴① 独自ルートで入手したここでしか出会えない求人多数
  • 特徴② 求人ごとに充実した情報を提供
  • 特徴③ 最短3日のスピード内定の可能性あり

保育士人材バンクは、保育士・幼稚園教諭向けの転職支援サービスで、株式会社エス・エム・エスが運営しています。

 

東証プライム市場上場の信頼感と医療・福祉業界で築かれた人材紹介の実績をもとに、独自ルートによる情報収集がおこなわれているため、ここでしか見られない求人の紹介に期待できるでしょう。

 

求人内容の充実ぶりが特徴で、園の特色や雰囲気、求める人物像、キャリアパートナーの一言など、掲載情報だけである程度のイメージが湧くように工夫されています。

 

さらに、登録すると職場の人間関係や保護者の雰囲気などの内部情報も共有してもらえるため、入職後のギャップを最小限に抑えられるはずです。

 

最短3日で内定した実績(※1)があり、スピーディーに転職を叶えられるかもしれません。

 

(※1)保育士人材バンクの公式ホームページより

 

サービス名 保育士人材バンク
運営会社 株式会社エス・エム・エス
公開求人数 27,466件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト https://hoiku.jinzaibank.com/
2024年4月15日時点

 

マイナビ保育士

マイナビ保育士
  • 特徴① 転職業界大手の株式会社マイナビが運営
  • 特徴② 保育業界専門のキャリアアドバイザーによる寄り添う転職支援
  • 特徴③ 入職後の悩みや不安にも親身に対応

マイナビ保育士は、人材紹介大手の株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。

多様な業界で培った転職ノウハウをもとに、保育士転職をサポートしてくれます。

 

サービスの特徴は、保育業界専門のキャリアアドバイザーから寄り添った転職支援を受けられることです。

 

求職者からヒアリングした希望条件と実際に園に訪問して得た情報をもとに求人を紹介するため、ミスマッチが起こる可能性を最小限に抑えられるでしょう。

強みを引き出すカウンセリングも注目したいポイントで、自信をもって書類選考・面接に臨めます。

 

また、入職後のアフターフォローにも力を入れており、新しい職場での悩みや不安の相談にも対応しています。

 

転職には不安がつきものですが、マイナビ保育士なら、新しいキャリアの一歩を力強く応援してもらえるでしょう。

 

サービス名 マイナビ保育士
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 17,021件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年4月15日時点

 

最後に|保育士は面接対策を徹底して内定をもらおう!

面接は練習を重ねた分、回答の質が高まるので内定率アップにつながります。

必ず聞かれる質問・よく聞かれる質問は定番なので、しっかり対策しておきましょう。

必ず聞かれる質問
  • 自己紹介
  • 志望動機
  • 長所・短所
  • 退職理由
よく聞かれる質問
  • 理想としている保育士像
  • 保育士として大切にしていること
  • 仕事で欠かせない条件
  • 前職での経験
  • 何歳児クラスを担当したいか

ありきたりな内容では、面接官の心は動かせません。自分の実力やスキル、具体的なエピソードを回答に盛り込みあなたの魅力を最大限に伝えていきましょう。

なお、転職をご検討の方は、転職エージェントの活用がおすすめです。担当者がついてあなたの内定が決まるまで転職活動をフルサポートしてくれます。面接の対策もおこなってくれるので、万全な準備をして本番にのぞめるでしょう。

転職エージェントの登録は無料なので、ぜひお気軽に問い合わせてみてください。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。