調理師からの転職におすすめの職種5選|転職活動のポイントも解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

調理師は手に職をつけられる資格の代表格ともいえる職業ですが、調理師以外の職種に転職するとなると、これまでの経験を活かせるのか不安になってしまう方も多いでしょう。

「調理師がほかの職種に転職するのは難しい?」
「調理師が転職するならどのような職種がおすすめ?」

本記事では、このような悩みを持つ方に向けて、調理師からの転職におすすめの職種を紹介します。転職活動で押さえておきたいポイントも解説しているので、ぜひ参考にしてください。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
公開求人数
36.9万件
非公開求人数
22.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
公開求人数
6.8万件
非公開求人数
1.8万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
dodadoda
4.2
公開求人数
23.0万件
非公開求人数
3.4万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
公開求人数
1.3万件
非公開求人数
1.8万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年1月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
dodadoda
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年1月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
dodadoda
4.2
口コミを読む
  • 比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
  • テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
口コミを読む
  • サイトがシンプルな作りで見やすい。
  • 関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年1月時点
目次

調理師からの転職は難しいのか?

一般的に、調理師の転職はハードルが低いとされています。食品に関する知識や調理スキルなど、調理師として身に付けた専門性はさまざまな職場で重宝されます。

調理師としての転職はもちろん、食に関連する別の職種も視野に入れられるでしょう。

未経験や異業種からの転職を歓迎している業種なら、キャリアチェンジを目指すことも十分可能です。

ただし、調理師に限らず、転職の難易度は年齢によって左右されると考えられています。

たとえば、20代前半なら最終学歴次第では第二新卒としての転職も可能です。第二新卒枠での応募が難しかったとしても、企業は年齢の若い人材を採用したがる傾向があるため、転職市場における需要は高いといえるでしょう。

なお、近年は少子高齢化の影響から若い世代が少なくなっているため、30代以上の人材を積極採用する企業も増えています。

調理師からの転職におすすめの転職先

調理師からの転職におすすめの転職先としては、次の5つが挙げられます。

  • 食品メーカー
  • 介護職
  • 事務職
  • 営業職
  • ITエンジニア

いずれも調理師として身に付けたスキルや知識を活かせたり、未経験OKの求人が多かったりする職種です。それぞれ職種について、以下で詳しく解説します。

食品メーカー

食品メーカーの仕事は、加工食品や飲料、調味料などの食品を開発・製造することです。食材の仕入れから商品開発、流通までを一貫して担い、現代のニーズに合わせた食品を消費者に届けます。

自分がかかわった商品が店頭に並んでいるのを見ると、大きな達成感を感じられるでしょう。

食品メーカーは、大きく以下の7つに分類されます。

食品メーカーの種類
  • 調味料メーカー
  • 酒類・飲料メーカー
  • 食肉・水産加工食品メーカー
  • 乳製品メーカー
  • 菓子メーカー
  • 即席麺メーカー
  • 冷凍食品メーカー

それぞれ得意分野があり、メインで扱う食品が異なるイメージです。

調理師と同じく食にかかわる仕事なので、これまで培ったスキルや知識を活かしやすいでしょう。新商品やレシピの開発など、調理師としての経験が役立つ場面は多いものです。特に、飲食店などでメニュー開発の経験がある場合は、採用される可能性がアップするでしょう。

「調理師は辞めたいけど、食にかかわる仕事がしたい」という方におすすめです。

メニュー開発や調理スキル以外では、消費者のニーズを的確に把握する分析力や提案力、マーケティングスキルなどが求められます。

介護職

介護業界は慢性的な人手不足に陥っており、未経験者を積極的に採用しています。資格支援制度が充実しているところも多く、働きながら手に職をつけられるのも魅力です。

介護職の主な仕事は、介護施設や訪問介護サービスの利用者の日常生活を支援することです。ただし、運営元によって提供サービスが異なるため、具体的な業務内容は職場によって異なります。

どの職場でも身体介助などの力仕事は多いので、調理の現場で培った体力やスタミナはきっと役に立つでしょう。

介護職の職場には、主に以下のようなものがあります。

介護職の種類
  • 特別養護老人ホーム
  • 有料老人ホーム
  • 介護老人保健施設
  • デイサービス
  • 病院 など

未経験から介護職に転職する場合は、有料老人ホームや介護老人保健施設などの入所施設がおすすめです。教育体制が整っている場合が多く、介護に関する知識やスキルをきちんと身に付けられます。

介護職としてある程度の経験を積んだら、自分が目指したい方向性に合わせて再度転職を検討してもよいでしょう。

今後、日本社会は高齢化が進み、2040年には65歳以上の人口が全人口の約35%を占めるようになると予測されています。このような背景から、介護職の需要はますます高まっていくと考えられるでしょう。

基本的には全国どこでも需要があり、勤務形態が幅広いのもポイントです。

事務職

事務職は基本的に座り仕事が多いため、体力をあまり消耗しないのが魅力です。「調理師の仕事は体力的にきつかった」という方には、特におすすめの転職先です。

また、事務職は土日祝日休みのことが多く、GWや年末年始休暇などの連休もしっかり確保できる傾向があります。トラブル発生時や繁忙期でなければ定時で帰れる日が多いので、ワークライフバランスを保ちやすいのも魅力です。

事務職の仕事内容は、書類の作成・整理やデータ入力、電話応対など多岐にわたります。特別な資格は必要なく、未経験でもチャレンジしやすい職種ですが、一通りのパソコンスキルは求められるでしょう。

また、事務職には一般事務や営業事務、総務事務、人事・労務事務などさまざまな種類があり、それぞれ企業で求められる役割も異なります。

たとえば、営業事務の仕事は、営業担当者が営業活動に集中できるよう、見積書や発注書、請求書などの書類作成や発送を担当します。一方、人事・労務事務は人材採用や給与の支払いに関する各種手続き、勤怠管理などが仕事です。

このように、一口に事務職といってもさまざまな種類があるため、求人内容はしっかりと確認しておきましょう。

営業職

営業職の仕事は、自社の商品・サービスの魅力をアピールし、顧客との契約を取り付けることです。会社の売上に直結する仕事なので「自分のがんばりが会社の業績に貢献している」という実感を得やすいでしょう。

営業職には交渉術やプレゼン能力だけでなく、リサーチ力や分析力も求められます。契約を獲得するためには、顧客のニーズや求める情報を把握することが大切だからです。

自社の商品・サービスへの深い理解も欠かせません。基本的な商品情報やサービス内容はもちろん、新しい機能やオプション、実際に利用するうえで起こりえる疑問なども把握しておく必要があります。そのため、まずは自社の商品・サービスに愛着を持つことが、営業職として成長するコツといえるでしょう。

これまで調理師として働いてきた方なら、食品関係や飲食業界などの営業職に転職するのも選択肢のひとつです。

調理師として培った知識を活かせば、顧客によりよい提案ができるでしょう。

ITエンジニア

IT業界も、人材不足に悩まされている業界のひとつです。2030年にはIT人材が最大79万人不足するとの試算もあり、未経験を積極採用する企業も少なくありません。

社会のデジタル化が進むなか、ITエンジニアの需要は今後ますます増加していくと考えられています。会社によっては外部スクールの活用を含めた研修制度を整えているところもあり、未経験からチャレンジできる機会は多いでしょう。

調理師としての経験を活かすのであれば、食に関するアプリやサービスなどを開発している企業がおすすめです。

近年は食とITが融合したフードテックに注目が集まり、IT技術の活用による農業の効率化や食糧問題への貢献に期待が寄せられています。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
公開求人数
36.9万件
非公開求人数
22.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
公開求人数
6.8万件
非公開求人数
1.8万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
dodadoda
4.2
公開求人数
23.0万件
非公開求人数
3.4万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
公開求人数
1.3万件
非公開求人数
1.8万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年1月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
dodadoda
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年1月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
dodadoda
4.2
口コミを読む
  • 比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
  • テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
口コミを読む
  • サイトがシンプルな作りで見やすい。
  • 関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年1月時点

調理師から転職したい場合によくある理由

食は人生における楽しみの1つであり、人々においしい食事を提供する調理師はとてもやりがいのある仕事です。

しかし、次のような理由から「調理師を辞めたい」と考える人は少なくありません。

  • 労働時間が長いから
  • 給料が少ないから
  • プライベートの時間が取れないから
  • 体力的にきついから
  • 休日が少ないから
  • 人間関係が悪いから

それぞれの理由について、以下で詳しく解説しましょう。

労働時間が長いから

調理師の仕事は、総じて労働時間が長い傾向があります。

たとえば、飲食店では料理の仕込みや食材の管理、翌日の準備など、営業時間外の仕事が多いものです。店の営業時間が11~22時だとすると、8~9時には仕込みを始め、開店準備を進めなくてはなりません。さらに、閉店後の片付けやレジの締め作業なども考えると、帰宅が日付を回るころになってしまうケースもあるでしょう。

多くの飲食店はシフト制を採用していますが、スタッフが少ない場合や、自分が経営側のポジションにいる場合は、店をまわすために一日12時間以上勤務する方もいるのが現状です。

労働環境は飲食店によって大きく異なりますが、労働時間の長さに不満を感じて、調理師を辞めるケースは少なくないでしょう。

給料が少ないから

調理師の平均年収は、約330万円とされています。国税庁が2023年に発表した「令和4年分 民間給与実態統計調査」によると、日本人全体の平均年収は458万円とされているので、調理師の給料は平均より低いといえるでしょう。

特に、新人のころは給料が少なく、初年度の月収は20万円以下のところも少なくありません。有名ホテルのシェフや飲食店のオーナーなどは収入が高い傾向がありますが、そこに至るのはほんの一握りです。給食や病院食などをつくる仕事は給与水準が高いといわれていますが、人気のため競争率が高い可能性もあります。

こうした現状から、将来のライフプランを考えて、給料が高い職を求めて転職する方は多いでしょう。

プライベートの時間が取れないから

調理師は労働時間が長く、休日も少ない傾向があります。職場や働き方によっては、一日のほとんどを仕事に費やしてしまう方もいるでしょう。

職場に拘束される時間が長いため、調理師はプライベートの時間を確保しにくいとされています。家族との時間が減る、趣味の時間がなくなるなど、ワークライフバランスが崩れると、人生の満足度が低下してしまいます。プライベートを楽しめないことによるストレスが蓄積されると、心身の健康にも悪影響を及ぼしかねません。

調理師としてがむしゃらに働いてきたものの、ふと自分の人生を考えたときに「このままでよいのだろうか……」という思いが芽生え、転職を決意する方は多いでしょう。

体力的にきついから

調理師は、仕事内容がハードなことで知られています。基本的には一日立ち仕事で、大量の食材や大きな鍋を移動させるなど、体力やスタミナが求められます。人手が不足しやすい業界なので、一人あたりの業務量も多くなりがちです。

特に、客足が増えるランチタイムやディナータイムのピーク時には、大量の注文をさばき続けなければなりません。人気店になるほど客足が増え、場合によっては一日中休む間もなく働くケースもあるでしょう。

このように、調理師の仕事はハードワークなので体力的についていけないと転職を決意する方もいます。若いころは問題なくとも、年齢とともに体力の衰えを感じて転職を考え始めるパターンもあるでしょう。

休日が少ないから

飲食業は土日祝日や連休に客足が増えるため、世間が休みのときほど忙しくなります。そのため、調理師が土日祝日や連休に休みを取るのは難しいでしょう。

定休日は週一日に設定している飲食店が多いため、2日連続の休みを取るのも困難な場合があります。特に、人手が少ない店はこの傾向が顕著です。

休日が少ないと家族や友人と予定が合わず、人間関係にひびが入ってしまう恐れもあります。自分だけ遊びに行けない、なかなか誘ってもらえないといったことに悩み、転職を検討し始める人も多いでしょう。

調理師はただでさえハードワークにもかかわらず、休日が少ないと体をしっかりと休めることができません。その結果、体調を崩してしまい、休職を余儀なくされるケースもあります。

人間関係が悪いから

料理人の世界では、いまなお、料理の技術は先輩の仕事を見て盗むものという考え方が根付いている傾向があります。先輩スタッフとも、単なる先輩後輩ではなく師弟関係的な意味合いが強いものです。

そこまでではなくとも、基本的に体育会系の職場が多く、上下関係は絶対という風潮があります。

特に、修行期間中は雑用ばかりさせられたり、先輩たちよりも早く出勤することを命じられたりと、つらい思いをするケースも少なくありません。ほかにも先輩からパワハラやセクハラを受けるなど、人間関係に悩む方が多いものです。

もちろん厳しい店ばかりではありませんが、人間関係の悪さに耐えきれずに調理師を辞めてしまう方もいます。

調理師から転職する場合に選考で重視されること

調理師として転職する場合と、異なる職種に転職する場合とでは、就職・転職活動におけるポイントが異なります。

たとえば、調理師として働く場合、転職活動では料理のスキルや資格、これまで在籍していた店舗などをチェックされるでしょう。

一方、調理師からのキャリアチェンジを目指す場合は、調理師としての経験を伝えるだけでなく、異なる分野でどう活かすかという視点が必要です。

こうした背景から、調理師から他業種へのキャリアチェンジに挑戦する方は、転職活動に対して不安を感じることも多いでしょう。

そこでここからは、転職理由・退職理由、志望動機、自己PRの3つを軸に選考過程で重視されるポイントを解説します。

転職理由・退職理由

転職活動の場合、面接では高確率で転職理由や退職理由を聞かれます。

この質問の目的は、主に以下のポイントをチェックすることです。

  • 入社後、前職と同じ理由で退職されないか
  • 仕事に対して責任感を持てるタイプか

新しい人材の採用や教育には、多くのコストや時間がかかります。特に、未経験転職の場合はなおさらです。

せっかく採用したにもかかわらず、早期に退職されてしまうと企業にとっては大きな損失につながるため、継続的に働けるかという点が重視されます。調理師としての職歴が浅いうちに転職する場合は、特に厳しくチェックされるでしょう。

そのため、転職理由や退職理由を答える際は、できるだけポジティブな印象になるように言い換えることが大切です。

たとえば、先輩スタッフの厳しい指導が原因で辞める場合は「一方的な指揮命令のもとで淡々と業務をこなすのではなく、主体的に働ける環境を求めて転職を決意しました」と変換すると、印象がよくなります。

志望動機

志望動機を答える際に重要なのは、なぜ他社ではなくこの会社を選んだのかということです。

「調理師は辞めたいけど、食に関する仕事がしたかったから」というだけでは、その会社を選んだ理由にはなりません。数ある企業のなかから、その会社の魅力を感じた理由を答える必要があります。

そのためには、入社できたら自分はなにができるのか、なにをしたいのか、どのような自分になりたいのかといったポイントを整理することが大切です。

自分自身の価値観や考え方と、企業の事業内容や特徴を照らし合わせて、その会社を選んだ理由を明確化しましょう。

自己PR

自己PRで大切なのは、企業が求めるスキルや経験、資質などをアピールすることです。

企業が求めているのは、自社の採用ニーズにマッチした人材です。どんなに高いスキルを持っていても、その会社が求めるスキルでなければ、不採用となる可能性があるでしょう。逆に、自分ではたいしたことがないと思うようなスキルでも、その会社のニーズに合っていれば、採用される可能性は十分あります。

自己PRでは、まず自分の強みや経験を整理し、応募先の事業内容や募集職種にマッチするポイントをアピールしましょう。

調理師からの転職におすすめの転職エージェント

多忙な調理師業務をこなしながら、転職活動を進めるのは容易ではありません。他業種へ転職する場合、業界に対する知識がないと、求人を選ぶ判断基準もよく分からないものです。

そのようなときには、転職エージェントを活用しましょう。転職エージェントとは、転職希望者の転職活動をサポートするプロフェッショナルです。独自の求人情報を取り扱っている場合もあり、豊富なラインアップから自分にぴったりの求人を紹介してもらえます。

転職エージェントは紹介先の企業から報酬を得ているので、転職者は完全無料で利用できるのもポイントです。

調理師からの転職におすすめの転職エージェントを厳選して5社紹介するので、ぜひ参考にしてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、株式会社リクルートが運営する転職エージェントです。

業界最大規模の求人数を保有しており、年間1万3,000社以上の企業が求人を公開しています。一般的な求人サイトには掲載されない、非公開求人を多く取り扱っているのも特徴です。ごく狭い範囲で公開されている求人にもアクセスできるので、自分に合う求人を見つけやすくなります。

各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているため、未経験の業界のことも気軽に質問できるでしょう。書類の添削や面接対策などのサポート体制も充実しており、リクルートエージェントが独自分析した業界・企業情報に基づく的確なアドバイスを受けられます。

多くの転職希望者が登録する定番エージェントなので、迷ったときはひとまず登録してみるのもよいでしょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。

2023年 オリコン顧客満足度®調査の転職エージェント部門で第1位を獲得しており、幅広い年代や職種の方から支持されています。マイナビ IT AGENTやマイナビ 営業 AGENTなど、業界や職種に特化したサービスを展開しているのも特徴です。

それぞれに専門サイトが用意されており、業界に精通した専門チームによるサポートを受けられます。

また、企業とのやり取りを担当する企業担当アドバイザーが在籍しており、職場の雰囲気などのリアルな情報をキャッチできます。

doda

doda

パーソルキャリア株式会社が運営するdodaの転職エージェントなら、応募企業とのやり取りの代行を依頼することが可能です。キャリアアドバイザーとは別に、企業1社につき一人の採用プロジェクト担当が在籍しており、応募書類の提出や面接の日程調整など、さまざまな手続きを代行してくれます。

仕事が忙しい方も、無理なく転職活動を進められるでしょう。

もちろん、キャリアサポートも充実しており、転職市場や各業界・職種に精通した専門スタッフによるアドバイスを受けられます。

type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントは、株式会社キャリアデザインセンターが運営する転職エージェントです。サービス開始25年で蓄積された豊富なノウハウにより、納得感のある転職を目指せます。

利用者年収アップ率79%の実績を持ち、収入アップを目指したい方にもおすすめです。

IT業界や営業、女性の転職サポートを得意とし、各領域の専門キャリアアドバイザーが在籍しています。

キャリアアドバイザーによる丁寧なヒアリングも魅力で、転職希望者に寄り添ったサポートを期待できるでしょう。

※年収アップ希望者の年収アップ率(計測期間:2021年10月1日~2022年9月30日)

就職カレッジ

就職カレッジ JAIC

就職カレッジは、未経験転職に特化した転職エージェントです。フリーターや第二新卒、既卒など、社会人経験の少ない方を対象とした転職サービスで、調理師として働き始めたばかりで転職を検討している方におすすめです。

無料の就職講座を受講することも可能なので、調理師の世界では身に付けにくいスキルの習得を目指せます。

また、書類選考なしで採用面接に進めるのも特徴です。履歴書不要で最大20社と面接でき、面接対策などのサポート体制も充実しています。

まとめ

調理師の仕事は、料理が好きな方にとってはやりがいを感じられる一方、基本的にハードワークなので体力的・精神的に限界を感じてしまう場合も多いでしょう。

これまで調理師として培ってきたスキルや知識は、幅広い業界や職種で活用できます。特に、食品メーカーは調理師経験を役立てやすいでしょう。IT業界や介護業界のように、未経験採用を積極的におこなっている業界もおすすめです。

一人で転職活動をするのが不安な場合は、転職エージェントの利用を検討してみましょう。転職のプロによるサポートを受けることで、多忙な方も無理なく転職活動を進められます。

気になるサービスが見つかったら、まずは気軽に登録してみましょう。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
公開求人数
36.9万件
非公開求人数
22.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
公開求人数
6.8万件
非公開求人数
1.8万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
dodadoda
4.2
公開求人数
23.0万件
非公開求人数
3.4万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
公開求人数
1.3万件
非公開求人数
1.8万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年1月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
dodadoda
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年1月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
dodadoda
4.2
口コミを読む
  • 比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
  • テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
口コミを読む
  • サイトがシンプルな作りで見やすい。
  • 関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年1月時点
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。