Web業界が「やめとけ」と言われる5つの理由|真相を徹底解説

高橋宇内
編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

Web業界はやめとけってほんと?

いまさら転職してもオワコンなのかな?

と悩んでいる方も多いでしょう。

Web業界で働いた経験がない場合、実態がわからず自分に適しているのか正しい判断ができないはずです。自分にマッチしている業界であれば、転職後にさまざまなメリットを受けることができます。

そこで本記事では、Web業界がやめとけと言われる理由や働くメリット、向いている人の特徴、ホワイト企業を見極める方法などについて網羅的に解説します。

Web業界への転職を検討している方は、ぜひ最後までご覧ください。

【関連記事】IT・WEBエンジニア転職サイトおすすめ比較ランキング|20代・30代・未経験・スカウトや後悔しない転職エージェント

 

この記事の執筆者
高橋宇内
高橋 宇内 氏人事&キャリアドバイザー経験者
採用コンサルタントとして企業の人事を複数担当。転職後キャリアドバイザーとして、新卒・中途の求職者の支援。
目次

Web業界が「やめとけ」と言われる理由

さっそく、Web業界がやめとけと言われる理由について見ていきましょう。詳しい理由について深掘りしていくので、ぜひ参考にしてください。

Web業界がやめとけと言われる理由は、以下のとおりです。

  • 未経験は年収が低い傾向にあるから
  • 顧客の依頼に左右されるから
  • 休日も働く可能性があるから
  • 福利厚生が整っていない企業が多い傾向にあるから
  • 最新情報を常にキャッチする必要があるから
  • AIに淘汰されると聞いたことがあるから

【関連記事】「Webエンジニアはやめとけ」って本当?言われる理由と仕事の魅力・向き不向きを解説

未経験は年収が低い傾向にあるから

Web業界がやめとけと言われる理由の一つは、未経験者は年収が低い傾向にあるからです。未経験者は企業への貢献度が低くなるため、Web業界でも前職の収入を下回ってしまいます。

しかし、実力を身につければWeb業界で収入を上げることができます。

マイナビが公表した「2023年版 業種別モデル年収平均ランキング」では、Web業界であるインターネット関連が年収561万円でした。国税庁が公表した日本の平均年収は、443万円なのでWeb業界の方が約120万円高いことがわかります。

Web業界は年収が低くやめとけと言われますが、未経験で年収が下がることは、どの業界においても起こりえることです。

地に足をつけて努力を積み上げれば、Web業界で活躍できる人材になり、今よりも高い収入を得られるでしょう。

顧客の依頼に左右されるから

顧客の依頼に左右されるのも、Web業界がやめとけと言われる理由の一つです。Web業界の仕事内容は多岐にわたりますが、エンジニアなどの仕事は顧客の依頼に従うのが一般的です。

システムなどの不具合が起きれば、夜中に対応しなければいけない状況になるかもしれません。休日に活動している企業が顧客だった場合、土日も対応する必要があります。

顧客の要望に対応できない企業は、信頼を損ない契約破棄になりまねかせん。職種によっては顧客の方が立場が上になってしまうことがあるため、Web業界はやめとけと言われるでしょう。

休日も働く可能性があるから

当然ですが、顧客との契約で決めた納期は必ず守る必要があります。

もし、金曜日の夜に急遽な依頼があり、月曜日までに納品しなければいけない状況になった場合、休日も稼働しなければいけないこともあります。

プライベートの時間を削っても、顧客の対応を優先しなければいけないときもあるはずです。

システムエラーなどによって緊急対応をする場面があるWeb業界は、未経験者にとってきついと感じる可能性があるでしょう。

福利厚生が整っていない企業が多い傾向にあるから

Web業界は、大手よりもベンチャー・中小企業が多い傾向にあります。ベンチャー企業・中小企業は、大手に比べると福利厚生が劣ってしまう可能性が高くなります。

Web業界の大手企業に転職できれば、待遇は良くなるはずです。しかし、設立年数が若い企業は、成果主義としてインセンティブ制度を導入しているケースもあります。

またリモートワーク可の職業も多く、働き方の自由化においては大手企業よりも進んでいる企業もあります。

しかし、福利厚生全体で比較すると大手企業のほうが充実しているでしょう。

最新情報を常にキャッチする必要があるから

Web業界は移り変わりが激しい傾向があります。近年、AIの進化が著しく、新しい技術や知識を学び続けなければいけません。今までのやり方が急に通用しなくなることもあります。

Web業界で活躍できる人材になるためには、日々知識をアップデートしなければいけないのです。

努力をし続けるのが苦手な人にとっては、Web業界がきついと感じるでしょう。

AIに淘汰されると聞いたことがあるから

Web業界がやめとけと言われる最後の理由は、AIに淘汰される可能性があるからです。近年、AIの発達によってWeb業界の動きが大きく変動しています。

たとえば、今まで手動でおこなっていた業務が、AIによって自動化できる作業が増え、AIに置き換わる業務が増えていくことが予想されます。

AIがこれからも成長し続ければ、今の職種の需要がなくなる可能性もあります。ただし、AIを活用できる人材や、顧客のニーズを引き出せるWeb人材は必要不可欠です。

AIが発達して淘汰される職業がある一方で、AIを活用できるWeb人材になれば、市場価値はより高くなるでしょう。

Web業界で働くメリット5つ

Web業界で働くメリット5つ

Web業界で働くメリットは、以下のとおりです。

  • 未経験でも転職できる
  • スキル次第で自由に働ける
  • 今後も需要がある
  • 高収入が期待できる
  • 働く場所を選択できる

Web業界はやめとけと言われる一方、働くメリットも多くあります。Web業界への転職を考えている場合は、メリットも理解したうえで検討しましょう。

未経験でも転職できる

Web業界で働くメリットの一つは、未経験でも転職できる点です。業界の中には即戦力を求める傾向があります。

Web業界は短いスパンで新しい技術が生まれ続けるため、個人の努力によってスキルをつければ転職できるのが特徴です。

実際、大手求人サイトdodaの詳細検索で「Web業界」「未経験者歓迎」に絞った結果、転職できる求人数が665件ありました。(2023年11月時点)

doda求人検索結果
【参考】doda

一つの求人サイトで665件あるということは、他の求人広告を利用すれば、より転職できる可能性は高まるはずです。

Web業界はやめとけと言われますが、未経験からでも参入しやすい業界である点は、働く大きなメリットだと言えるでしょう。

スキル次第で自由に働ける

スキル次第で自由に働けるのも、Web業界のメリットです。Web業界では、一人ひとりのスキルや能力に応じて、柔軟に働くことができます。

高橋 宇内氏

リモートワークやフレックスタイム制度などの柔軟な働き方を認めている企業も多く、個々のライフスタイルに合わせた働き方が実現できます。そのため、仕事と家庭、個人の興味・趣味の両立が可能です。

スキルアップをしたい方は日々努力して年収を上げたり、通勤するのが嫌な方はフルリモートで働いたりと、それぞれの希望に合わせて働けるのがWeb業界で働くメリットです。

場合によっては、本業を行いながら副業もでき、フリーランスとして独立することもできるでしょう。

今後もWeb業界の需要がある

Web業界は今後も着実に需要が増していくと予測されています。需要の増加は、さまざまな要因によるものです。

BtoBにおいても様々なサービスがインターネットを活用して行われるようになり、今後もますますデジタル化が進むでしょう。

さらに、BtoCも同様にオンラインショッピングやデジタルサービスの利用が急速に拡大しているため、Web業界における需要も拡大しています。

デジタル化が当たり前の世界になっていくと、Web業界の職種の需要はますます高まっていきます。

Web業界は、これからも新しいトレンドが生まれ続ける可能性が高いため、今後も需要があると言えるでしょう。

高収入が期待できる

Web業界での仕事は、年齢や職歴関係なくスキルによって高収入を得ることができます。Web業界では、優れたスキルや経験を持つ人材が高く評価され、見合った報酬が支払われるからです。

特に、Web開発やデザイン、デジタルマーケティングなどの分野では、専門的な知識・スキルが求められるため、高い報酬を得られるでしょう。

マイナビが調査した「2023年版 職種別 モデル別平均年収ランキング」では、Web関連の平均年収は以下のとおりでした。

職種平均年収
システムアナリスト1,223万円
システムコンサルタント987万円
クリエイティブディレクター905万円
セキュリティコンサルタント731万円
情報アーキテクト・UI/UXデザイナー676万円

マイナビの調査結果から見てわかるように、技術的な専門知識を持つエンジニアやプログラマー、データサイエンティスト、デジタルマーケティングの専門家などは市場価値が高く、高収入が期待できます。

Web業界に関する専門性を習得すれば、高収入が期待できるでしょう。

【関連記事】Webエンジニアで年収1,000万円稼ぐ5つの方法|年収アップに必要なスキルとは

働く場所を選択できる

働く場所を選択できるのも、Web業界で働くメリットの一つです。

Web業界ではリモートワークやフレックスタイム制度が認められており、従来のオフィス勤務にとらわれることなく、自分の適した環境で仕事を進められます。

フレックスタイム制度を利用すれば、自分の最も生産的な時間帯に合わせて効率的に仕事を進められます。

高橋 宇内氏

自宅やカフェ・コワーキングスペースなど、自分の生活スタイルに合わせて作業環境を選択できるので、通勤時間・ストレスを軽減しながら仕事に集中できます。

朝型や夜型の人など、一人ひとりのライフスタイルに応じて働く時間を調整することで、仕事とプライベートのバランスを取りやすくなります。

柔軟性を持った働き方は、従業員の働きやすさを向上させ、ワークライフバランスの充実にもつながるはずです。

Web業界に向いている人の特徴

Web業界に向いている人の特徴

Web業界がやめとけと言われる理由やメリットについて解説しましたが、誰しも該当するとは限りません。

Web業界で満足して働くには、自分が向いているか判断する必要があります。

以下に該当する方は、Web業界に向いている傾向があるため、積極的に転職を進めても良いでしょう。

  • 流行りに敏感な人
  • 柔軟な対応ができる人
  • 成長意欲が高い人
  • 給与ではなくスキルを重視する人
高橋 宇内氏

Web業界に転職するときは、総合的に判断したうえで判断するのがポイントです。

流行りに敏感な人

Web業界に向いている人は、流行りに敏感である人です。Web業界は常に新しいテクノロジーやトレンドが生まれ変化しているため、流行に敏感であることが求められます。

流行に敏感な人は、新しい技術やデザインのトレンドを素早く理解し、自分の仕事に活かせるはずです。

また、新しいプラットフォームやツールを試す好奇心旺盛な人だと、Web業界で活躍できるでしょう。

企業としても、流行りに敏感で変化に対応できる人材を常に求めています。新しい技術や情報が世の中に出回った際、まず使ってみる人はWeb業界に向いているでしょう。

柔軟な対応ができる人

柔軟な対応ができる人も、Web業界に向いている傾向があります。なぜなら、柔軟な対応ができる人は変化する環境に適応し、迅速かつ効果的に順応する能力を持っているからです。

Web業界は常に新しい技術やトレンドが急速に出現しているため、柔軟性がなければ、業務上の課題に対処するのが難しくなります。

柔軟な対応ができる人は新しい技術やツールを習得し、自社の業務に取り入れ、効率性・生産性を向上させられるでしょう。また、柔軟性があれば新しいプロジェクトや課題に対しても適応し、優先順位を適切に設定できます。

さらに、柔軟な対応ができる人はチームメンバーや他部署との連携を図り、意見・アイデアをシェアし合うことで、より良い成果を生み出せます。場合によっては、顧客との信頼を築くために最新情報を共有する役割を担うでしょう。

常に新しいトレンドが生まれるWeb業界にとって、柔軟な対応ができる人材は希少性が高いため、企業が給与を上げる傾向があります。

高橋 宇内氏

さまざまな仕事に挑戦してみたい方は、Web業界に向いているでしょう。

成長意欲が高い人

成長意欲が高い人がWeb業界に向いている理由は、最新のトレンドにも柔軟に対応でき、仕事に活用できるからです。Web業界は常にアップデートするため、努力を惜しまずに行動する力が求められます。

Web業界は、今の当たり前が1年後には時代遅れになっているかもしれません。

高橋 宇内氏

ある程度のスキルや技術を身につければいいと考えている場合、Web業界で働き続けるのはやめておくべきでしょう。

しかし、自分の市場価値を高めたい人にとっては、Web業界は適している職業です。

Web業界がやめとけと言われるのは、学び続けるのに苦労するからです。一方で、スキルアップによって自分の市場価値を高めたい人は、Web業界への挑戦が向いているでしょう。

給与ではなくスキルを重視する人

Web業界は常に進化し続けるため、給与よりもスキルを重視する人が適しているといえます。給与を重視する人は、一時的な報酬に焦点を置く傾向があり、自己のスキルや能力の向上よりも給与水準を優先するはずです。

どの企業にもいえることですが、給与が高い人材は会社への貢献度が他の社員よりもある方です。

給与を上げようと思ったら、高いスキルを身につける必要があります。目の前の給与だけを重視する人は、ベンチャー企業やスタートアップ企業で働くのは難しいでしょう。

高橋 宇内氏

目先の利益ではなく、自身が成長した結果、高い給与をもらえる考えを持つ人はWeb業界への適性があるでしょう。

Web業界に向いていない人

Web業界に向いていない人

Web業界に向いていない人の特徴は、以下のとおりです。

  • 学習意欲が低い人
  • コミュニケーションが苦手な人
  • チームで活動できない人

それぞれの理由について解説します。

学習意欲が低い人

学習意欲が低い人がWeb業界に向いていない理由は、新しい技術やトレンドに対応できないからです。学習意欲が低い人は、スキルを習得することに消極的な傾向があります。

Web業界は最新情報に合わせて、自身のアップデートする必要があります。しかし、学習意欲が低い人は、Web業界の流れに置いて行かれるため「つらい」「やめたい」と思うかもしれません。

高橋 宇内氏

情報のアップデートが少なく、同じ作業を繰り返した仕事がしたい場合は、Web業界はやめておくべきでしょう。

コミュニケーションが苦手な人

Web業界は新しい情報を共有したり、クライアントの要望を聞き取ったりするために、社内外でのコミュニケーションが多くなります。

ひとりで完結できる仕事はWeb業界をはじめ、どの業界にもありません。

社内外で円滑なコミュニケーションを取ることが、Web業界で成果を出すために重要です。

高橋 宇内氏

人間関係を構築するのが苦手な人は、Web業界に向いているとはいえないでしょう。

チームで活動できない人

Web業界は一つのプロジェクトを数名で活動する傾向があるため、チームでの動きが欠かせません。

Web業界で取り組む案件は、プロジェクトマネージャー・リーダー、一般業務、システムチームと多岐にわたって活動します。

どれだけスキルがあったとしても、一人でもチームの輪を乱し、個人で活動しようと進める場合、プロジェクトに支障がでる可能性が高いでしょう。

一つのミスでプロジェクトが失敗したり、納期に間に合わなかったりすると、クライアントからの信用を失います。Web業界で働くには、チームで活動するための協調性が必要です。

高橋 宇内氏

一人でプロジェクトを遂行させるのが困難なケースも多いので、個人プレーを求める方には向いていないでしょう。

Web業界でホワイト企業を見極める方法5つ

Web業界でホワイト企業を見極める方法5つ

Web業界への転職を考えても、ブラック企業に就職してしまわないか不安に思う方もいるはずです。

以下は、Web業界でホワイト企業を見極める方法です。ブラック企業を回避できる可能性が高まります。

  • 企業研究で比較する
  • 口コミ・評判を確認する
  • 一次請けの企業であるかどうか
  • 研修制度が整っているか
  • 転職エージェントを活用する

ただし、一つひとつの方法を怠ってしまうと、転職後に後悔するかもしれません。「転職して良かった」と思える結果を得るためにも、対策を怠らないようにしましょう。

企業研究で比較する

Web業界でホワイト企業を見極める方法の一つは、企業研究で比較することです。ホワイト企業は社員の働きやすさや福利厚生、キャリアアップの機会など、従業員の満足度を重視しています。

Web業界には多様な企業が存在し、それぞれの企業には特色があります。Web業界の中からホワイト企業を見極める際には、企業研究で比較することが重要です。

企業研究をする場合は、公式サイトやSNS・インタビュー記事を通じて、以下の項目を確認しましょう。

  • 企業理念・ビジョン
  • 社風・風土
  • 実際の実務状況
  • 人間関係
  • 福利厚生
  • 将来性

公式サイトでは、企業の理念やビジョン、取り組みを公表している場合があります。

とくに、従業員の声は企業の内部環境や雰囲気を知るための重要な手がかりとなるはずです。従業員へのインタビューを通じて、実際の職場の様子を把握すれば、転職後のイメージもできるでしょう。

企業の福利厚生やキャリアアップ制度も重要なポイントです。福利厚生が充実している企業は、従業員の働きやすさを重視しています。社員のキャリアアップを支援する制度や研修プログラムがある企業は、従業員の成長をサポートする環境を提供してくれるでしょう。

また、企業の成長性や安定性も見極めるべきポイントです。安定した業績を持ち、将来性のある企業は長期的なキャリア形成に適しています。

高橋 宇内氏

Web業界でホワイト企業を見極めるには、気になる会社同士の研究が欠かせません。

口コミ・評判を確認する

口コミや評判を確認するのも、Web業界でホワイト企業を見極める方法です。口コミや評判は、従業員のリアルな声を直接知れる貴重な情報源です。

転職サイトや企業レビューサイト、社内SNSなどで、従業員の率直な意見・感想を確認できます。場合によっては、企業を退職した方の情報を入手できるため、転職前の状況判断が正確にできるはずです。

口コミや評判を確認するときは、ネガティブな意見だけでなく、ポジティブな意見も含めて総合的に判断する必要があります。

ネガティブな意見がある場合でも、その内容が個別の事例にもとづくものなのか、一般的な傾向なのかを見極めることが重要です。

また、口コミや評判を確認する際は、複数の情報源から情報を集めることが大切です。一つのサイトやSNSだけでなく、複数の情報源を確認することで、偏りがない意見を入手できます。

口コミや評判を確認する場合は、さまざまな意見を総合的に比較し、企業の実態を客観的に把握することが重要です。

一次請けの企業であるかどうか

一次請けの企業は、直接クライアントと取引を行う会社を指します。一次請けの企業はクライアントからの業務依頼を受けて直接取引を行うため、安定した案件を確保しやすいという特徴があります。

一次請けの企業であるかどうかを確認するには、取引先やクライアント情報を調査することが有効です。

企業の公式Webサイトや採用情報、取引先に関する情報が掲載されているメディアなどを確認することで、一次請けの企業であるかどうかを把握できます。

Web業界でホワイト企業を見極めるには、一次請けかを確認することが大切です。

研修制度が整っているか

研修制度が整っている企業は、従業員のスキルアップやキャリア形成を支援するための教育プログラムを提供しています。Web業界は常に新しい情報がアップデートされるため、初心者が独学で学ぼうとすれば時間が必要です。

しかし、企業が提供する研修を受けられれば、従業員は最新の知識やスキルを習得し、仕事に必要な能力を向上させることができます。

Web業界に転職する際「未経験でも仕事ができるか不安」「将来的に活躍できるかわからない」と悩むはずです。

研修制度が整っている企業は、Web業界未経験者に対しても的確なアドバイスができるため、安心して働けるでしょう。

高橋 宇内氏

研修制度が整っているかどうかは、企業の人材育成に対する取り組みや従業員のキャリア形成を考えるうえで重要なポイントです。

転職エージェントを活用する

Web業界での転職において、ホワイト企業を見極めるために有効な方法の一つは、転職エージェントの活用です。転職エージェントは求職者の希望条件やキャリアプランを考慮したうえで、最適な企業を紹介してくれます。

特にWeb業界においては、転職エージェントが持つ豊富な業界情報やネットワークを活用することで、ホワイト企業を見つけやすくなります。

また、転職エージェントは求人紹介以外にも、以下のようなサービスを提供しているのが特徴です。

  • キャリア面談
  • 業界情報の提供
  • 履歴書・職務経歴書の作成・添削
  • 面接対策
  • 選考後のフィードバック
  • 給与や入社日の交渉

転職エージェントは、転職活動に必要な選考対策のサポートも実施しています。Web業界の情報提供・求人紹介・選考対策を網羅的に受ければ、自分に合ったホワイト企業を見極められるはずです。

また、一般公開されていない非公開求人の紹介を受けられるのも大きなメリットです。非公開求人には、大手企業や隠れ優良企業もあるため、選択肢の幅が広がります。

Web業界でホワイト企業を見極めるには、転職エージェントの活用が欠かせないでしょう。

Web業界への転職におすすめの転職エージェント

ここではWeb業界への転職に興味がある人におすすめの転職エージェントを紹介します。

レバテックキャリア

レバテックキャリア
レバテックキャリアの特徴
  • 15年以上IT・Web業界に特化
  • ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1
  • 現場社員から収集した企業の内部情報を共有

 

レバテックキャリアは、IT・Web業界の転職支援において15年以上(※1)の歴史を有する転職エージェントです。

 

職種ごとに分かれたキャリアアドバイザーのサポートに定評があり、ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1(※2)を獲得した実績もあります。

 

また、企業の内部情報の収集に力を入れており、現場社員からヒアリングした生きた情報を共有してもらえることも特徴です。

 

社員のマネジメント方法や職場の雰囲気・スキル感など、入社前に知っておきたい情報を得られることは、転職の失敗を避けるためにも有効といえます。

 

(※1)レバテックキャリアの公式ホームページより
(※2)日本マーケティングリサーチ機構調べ 「2021年1月期 サービスの比較印象調査」1位

 

サービス名 レバテックキャリア
運営会社 レバテック株式会社
公開求人数 22,024件(※3)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 応募前に企業の詳しい情報を把握できる
  • ITエンジニアのキャリアについて相談できる
  • 年収アップに期待できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※3)2024年2月時点

 

マイナビITエージェント

マイナビITエージェント
マイナビITエージェントの特徴
  • 企業規模や募集職種など、取り扱い求人の幅が広い
  • 企業情報の収集を担当するリクルーティングアドバイザーが在籍
  • 非公開求人多数

 

マイナビITエージェントは、人材紹介企業大手の株式会社マイナビが運営する転職エージェントで、IT・Webエンジニアの転職に特化しています。

 

業界の転職事情に詳しい専任のキャリアアドバイザーが、ベンチャー企業から大手企業まで、さまざまな選択肢の中から最適な求人を紹介してくれます。

 

ITコンサルタントやインフラエンジニア、社内SEなど募集職種が幅広く、非公開求人が多数あることも、大手エージェントならではの特徴でしょう。

 

また、企業の情報収集を担当するリクルーティングアドバイザーが在籍しており、企業が求める人物像や内部情報を把握したうえで応募に進めるのもうれしいポイントです。

 

応募書類の添削や面接対策などの転職支援も充実しているため、一人で転職活動を進めるのが不安な方にもおすすめのサービスといえます。

 

サービス名 マイナビITエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 18,105件(※)
非公開求人数 6,002件(※)
おすすめポイント
  • 幅広い選択肢の中から自分に合った求人を見つけられる
  • 企業の詳しい情報を教えてもらえる
  • 初めての転職活動でも安心の転職支援
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※)SE・システムエンジニア(IT/通信/インターネット)、2024年2月時点

 

Geekly

geekly
Geeklyの特徴
  • IT・Web・ゲーム業界の求人多数
  • IT業界に特化した口コミサイトがある
  • 11年以上蓄積したノウハウをもとに求職者をサポート

 

Geeklyは、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントで、非公開求人を含めて27,000件超(※1)と、圧倒的な求人数の多さが特徴です。

 

11年以上にわたって蓄積されたノウハウを活かした転職支援が魅力で、たとえば、応募書類を添削する専門チームがあったり、コンサルタントの専門分野が職種別に細分化されていたりと、きめ細やかなサービスで転職を成功へと導いてくれます。

 

また、同社が運営する「Geeklyレビュー」では、企業で実際に働く社員から寄せられた口コミを閲覧できます。

 

応募前に活用すれば、社風や実情を把握でき、自身のアピールポイントの整理にも役立てられるでしょう。

 

(※1)Geeklyの公式ホームページより

 

サービス名 Geekly
運営会社 株式会社Geekly(ギークリー)
公開求人数 21,290件(※2)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 幅広い選択肢の中から希望に合う求人を見つけられる
  • 東京23区内の求人が見つかる
  • 応募書類の作成をサポートしてもらえる
対応地域
東京23区内が中心
公式サイト
(※2)2024年2月時点

 

Web業界によくある質問

Web業界によくある質問

Web業界によくある質問は、以下のとおりです。

Web業界がやめとけと言われる理由は何ですか?

以下の理由が要因で、Web業界はやめとけと言われています。

  • 未経験は年収が低い傾向にあるから
  • 顧客の依頼に左右されるから
  • 休日も働く可能性があるから
  • 制度にばらつきがあるから
  • 最新情報を常にキャッチする必要があるから
  • AIに淘汰されると聞いたことがあるから

Web業界の平均年収はいくらですか?

Web業界における職種の平均年収は、以下のとおりです。

職種平均年収
システムアナリスト1,223万円
システムコンサルタント987万円
クリエイティブディレクター905万円
セキュリティコンサルタント731万円
情報アーキテクト・UI/UXデザイナー676万円

Web業界の職種は全体的に平均年収が高いため、稼げるようになる可能性も十分にあるでしょう。

Web業界に向いている人の特徴は?

Web業界に向いている人と向いていない人の特徴は、以下のとおりです。

向いている人向いていない人
流行りに敏感な人
柔軟な対応ができる人
成長意欲が高い人
給与ではなくスキルを重視する人
学習意欲が低い人
コミュニケーションが苦手な人
チームで活動できない人

将来性はありますか?

あります

なぜなら、AIやDXの普及によって、Webスキル・技術を持った人材が必要とされているからです。

Web業界がやめとけと言われてもオワコンではない

Web業界は「やめとけ」「オワコンだ」といわれますが、向いている人にとっては自分の好きな働き方を選びながら、年収も上げることができる職業のひとつです。

ただし、Web業界がやめとけと言われる理由やメリット、向いている人などの情報をもとに、総合的に判断をしないと転職後ミスマッチになるかもしれません。

自分一人で判断するのが難しい方は、転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントはあなたの過去・現状・将来像を聞いたうえで的確なアドバイスができます。Web業界はやめとけと言われても、興味・関心がある方は、まず無料で利用できる転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。