スポーツメーカーへ就職する方法とは?業界の状況や求められる人材を解説

CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

  • X
  • facebook
  • LINE
  • linkedin
  • URLcopy
   
本記事は、転職エージェント公式サービス(リクルート・マイナビ・ビズリーチ等)の広告リンクを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

就職活動の際、スポーツ業界に携わりたいという想いから就職先を探す学生は多いのではないでしょうか。

スポーツ業界に貢献できる就職先は多岐にわたりますが、なかでもスポーツメーカーへの就職は、スポーツ製品を通じてスポーツ業界全般に関わることのできる人気の就職先として有名です。

単に「スポーツが好き」「スポーツ業界に関わっていきたい」という熱意だけでは、競争率の高いスポーツメーカーへの就職は難しいのが現実です。

本記事では、スポーツメーカーへの就職を志す就活生に対し、スポーツメーカーへ就職するために必要な対策や成功のポイントなどを紹介します。

目次

スポーツメーカーの業界事情

難易度の高いスポーツメーカーへの就職で採用を勝ち取るためには、業界への理解が欠かせません。ここでは、昨今のスポーツメーカーの業界事情について説明します。

国内・海外のスポーツ用品市場について

近年、日本国内・海外共にスポーツ用品市場は拡大傾向にあることが分かっています。

株式会社矢野経済研究所の調査によると、新型コロナウイルス感染症の影響で2020年は市場規模が縮小したものの、2021年にはコロナ前の2019年と比較して、むしろ拡大しているそうです。

参照:株式会社矢野経済研究所

また、2021年以降は市場規模は右肩上がりで推移しており、日本ビジネスにおいて注目を集めている分野といえるでしょう。

海外においても、QYResearchのスポーツ用品市場調査によると、世界のスポーツ用品の市場規模は2022年に800億米ドルを超え、2024年には1,160億米ドルにまで達することが予測されています。

参考:QYResearch

スポーツ用品市場拡大の背景には、人々の健康に対する意識の向上やストレス解消などがあげられます。

特に、個人でできる水泳やランニング、ヨガ、登山などのパーソナルスポーツ分野への普及によって、スポーツ用品の売り上げが伸びているそうです。

国内スポーツメーカ売上ランキング 

株式会社アシックス 3兆780億円
ミズノ株式会社 1兆697億円
株式会社デサント 1兆245億円

スポーツメーカーへの就職

国内外のスポーツ用品市場規模の拡大に伴い、スポーツメーカー業界の果たす役割も拡大し、今後は、さらなる海外展開なども期待されていることでしょう。

スポーツメーカーで採用されるためには、スポーツメーカー業界をさらに盛り上げる人材を求めることが考えられます。スポーツメーカーへの就職難易度はさらに高くなるかもしれません。

スポーツメーカーへの就職を成功させるためには、業界分析や自己分析をするだけでなく、学生時代から自分の能力を高める努力は必須と考えられます。

また、採用の確率を高めるためにエージェントなどの相談先を持っておくのも良いかもしれません。

スポーツメーカーへの就職を無料相談

スポーツメーカーの仕事

スポーツメーカーへ就職すると、どのような業務に携わるのでしょうか。ここでは、文系と理系に分けて、スポーツメーカーで担当する可能性のある職種について説明します。

文系職

スポーツメーカーで勤務する方は、スポーツメーカーで開発された製品を消費者に届けるために、様々な努力をする必要があります。その代表的な業務のひとつが営業です。

スポーツ用品店への営業は、自社製品を消費者に浸透させるために重要な役割を担います。主な営業先は、大型スポーツ店や個人営業のスポーツ用品店があげられます。

マーケティング職は、市場調査や製品のプロモーション、価格設定などの戦略立案を行います。また、広報職は、企業のイメージ向上や情報発信を担当し、デザイナーは、製品や広告のビジュアルデザインを担当します。

このように文系職種では、コミュニケーションスキルや創造力、分析力などが求められることが通常です。

理系職

理系職には主に研究開発職があります。研究開発職では、新しい技術や素材の開発、既存製品の改良などを行い、スポーツの進化に寄与できるでしょう。

この職種では、専門的な知識や技術が求められますが、それだけでなく、創造力や柔軟な思考も重要とされる仕事です。

スポーツメーカーへの就職を無料相談

スポーツメーカーで働くメリット

スポーツ製品を通じてスポーツ業界を支えるだけでなく、国際的に展開している企業も多いため、グローバルな舞台で活躍することも可能です。

以下、スポーツメーカーで働くメリットを解説します。

スポーツ製品を通じてスポーツ業界を支えられる

スポーツメーカーで働くことで、スポーツ製品を通じてスポーツ業界を支える一翼を担うことができるでしょう。これは、スポーツが好きな人にとっては非常にやりがいのある仕事と言えるはずです。

新しい技術や素材を用いて、より高性能な製品を開発することで、アスリートのパフォーマンス向上に役立つことができます。

グローバルに活躍できる

多くのスポーツメーカーは国際的に展開しており、海外での勤務や出張のチャンスもあります。そのため、異文化交流の機会も増えて、より幅広い視野を持つことができるようになるでしょう。

また、海外の最新トレンドや技術をいち早くキャッチすることも可能となるため、スポーツ業界の最先端にいたい方には大きなメリットになるはずです。

スポーツメーカーへの就職を無料相談

スポーツメーカーで働くデメリット

スポーツメーカーで働くデメリットを解説します。

土日や祝日に出勤する可能性がある

スポーツ業界は、多くの大会やイベントが土日や祝日に行われるため、それに関連する業務で出勤が求められることがあります。これは、家族や友人との時間を大切にしたい人にはデメリットとなるかもしれません。

スポーツメーカーによっては、ライフワークバランスを考慮した制度が組み込まれていることもあるでしょう。アドバイザーに土日や祝日勤務があまりない企業に勤めたいことを伝えておくと、希望条件に沿った職場へスムーズに就職できるでしょう。

希望の部署で働けるとは限らない

スポーツメーカーは多岐にわたる部署が存在し、入社時や転職後に希望する部署に配属されるとは限りません。ただし、異なる部署での経験は、将来的に幅広い業務に対応するためのスキルや知識を身につける絶好のチャンスとも言えます。

入社してしばらくは、経験を積み勉強の時期であると割り切って働くことも必要かもしれません。

スポーツメーカーに向いている人材

スポーツメーカーに向いている人材の特徴を解説します。

スポーツに対し情熱をもっている

スポーツ業界で成功するためには、スポーツそのものへの情熱や愛情が欠かせません。スポーツへの情熱は、仕事のクオリティや効率を高める要因となります。

ただし、スポーツが好きなだけで評価が高くなるわけではありません。スポーツから何を学んだのか、どのようなことを仕事に活かせるのかをアピールできるようにまとめておきましょう。

ものづくりが好き

スポーツメーカーは、製品の開発や改良に関わる仕事が中心です。ものづくりに情熱を持って取り組める人は、この業界で大きな成功を収めることができるでしょう。

スポーツメーカーと言っても、活躍できるのはスポーツマンだけとは限らないのです。むしろ、理工学部出身者や美術系出身者など、一見スポーツとは無関係の方たちが企業の成長を支えている場合もあります。

なお、商品開発に関わる開発職のほとんどは、理工学部からの登用が多いとされています。スポーツメーカーは様々な能力の集まりで支えられているといえるでしょう。

グローバルに活躍できる

英語をはじめとする外国語能力や異文化理解能力を持つ人は、国際的なプロジェクトや海外事業に関わることが多く、その能力を存分に発揮できるでしょう。

特に、スポーツは世界のどこにおいても人気があります。ナイキやアディダス、プーマなどの主要スポーツメーカーは更なるグローバル化を目指しているでしょう。

国内のスポーツメーカーも同様に、世界マーケットを対象としたグローバル化を目指しています。外国語のスキルやTOEICで優秀な成績を収めていれば高評価に繋がるかもしれません。

スポーツメーカーへの就職を無料相談

スポーツメーカーへの就職を成功させるには?

スポーツメーカーへの就職を成功させる方法を解説します。

自己分析を行う

自分の強み、弱み、経験、興味・関心を明確にし、それを活かせる職種や部署を見つけることが大切です。自己理解が深まれば、エントリーシートや面接でも自分をアピールしやすくなります。

スポーツメーカーで、自分がどのように活躍したいのか、何が向いているのかをよく考えてみましょう。自己分析が難しい場合には、より客観的な意見が必要となるでしょう。

信頼できるエージェントに登録して、アドバイザーからヒアリングを受けることによって新たなご自身の強みが見えてくるはずです。

企業分析や業界分析を行う

入社したい企業の経営状況、文化、取り組んでいるプロジェクトなどを把握することで、志望動機や適性を明確にすることができます。 

特に国内のスポーツメーカーを受ける場合や、大手スポーツメーカーを受ける場合には、なぜそのメーカーで働きたいのか、メーカーはどのような人材を求めているのかなどを考えてみましょう。

エージェントを活用する

転職エージェントは、業界のトレンドや求人情報、企業の内情などを詳しく知っているため、アドバイスを受けながら就活を進めることが有効です。転職や就活を効果的に進めるためには、適切な情報を手に入れることが不可欠です。

特に、スポーツ業界を目指す方には、業界特有の求人や情報が集まるサイトを活用することを強く推奨します。

専門的な就活サイトは、業界の動向や特色を把握しやすく、また、企業ごとの情報も豊富に揃っています。それにより、自分の適性や興味に合った求人を見つけやすくなるでしょう。

さらに、一般的な転職サイトと比べて、競合する応募者が少ないため、成功確率も上がります。

スポーツメーカーへの就職を無料相談

スポーツメーカーへの就職におすすめな転職サービス

スポーツメーカーへの就職には、スポーツ業界への知見や転職に関するノウハウを持ったサービスに登録しましょう。

マイナビアスリートキャリア

マイナビアスリートキャリア

マイナビアスリートは、株式会社マイナビが運営するスポーツ系専門の無料転職サービスです。体育会学生やスポーツ経験者の転職活動を徹底的にサポートします。

ご自身のスポーツ経験を社会人スキルとして活かす方法や、スポーツに携わるためのキャリアプランを提案してくれるでしょう。どのような悩みでも相談を受けてくれますので、まずは無料登録してみることをおすすめします。

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 364,921件
非公開求人数 233,721件
おすすめポイント
  • 求人数の多さが売り
  • 質の高いキャリアアドバイザーがトータルサポート
  • 多くの転職者が給料アップを実現
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※求人数は2023年12月現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2023年12月時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 67,499件(※1)
非公開求人数 18,873件(※1)
おすすめポイント
  • キャリアドバイザーにしっかり相談できる
  • はじめての転職活動でも安心の徹底したサポート
  • 夜間や土曜日に相談できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

doda

doda
dodaの特徴
  • 圧倒的な求人数
  • 顧客満足度No.1を獲得
  • 直接応募も可能

 

dodaは、圧倒的な求人数と顧客満足度の高さが特徴の転職エージェントです。

 

保有求人は公開・非公開合わせて20万件超(※1)と多数で、キャリアカウンセリングを受けられる拠点は全国に12ヵ所あり、大手エージェントの中でも有数の規模を誇ります。

 

また、顧客満足度ランキングで1位(※2)を獲得した実績もあり、手厚いサポートと質の高い求人紹介に期待できるでしょう。

 

dodaでは、転職エージェントを介した応募のほか、気になる求人に自分で直接応募できる機能も備えられています。さらに、企業から直接スカウトが届くサービスもあり、自分に合った方法で転職活動を進められるのも魅力です。

 

(※1)2023年12月時点の求人数
(※2)2023年オリコン顧客満足度調査 「転職エージェント 20代」で1位

 

サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 223,854件(※3)
非公開求人数 39,055件(※3)
おすすめポイント
  • 多くの求人の中から選べる
  • 自分のペースで転職活動を進められる
  • 徹底してサポートしてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※3)2023年12月時点

 

【dodaの口コミ・評判】

初めての転職におすすめ
初めての転職で使用しました。最初はdodaさんではないところを使っていたのですが求人が最初来たきり紹介がなく他も利用しようと思いdodaさんを登録。エージェントも登録し担当についてくれた方がとても熱心でした。コロナ禍で書類通過率はかなり悪かったですが絶えず求人紹介を頂けましたし、転職活動を進めるにつれ書類通過率も上がってきました。他サイトの口コミなどであるように専門性には欠けるかもしれませんが初めてで右も左も分からない方にはおすすめです。在職中で忙しい人もlineでやりとりできますし、職務経歴書や志望動機などもざっくりした文章でも添削と調整をしてくれてサポートはかなり手厚いです。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

こちらの不安や要望に適した丁寧な対応に満足でした
印象的なテレビCMのキャッチコピーに背中を押されて、登録をしました。
担当の方は、とても穏やかで丁寧な対応をしてくださいました。
求人情報に関しても、こちらの要望に沿うように、繰り返し複数求人をご紹介くださいました。
また、私が職選びや面接や転職後のことで抱える不安や疑問にも一つ一つ答えて下さり、大変心強かったのが印象的でした。レスポンスに関しては、まれに時間がかかることもありましたが、全体的に満足しています。
おかげさまで無事に転職もでき、最後まで面倒を見てくださった担当者様には大変感謝しております。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

 

 

スポーツメーカーへの就職に関するよくある質問

スポーツメーカーへの就職でよくある質問を解説します。

有利な出身大学や学部は関係ありますか?

一般的に、特定の大学や学部だけが有利というわけではありません。しかし、スポーツ関連の学部や研究をしていた場合、その経験や知識がプラスとして評価されることはあります。

スポーツでの経験がどのように活かせるかを考えておきましょう。

取得しておくべき資格はありますか?

特定の資格が必須というわけではありませんが、商品開発や販売に関連する資格、または英語の資格などがあれば、幅広い業務に対応できる強みとなるはずです。

特に、グローバル市場を意識しているスポーツメーカーに就職したい場合には英語は必要なスキルとなるでしょう。

小売業からスポーツメーカーへの転職は可能ですか?

もちろん可能です。小売業での経験は、商品の販売戦略や消費者のニーズを理解する上で非常に有用です。

その経験を活かして、スポーツメーカーでの業務に取り組むことができます。

スポーツメーカーへの就職を無料相談

最後に|スポーツメーカーへの就職に挑戦してみよう

スポーツメーカーへの就職は、競争率が高く難易度も高いと言われることもあります。しかし、その分、成功したときの達成感や働きがいは格別でしょう。

ご自身のスポーツに対する情熱や経験を活かして、スポーツ業界での夢を追求してみましょう。

スポーツメーカーへの就職成功の第一歩として、まずは、エージェントに登録して無料登録することをおすすめします。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。