【2023年最新版】QAエンジニアにおすすめの転職エージェント5選

CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

  • X
  • facebook
  • LINE
  • linkedin
  • URLcopy
   
本記事は、転職エージェント公式サービス(リクルート・マイナビ・ビズリーチ等)の広告リンクを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

テストケースの作成が日々のルーチンになってしまい、スキルアップの余裕がない…

フロントエンド、バックエンドのエンジニアと比べて、QAエンジニアの評価が低い気がする…

QAエンジニアとして働いていると、このような悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

QAエンジニアは、プロジェクトの成功にとって欠かせない存在ですが、その貢献度が見えにくいため、やりがいを感じられずにいる方もいるでしょう。また、エンジニアとしてスキルアップやキャリアアップしたいと考えながらも、具体的な行動を起こすきっかけが見つからないという状況に置かれている方も多いかもしれません。

しかし、もしあなたが今の状況から変化を求め、自身のキャリアをステップアップさせたいと思うのであれば、3ヵ月程度で叶います。転職エージェント大手のマイナビAGENTによれば、約2割の人が1ヵ月半で、約8割の人が約3ヵ月で転職を成功させているからです(※)。

この記事では、現状から脱却したいと考える方のために、QAエンジニアにおすすめの転職エージェントを5つピックアップして紹介しました。

この記事を参考に転職エージェントへ無料登録して、年収アップやスキルアップ、キャリアアップなどあなたの希望を実現しましょう。

【参考記事】転職活動の期間は平均どれくらい?必要な準備や成功のポイントは?|マイナビAGENT

目次

QAエンジニアにおすすめの転職エージェント5選を比較

早速、QAエンジニアにおすすめの転職エージェントを紹介します。いずれもエンジニアの求人をたくさん保有している転職エージェントです。

各転職エージェントは独占求人を保有していることが通常ですから、少なくとも2~3社は登録しておきましょう

マイナビITエージェント

マイナビITエージェント
マイナビITエージェントの特徴
  • 企業規模や募集職種など、取り扱い求人の幅が広い
  • 企業情報の収集を担当するリクルーティングアドバイザーが在籍
  • 非公開求人多数

 

マイナビITエージェントは、人材紹介企業大手の株式会社マイナビが運営する転職エージェントで、IT・Webエンジニアの転職に特化しています。

 

業界の転職事情に詳しい専任のキャリアアドバイザーが、ベンチャー企業から大手企業まで、さまざまな選択肢の中から最適な求人を紹介してくれます。

 

ITコンサルタントやインフラエンジニア、社内SEなど募集職種が幅広く、非公開求人が多数あることも、大手エージェントならではの特徴でしょう。

 

また、企業の情報収集を担当するリクルーティングアドバイザーが在籍しており、企業が求める人物像や内部情報を把握したうえで応募に進めるのもうれしいポイントです。

 

応募書類の添削や面接対策などの転職支援も充実しているため、一人で転職活動を進めるのが不安な方にもおすすめのサービスといえます。

 

サービス名 マイナビITエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 17,289件(※)
非公開求人数 6,311件(※)
おすすめポイント
  • 幅広い選択肢の中から自分に合った求人を見つけられる
  • 企業の詳しい情報を教えてもらえる
  • 初めての転職活動でも安心の転職支援
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※)SE・システムエンジニア(IT/通信/インターネット)、2023年12月時点

 

レバテックキャリア

レバテックキャリア
レバテックキャリアの特徴
  • 15年以上IT・Web業界に特化
  • ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1
  • 現場社員から収集した企業の内部情報を共有

 

レバテックキャリアは、IT・Web業界の転職支援において15年以上(※1)の歴史を有する転職エージェントです。

 

職種ごとに分かれたキャリアアドバイザーのサポートに定評があり、ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1(※2)を獲得した実績もあります。

 

また、企業の内部情報の収集に力を入れており、現場社員からヒアリングした生きた情報を共有してもらえることも特徴です。

 

社員のマネジメント方法や職場の雰囲気・スキル感など、入社前に知っておきたい情報を得られることは、転職の失敗を避けるためにも有効といえます。

 

(※1)レバテックキャリアの公式ホームページより
(※2)日本マーケティングリサーチ機構調べ 「2021年1月期 サービスの比較印象調査」1位

 

サービス名 レバテックキャリア
運営会社 レバテック株式会社
公開求人数 21,424件(※3)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 応募前に企業の詳しい情報を把握できる
  • ITエンジニアのキャリアについて相談できる
  • 年収アップに期待できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※3)2023年12月時点

 

ダイレクトタイプ

Direct Type
ダイレクトタイプの特徴
  • 企業から直接スカウトが届く
  • さまざまな企業の求人を取り扱う
  • iOS限定の使いやすいアプリがある

 

ITエンジニア転職に特化しているダイレクトタイプでは、登録して待つだけで企業からスカウトが届くサービスを展開しています。

経歴やスキルをもとにオファーが来るため、マッチ度が高い転職を叶えられるでしょう。

 

自分で求人を検索しての応募も可能で、有名企業からスタートアップのベンチャー企業まで、1,600以上(※)もの求人から検索できます。

 

保有スキルや使用ツールなど、実力や希望条件を指定して的確に検索できるのもうれしいポイントです。

 

さらに、iOS限定のアプリには、タップするだけで簡単に職務経歴書が完成する機能や、最適な求人がレコメンドされる機能が搭載されています。

 

ITエンジニアの仕事と両立しながら、手間をかけずに転職活動を進めたい方におすすめのエージェントです。

 

(※1)ダイレクトタイプの公式ホームぺージより

 

サービス名 ダイレクトタイプ
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数 1,600件以上(※1)
非公開求人数 -
おすすめポイント
  • マッチ度が高い転職を実現できる
  • オファーがくるため転職活動に時間を割かなくていい
  • 幅広い企業の求人を見ることができる
対応地域
不明
公式サイト

 

ウィルオブテック

ウィルオブテック
ウィルオブテックの特徴
  • 2名体制で求職者を徹底サポート
  • 年収アップの実績多数
  • サポート期間の制限なし

 

ウィルオブテックは、丁寧な転職サポートに特色があるITエンジニア特化型の転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーとリクルーティングアドバイザーの2名体制で求職者を支援しており、将来を見据えた求人の紹介や徹底した企業対策に力を入れています。

サポート期間の制限がないため、納得いくまで転職活動を続けられることも魅力のひとつです。

 

また、年収が上がった実績が多いこともウィルオブテックの特徴で、中には150万円以上の年収アップ(※)に成功した転職者もいるようです。

現時点で年収を上げられなくても、将来的に年収を上げるためのキャリアステップもアドバイスしてもらえるため、年収を軸に転職活動を進めたい方は見逃せないエージェントでしょう。

 

(※1)ウィルオブテックの公式ホームページより

 

サービス名 ウィルオブテック
運営会社 株式会社ウィルオブ・ワーク
公開求人数 2,994件(※2)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • じっくりと転職活動ができる
  • 年収を重視して転職できる
  • 1人で転職活動を進める不安がなくなる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※2)2023年12月時点

 

Geekly

geekly
Geeklyの特徴
  • IT・Web・ゲーム業界の求人多数
  • IT業界に特化した口コミサイトがある
  • 11年以上蓄積したノウハウをもとに求職者をサポート

 

Geeklyは、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントで、非公開求人を含めて27,000件超(※1)と、圧倒的な求人数の多さが特徴です。

 

11年以上にわたって蓄積されたノウハウを活かした転職支援が魅力で、たとえば、応募書類を添削する専門チームがあったり、コンサルタントの専門分野が職種別に細分化されていたりと、きめ細やかなサービスで転職を成功へと導いてくれます。

 

また、同社が運営する「Geeklyレビュー」では、企業で実際に働く社員から寄せられた口コミを閲覧できます。

 

応募前に活用すれば、社風や実情を把握でき、自身のアピールポイントの整理にも役立てられるでしょう。

 

(※1)Geeklyの公式ホームページより

 

サービス名 Geekly
運営会社 株式会社Geekly(ギークリー)
公開求人数 19,627件(※2)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 幅広い選択肢の中から希望に合う求人を見つけられる
  • 東京23区内の求人が見つかる
  • 応募書類の作成をサポートしてもらえる
対応地域
東京23区内が中心
公式サイト
(※2)2023年12月時点

 

QAエンジニアの転職に強いエージェントの選び方とは

上記で紹介した転職エージェントへの登録をおすすめしますが、もちろん、これら以外のところを選んでも問題はありません。

ただし、QAエンジニアで転職を成功させたいなら、次のポイントを守って転職エージェントを選ぶようにしてください。

QAエンジニアの転職に特化したエージェントを選択する

QAエンジニアの転職に成功するためには、特化したエージェントの選択が必須です。

QAエンジニアに特化したエージェントは、業界の特性、求人の傾向、企業の求めるスキルなど、QAエンジニアの転職に必要な情報を豊富に持っています。一般的な転職エージェントでは提供できない、具体的なアドバイスやサポートを受けられるのがメリットです。

より精度が高くなるので、年収アップやスキルアップ、ワークライフバランスを整えるなど、あなたの希望を満たした転職を実現できる可能性が高まるでしょう。

大手転職エージェントも併用する

QAエンジニアの転職活動では、特化エージェントと大手エージェントを併用すると効果的です。

大手エージェントは、豊富な求人情報と幅広い業界へのネットワークを持つため、多様な選択肢を提供できます。一方で、特化エージェントはQAエンジニアのニーズに深く対応してもらえるのがメリットです。

大手転職エージェントも併用することで、大手エージェントの多岐にわたる情報と特化エージェントの深い知識を両方活用でき、自分に最適な求人を見つけやすくなるでしょう。

QAエンジニアが転職エージェントを活用するメリット

QAエンジニアとしてのスキルはもちろん大切ですが、転職成功のためには転職エージェントの活用が欠かせません。

ここでは、転職エージェントを活用するメリットを5つに絞って紹介します。

転職が初めてでもサポートしてもらえる

「本当にうまく転職できるんだろうか」「自分にあう求人がなかったらどうしよう」といったように、初めての転職はさまざまな不安が伴います。

また、転職活動が初めてだと、「そもそも転職エージェントを利用すること自体に気が引けてしまう…」なんて方もいるかもしれません。

けれど、そのような不安は全く必要ありません。キャリアアドバイザーは転職が初めての方の心配も把握しているので、精神的な部分も含めて、しっかりサポートしてもらえるでしょう。

履歴書や職務経歴書を添削してもらえる

転職エージェントを利用すると、内定獲得を高めるために履歴書や職務経歴書の添削を受けられるのもメリットです。

キャリアアドバイザーは各企業の採用担当と密な連絡をとり、どのような人物を必要としているかしっかり把握しています。また、転職成功のためにどのような表現や情報が重要かを理解しているため、効果的な書類作成をサポートしてもらえます。

履歴書や職務経歴書は、自身のスキルや経験を企業に伝える重要なもので、内定獲得のための第一歩となるものです。

キャリアアドバイザーから専門的な意見を取り入れつつ書類を作成することは、転職成功のためには不可欠です。

面接の対策をしてもらえる

転職エージェントは、面接対策も実施します。面接対策では、あなたの魅力が伝わるように、企業の求める回答や自己PRの方法など、有用なアドバイスを提供します。

よくある質問の回答や、どういった意図でその質問がされているか、なんてことを教えてもらえます。 面接は転職成功のための重要なステップです。サポートを受けて十分に対策をしておけば、内定獲得の確率がぐっと高まるでしょう

条件にあった求人を多数紹介してもらえる

転職エージェントのメリットとして、自分の条件にマッチする求人を多数紹介してもらえる点も挙げられます。

転職エージェントは幅広い求人情報保有しています。希望の職種、勤務地、給与、企業風土などをヒアリングしたうえで、条件に合った求人をしっかりと提案してもらえるでしょう。

一方で、自分一人で求人情報を探すのは時間と労力がかかります。転職エージェントのサポートがあることで、より効率的な転職活動が可能になります。

企業の内部情報を教えてもらえる

転職エージェントは、企業の内部情報を提供してくれることもあります。これは、キャリアアドバイザーが各転職先と密に連携を取っているからです。

求人情報だけではわからない、企業の文化や働きやすさなど、「転職する前に知っておきたいその企業のホントのところ」をしっかり教えてもらえます。

「転職したけれど思っていたのと違った」のように、早期離職する状況を避けられるでしょう。

QAエンジニアが転職エージェントを利用する流れ

転職エージェントの利用は難しくありません。ここでは、利用の流れを簡単に確認しておきましょう。

登録と面談

まずは、転職エージェントへの登録から始めましょう。各転職エージェントの登録画面に飛び、必要な情報を入力してください。通常は5分程度で終わります。

登録後は転職エージェントに在籍するキャリアアドバイザーから連絡があるので、面談の日程を決めてください。面談では、これまでのキャリアや希望条件などのヒアリングがあります。

面談は今後の転職活動の方向性を決定づけるとても重要なものですから、「QAエンジニアが転職エージェント利用前にするべき事」にある通り、これまでの仕事内容や希望条件をまとめておきましょう。

求人の紹介

次に、エージェントからあなたにマッチする求人情報が紹介されます。

希望条件や経験に合わせた紹介がされるので、キャリアアップやスキルアップ、年収アップなどにつながる求人を提案してもらえるでしょう。

履歴書作成と面接対策のサポート

応募する求人が決まったら、履歴書作成と面接対策のサポートをおこなってもらえます。どちらも内定に直結する重要なものですから、納得するまで何度も対策してもらいましょう。

「ぜひ会いたい」と思わせるような履歴書作成方法や「ぜひ、自社に来てほしい」と思わせる受け答えを指導してもらえます。これによって、内定獲得がぐっと近づくでしょう。

内定・アフターサポート

面接後は、いよいよ内定です。ただし、内定後も転職エージェントのサポートは続きます。アフターサポートとしては、「年収の交渉」や「入社日の調整」などが挙げられます。

とくに、「年収の交渉」は、あなた自身では気が引けてしまうことも少なくないでしょう。また、どのように交渉したらよいかわからない方もたくさんいるはずです。

年収交渉はシビアになりがちで、高いノウハウが求められます。キャリアアドバイザーに代わって交渉してもらえますから、安心して任せられるでしょう。

QAエンジニアが転職エージェント利用前にするべき事

転職エージェントを利用してスムーズな転職を実現するには、あなた自身の準備も必要です。ここでは、転職エージェント利用前にしておくべきことをまとめました。

履歴書や職務経歴書の下書きをする

転職エージェントを利用する前に、履歴書や職務経歴書の下書きを作成するとよいでしょう。

履歴書や職務経歴書を事前に作成するのは、自己分析をおこない、自分の強みやスキルを明確にするためです。

また、サポートの一環でこれらを添削してもらえますが、事前に作成しておけば、より精度の高いアドバイスをもらえることにつながるでしょう。

これまでの仕事内容を振り返る

利用前に、これまでの仕事内容を振り返ることも重要です。自身がこれまでどのような業務に従事してきたか、何が得意で何が苦手かを明確にしておきましょう。

これは、面談をスムーズに進めるためです。

過去の経験を整理し、自分の強みやスキルを整理しておくことで、より適切な職種や企業を提案してもらいやすくなるでしょう。

転職先の希望条件をまとめる

面談をスムーズに進めるために、転職先の希望条件もまとめておくのもおすすめです。

希望する給与、勤務地、職種、企業の規模や文化など、具体的な希望条件をまとめることで、転職エージェントはあなたに最適な求人を探せやすくなります。

なお、希望条件が多すぎると、求人が見つからないなんてことにもなりかねません。絶対に譲れない条件として3つ程度を箇条書きでまとめておくとベターです。

ただし、「年収3,000万がよい」といったような、非現実な希望条件は避けてください。条件を伝えるといっても、あまりに非現実な条件を提示しては求人紹介が難しくなります。

得意業務・不得意業務を明確にする

利用前には、得意な業務と不得意な業務を明確にすることは重要です。

自分の得意・不得意な業務を明確にすることで、転職エージェント側としても、自己PRや面接でアピールするポイントを見つけやすくなります。

さらに、希望条件に合った求人が提案しやすくなるのもメリットです。不得意業務を担当する求人を紹介されても、ほとんど意味はありません。

あなたが得意とする業務が担当できる求人に応募することで、転職後も長く活躍できることが期待できます。

QAエンジニアのキャリアパス

QAエンジニアのキャリアパスは多岐に渡りますが、ここでは、代表的なキャリアアパスを2つ紹介します。

QAマネージャー

QAエンジニアのキャリアパスの一つに、QAマネージャーがあります。

QAマネージャーは、チームを統括し、全体の品質保証戦略を立案・実行します。QAエンジニアの経験を活かし、大規模なプロジェクトの品質保証を担当する重要なポジションです。

QAマネージャーになることで、技術的なスキルだけでなく、管理やリーダーシップのスキルも身につけることができます。これは、あなたのキャリアをさらに発展させるために役立つでしょう。

シニアQAエンジニア

QAエンジニアのキャリアパスとして、シニアQAエンジニアも考えられます。

シニアQAエンジニアは、QAエンジニアとしての経験を活かし、より高度なテスト計画の作成や実行、複雑な問題の解決などを担当します。イメージとしては、スペシャリストとしてより高いスキルを発揮するといったものです。

さらに高度な技術的スキルや問題解決能力が必要となるでしょう。ただし、スキルを高めて市場価値が高まれば、大幅な年収アップも期待できます。

QAエンジニアの転職でよくある質問

最後に、QAエンジニアの転職でよくある質問をまとめました。参考にしてください。

QAエンジニアの転職で持っておくと良い資格は?

QAエンジニアの転職において有利になる資格として、以下のものが挙げられます。

これらの資格があれば、企業からの信頼を得やすくなるでしょう。その結果、転職市場での競争力向上が期待できます。

  • ソフトウェア品質技術者資格認定(JCSQE)
  • IT検証技術者認定試験(IVEC)
  • JSTQB認定テスト技術者資格
  • QC検定 など

QAエンジニアの平均年収は?

QAエンジニアの平均年収は、経験年数や担当業務、働く企業の規模によりますが、おおよそ約400万円~700万円の範囲に収まるでしょう。

なお、マイナビIT AGENTの調査によると、QAエンジニアの平均年収は526万円となっています。

もちろん、給与は、経験が増えるにつれて、給与も上昇する傾向にあります。経験やスキルが高まると、企業にとっての価値も高まり、それが給与に反映されるからです。

【参考記事】品質管理(QC)/品質保証(QA)|マイナビIT AGENT

QAエンジニアの求人を出している企業や業界は?

IT業界を中心にQAエンジニアの求人は多くあります。

特に、ソフトウェア開発会社、システムインテグレーション企業、Webサービスを提供する企業などです。

IT業界未経験者がQAエンジニアになるには?

IT業界未経験者がQAエンジニアになるためには、とにかく転職エージェントのサポートを受けることが重要です。

実は、QAエンジニアは未経験OKの求人もたくさんあります。登録すれば、未経験でも採用してもらえる企業を紹介してもらえるでしょう。

そのうえで、入社までに学んでおくべきことがあれば、アドバイスを受けて素直に実行しておくことが重要です。

まとめ

QAエンジニアが転職を成功させる鍵は、転職エージェントの選び方と事前準備にあります。

転職エージェント選びでは、まず、QAエンジニアに特化したエージェントを選ぶことが重要です。業界のトレンドや求人情報、企業の情報に精通しており、あなたのスキルや経験を最大限に活かせる転職先を見つける手助けをしてくれます。

ただし、大手転職エージェントも併用しましょう。多くの求人情報を持っており、大規模なプロジェクトや大手企業への転職を希望する方にとって有利だからです。

また、事前準備については、仕事内容を振り返ったり、希望条件をまとめたりしておくことが重要です。面談がスムーズに進み、あなたにぴったりの求人情報を紹介してもらえる確率が高まります。

ぜひ、この記事で紹介した転職エージェントに登録して、スキルアップや年収アップなどを実現してください。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。