子持ち女性の転職は厳しい?知っておきたい転職成功のためのポイント

           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

「育児をしながら働く女性も正社員に転職できる?」と、悩んでいませんか。

育児休暇から復職後、出産前のように仕事ができないと悩む女性は多いでしょう。

転職を考え調べてみると、子持ち女性の転職は厳しいと耳にすることもあり、転職をためらってしまうかもしれません。確かに採用を控える企業もありますが、子持ちだからといって必ずしも正社員になれないわけではありません。

そこで本記事では、子持ち女性の転職が厳しいと言われる理由と転職のポイントをまとめました。

さらに、子持ち女性が転職する際のポイントも紹介しています。働き方を変えたいけれど、転職になかなか踏みきれないとお悩みの方は、ぜひ参考にチェックしてみてください。

関連記事:30代向け転職サイトおすすめ比較ランキング【2024年最新】女性・男性・フリーターなど解説

目次

子持ち女性の転職は本当に厳しいのか?

子持ち女性が転職をする理由はさまざまです。子供との時間を増やしたい、通勤時間を減らしたいなど、働き方に制約が出てしまうこともあります。

そのため、働く時間や条件がより柔軟的な他の求職者が採用されることもあり、転職が厳しいと感じる子持ち女性も多いでしょう。

そこで、子持ち女性の転職が厳しいといわれる理由について、3つ紹介します。

採用されにくいこともある

先述したように、働き方に制約のない求職者と比べられた場合に、子持ち女性は不利になるケースがあります。

応募条件を満たしていても、10時から16時まで働ける人材と9時から18時まで働ける人材では、長時間働ける人材を採用するケースもあります。また、子持ち女性は、子供の体調不良・学校行事等で仕事を休む日もあるでしょう。

育児に対して理解が乏しい企業では、子持ち女性がそもそも採用されにくいことが考えられます。

子持ち女性ならではの大変さがある

子持ち女性の転職が厳しい理由の一つには、子持ち女性ならではなの大変さも関わっています。

育児・家事・仕事と3足のわらじをはき、毎日慌ただしく過ごす育児中の女性は、自分の時間がありません。転職活動を始めると、条件に近い求人の検索や、応募書類の用意、面接日程の調整など、転職活動にも時間を使わなかればならず、転職活動が進まないと感じることもあるでしょう。

また、子持ち女性の年齢は20代〜40代とさまざまですが、30代〜40代では正社員の求人数が減るなど、希望条件とマッチした求人に出会えない問題もあります。

このように、育児をしながら転職活動に使える時間的な問題と、年齢による求人数減少などにより、子持ち女性の転職が厳しいと感じます。

子持ち女性を受け入れる職場も増えている

子持ち女性の転職は厳しいと感じますが、一方で育児や育児をしている女性に対して理解をし、受け入れる企業も増えています。

このような企業を探せるかどうかも、転職活動のスムーズさに関わってくるでしょう。

育児に理解の乏しい企業では、そもそも子持ち女性が採用されることは稀です。また採用されたとしても、育児と仕事の両立が難しいと感じ、退職してしまうかもしれません。

現在は、時短勤務など育児をする女性が働きやすい環境を整える企業も増えています。このような企業の求人を見つけ、転職活動をすることが大切です。

子持ち女性の転職のタイミングは?

子持ち女性が転職をする際は、タイミングも重要です。子供が成長し時間ができるタイミングもあるので、タイミングを考えて転職することで、転職活動がスムーズになります。

3歳になったとき

まず、子供が3歳になった時です。

3歳以前は保育園に通っていても、体調不良で職場を休むことが多く転職活動も難しい時期です。予定していた面接日に子供が熱を出してしまい、面接ができなかったということもあるかもしれません。

3歳になると、保育園にも慣れ、急な体調不良も少なくなってくる時期です。仕事・育児の二刀流にも慣れるころで転職活動がしやすいでしょう。

小学校に入学したとき

次に、小学校に入学するタイミングです。

入学すぐの場合は、午前中で学校から帰ってくる、子供が学校生活に不慣れなこともあり、転職活動には向きません。

学校生活に慣れたころであれば、5時間授業の日も増え時間的に余裕が生まれます。

中学校に入学したとき

子供が中学校へ入学したタイミングも考えてみましょう。

中学校に入学すると、子供の帰宅時間が部活動や塾などで遅くなります。

仕事ができる時間が増えることで、フルタイムで勤務でき、希望とマッチする求人も増えるかもしれません。

子持ち女性が企業を探す際にチェックすべき条件

ここでは、子持ち女性が転職する際にチェックするべき条件を紹介します。焦って転職してしまうと、以前の職場より働きづらい、育児と仕事が両立できないと、さらに悩んでしまうかもしれません。

そこで、注目するべき6つのポイントをぜひチェックしてみてください。

職場は家から近いか

子持ち女性は、朝ごはんやお弁当を作ったり、家族の洗濯物をしたり何かと忙しいものです。

通勤にかかる時間がトータル1時間なのと2時間なのでは、負担が変わってきます。

さらにお子さんに何かあったときにも対応の速さが変わってくるため、できるだけ通いやすい職場を選びましょう。

産休育休制度があるか

もし第2子や第3子の出産予定があるなら、重視したいポイントです。

育休産休の取得実績があるかまで確認できると、なお良いでしょう。大企業のほうが制度面で整備されているイメージがあるかもしれませんが、中小企業でも柔軟に対応している場合もあります。

働き方に柔軟性があるか

シフトの自由が効く、時短勤務ができるなどの条件があるかどうかもチェックしましょう。

どうしても時間を自由にしたいのであれば、バイトや派遣で採用されたほうがいいかもしれません。

子持ち女性は、子供の体調不良やイベントなどに左右されるため、いざという時に働き方に柔軟に対応できる企業であると安心です。

この条件に対して優先順位が高い方は、正社員にこだわらず転職活動をしてみることも検討しましょう。

子持ちの女性がどのくらい在籍しているか

自分と同じ立場の女性が多く働いていれば、あなたにとっても働きやすい職場である可能性が高いでしょう。

そのため、育児休暇を取得している方の割合などをチェックし、どんな方が働いているのかもリサーチしておきましょう。

経験を活かせるか

少しでも好条件や好待遇で採用されたければ、これまでの経験を活かせる仕事を選びましょう。

未経験の職種に転職することも可能ですが、未経験や誰でもできる仕事だと、報酬など条件が悪くなる可能性があるため要注意です。

働き続けられそうか

働き続けられそうか考えてみましょう。転職後「こんなはずじゃなかったのに…」と後悔しないようにするためには、職場に関する生きた情報をなるべく集めることがおすすめです。

インターネットでの検索だけでなく、口コミや、転職エージェントなどを活用して、情報を集めましょう。

子持ち女性が正社員に転職するためのポイント

ここでは、さらに正社員に転職するためのポイントを6つ紹介します。

定番の質問に対して答えを準備しておく

「子供に熱が出たらどうしますか?」「仕事と家事はどう両立するつもりですか?」など、面接で必ず聞かれるような質問に対しては、あらかじめ答えを用意しておきましょう。

その際には、話に具体的な根拠をもたせるようにしてください。まずはNGな答え方です。

「子供に熱が出たら休みます」という答えは、明らかに印象が悪くなります。

実際休んでしまう場合であっても、「近所に住んでいる両親がサポートに来てくれますが、どうしても都合がつかない場合お休みをいただくかもしれません」など譲歩もしつつ、仕事を続けられる具体的な根拠とともに返答しましょう。

妥協できる条件とできない条件を明確にする

採用されたい気持ちはあるものの、企業に対して譲歩したくない条件もあるでしょう。「どうしても17時には帰りたい」「○○万円以上はほしい」などそれぞれ希望があると思います。

全ての希望を叶えてくれる企業はめったにありません。そこで、職場に求める条件に関して優先順位を決めておくことが大切です。

ゆずれない条件と妥協できる条件をはっきりさせること、転職活動がスムーズに進でしょう。

企業に合わせて適切なアピールをする

固定化されたテンプレートのような受け答えよりも、企業に合わせて適切にアピールできるように準備しましょう。

先述したように、育児をしながら働く女性に対して理解のある企業も存在します。そのような企業では、積極的に子持ち女性を採用しているケースもあるため、企業をよく調べ、どのように貢献できるのか、適切にアピールをすることで採用確率を高めましょう。

バイトや派遣から正社員を目指すことも考える

正社員での求人がない場合やなかなか採用されない場合は、アルバイトや派遣社員から正社員を目指すことも検討してみましょう。

アルバイトや派遣社員のメリットは、柔軟な働き方が可能になる点です。シフト制で希望する時間に働けたり勤務時間や勤務場所を選べたりと、柔軟な働き方を重視する方にはおすすめでしょう。

将来的に正社員になりたい場合は、『紹介予定派遣』がおすすめです。紹介予定派遣とは、正社員雇用を前提とした派遣のことで、お金をもらいながら経験を積み、正社員を目指せます。

家族の理解を得る

育児中の女性の転職には、家族の理解を得ることも大切なポイントです。

たとえば、転職活動中は時間が少ないため、パートナーに家事や育児の分担をお願いする必要があります。もし、協力を得られない場合、面接日程に支障が出たり、企業側は家族の協力がないことで業務に支障が出るのではと不安に感じたりと、転職活動がスムーズに進まなくなることが考えられます。

転職活動中や転職後の働き方や時間など、パートナーや家族から協力してもらうためにも理解を得ましょう。

転職エージェントを活用する

限りある時間のなかで、転職を成功させるためには、転職エージェントの活用がおすすめです。

女性の転職に強い転職エージェントもあり、子持ち女性の働き方に理解のある企業の求人を数多く取り扱っているケースもあります。

また転職活動中は、応募書類の書き方、効果的な面接でのアピール方法など、一人では不安やわからないことに直面します。転職エージェントは、その一つひとつをサポートしてくれるため安心して転職活動を進められるでしょう。

企業に精通した転職エージェントであれば、企業の雰囲気まで熟知しているため子持ち女性が働きやすい環境かどうか尋ねることも可能です。

子持ち女性が正社員に転職する際に参考にしたい転職サイト・エージェント6選

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年5月15日時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 59,356件(※1)
非公開求人数 13,124件(※1)
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント
type女性の転職エージェント
  • 女性に特化した転職支援
  • ワークライフバランスを重視した転職も可能
  • 面接のためのメイク指導あり

 

type女性の転職エージェントは、女性の転職支援を専門とした転職サービスです。

 

女性ならではの転職事情に精通したキャリアアドバイザーから専任でサポートを受けられ、たとえば「子育てと両立したい」「残業なしがいい」「キャリアアップしたい」などの悩みも気軽に相談できます。

 

年間1万人以上(※1)の女性のキャリアカウンセリングをおこなっているとあって、女性に寄り添った転職サポートに期待できるでしょう。

 

求人への応募や応募書類の添削、面接対策などのサポートのほか、女性のための身だしなみやメイク指導もあり、typeならではのサービスで女性の転職活動を心強く支援してくれます。

 

(※1)type女性の転職エージェントの公式ホームページより

 

サービス名 type女性の転職エージェント
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数 9,911件
非公開求人数 17,787件
対応地域
東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイト
2024年6月3日時点

 

パソナキャリア

パソナキャリア
  • 特徴① 年収アップ率61.7%、求人の半数が年収800万円以上
  • 特徴② ハイクラス転職に特化したコンサルタントが支援
  • 特徴③ 4年連続満足度総合1位を獲得

パソナハイクラスは、株式会社パソナが運営するハイクラスに特化した転職エージェントです。保有されている求人の約半数が年収800万円以上で、61.7%(※1)の方が年収アップに成功した実績をもちます。

 

パソナキャリアでは、ハイクラス転職を専門とする業界専任のコンサルタントが、企業情報の共有や面接対策、内定後の交渉などの充実したサポートで転職を成功へと導いてくれます。

 

面接の日程調整や企業への推薦などもおこなってくれるため、忙しい合間でも効率的に転職活動を進められるでしょう。

 

利用者満足度調査で4年連続総合1位(※2)を獲得しており、手厚い転職支援を受けたい方におすすめです。

 

(※1)パソナハイクラスの公式ホームページより
(※2)オリコン顧客満足度調査 2019年~2022年転職エージェント総合1位

 

サービス名 パソナキャリア
運営会社 株式会社パソナ
公開求人数 37,946件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
2024年6月3日時点

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 404,816件
非公開求人数 353,203件
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※2024年6月3日現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

はたらこねっと

はたらこねっと

はたらこねっとは、正社員の求人だけでなく、パートやアルバイト、派遣社員、紹介予定派遣など、さまざまな働き方を一度にチェックできる点が特徴です。2024年2月時点で100万件以上の求人を取り扱うなど、求人数の豊富さも伺えます。

履歴書の書き方や派遣社員の働き方についてなど、お役立ちコンテンツを充実しているため、育児や仕事の隙間時間にのぞいてみると転職活動に役立つでしょう。

名称はたらこねっと
運営会社ディップ株式会社
公式サイトhttps://www.hatarako.net/

しゅふクリ・ママクリ

しゅふクリ・ママクリ

しゅふクリ・ママクリは、クリエイティブ業界の求人数を提供しています。マーケティングや制作会社の事務や営業、デザイナーなどの求人がありました。

東京都の求人が多いですが、愛知県や福岡県の求人もあるようです。

しゅふクリ・ママクリでは、クリエティブ業界や職種専門のコンサルタントが、キャリア相談やセミナーを実施しています。

名称しゅふクリ・ママクリ
運営会社株式会社マスメディアン
公式サイトhttps://shufukuri-mamakuri.massmedian.co.jp/

まとめ

子持ち女性の転職は、厳しい一面もありますが、適切な企業選びとアピールで満足度の高い転職をすることが可能です。

そのためには、企業をリサーチする際に、子持ち女性の割合や育児休暇の取得率などもチェックしましょう。

焦って転職してしまうと、前の職場の方が働きやすかったと感じてしまうこともあるかもしれません。しかし、現在の働き方を変えたいとお悩みであれば、本記事で紹介した条件や自身の経験を元に、育児をしながら働く女性に理解のある企業に転職しましょう。

スムーズに転職活動が進まない場合は、転職エージェントの活用がおすすめです。一人ではわからないことも、転職のプロがアドバイスをしてくれます。カウンセリングやサポートサービスを効果的に活用し、転職を成功につなげましょう。

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。