医者がつらい・大変・やめたいと思う5つの理由や対処方法を徹底解説

粟田裕治
編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

医者の仕事がつらいと悩んでいませんか?

医者は、ほかの職業では得られないようなやりがいがある一方で、休みが取りにくいなど過酷な仕事でもあります。

長時間労働や命に向き合うプレッシャー、不規則な勤務形態など、つらいと思う理由は人によってさまざまです。ほかの医者がどのようなことで悩んでいるのかを知ることで、気持ちが少し軽くなるかもしれません。

そこでこの記事では、医者がつらいと感じる理由や悩んだときの対応方法、医者の働き方改革について解説します。つらい環境を変える方法も紹介するので、現状を打破したい方はぜひ参考にしてください。

 

この記事の監修者
粟田 裕治
粟田 裕治 氏医師
コンパスメディカルグループ医療法人社団CMG ふれあいの丘内科内視鏡健診クリニック院長。救急医療・急性期医療に特化した病院で研鑽を積み、特に胃・大腸内視鏡検査において豊富な実績を持つエキスパート。HP:ふれあいの丘内科内視鏡健診クリニック
目次

医者がつらい・大変・やめたいと思う理由

医者がつらい・大変・やめたいと思う理由はさまざまですが、その中でも主な理由は、長時間労働や不規則な勤務スケジュールが挙げられます。

医者の勤務環境は、一般的なサラリーマンとは大きく異なります。

長時間労働や残業が多い

医者としての勤務は、長時間労働や残業が日常的に発生することが珍しくありません。

とくに、勤務医は拘束時間が決まっており、宿直や休日出勤も頻繁にあります。そのため、ワークライフバランスを保つことが難しく、多くの医者が自分の時間をもつことができないと感じているようです。

長時間労働と不規則なシフトがつらいと思う理由のひとつであり、転職を検討するきっかけとなります。

夜勤など生活リズムが安定しない

医療現場では夜勤も一般的であり、生活リズムが安定せずに悩んでいる人もいるでしょう。

夜中に急な手術や救急患者の対応が必要な場合もあり、医者の仕事には睡眠不足や体調不良がつきものです。

このような不規則な生活スタイルが原因で、医者はプライベートとの両立が困難になり、家庭や趣味、リラックスの時間を確保するのが難しいのが現状です。

人間関係が複雑になりやすい

医療現場では、多くの医療スタッフが協力して患者の治療やケアにあたります。その中でもとくに、医者と看護師などは連携する必要があり、チームワークが求められます。

このような状況下で、人間関係が複雑だと医者を悩ませることも少なくありません。

医者の判断に対して看護師やほかのスタッフからの意見や指摘がある場合、コミュニケーションが難しくなることがあります。

また、ベテラン医者と若手医者の間には経験や権威の差があるため、意見のぶつかり合いが生じることもあるでしょう。さらに、忙しい病院環境ではストレスがたまり、摩擦が生じやすくなります。

これらの要因から、医者たちは人間関係の複雑さに悩み、やめたいと感じることがあるようです。

患者の命を預かるプレッシャーがある

医者は患者の命を預かる責任を負っており、治療や手術などで患者の将来を左右することがあります。そのため、患者の死亡や重大な障害が発生した場合、プレッシャーを感じる医者も少なくないでしょう。

患者の死や障害は医者にとってトラウマとなることもあり、精神的な負担の蓄積にもつながります。とくに、救急医療や外科などの急性期医療では、緊急事態に対応しなければならず、その責任の重さから「つらい」と感じる医者が多いかもしれません。

このようなプレッシャーに対処するのが難しいことも、医者が転職を検討する要因のひとつです。

訴訟リスクがある

医者の仕事には医療訴訟のリスクがあります。また、治療に最善を尽くしたにもかかわらず、患者が願っていたような結果につながらず、医療訴訟につながることもあるでしょう。医療訴訟は医者の評判に大きな影響を及ぼし、経済的な負担も生まれます。

医者は患者の信頼を得ながら診療をおこなわなければならず、誤診や医療ミスが訴訟につながると、仕事をしにくくなるでしょう。

医療ミスによる訴訟は医者にとって大きなストレス源となり、仕事のつらさを感じる瞬間です。

医者がつらい・大変・やめたい時の対処方法

医者としてのキャリアは充実感と誇りに満ちているものの、ときにはつらい瞬間もあるでしょう。医者の仕事がつらい・大変・やめたいと感じたとき、どのように対処すべきでしょうか?

以下では、その対処方法について具体的に解説します。

ストレスを発散する

医療現場では、ストレスやプレッシャーがかかる場面が多いでしょう。患者の命に関わる責任の重さや長時間の勤務、医療ミスへの不安など、ストレスの要因となるものはさまざまです。ストレスを溜めずに発散することは、医者としてのパフォーマンスを維持するためにも重要です。

たとえば、運動することで、仕事のことを忘れてリフレッシュできるでしょう。また、おいしい食事を楽しんだり、旅行に出かけたりすることもストレス発散に効果的です。

自分に合ったストレス解消法を見つけ、定期的に実践することで、医者としてつらい瞬間に立ち向かう力を養えるはずです。

休みを取得する

医療現場は休みが少なく、長時間の勤務は医者のつらさやストレスを増幅させる要因のひとつです。体力や精神面の健康を守るためには、休みを取得することは重要です。

医者の勤務は不規則なことが多いものですが、十分な休息を取るように心がけましょう。

また、休暇を取ることも大切です。たとえ短期間であっても、仕事から離れる時間はリフレッシュにつながります。多忙な医者として働き続けるためには休息を大切にして、適切な休みを取得するように努めましょう。

休みを取れない場合は、休みがとりやすい勤務先への転職を検討してみてください。

周囲に相談する

医者がつらいと感じる場合、一人で抱え込まず、周囲に相談するのも方法のひとつです。医療現場は協力とサポートが必要不可欠であり、同僚や上司など、信頼できる人に相談することが重要です。

多くの医者では同じような経験があるため、つらさやプレッシャーに共感してくれるでしょう。感情や悩みを打ち明け、アドバイスをもらうことで、今抱えている悩みが解決するかもしれません。

また、キャリアの相談であれば転職エージェントに相談するのも選択肢です。転職エージェントはキャリアや経験が豊富であり、適切なアドバイスを提供してくれるでしょう。

医者の働き方改革が注目されている

近年、医者の働き方改革が注目トピックのひとつとなっており、2024年4月には医者の時間外労働時間に制限を設ける法律が施行されます。

医療機関の適正な勤怠管理を推進することで医者たちの働き方をより効率的にし、医療サービスの質と安全性を向上させることを目指すものです。

次のセクションでは、医者の働き方改革が注目される背景と、どのような改革が進行中であるかについて詳しく説明します。

医者の働き方が注目される背景

医者の働き方が注目される背景には、さまざまな要因が影響しています。

第一に、医療機関での勤務が複雑で不規則なことが挙げられます。医者は当直や宿直、呼び出し当番など、通常の企業とは異なる勤務形態に従事しており、これらの勤務形態を正確に管理することは簡単ではありません。

その結果、医者は長時間に及ぶ時間外労働が常態化しているのが現状です。実際、2019年に実施された調査によると、週労働時間が60時間以上の医者が全体の37.8%、週80時間以上の医者が全体の8.5%にも上ることがわかりました。

また、医療機関では副業や兼業をおこなう医者も多く、自院が主たる勤務先である場合、正確な労働状況の把握と医者との十分なコミュニケーションが求められています。

実は法改正前も、労働時間の適正な把握のために、始業・終業時刻の確認が事業主側に義務付けられていました。しかし、多くの医療機関では勤務時間の記録を医者の自己申告に頼っており、客観的なデータが不足していることが課題です。

時間外労働や休日労働の規制、勤務間のインターバルなど、厳格なルールに従うためには正確なデータが不可欠ですが、自己申告に依存している現状は適切な勤怠管理が難しくなっています。

医者の働き方改革は、医者の長時間労働の緩和によって医者自身の健康状態を良好に保ち、医療の質と安全を確保することを目的としています。

【参考記事】令和元年 医者の勤務実態調査<概要>|厚生労働省

医者の働き方改革で進められていること

医者の働き方改革に向けて、さまざまな取り組みが進行中です。

医者の働き方改革は、医療サービスの質と安全性を向上させ、医者たちの健康とワークライフバランスを守るための重要な取り組みです。

2024年4月以降、以下で説明する3つの変更が実施されることで、長時間勤務による仕事のつらさが軽減されるかもしれません。

年間の時間外・休日労働時間が原則上限960時間に

2024年4月以降、勤務医の時間外・休日労働時間は、年間の上限が原則960時間、月間100時間未満となる予定です。

医療機関は、その機能や特性によってA水準、B水準、C-1水準、C-2水準の指定を受け、B水準・C水準の機関に勤める医者のみ、年間の時間外労働上限時間が1,860時間に緩和されます。

医者の健康を守るためのルールの新設

上限が設けられても、年間上限960時間の時間外労働時間は、一般企業に定められた上限720時間よりも240時間も多く、医者の健康状態が危ぶまれます。そこで、医者の健康を守るためのルールが新設される予定です。

具体的な内容は、以下のとおりです。

  • 時間外・休日労働が月100時間を超える医者に対し、面接指導を実施
  • 終業から次の始業まで、原則9時間のインターバルを確保
  • インターバル中に発生した労働については、代償休息を取得
  • 連続勤務時間を28時間に制限

【参考記事】時間外労働の上限規制 わかりやすい解説|厚生労働省

医療機関勤務環境評価センターの設置

前述したA~C水準は、医療機関が独自に決められるものではなく、第三者機関である医療機関勤務環境評価センターによって指定を受けます。

医療機関がセンターから評価を受けるには、時間外労働を短縮するための取り組みや業務内容の見直しなどを「医者労働時間短縮計画」に取りまとめ、提出しなければいけません。

【参考記事】「学ぶ」・「話す」・「作る」を叶える!医者の働き方改革解説スライド|いきいき働く医療機関サポートWeb

つらい・大変・やめたいと感じる医者が環境を変える方法

医者の仕事は非常に厳しいものであり、ときにはつらさや大変さを感じることもあるでしょう。

しかし、医者としてのスキルや知識は、ほかの職業でも非常に価値のあるものです。そこで、医者がつらい環境を変える方法を紹介します。

以下で紹介する方法を活用することで、より充実した医療キャリアを築くことができるでしょう。

転職する

まず、医者が環境を変える方法として転職が考えられます。勤務先を変えることで、職場環境や人間関係を改善できるかもしれません。転職を検討する際には、いくつかのポイントがあります。

まず、新しい勤務先を選ぶ際には、面接や見学の機会を積極的に活用しましょう。過重労働がないか、働いている人との相性は良さそうかなどを確認することが重要です。

医者として働くことに限界を感じる場合は、医療機関以外での仕事を視野に入れるのも方法のひとつです。医者として培った経験や知識は、製薬会社でのメディカルドクターや、医療関連の一般企業での職務でも活かせるかもしれません。

医者のスキルと経験は多岐にわたりますので、新たな職場での可能性は広がります。

フリーランスの医者になる

医者が環境を変える方法として、フリーランスの医者に転身することも考えられます。

フリーランスの医者は勤務時間の調整がしやすく、ワークライフバランスを重視する方に向いています。また、人間関係で悩む機会が少ないのも特徴です。

開業する

勤務医としてつらさを感じる原因が、経営層との方針の違いや過重労働に起因する場合、開業することで状況を改善できるかもしれません。開業すると自身のペースで働くことができ、自分のやりたい方法で医療を提供できるのがメリットです。

ただし、開業は簡単なことではありません。高額な開業費用とともに、準備には時間がかかります。しっかりと計画を練り、検討することが大切です。

また、新規開業だけでなく、既存のクリニックや医院を引き継ぐ「承継開業」という方法もあります。

つらい・大変・やめたい医者におすすめの転職エージェント

つらい・大変・やめたいと思う医者におすすめの転職エージェントを3社紹介します。

医師転職ドットコム

医師転職ドットコム
  • 特徴① 業界トップクラスの求人数
  • 特徴② 相談からアフターフォローまで充実したサービス提供
  • 特徴③ 利用者満足度93.4%

医師転職ドットコムは、5万人(※1)に上る医師の転職を支援してきた転職エージェントです。

 

求人数の多さは業界トップクラスで、約4万件(※2)の公開求人と非公開求人の中から希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

特に「納得いく転職」に力を入れており、経験豊富なコンサルタントがキャリアプランの相談から内定後のアフターフォローまで、充実したサービスを提供しています。

 

実際に訪問したからこそわかる院内の雰囲気や勤務状況なども教えてもらえるうえ、採用担当者と医師の両者に会ってからマッチングをおこなっている点もポイントです。

 

利用者満足度が93.4%(※1)であることからも、サポートの質の高さが伺えるでしょう。

 

(※1)医師転職ドットコムの公式ホームページより

(※2)2023年10月時点

 

サービス名 医師転職ドットコム
運営会社 株式会社メディウェル
公開求人数(※3)

常勤 :27,224件

非常勤:17,604件

非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 多くの求人を見ることができる
  • 転職先を慎重に検討できる
  • 転職成功までしっかりサポートしてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※3)2024年2月時点

 

マイナビDOCTOR

マイナビドクター
  • 特徴① 年収2,000万円以上や非常勤・スポットの求人が多数
  • 特徴② 大手転職エージェントならではの情報力
  • 特徴③ さまざまな病院・企業の求人を取り扱う

常勤だけでなく、非常勤・スポットの求人も検討したい方には、マイナビDOCTORの利用がおすすめです。

 

「日給12万円」「健診」などの非常勤求人や、都合のいいときに勤務できるスポット求人が充実しているため、理想のワークライフバランスに合わせて選択するといいでしょう。

 

年収2,000万円以上の常勤求人も多数取り扱っており、年収アップにも期待できそうです。

 

運営会社は大手人材紹介企業の株式会社マイナビとあって、長年培った転職ノウハウをもとに医師の転職をサポートしてくれます

 

多分野での転職支援実績から、医療業界だけでなく企業にも太いパイプをもつため、さまざまなキャリアの選択肢を提案してもらえるでしょう。

 

臨床医だけでなく、訪問医や産業医の求人も多数取り扱っています。

 

サービス名 マイナビDOCTOR
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数(※)

常勤 :13,984件

非常勤:15,040件

スポット:2,669件

非公開求人数(※)

常勤 :23,772件

非常勤:25,568件

おすすめポイント
  • 非常勤での求人が多数
  • 空き時間にスポットで勤務が可能
  • 臨床医以外のキャリアも検討できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

M3キャリアエージェント

M3キャリアエージェント
  • 特徴① 医師登録者数11年連続No.1
  • 特徴② 32万人以上の医師が登録する「m3.com」の関連サイト
  • 特徴③ 使い勝手の良い検索機能

M3キャリアエージェントは、登録医師数11年連続No.1(※1)と、圧倒的な支持を集める転職エージェントです。

 

32万人以上(※1)の医師が登録する医療情報サイト「m3.com」を関連サイトにもち、独自の情報網で得た病院の内部事情まで詳しく共有してもらえます。

 

関東内の約40%(※1)もの病院の求人を取り扱っているとあって、関東圏で転職を考えている方はまず登録しておきたいエージェントです。

 

サイトの使いやすさもうれしいポイントで、「年収1,800万円可能」「休日しっかり」「女性医師におすすめ」などの選択肢から指定して、希望条件に合う求人を手軽に検索できます。

 

専任のコンサルタントが条件交渉を代行してくれるため、まずは理想の条件を伝えてみるといいでしょう。

 

(※1)M3キャリアエージェントの公式ホームページより

 

サービス名 M3キャリアエージェント
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公開求人数(※2)

常勤 :15,228件

非常勤:7,798件

非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 病院の内部事情まで詳しく知ることができる
  • 自分で条件に合う求人を検索できる
  • 転職先と条件面の交渉をしてくれる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

まとめ|医者がつらい・大変・やめたいと思う理由

この記事では、仕事がつらいと感じる医者に向けて、医者をやめたいと思う理由やつらいときの対応方法、医者の働き方改革で進められている具体的な取り組みについて詳しく説明しました。

長時間労働や命に向き合うプレッシャーなど、医者の仕事は厳しいものであり、ときにはつらさや大変さを感じることもあるでしょう。

医者の仕事がつらいと感じる方は、まずは十分な休息をとったりストレスを発散したりなど、今の環境でできる対策がないか考えてみましょう。医者としてのスキルや知識は、ほかの職業でも価値のあるものです。
もし、現状を変えたいと願うのであれば、転職やフリーランス医者への転身、開業などの方法があります。

それぞれの方法にはメリットとデメリットがありますが、自身の状況や目標に合わせて選択肢を検討することが重要です。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。