商社からの転職は難しい?成功させる6つの方法や転職先を解説

高橋宇内
編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

「総合・専門商社からの転職はできる?」

 

「商社での経験を活かして転職したい」

といった悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

結論、総合・専門商社からの転職は可能です。

しかし、本当に辞めるべきか客観的に判断しないと、転職後に後悔するかもしれません。

また、総合・専門商社からの転職先を把握していれば「転職して良かった」と思えるはずです。

そこで本記事では、総合・専門商社から転職する理由や成功させる方法、おすすめの転職先などについて詳しく解説します。

総合・専門商社からの転職を考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

総合・専門商社から転職する理由4つ

総合・専門商社から転職する理由は、以下のとおりです。

総合・専門商社から転職する理由
  • 労働環境が厳しいから
  • キャリアを成長させたいから
  • 専門的なスキル・知識を習得したいから
  • 希望した部署に配属されなかったから

まずは、総合・専門商社からの転職が多い理由について知り、自分の状況と照らし合わせてみましょう。

労働環境が厳しいから

総合・専門商社から転職する理由の一つは、労働環境の厳しさです。商社は給与や福利厚生が良い分、ハードワークになる可能性が高まります。

365日厳しい環境になるとは限りませんが、繁忙期では残業が当たり前になるときもあるでしょう。商社で働いているとライフバランスが崩れてしまうかもしれません。

総合・専門商社に就職した人の中には、労働環境の厳しさから辞めたいと思う方もいるはずです。しかし、労働環境が大変である一方、給与などの待遇は良くなります。

高橋 宇内氏

労働環境が厳しさから転職を考える場合は、給与が低くなる可能性があることを理解しておきましょう。

キャリアを成長させたいから

キャリアを成長させたいのも、総合・専門商社からの転職をする理由の一つです。商社で働く方の中には、周りの優秀さにキャリアの限界を感じるときがあります。

しかし、商社での経験を活かして転職できれば、キャリアアップできるかもしれません。

商社では多くの経験を積めるため、即戦力として転職できます。また、マネージャー職や管理職などポジションを上げて働くこともできるでしょう。

商社で培った経験は、キャリアを成長させるうえで重要な要素となるはずです。総合・専門商社で身につけたスキルなどをアピールできれば、いまよりも好条件で転職できる可能性があるでしょう。

専門的なスキル・知識を習得したいから

総合商社の場合、幅広い業務・職種に関わるため、専門的なスキル・知識の習得が難しい傾向にあります。

スペシャリストとして活躍するには、総合商社から専門商社に転職または、違う業界を選択する必要があります。総合商社で身についた経験・スキル・実績は、専門的な分野で役立つ場面も多いはずです。

より専門的な能力を身につけたい方は、特定の分野に関わる仕事へ転職しましょう。

希望した部署に配属されなかったから

商社に就職できたものの、希望した部署に配属されなかったときもあるはずです。希望部署と異なる仕事内容には「つまらない」「やる意味がない」といったネガティブ感情があるでしょう。

その際、すぐに転職を考える方も多いですが、まずは現職でできることから始めるのが大切です。なぜなら、自分の都合だけで転職をすると、辞め癖がついたり後悔したりするからです。

希望部署に配属されなかったときは、人事異動が可能なのかについて質問してみましょう。もし今後、人事異動ができる場合は、商社で働き続ける選択肢も増えます。

一方、人事異動ができなかった場合は、転職を検討しても問題ありません。ただし、商社ほどの待遇を受けられないかもしれないことを理解してください。

高橋 宇内氏

商社からの転職を検討するときは、後悔しない選択であるか必ず確認してください。

総合・専門商社からの転職は難しい?

総合・専門商社からの転職はできる可能性が高いと考えられます。なぜなら、商社での仕事内容は汎用性が高く、活用できるシチュエーションが多岐にわたるからです。

ただし、商社からの転職は年齢によって難易度が異なります。

たとえば、20代はスキルや経験だけでなく、これからの期待を込めたポテンシャル採用が実施されます。30代以降は、ポテンシャル採用が一切なく、スキル・経験・実績が求められることが一般的です。

商社からの転職でも、20代と30代以降では評価基準が変わります。自分の年齢によって、転職の難易度が違うことを覚えておきましょう。

総合・専門商社からの転職を成功させる方法についてすぐ知りたい場合は「総合・専門商社からの転職を成功させる6つの方法」をご覧ください。

未経験、ノースキルでも大丈夫!
異業種への転職に特化した次世代エージェント

WarX
1分で登録完了!

 

総合・専門商社からのおすすめ転職先

ここでは、総合・専門商社からの転職を考えている方におすすめの転職先を4選紹介します。

総合・専門商社からの転職を考えている方におすすめの転職先
  • 異業界の商社
  • 外資系投資銀行
  • 経営・戦略コンサルタント
  • ベンチャー企業

それぞれの転職先について、詳しく見ていきましょう。

異業界の商社

総合・専門商社からのおすすめ転職先の一つは、異業界の商社です。その理由は、いままでの経験を活かしつつ、違う仕事に挑戦できるからです。

たとえば、専門商社で働いていると「違う業界の知識や経験を増やしたい」と思うかもしれません。総合商社の場合「特定の専門知識を身につけたい」と考えるときがあるでしょう。

その際、いまとは異なる商社へ転職すれば、商社で経験したスキルをアピールできるので、採用される可能性も高まります。

専門商社には以下のカテゴリーがあります。

専門商社のカテゴリー
  • 繊維
  • 電気
  • 食品
  • エネルギー
  • 建築
  • 鉄鋼
  • 化学
  • 紙・パルプ

商社は多岐にわたる選択肢があるため、自分に合う環境を見つけられるはずです。商社で働くことはやめたくないが、違う仕事がしたい場合は、異業界の商社へ転職しましょう。

外資系投資銀行

外資系投資銀行がおすすめな理由は、商社で働いた経験を活かせるからです。

また、外資系投資銀行は英語が使える人材を評価する傾向があるため、転職できる可能性が高くなるでしょう。評価基準の一つとして英語力を設けている企業も多いです。

商社で培った経験も活かせる場面が多いのも、おすすめする理由の一つです。

経営・戦略コンサルタント

経営・戦略コンサルタントは、クライアント先の重要課題を解決するための業務を遂行します。

商社ではクライアント先との人間関係を構築して業務をおこなうため、いままでの経験を活用できるはずです。また、商社で実施した幅広い経験は、経営・戦略コンサルタントで評価されやすい傾向にあります。

そのため、商社から経営・戦略コンサルタントへの転職は相性が良いといえるでしょう。

ベンチャー企業

ベンチャー企業をおすすめする理由は、自分のやりたい仕事ができる可能性が高いからです。

商社は実務内容がある程度決められているため、自分のやりたい仕事が必ずしもできるとは限りません。

しかし、ベンチャー企業では自分がやりたい仕事をおこなえる環境があります。商社での経験を活用し、いままでやれなかった仕事に挑戦できれば、伸び伸びと働けるはずです。

ただし、ワークライフバランスや給与が期待とは違う場合もあるので、条件面を必ず確認しましょう。

総合・専門商社からの転職を成功させる6つの方法

総合・専門商社からの転職を成功させる方法は、以下のとおりです。

総合・専門商社からの転職を成功させる方法
  • 在職中に活動する
  • 入念な計画を立てる
  • 選考対策を入念にする
  • 市場価値を理解する
  • 志望先が求める人物像を調査する
  • 実績がある転職エージェントを併用する

商社からの転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

在職中に活動する

総合・専門商社からの転職を成功させる方法の一つは、在職中に活動することです。

まずは、在職中に活動するメリット・デメリットを紹介します。

メリット デメリット
収入があるので安心して転職活動に臨める
長期的に転職活動をおこなえる
転職先を決めておくことで引き止めを断りやすくなる
仕事と転職活動の両立が多忙になる
急募の求人だと選考で不利になる可能性がある
転職に必要なスキルや資格を身につける時間がない

転職活動は個々によって終了する期間が異なります。場合によっては、1ヵ月ほどで成功するかもしれませんが、最低でも3~6ヵ月かかると考えるのが無難でしょう。

在職中に活動する大きなメリットは、安定した収入があることです。もし転職活動に失敗しても、安定した収入があることから、やり直すことか可能です。

退職してから転職活動を進めると、収入の無さから転職を焦ってしまいます。貯金が底を尽きると、就職しなければいけないため、本来の目的とは違う企業へ転職する可能性があります。

高橋 宇内氏

結果、転職して後悔する方が多くなるでしょう。商社からの転職を確実に成功させるには、余裕を持った行動が大切です。

仕事を辞めてから転職活動をする詳しいメリット・デメリットについては、以下を参照してください。

入念な計画を立てる

転職活動において入念な計画は欠かせません。商社からの転職成功率は、一般的には高いと考えられます。

しかし、ゴール設定のない転職活動は、ダラダラと続けてしまう可能性があるので、入念な計画を立てて行動することが重要です。

たとえば、転職活動の目標を4ヵ月とした場合、以下のようなスケジュールを立てられます。

転職活動のスケジュール例
  • 1ヵ月目:自己・企業分析、応募
  • 2ヵ月目:選考対策
  • 3ヵ月目:書類・面接選考
  • 4ヵ月目:内定

計画を立てるときは逆算して考えることで、明確な行動指針が立てられます。

高橋 宇内氏

入念な計画をもとに、商社からの転職を成功させましょう。

選考対策を入念にする

商社からの転職において、選考対策は不可欠です。求職者の中には「何とかなるでしょ」と思って行動する方もいます。

転職に成功する可能性はありますが、失敗するリスクの方が高いでしょう。

商社からの転職を確実に成功させるには、選考対策を入念に行う必要があります。書類・面接選考のどちらでも活用できるのが「PREP法」です。

PREP法とは、以下の頭文字を取った略語で、論理的かつ簡潔に伝える方法です。

  • Point:結論
  • Reason:理由
  • Example:具体例
  • Point:結論

PREP法を使うことで採用担当者に論理的にアピールできるため、意識して面接に臨みましょう。また、具体的かつ定量的なアピールも重要です。

「商社で5年間勤務していました」よりも「商社で年間5,000万円の売上を作りました」と伝えた方が説得力があります。

PREP法に加え、具体的かつ定量的なアピールができると、魅力的な求職者になれるでしょう。

高橋 宇内氏

伝え方に悩みを抱える場合は、転職エージェントへの相談をおすすめします。

市場価値を理解する

転職市場の自分自身の市場価値を理解するのも、商社からの転職を成功させる方法の一つです。

たとえば、英語が話せるだけの人材と、英語が話せてチームをまとめるスキルがある人材の場合、後者の人材の方が重宝されます。

市場価値はスキルや経験の掛け算によって決められます。商社での経験から何をアピールできるか自己分析をすることで、自分の市場価値を理解できます。

当然、市場価値が高い人材は企業から求められる可能性が高いため、転職活動に有利になるでしょう。

またリクルートダイレクトスカウトビズリーチなどのスカウト型の転職サービスを利用することで、自分の市場価値を判断することができます。

高橋 宇内氏

自分の市場価値がわからない場合は、転職エージェントに相談して客観的に判断してもらいましょう。

\ 今すぐ転職しなくてもOK /
簡単な質問に答えて、現在の
あなたの市場価値がわかる

 

おすすめ度 ★5

 

ミイダス
無料診断する >
  • 7万人の転職データから市場価値(年収)を算出
  • 向いている仕事、ストレス耐性なども分析
  • 登録なし、所要時間5分でOK!

 

おすすめ度 ★4.8

 

ビズリーチ
無料診断する >
  • 質問に答えるだけで自動で職務経歴書を作成可能!
  • 登録後にスカウトを受け取ることで、今の転職市場価値がわかる
  • ハイクラス管理職やエグゼクティブに特化

 

志望先が求める人物像を調査する

商社からの転職を成功させるには、志望先が求める人物像の調査は欠かせません。

高橋 宇内氏

覚えておくべきは「求める人物像=採用したい人材」ということです。

企業が求める人物像に合わせた自己PR・志望理由などを作成できれば、採用される可能性は高まります。

志望先が求める人物像を調査するときは、企業の公式ホームページや求人情報を確認しましょう。

企業によっては「求める人物像」と記載されている場合があります。記載がない場合は、企業の経営理念や事業内容、活躍している従業員などの情報をチェックすると、ヒントがあるはずです。

志望先が求める人物像を調査することは、商社からの転職を成功させるうえで重要なポイントとなるでしょう。

実績がある転職エージェントを併用する

実績がある転職エージェントの併用は、商社からの転職を現実的にさせてくれるでしょう。

転職エージェントはあなたの条件や要望に合わせて、適切なサポートを実施します。具体的なサポート内容は、次のとおりです。

転職エージェントのサポート例
  • 現状のヒアリング
  • 業界・職種・企業情報の提供
  • 求人紹介
  • 履歴書や職務経歴書の作成・添削
  • 面接選考対策
  • 選考後のフィードバック
  • 退職手続き

転職活動を一人で進めようとする場合、さまざまな準備に時間がかかります。現職を続けながらの方は、出勤後や土日におこなう必要があるため、体力的にも辛いでしょう。

しかし、転職エージェントを活用すれば、転職活動に必要な準備をサポートしてくれるので、効率的に進められます。また、プロからの的確なアドバイスによって、効果的な選考対策もできるはずです。

転職エージェントは一社だけに絞る決まりはないため、併用した方がより手厚いサポートが受けられるでしょう。

ただし、多く利用しすぎると管理できないかもしれないため、2~3社ほどの併用をおすすめします。以下では、転職エージェントの中でも商社からの転職に適したエージェントを紹介します。

高橋 宇内氏

無料で利用できるので、ぜひ併用してください。

あわせて読みたい
ハイクラス向けおすすめ転職エージェント・転職サイト比較ランキング|年代別の転職成功のコツも解説 ハイクラス人材として扱われる年収800万円以上の方は、一般的な転職エージェントを利用しても満足のいくサポートが受けられない可能性があります。 一般的なエージェン...

総合商社からの転職におすすめの転職エージェント3選

ここでは総合商社からの転職におすすめの転職エージェントを3社紹介します。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 年収800万円~2,000万円の多数掲載
  • 転職決定年収 平均925万円以上 ※1
  • 転職スカウトサービス 顧客満足度2年連続No.1 ※2

※1 2022年度実績:2022年4月~2023年の間にレジュメ登録があった年収750万円以上のサービス登録者

※2 2023年オリコン満足度調査 転職

リクルートダイレクトスカウトは、スカウト機能が特徴のハイクラス向け転職エージェントです。

 

登録情報をもとにヘッドハンターが最適な求人を探してくれるため、忙しい方でも手間なく希望に合った求人を見つけられます。

一般には公開されていない非公開の求人も紹介してもらえるので、自身のキャリアの可能性を広げられるでしょう。

 

また、企業から直接オファーが届くダイレクトスカウトにも対応しており、待つだけで効率よく転職活動を進められる点も魅力です。

高年収の求人が多いこともリクルートダイレクトスカウトの特徴で、年収800万~2,000万円の求人も多数保有されています。

 

ハイキャリアでの転職を考える方や、転職をきっかけに年収を上げたい方におすすめの転職エージェントです。

 

サービス名 リクルートダイレクトスカウト
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数

161,104件(※)

年収600万円以上の求人数

非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • キャリアアップ・年収アップを目指せる
  • 時間をかけずに転職活動ができる
  • マッチ度の高い求人を教えてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 106,511件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 高待遇の求人を多数保有
  • 質の高いスカウトが届く
  • 自分の市場価値を測れる
対応地域
全国、海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

type転職エージェントハイクラス

type転職エージェントハイクラス
  • 特徴① 管理職やエグゼクティブに特化
  • 特徴② 年収800万~1,500万円の求人多数
  • 特徴③ 専任コンサルタントによる徹底サポート

type転職エージェントハイクラスは、管理職やエグゼブティブ層に特化した転職エージェントです。ハイクラス求人の取り扱いは首都圏だけで1万件以上(※1)と多く、年収800万~1,500万円の求人も多数保有されています。

 

サービスの中でも、特に面談に力を入れており、専任のキャリアアドバイザーが求職者の現状と希望を丁寧にヒアリングしたうえで、キャリアパスのアドバイスや最適な求人の紹介をしてくれます。

 

一人のアドバイザーが求職者支援と企業の情報収集の両面を担当しているため、スピーディーで的確な情報提供に期待できるでしょう。

 

首都圏でのハイクラス転職を検討している方は、まず登録しておきたいエージェントです。

 

(※1)type転職エージェントハイクラスの公式ホームページより

 

サービス名 type転職エージェントハイクラス
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数 10,259件(※2)
非公開求人数 18,487件(※2)
おすすめポイント
  • 現在管理職に就いている方の転職におすすめ
  • キャリアアップ・年収アップが叶えられる
  • 今後のキャリアについて相談できる
対応地域
東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイト
(※2)2024年2月時点

 

総合・専門商社からの転職で知っておくべき注意点

総合・専門商社からの転職では、収入が減る可能性が高いと考えられます。

マイナビが調査した「2023年版モデル年収平均ランキング」では、総合商社の平均年収が668万円でした。

国税庁が調査した「令和3年分 民間給与実態統計調査」では、日本の平均年収が443万円と公表されています。

総合商社の平均年収は、日本の平均年収よりも約200万円高いことがわかります。そのため、総合商社からの転職では年収が低くなる可能性があるでしょう。

商社からの転職はメリットもあると同時に、デメリットもあります。今後の生活に悪影響が出る場合は、再検討することを推奨します。不安な場合は、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

高橋 宇内氏

仕事の変更は生活に大きく影響するので、慎重に決めましょう。

総合商社からの転職でよくある質問

商社かの転職でよくある質問について回答します。

総合商社からの転職は難しい?

20代はポテンシャル採用があるため、一般的な転職よりは難しくありません。30代以降は、スキル・経験・実績が求められるので、難易度は高くなるでしょう。

総合商社の離職率は?

高くはないでしょう。商社は給与や福利厚生が充実しているため、職場環境への不満はあまりないようです。

総合商社からの転職のアピールポイントは?

総合商社からの転職でアピールできる主なスキルは以下のとおりです。

総合商社からの転職でアピールできるスキル
  • 語学力
  • 交渉力
  • 資料作成
  • プレゼンテーション能力

顧客への提案能力に優れている総合商社出身者は、転職市場において重宝されるでしょう。

総合・専門商社からの転職にはプロの力を借りよう

総合・専門商社からの転職は可能ですが、事前の準備を怠ると失敗する可能性が高くなります。

では、商社からの転職を成功させるポイントを振り返りましょう。

商社からの転職を成功させるポイント
  • 在職中に活動する
  • 入念な計画を立てる
  • 選考対策を入念にする
  • 自己分析で市場価値を理解する
  • 志望先が求める人物像を調査する
  • 実績がある転職エージェントを併用する

以上の対策を一つずつ丁寧に実施することで、商社からの転職が現実的になります。

特に有効的なのは、転職エージェントの併用です。転職エージェントはあなたの現状を分析し、適切なアドバイスを提供してくれます。

その結果、希望する条件で転職できる可能性は高いでしょう。

商社からの転職を考えている方は、無料で利用できる転職エージェントにまずは相談してみてはいかがでしょうか。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。