臨床検査技師の仕事はつらい?気になる実態や解決方法やおすすめの転職サイトを紹介

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

臨床検査技師として活躍している方の中には、仕事内容や労働条件、人間関係などの理由から「仕事がつらい」と感じている方は少なくないようです。仕事のつらさから、転職を検討している方もいるのではないでしょうか。

「仕事がつらい」という理由だけの転職では、転職した後もまた同じことが原因でつらさを感じる可能性があります。まずは、なぜ仕事がつらいのかを整理したうえで、転職活動を始めるとよいでしょう。

今回は、臨床検査技師が仕事をつらいと感じる理由を紹介するとともに、仕事をつらいと感じた時の対処法について紹介します。また、臨床検査技師におすすめの転職サイトや転職エージェントも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

検査技士におすすめの転職サイト3選
サイト名 評価 強み
検査技士人材バンク

4.8

検査技士専任のアドバイザーが求人のご紹介・給与交渉など転職活動全般をサポート。
レバウェル医療技士

4.5

電話・LINEで連絡で相談可能!給与交渉などのサービスもアリ。
マイナビコメディカル

4.2

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループが運営する医療介護業界特化した転職サイト。
目次

臨床検査技師の仕事をつらいと感じる時はいつ?

臨床検査技師が仕事をつらいと感じる時は、人それぞれ異なります。

ここでは、臨床検査技師の仕事をつらいと感じる時と、その理由について見ていきましょう。

ミスが許されない

臨床検査技師の仕事をつらいと感じる時のひとつに、ミスが許されないことが挙げられます。

臨床検査技師が働くのは、患者の命を預かる医療現場です。仕事のミスが患者さんの健康や命に結びつくため、ほかの職業と比べ、仕事に対して大きなプレッシャーを感じやすい職業といえます。

適度なプレッシャーは、仕事のモチベーション維持につながります。しかし、ミスが許されないという過度なプレッシャーは、やがてストレスとなり、仕事がつらいと感じてしまうでしょう。

マルチタスクが求められる

臨床検査技師には、同時並行で複数の仕事をこなすマルチタスクが求められることも、仕事をつらいと感じる理由です。

臨床検査技師が抱える業務は、多岐にわたります。さまざまな検査を同時にこなしながら、データを確認し、医師や看護師とも連携をとらなくてはなりません。

完璧主義な方や職人気質な方は、マルチタスクが苦手な傾向があるため、仕事がつらいと感じてしまうようです。

残業や休日出勤がある

臨床検査技師は、仕事量が多いため、残業が発生することも珍しくありません。残業が常態化した職場での労働は、健康障害を招く要因となります。

臨床検査技師の仕事は、医師のように休日出勤が多い仕事ではありません。しかし、労働環境は勤務先によって異なります。人材が不足している職場では、休日出勤をせざるをえない場合もあるでしょう。

勤務先が残業や休日出勤が多い場合、労働時間が長くなるため、心身にかかる負担は大きくなります。

人間関係

人間関係のストレスも、臨床検査技師の仕事をつらいと感じる理由です。

働く時間は1日の大半を占めるため、職場の人と過ごす時間も必然的に長くなります。とくに、専門職である臨床検査技師は、職場ごとの人数が少なく、スタッフ間のコミュニケーションが密になりやすい傾向があります。

業務内容に不満がなくても、人間関係にストレスや悩みを抱えている場合は、仕事そのものをつらいと感じてしまいがちです。

給与が少ない

臨床検査技師は、専門性が高い上、マルチタスクが求められる仕事です。その仕事内容の対価として支払われる給与が少ないことは、臨床検査技師の仕事がつらいと感じる理由となります。

夜勤や資格手当てなどによって、多少の給与アップは可能です。

しかし、個人の能力や努力が給与に反映されない給与体系そのものに不満を感じる方は多いようです。

臨床検査技師の平均年収

厚生労働省が運用する職業情報提供サイト「jobtag」によると、令和4年度の臨床検査技師の平均年収は、508.9万円です。

ほかの医療系資格の平均年収を比較してみましょう。

資格平均年収
臨床検査技師508.9万円
臨床工学技士443.3万円
診療放射線技師543.7万円
細胞検査士443.3万円

参考:臨床検査技師 - 職業詳細 | job tag(職業情報提供サイト(日本版O-NET))
臨床工学技士 - 職業詳細 | job tag(職業情報提供サイト(日本版O-NET))
診療放射線技師 - 職業詳細 | job tag(職業情報提供サイト(日本版O-NET))
細胞検査士 - 職業詳細 | job tag(職業情報提供サイト(日本版O-NET))


臨床検査技師の平均年収は、放射線検査をおこなう診療放射線技師よりは低いものの、ほかの医療系資格と比べると決して低い水準ではありません。

臨床検査技師の給与体系は、年齢や勤続年数に応じて賃金が上がっていく年功序列制度が一般的です。給与カーブは緩やかで、年収のピークは50〜59歳の711.1万円です。

安定した収入が見込める一方、残念ながら大幅な給与アップは期待できないでしょう。

臨床検査技師の仕事内容

臨床検査技師の主な仕事は、臨床検査です。

臨床検査は、大きく分けて「検体検査」と「生理機能検査」の2つの分野に区分されています。

それぞれの具体的な内容について紹介します。

検体検査

検体検査とは、患者さんから採取した血液、便、尿、組織などの検体を分析し、成分や細胞などを調べる検査です。

検体検査には、いくつもの種類があります。具体的には生化学検査、免疫血清検査、薬物濃度検査、血液検査、輸血検査、一般検査などです。

生理機能検査

生理機能検査とは、患者さんの身体を直接調べる検査です。

たとえば、レントゲン検査や心電図、超音波検査(エコー)などです。計測したデータや画像を分析し、異常の有無を調べます。

臨床検査技師の仕事をつらいと感じた時の対処法

仕事がつらい状態が長く続けば続くほど、精神不調をきたす可能性が高まるため注意が必要です。

臨床検査技師の仕事をつらいと感じた時には、まず自分の気持ちを整理し、つらいと感じる原因を突き止めます。そして、つらい気持ちの原因に応じた対処法を試みましょう。

ここでは、仕事をつらいと感じた理由別に、対処法を紹介します。

仕事内容がつらい場合

臨床検査技師の仕事内容がつらいと感じている時は、具体的に仕事のどの部分につらさを感じているのか明確化しましょう。

「与えられる仕事ばかりでやりがいを感じられない」「単純作業でつまらない」などが理由でつらいと感じる場合は、自分なりの目標を立てることで解決できるケースがあります。

臨床検査技師の仕事に就いている以上、仕事内容が大きく変化することはありません。

そのため、仕事内容そのものがつらいと感じている場合は、臨床検査技師の資格を活かせる別業種や異業種への転職を検討してみるとよいでしょう。

人間関係がつらい場合

人間関係がつらい場合は、一人で悩みを抱え込むのではなく、家族や友人など信頼できる相手に相談してみましょう。客観的な意見を聞くと、人間関係に対する視点が変わる可能性があります。

また、職場の人間関係は仕事上だけの付き合いだと割り切り、適度な距離感を保つのもひとつの方法です。

部署異動を申し出るのも有効ですが、異動ができない場合や異動しても顔を合わせるメンバーが変わらない可能性もあります。

労働時間や待遇がつらい場合

労働時間や待遇がつらく、疲れやストレスを抱えている場合は、長期休暇をとったり、休職したりなど、休みを取ることをおすすめします。

心身に不調をきたしている状態では、冷静な判断ができません。つらい状況で仕事を続けていては、さらに健康障害を引き起こしかねません。まずは仕事と物理的な距離をおき、心と身体の健康を取り戻すことに専念しましょう。

会社の勤務形態や待遇を個人で変えることは困難です。改善が見込めない場合は、転職を視野にいれることをおすすめします。

検査技士におすすめの転職サイト3選
サイト名 評価 強み
検査技士人材バンク

4.8

検査技士専任のアドバイザーが求人のご紹介・給与交渉など転職活動全般をサポート。
レバウェル医療技士

4.5

電話・LINEで連絡で相談可能!給与交渉などのサービスもアリ。
マイナビコメディカル

4.2

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループが運営する医療介護業界特化した転職サイト。

臨床検査技師の転職を考えたらまずやるべきこと

臨床検査技師の仕事がつらいと感じ、転職を考えた場合、何からはじめるべきなのでしょうか。

転職を成功させるためにも、まずは転職の流れを確認しておきましょう。

転職の目的を明確にする

まずは、転職の目的を明確にします。

「今の仕事がつらいから」という理由だけで転職をすると、転職すること自体が目的となってしまいがちです。転職は、あくまでも手段であり、目的ではありません。

「年収アップを目指したい」「スキルを向上させたい」などのように、転職活動の軸となるような具体的な目的を設定しましょう。

転職の流れを把握する

転職活動をはじめる前に、転職の流れを把握しておくことも大切です。

転職活動には、求人検索から書類作成、応募、面接、内定、入社と、いくつかのステップがあります。転職と同時に、現職の退職手続きも必要です。

転職活動にかかる期間は、平均約3〜6ヶ月です。転職活動の長期化は、モチベーション低下や目的に合わない転職先を選んでしまう可能性が高まります。

なるべく短期間で効率良く転職するためにも、入社希望時期から逆算したスケジュールを確認しておくとよいでしょう。

転職サイト・転職エージェントに登録する

短期間で効率良く転職活動をするためには、転職サイトや転職エージェントの有効活用がおすすめです。

転職サイトは、Webサービスに掲載された企業の求人を検索・応募できるサービスです。臨床検査技師に特化したサイトもあり、個人で求人を探すよりも効率良く求人検索ができます。

転職エージェントとは、専属のキャリアアドバイザーを介した転職活動がおこなえるサービスです。求人検索の段階から企業との年収交渉まで、手厚いサポートが魅力です。はじめて転職する方や転職活動に時間を割けない方も、効率良く転職活動が進められます。

臨床検査技師におすすめの転職エージェント・転職サイト

数ある転職サポートサービスの中から、臨床検査技師におすすめの転職エージェントや転職サイトを紹介します。

臨床検査技師に特化した転職エージェントや転職サイトを活用すると、転職活動を有利に進められます。

レバウェル医療技師

レバウェル医療技師

レバウェル医療技師は、臨床検査技師、臨床工学技士、放射線技師専門に特化した転職エージェントです。最初から臨床検査技師のみの求人に絞れるため、求人検索にかける時間を短縮できます。

病院やクリニックだけでなく、医療研究施設や薬剤メーカーなどの求人も取り扱っているため、転職先の選択肢の幅は広がるでしょう。

登録後は、臨床検査技師のキャリアアドバイザーが対応してくれます。キャリアアドバイザーは、職場訪問をしているため、求人情報だけではわからない職場の雰囲気も知ることができます。現在、人間関係によって仕事がつらいと感じている方も、あらかじめ職場の雰囲気を知れるので安心です。

【基本情報】
運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数非公開
公式サイトhttps://iryogishi-oshigoto.jp/

KJB検査技師人材バンク

KJB検査技師人材バンク

KJB検査技師人材バンクは、臨床検査技師専門の転職エージェントです。

医療・介護業界に特化した仕事紹介サービスを提供している、株式会社エス・エム・エスが運営しています。

募集情報を検索をし、気になる求人があれば、臨床検査技師専門のキャリアアドバイザーに問い合わせることができ、年収や給料といった求人情報の詳細を教えてもらえます。

公開求人件数は約4,400件と、豊富な求人保有数が魅力です。

臨床検査技師の求人の特徴を、都道府県別に紹介しているページは、転職活動前にチェックしておくとよいでしょう。

【基本情報】
運営会社株式会社エス・エム・エス
公開求人数公開求人数:4,478件
公式サイトhttps://www.jinzaibank.com/mejb
2023年11月時点

臨床検査技師JOB

臨床検査技師job

臨床検査技師JOBは、臨床検査技師専門の転職エージェントです。

国家資格である「キャリアコンサルタント」を取得したコンサルタントが在籍しているため、的確な助言やアドバイスを受けながら、転職活動の成功を目指せます。

雇用主に超音波や検体検査、生理機能検査といった条件を、丁寧に取材したうえで求人を掲載しているため、転職後のミスマッチも少ないでしょう。

【基本情報】
運営会社株式会社 SEプラス
公開求人数公開求人数:2,424件
公式サイトhttps://mtjob.jp/
2023年11月時点

マイナビコメディカル

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは、人材紹介業大手である株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。

臨床検査技師をはじめ、臨床工学技士・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・診療放射線技師・管理栄養士・栄養士といった、医療職の転職支援に特化しています。

臨床検査技師に精通したキャリアアドバイザーが、求人紹介から書類作成、応募、面接、内定までと、全ての転職活動をサポートしてくれるため、スムーズな転職活動が可能です。

マイナビコメディカルは、さまざまな地域で、対面での相談会も開催しています。治験業界で働きたい方向けの個別相談会もあり、病院以外での勤務を検討している方は、ぜひ活用したいエージェントです。

【基本情報】
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数公開求人数:1,954件
(※臨床検査技師求人のみ)
公式サイトhttps://co-medical.mynavi.jp/
2023年11月時点

メディコ

メディコ

メディコは、医療現場で働く人の口コミを約10万件集めた職場口コミ・求人サイトです。

会員登録をすると、病院の口コミや評価を見れるようになります。求人情報ではわからない、人間関係やワークライフバランスなどを確認できるため、転職後にがっかりすることも無くなるでしょう。

働きがいのある病院ランキングや年収レポートなども閲覧できるため、転職活動をはじめるにあたり、情報収集をしたい方は登録しておくべきサイトであるといえるでしょう。

【基本情報】
運営会社株式会社WILLCO
公開求人数公開求人数:3,378件
(※臨床検査技師求人のみ)
公式サイトhttps://medi-co.jp/
2023年11月時点

ジョブメドレー

ジョブメドレー

ジョブメドレーは、医療介護従事経験者が運営する転職サイトです。

求人数は医療介護業界では最大規模を誇り、全国約46万件もの事業所の募集情報を掲載しています。

求人は、職種やエリアに加え、施設ジャンルから検索することも可能です。現職と働く環境を変えたい方は、希望する施設から求人検索をしてみましょう。

会員登録をすると、希望職種や資格の有無といった匿名プロフィールをみた事業所から、直接スカウトが届く可能性もあります。スカウト経由だと内定率が1.7倍となるため、スピーディーな転職活動が実現します。

【基本情報】
運営会社株式会社メドレー
公開求人数公開求人数:1,340件
(※臨床検査技師求人のみ)
公式サイトhttps://job-medley.com/
2023年11月時点

MED+Fit(メドフィット)

MED×Fit(メドフィット)

MED+Fitとは、医療・介護業界では最大級規模の求人数を誇る転職エージェントです。

求人紹介や面接の同行、条件面の交渉、さらには入職後の継続的なフォローと、専門のキャリアアドバイザーのきめ細やかで手厚いサポートが受けられます。

LINEで仕事探しができたり、友達を紹介して2,000円がもらえる「お友達紹介キャンペーン」を実施していたりなど、転職活動が前向きに取り組めるような工夫が施されています。

【基本情報】
運営会社株式会社Genten Links(ゲンテンリンクス)
公開求人数公開求人数:986件
(※臨床検査技師求人のみ)
公式サイトhttps://medfit.co.jp/
2023年11月時点

GUPPY(グッピー)

guppy

GUPPYとは、年間382万人が利用する医療・介護・福祉の転職サイトです。

会員登録をしなくても求人を閲覧できます。しかし、会員登録すると採用担当者に直接メッセージを送れたり、スカウトを受けたりできるため、機能を最大限に活用したい方は会員登録することをおすすめします。

GUPPYでは、無料で適性診断を受けられます。性格や社会性などの5項目を測定できるため、転職活動に役立ててみてはいかでしょうか。

【基本情報】
運営会社株式会社グッピーズ
公開求人数公開求人数:1,049件
(※臨床検査技師求人のみ)
公式サイトhttps://www.guppy.jp/
2023年11月時点

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 364,283件
非公開求人数 225,664件
おすすめポイント
  • 求人数の多さが売り
  • 質の高いキャリアアドバイザーがトータルサポート
  • 多くの転職者が給料アップを実現
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※求人数は2024年2月現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

doda

doda

dodaの特徴
  • 圧倒的な求人数
  • 顧客満足度No.1を獲得
  • 直接応募も可能

 

dodaは、圧倒的な求人数と顧客満足度の高さが特徴の転職エージェントです。

 

保有求人は公開・非公開合わせて20万件超(※1)と多数で、キャリアカウンセリングを受けられる拠点は全国に12ヵ所あり、大手エージェントの中でも有数の規模を誇ります。

 

また、顧客満足度ランキングで1位(※2)を獲得した実績もあり、手厚いサポートと質の高い求人紹介に期待できるでしょう。

 

dodaでは、転職エージェントを介した応募のほか、気になる求人に自分で直接応募できる機能も備えられています。さらに、企業から直接スカウトが届くサービスもあり、自分に合った方法で転職活動を進められるのも魅力です。

 

(※1)2023年3月時点の求人数
(※2)2023年オリコン顧客満足度調査 「転職エージェント 20代」で1位

 

サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 239,252件(※3)
非公開求人数 38,315件(※3)
おすすめポイント
  • 多くの求人の中から選べる
  • 自分のペースで転職活動を進められる
  • 徹底してサポートしてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※3)2024年2月時点

 

【dodaの口コミ・評判】

初めての転職におすすめ
初めての転職で使用しました。最初はdodaさんではないところを使っていたのですが求人が最初来たきり紹介がなく他も利用しようと思いdodaさんを登録。エージェントも登録し担当についてくれた方がとても熱心でした。コロナ禍で書類通過率はかなり悪かったですが絶えず求人紹介を頂けましたし、転職活動を進めるにつれ書類通過率も上がってきました。他サイトの口コミなどであるように専門性には欠けるかもしれませんが初めてで右も左も分からない方にはおすすめです。在職中で忙しい人もlineでやりとりできますし、職務経歴書や志望動機などもざっくりした文章でも添削と調整をしてくれてサポートはかなり手厚いです。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

こちらの不安や要望に適した丁寧な対応に満足でした
印象的なテレビCMのキャッチコピーに背中を押されて、登録をしました。
担当の方は、とても穏やかで丁寧な対応をしてくださいました。
求人情報に関しても、こちらの要望に沿うように、繰り返し複数求人をご紹介くださいました。
また、私が職選びや面接や転職後のことで抱える不安や疑問にも一つ一つ答えて下さり、大変心強かったのが印象的でした。レスポンスに関しては、まれに時間がかかることもありましたが、全体的に満足しています。
おかげさまで無事に転職もでき、最後まで面倒を見てくださった担当者様には大変感謝しております。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

 

 

臨床検査技師が転職エージェントで転職を成功させるポイント

転職エージェントは、転職活動を進めるにあたって、心強い存在となります。

ここでは、転職エージェントを活用し、転職活動を成功させるためのポイントを確認しておきましょう。

複数の転職エージェントに登録する

転職エージェントは1社に絞らず、3〜4社程度と複数のエージェントに登録をしましょう。

臨床検査技師は専門性の高い職業のため、求人数はさほど多くありません。条件に見合った求人を見つけるためにも、より多くの求人情報を得ることが大切です。

転職エージェントによって保有する求人が異なるため、複数登録すると選択肢の幅が広がります。自分の希望条件に合った求人に出会える可能性も高まるでしょう。

転職に対する積極的な姿勢をみせる

担当のキャリアアドバイザーには、転職に対する積極的な姿勢をみせましょう。

キャリアアドバイザーは、多くの転職希望者を抱えています。その数が多ければ多いほど、転職に消極的な転職希望者へのサポートは手薄になる可能性があります。

手厚いサポートを受けるためにも、転職の意欲や熱意は積極的に示しましょう。

希望条件を明確に伝える

担当のキャリアアドバイザーに、転職の希望条件を明確に伝えることも重要です。

希望条件が曖昧では、条件に見合っていない求人を紹介される可能性が高まります。その度に、断る手間と労力が発生し、転職活動がスムーズに進みません。

万が一、希望条件に見合わない求人を紹介された場合は、希望条件に合致していないことを明確に伝えると、それ以降のミスマッチを防止できます。

最終的な判断は自分でおこなう

キャリアアドバイザーは、転職の手厚いサポートをしてくれます。しかし、紹介された求人への応募や内定の承諾など、最終的な判断をするのは自分です。

「せっかく紹介してもらった求人だから」「よいキャリアアドバイザーだから」といった他人本位で転職活動を進めていては、転職後に後悔する可能性もあります。

 大切なのは自分の意思であるため、自分本位の転職活動を心がけましょう。

検査技士におすすめの転職サイト3選
サイト名 評価 強み
検査技士人材バンク

4.8

検査技士専任のアドバイザーが求人のご紹介・給与交渉など転職活動全般をサポート。
レバウェル医療技士

4.5

電話・LINEで連絡で相談可能!給与交渉などのサービスもアリ。
マイナビコメディカル

4.2

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループが運営する医療介護業界特化した転職サイト。

臨床検査技師の仕事のやりがい

臨床検査技師の仕事はつらいだけではありません。

ここでは、臨床検査技師の仕事のやりがいを紹介します。仕事がつらいと感じたときには、仕事のやりがいに目を向けてみるのもよいでしょう。

病気の早期発見、適切な治療に貢献できる

臨床検査技師が分析した正確な検査データは、病気の早期発見や適切な治療に役立ちます。

病気の診断と治療の方針を決定するのは医師ですが、その決定を下す根拠となるのは臨床検査技師が分析した検査データです。

検査データの精度が高ければ高いほど、早期治療が可能となり、適切な治療につながるのです。間接的ではあるものの、人の命を助けられることは、臨床検査技師の仕事の大きなやりがいといえるでしょう。

チームの一員として活躍できる

医療の仕事は、一人でおこなえるものではありません。医師や看護師、各分野のスタッフとチームを組み、一丸となって取り組むからこそ、最善の医療を提供できます。

治療方針の決定に欠かせない検査データの提供は、臨床検査技師でしか携われない専門分野です。検査のプロとしての能力を発揮し、チームの一員として活躍できることは、臨床検査技師の仕事のやりがいにもなるでしょう。

幅広い検査経験を積める

臨床検査技師の検査内容は多岐にわたるため、幅広い検査経験を積めます。

担当する検査部門によって、必要となる知識や技術は異なります。それぞれの専門知識を習得することは、決して容易ではありません。しかし、知識を増やし、検査経験を積み重ねることで、確実にスキルアップが図れます。

難しいと感じていた検査をスムーズにおこなえるようになると、自信をもって仕事ができるようになります。身につけたスキルや能力を現場で発揮できた際には、臨床検査技師としてのやりがいを感じるでしょう。

臨床検査技師の仕事が向いている方

臨床検査技師は専門性が高いため、人によって向き不向きがあります。

もちろん、経験を積むことによってスキルは向上します。しかし、適性のある方の方が、つらいと感じることなく仕事をこなせるでしょう。

では、どのような方が臨床検査技師の仕事に向いているのでしょうか。

臨床検査技師の仕事が向いている方の特徴を紹介します。

地道な作業が得意

臨床検査技師の主な仕事はデータの分析です。とくに、検体検査室に配属された場合は、勤務時間の大半を顕微鏡や検査機械を使った分析作業に費やします。

コツコツとした地道な作業を、長時間継続することに苦痛を感じない方は、臨床検査技師に向いているといえるでしょう。

的確な判断ができる

臨床検査技師が分析した検査データは、患者さんの命や健康にかかわります。誤った検査データは、大きな医療ミスにつながる可能性もあるため、何時も油断ができません。

病気や異常を見逃すことがないよう、常に的確な判断ができる方は臨床検査技師に向いているといえます。

マルチタスクがこなせる

臨床検査技師は、複数の仕事を同時進行で進めます。分析にかかる時間は検査によって異なり、時には急患の検査依頼が入る場合もあります。優先順位を決め、臨機応変に対応しなければなりません。

緊急度を重要度を見極めながら、複数の仕事をこなせる方は、臨床検査技師に向いています。

コミュニケーション能力がある

臨床検査技師は医療チームの一員です。そのため、医師や看護師、そのほかのチームメンバーと連携を取らなければなりません。また、生理機能検査を担当する場合は、患者さんと接する機会もあります。

臨床検査技師は黙々とした仕事が多いものの、他人とスムーズな意思疎通を図れるコミュニケーション能力も必要です。

臨床検査技師の仕事が向いていない方

続いて、臨床検査技師の仕事が向いていない方の特徴を紹介します。

集中力がない

臨床検査技師の仕事は、常に集中力が必要です。気の緩みは、採取した検体の取り違えや、測定器の表示単位の見間違えといったミスを引き起こしかねません。

取り返しのつかない、大きな医療事故につながる恐れもあるため、集中力が途切れやすい方や注意力散漫な方は、臨床検査技師の仕事には向いていません。

検体に触ることに抵抗がある

臨床検査技師が扱う検体とは、血液や尿、便などです。担当する部門によっては、体から採取された臓器や組織を扱います。どのような検体でも、平常心で扱えなければ臨床検査技師の仕事は務まりません。

検体を触ることに抵抗がある方は、臨床検査技師には向いていないでしょう。

向上心がない

医療の技術は日々進歩しており、医療現場でも新たな医療機器や検査方法が導入されています。その進歩に置いていかれないよう、臨床検査技師は新たな知識や技術を身につけようとする向上心が必要です。

最新医療の知識や技術を習得するためには、勉強会にも参加しなくてはなりません。向上心がなく、現状維持を望む方は、臨床検査技師には向いていないでしょう。

患者さんと直接関わりたい

臨床検査技師の仕事は、検査データを介して、間接的に患者さんと関わる仕事です。担当部門によっても異なりますが、医師や看護師のように、患者さんと直接関わる機会は多くありません。

患者さんと直接関わった仕事を望む方は、臨床検査技師の仕事では物足りないと感じてしまうでしょう。

まとめ

臨床検査技師の仕事がつらいと感じている場合、そのつらさの原因を明確化しましょう。仕事内容がつらい場合は仕事の目標を立てたり、人間関係がつらい場合は信頼できる相手に相談したりなど、原因に応じた対処方法があります。職場環境をすぐに変えることが難しく、つらい状況が長引く場合には、転職を検討するとよいでしょう。

臨床検査技師の仕事がつらいと感じ、転職活動をはじめるなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントは、転職活動を全面的にサポートしてくれます。まずは、キャリアアドバイザーに、現職で仕事をつらいと感じていることを、相談してみるのもよいでしょう。多くの転職希望者をサポートしてきた実績から、的確なアドバイスがもらえます。

臨床検査技師の転職を成功させるためにも、転職エージェントの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

検査技士におすすめの転職サイト3選
サイト名 評価 強み
検査技士人材バンク

4.8

検査技士専任のアドバイザーが求人のご紹介・給与交渉など転職活動全般をサポート。
レバウェル医療技士

4.5

電話・LINEで連絡で相談可能!給与交渉などのサービスもアリ。
マイナビコメディカル

4.2

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループが運営する医療介護業界特化した転職サイト。
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。