栄養士から転職しやすいおすすめの転職先10選|転職理由やメリット・デメリットも解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

食を通じて人々の健康を守ったり、食の楽しさを伝えたりなど、栄養士や管理栄養士はやりがいを多く感じられる職業です。

しかし、人手不足や仕事量の多さ、低賃金など、さまざまな理由から転職を希望する方も少なくありません。

本記事では、転職を考えている栄養士や管理栄養士の方に向けて、栄養士の方たちが転職を考える理由や転職前に準備すべきことを詳しく紹介します。

栄養士から転職するメリットや栄養士に向いていない方の特徴など、転職を成功させるために知っておきたいポイントも解説するので、ぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
栄養士におすすめの転職エージェント比較ランキング|役立つ資格や転職先も紹介 転職エージェントは、コンサルタントの経験や知識、ネットワークを活かして適切な求人案件を提案してくれるため、栄養士の転職において非常に役立ちます。 一方、転職サ...
あわせて読みたい
栄養士におすすめの転職サイト比較ランキング|キャリアアップできる転職先も紹介 栄養士が求められる業界や職場は幅広く、キャリアやスキルアップのために、また、現在の待遇や給与面も改善したいなどの理由で、転職を考えている方もいるのではないで...
目次

栄養士が転職を考える理由とは

栄養士や管理栄養士が転職を考える主な理由は次の6つです。

栄養士が転職を考える理由
  • 業務量が多い
  • 業務内容がイメージと違った
  • 人間関係が良くない
  • 給料が低い
  • 勤務形態が不規則でストレスを感じる
  • 体力的に負担を感じる

ここからは、それぞれの理由について詳しく解説します。

業務量が多い

栄養士を辞めたいと思う最大の理由は、業務量の多さといわれています。

栄養士は、献立の作成をはじめ、メニューの開発、調理や栄養管理、発注など、幅広い業務を担当します。さらに、働く職場によっては、慢性的な人手不足に陥っているケースも少なくありません。

全ての業務を一人でこなさなければならない場合もあるため、栄養士一人あたりの仕事量は多くなりがちです。

近年、国内では慢性的な栄養士不足が続いており、労働環境の改善が見込めないと感じることで、本格的に退職を決意する栄養士も少なくありません。

業務内容がイメージと違った

栄養士の業務は多岐にわたるため、想像していた業務内容と異なることに驚く人も少なくありません。

栄養士というと、献立の作成や栄養管理などのデスクワークを主に担当すると思われがちですが、実際の現場では、食材の発注や調理など、幅広い業務を兼任しなければならないケースも多くあるでしょう。

イメージしていた業務内容とのギャップにストレスを感じてしまい、退職や転職を決意する方もいます。

人間関係が良くない

栄養士の職場環境は女性が多く、女性特有の人間関係のこじれやトラブルが生じることもあります。

内閣府男女共同参画局による「令和2年度 女性の政策・方針決定参画状況調べ」では、栄養士の女性参画率は95.7%であり、非常に高い割合を占めているとわかるでしょう。

さらに、現場で働く調理師やパートの方も女性が多いうえ、それらの人たちをまとめる役割も果たさなければならないため、人間関係によるストレスを抱えやすいといえます。

人間関係によるトラブルや揉め事は、どの職場でも起こりえることです。ある程度割り切る必要はあるものの、陰湿ないじめや陰口などで精神的に耐えられずに辞めてしまう方も少なくありません。

給料が低い

厚生労働省が発表する「令和4年賃金構造基本統計調査」によると、栄養士の平均給与は月に26万4,200円、年間ボーナスの平均額は62万300円でした。年収に換算すると300万〜400万円と、他の職種と比較して低い水準であるとわかるでしょう。

栄養士は、シフト勤務などで不規則な生活を強いられることが多いうえ、幅広い業務を担当しなければなりません。一緒に働く調理師や他の職種の待遇と比べて、割に合わないと感じる方も少なくないようです。

業務内容やポジションに対して報酬が見合わないと感じてしまうと、モチベーションを維持しながら働くのが非常に難しくなるでしょう。

このように給与面や待遇面に不満を感じて栄養士を辞めたいと考える方も多くみられます。

勤務形態が不規則でストレスを感じる

栄養士や管理栄養士の勤務形態には、大きく分けて次の2種類があります。

  • 定時制
  • シフト制

定時制を採用する職場は、変則的な勤務を必要としない一般企業や保健所などの公共施設で多く見られます。

一方、病院や高齢者施設のような長時間勤務を必要とする職場で働く場合は、複数のスタッフが交代しながらシフト勤務をこなさなければなりません。

日勤と夜勤を交互に繰り返しながら働く必要があり、不規則な生活にストレスを感じる方も多いでしょう。

体力的に負担を感じる

栄養士は、慢性的な人手不足をはじめ、業務量の多さ、現場での力仕事など、さまざまな要因で体力的に大きな負担となっているケースが多くあります。

特に、管理栄養士の人手不足は非常に深刻な状況が続いており、本来栄養士がおこなうべき仕事までカバーしなければならない事例も散見されます。

人手不足が深刻な職場の場合、当たり前のように残業をしなければならず、長時間労働が常態化しているケースも少なくありません。

仕事量の多さや勤務時間の長さによって、体力的に限界を感じる栄養士の方も多く存在するのです。

栄養士から転職する前にやるべきこと

栄養士を辞めて転職する際に、事前に準備すべきことは次の3つです。

栄養士から転職する前にやるべきこと
  • 本当に辞めるべきかを検討する
  • 転職先に求める条件を洗い出す
  • 転職エージェントに相談する

それぞれの内容について詳しく紹介します。

本当に辞めるべきかを検討する

社会人として働いた経験があれば、誰しも「もう辞めてしまいたい」と思ったことが一度や二度はあるでしょう。しかし、感情の赴くままに行動して後悔する方も少なくありません。

退職後に後悔しないためにも、本当に辞めるべきかをよく考えることが大切です。

まずは、自分を取り巻く現状を客観的に見つめ直してください。仕事に対する不満は一時的なものなのか、それとも長期的に続いているものなのかを見極めることが重要です。

もやもやした気持ちを整理するためにも、次の2つの質問に答えてみましょう。

本当にやめるべきかを判断するための2つの質問
  • 10年後に同じ職場で働くイメージが持てるか?
  • 「辞めたい」と感じる原因は解決できそうか?

今いる職場で10年後も働き続けているかをイメージしてみましょう。「10年後にこうなりたい」という未来像が描けない場合や思い描いた未来に期待できない場合は、転職活動を検討すべきといえます。

また、「辞めたい」と感じる原因を解決できるかどうかも重要なポイントです。短期間で解決できそうな場合は、解決に向けて努力するのもひとつの選択肢といえるでしょう。

しかし、解決するのに相当な時間がかかる場合や解決の見込みがない場合は、なるべく早い段階でセカンドキャリアについて考えることも大切です。

転職先に求める条件を洗い出す

転職を成功させるためには、転職先に求める条件を洗い出すことが不可欠です。次の手順で重要な条件を探してみましょう。

転職先の条件を決めるための手順
  • 現在の仕事に対する不満や転職先に求める希望条件をリストアップする
  • リストアップした条件を必要条件と十分条件に分ける
  • 優先したい条件で順位付けする

転職先に求める条件をリストアップしたら、絶対に譲れない条件(必要条件)かどうかで分類します。そのうえで、それらの条件に順位をつけてください。

本当に優先したい条件は何かを理解することで、後悔しない転職を実現できるでしょう。

転職エージェントに相談する

現在の仕事に対して不安を感じていたり、転職すべきか悩んでいたりする場合は、転職エージェントに相談するのもおすすめです。

もちろん、転職活動は一人でもおこなえますが、転職に関する知識やノウハウをもつ転職エージェントに相談することで、自分の置かれた状況を客観視できるだけでなく、今後の働き方について考えるきっかけにもなるでしょう。

「転職エージェントに相談すると、すぐに転職するよう促されるのでは?」と不安に感じる方がいるかもしれません。

しかし、多くの転職エージェントでは、すぐに転職する予定のない方でも利用できる無料相談を実施しています。気軽に相談してみましょう。

栄養士から転職するメリット

栄養士から転職することで、次のようなメリットがあります。

栄養士から転職するメリット
  • 年収を上げられる可能性がある
  • 休日を取りやすくなる
  • 職場によっては人間関係の改善を望める
  • スキルアップができる

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

年収を上げられる可能性がある

栄養士から転職するメリットのひとつは、年収アップが期待できることです。栄養士の平均年収である300万〜400万円は、国税庁の民間給与実態統計調査で算出されている平均給与の458万円を下回っています。

また、栄養士の仕事の特性上、栄養士個人として評価されにくいことから、収入アップにつながりづらい側面もあるでしょう。

そのため、転職する業界や職種によっては年収を上げられる可能性も期待できるのです。収入面に対して不満を抱えている方は、転職を検討してみましょう。

休日を取りやすくなる

栄養士から転職することで、休みをとりやすくなるのも大きなメリットです。

病院や介護施設の栄養士として働く場合、患者さんや施設の利用者さんに対して毎日食事を提供しなければならないため、交代制のシフト勤務を強いられるケースがほとんどでしょう。

しかし、転職することで、今の職場よりも柔軟なシフトや勤務形態の職場で働ける可能性が高まります。

子育てや介護など、さまざまな理由でプライベートの時間を必要とする方も多くいます。転職することで、土日祝日の休みが取りやすくなるのはもちろん、休日の日数を増やすことにもつながるでしょう。

職場によっては人間関係の改善を望める

栄養士の職場には女性が多いため、人間関係に悩む方も少なくありません。

栄養士のような専門職の人間関係は、グループ派閥が激しいケースもあるため、ギスギスとした空気感になることもあります。仕事が忙しいときや業務量が多いときは、より殺伐とした環境のなかで勤務しなければなりません。

しかし、人間関係によるトラブルは、どこの職場でも起こりえる問題です。転職したからといって人間関係に悩まなくなるわけではないことを理解したうえで、転職活動を進めていきましょう。

スキルアップができる

栄養士として活躍してきた方でも、栄養士とは関係のない新しい職種や業界でスキルアップするチャンスがあります。

異なる分野での転職には勇気と覚悟が必要です。しかし、異業界や異業種において戦略的に経験や知識を身につけることで、転職市場における価値を高められます。

栄養士としての経験や知識を活かしながら、キャリアアップを目指していきましょう。

栄養士に向いていない人の特徴

栄養士に向いていない人の特徴として、次の3つがあります。

栄養士に向いていない人の特徴
  • 食や栄養への関心が薄い人
  • コミュニケーションが苦手な人
  • 自分の健康管理ができていない人

それぞれの特徴について詳しく解説しましょう。

食や栄養への関心が薄い人

栄養士の仕事は、食や料理を通して人々の健康を支えることです。食が細い方や食欲のない方たちに食事を楽しんでもらうためにどうすべきかを考えるのも、栄養士として大切な仕事のひとつであるため、普段から食や栄養に対して興味・関心をもつ必要があります。

食や栄養はもちろん、調理に対する関心が薄い方も栄養士に向いていないといえるでしょう。

コミュニケーションが苦手な人

栄養士の仕事は、調理師をはじめ、調理員や取引先、そのほかの従業員など、さまざまな人たちとやり取りをしながら進めていかなければなりません。

栄養指導をするためには、相手に対して信頼感や安心感を与える必要があります。患者さんや施設の利用者さんの健康を支えるためには、日々の交流が必要不可欠です。

このように、栄養士として活躍するためには、コミュニケーションスキルが求められます。

自分の健康管理ができていない人

普段から健康管理を徹底することも、栄養士として求められるスキルのひとつです。

栄養指導をする立場である栄養士が不健康では示しがつきません。自分の健康管理が行き届いていないと、説得力のあるアドバイスもできないでしょう。

さらに、栄養士の仕事は事務作業だけでなく、厨房での立ち仕事や重い荷物の運搬など力仕事もこなさなければならず、体力を必要とする場面が多くあります。人手不足の職場であれば、より長時間働き続けなければなりません。

そのような過酷な状況でも元気に働くためには、日頃の健康管理が欠かせません。疲れやすい方、体力がない方も栄養士の仕事をつらいと感じやすいといえます。

栄養士資格を活かした転職先6選

栄養士資格を活かした転職先としておすすめなのは、次のとおりです。

栄養士資格を活かした転職先6選
  • 病院
  • 保育園・児童施設
  • 介護施設
  • 食品メーカー
  • 公的機関
  • ジム

それぞれの転職先の特徴や転職するメリットを解説します。

病院

栄養士におすすめの転職先として病院があります。

特に、民間病院のような病院現場の栄養士は、学校現場や保育現場などと比べて給与が高い傾向にあるため、より高待遇で働けるでしょう。

患者さんの健康回復をサポートするためにも、病院における栄養士の役割は重要だと考えられています。チーム医療として、医師をはじめ、看護師や薬剤師などと協力し合いながら、患者さんの健康管理に貢献できるでしょう。

病院での主な業務
  • 入院患者に対する栄養管理や指導、食事調整
  • 外来患者に対する栄養指導
  • 献立の作成 など

それぞれの患者さんの状態に合わせた栄養指導をはじめ、食事調整や献立の作成など、幅広い仕事にあたります。管理栄養士であれば、糖尿病や高血圧症などを患う外来患者の栄養指導なども担当業務です。

食に対する興味・関心が高い方はもちろん、食を通じて医療に貢献したいと考える方にも最適な転職先といえます。

また、さまざまな職種や役職の方たちと連携しながら業務にあたるため、コミュニケーション能力が高ければ高いほどより活躍できるでしょう。

保育園・児童施設

栄養士から転職する際におすすめなのが、保育園や児童施設です。これらの施設では、0歳から18歳までの子どもたちをサポートします。

子どもたちが健やかに成長するために、栄養のバランスに配慮したメニューを考え出すことから、栄養士としての経験を活かせるでしょう。

保育園・児童施設での主な業務内容
  • 食事アセスメントに基づいた食育や食事計画の作成
  • 安心・安全な食事の提供と栄養管理
  • 子どもたちが食に興味をもてるような食育指導

保育園や児童施設では、子どもと近い距離で仕事にあたるため、子どもと接するのが好きな方に向いています。

アレルギーへの対応をはじめ、離乳食や幼児食など、一人ひとりのお子さんに合わせてさまざまな配慮が必要です。調理を任されるケースも多いことから、調理好きな方にも向いている転職先といえるでしょう。

介護施設

栄養士からの転職を検討されている方は、介護施設への転職もおすすめです。利用者さんの健康を支える栄養士の役割は非常に大きく、やりがいを感じやすい職場といえるでしょう。

介護施設での主な業務内容
  • 献立作成
  • 食事の提供
  • 栄養管理 など

介護施設での栄養士の業務は、医師や歯科医師、そして現場で働く介護職員と連携しながら進める必要があります。きざみ食やミキサー食など、利用者の方の状態に合わせて調理方法に配慮しなければなりません。

介護業界に興味のある方はもちろん、栄養士として社会貢献したいと考える方にもおすすめの転職先といえるでしょう。

食品メーカー

栄養士からの転職を検討している方は、食品メーカーへの転職も視野に入れてみましょう。

食品メーカーの品質管理部門や開発部門などにおいて、栄養士資格のある働き手を求めているケースが多くあります。食品メーカー以外にも、外食業界や医療品メーカーなどで栄養士資格を保有する人材が募集されています。

食品メーカーでの主な業務内容
  • 栄養学に関する研究
  • 新商品や新メニューの開発 など

新商品の開発に際する栄養の分析や調理方法の検討など、栄養の専門家として業務に携われるでしょう。また、就職先によっては研究部門に配属されるケースがあり、より専門性の高い業務を任されることもあります。

食品メーカーと一言でいってもさまざまなジャンルがあるため、興味のある分野を見極めることが大切です。

公的機関

保健所や保健センターなどの公的機関で活躍する栄養士に転職するのもおすすめです。これらの公的機関に従事する栄養士を行政栄養士といいます。

公的機関(保健所や保健センター)での主な業務内容
  • 健康教育のためのイベント開催
  • 栄養相談会の実施
  • 飲食店の衛生環境チェック
  • 給食施設への栄養指導
  • 行政調査のサポート など

保健所や保健センターでは、乳幼児や高齢者まで幅広い世代の方たちへの対応が求められます。地域全体の食や健康をサポートしたいと考える方におすすめです。

保健所や保健センター以外にも、公立学校や公立病院などの公的施設で活躍する栄養士もいます。

スポーツジム

栄養士の知識や経験を活かせる転職先としておすすめなのが、スポーツジムです。美しく健康的な体を求める利用者の方に向けて、栄養に関する知識を存分に活かしてサポートできるでしょう。

勤務先によって携わる業務は大きく異なるものの、顧客と直接かかわる場合は、次のような業務を担当します。

ジムでの主な業務内容
  • 栄養指導
  • レシピ提案
  • 健康や美容に関する食品やサプリの販売促進 など

利用者さんの健康増進や筋力強化のため、食事管理や栄養指導が求められるでしょう。トレーナーと連携しながら、利用者の方に合わせた食事プランを提案することも大切です。

ダイエットや美容、筋力トレーニングなどに興味のある方におすすめの転職先といえます。

栄養士から未経験で転職する場合におすすめの転職先4選

栄養士から未経験の業界や業種に転職する際におすすめの転職先は、次のとおりです。

未経験で転職の際におすすめする転職先
  • 事務職
  • 営業職
  • カスタマーサクセス
  • ITエンジニア

それぞれの転職先の特徴や、転職するメリットを詳しく解説します。

事務職

栄養士が転職する際におすすめの職種として事務職があります。事務職はデスクワークがメインであるだけでなく、定時に退社できるケースも多いため、栄養士に比べて精神的にも肉体的にも負担が少ない職種といえるでしょう。

事務職のおすすめポイント
  • 栄養士より年収が高いケースもある
  • 土日休みの仕事が多いため、プライベートの時間を確保しやすい
  • 肉体労働がほとんどない

栄養士の経験を活かせる事務職として、医療機関や食品関連の企業が挙げられます。

栄養士として働くことに気力も体力も限界を感じている方、そして裏方として支えたいと考えている方におすすめの職種です。

営業職

営業職は、コミュニケーション能力やヒアリング力、トラブルに対応する力やロジカルシンキングなど、さまざまなスキルが求められる職種です。自社の製品やサービスを顧客に提案・販売する仕事で、自分が出した成果が給与に反映される企業も多いため、頑張り次第で年収アップが期待できます。

営業職のおすすめポイント
  • 給与が上がるケースが多い
  • 職種によってはサービス残業が少ない
  • 食品メーカーの場合は、栄養士としての知識や経験を活かせる

営業として実績を積む必要はあるものの、努力に対してインセンティブのある企業も多くあります。

コミュニケーション能力に長けている方、体力や精神力がある方、そして大幅に収入を上げたい方におすすめの職種です。

カスタマーサクセス

カスタマーサクセスとは、商品やサービスを購入した顧客に対して、満足度を高めるためにサポートする職種です。

近年利用者が増加する、サブスクリプション型サービスを提供する企業で設けられているケースが多くあります。

カスタマーサクセスと似た職種としてカスタマーサポートがありますが、両者の違いは能動的にかかわるかどうかという点です。

顧客からの問い合わせを受けて対応するカスタマーサポートに対し、カスタマーサクセスは既存顧客の満足度を高め、長期的な継続利用につなげるために、先回りして支援をおこないます。

カスタマーサクセスのおすすめポイント
  • 市場価値が高く転職しやすい
  • マネジメントポジションを狙いやすい
  • キャリアの選択肢が広がる

栄養士としての経験や知識を活かす場合、食に関連するカスタマーサクセスの求人を見つけるのがおすすめです。

今後IT業界に転向したい方や、栄養士とはまったく違うジャンルの仕事に挑戦したい方に最適な職種といえるでしょう。

ITエンジニア

栄養士とはまったく違う職種であるITエンジニアも、未経験から挑戦できる職種としておすすめです。

ITエンジニアと一言でいってもさまざまなジャンルがありますが、情報技術に関する専門知識やスキルを活用して、ITインフラの設計、構築、運用を担当します。

ITエンジニアのおすすめポイント
  • 自由な働き方を採用する企業が多い
  • 需要があるため転職しやすい
  • 起業や独立をしやすい
  • 栄養士よりも年収が高くなるケースが多い

IT企業の多くは、フレックスタイム制やリモートワークなど、多様な働き方を採用しているため、自由度が高く働きやすいという特徴があります。また、需要の高い職種であることから、仕事を見つけやすいことも大きなメリットです。

将来起業や独立を検討している方や年収アップを希望する方、自由な働き方で仕事をしたいと考えている方に最適な職種といえるでしょう。

未経験、ノースキルでも大丈夫!
異業種への転職に特化した次世代エージェント

WarX
1分で登録完了!

 

栄養士から転職する際に面接で聞かれる質問とは

栄養士から転職する際の面接で質問される内容は、大きく分けて次の3つに分類されます。

栄養士から転職する面接で聞かれる質問
  • 志望動機・転職理由
  • 転職先で活かせる経験やスキル
  • 栄養士として頑張った経験

それぞれの質問の内容や具体的な質問例を紹介しましょう。

志望動機・転職理由

転職の面接では、志望動機や転職理由について質問されるケースがほとんどです。入社後に前職と同じ理由で早期退職してしまっては、企業にとっても転職希望者にとってもデメリットしかありません。

そのため、転職者の熱意や退職理由を確認して、自社との相性を確認するケースが多くあります。

志望動機の質問例
  • 弊社への志望動機をお聞かせください。
  • なぜうちの会社を受けられたのですか?

志望動機を回答する際は、転職先の業務内容に対する理解や実体験を盛り込むことでより説得力が増すでしょう。

転職理由の質問例
  • 転職理由をお聞かせください。
  • どうして前の会社を辞められたのですか?
  • 転職を決断された経緯についてお聞かせください。

転職理由を述べる際は、どれだけマイナスな退職理由だったとしても前向きな姿勢をアピールすることが大切です。前職の愚痴や悪口をいうようなことは避けてください。

転職先で活かせる経験やスキル

転職先が求める成果を出せるかどうかを確認するために、栄養士としての経験やスキルを確認するケースが多くあります。

転職先で活かせる経験やスキルに関する質問例
  • 今までどのような職場で働いてきましたか?
  • これまでの経験やスキルを当社でどのように活かしていきますか?
  • この仕事で重要な資質はなんだとお考えですか?

転職先で活かせる経験やスキルについて回答する際は、応募職種に適したものを選んで答えることが重要です。

また、実績について話す際は、具体的な数字を用いて語るようにしましょう。

栄養士として頑張った経験

応募者の実力を知るために、これまで頑張ってきた経験を質問するケースが多くあります。実績だけでなく、応募者の人柄を知るためにも有効な質問だと考えられています。

栄養士として頑張った経験に関する質問例
  • 今までの仕事で最も誇れる実績や成功体験をお聞かせください。
  • これまで失敗した経験は何ですか?

面接官が知りたいのは、成功するために発揮した強みや工夫、果たした役割などのプロセスです。頑張った経験を自慢話のように語るのではなく、どのように考え、行動したかを具体的に述べてください。

栄養士から異業種への転職におすすめな転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 364,283件
非公開求人数 225,664件
おすすめポイント
  • 求人数の多さが売り
  • 質の高いキャリアアドバイザーがトータルサポート
  • 多くの転職者が給料アップを実現
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※求人数は2024年2月現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年2月時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 53,661件(※1)
非公開求人数 16,211件(※1)
おすすめポイント
  • キャリアドバイザーにしっかり相談できる
  • はじめての転職活動でも安心の徹底したサポート
  • 夜間や土曜日に相談できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

就職カレッジ

就職カレッジ JAIC
  • 特徴① 就職成功率81.1%、入社後定着率92.21%(※1)
  • 特徴② 無料の就職講座や書類選考なしの集団面接会を開催
  • 特徴③ 実際に訪問して優良企業と判断した求人のみを紹介

フリーター・第二新卒の就職を支援する就職カレッジでは、2005年のサービス開始以来、33,000人以上(※2)の正社員就職を成功させた実績があります。

 

また、アドバイザーが実際に訪問して「安心して働ける」と判断した求人のみを紹介しているため、入社後3ヵ月の定着率は92.21%(※1)と高い数値になっています。

 

就職カレッジの特徴は、面談後に無料の就職支援講座を受けられることです。

 

社会人に必要なビジネスマナーを学べるほか、自己分析・企業分析の支援や応募書類の指導、面接練習もあり、知識を身につけたうえで就職活動に臨めます。

 

また、優良企業約20社を集めた集団面接会があり、書類選考なしで参加できることもメリットです。

 

(※1)2022/8/1~2023/1/31に入社した人材の3か月定着率
(※2)2005/5/1~2023/4/30の当社主催の面接会参加人数

 

サービス名 就職カレッジ
運営会社 株式会社ジェイック
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 書類選考なしで面接を受けることも可能
  • 社会人としての基本的な知識を得られる
  • 優良企業に就職できる
対応地域
東京、大阪など全国
公式サイト

 

【就職カレッジの口コミ・評判】

20代の私でも再就職できました!
大学卒業と同時に就職しましたが、職場に馴染めずに約8ヶ月で退職してしまいました。
(中略)
いろいろな国家資格を有した就職アドバイザーが在籍していて、不安に思うことや分からないことなどを、何でも相談できるのが良かったです。以前は自分で履歴書やエントリーカードを作成していましたが、JAICには就職カレッジというのがあって、自己分析や企業研究もサポートしてくれたので、履歴書などを一から作り直すことができ、内定獲得にも役立った気がします。
また、書類選考なしの集団面接会があり、私の場合は14社が参加した面接会でしたが、一度にいろいろな企業の方とお会いして話せたので、自分に合う会社がすぐに見つかり内定をもらうことができました。
その間サポートしてくれただけでなく、就職後もビジネスマナーや仕事の進め方などで分からないことも継続サポートしてくれたので、安心して職場に馴染めています。今度こそ長続きできそうで、新しい会社で頑張っています。

引用元:就職カレッジの口コミ・評判 |みん評

サポートが手厚く、相談にのってもらえる
ジェイックの研修では、人間性とコミュニケーションについて学ぶことができます。また、グループワークがたくさんあるので、普段、話すことに慣れていない人は、すごく成長することができると思います。なので、面接の時には、あまり緊張することなく話すことができます。
また、講師の方もすごく明るい人たちで、思いやりのある方ばかりです。私も悩んでいる時に相談にのってもらいました。
私は、ジェイック大阪支店の研修を受けたのですが、研修を受けて良かったと思いますし、何より自分自身が成長することができました。
就職、転職で悩んでいたら、ジェイック大阪支店さんをおすすめします。

引用元:就職カレッジの口コミ・評判 |みん評

 

キャリアスタート

キャリアスタート新卒
  • 特徴① 最短2週間で内定を狙える
  • 特徴② 入社実績2,000名以上
  • 特徴③ 定着率92%

キャリアスタートは一人ひとりのあった企業を紹介してくれるため、入社後定着率が90%以上と高いのが特徴の就活エージェントです。

また、学生から人気の高い有名企業への就活サポートをもしてくれます。

 

質の高い求人紹介から、一人ひとりに合わせた面接サポートまで無料で対応してくれるため、就活がなかなかうまくいかず悩んでいる方におすすめです。

 

最短2週間で内定獲得している実績もあるため、できるだけ早く内定がほしい方はぜひとも利用したい就活エージェントです。

 

サービス名 キャリアスタート
運営会社 キャリアスタート株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • あなたの個性にあった求人を紹介
  • マンツーマンで就活をサポート
  • 全国どこでも対応可能
対応地域
北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年2月時点

ハタラクティブ

ハタラクティブ
  • 特徴① 20代専門のキャリアアドバイザーによる就職支援
  • 特徴② 最短2週間とスピード内定の可能性あり
  • 特徴③ 8割以上が未経験可の求人

20代向けの就職支援を展開するハタラクティブでは、特に未経験者のサポートに力を入れています。

 

保有求人のうち、8割以上(※1)が未経験可の求人で、経歴よりも人柄を重視した採用をおこなう企業の求人を多数取り扱っています。最短2週間(※1)で内定を獲得した実績もあり、スピード内定にも期待できそうです。

 

また、キャリアアドバイザーからきめ細やかな就職支援を受けられることも強みです。スキルや適性・能力をもとにしたマッチングや、就職活動の悩みや将来的なキャリアプランの相談など、20代専門のキャリアアドバイザーだからこそのサポートが充実しています。

 

もちろん、面接対策や履歴書の添削などにも対応しており、はじめての正社員就職でも安心して就職活動に取り組めるでしょう。

 

(※1)ハタラクティブの公式ホームページより

 

サービス名 ハタラクティブ
運営会社 レバレジーズ株式会社
公開求人数 3,568件(※2)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 就職活動が長引かない
  • 経歴・スキルに自信がなくても問題ない
  • 就職活動の進め方をレクチャーしてもらえる
対応地域
東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、福岡
公式サイト
(※2)2024年2月時点

 

【ハタラクティブの口コミ・評判】

こまめにSNSチャットで連絡いただいてたので、その都度状況を報告してアドバイスを受けられたのは心強かったです。選考以外のことを考えずに集中でき、スムーズに内定まで進んだので驚きました。

引用元:多くの方が第二新卒・未経験から再スタート!|ハタラクティブ

やりたいことがなく、就活の軸が全くなかったので、不安だったのですが、アドバイザーが就職に対する不安一つひとつを的確に解決してくださり、それがきっかけとなってサクサク決まりました。

引用元:多くの方が第二新卒・未経験から再スタート!|ハタラクティブ

 

栄養士への転職におすすめな転職エージェント

栄養士人材バンク

栄養士人材バンク

栄養士人材バンクの特徴は、以下のとおりです。

  • 栄養士の転職に特化
  • 全国の求人を網羅
  • 専任のコンサルタントが転職をサポート
  • 運営会社が上場企業なので安心
  • 登録・利用は完全無料

栄養士の転職に特化している栄養士人材バンクは、栄養士の転職に特化した会社です。そのため、栄養士の転職に必要な情報やノウハウを豊富に持っています。

また、全国の求人を網羅しているため、大都市圏以外に住んでいる方も安心して利用できます。さらに、専任のコンサルタントが転職をサポートしてくれるため、求職者の希望や条件を理解し、それに合った求人を紹介してくれるでしょう。

対応エリア 日本全国
公開求人数 非公開
公式サイト https://ejb.eichie.jp/
2023年11月時点

栄養士ワーカー

栄養士ワーカー

栄養士ワーカーの特徴は、以下のとおりです。

  • 転職成功者数は年間30,000
  • 栄養士専門のアドバイサーが対応
  • 面接対策や条件交渉をしっかりサポート

※【参考記事】栄養士ワーカー トライトグループ合計 20204月~20213月実績

栄養士ワーカーは、全国の求人を掲載しており、多くの求職者が転職に成功しています。

栄養士専門のアドバイザーが面接対策や条件交渉もおこなうため、転職が初めての方でも安心して利用できるでしょう。

対応エリア 日本全国
公開求人数 9,957件
公式サイト https://eiyoushi-worker.com/
2023年11月時点

レバウェル栄養士

レバウェル栄養士

レバウェル栄養士の特徴は、以下のとおりです。

  • 栄養士に特化
  • キャリアアドバイザーが丁寧にカウンセリング
  • 給与や勤務時間の相談も可能
  • 職場の雰囲気を教えてくれる

レバウェル栄養士は、栄養士や管理栄養士の求人が豊富であり、キャリアアドバイザーのサポートも充実しています。

給与や勤務時間の相談も可能なので、年収をアップさせたい方やフレックスを希望する方なども、条件に合った転職先を見つけられる可能性が高まるでしょう。

また、職場の雰囲気について事前に知ることができるのため、特に人間関係のトラブルを避けたい方や働きやすさを重視している方におすすめします。

対応エリア 日本全国
公開求人数 非公開
公式サイト https://levwell.jp/profession/rd/
2023年11月時点

栄養士転職ナビ

栄養士転職ナビ

栄養士転職ナビの特徴は、以下のとおりです。

  • 栄養士に特化
  • 全国の求人を網羅
  • コンサルタントの手厚いサポートが受けられる
  • 検索条件を細かく設定できる
  • コラム記事で有益な情報が得られる

栄養士転職ナビは、栄養士や調理師に特化している転職サイトであり、コンサルタントの手厚いサポートが特徴です。

全国の求人を網羅しており、また、検索条件を細かく設定できるため、転職が初めての方でも希望の転職先を見つけやすいといえるでしょう。

また、公式サイトに掲載されているコラム記事の内容が充実しているため、うまく利用することで有益な情報が得られる可能性があります。

対応エリア 日本全国
公開求人数 9,986件
公式サイト https://eiyoushi-tensyoku.com/
2023年11月時点

しんぷる栄養士

しんぷる栄養士の特徴は、以下のとおりです。

  • 栄養士に特化した転職支援サービス
  • 求職者に寄り添った転職サポートに特徴あり
  • 一都三県で転職したい方におすすめ

しんぷる栄養士は、栄養士に特化した転職支援サービスです。一都三県の求人を中心に取り扱っており、保育園、病院、介護施設など、さまざまな施設の求人を紹介してもらえます。

求人提案の際には、職場の雰囲気や上司の人柄などの詳しい情報の共有も受けられるため、入職後のギャップを最小限に抑えられるはずです。

登録すると、一人ひとりに専属の担当者がつき、きめ細やかなヒアリングがおこなわれます。転職に対する求職者の思いをもとに、希望のキャリアプランに寄り添ったアドバイスをしてもらえるのが特徴です。

サポートは基本的に電話・LINEで実施されるため、忙しい栄養士にもおすすめのサービスといえるでしょう。

対応エリア東京、神奈川、千葉、埼玉が中心
公開求人数非公開
公式サイトhttps://simple-eiyoushi.com/entry/sp_92/
※2023年11月時点

栄養士から未経験で転職するためのポイント

栄養士から未経験の職種への転職を成功させるためには、次のポイントを押さえましょう。

未経験の職種で転職を成功させるポイント
  • 転職の軸を固める
  • 入念に準備して情報収集する
  • 複数の転職エージェントを併用する

それぞれのポイントを紹介します。

転職の軸を固める

転職活動で重要なのが、転職の目的、すなわち転職して何を実現したいかを明確にすることです。転職の目的がはっきりしないと、転職を繰り返してしまう恐れがあります。

「今の職場が嫌だから転職したい」と考える方や漠然と転職を検討している方は、まず転職の軸となる条件を洗い出し、固めていきましょう。

入念に準備して情報収集する

転職の軸を明確にしたら、転職先の業界や職種に関する情報を収集しましょう。業界研究や企業研究をせずに面接に臨むと、転職に対する熱意をアピールできずに終わってしまいます。

業界や職種、転職先について事前にリサーチすることは、転職を成功させるためだけでなく、転職後のミスマッチを防ぐためにも重要です。自己分析と同じように、入念な情報収集に力を入れてください。

複数の転職エージェントを併用する

栄養士から未経験の業界や職種に転職するためには、複数の転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントはそれぞれに強みを持っています。複数のエージェントを併用することで、より多くの求人情報を比較でき、希望に合った転職先を見つけられる確率が高まります。

ほとんどの転職エージェントは、ハローワークや人材派遣会社と同じように無料で利用可能です。企業の内部情報や非公開求人を多数紹介してもらえるため、より条件の良い転職先を見つけられます。

さらに、転職のプロから多くのアドバイスをもらえるため、効率良く転職活動を進められるでしょう。

ただし、転職活動を始めて間もないうちは登録しすぎると手が回らなくなる恐れがあるため、2〜3社に絞るのがおすすめです。

相性のいいアドバイザーが在籍するエージェントや、魅力的な求人が多く集まるエージェントを見極めて利用しましょう。

栄養士から転職しやすいおすすめの転職先|適性と照らし合わせてよく検討しよう

栄養士から転職しやすいおすすめの転職先や転職を成功させるポイントを紹介しました。収入アップを目指したい方、今よりもストレスの少ない職場で働きたい方など、転職の理由は人それぞれです。

効率よく転職活動するためにも、転職の目的を明確にし、業界や企業研究を念入りにおこなったうえで、転職エージェントの利用を検討してください。

転職エージェントを利用する際は、栄養士や管理栄養士に特化したエージェントを選ぶのがおすすめです。

希望の条件に合う理想の仕事を見つけて、今まで以上に充実した生活を送りましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。