薬剤師の20代転職は早すぎる?転職を成功させるための4つのポイント

編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

新卒で就職し、薬剤師として働いてきたものの、職場の雰囲気や条件が合わないなどのさまざまな理由から、転職を考える20代薬剤師の方も多いようです。

しかし、「このまま働き続けるのはつらい」と感じてはいても、20代での転職は薬剤師としての経験も浅く、「次の就職先が見つかるのか」「今より条件が悪くなるのではないか」などの不安を感じ、なかなか踏み出せない方もいるかもしれません。

この記事では、20代の薬剤師で転職を検討している方に向けて、転職活動を成功させるためのコツや、おすすめのエージェントなどを紹介します。

薬剤師向けのおすすめ転職エージェント3選
エージェント名 評価 特徴
薬ジョブヤクジョブ

5.0

48,000件以上の求人情報を保有し、質も量も満足できる転職エージェント
ファルマスタッフファルマスタッフ

4.8

はじめての転職で使いたい薬剤師転職サイトNO.1の転職エージェント

マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師

4.5

利用者満足度が高く、親身なサポートに定評がある大手転職エージェント

関連記事:薬剤師向け転職エージェント16社を徹底比較|選び方や転職成功ポイントも

目次

薬剤師の20代での転職は早すぎるのか

薬剤師の転職において、20代という年齢が早すぎると感じる方もいるかもしれません。しかし、実は20代で転職する薬剤師は決して珍しくありません

転職サイト『薬キャリ』がおこなったアンケート調査によれば、半数以上の薬剤師が入社4年目までに転職しているという統計結果も出ています。

薬剤師の転職実態調査-vol3.転職活動|薬キャリ

このことからも、20代で経験が浅いからといって、薬剤師としての転職を躊躇する必要はないということがわかります。

関連記事:20代転職サイトおすすめランキング!前半後半や未経験・女性向けに比較

20代薬剤師の転職が有利な5つのポイント

20代での薬剤師としての転職は、不利になるどころか有利な条件として働くこともあります。

このことは、20代の薬剤師で、現在の職場に不満を感じ環境を変えようとしている方や、キャリアアップを目指している方にとっては、心強く感じられることではないでしょうか。

ここでは、20代での転職が有利だといえるポイントを5つ解説していきます。転職活動を成功させるためにも、ぜひ、この有利なポイントをしっかり確認してください。

ポテンシャル採用が期待できる

20代の薬剤師の転職が有利な理由の1つとして、「ポテンシャル採用」という考え方があります。これは、経験やスキルがなかったとしても、ここからの成長を期待して人材を採用するというものです。

即戦力としての経験値の高い薬剤師を採用するというよりは、柔軟性の高い人材にいろいろなことを吸収して活躍してもらうことが「ポテンシャル採用」の目的です。

そのため、「ポテンシャル採用」は20代までの人材を対象にしていることも多く、この枠を目指すのであればなるべく早く転職活動を開始する必要があります。

ポジティブな内容であれば高評価につながる

転職理由は人によって様々ですが、内容によってはポジティブに評価してもらえる可能性もあります。

転職活動においては転職理由を聞かれることもあるため、自分の中で転職理由を明確にしておくことが大切です。

特に、キャリアアップを検討している方にとってはその旨をまっすぐに面接官に伝えることで、やる気をアピールすることもできます。

年収が低いので採用されやすい

薬剤師としてのキャリアがまだ浅い20代であれば、年収はそこまで高くないため転職の際に採用されるチャンスが増えます。すでに高い年収を現職で受けとっている方は、それ以上の価格を提示することが求められるため、企業としては採用に踏み切れないことがあるからです。

若い人材を求めている企業を見つけることができれば、20代でもスムーズに転職先を見つけることが可能です。

異業種への挑戦がしやすい

20代で転職をすることのメリットは、薬剤師としての仕事の見つけやすさだけとは限りません。

薬剤師としての仕事にこだわらず、他の職種に挑戦してみたいという方にとっては、20代で行動を起こすのは大きなメリットです。異業種への挑戦へのハードルも低いため、若ければ若いほど新しいことに挑戦しやすい環境になります。

公務員薬剤師への挑戦が可能

薬剤師には、公務員として働くことができる公務員薬剤師がありますが、公務員薬剤師になるためには、採用試験に合格しなければなりません

この採用試験には年齢制限が設けられていて、国家公務員の場合は29歳未満が多く、地方公務員の場合では30代前半までに試験を受けなければなりません

自治体によっても異なりますが、一定の勉強期間が必要になるため、30代での挑戦はハードルが高くなると考えられます。そのため、公務員薬剤師への挑戦は、むしろ若いほど有利といえます。

公務員薬剤師として働くことを希望するなら、20代での決断がカギとなるでしょう。

薬剤師向けのおすすめ転職エージェント3選
エージェント名 評価 特徴
薬ジョブヤクジョブ

5.0

48,000件以上の求人情報を保有し、質も量も満足できる転職エージェント
ファルマスタッフファルマスタッフ

4.8

はじめての転職で使いたい薬剤師転職サイトNO.1の転職エージェント

マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師

4.5

利用者満足度が高く、親身なサポートに定評がある大手転職エージェント

20代薬剤師の転職を成功させる4つのポイント

20代の薬剤師の転職はメリットやアドバンテージも多く、実際に多くの方が転職をしています。

では、20代薬剤師の転職を成功させるためには、どのような点に注意したらよいのでしょうか。成功のために押さえておくべきポイントを4つご紹介します。

転職理由を明確にする

はじめに、転職活動の目的・理由が明確であることが大切です。

転職の理由があいまいだと企業に何を求めているかがわかりづらく、転職先の選択肢を探すことが難しくなってしまいます。「転職理由=譲れないポイント」として軸を設けることで、採用試験を受ける企業を絞りやすくなり、転職後にも満足した結果につながる可能性が高くなります。

採用面接においても、転職理由は企業が注目するポイントの一つであるため、明確に説明できる訓練をしておくとよいでしょう。特に、ポジティブな転職理由であれば高評価につながるので、やる気を伝えられるように話し方を工夫することが大切です。

労働条件を明確にして優先順位を考える

20代の薬剤師としての転職を検討することのメリットは、現職と転職先の条件を比較することができる点です。

完璧な職場を見つけることは非常に難しいですが、自分が現職で働く中でどうしても譲れない部分がわかっていると、転職活動がスムーズに進みます。様々な労働条件の中で、どの条件を優先するのか、明確な価値基準を作っておくことが大切です。

たとえば、「残業の少ない職場で働きたい」「キャリアアップができる場所に身を置きたい」など、自分が重視するポイントを把握しておきましょう

20代という若さを武器に学習意欲などを示す

20代で転職をする場合には、薬剤師としての経験やスキルの浅さというデメリットもありますが、反対に柔軟性があるというメリットもあります。

経験豊富な薬剤師に比べて知識が劣る分、学習意欲を示すことで企業側に人材としての価値を感じてもらうことができます。
特に「ポテンシャル採用」が見込める企業に対しては、若さが武器であることを理解して積極的にアピールすると転職成功につながりやすくなります。

自分のスキルや経験が職場に貢献できることを伝える

20代といっても、薬剤師としての一定期間の経験があることもアピールポイントになります。

若いうちに転職する方は、柔軟性がありながらも基本的な知識とスキルを見込めるので、企業としては教育費を抑えることができます。
実際の経験やスキルを伝えつつ、現職でどのような仕事をしてきたか、どのように企業に貢献できるかを説明できれば、ポジティブな評価が得られる確率が上がります。

20代薬剤師の転職で失敗する人の特徴

20代で薬剤師として転職をすることにはたくさんのメリットがある一方、気をつけなければ失敗につながってしまうケースも考えられます。転職を成功させるためには、ただ転職活動を進めるだけでなく、戦略的に行動していくことも大切です。

ここで、20代薬剤師の転職で失敗する方の特徴をまとめて紹介します。

転職理由が明確でない

20代で薬剤師の転職をする方の失敗として多いのが、転職理由が不明確なまま転職活動を進めてしまうことです。

採用する側の企業としても、なるべくやる気があって長く勤めてくれそうな方を採用したいと思うのは当然のことです。転職の目的が何かを明確にしないまま面接を受けると、仕事への意識が低いと受け取られてしまう可能性もあります。

まずは自分を分析し、転職の目的を自分の言葉で的確に説明できる準備をしておくことが大切です。

情報収集不足

薬剤師の転職活動において、情報収集は重要な要素です。

転職を失敗してしまう人の中には、情報が不足していたというパターンもあります。20代で転職をする場合には、その企業が新卒以外の若い人材の採用をおこなっているかをリサーチすることで、採用されやすい企業の目星が付けられます。

また、転職するからには現職に対して抱えている不満を解決できなければ意味がありません。現職と比べて、その企業が自分にとっていい条件であることを必ずチェックするようにしましょう。

マイナス理由の転職回数が多い

薬剤師の転職に失敗した方のその他の特徴としては、「ネガティブな理由の転職が多い」ということが挙げられます。

転職の理由がキャリアアップや収入アップなどポジティブな理由であれば、そこまでマイナス要因として判断されることはありません。

しかし、職場での人間関係が合わないなどのネガティブな要因で転職を繰り返している方は、転職活動の際にマイナス評価を受ける可能性があります。

複数回転職をすること自体は悪いことではありませんが、採用したいと思えるような前向きな理由があることをアピールすることが大切です。

薬剤師向けのおすすめ転職エージェント3選
エージェント名 評価 特徴
薬ジョブヤクジョブ

5.0

48,000件以上の求人情報を保有し、質も量も満足できる転職エージェント
ファルマスタッフファルマスタッフ

4.8

はじめての転職で使いたい薬剤師転職サイトNO.1の転職エージェント

マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師

4.5

利用者満足度が高く、親身なサポートに定評がある大手転職エージェント

20代薬剤師が転職する際の注意点

20代薬剤師が転職をする際に、注意しなければならない点もいくつか考えられます。ここでは、特に大切だと思われるポイントを2つ紹介します。

転職活動をスタートさせる前に、まず確認しておきましょう。

勤続年数が短すぎると不利になる場合がある

20代薬剤師の転職は有利に働くこともあるとお伝えしてきましたが、勤続年数が短すぎると、採用担当者に悪い印象を与えてしまうことが考えられます。特に、1年未満の早い転職には注意が必要です

採用担当者は「長続きしないのではないか」と考えたり、十分な経験やスキルを身につけていないため「教育の手間がかかる」と思われたりするケースも少なくありません。

また転職業界的にも、新卒での就職後1年以内の転職者は、新卒者と同じ扱いとなる傾向があります。

実務経験のアピールができないため、希望の職場へのスムーズな転職が難しくなる可能性があります。

最低でも1年以上、できれば2〜3年目まで待つことも検討しましょう。

また、20代のうちに何度も転職を繰り返すのも避けるべきです。「忍耐力がない」と取られ、マイナス評価につながる可能性が高くなります。

給与や働き方以外も考慮する

転職先を探す際、給与や働き方を重視することが多いかもしれません。特に給与は大切なポイントではありますが、日々働くことを考えると、職場の働きやすさも重要です。

給与が良くても働きにくい職場だった場合、短期でまたすぐに転職することになりかねません。それでは転職に成功したとはいえず、むしろ転職を繰り返すことでマイナス評価につながってしまいます。

そうした状況を避けるためにも、働きやすい職場を探す必要があり、そのためには福利厚生や人間関係にも注目することが大切です。

福利厚生では、住宅手当や退職金制度が一般的ですが、もしもの場合に備える薬剤師賠償責任保険も確認してみるといいでしょう。

人間関係について確認することはなかなか難しいかもしれませんが、口コミサイトやSNSを活用する方法が考えられます。あるいは、直接職場に見学に行くことで、雰囲気を確認することもできます。

20代薬剤師の転職を成功させる3つのポイント

20代の薬剤師の転職はメリットやアドバンテージも多く、実際に多くの方が転職をしています。

では、20代薬剤師の転職を成功させるためには、どのような点に注意したらよいのでしょうか。成功のために押さえておくべきポイントを3つご紹介します。

転職理由を明確にする

はじめに、転職活動の目的・理由が明確であることが大切です。

転職の理由があいまいだと企業に何を求めているかがわかりづらく、転職先の選択肢を探すことが難しくなってしまいます。

「転職理由=譲れないポイント」として軸を設けることで、採用試験を受ける企業を絞りやすくなり、転職後にも満足した結果につながる可能性が高くなります。

採用面接においても、転職理由は企業が注目するポイントの一つであるため、明確に説明できる訓練をしておくとよいでしょう。

特に、ポジティブな転職理由であれば高評価につながるので、やる気を伝えられるように話し方を工夫することが大切です。

労働条件を明確にして優先順位を考える

20代の薬剤師としての転職を検討することのメリットは、現職と転職先の条件を比較することができる点です。

完璧な職場を見つけることは非常に難しいですが、自分が現職で働く中でどうしても譲れない部分がわかっていると、転職活動がスムーズに進みます。

様々な労働条件の中で、どの条件を優先するのか、明確な価値基準を作っておくことが大切です。

たとえば、「残業の少ない職場で働きたい」「キャリアアップができる場所に身を置きたい」など、自分が重視するポイントを把握しておきましょう。

自分のスキルや経験が職場に貢献できることを伝える

20代といっても、薬剤師としての一定期間の経験があることもアピールポイントになります。

若いうちに転職する方は、柔軟性がありながらも基本的な知識とスキルを見込めるので、企業としては教育費を抑えることができます。

実際の経験やスキルを伝えつつ、現職でどのような仕事をしてきたか、どのように企業に貢献できるかを説明できれば、ポジティブな評価が得られる確率が上がります。

20代薬剤師が転職を考える理由

20代薬剤師が転職を考え始める理由は、人間関係やキャリアアップなどさまざまです。

ここでは、そうした20代薬剤師に多い転職理由を紹介します。

転職に関する悩みは職場では相談しにくいですが、同世代の薬剤師が考える転職理由を知ることで、見えてくることもあるかもしれません。周囲がどんなことで悩み、転職を考え始めているのかを確認してみましょう。

職場の人間関係

職場の人間関係についての悩みは、20代に限らず広い世代に共通した悩みだといえるでしょう。どの世代でも、転職理由の上位にこの理由がみられます。

20代薬剤師の場合は社会人としての経験が浅く、さまざまな人間関係での対処・対応能力も成長過程にあります。慣れない業務の中で、新たに覚えなければならないことも多く、そのうえ人間関係に問題があれば、転職を考えるのは自然なことかもしれません

薬剤師は比較的狭い空間での業務となることが多く、そのため人間関係も密になりがちです。そうした状況でコミュニケーションに問題が生じれば、一般的な仕事に比べて精神的な負担は大きいものになるでしょう。

また、若い世代の薬剤師の場合は、管理職にあたる上司との関係がうまくいかずに悩んでしまうケースも多いようです。

いずれにしても、一度こじれてしまった職場の人間関係は、改善・回復が難しいかもしれません。そうした場合には、転職を検討してみるのもいいでしょう。
転職によって人間関係がリセットされれば、また新たな気持ちで働くことができ、スムーズなキャリアアップにつながる可能性も出てきます。

入社前に聞いていた条件と違う

労働条件について、入社前に聞いていた条件と入社後の実際の条件とに違いがあった場合、それが転職を考え始めるきっかけとなることも多いようです。

たとえば残業時間について、入社前に聞いていた条件は1ヵ月平均で20時間以下であったにもかかわらず、入社後の実際の残業時間は、毎月30時間以上になっているといった場合などです。また、かなりひどいケースでは、給与や手当、住宅補助などの待遇が、当初聞いていたものと違っている場合もあるようです。

このように、労働条件において入社前と入社後で違いがある場合、雇用主に対して不信感が生まれ信頼関係を築けなくなってしまいます。さらに、そのギャップが大きければ大きいほど「思っていたイメージと違う」という気持ちが強くなるでしょう。

しかし、20代薬剤師という立場では、職場の労働条件を改善させようにも、なかなか難しいのが実情です。
こうしたことから、入社前と入社後の労働条件の違いが理由で、転職を考える20代薬剤師の方は多いようです。

年収・給料の低さ

年収や給与の低さも、20代薬剤師が転職を考える理由の一つになっています。

20代では薬剤師としての経験や知識がまだ浅いため、年収が低い傾向にあります。生活面の理由から転職を考える方も多いようです。

この理由は、主に病院に勤務している薬剤師の方に多い理由となっています。

病院薬剤師は医師や看護師との距離が近く、勉強になることが多くあります。処方箋の出し方などを相談する場面もあり、いわば医師や看護師とチームになって仕事をすることができ、生の医療現場を肌で感じ、経験できる業種だといえるでしょう。

しかしその反面、当直勤務があったり、勤務時間外の勉強会があったりなど、労働環境を考えると厳しい面もあります

さらに近年では、医療費削減の影響もあり、ドラッグストアや調剤薬局などの他業種に比べて、病院薬剤師の年収は低く設定される傾向にあります。

給与は生活に大きく影響するものです。仕事内容には満足していたとしても、給与が低いために生活が苦しくなってしまうなら、転職を考えることになるでしょう。
また、将来的に出世したとしても、思うような年収アップにはあまり期待が持てないため、転職を考える20代薬剤師も多いようです。

やりがいを感じられない

やりがいを感じられないという転職理由は、20代薬剤師にありがちな理由といえるかもしれません。

新卒で職場を選ぶ際、経験や知識の少なさから、はっきりとした判断材料をもたないまま今の職場を選んだ方も多いでしょう。

仕事内容よりも、年収や待遇などの勤務条件だけでなんとなく決めた場合、実際に働き始めてから、仕事内容に全くやりがいが感じられないことに気づくというケースがあります。

また薬剤師の業務内容としては、職場や立場によってクリエイティブなものから事務的なものまで、さまざまな内容があります。クリエイティブな仕事がしたいと考えているのに、日々の主な業務内容が事務的なルーティンワークだった場合にも、薬剤師としてのやりがいを感じられなくなってしまうようです。

仕事にやりがいを感じられない状況だと、なんのために職場に行き、働くのかがわからなくなり、毎日職場にいくことが苦痛になってしまいます。その結果、転職を考え始めることになるようです。

キャリアアップやスキルアップに期待が持てない

20代の薬剤師は、ちょうど仕事に慣れて、少しずつ業務をこなせるようになってくるタイミングにあります。少し余裕を感じるようになると、薬剤師としてさらにスキルを磨きキャリアアップをしたいと考える方は少なくありません。

しかし、職場にスキルアップできるような教育システムがなかったり、限られた業務しかさせてもらえない場合は、薬剤師として成長できないと不満を感じるようになります。

現職のままではキャリアアップやスキルアップに期待が持てないと思えば、転職を考えるのは自然なことかもしれません。

薬剤師向けのおすすめ転職エージェント3選
エージェント名 評価 特徴
薬ジョブヤクジョブ

5.0

48,000件以上の求人情報を保有し、質も量も満足できる転職エージェント
ファルマスタッフファルマスタッフ

4.8

はじめての転職で使いたい薬剤師転職サイトNO.1の転職エージェント

マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師

4.5

利用者満足度が高く、親身なサポートに定評がある大手転職エージェント

転職に失敗したくないなら薬剤師特化の転職エージェントを利用しよう

薬剤師として20代で転職をすることは、勇気のいることです。

「新しい職場が今よりも気に入らなかったら…」「転職先が見つからなかったら…」そんな不安を抱えている方もいると思います。転職は、情報を正確に収集することと、入念に準備をおこなうことで結果が大きく変わります。

そのため、転職を絶対に成功させたいと思っている方は、薬剤師特化の転職エージェントを利用することがおすすめです。転職に関する様々な情報を獲得しやすくなるだけでなく、迷ったことがあればすぐ相談できるのはとても心強い存在といえます。

リサーチを自力で全ておこなうよりも時間が短縮できるというメリットもあります。

薬剤師向けのおすすめ転職エージェント3選
エージェント名 評価 特徴
薬ジョブヤクジョブ

5.0

48,000件以上の求人情報を保有し、質も量も満足できる転職エージェント
ファルマスタッフファルマスタッフ

4.8

はじめての転職で使いたい薬剤師転職サイトNO.1の転職エージェント

マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師

4.5

利用者満足度が高く、親身なサポートに定評がある大手転職エージェント

20代薬剤師におすすめの転職エージェント5選

20代薬剤師が転職活動を成功させるためには、薬剤師特化の転職エージェントはリサーチしておくべきでしょう。

以下では、20代薬剤師におすすめの転職エージェントを5つ紹介していきます。

薬キャリエージェント

薬剤師の求人・転職・募集なら【薬キャリエージェント】
  • 特徴① 独自のネットワークで集めたここにしかない情報を提供
  • 特徴② コンサルタントの質が高い
  • 特徴③ 利用者満足度95%、年間2万人以上の薬剤師が利用(※)

薬キャリエージェントは、医療関連ビジネスを展開する「エムスリーグループ」に属する転職エージェントです。

 

独自のネットワークから求人・内部情報を収集しているため、ここでしか入手できないような情報に出会えるかもしれません。

 

コンサルタントの質の高さに特徴があり、カウンセリング後、最大10件の求人を紹介してもらえたり、最短3日のスピード内定が叶ったりすることもあるようです。

また、条件交渉や内部調査も依頼でき、後悔しない転職を実現するための支援が充実しています。

 

コンサルタントに対する利用者満足度は95%(※)と高く、はじめて転職活動をする方にもおすすめのエージェントです。

 

年間2万人以上(※)の薬剤師に選ばれるサービスをぜひ体感してみてください。

 

(※)2024年3月 薬キャリAGENT公式サイトより引用

 

サービス名 薬キャリエージェント
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公開求人数 20,508件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年5月15日時点

 

ファーマキャリア

ファーマキャリア
  • 特徴① 希望条件に合わせたオーダーメイドの求人作成
  • 特徴② 大手転職エージェント出身のコンサルタントが設立
  • 特徴③ コンサルタントと二人三脚で転職活動に取り組める

ファーマキャリアの最大の特徴は、「オーダーメイド型求人」があることです。

希望条件に合致しそうな病院・薬局に直接交渉し、求職者のために新たに求人を作成してくれます。

 

大手転職エージェント出身のコンサルタントが設立したからこその交渉力で、理想に近い求人を提案してくれるでしょう。

 

質の高いサポートにも力を入れており、蓄積してきたノウハウをもとに、きめ細やかなサービスを提供しています。

 

どのコンサルタントに当たっても満足できるよう、教育にも重点を置いているため、安心してサポートを受けられるのも特徴です。

あえてコンサルタント一人あたりの担当人数を絞り込み、求職者一人ひとりに寄り添った転職支援をおこなっています。

 

ほかのエージェントでは満足できなかった方も、ファーマキャリアなら理想の転職を叶えられるかもしれません。

 

サービス名 ファーマキャリア
運営会社 エニーキャリア株式会社
公開求人数 36,290件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年5月15日時点

 

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
  • 特徴① 「顔が見える面談」による丁寧なヒアリング
  • 特徴② 手厚い転職サポート
  • 特徴③ 臨床開発室・治験コーディネーターなど取り扱い職種が幅広い

マイナビ薬剤師は、大手人材紹介企業である株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。

 

対面、またはWebでおこなわれる「顔が見える面談」にこだわりがあり、今後のキャリアプランや仕事に求めることなど、求職者の話に耳を傾けて、叶えたい転職内容を汲み取ってくれるでしょう。

 

サポートの手厚さに定評があり、求人紹介や書類添削、面接対策などの支援にくわえ、面談同行や給与交渉なども任せられます。

 

求人情報の読み方や内部情報も教えてもらえるため、気になることは何でも質問してみるのがおすすめです。

 

取り扱い職種の幅が広いことも特徴で、薬局、病院、ドラッグストアのほか、臨床開発室・治験コーディネーターなどの企業勤務の求人も保有されています。

 

さまざまなキャリアの選択肢を検討したい方に、うれしいポイントでしょう。

 

サービス名 マイナビ薬剤師
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 46,723件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年5月15日時点

 

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ
  • 特徴① 業界最大レベルの求人数と地方求人の多さに強み
  • 特徴② 転職相談満足度96.7%
  • 特徴③ 薬剤師のための教育サービスも提供

全国12拠点を有するファルマスタッフでは、2024年1月現在、4万9,000件超(※1)の求人が保有されており、大都市だけでなく地方の求人も充実しています。

 

「年収600万円以上」「土日休み」「派遣」など、希望条件に合う求人が見つかるでしょう。

 

また、転職相談満足度が96.7%(※1)と高く、転職サポートが充実していることも魅力です。

 

書類作成や条件交渉の支援のほか、コンサルタントが実際に足を運んで収集した内部情報の提供もおこなっており、転職後のミスマッチを最小限に抑えられるはずです。

 

ファルマスタッフの母体は日本調剤株式会社とあって、教育面でも転職したい薬剤師を応援してくれます。

 

転職を機にキャリアアップやスキルアップしたい方におすすめのエージェントです。

 

(※1)ファルマスタッフの公式ホームページより

 

サービス名 ファルマスタッフ
運営会社 株式会社メディカルリソース
公開求人数 51,094件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年5月15日時点

 

お仕事ラボ

お仕事ラボ
  • 特徴① 「逆指名」での求人作成サービスがある
  • 特徴② 職場の内部事情に精通したコンサルタントが転職支援
  • 特徴③ 転職後3ヶ月の定着率95.6%

お仕事ラボは、株式会社アイセイ薬局をグループ会社にもつ転職エージェントです。

 

大手薬局チェーン系列のエージェントとあって、薬剤師に寄り添った転職支援に特徴があります。

 

条件に合う求人を見つけられない場合、病院・薬局に逆指名しての求人作成にも対応しているので、理想の職場について伝えてみるといいでしょう。

 

一人のコンサルタントが求職者支援と企業対応の二役を担っているのも特徴的で、双方の希望や内部事情を把握したうえでミスマッチの少ない転職を実現しています。

 

転職後にもコンサルタントへの相談が可能で、入職後の不安や悩みの解消にも役立てられるでしょう。

 

転職後3ヵ月の定着率が95.6%(※1)であることからも、納得できる転職が叶えられていることと、アフターサポートの充実ぶりが伺えます。

 

(※1)お仕事ラボの公式ホームページより

 

サービス名 お仕事ラボ
運営会社

株式会社AXIS

(アイセイ薬局グループ)

公開求人数 16,633件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国(※2)
公式サイト
2024年5月15日時点
(※2)面談会場は東京のみ

 

まとめ

20代で初めての転職をする薬剤師にとっては、わからないことだらけで不安に感じることも多いかもしれません。しかし、大切なことは自分が何を重視しているかを分析し、正しく理解しておくことです

より良い環境で働けるように、今回紹介したさまざまなポイントを確認して、ぜひ働きやすい転職先を見つけてください。

薬剤師向けのおすすめ転職エージェント3選
エージェント名 評価 特徴
薬ジョブヤクジョブ

5.0

48,000件以上の求人情報を保有し、質も量も満足できる転職エージェント
ファルマスタッフファルマスタッフ

4.8

はじめての転職で使いたい薬剤師転職サイトNO.1の転職エージェント

マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師

4.5

利用者満足度が高く、親身なサポートに定評がある大手転職エージェント
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。