就活に向いていないと感じる人は仕事をどうやって見つければいい?

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

自分なりに努力して就職活動をしているものの、思うように内定が得られず、「就活に向いていないのではないか」と感じる方もいるかもしれません。

自分一人で就活を進めていると、自己分析からエントリーシートの作成、面接対策まで手探りでおこなう必要があり、正解がわからずにますます不安が増していくものです。

就活に向いていないと悩んでいる方は、一人で悩まずに就活のプロである就活エージェントに相談するのがおすすめです。

就活エージェントに相談することで、自分が向いている仕事が分かり、内定をもらえる可能性を高めることができます。

自分にあった企業に入社するために、今抱えている悩みを就活エージェントに聞いてもらいましょう。

この記事では、就活に向いていないと感じる方が仕事を見つけるための方法を解説します。

自分が就活に向いていないと思う理由ややりがちなミスを理解したうえで、適切な対策を練れば、あなたに合う職場を見つけられるはずです。

この記事を参考に、前向きな気持ちを取り戻し、就活成功への駒をひとつ進めてください。

あわせて読みたい
就活エージェントおすすめ比較21社|24卒・25卒向けに各社の特徴を徹底解説 「就活エージェント」って調べると口コミとして、イイこと悪いこと色々書いてあるから選びにくいと思います。会社自体が優れていても、担当者の質が低い事は良くある話...
あわせて読みたい
【24卒・25卒向け】就活サイトおすすめランキング比較|失敗しない選び方を解説 どの就活サイトが私に合っているのだろう? たくさんの就活サイトがあるけど、どれを選んだらいいの? 就活は今後の人生を左右する大切なステップです。多くの就活サイ...
目次

就活が向いていないと思う理由

就活を進める中で、「自分は就活に向いていないのでは?」と感じる方は珍しくありません。

そこで、なぜ就活が向いていないと思うのか、5つの理由について解説します。

面接で緊張してうまく話せないから

初対面の人事担当者に魅力的な自己アピールをすることは、多くの就活生にとって容易なことではありません。特に、内向的な性格の方や、緊張しやすい方にとっては、面接はストレスに感じられることが多いでしょう。

面接で緊張する方は、面接を「企業側があなたを採用するかどうかを決める場所」としか認識できていないことがほとんどです。

しかし、実は、面接はあなた自身が企業を選ぶ場でもあるのです。自分に合うかどうかを確かめるくらいの心持ちで臨めば、緊張せずに済むでしょう。

また、練習を重ねることで、徐々に慣れてきて、本来の自分に近い形で話せるようになるはずです。

緊張せずに本番に臨めるように、友人やキャリアセンター、就職エージェントの力を借りて、模擬面接を繰り返しおこないましょう。

集団行動が苦手だから

周りのペースに合わせることや団体活動が苦手な方は、一斉に就活を始めることに苦手意識を感じるかもしれません。

なぜ集団行動が苦手なのかを深掘りすれば、自分に合う仕事を見つけられるヒントが得られるはずです。世の中には、集団行動が求められない仕事も数多くあり、自分のペースで仕事をしたいことは必ずしもデメリットとはいえないため、あなたの個性が活きる仕事がきっと見つかるでしょう。

しかし、集団行動が苦手だからといって、就活は避けられるものではありません。

仕事は自分一人では進められず、人とのコミュニケーションのうえで成立することがほとんどです。就活を「社会に出るための協調性を養う第一歩」と位置づければ、苦手な集団行動に立ち向かう勇気が出てくるはずです。

就活は理想の仕事に就くために必要なプロセスと理解し、苦手を克服するための良い機会であると捉えましょう。

自分をアピールするのが苦手だから

「アピールできるほどのものが自分にはない」「そもそも自分の長所や成果を具体的にどのように伝えれば良いのかわからない」と、自分をアピールすることが得意ではないと感じる方もいるかもしれません。

ここで取り組むべきことは、自分を客観的に見つめ直し、自分の経験やスキルを言葉に落とし込む練習です。

アピールするポイントは、必ずしも大きな成果や特別な経験である必要はありません。日常の中での小さな成功体験や、困難を乗り越えた経験も有効なアピール材料となります。

徹底して自己分析をおこない、自分の強みや弱みを振り返ってみましょう。

自分に自信が持てないから

自己評価が低く、自分に自信を持てないことは、多くの就活生が感じている問題です。特に、SNSで就活に成功している人の投稿を見ると、つい自分と比較してしまい、自信を失ってしまうこともあるでしょう。

重要なのは、他者と比較せずに、自分のペースで就活を進めることです。

また、一人だけで就活に向き合っていると、心身ともにストレスを感じてしまうかもしれません。家族や友人、就職エージェントに相談しながら、ひとりで抱え込まないようにすることが大切です。

人と同じ生き方をしたくないから

一般的な価値観や既存の枠組みに疑問を抱き、「大学を卒業したら就職する」という流れに乗ることに抵抗を感じて、自分の望む生き方をしたい方もいるかもしれません。

もちろん、自分の意思を尊重するのは大切なことで、多様性のある社会にとっては価値のあるものでしょう。しかし、その思いを過度に持ちすぎていると、就活自体に意義を見出せなくなり、適切な選択が難しくなるかもしれません。

ここで重要なのは、自分の価値観や考え方を明確に持ち、納得できる選択をすることです。たとえば、どうしても会社に就職することに抵抗があるのであれば、起業したり、フリーランスやフリーターとして働いたりする道も考えられます。

また、企業への就職を選んだ際も、自分の考えに合った企業や業界を徹底的にリサーチし、その中で自分の場所を見つける努力をすることが肝要です。

就活向いてないと感じる人がやりがちなミス

就活に向いていないと感じる方は、就活がうまくいかない人特有のミスをしている可能性があります。

この章では、就活生が陥りがちなミスを詳しく解説します。

大手企業ばかり受ける

大手や有名な企業ばかりにエントリーすることは難易度が高く、内定がもらえない可能性も高いでしょう。

安定した給与や充実した福利厚生、知名度の高さなど、大手企業はたしかに魅力的です。しかし、業務内容や社風が自分の性格に合わなければ、入社後に後悔してしまうかもしれません。

また、大手企業は志望者も多いため、競争率も必然的に高くなります。

もちろん、大手を目指すのは悪いことではありませんが、自分の適性や価値観を入念に自己分析して、広く多様な企業をリサーチし、企業名だけに頼らない最適な選択を心がけることが大切です。

特定の業界しか受けない

特定の業界に興味や入社意欲を持っているのは素晴らしいことですが、業界を絞りすぎることには注意が必要です。業界によっては、業績の変動が大きかったり、就活生の競争率が高い傾向があったりするからです。

また、特定の業界しか受けないと、たとえ自分のスキルや価値観をほかの業界で活かせたとしても、その可能性を見逃してしまうことも起こり得ます。

就活は、長い人生のキャリアプランを考えられる貴重なタイミングです。多くの業界や企業を研究し、視野を広げて取り組むことで、自分にとって最も適した職を見つけることができるでしょう。

一人で就活をしている

相談できる相手がいないと、もし間違えた方法で就活をしていたとしても気づくことができません。

友人との情報交換やキャリアアドバイザーからのアドバイスは、自分一人では得られなかった企業の情報や自身の弱点などを知る良い機会にもなります。

また、就活のストレスや不安を共有することで、心の支えにもなるでしょう。

友人や先輩、キャリアセンター、就職エージェントに積極的に相談をして、多角的な視点で自身の就活を見直しながら、効率的に就活を進めていきましょう。

内定をもらうことがゴールになっている

内定がもらえない状況が続くと、「内定を獲得すること」がゴールになってしまう就活生は少なくありません。しかし、内定はあくまでも手段であり、最終的な目的は「自分に合った職場で充実したキャリアを築くこと」であるべきです。

内定を得ることを追い求めるあまり、企業の理念や働き方、自分のキャリアビジョンとの整合性を考慮しないで選択してしまうと、入社後に後悔する可能性が高まります。

また、ブラック企業は人材が足りていないため、内定が出やすい傾向があります。内定をもらうことだけをゴールにしてしまうと、企業研究がおろそかになってしまい、ブラック企業に入社してしまう可能性もあるのです。

内定だけをゴールにせず、その先の未来を見越して、自分自身の価値観やキャリアビジョンを明確にしたうえで就活を進めることが大切です。

不採用になった理由を分析していない

不採用の通知を受けることは、就活生なら誰にでもあります。

志望度が高い企業に落ちた際に、落ち込んでしまうのは無理もありません。しかし、不採用の経験を次の選考に活かすためには、不採用の理由を分析することが不可欠です。

採用に至らなかったことには、面接時の自己PRの仕方や履歴書の内容、企業とのミスマッチなど、さまざまな要因が考えられます。不採用の結果をただ受け入れるのではなく、具体的な原因を深堀りすることで、次の選考への対策や就活の方針を見直しましょう

不採用は決して終わりではなく、新たなスタートの始まりと捉えて、前向きに次のアクションに移行することが大切です。

就活に向いていないと感じた時の対策

就活を進めていくうえで、向いていないと感じたときは、以下の対策に取り組んでみましょう。

  • 場数を踏んで面接に慣れる
  • 事前によく聞かれる質問の回答を考える
  • 業界や職種について研究する
  • 個性を認めてくれる企業を受ける

場数を踏んで面接に慣れる

面接では、最初は緊張してしまったり、言葉に詰まったりすることもあるでしょう。しかし、多くの面接を経験することで、面接の流れを理解できるようになり、自然と緊張せずに臨めるようになるはずです。

友人や家族、就職エージェントとの模擬面接を繰り返し、自己アピールや質問の受け答えがスムーズにできるように練習しましょう。

また、さまざまな企業の面接を受けると、どのような企業が自分に合っているのか、また、自分が何を求めているのかが明確になります。

面接が苦手な方ほど回数を重ねて、面接に慣れることが大切です。

事前によく聞かれる質問の回答を考える

面接官から質問されることは、どの企業でもほぼ共通しています。

  • 自己PR
  • 志望動機
  • 自分の強み・弱み
  • 学生時代に頑張ったこと
  • 挫折した経験
  • 志望している業界・職種

このような基本的な質問に対する答えをあらかじめ準備しておくことで、スムーズな回答が可能になるでしょう。事前に自分の経歴や実績を整理して、どのように伝えれば自己アピールにつながるかを考えておくと、自分の言葉でわかりやすく伝えられるようになります。

さらに、具体的な事例や数字を用いれば、回答に説得力を持たせられるはずです。

業界や職種について研究する

就活を進めるにあたり、志望する業界や職種についての知識がないと、どの業界や職種に応募するのかを決められません。

業界のトレンドや競合他社、業界で求められるスキル・経験などを調査することで、面接時の回答や自己PRが具体的になり、話に説得力を持たせることができます。

業界関連の書籍やインターネット、OB・OG訪問、業界セミナーなど、さまざまな方法で情報収集をおこないましょう。

個性を認めてくれる企業を受ける

人と同じことをするのが嫌で就活に向いていないと感じる方は、自分の価値観や働き方、キャリアビジョンに合致していて、個性を認めてくれる企業を選ぶことが重要です。

たとえば、大手企業は人数が多く、中には古い体質の社風が残る企業もあるため、個性を認められにくいかもしれません。一方、ベンチャー企業であれば、社内の風通しが良い傾向があり、個性を活かして働ける可能性があるでしょう。

企業のカルチャーや価値観を事前にリサーチし、自分のやりたいことが実現できるかどうかを判断したうえでのエントリーを心がければ、より適切に就活を進められるはずです。

就活に向いていない?向き不向きは人それぞれ

大企業や中小企業、ベンチャー企業など、それぞれの企業の向き不向きは人によって異なります。就活生は大手企業に目が向きがちですが、全員が大手企業に向いているわけでなく、中にはベンチャー向きの価値観を持っている方もいるのです。

ここでは、各企業タイプに向いている人・向いていない人の特徴を詳しく解説します。

なお、厚生労働省では、大企業、中企業、小企業をそれぞれ以下のように定義しています。

  • 大企業:常用労働者数が1,000人以上
  • 中企業:常用労働者数が100人~999人
  • 小企業:常用労働者数が10人~99人

【参考記事】平成27年賃金構造基本統計調査 結果の概況:主な用語の定義|厚生労働省

大企業に向いている人・向いていない人

大企業は、業績が安定していて規模が大きく、ブランド力やネームバリューがあるのが特徴です。福利厚生が充実していて働きやすい環境を整えている企業も多く、応募者が集まりやすい傾向があります。

向いている人

大企業に向いている人は、安定性を求める方や長期間同じ企業で働きたいと思う方です。

大企業の賃金体系は年功序列型が採用されていることが多いため、勤務年数とともに年収が上がりやすく、安定した収入が得られる傾向があります。

また、福利厚生や有給休暇、研修制度など、労働環境の良さを重視したい方にもおすすめです。

向いていない人

向いていない人は、幅広い業務に携わりたい方や、スピード感を持って成長したい方自ら裁量権を持って仕事をしたい方などです。

規模が大きな会社では、部署の人数が多く、業務内容が細分化されている傾向があります。また、何か新しいことを始める際は複数人の承認を得る必要があり、アイデアをすぐに形にしたい方にはわずらわしく感じられるかもしれません。

大企業での働き方や文化、価値観が自分に合うかどうか、十分にリサーチしてからエントリーしましょう。

中小企業に向いている人・向いていない人

中小企業は大企業と比べて社員数が少ないため、一人ひとりの仕事の幅が広いことが特徴です。

向いている人

向いている人としては、幅広い業務に携わりたい方、短期間で多方面での経験を積みたい方、将来独立を目指している方などが挙げられます。

また、中小企業は経営層との距離が近いため、自分の意見や提案が直接経営層に届きやすく、スピード感をもって仕事を進められるでしょう。

向いていない人

一方、向いていない人は、スペシャリストになりたい方や、大規模なプロジェクトに関わりたい方などです。

人数が少ない中小企業では、社員一人の担当範囲が広くなる傾向があるため、自身の専門性を高めたい方には向いていないといえます。また、大企業に比べて経営が安定しにくいことが多く、多大な資金を必要とされるようなプロジェクトは立ち上がりにくいでしょう。

中小企業の魅力やリスクを理解し、自分のキャリアプランと照らし合わせて判断することが大切です。

ベンチャー企業に向いている人・向いていない人

ベンチャー企業とは、新しい事業や技術を追求するスタートアップ企業を指します。

向いている人

向いている人は、新しいことに挑戦したい方や、自分のアイデアやスキルを存分に発揮したい方、自らリーダーシップをとってプロジェクトを進めたい方などです。

また、勤務時間や仕事内容が流動的になりやすいため、スケジュールやタスクなどの自己管理が得意な方に向いています

向いていない人

一方、向いていない人は、安定を求める方や、明確な職務内容・業務手順を望む方、大手企業のような福利厚生を求める方などです。

立ち上がったばかりのベンチャー企業では、日々新しい業務が生み出されるため、移り変わりの激しさについていけない方には辛く感じられる可能性があります。

ベンチャー企業での働き方の特徴やメリット、デメリットを理解して、自分に合った選択をしましょう。

就活に向いていない人の仕事の探し方

就活に向いていないと感じるからといって、全ての仕事が向いていないわけではありません。自分自身と十分に向き合えておらず、本当に自分がやりたいことを理解できていない可能性があります。

そこで、就活に向いていないと感じる就活生に向けて、向いている仕事の探し方を解説します。

自己分析を徹底する

自己分析は、自分のやりたいことを見つけるために欠かせないステップです。

学生時代の経験や、アルバイトでの成果・失敗を振り返ることで、自分がどんな環境や役割で活躍できるか、また、どんなところでつまずきやすいのかを理解することができます。

くわえて、自分の得意なこと、好きなことだけでなく、苦手なことや好きではないことも念入りに分析することで、自分に合った職種や業界を見つけるヒントにもつながるでしょう。

嫌いなことから仕事を絞る

就活について考えるとき、多くの方は自分の得意なことや好きなことから職種を選びがちです。しかし、実は嫌いなことや苦手なことからアプローチするのも有効な方法といえます。

たとえば、人とのコミュニケーションが苦手な場合、黙々と作業を進められる職種や、コミュニケーションの頻度が少ない職種が選択肢として考えられます。

嫌いなこと、苦手なことを書き出してみて、なぜそのことが嫌なのか、そのことから具体的に導き出される避けたい職種は何かを深掘りしてみましょう。

就職エージェントに相談する

就職エージェントは、数多くの就活生を内定に導いてきた就活のプロです。自分一人での就活が難しいと感じる方や、具体的なアドバイスやサポートが欲しい方には、就職エージェントの利用がおすすめです。

就職エージェントに登録すると、あなたの経歴や希望、適性をもとに、最適な求人情報を紹介してくれます。また、応募書類の添削や面接の模擬練習など、就活を成功させるための具体的なサポートを受けられるのも特徴です。

就活に向いていないと感じる方でも、就職エージェントに相談することで、自分に合った仕事が見つかる可能性を高められるでしょう。

あわせて読みたい
就活エージェントおすすめ比較21社|24卒・25卒向けに各社の特徴を徹底解説 「就活エージェント」って調べると口コミとして、イイこと悪いこと色々書いてあるから選びにくいと思います。会社自体が優れていても、担当者の質が低い事は良くある話...

就活向いていないと感じる方におすすめの就活エージェント

就活に向ていないと感じて行き詰ってしまう方に、おすすめの就活エージェントをご紹介します。

エージェントに相談することで悩みの解決や、就活の成功につながるでしょう。

キャリアスタート

キャリアスタート新卒
  • 特徴① 最短2週間で内定を狙える
  • 特徴② 入社実績2,000名以上
  • 特徴③ 定着率92%

キャリアスタートは一人ひとりのあった企業を紹介してくれるため、入社後定着率が90%以上と高いのが特徴の就活エージェントです。

また、学生から人気の高い有名企業への就活サポートをもしてくれます。

 

質の高い求人紹介から、一人ひとりに合わせた面接サポートまで無料で対応してくれるため、就活がなかなかうまくいかず悩んでいる方におすすめです。

 

最短2週間で内定獲得している実績もあるため、できるだけ早く内定がほしい方はぜひとも利用したい就活エージェントです。

 

サービス名 キャリアスタート
運営会社 キャリアスタート株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • あなたの個性にあった求人を紹介
  • マンツーマンで就活をサポート
  • 全国どこでも対応可能
対応地域
北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年2月時点

LHH就活エージェント

LHH就活エージェント
  • 特徴① 最短ルートで内定を狙える
  • 特徴② 企業ごとにESを添削してくれる
  • 特徴③ 入社後のキャリアを考えたサポート

LHH就活エージェントはただ求人を紹介するのではなく、入社後のキャリアを見据えたサポートをしてくれます。

また、グローバル求人や一般的な就活サイトには登録されていない求人を多く保有しています。

 

企業に合わせた自己PRや志望動機の添削から面接対策まで、一緒に担当者がサポートしてくれるため、自分の描きたいキャリアを実現できる企業から内定をもらうことができるでしょう。

 

サービス名 LHH就活エージェント
運営会社 アデコ株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 一人ひとりにあった求人を紹介
  • 非公開求人を多く保有
  • 就活イベントを定期的に実施
対応地域
全国
公式サイト

 

DiG UP CAREER

DIG UP CAREER
  • 特徴① 最短2週間で内定獲得
  • 特徴② 首都圏に特化した求人を保有
  • 特徴③ 完全オーダーメイドの就職サポート

DiG UP CAREER は、利用者満足度90%、友人紹介率60%の支援が手厚い就活エージェントです。

キャリアアドバイザーがしっかりと自己分析に向き合ってくれるから、あなたに合った企業が見つかりやすいでしょう。

 

さらに、LINEを使って密にコミュニケーションがとれるのも特徴です。 メールや電話と違い、スピード感をもって相談できるため、早期の就職成功も難しくありません。

紹介企業は、メーカーや商社、アパレル、金融などを取り扱っており、幅広い業界からあなたにあったところを選べます。

 

面接後には企業からフィードバックがもらえるので、次に活かせるのもメリットです。

 

サービス名 DiG UP CAREER
運営会社 NaS株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 利用者満足度90%の就活エージェント
  • LINEを使って密にコミュニケーションがとれる
  • 面接後に企業からフィードバックがもらえる
対応地域
東京、神奈川、埼玉、千葉
公式サイト

 

就活に向いていないと感じる人は就活エージェントに相談してみよう

この記事では、就活に向いていないと感じる方に向けて、就活を成功させるための方法を解説しました。

就活に向いていないと感じる理由としては、自分に自信がないことや、面接・自己アピールへの苦手意識などが挙げられます。また、内定を得ることをゴールにしてしまったり、大手企業や特定の業界ばかりにエントリーしたりしていることも、就活に向いていないと感じる方が陥りがちなミスです。

就活に向いていないと感じる方は、一人で就活に向き合っていると、ますます自信を喪失しまう可能性があります。就職エージェントに登録して、自分に合った仕事を見つけるための手助けをしてもらうのがおすすめです。

就職エージェントでは、あなたの能力や適性に合う仕事を紹介してもらえたり、エントリーシートの作成や面接対策をサポートしてもらえたりします。エージェントの力を借りることで、万全な準備が可能となり、就活への自信を取り戻せるはずです。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。