うつ病だと就活できない?バレる?隠さずに最短で内定をもらう方法を解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

うつ病を抱える方の中には、就職して働きたいと望んでいる方もいるでしょう。

しかし、「うつ病の自分を受け入れてくれる会社はないのではないか」「うつ病だとバレると不採用になるのでは?」と不安に思い、就活に踏み出せない方もいるかもしれません。

うつ病で悩んでいる方でも、内定が出る企業はあります。

しかし、内定が出やすい企業はブラック企業である可能性があり、ワークライフバランスの取れて、人間関係が良好な職場か求人情報だけでは判断できません。

本当に残業が少ないホワイト企業かどうか見極めるためには、求人には記載されていない企業の内部情報を保有しているため就活エージェントに相談することがおすすめです。

さらに求人紹介から面接対策までを無料でサポートしてくれるので、就活がうまくいくか心配な方にとってありがたいサービスです。

一般的な方法で就職活動を進めて、企業にうつ病であることを伝えると、採用される可能性は低いといえます。一方で、うつ病であることを隠して内定をもらえたとしても、就職後に職場で理解が得られず、自身が苦しむリスクもあるのです。

うつ病を隠さずに内定をもらう方法や、うつ病に理解がある企業の見つけ方も紹介するため、最後まで読むと適切な就活の進め方を把握できるでしょう。

うつ病だからといって、就活できないわけではありません。自身の体調と相談しながら、勇気を出して就職への道を歩み始めてください

あわせて読みたい
就活エージェントおすすめ比較21社|24卒・25卒向けに各社の特徴を徹底解説 「就活エージェント」って調べると口コミとして、イイこと悪いこと色々書いてあるから選びにくいと思います。会社自体が優れていても、担当者の質が低い事は良くある話...
あわせて読みたい
【24卒・25卒向け】就活サイトおすすめランキング比較|失敗しない選び方を解説 どの就活サイトが私に合っているのだろう? たくさんの就活サイトがあるけど、どれを選んだらいいの? 就活は今後の人生を左右する大切なステップです。多くの就活サイ...
目次

うつ病は就活できない?隠さず伝えても就活できる理由

現代社会では、人間関係やストレスが原因でうつ病になってしまう学生は少なくありません。

そんな学生は「うつ病だから就活ができないのでは?」と悩んでいるのではないでしょうか。

しかし、うつ病を隠さないで企業に正直に自分の状態を伝えても、採用されるケースはあります。そこでなぜうつ病であることを公表しても採用されるのか、理由について解説します。

企業は障害者雇用枠を確保しないといけない

「障害者雇用促進法」に基づき、常用従業員数が100人を超える民間企業は、以下のように従業員の中に一定の割合で障害者を雇用する必要があります。

民間企業の法定雇用率は2.3%です。従業員を43.5人以上雇用している事業主は、障害者を1人以上雇用しなければなりません。

引用元:1.障害者雇用率制度|事業主の方へ|厚生労働省

つまり、1万人規模の会社の場合、230人の障害者を雇わなければいけません。この人数を達成できていないと、ハローワークから行政指導がおこなわれ、従わない場合は人数に応じて「障害者雇用納付金」を納める義務が発生します。

以前は身体障害者と知的障害者のみが障害者雇用の対象とされていましたが、20184月、精神障害者も対象に加えられました。うつ病を含む精神障害を持つ方々が、障害者雇用の対象者として積極的に採用されるようになったのです。

この背景を知ることで、うつ病を隠さずに正直に伝えることのメリットを理解しやすくなるでしょう。

なお、障害者雇用率制度で障害者雇用の対象となるのは、障害者手帳の交付を受けている方に限定されています。

【参考記事】令和4年障害者雇用促進法の改正等について|厚生労働省

注意点:総合職採用は難しい可能性も

うつ病の状態を正直に伝えることは大切ですが、多くの企業では採用されにくいかもしれません。特に、総合職のようなノルマや責任が課される職種は、症状が重い場合には適さない可能性があります。

面接や選考の際には、自分の症状や状態をきちんと伝え、今の自分にできる職種や業務内容にマッチする企業に応募することが大切です。

同時に、採用担当者に具体的な症状や日常生活での制約などを明確に伝え、うつ病の深刻さや状態を正確に理解してもらう必要があります。そうすることで、適切な配慮やサポートを受けられる可能性が高まるでしょう。

自分の状態を理解し、それに合わせて適切な職種を選ぶことが、成功する就活の鍵となるのです。

うつ病で就活できない方がまずおこなうべき対策

うつ病を抱えながらの就活は、多くの方にとって一筋縄ではいかないでしょう。

しかし、自らの強みを理解して活かす方法を身につけて、適切な対策をとることで、うつ病でも理想の職に就ける可能性を高められます。

この章では、うつ病を抱える就活生が成功への第一歩として取り組むべき対策を、具体的に説明します。

主治医に相談する

うつ病は、一人で抱え込むべきものではありません。

まず最初に、自身の健康状態を理解するため、主治医に就職について相談しましょう。自身の症状や体調、気持ちを正直に伝え、可能な範囲でのアドバイスやサポートを受けることが大切です。

無理をする必要は全くありません。健康第一で医師からストップがかかった場合は、就活はせずに、まずは休息を取ることを考えましょう。

生活習慣を整える

就職活動をするためには、生活習慣の見直しも大切です。

就活は基本的に日中におこなうため、もし昼夜逆転している方は早起きして軽めの運動をするなどして、生活習慣を整えましょう。規則正しい生活リズムを確立することで、心と体のバランスが整い、就職活動のストレスを軽減できるかもしれません。

些細なことからで問題ないので、日常生活の中での小さな工夫や改善点を見つけ、持続可能な生活習慣を構築しましょう。

身近な人との交流を増やす

うつ病を抱えると、人と話す機会が減ってしまいます。しかし、就職活動では情報収集のためにイベントに参加したり、面接で自分についてアピールしたりと、人と会話する機会が増えるでしょう。

人と話すことに苦手意識がある方は、まずは家族や友人などの身近な人とのコミュニケーションを積極的にとり、自分の考えや気持ちを話すことから始めましょう。

徐々に慣れてきたら、キャリアセンターや就活エージェントなどで初対面の人と話す機会を増やすことで、苦手意識が和らぎ、面接で堂々と自分についてアピールできるようになるはずです。

履歴書を書いてみる

就活を始める前に、今までの自身の経歴について振り返っておきましょう。

履歴書を作成するためには、自分自身が得意なことと苦手なことを理解しておく必要があります。

「うつ病を抱えている自分なんて、何も書くことない」と自己評価が低くなりがちですが、決してそんなことはありません。これまでの経験や学び、保有資格などを具体的に書き出すことで、自分の強みやこれから目指す方向性が明確になります。

また、履歴書を書く過程で自分の経験を言葉にする練習ができ、面接の対策にもつながります。

最初は難しく感じるかもしれませんが、一度書き始めると自分の経験や学びを再確認することができ、自信を取り戻す手助けとなるでしょう。

業界研究をしてみる

自分の興味や適性に合った職種・業界を見つけるために、さまざまな業界について勉強してみてください。

どのような業界や企業が自分の価値観や興味に合っているのかを考えたり、また、その業界での今後の展望や働くうえでの環境などを詳しく調べたりすることで、自分の適性や方向性・目標を見つけることにつながります

さらに、志望動機や志望理由も明確に考えられるようになるでしょう。

うつ病の就活生が内定を取るための就活の進め方

うつ病だから就活できないのでは?」「企業は私を受け入れてくれるのか?」と不安になるのは自然なことです。

しかし、うつ病だからといって就活できないわけではありません。

就活の進め方を正しく理解することで、あなた自身の強みを活かせる仕事がきっと見つかるはずです。

うつ病であることを認める

まずは、自分がうつ病であることを認め、受け入れましょう。とはいっても、現状を素直に受け入れることは簡単ではないかもしれません。

しかし、自分の今の現状を認めなければ、就活はうまくいかないでしょう。

誰しも弱さや欠点を持っているため、うつ病を発症した自分を責める必要はありません。自分の健康状態やできることを理解し、そのうえで自分に合っている企業や仕事を見つけてください。

障害者手帳を取得する

うつ病であることを認められたら、次は障害者手帳の取得を検討しましょう。障害者手帳を持っていると、企業の障害者雇用枠への応募が可能となります。

自分一人で取得するのが難しいと感じる方は、うつ病支援会社にサポートしてもらいながら進めましょう。

障害者手帳を取得すると、企業側にあなたの病気を理解してもらったうえでの採用となるため、体調や働き方への配慮を受けやすくなるメリットがあります。

ただし、手帳の取得には医師の診断書や面接などの手続きが必要となるため、交付までには1ヵ月半~4ヵ月程度の時間を要します。障害者雇用枠への応募を考えている方は、早めの取得がおすすめです。

【参考記事】障害者手帳|厚生労働省

うつ病支援会社を利用する

うつ病支援会社では、うつ病を抱えた就活生向けの就職サポートを提供しています。

たとえば、あとで紹介するatGPのようなエージェントは、うつ病を抱える方にマッチする求人を紹介してくれるサービスです。

このようなサービスを利用すると、キャリアアドバイザーが就活を一から十までサポートしてくれるため、自分一人での負担を大幅に軽減できます。

また、企業との条件の交渉や面接のアドバイスも受けられるので、就職活動を成功に導くための大きなサポートとなるでしょう。

うつ病の就活生が就職を成功させる方法

うつ病と向き合いながら、就職先を見つけるプロセスは心身ともに疲れるものです。

そこで本章では、うつ病の方が就職活動をスムーズに進めるための具体的な方法を解説します。

ハローワークを利用する

ハローワークは、全国どこでも職探しができ、働く意志がある方なら誰でも利用できるサービスです。

ハローワークには、障害者雇用促進法に基づいた障害者専門の窓口があり、うつ病の方も利用できます。たとえば、専門知識を持つ職員から支援を受けられたり、面接に同行してもらえたり、障害のある方を対象とした就職説明会が実施されていたりするようです。

厚生労働省の2022年の調査によれば、ハローワークを利用した精神障害者の就職件数は54,074で、前年と比べて17.8%も増えていることがわかります。

  就職件数 対前年比
身体障害者 2万1,914 5.2%
知的障害者 2万573 3.1%
精神障害者 5万4,074 17.8%
【参考記事】令和4年度 ハローワークを通じた障害者の職業紹介状況などの取りまとめを公表します|厚生労働省

ハローワークの窓口では、あなたの状況や希望に合わせた求人情報の提供や就職に向けたアドバイスをおこなってくれるので、ぜひ一度相談してみてください。

【参考記事】障害のある皆様へ|ハローワーク インターネットサービス

うつ病に対応している求人サイトを利用する

atGPのような障害者向けの求人サイトを利用するのも、うつ病の方が就職するための方法のひとつです。

障害者でも応募できる求人が多数保有されているうえに、勤務時間や職務調整などのさまざまな条件もキャリアアドバイザーに相談できます。

障害を理解し配慮してくれる企業や、柔軟な勤務形態を提供してくれる企業の求人情報を紹介してくれるため、効率的に就活を進めることができるでしょう。

あわせて読みたい
【24卒・25卒向け】就活サイトおすすめランキング比較|失敗しない選び方を解説 どの就活サイトが私に合っているのだろう? たくさんの就活サイトがあるけど、どれを選んだらいいの? 就活は今後の人生を左右する大切なステップです。多くの就活サイ...

うつ病に対応しているエージェントを利用する

就活エージェントも、うつ病を抱える方に役立つサービスです。うつ病について理解している専門のキャリアアドバイザーが、あなたの状況や希望に合わせて、求人情報の提供や面接対策をサポートしてくれます。

中でも、うつ病専門のエージェントサービスは、企業とのコミュニケーションや症状の説明など、繊細な部分もサポートしてくれるので、安心して就職活動を進められるでしょう。

エージェントの就職支援により、症状を理解したうえで配慮してくれる企業を効率的に見つけることが可能となるはずです。

あわせて読みたい
就活エージェントおすすめ比較21社|24卒・25卒向けに各社の特徴を徹底解説 「就活エージェント」って調べると口コミとして、イイこと悪いこと色々書いてあるから選びにくいと思います。会社自体が優れていても、担当者の質が低い事は良くある話...

うつ病の就活生におすすめのサービス

ここからはおすすめの就活支援サービス・就活エージェントをご紹介します。

キャリアスタート

キャリアスタート新卒
  • 特徴① 最短2週間で内定を狙える
  • 特徴② 入社実績2,000名以上
  • 特徴③ 定着率92%

キャリアスタートは一人ひとりのあった企業を紹介してくれるため、入社後定着率が90%以上と高いのが特徴の就活エージェントです。

また、学生から人気の高い有名企業への就活サポートをもしてくれます。

 

質の高い求人紹介から、一人ひとりに合わせた面接サポートまで無料で対応してくれるため、就活がなかなかうまくいかず悩んでいる方におすすめです。

 

最短2週間で内定獲得している実績もあるため、できるだけ早く内定がほしい方はぜひとも利用したい就活エージェントです。

 

サービス名 キャリアスタート
運営会社 キャリアスタート株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • あなたの個性にあった求人を紹介
  • マンツーマンで就活をサポート
  • 全国どこでも対応可能
対応地域
北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年2月時点

LHH就活エージェント

LHH就活エージェント
  • 特徴① 最短ルートで内定を狙える
  • 特徴② 企業ごとにESを添削してくれる
  • 特徴③ 入社後のキャリアを考えたサポート

LHH就活エージェントはただ求人を紹介するのではなく、入社後のキャリアを見据えたサポートをしてくれます。

また、グローバル求人や一般的な就活サイトには登録されていない求人を多く保有しています。

 

企業に合わせた自己PRや志望動機の添削から面接対策まで、一緒に担当者がサポートしてくれるため、自分の描きたいキャリアを実現できる企業から内定をもらうことができるでしょう。

 

サービス名 LHH就活エージェント
運営会社 アデコ株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 一人ひとりにあった求人を紹介
  • 非公開求人を多く保有
  • 就活イベントを定期的に実施
対応地域
全国
公式サイト

 

DiG UP CAREER

DIG UP CAREER
  • 特徴① 最短2週間で内定獲得
  • 特徴② 首都圏に特化した求人を保有
  • 特徴③ 完全オーダーメイドの就職サポート

DiG UP CAREER は、利用者満足度90%、友人紹介率60%の支援が手厚い就活エージェントです。

キャリアアドバイザーがしっかりと自己分析に向き合ってくれるから、あなたに合った企業が見つかりやすいでしょう。

 

さらに、LINEを使って密にコミュニケーションがとれるのも特徴です。 メールや電話と違い、スピード感をもって相談できるため、早期の就職成功も難しくありません。

紹介企業は、メーカーや商社、アパレル、金融などを取り扱っており、幅広い業界からあなたにあったところを選べます。

 

面接後には企業からフィードバックがもらえるので、次に活かせるのもメリットです。

 

サービス名 DiG UP CAREER
運営会社 NaS株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 利用者満足度90%の就活エージェント
  • LINEを使って密にコミュニケーションがとれる
  • 面接後に企業からフィードバックがもらえる
対応地域
東京、神奈川、埼玉、千葉
公式サイト

 

atGP

atGP

atGPとは障害のある方に特化している雇用支援サービスです。

障害別のトレーニングを実施しており、自分自身にあった支援を受けることができます。

自分が興味をもった求人はもちろん、企業からのスカウトを受けることもできるためより効率的に就活を進めることができるでしょう。

またWebデザインやプログラミングスキルをみにつけたい方に向けて「ジョブトレITWeb」というサービスを無料で利用することができます

うつ病でも応募できる求人を多数保有しているため、まずは登録しておきたい転職エージェントです。

うつ病で就活できないと悩む就活生によくある質問

最後に、うつ病で悩む就活生からよく聞かれる質問とその回答を紹介します。

うつ病の症状がある場合、就活を続けるべきですか?

まず、健康を最優先に考えることが重要です。

症状の重さや状態によりますが、症状が重度の場合は、一時的に就活を休んで、医師の診断や治療を受けることをおすすめします。

また、自身の体調や精神的な状態を把握してから就活を進めましょう。

うつ病の診断を受けている場合、企業に伝えるべきですか?

一概には答えられません。

というのも、あなたの健康状態や企業の理解度、求められる職務内容によって異なるからです。

最終的には、あなたの判断となりますが、キャリアアドバイザーや専門家と相談して決めるのがよいでしょう。

ただし、障害者手帳を取得して障害者雇用枠で応募する予定の場合は、うつ病であることを伝える必要があります。

企業がうつ病を理由に採用を見送ることはあるのか?

企業や業界、職種によりますが、残念ながら一部の企業ではうつ病を理由に採用を見送られることがあります。

しかし、最近では、多くの企業が健康な状態で働けるような支援や配慮をおこなっています。企業との適切なコミュニケーションと、あなた自身のスキルや能力を十分にアピールすることが重要です。

うつ病が原因で休学した期間がある場合、どのように伝えればいいですか?

休学の理由を正直に伝えることが大切ですが、アピールポイントとして、その期間にどのようなことを学び、成長したかを強調すると効果的です。

また、再発防止のための努力や工夫、自身の健康管理方法についても触れるとよいでしょう。

まずは何から始めればいいですか?

まずは、現在の自分の健康状態や心理状態を確認することから始めましょう。

次に、専門家やキャリアアドバイザーと相談し、就活の進め方や計画のアドバイスをもらうことをおすすめします。

あわせて読みたい
就活どうしたらいいか分からないのはみんな同じ|何から始めればいいのか解説 就活をどうしたらいいかわからない 何から始めればいいの? このような悩みは就活をおこなう学生誰しもが感じていることです。 自分一人で間違った方法で就活を進めてし...

アルバイトから始めてもいいですか?

もちろん、アルバイトは就職活動の第一歩として有効です。アルバイトを通じて、実際の職場環境を経験できるうえ、自身の能力や適性を試すこともできます。

また、フルタイムの雇用に比べて柔軟な働き方ができる場合が多いので、体調管理をしながら少しずつ働き始めるのにも適しているでしょう。

うつ病だからといって就活できないわけではない

この記事では、「うつ病で就活できない」と悩む方が、就活を成功させるための方法を解説しました。

うつ病の方でも、就職できる可能性は十分にあります。一般の採用枠で応募することも可能ですが、うつ病の理解を得られる職場で働きたいのであれば、障害者雇用枠での応募がおすすめです。障害者手帳を取得したうえで、障害者を対象とした求人を探してみましょう。

また、うつ病に対応している就活エージェントを利用すると、うつ病の方の受け入れ体制が整っている企業を紹介してもらえたり、面接に同行してもらえたりと、就活を心強くサポートしてもらえます。就活そのものに不安がある方や働きやすい企業を知りたい方は、ぜひ利用を検討してください。

うつ病の方が就活するうえで最も大切なことは、決して無理をしないことです。自身の病状と向き合いながら、焦らずに、あなたの力を発揮できる職場を探しましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。