20代におすすめの派遣会社ランキング|タイプ別・職種別の選び方やメリット・デメリットも解説

編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

20代で派遣会社をお探しの方の中には、「どの会社を選んでよいのかわからない」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。ひと口に派遣会社といっても、その数は全国で約4万2,000社もあり、膨大な数の派遣会社の中から自分に合った一社を選ぶのは難しいものです。

そこでこの記事では、おすすめの派遣会社5のほか、タイプ別・職種別におすすめの派遣会社派遣会社選びで重視すべきポイント、派遣のメリット・デメリットなどを解説します。派遣会社選びに失敗したくない20代の方は、ぜひ参考にしてみてください。

【参考記事】派遣会社数と市場規模(2021年6月時点)|データ|一般社団法人日本人材派遣協会

派遣会社への登録は無料です!

目次

20代の方がまず登録すべき派遣会社ランキング

この章では、20代の方がまず登録すべき派遣会社を紹介します。

どのような職種で働くか決まっていない方や、とりあえず派遣として働きたいと考えている方は、ぜひいずれかの派遣会社に登録してみてください。

リクルートスタッフィング

人材業界大手「リクルートグループ」の派遣会社であるリクルートスタッフィングは、派遣で働くためのさまざまな工程をオンラインで完結できるのが特徴です。登録や仕事探しはもちろんのこと、無料の研修やセミナー受講、キャリアコンサルティングなどのサポートも、自宅にいながらオンラインで利用できます。さらに、就業開始後も自動応答のチャットボットを使って気軽に質問できるため、疑問点をすぐに解消できるのもメリットです。

求人は20237月時点で9,000件超保有されており、「残業なし」「時短勤務」「テレワーク」など、ワークライフバランスを実現できる仕事も充実しています。20代ではじめてテレワークをする方でも、オンラインで「テレワーク研修」を受講できるため、テレワークの取り組み方を理解したうえで仕事を始められるでしょう。

公開求人数 9,672件
対応地域 東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/栃木/群馬/山梨/大阪/兵庫/京都/滋賀/奈良/和歌山/愛知/静岡/岐阜/三重/北海道/宮城/青森/秋田/岩手/福島/広島/福岡/長崎/熊本
※職種によって対応エリアが異なる
雇用形態 派遣/紹介予定派遣/アウトソーシング契約社員
運営会社 株式会社リクルートスタッフィング
公式サイト https://www.r-staffing.co.jp/
※2023年7月時点

スタッフサービス(オー人事.net)

スタッフサービスは、全国47都道府県に営業拠点を置く人材派遣会社です。地域の情報に詳しいコーディネーターが、派遣の仕事探しや就業後のフォローなどのサポートをしてくれます。

登録すると、通学型のビジネススクール(※)でスキルを身につけられたり、自宅のパソコンからeラーニングを受講できたり、資格取得支援制度を利用できたりと、スキルアップのためのさまざまな支援が用意されています。派遣の仕事をしながら新しいスキルを習得したい20代の方にとって、見逃せないサービスといえるでしょう。

求人サイトは職種ごとに、事務・オフィスワークの「オー人事.net」、ものづくりやIT系に特化した「エンジニアガイド」、メディカル系の「スタッフサービス・メディカル」、製造・工場系派遣の「働くナビ!」に分かれています。自身が就きたい職種に合わせて使い分けてください。

(※)秋葉原、新宿、横浜、大阪、名古屋、仙台、京都、広島、福岡で開催

公開求人数 16万206
対応地域 東京、大阪、名古屋、福岡など全国
雇用形態 派遣/紹介予定派遣/正社員/契約社員/パート・アルバイト・その他
運営会社 株式会社スタッフサービス
公式サイト

https://www.staffservice.co.jp/

※2023年7月時点

アデコ

世界最大規模の派遣会社であるアデコでは、求職者と企業の想いを結びつける「ビジョンマッチング」に力を入れています。キャリアビジョンや実現したいワークライフバランス、なりたい自分像など、まず仕事への想いを深くヒアリングされるのが特徴です。さらに、スキルアップや就業中の不安点、将来的なライフビジョンについて定期的にキャリアコーチに相談できるため、社会人になって間もない20代の方にもおすすめできます。

また、アデコで就業中の方のうち、4人に1人(※)が「無期雇用派遣」で仕事をしているのもポイントです。無期雇用派遣とは、期間に定めのない派遣就業のことで、雇用や収入が安定したり、一般的に福利厚生が登録型派遣よりも充実していたりといったメリットがあります。就業するためには、一定の条件を満たしたうえで独自の選考を受ける必要があるため、詳しくは登録時にアデコの担当者に尋ねてみてください。

(※)アデコ「ハケン2.5」のサービス説明動画を参照

公開求人数 1万4,077
対応地域 東京、大阪、名古屋、福岡など全国
雇用形態 派遣/紹介予定派遣/プロジェクト契約社員/無期雇用派遣
運営会社 アデコ株式会社
公式サイト

https://www.adecco.co.jp/

※2023年7月時点

ランスタッド

ランスタッドは、世界39の国と地域に拠点をもつオランダ発の総合人材サービス企業です。国内にも25の都道府県に支店を構えており、事務・オフィスワークやエンジニア、製造など、幅広い仕事を紹介してもらえます。未経験可の仕事の取り扱いも多いため、スキルに自信がない20代の方でも登録しやすい派遣会社といえるでしょう。

各種保険や年次有給休暇、年に一度の健康診断・ストレスチェックといった手厚い福利厚生も特徴で、派遣としてはじめて働く方でも安心して就業できます。キャリアの不安について有資格者のキャリアカウンセラーに電話・または対面で相談すれば、キャリアプランや適職を見つめ直すきっかけになるかもしれません。

ハイクラス向けの転職支援もあるため、派遣で経験を積んでから正社員を目指したい方にもおすすめです。

公開求人数 9,790件
※事務派遣・正社員の求人数
対応地域 東京、大阪、名古屋、福岡など全国
雇用形態 派遣/紹介予定派遣/正社員/契約社員/アルバイト・パート
運営会社 ランスタッド株式会社
公式サイト https://www.randstad.co.jp/
※2023年7月時点

テンプスタッ

テンプスタッフは、dodaをはじめとして多くの人材紹介ビジネスを手掛ける「パーソルグループ」の派遣会社です。最大の特徴は求人数の多さで、20237月時点で52,000件超(※1もの求人が保有されています。取り扱い職種も事務・オフィスワークや翻訳、金融、営業、販売、研究開発と幅広く、希望の仕事が見つかりやすいでしょう。

加えて、通勤交通費の支給、年次有給休暇制度、慶弔休暇・見舞金制度(※2)、定期健康診断などの福利厚生が充実しているのも特徴です。無料e-ラーニングでパソコンスキルや英会話などの講座も受講できるため、派遣先で役立つスキルが身につきます。

登録時から就業後まで専任スタッフが丁寧にフォローをおこなってくれるため、20代ではじめて派遣として働く方も安心です。全国の派遣求人の取り扱いがあり、まず登録しておきたい派遣会社といえます。

(※1ジョブチェキの求人数

(※2)年次有給休暇は6ヵ月、慶弔休暇・見舞金制度は勤続3年以上の条件あり

公開求人数 5万2,541
ジョブチェキの求人数
対応地域 東京、大阪、名古屋、福岡など全国
雇用形態 派遣/紹介予定派遣/正社員/契約社員/スキマバイト
運営会社 パーソルテンプスタッフ株式会社
公式サイト

https://www.tempstaff.co.jp/

※2023年7月時点

20代が派遣会社を選ぶ際に重視すべきポイント

理想の仕事に就くためには、自身に合った派遣会社に登録することが大切です。派遣会社選びの際には、以下のような重視すべきポイントがあります。

  • 優良派遣事業者に認定されているか
  • スキルアップ・研修制度が充実しているか
  • 求人数が豊富かどうか
  • サポート体制が充実しているかどうか

20代の方であれば、はじめて派遣社員として働く方も少なくないでしょう。各ポイントについて詳しく解説するので、自分にぴったりの派遣会社に登録するための参考にしてください。

優良派遣事業者に認定されているか

信頼できる派遣会社を選ぶためには、優良派遣事業者かどうかをチェックしておくことが大切です。

優良派遣事業者とは、2014年に厚生労働省が開始した制度で、「信頼性のあるサービスを提供している」と認められた派遣会社のみが認定を受けられるものです。認定取得のためには、以下のような項目で一定の基準を満たし、審査に通過しなければいけません。

  • 法令を遵守している
  • 派遣社員が安心して働ける労働環境を整備している
  • 派遣社員のキャリア形成を支援している
  • 派遣社員と派遣先企業間のトラブル防止に努めている など

2023年7月時点で、141社が優良派遣事業者として認定されています。派遣会社を選ぶ際は、まず認定を受けているかどうかを確認すると、登録時の安心材料となるでしょう。

【参考記事】
認定事業者一覧|優良派遣事業者認定制度
認定基準|優良派遣事業者認定制度

スキルアップ・研修制度が充実しているか

はじめて派遣会社に登録する20代の方の中には、パソコンスキルや基本的なビジネスマナーに自信がない方もいるのではないでしょうか。スキルアップや研修制度が用意されている派遣会社であれば、就業開始前に必要なスキルを学習でき、スムーズに働き始められるでしょう。

スキルアップ支援の内容は派遣会社によってさまざまで、WordExcelPowerPointなどのOffice系ソフトの講座から、ビジネスマナー研修、さらに英文メールや簿記などの専門的なものまで多岐にわたります。派遣会社によっては、ビジネススクールを優待価格で利用できたり、資格取得を支援してもらえたりすることもあるようです。

また、利用の条件も各派遣会社で異なるポイントで、登録すれば誰でも受講できる派遣会社と、派遣就業中であることを条件としている会社があります。就業開始までのブランク期間にスキルアップしたい方は、登録者全員を対象としている派遣会社を選ぶのがよいかもしれません。

20代で派遣会社を選ぶ際は、今後のキャリアも踏まえたうえでスキルアップできる派遣会社に登録することをおすすめします。

求人数が豊富かどうか

派遣会社を選ぶ際は、求人数にも着目してみましょう。求人数が多いと、それだけ仕事の選択肢が増え、キャリアの可能性を広げることにつながるはずです。特に、派遣で働きたい職種が決まっていない方の場合、多くの求人の中から希望条件に合う仕事を見つける方法が有効です。

なお、登録する派遣会社を1社に絞る必要はありません。2社~3社に登録することで、より多くの求人情報が得られ、自身の希望に近い仕事を見つけられるでしょう。

サポート体制が充実しているかどうか

各派遣会社では、求人紹介や就業中のフォローなど、さまざまなサポートが用意されています。

20代であれば、派遣会社の利用経験が少ない方も多く、働いている間に不安や困りごとが生じる方もいるかもしれません。安心して働き始めるためにも、次のようなサポート体制が充実した派遣会社を選ぶのがおすすめです。

福利厚生

勤続期間の長さや就業中かどうかなど、各派遣会社が定める一定の条件を満たすことで、派遣社員でも福利厚生が適用されます。基本的には、以下のような福利厚生を受けられる派遣会社が多いようです。

  • 社会保険
  • 有給休暇
  • 産休/育休
  • 交通費支給
  • 健康診断
  • その他休暇 など

そのほかにも、レジャーや施設で利用できる優待特典や育児支援サービス、資格取得支援など、派遣会社独自の福利厚生が設けられていることもあります。

どのような福利厚生があるのかを十分に確認したうえで、登録先を決めましょう。

フォローアップ体制

20代の方にとって、派遣会社のフォローアップ体制は重要なポイントといえます。派遣会社のフォローアップ体制には、おもに「キャリアカウンセリング」と「相談窓口」の2つがあるようです。

キャリアカウンセリングは、仕事探しの段階で、または就業中に、自身のキャリアビジョンを明確にしたいときや、自身が習得すべきスキルを教えてほしいときなど、キャリアに関する悩みを解消したいときに活用できます。職場の上司や同僚以外で、仕事について気軽に相談できる相手がいることは、20代のビジネスパーソンにとって心強いものになるはずです。

また、派遣先でトラブルが発生したときや、勤務条件を変更してほしい場合などは、担当キャリアアドバイザーや専用の窓口に相談するのがおすすめです。派遣社員と派遣先企業の橋渡し役となって、問題解決や交渉に尽力してくれるでしょう。

フォローアップの内容は各派遣会社によって異なるので、登録時に確認を忘れないようにしてください。

【タイプ別】20代におすすめの派遣会社

この章では、以下のタイプ別に分けて、20代の方におすすめの派遣会社を紹介します。

  • すぐに働きたい方
  • スキルアップしたい方
  • 未経験職種にチャレンジしたい方
  • 派遣から正社員を目指す方
  • 短期・単発で働きたい方
  • 長期で働きたい方

あなたの条件に合った派遣会社探しに、ぜひ活用してください。

すぐに働きたい方におすすめの派遣会社2

スピード重視ですぐに働きたい方におすすめの派遣会社は、以下の2社です。

パソナ派遣

人材派遣大手のパソナ派遣も、すぐに働き始めたい方におすすめの派遣会社です。

2023年7月時点の求人数1560のうち、20237月後半開始の求人が5,861「即日スタート」の求人が7,393あり、スピード重視の方でも納得のいく派遣先を見つけられる可能性があります。

パソナ派遣は福利厚生が充実しているのが特徴で、たとえば、半日から取得可能な有給休暇や通勤交通費全額支給、消化できなかった年次有給休暇を次の派遣先に繰り越せる「特別有給休暇」などが用意されています。仕事やキャリアプランについて気軽に相談できるキャリアコーチや、スキルアップのための講座も豊富で、まだ社会人経験が浅い20代の方にもおすすめです。

派遣での就業を考えるのであれば、まず登録しておきたい派遣会社のひとつです。

公開求人数 1万560
対応地域 東京、大阪、名古屋、福岡など全国
雇用形態 派遣/紹介予定派遣/プロジェクト社員/正社員/契約社員
運営会社 株式会社パソナ
公式サイト https://www.pasona.co.jp/
※2023年8月時点

テンプスタッフ

すぐに働きたい方におすすめしたいのが、業界トップクラスの求人数を誇るテンプスタッフです。20237月時点で5万件以上(※)の求人情報が掲載されていることから、条件に合う求人を見つけやすいでしょう。また、「即日スタート可」の求人が多く掲載されているのもポイントです。

テンプスタッフでは、通勤交通費の支給や年次有給休暇制度などの福利厚生が充実しているため、派遣先が決まったあとも安心して働けるのが特徴です。頭ひとつ抜けた求人数と充実したサポート体制を誇るため、20代で派遣として働くならまずは登録したいサイトといえます。

ジョブチェキの求人数

スキルアップしたい方におすすめの派遣会社2

次に、スキルアップをしたい20代の方におすすめの派遣会社を2つ紹介します。

アデコ

世界最大規模の総合人材サービス「アデコ」は、スキルアップのための支援に力を入れる派遣会社です。

派遣社員一人ひとりに専任のキャリアコーチがつき、求人の紹介から就業中のフォローに加え、定期的なキャリアコンサルティングもおこなってくれます。将来のキャリアやスキルアップについても相談でき、納得したうえで派遣先を決められるでしょう。

また、スキルアップのための支援が豊富で、eラーニング・通学・オンラインで学べるOAIT講座や、割引価格で利用できる提携スクール、アデコでの就業年数に応じてビジネススキルを学べる教育訓練計画などがあります。さらに、動画で気軽に視聴できるビジネススキルやビジネス英語の講座もあり、必要なときにすぐに学べる環境が整備されているのが魅力です。

スキルアップしながら派遣の仕事に取り組みたい20代の方に、おすすめしたい派遣会社です。

ランスタッド

ランスタッドでは、派遣登録が完了した方なら誰でも利用できるスキルアップサポートが充実しています。たとえば、ExcelWordAccessなどのOAスキルをオンラインで学べるPCトレーニングセンターや、一部の支店(※)で利用できるパソコンセルフトレーニングシステム、基礎から上級まで学べるビジネスマナー・電話応対の研修が用意されています。

また、パソコンスキル、語学、資格など専門的に学びたい分野がある方は、提携スクールを割引価格で受講可能です。就業中の方であれば資格取得にかかった費用の半額をランスタッドに負担してもらえる制度もあるため、スキルアップに意欲がある方はぜひ活用してみましょう。

翻訳・通訳やITエンジニア、CADオペレーターなどの専門的なスキルが求められる仕事の取り扱いもあるため、スキルを身につけたうえで挑戦してみるのもおすすめです。

(※)さいたま、武蔵小杉、船橋、小山、足利、情報の森、水戸支店で実施

未経験職種にチャレンジしたい方におすすめの派遣会社2

派遣会社を利用する方の中には、これまでと全く異なった職種に挑戦したいという方も少なくないでしょう。ここでは、未経験職種にチャレンジしたい方におすすめの派遣会社2つ紹介します。

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィングも、未経験職種にチャレンジしたい方におすすめの派遣会社です。

求人数9,681のうち、未経験可の求人は3,718件(※)と、職種未経験の方でも挑戦しやすい仕事が豊富に用意されています。また、オフィスワーク・事務系から企画・マーケティング系、IT・エンジニア系、営業・販売系、金融系、通訳・翻訳系などの幅広い職種が保有されているため、納得のいく求人が見つかるでしょう。

さらに、登録から7日間予約できるオンラインコンシェルジュのサービスを利用すれば、未経験分野への挑戦に関するアドバイスにも期待できます。

未経験職種に就きたいと考えている方は、ぜひ登録してみることをおすすめします。

(※)20237月時点

テンプスタッフ

未経験職種にチャレンジしたい方にまずおすすめしたいのが、業界最大級の求人数を保有するテンプスタッフです。

2023年7月時点で5万件以上(※)の求人情報が掲載されており、事務系、研究・開発系、IT・エンジニア系、営業系、広告・マスコミ系、金融系、外資系などの幅広い職種が用意されています。未経験可の求人も多数あるため、納得のいく派遣先を見つけられるかもしれません。

また、OAスキルや語学・経理といった事務系の研修のほか、理系・製薬専門職、デザイン、ITエンジニアなどの専門スキルが学べる研修も充実しており、これからキャリアチェンジを目指す方を手厚くサポートしてくれるのも強みといえます。

まずはどのような職種の求人があるのか、ぜひ登録して確認してみてはいかがでしょうか。

ジョブチェキの求人数

派遣から正社員を目指す方におすすめの派遣会社2

派遣から正社員を目指したい方には、紹介予定派遣の働き方がおすすめです。

「紹介予定派遣」とは正社員雇用を前提とした働き方であり、派遣として最長6ヵ月間働いたのち、本人と派遣先企業の合意のうえで正社員・契約社員として入社する働き方です。

正社員の転職市場には出にくい大手・有名企業の求人があったり、実際に働いて仕事の内容・職場の雰囲気などを把握することで、自分に合っているか見極めたりできるため、正社員を目指す方にとってメリットが大きいでしょう。

この章では、派遣から正社員を目指す方におすすめの派遣会社を2つ紹介します。

スタッフサービス(オー人事.net

スタッフサービスの中で事務・オフィス系の派遣求人に特化したオー人事.netの特徴は、紹介予定派遣や正社員雇用などの直接雇用に向けたサポートに力を入れていることです。

紹介予定派遣の求人数は2,289件(※)と豊富で、「未経験OK」や「賞与あり」「在宅OK」などの求人が多いのも魅力といえます。派遣期間中に定期的なフォローを受けられるので、不安を解消したうえで直接雇用に切り替えられるでしょう。

オフィスワーク・事務系を中心に、営業・販売系、企画・広告系、テレマーケティング系などの職種が取り扱われているため、これらの職種でいずれ正社員として働きたい方は登録を検討したい派遣会社です。

(※)20237月時点

テンプスタッフ

業界最大級の派遣求人数を誇るテンプスタッフでは、20237月時点で5,987(※)もの紹介予定派遣求人が保有されています。事務系やIT・エンジニア系、開発系、語学系など、幅広い職種が取り扱われているため、あなたの理想とするキャリアを実現できる可能性が高まるでしょう。

中には、正社員として転職するのが難しい有名企業や人気企業の求人が用意されているのも特徴です。テンプスタッフと既に取引のある企業の求人が中心であるため、派遣先企業の詳しい情報共有にも期待できます。

紹介予定派遣として働きたい方は、ぜひ登録したい派遣会社といえるでしょう。

ジョブチェキの求人数

短期・単発で働きたい方におすすめの派遣会社2

ここでは、短期・単発で働きたい20代の方におすすめの派遣会社2つ紹介します。

パソナ派遣

派遣実績が多いパソナ派遣では、1ヵ月~6ヵ月の短期、および単発勤務の求人が446件(※)保有されています。次の仕事が決まるまでのつなぎとして働きたい方や、扶養内での勤務を希望する方におすすめです。

即日・当月中に勤務をスタートできる求人の取り扱いも多いため、すぐに短期で働きたいという方はぜひ登録することをおすすめします。

(※)20237月時点

スタッフサービス(オー人事.net

短期・単発で働きたい方には、スタッフサービスのオー人事.netもおすすめです。

3ヵ月未満の短期求人は834件(※)と豊富に用意されており、中には3日勤務や在宅勤務などの自由度が高い条件の求人もあることから、自身のライフスタイルに合わせて選択できるのが強みといえます。

未経験可の求人も数多く保有されているため、まずは短期でオフィスワークに挑戦してみたい方は登録してみてはいかがでしょうか。

(※)20237月時点

長期で働きたい方におすすめの派遣会社2

ここでは、6ヵ月以上の長期で働きたい方におすすめの派遣会社を2つ紹介します。

アデコ

長期で働きたい方は、キャリアサポートが充実しているアデコに登録すれば安心して就業できるでしょう。

派遣社員一人ずつに専属のキャリアコーチがつき、仕事の紹介や就業開始後のフォローをしてくれます。求職者の価値観やスキルをもとに適職を見出してくれるため、納得感を得られる派遣先を見つけられるはずです。また、仕事上で悩みや困りごとが生じたときも、対面や電話・メールで気軽に相談できるのが特徴です。

加えて各種社会保険や有給休暇、年に一度の健康診断の実施やベビーシッターの料金割引など、福利厚生も充実しているので、長期的に働くにあたっても安心できます。

テンプスタッフ

長期で働きたい方には、豊富な求人数が特徴のテンプスタッへの登録もおすすめです。6ヵ月以上の長期求人に絞っても、20237月時点で5万件(※)の求人情報が掲載されています。

オフィスワーク・事務系からIT・エンジニア系、接客・販売系、テレマーケティング系、金融系など、幅広い選択肢の中から自分に合った派遣先を選択可能です。

また、就業開始後には営業担当者やフォロー専任者が定期的に派遣先を訪問しているため、何かトラブルがあった際にもすぐに相談できます。キャリアについて相談できるキャリアコンサルティングや、仕事や心身の健康について相談できる質問・相談窓口サービスもあり、悩みを解消しながら仕事に取り組めるのがメリットです。

ジョブチェキの求人数

【職種別】20代におすすめの派遣会社

ここでは、既に就きたい職業・職種が決まっている20代の方向けに、「事務職」「IT・エンジニア職」「看護師」に絞っておすすめの派遣会社を紹介します。

職種別のおすすめ派遣会社を知りたい方は、この章も参考にしてください。

「事務職」におすすめの派遣会社3

派遣女子の職種割合
引用:職種別・性別派遣社員数(2021年度)|データ|一般社団法人日本人材派遣協会

事務職は、派遣の仕事の中でも特に求人数が多い職種です。実際、日本人材派遣協会の調査結果によると、2021年度の調査において最も多い職種は事務職で、全体の34.3を占めています。また、女性に限定すると、約半数の48%の方が事務職に就いていることがわかりました。

多くの派遣会社では事務職求人の取り扱いがありますが、ここではその中でも特におすすめの派遣会社を3社紹介します。

スタッフサービス(オー人事.net

オー人事.netは、スタッフサービスの中で事務職・オフィスワークに特化した派遣求人サイトです。

掲載求人は26,000件(※1あり、一般事務から営業事務、総務・経理事務、スキルが求められる英文事務・金融事務まで、幅広い事務系求人を取り扱っています。まずは事務職として働きたい方だけではなく、これまでの経験を生かして専門的な働き方をかなえたい方にもおすすめの派遣会社といえます。

また、期間を定めずに事務職で働きたい方には、無期雇用派遣の「ミラエール(※2)」がおすすめです。ミラエールとは、スタッフサービスの社員として入社したうえで企業に派遣される働き方で、雇用が安定するのがメリットです。給料は月給制で、年一回の昇給制度や賞与もあるため、収入面でも不安なく働き続けられるでしょう。

(※120237月時点
(※2)東京、神奈川、千葉、埼玉、北海道、宮城、新潟、静岡、愛知、滋賀、京都、大阪、兵庫、広島、福岡が対象エリア

【参考記事】ミラエール|オー人事.net

ウィルオブ・ワーク

ィルオブ・ワークは、人材紹介業界で20年以上の実績をもつ派遣会社です。

東京では1,144、大阪では210、愛知では110(※)といったように、全国の事務職の求人を取り扱っています。基本的なパソコン操作や身だしなみなどの研修を就業開始前に受けられるため、未経験の方でも準備したうえで仕事に臨めます。

さらに、ウィルオブ・ワークの社員が必ず派遣先に常駐する「FS制度」も大きな特徴です。派遣先でトラブルや困ったことがあってもすぐに相談できるため、はじめて派遣社員として働く方でも安心できるでしょう。

はじめに紹介した2社よりも求人数は少ない傾向にありますが、20代で手厚いサポートを受けたい方はぜひ登録してみてください。

(※)20237月時点

公開求人数 9,448件
対応地域 東京、大阪、名古屋、福岡など全国
雇用形態 派遣/紹介予定派遣/正社員/契約社員/パート・アルバイト
運営会社 株式会社ウィルオブ・ワーク
公式サイト https://willof.jp/
※2023年7月時点

テンプスタッフ

圧倒的な派遣求人数を誇るテンプスタッフは、事務系派遣の求人も豊富に用意されています。

2023年7月現在、32,000件(※)の事務系求人が保有されており、さまざまな可能性の中から派遣先を選びたい方に最適でしょう。具体的な職種は一般事務や営業事務、英文事務、貿易・海外営業事務などがあり、スキルレベルも未経験可から経験者歓迎まで、幅広い求人の取り扱いがあります。

加えて、事務職に求められるOAスキルや語学スキル、より専門的なスキルなどを無料で学べる研修も充実しています。指定の資格取得に際してお祝い金が支給される制度もあり、事務職がはじめての方でもモチベーション高くスキルアップに臨めるでしょう。

(※)ジョブチェキの求人数

ITエンジニア職」におすすめの派遣会社3

ITエンジニア職も派遣で人気を集める職種のひとつです。中には、正社員として就職する前に、派遣エンジニアで経験を積んでスキルアップを図る人もいるようです。

ここでは、ITエンジニア職におすすめの派遣会社3社紹介します。

アデコ

ITエンジニア系の求人が豊富なデコでは、1,147件(※)IT系求人が保有されており、在宅勤務可能な求人も多数みられます。職種もシステムエンジニア、インフラエンジニア、ヘルプデスク、プロジェクトマネージャーと幅広く、自身の希望とスキルに合わせての求人選択が可能です。

また、優待価格で受講できる提携スクールでは、JavaPythonWebシステム開発、C言語などの専門的なITスキルを学べるため、未経験からITエンジニアを目指したい方にもおすすめできます。

(※)20237月時点

マンパワー(JOB NET

マンパワーは、50年以上前に日本ではじめて派遣事業を開始した派遣会社です。

ITエンジニア系の求人は全国で1,005件(※)保有されており、ネットワークエンジニアやセールスエンジニア、ヘルプデスク、システム開発など、幅広い職種を取り扱っています。

さらに、IT未経験者に向けた就業支援プログラム「SODATEC(ソダテック)」を実施しているのも特徴のひとつです。10日間の無料研修を受講したのちに、エンジニアの求人紹介を受ける流れになっており、いずれ正社員として働きたい方におすすめのプログラムといえます。

(※)20237月時点

【参考記事】IT未経験者向け育成・就業支援プログラム SODATEC|マンパワー

公開求人数 3万5,254
対応地域 東京、大阪、名古屋、福岡など全国
雇用形態 派遣/紹介予定派遣/正社員/契約社員/契約社員・アルバイトなど(受託勤務)
運営会社 マンパワーグループ株式会社
公式サイト

https://www.manpowerjobnet.com/

※2023年7月時点

スタッフサービス(エンジニアガイド)

スタッフサービスのエンジニア専門サイトであるエンジニアガイドでは34,000件(※1のものづくり系・ITエンジニア系の求人が保有されており、7,500社(※2にも上る企業との取引実績があります。研究開発や設計、システムエンジニア、プログラマーなどの多岐にわたる職種の中から、自分に合った派遣先を見つけられるでしょう。

また、専属のコーディネーターによる仕事探しの支援も特徴のひとつです。過去にはエンジニア職では難しい「時短勤務」を実現できた登録者もいるようで、ライフスタイルに合わせた働き方をかなえられるかもしれません。

未経験可の求人の取り扱いも多数あるため、独学やスクールなどでスキルを習得したばかりの20代のエンジニアにも、おすすめできる派遣会社といえます。

(※120237月時点
(※2)エンジニアガイドの公式サイトより

公開求人数 3万4,594
対応地域 東京、大阪、名古屋、福岡など全国(沖縄を除く)
雇用形態 派遣/紹介予定派遣
運営会社 株式会社スタッフサービス
エンジニアリング事業本部
公式サイト https://www.engineersguide.jp/
※2023年7月時点

「看護師」におすすめの派遣会社3

派遣看護師のメリットとしては、自身の都合に合わせて勤務地や勤務日数を選べることや、残業が少ないことパートに比べて給料が高い傾向にあることが挙げられます。ここでは、看護師におすすめの派遣会社を3社紹介します。

レバウェル看護(旧:看護のお仕事)

バウェル看護は、看護師の派遣求人を12,000件(※)保有する、看護師に特化した転職・求人サービスです。

レバウェル看護の最大の特徴は、専属のフォロワーチームに気軽に相談できる環境が整っていることです。看護師になってまだ日が浅い20代は、仕事で悩むことも多いでしょう。看護師専門のキャリアアドバイザーに相談すれば、不安点や心配なことを解消できるかもしれません。

また、20時間以上の勤務から、しかも入職日から社会保険に加入できるのもうれしいポイントで、はじめての派遣でも安心して働き始められます。フルタイムや夜勤専従、週4日勤務、未経験可なども選択できるため、ぜひ理想の働き方を伝えてみてください。

(※)20237月時点

公開求人数 14万5,997
対応地域 東京、大阪、名古屋、福岡など全国
雇用形態 派遣/紹介予定派遣/正社員/パート
運営会社 レバレジーズメディカルケア株式会社
公式サイト https://kango-oshigoto.jp/
※2023年7月時点

MC-ナースネット

MC-ナースネットは、20237月時点で1,300件超の派遣求人を保有する、看護師に特化した転職・派遣支援サービスです。運営元である株式会社メディカル・コンシェルジュは医師が創業した会社で、「医療分野で働く人の自己実現を支えること」を理念としています。

専任のコンサルタントからは、求人紹介はもちろんのこと、キャリアプランや就業中の悩み相談など、登録から入職後までさまざまなサポートを受けられます。病院・施設との面談時には同行してもらえたり、初日の勤務後にフォローの電話をもらえたりするので、はじめて看護師派遣で働く20代の方も安心して入職できるでしょう。

さらに、単発やスポットの求人も豊富にあるため、仕事の合間や転職活動のかたわらで働くことも可能です。勤務先までの地図や路線図を同封して紹介してもらえるので、毎回調べる手間がないのも忙しい看護師にとって大きなメリットといえます。

公開求人数 1万5,029
対応地域 東京、大阪、名古屋、福岡など全国
雇用形態 常勤/派遣/非常勤・パート/委託
運営会社 株式会社メディカル・コンシェルジュ
公式サイト https://mc-nurse.net/
※2023年7月時点

スタッフサービス・メディカル

派遣会社「スタッフサービス」の医療系サイトであるスタッフサービス・メディカルでは、看護師・介護職の派遣に力を入れています。20237月時点で約5万件もの派遣求人の取り扱いがあり、4,189人(※)の方が派遣就業中です。公式サイト上には「派遣から直接雇用になれた」との声(※)も掲載されているため、将来的に正職員を目指したい方にもおすすめといえるでしょう。

中には、「未経験者OK」「資格なしOK」や「日勤のみ」「週3日勤務」といった求人もあり、あなたのスキルやライフスタイルに合わせて求人を探せることもメリットといえます。

さらに、全ての派遣社員に専任の担当者がつくため、求人の紹介から就業後まで手厚いサポートを受けられるのも特徴です。結婚・出産など、ライフステージの変化に合わせて働き方を変えたい場合も気軽に相談できます。

(※)スタッフサービス・メディカルの公式サイトより。就業中の派遣社員の人数は20234月末時点

公開求人数 9万348
対応地域 東京、大阪、名古屋、福岡など全国
雇用形態 派遣/紹介予定派遣/正社員/契約社員/パート・アルバイト
運営会社 株式会社スタッフサービス メディカル事業本部
公式サイト https://www.staffservice-medical.jp/
※2023年7月時点

20代が派遣で働くメリット

おもな雇用形態には、派遣元企業と雇用契約を結ぶ派遣社員や、企業から直接雇用される正社員、契約社員、アルバイト・パートがあります。20代が派遣として働くメリットとしては、以下の5点が挙げられます。

  • 未経験でも働きやすく、スキルアップが見込める
  • さまざまな職種や企業で経験を積める
  • 勤務時間や勤務地の融通が利きやすい
  • 大企業や人気企業で働ける可能性がある
  • 派遣会社のサポートを受けながら働ける

それぞれ詳しく解説します。

未経験でも働きやすく、スキルアップが見込める

多くの派遣会社では、経験者だけでなく、未経験者を歓迎する求人も保有されています。スキルに自信がない方でも未経験職種に挑戦しやすいことは、20代にとって大きなメリットでしょう。

また、派遣会社によってはスキルアップのための無料研修や資格取得支援・スクール優待などが積極的におこなわれており、未経験の方でも、業界について学習したうえで仕事に臨める可能性があります。

自宅で気軽に受講できるeラーニングを提供している派遣会社を利用すれば、仕事をしながら空き時間に学習でき、20代から積極的なスキルアップを図れるはずです。

さまざまな職種や企業で経験を積める

派遣は3ヵ月や6ヵ月などの契約期間が定められており、同じ職場で働けるのは原則最大3と決まっています。そのため、契約満了のタイミングで比較的自由に仕事を変更でき、今までとは全く異なった職種・職場の仕事にも挑戦できるのがメリットといえるでしょう。

また、派遣会社によっては、求職者に寄り添った求人紹介やキャリアプランニングを目的として、有資格者によるキャリアカウンセリングが実施されています。職場や仕事に求めることや伸ばしたいスキル、思い描く将来像などを相談すれば、今のあなたに最適な仕事を紹介してもらえるかもしれません。

時間や勤務地の融通が利きやすい

派遣社員で働くメリットとして、時間や勤務地の融通が利きやすいことも挙げられます。登録時に働きたい勤務時間や勤務地を伝えておけば、通常は希望条件に沿って求人を紹介してもらえます。「残業なし」や「時短勤務」など、比較的自由度の高い働き方ができるでしょう。

また、原則的に部署の異動や転勤もないため、契約期間満了まで同じ職場での勤務が可能です。

大企業や人気企業で働ける可能性がある

内定倍率の高い大企業や人気企業は、20代から中途で入社したいと希望しても、難易度が高いかもしれません。

派遣社員であれば、大企業の求人を紹介してもらえる可能性もあるため、チャンスが広がるでしょう。さらに、紹介予定派遣で入社して、将来的に派遣から大企業の正社員になるといったキャリアプランも考えられます。

どうしても働いてみたい企業があるのであれば、登録時に派遣求人の有無を尋ねてみるのもひとつの方法です。

20代の早いうちから大企業で経験を積みつつ、スキルアップを見込めるのは大きなメリットといえるでしょう。

派遣会社のサポートを受けながら働ける

多くの派遣会社では、就業開始後の派遣社員のフォローにも力を入れています。たとえば、定期的に面談の機会が設けられていたり、営業担当者の職場訪問があったり、相談窓口が開設されていたりと、サポート内容はさまざまです。

特に20代の方の中には、職場への疑問や不満を言い出しにくい方もいるかもしれませんが、就業後のサポートが手厚い派遣会社を利用すれば、派遣社員と派遣先の間に立って問題解消に尽力してもらえるでしょう。

また、派遣は多くの場合、3ヵ月~6ヵ月ごとに契約更新時期が定められており、更新日の1ヵ月前に口頭、または面談で意思確認されるのが通常です。

この際に、時給や業務内容の改善希望を伝えれば、派遣先企業と交渉してもらえる可能性があります。契約更新を希望しない場合にも、次の就業先について相談できるため、最小限のブランク期間で仕事を見つけられるかもしれません。

20代が派遣で働くデメリット

派遣には多くのメリットがありますが、一方で事前に理解しておくべきデメリットもあります。たとえば、以下の3点が挙げられます。

  • 同じ職場で最長3年までしか働けない
  • スキルや経歴によって待遇が異なる
  • 正社員と比べて給料や福利厚生に差が生じる

それぞれのデメリットについて詳しく解説します。

同じ職場で最長3年までしか働けない

派遣社員は、同じ職場で原則3年を超えて就業できません。これはいわゆる「3年ルール」と呼ばれるもので、労働者派遣法で以下のように明確に定められています。

第三十五条の三 派遣元事業主は、派遣先の事業所その他派遣就業の場所における組織単位ごとの業務について、三年を超える期間継続して同一の派遣労働者に係る労働者派遣(第四十条の二第一項各号のいずれかに該当するものを除く。)を行つてはならない。

引用元:労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律第35条の3|e-Gov法令検索

3年の間にどんなに仕事で成果を出したり、職場で良好な人間関係を築いていたりしたとしても、期間満了を迎えるとその職場での勤務が終了になることは、派遣の最大のデメリットといえるでしょう。また新しい職場で再スタートを切る必要があるため、人によっては大きなストレスになるかもしれません。

スキルや経歴によって待遇が異なる

ジョブズリサーチセンターの調査結果によると、20236月の三大都市圏における派遣社員の募集時平均時給は1,631でした。派遣社員の時給はパート・アルバイトよりも高い傾向にありますが、スキルや経歴によって待遇が異なるのが実情で、スキルに自信がない場合、思うような時給が得られない可能性もあります。

ただし、経験を積んだりスキルを習得したりすることで、時給アップの交渉や待遇が良い派遣先での就業も可能になるでしょう。20代の方であれば、派遣会社の研修制度や無料講座を利用してのスキルアップも十分に見込めます。自身が希望するキャリアプランを事前に明確にしておくことが重要です。

【参考記事】2023年6月度 派遣スタッフ募集時平均時給調査(三大都市圏)|ジョブズリサーチセンター

正社員と比べ給料や福利厚生に差が生じる

正社員との待遇や福利厚生が違う点も、派遣のデメリットといえます。

たとえば、多くの派遣会社において、派遣社員には正社員のような賞与がありません。厳密にいうと賞与分が時給に含まれて支給されているのですが、「正社員よりも待遇が悪い」と感じるひとつの要因といえるでしょう。また、派遣社員は基本的に時給制であるため、長期休暇を取得した月には給料が減ってしまいます

さらに、福利厚生面でも、正社員との差を感じることがあるかもしれません。派遣社員は通常は派遣元企業、正社員は直接雇用されている企業の福利厚生が適用されるため、その内容に違いが生じることもあるからです。

ただし、20204月の労働者派遣法などの改正により、「同一労働同一賃金」が導入され、同一企業で働く正社員と派遣社員の間にある待遇差の解消が目指されています。かつては「派遣先企業の休憩室や食堂が使えない」といった問題がありましたが、このような不合理な待遇差は労働者派遣法違反となる可能性があるのです。

今後、派遣社員と正社員との待遇差が縮まることに期待できるでしょう。

【参考記事】同一労働同一賃金特集ページ|厚生労働省

派遣会社に登録してから仕事開始までの流れ

派遣会社に登録すると、就業開始までどのような流れで進むのでしょうか。登録から仕事開始までは、以下のように進むのが一般的です。

  1. 予約
  2. 派遣会社への登録
  3. 説明会・面談
  4. 求人の紹介
  5. 派遣先の決定
  6. 職場見学(顔合わせ)
  7. 仕事開始

通常、登録から仕事開始までは、1ヵ月前後かかります。実際に勤務を開始したい時期から逆算して、登録の時期を決めましょう。

1.予約

まずは、利用したい派遣会社のWebサイト、または電話から、登録の予約をします。登録方法は、「登録会への参加」「電話登録」「Web登録」などから選択できるのが通常です。また、派遣会社によっては、平日夜や土日にも対応してもらえます。都合の良い方法と日時を指定して、予約に進みましょう。

なお、登録会への参加を選んだ場合、派遣会社によっては事前にパソコンでの情報入力やスキルチェックの受験を求められることもあるので、忘れずに取り組んでください。

もしも予約後に都合が悪くなった場合は、日時の変更希望を伝えましょう。無断欠席や遅刻をすると、「社会人としての基本的なマナーが備わっていない」とみなされ、仕事の紹介を受けにくくなるかもしれません。

2.派遣会社への登録

予約時に指定した方法で、派遣会社に登録します。それぞれの登録方法によって、以下のような違いがあります。

登録会への参加

指定した日時に派遣会社の登録会に参加する方法です。説明会からスキルチェック、面談、派遣会社によっては求人紹介までが一度に受けられ、就業開始までが最も早い方法といえるでしょう。

また、訪問時に派遣会社の雰囲気を把握できたり、キャリアアドバイザーと顔を合わせて会話できたりすることから、キャリアについて時間をかけて相談したい方や、信頼できる派遣会社かどうかを見極めたい方にもおすすめです。

当日は、以下のような持ち物を指定されることが多いため、忘れずに持参してください。

  • 本人確認書類
  • 銀行口座を確認できる通帳、またはキャッシュカード
  • 印鑑
  • 履歴書、職務経歴書(派遣会社による)

電話登録

指定された日時に派遣会社から電話がかかってくる方法です。所要時間は30分~1時間程度で、複数回に分けておこなわれることもあるようです。

派遣会社のオフィスが遠方の方や、仕事が忙しくて時間を割けない方は、電話登録が最も手軽な方法といえるでしょう。電話登録の場合、次のステップの「説明会・面談」も電話でおこなわれるのが通常です。

Web登録

Web登録には、簡易的な登録ができるケースと、ビデオ通話アプリを利用してキャリアアドバイザーと会話できるケースがあります。予約時にどちらの意味を指すのか確認しておくと安心です。

簡易的なWeb登録の場合、本登録のために別途登録会への参加が必要ですが、「すぐに派遣で働きたいわけではないけど、ひとまず登録だけしておきたい」という方は、現段階では簡易登録でもよいかもしれません。

ビデオ通話アプリを利用したWeb登録の場合、説明会・面談までWeb上でおこなわれるのが通常です。

なお、電話登録やオンラインでの登録であっても、忘れずに手元に履歴書と職務経歴書を用意しておきましょう。質問にすぐに回答でき、スムーズに登録を進められます。

3.説明会・面談

派遣会社での登録会に参加すると、通常は同じ日に面談・説明会が実施されます。

説明会では、給料の支払い方法や福利厚生、社会保険、就業開始後のフォロー体制などについて説明されます。もし、わからない点があれば、説明会終了後や面談などで個別に質問してもよいでしょう。

面談は、11でおこなわれるのが通常で、登録者の経歴やスキル、希望条件などをヒアリングされます。ここで聞き取った情報をもとに派遣求人を紹介されるため、希望や経歴をしっかり伝えることが大切です。

4.求人の紹介

面談で伝えた内容をもとに、求人を紹介されます。

登録会に参加した場合には当日中に紹介してもらえるケースもあるようですが、通常はメールや電話で紹介を受けるため、連絡を見逃すことがないように注意しましょう。もし、仕事中で電話に応対できなかったり、メールに気づくのが遅くなったりした場合、当日中か、遅くても次の日の夕方までに連絡を返すようにしてください。

求人紹介の際には、時給や待遇、仕事内容のほか、派遣会社によっては、職場の雰囲気や実際に就業中の派遣社員から聞いた口コミなどを共有してもらえることもあります。少しでも気になることは質問してみるのがおすすめです。

なお、求人の紹介を受けたからといって、必ずエントリーしないといけないわけではありません。紹介を断る際には、「ここは希望に合っているけど、この点は希望に合わない」というように、イメージとの相違点を伝えると、マッチ度の高い求人紹介につながるはずです。

5.派遣先の決定

求人にエントリーすると、社内で選考がおこなわれます。「求人の条件を満たしている」「必要なスキルを持ち合わせている」と判断されると、派遣先の決定です。

派遣先が決定すると、雇用契約の締結や雇用手続きが進められます。わからない点や不安なことは気軽に質問しましょう。

6.職場見学(顔合わせ)

派遣社員が希望した場合のみ、事前の職場見学や派遣先との顔合わせが実施されます。派遣会社の担当者が同行してくれることもあるため、一人での見学が不安な方は相談してみましょう。

ここで「思っていた職場と違う」と感じた場合は、労働者側から断ることも可能です。理由も添えて、担当者に相談してみてください。

なお、派遣先の企業が派遣社員を選考することは、労働者派遣法で禁止されています。顔合わせの結果、断られることはないため、安心して職場見学に臨んでください。

7.仕事開始

事前に合意した就業開始日から、仕事を開始します。初日は派遣会社の担当者が同行してくれる派遣会社もあるようです。就業前に挨拶や自己紹介を求められることもあるので、事前に考えておくとよいでしょう。笑顔で挨拶すれば、良い印象をもってもらえるはずです。

また、多くの派遣会社では、就業開始後もアフターフォローをおこなっています。仕事中に困ったことやトラブルが発生したときは、遠慮せず、派遣会社の担当者や相談窓口に相談してください。

20代の派遣会社選びでよくある質問

最後に、20代の派遣会社選びでよくある質問について解説します。登録前の参考にしてください。

Q1.未経験の仕事でも紹介してもらえますか?

基本的にどの派遣会社でも、未経験可の求人を数多く取り扱っています。特に、20代は素直さや飲み込みの早さに期待されて、未経験の職種でもチャレンジしやすいかもしれません。

挑戦したい仕事があれば、面談でキャリアアドバイザーに伝えるとよいでしょう。これまでの経験が活かせる仕事だと、紹介を受けられる可能性も高くなるはずです。

ただし、どの職種でもビジネスマナーや基本的なパソコンスキルは必須といえます。派遣会社の研修やオンライン講座を利用して、就業前に身につけておくのがおすすめです。

Q2.有給休暇は取れますか?

結論から言うと、一定の条件を満たすと派遣社員でも有給休暇を取得できます。労働基準法では有給休暇について以下のように定められており、派遣社員も有給休暇取得の権利を有すると考えられるからです。

第三十九条 使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。

引用元:労働基準法第39条第1項|e-Gov法令検索

就業開始日から6ヵ月継続して勤務していて、全労働日の8割以上出勤している場合、基本的には10日の有給休暇が付与されます。ただし、取得の申請は、派遣先企業と派遣会社の両方にする必要があるのが通常です。

また、有給休暇取得の条件には、「継続して」6ヵ月間勤務していることとあります。たとえば、3ヵ月の短期派遣で年に何回か働いている場合、合計の派遣期間が6ヵ月を超えていたとしても、合間に雇用契約のない空白期間が生じていると、「継続勤務」とはみなされないため注意が必要です。

派遣会社に登録する際に、有給休暇取得のルールを確認しておきましょう。有給休暇の制度について、詳しくは以下の記事を参考にしてください。

【関連記事】労働基準法第39条とは|年次有給休暇の概要をわかりやすく解説

Q3.派遣社員とアルバイトの違いは何ですか?

派遣社員とアルバイトでは、雇用主が異なります。派遣社員は派遣会社と雇用契約を結んだうえで派遣先企業に派遣されるのに対し、アルバイトはアルバイト先の企業と直接雇用契約を結びます。そのため、アルバイトは時給が上がりやすかったり、社員登用されやすかったりと、直接雇用ならではのメリットがあるかもしれません。

また、派遣社員には同じ職場で3年を超えて働けない「3年ルール」があります。一方、アルバイトは単発や短期、長期と仕事によって働く期間はさまざまで、長期アルバイトの場合、雇用期間に定めがないのも異なる点です。

さらに、賃金にも違いがあります。ジョブズリサーチセンターの以下の調査結果を参照すると、派遣社員の給料のほうが高い傾向にあるようです。

【派遣社員とアルバイトの時給比較(三大都市圏/20236月度)】

派遣社員 アルバイト
1,631円 1,158円

【参考記事】

2023年6月度 派遣スタッフ募集時平均時給調査(三大都市圏)2023年6月度 アルバイト・パート募集時平均時給調査(三大都市圏)|ジョブズリサーチセンター

Q4.派遣社員から正社員になれますか?

派遣社員から正社員になる道として、いくつかの方法が考えられます。

まず1つ目は、紹介予定派遣として派遣の仕事を始める方法です。紹介予定派遣とは、最長6ヵ月の派遣期間を経て、派遣先と労働者の間で合意にいたった場合に、派遣先企業から直接雇用される働き方です。実際に働いてみたうえで直接雇用に切り替えるかどうかを判断できるため、ミスマッチが起こりにくいメリットがあります。

2つ目は、派遣先企業で正社員登用試験を受ける方法です。ただし、企業によって正社員登用制度の運用状況は異なるため、正社員を目指したいのであれば、求人紹介を受ける際に制度の有無や実績を確認しておきましょう。

3つ目は、無期雇用派遣として派遣会社に雇用される方法です。正社員とは異なりますが、派遣でありながら就業期間の定めがなくなるので、雇用や収入が安定しやすいことが特徴といえます。派遣会社によって対応地域や応募方法、待遇は異なるため、詳しくは登録先の派遣会社に確認してみてください。

20代におすすめの派遣会社まとめ|自分に合った派遣会社を選ぼう

本記事では、派遣として働きたい20代の方を対象に、おすすめの派遣会社やメリット・デメリットなどを解説してきました。

派遣社員は、時間や場所の融通が利きやすく、さまざまな職業を経験して、20代のうちにスキルアップできることがメリットといえます。ただし、同じ職場で最大3年しか働けず、スキルや経歴によって待遇が異なるケースもあるため、注意が必要です。

良い派遣会社に登録するためには、20代に必要なサービスが揃っているかどうかを見極めることが大切です。求人数や福利厚生、サポート体制、キャリアアップ支援、アフターフォローの有無などを確認し、安心して利用できる派遣会社に登録しましょう。

この記事を参考に、派遣社員としての一歩を踏み出してください。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。