POSTED 2022/06/12

内部監査向けおすすめ転職サイト6選比較|転職に有利なや高収入を目指すポイント

士業・管理部門TEAMのアバター
CAREERUPSTAGE編集部

士業・管理部門TEAM

  • URLcopy

内部監査は、健全かつ円滑な経営を維持するうえで欠かせない存在です。

最近では中小企業からも注目が集まっていますが、これまで大手企業を中心に設置されていることが多い職種だからこそ、転職時は求人の母数が少ないというデメリットがあります。

しかし、内部監査未経験でも応募可能な求人は存在するため、新たなキャリアの形成を考えている方にとっては挑戦しやすいとも言えるでしょう。

実際に、内部監査への転職時に多い志望動機として、現職からのキャリアアップをあげる方もいるようです。

内定をもらうためには、

  • 「書類選考において志望動機をどのように表現するか」
  • 「内部監査に関する考えや展望などを面接時にどのように回答するか」など

事前に深く考えて対策するべきでしょう。

この記事では、会社のためになるやりがいを求める方や、キャリアアップを目指して転職を希望される方へ向け、未経験での転職に有利な資格、転職に至りやすい志望動機、面接時に聞かれ質問・回答のポイントなどを紹介します。

内部監査向けのおすすめ転職サイトを紹介しておりますので、納得のいく転職を果たしたい方は参考にしてください。

内部監査の求人情報・転職に強いおすすめの転職サイト6選

内部監査の転職に活用できるおすすめの転職サイトを6つ紹介します。

転職エージェント名 特徴
NO-LIMIT エンタープライズ企業やIPO準備中の求人案件を多数保有する。管理部門特化型の転職サイト。
リクルートダイレクトスカウト 求人情報には広告やコマーシャルでよく耳にする企業が多い。
iX転職 完全ヘッドハンティング型なので転職の時期を中長期的な期間で考えている方におすすめ。
ビズリーチ 好条件での転職に繋がるようヘッドハンターへ交渉・相談をすることが可能。
doda ヘッドハンティング型の転職サイトとは違い、詳細な条件検索を行いながら自分で転職先を探せる。
マイナビエージェント キャリアアドバイザーからの助言を得ながら転職活動を進めたい方におすすめ。

NO-LIMIT

NO-LIMIT_管理部

特徴・おすすめポイント

NO-LIMIT管理部転職』は、管理部門特化型の転職サイトです。

もともとは弁護士・法務人材といった法務求人を多数取り扱っているサービスですが、社外取締役マッチングサービス『EXE(エグゼ)』など、IPO準備中企業との取引も豊富で、関連した内部監査求人情報なども多数取り扱いがあります。

求人は原則非公開ですが、プライム市場上場企業やCM 等で名前が知られるエンタープライズ企業、IPO準備段階のベンチャースタートアップなどが紹介先に挙げられます。

ほか職種を多く扱う総合転職エージェントや、ハイクラス人材と呼ばれる方を対象にした転職サイトに比べると求人数は見劣りするかもしれませんが、担当アドバイザーとの綿密な面談によるマッチング精度の高さが大きな特徴です。

CFO、CLO、経営企画といった求人も保有しているため、結果的にハイクラス転職・キャリアアップを実現できる可能性は高いでしょう。

「内部監査」の公開求人数 非公開
会員登録にかかる時間 約1分程度
利用料金 完全無料

【公式サイト】https://no-limit.careers/

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

特徴・おすすめポイント

リクルートダイレクトスカウト』は、株式会社リクルートが運営する上級管理職向けの転職サイトです。

求人情報にはSONY・楽天・docomo・TOYOTAなど、広告やコマーシャルでよく耳にする企業が並んでいます。

内部監査は大手企業を中心に設置されることが多いため、転職先選びには有利になるでしょう。

また、一般的にハイクラスな人材の求人ほど一般公開されることが少ないなかで、非公開の求人があるという点も大きな特徴です。

好条件で、思わぬ転職先に巡りあえるかもしれません。

CEOや経営幹部にあたり求人もあるサイトだからこそ、ハイクラスな転職やキャリアアップを目指される方にはおすすめです。

「内部監査」の公開求人数 全国1,200件以上(※2022年6月時点)
会員登録にかかる時間 約5分程度
利用料金 無料

【公式サイト】https://directscout.recruit.co.jp/

 iX転職

IX

特徴・おすすめポイント

iX転職』は、より高収入で希少性の高い求人にスポットを当てた転職サイトです。

『doda』を始めとする多数の転職サイトを運営する人材サービスの大手『パーソルキャリア』が運営しています。

『パーソルキャリア』の取引実績から得たハイクラス求人が掲載されており、事業責任者やマネージャーといったリーダー職、管理職の求人掲載が多いことが特徴です。

登録後は専属のヘッドハンターからのスカウトを待つのみのシステムなので、ほかの転職サイトと併用して使用する方が良いでしょう。

今すぐの転職を考えている方よりも、転職の時期を中長期的な期間で考えている方、現在の仕事が忙しい方、ゆくゆくは転職を視野に入れて動き出したい方におすすめの転職サイトです。

公開求人数 非公開(※それぞれのヘッドハンターが求人を保有)
会員登録にかかる時間 約5分程度
利用料金 無料

【公式サイト】https://ix-tenshoku.jp/

ビズリーチ

ビズリーチ

特徴・おすすめポイント

ビズリーチ』は経営幹部・管理職向けの求人を多数掲載している転職サイトです。

2021年1月時点で17,100社の企業がビズリーチを導入しており、求人者の実績や経歴を見て、企業やヘッドハンターから直接スカウトが届くシステムになっています。

転職のプロであるヘッドハンターとのやりとりも可能ですので、好条件での転職に繋がるよう交渉・相談をすることも可能です。

内部監査という職業では求人の母数も少ないため、ヘッドハンターに直接相談ができる点は大きなメリットであるといえるでしょう。

「内部監査」の公開求人数 全国900件以上(※2022年6月時点)
会員登録にかかる時間 約5分程度
利用料金 無料

【公式サイト】https://www.bizreach.jp/

doda

doda

特徴・おすすめポイント

doda』は20代向けの満足度No.1の転職サイトです。

登録者は20~35歳が70%と若手層の利用者が目立ちます。

『doda』の大きな特徴は、社会人経験の長い40代・50代のミドル層向けのヘッドハンティング型の転職サイトとは違い、詳細な条件検索を行いながら自分で転職先を探せるという点でしょう。

希望の勤務地や勤務形態、福利厚生、社員の平均年齢など「これだけは譲れない」という条件同士を組み合わせて絞り込むことができるので、20代はもちろん、40代・50代のミドル層も転職サイトからのスカウトを待ちながら、希望条件に合う求人がないかを検索する、などほかの転職サイトとの併用もおすすめです。

「内部監査」の公開求人数 全国700件以上(※2022年6月現在)
会員登録にかかる時間 約5分程度
利用料金 無料

【公式サイト】https://doda.jp/

マイナビエージェント

マイナビ_ハイクラス

特徴・おすすめポイント

マイナビエージェント』は40年以上の歴史をもつ大手企業『マイナビ』が運営する転職支援サービスです。

サイトの特徴は、転職活動のサポート体制が充実しているという点でしょう。

エージェントがヒアリングを行ったうえで条件に合う求人を紹介してくれるだけでなく、在籍するキャリアアドバイザーによる書類の添削、模擬面接の実施など、一緒に転職活動のプランを立てながら活動することが可能です。

20代~30代でキャリアアップを検討している方や、キャリアアドバイザーからの助言を得ながら転職活動を進めたい方におすすめの転職サイトです。

公開求人数 400件以上(※2022年6月時点)
会員登録にかかる時間 約5分程度
利用料金 無料

【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/

内部監査の転職で好まれやすい志望動機

ネット上の転職支援サイトでは、これまで総務・経理経験を積んだ方のキャリアアップ、スキルアップといった動機がすすめられているため、「経験を活かしてどれだけ会社へ貢献できるか」という志望動機が採用担当者に好まれる傾向にあるのかもしれません。

それでは、実際に企業へ応募する際の志望動機の例を見てみましょう。

スキルアップを理由とした志望動機の例文

志望動機を書くうえで重要な点

  • 勤務してきた会社でどのような実績を積んできたか
  • なぜこの会社ではないとスキルアップができないのか
  • その会社へどんなメリットを与えることができるか

例文

私は現在、監査法人に勤め各事業所の業務監査および改善に向けた提案を行っております。

改善効果の評価、その際のフォローアップを行うなど、監査業務に関わる業務には一通り経験して参りました。

 

その中で、さまざまな企業の上場や、外部からの監査業務に携わり、監査業務に携わる従業員のリソース不足を目の当たりにしました。

既存業務に加え、監査に向けた書類集めや整理などで疲弊している従業員の方を見て、「もっと会社の内部に寄り添いたい」と思い、提出される書類の確認だけではなく、一から書類を作成するなど、自発的に実務にも携わった経験があります。

 

また、『公認内部監査人』の資格にも挑戦し、この度、取得に至りました。

実務で得た知見だけでなく、必須科目の中にはビジネスに関わる知識も含まれているため、経営の課題や問題になる箇所へ指摘を入れられるまでになりました。

今年度、社内での『公認内部監査人』の資格取得者が増え、業務内容・人員も安定したことで、自身のスキルアップを目指した転職を考えるようになりました。

 

社内監査の求人を探していたところ、御社の求人を見かけ、会社理念に惹かれ、応募させて頂きました。

私は、これまでのスキルを活かし、御社を発展させる監査として活躍したいです。

キャリアアップを理由とした志望動機の例文

志望動機の重要な点

  • なぜ現在の会社ではキャリアアップできないのか
  • 現状どういった業務に対応しているのか
  • 会社のどういったところに惹かれたのか

例文

現在は、学生時代の友人からの誘いを受け、友人が立ち上げたベンチャー企業へ入社し人事・総務として勤めております。

設立から間もないこともあり、管理体制が整っていない部門への聞き取りや適切なシステムの導入、発注・受注時の社内手続きに不備がないかの見直しなど、経営を円滑に進めるための地盤づくりを行ってきました。

 

当初は「どうしたら社員が働きやすいか」を考え行動しておりましたが、地盤が整うとともに「業務上に不備なく、円滑に経営をするにはどうしたらいいか」という考えに変わったことが監査業務を行うきっかけでした。

業務上の不備を見つけ、改善することは、会社の運営において大きなメリットになります。

 

初めての業務ではありましたが、会社の利益に大きく貢献できる内部監査やりがいを感じております。

今回、後任の者が業務に慣れてきた段階で、内部監査の部署が設立されている御社の実績に惹かれ、これまでの実務経験を活かして御社のお力になれるのではないかと思い、応募させて頂きました。

内部監査の転職面接で内定を取るための対処法

内部監査の転職理由ではキャリアアップややりがいを求める声が多いようですが、実際、内定を決める企業は求職者のどういった箇所を見ているのでしょうか。

経験者の場合

会社にとっての『即戦力』になるか

経験者の場合、会社にとっての即戦力となることが求められます。

そのため、監査テーマや監査を通して出した結果・成果など、これまで勤務していた企業での実績と合わせてどれだけ企業の力になれるのか具体的に説明しましょう。

資格取得の実績はあるか

内部監査の業務に関わる資格はいくつかありますが、主に下記の4つが挙げられます。

  • 公認内部監査人(CIA)資格
  • 内部監査士資格
  • 情報システム監査専門内部監査士資格
  • 金融内部監査士資格

とくに、『公認内部監査人(CIA)資格』は、日系・外資系を問わず、内部監査への転職に有利になるというメリットがあります。

未経験者の場合

業務との『親和性』、『コミュニケーション能力』の有無

未経験での採用の場合、今後、部署を跨いで業務に携わるからこそ、会社内での立ち振る舞い、コミュニケーション能力を重視する会社が多いです。

面接の中では、人格だけでなく、人としての器を見られていると認識した方がいいかもしれません。

業務で間を取り持った実績や、第三者から言われた人格を評価する言葉などを用意しておくことがおすすめです。

仕事を希望する動機

未経験であるからこそ「なぜ未経験でもこの業種に従事したいのか?」という点はほぼ確実に質問をされます。

一般的に馴染みの薄い職業だからこそ、転職を決めた志望動機はあなたの人間性や実績のアピールにも繋がりやすいといえるでしょう。

社内監査の転職を成功させるための3つのコツ

社内監査の転職を成功させるためのコツを3つ紹介します。

  • 複数の転職サイトに登録する
  • 転職エージェントのサポートを受ける
  • 転職先は焦らずに決める

複数の転職サイトに登録する

一つの転職サイトに絞るのではなく、できるだけ複数の転職サイトへの登録がおすすめです。

主な理由としては、下記の2点が挙げられます。

  • 転職サイトによって取り扱っている求人の内容・数が違うから
  • サイトの評価が良くても、エージェントが自分に合うとは限らないから

上記にもあるように、転職サイトによってそれぞれ違いがあります。

保有数もそうですが、その案件を取り扱うエージェントに対しても合う・合わないがはっきり分かれてしまうケースも少なくありません。

また、転職サイトによっては『非公開求人』の保有数も異なります。

非公開求人とは、管理職や幹部など経営の軸に関わる重要ポジションの求人です。

そういった経営に関わる求人は一般には公開されないことが多いので、思ってもいないところでそういった案件を紹介されることがあるかもしれません。

複数のサイトに登録し比較することで、よりご自身の希望に合った転職先を見つけることにも繋がります。

転職エージェントのサポートを受ける

自力での転職活動に限界を感じる前に、転職エージェントを利用しましょう。

転職サイトは求人探しから面接の設定、相手方とのやり取りまでご自身で行わなければいけませんが、転職エージェントは履歴書の書き方や面接のアドバイス、企業側への交渉など、自分では補いきれない部分をサポートしてくれます。

また、ヘッドハンティング型の転職サイトに登録することで、思わぬ企業から好条件でのスカウトが届くなど、自分では気づいていなかった市場価値に気づかされることもあるかもしれません。

焦らずに転職先を決める

転職先はすぐに決まるとは限りません。

一般的に、20代の転職活動は約3~6か月、年齢が上がるにつれて給与・待遇のハードルが上がり、転職活動は長引くと言われています。

参考に、ツイッターなどのSNSではこういった声が上がっていました。

転職先が決まらずに会社を退職しようとしている方は、再就職が難しく、ハイランクの転職どころか転職先が見つからなくなる可能性もありますので注意しましょう。

一度転職サイトに登録し、自分にはどんな企業からスカウトが来るか、市場価値を確認することがおすすめです。

内部監査の転職でよくある質問

内部監査の転職についての疑問にわかりやすく回答します。

完全な未経験でも内部監査に転職できますか?

未経験での転職は比較的にまれだと言えるでしょう。

これから上場を控えている企業では、経験者を雇うための報酬を準備できず未経験者を採用する、というケースもあるようです。

とくに、ベンチャー企業などでは実験的に未経験採用を取り入れている企業も見られるので、希望の年収や条件に合うのであれば、転職を視野に入れてみましょう。

内部監査の転職に年齢制限はありますか?

年齢制限はありませんが、40代からの転職になると、20~30代に比べ市場は狭いと言えるでしょう。

しかし、比較的に社員の年齢が若い企業で、企業の管理体制を整えたいと思っている企業は、社会人実績を長く積んだ経験者の採用意欲が高いケースがあります。

内部監査の転職で履歴書を書くポイントはありますか?

これまでにあげてきた業務成果はもちろんアピールしましょう。

また、会社全体とのやり取りが生まれるからこそ、他部署とのやり取りや関わり方について気を付けていたことや心掛けていたことを記載することもポイントです。

さらに、1つの企業だけでなく、子会社、グループ会社などに跨って内部監査をしていた場合は、会社、従業員数の規模感が分かる記載で差別化を図ることもおすすめです。

内部監査の転職が成功しやすい人の特徴はありますか?

内部監査職は、ただ淡々と業務に従事すればいいわけではありません。

会社全体を良くするために、ときには部署を跨いで業務を遂行する必要があります。

企業の内部監査はプレイヤー的要素が強い職業なのです。

そのため、内部監査に関する知識だけでなく、洞察力、分析力、コミュニケーション能力など人格の備わった方が採用されやすい傾向にあります。

最後に|転職先の方針を理解し、納得できるところを選ぶ

内部監査は役職クラスの求人ということもあり、求人自体の母数は少ない傾向にあります。

「今すぐに転職したい!」と、年収や条件を妥協し転職先を決めてしまうと、思っていたような結果が得られず転職後に後悔してしまうかもしれません。

現在の職業がある程度安定しているのであれば、慎重に待遇や条件の合う企業を探すことが大切です。

まずは複数の転職サイトへ登録し、希望の勤務地や年収など、あなたの求める条件をエージェントへ相談し、あなたに合った企業への転職を叶えましょう。

転職エージェント名 特徴
NO-LIMIT エンタープライズ企業やIPO準備中の求人案件を多数保有する。管理部門特化型の転職サイト。
リクルートダイレクトスカウト 求人情報には広告やコマーシャルでよく耳にする企業が多い。
iX転職 完全ヘッドハンティング型なので転職の時期を中長期的な期間で考えている方におすすめ。
ビズリーチ 好条件での転職に繋がるようヘッドハンターへ交渉・相談をすることが可能。
doda ヘッドハンティング型の転職サイトとは違い、詳細な条件検索を行いながら自分で転職先を探せる。
マイナビエージェント キャリアアドバイザーからの助言を得ながら転職活動を進めたい方におすすめ。
  • URLcopy
士業・管理部門TEAMのアバター
CAREERUPSTAGE編集部

士業・管理部門TEAM

弁護士・公認会計士・管理部門特化の転職コンテンツを作成。士業・管理部門の転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカス。転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。