美容師から転職できる異業種は?男性女性関係なくおすすめの職種や転職成功のコツを紹介

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

いざ美容師になってみると、「一生懸命働いているのに給料が見合わない」「人間関係のいざこざがしんどい」「周りと休みが合わない」といったさまざまな悩みもあり、思い描いていた美容師像とは異なる現実に離職する方も少なくありません。

実際、厚生労働省の統計「新規学卒者の離職状況」を確認すると、新規短大等卒就職者の産業分類別就職後3年以内の離職率は、美容師を含む「生活関連サービス業、娯楽業」が57.4%と全産業の中で1位の離職率となっています。

ほかの職業も含まれているため正確な美容師の離職率とはいえませんが、高い確率で多くの人が早期離職している職業の一つでしょう。

美容師から転職を考える方は実際多いため、「美容師でも転職できるのか」「まだ頑張りが足りないのか」などと思う必要はないのです。

本記事では、上記のような美容師から転職に関するさまざまな悩みを解消してもらえるよう、おすすめの職業や転職のメリット・デメリット、転職を成功させるコツなどを紹介します。

美容師から異業種へ転職するためには、自分一人で転職活動をおこなうのではなく、転職エージェントにサポートしてもらいながら進めましょう。

異業種へ転職するためには、どの業界が自分に向いているのか判断できないと、転職できないかもしれません。

転職市場に精通している転職エージェントに自分にはどんな業界や職種が向いているのか、アドバイスをもらうことで、年収アップややりがいを感じられる職種へ転職できるはずです。

1分で無料登録!
理美容業界におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
beauty mirai agentbeauty mirai agent
5.0
公開求人数
2.6万件
非公開求人数
非公開
国内最大級の理美容師に特化した求人サービス。高給与・高収入の求人や完全週休2日の求人も充実。へアスタリストやネイリストとして活躍したい方にも◎
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.7
公開求人数
12.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
公開求人数
4.8万件
非公開求人数
1.8万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
dodadoda
4.3
公開求人数
21.4万件
非公開求人数
3.3万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
beauty mirai agentbeauty mirai agent
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.7
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
dodadoda
4.3
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
beauty mirai agentbeauty mirai agent
5.0
口コミを読む
・現在収集中!🆕
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.7
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
dodadoda
4.3
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
目次

美容師から異業種への転職は厳しい?

結論から述べると、美容師から異業種への転職は決して不可能ではありません。

美容師として培った経験・スキルは、異業種でも十分に活かせるからです。

美容師は技術・専門知識の習得にくわえて、顧客に合わせた接客力が必要とされる仕事であり、仕事内容は想像以上に過酷なものです。その環境で何年にもわたって働いてきたことは、異業種であってもプラスの評価に値するでしょう。

ただし、異業種への転職を検討するのであれば、転職エージェントの力を借りるのが得策です。

転職エージェントのサポートを受けると、自身の経験・スキルを的確に言語化して、採用担当者にアピールできるようになります。

また、異業種への転職を希望する方は、できるだけ早期に転職活動を開始するのがおすすめです。美容師からの転身は大きなキャリアチェンジとなるため、20代のほうが有利になる可能性があるでしょう。

あなたにぴったりの転職エージェントを診断!
転職エージェント診断ツール
性別
年齢
直近
年収
職種

美容師から転職を考える人が多い5つの理由

憧れの美容師になったものの「思っていたのと違った」と感じる方も多く、ほかにもさまざまな理由から転職を決意するようです。

この項目では、美容師から転職を考える方が多い4つの理由を紹介します。

給料が安い

国税庁がおこなった「民間給与実態統計調査」によると、美容師を含むサービス業の年収は、産業全体の平均と比べて低いことがわかっています。

平均賞与(ボーナス)も産業全体の平均と倍近くの差が開いている現状です。

業種平均年収平均賞与
サービス業(美容師含む) 325万円 43万円
産業全体平均 377万円 67万円
【参考資料】令和3年分 民間給与実態統計調査|国税庁

もちろん、トップスタイリストとなると上記より給料は高いと考えられますが、そこにたどり着く美容師はわずかでしょう。

記事冒頭でも紹介したように、3年以内の離職者が多いことを鑑みても、下積み時代の大変さと給料の安さを乗り切れないことが、美容師をあきらめて転職する理由になっているようです。

休みが少ないから

美容師は人手不足も深刻です。美容師の有効求人倍率は5.13となっており、10人の募集に対して求職者が2人程度しかいない現状があります。

そのため、美容室では十分な人員を確保できておらず、「思うように休みが取れない」「休日出勤が必要なときがある」など、休みが少なくなりがちです。

ワークライフバランスが取りにくい面も転職を考える理由のひとつに挙げられます。

【参考記事】美容師|職上情報提供サイトjobtag

体力面でハードだから

美容師は基本的に一日中立ち仕事です。シャンプー、カット、カラーリング、そしてそれに付随する準備や清掃などを繰り返すため、めまぐるしく動き回らなければいけません。また、お客さまの来店に合わせて合間に休憩時間を取らなくてはならず、満足に休憩できないこともあるでしょう。

くわえて、美容師になりたてのアシスタントの時期は業務終了後に練習をおこなうこともあります。

休日の少なさもあいまって、体力面でかなりハードな点が転職を考える理由として挙げられます

人間関係が悪いから

美容師に限らず全ての職業に共通している問題点ですが、人間関係の悪化も転職を考える理由のひとつです。

美容師は美容院内という閉鎖的な空間で業務が完結します。

そのため、一度関係が悪化してしまうと「逃げ場」がなくなり、精神的に追い詰められてしまう傾向にあるようです。

また、少人数のスタッフで運営している美容院では、自分だけでなく周りのスタッフ同士が険悪な場合に影響を受けやすく、嫌けがさして転職を考えることもあるかもしれません。

手荒れがひどい

深刻な手荒れも、美容師に多い転職理由のひとつです。

手荒れは、日々のシャンプー・トリートメントの施術やドライヤーによって引き起こされます。アシスタント時代はこれらの施術を避けることは難しく、多くの美容師がひどい手荒れに悩まされて退職しているのが現状です。

中には、「デビューすれば、シャンプーの回数が減って良くなるから」と数年間耐えてスタイリストになったものの、手荒れが治らず、退職を余儀なくされた方もいるようです。人の美に関わる美容師の仕事にやりがいを見出していても、体質的に断念せざるを得ない方も多いでしょう。

美容師からの転職におすすめの職種

美容師から転職できる職業は多岐にわたりますが、この項目ではその中でもおすすめの職業を厳選して紹介します。

業種ごとの必要なスキルもあわせて記載したので、美容師の転職先はどのような職種があるのか参考にしてください。

営業職

営業職は、お客さまのニーズを考慮し、抱える課題の解決に役立つ商品やサービスなどを提供・セールスする職業です。

営業職には以下のようなスキルが必要とされます。

  • コミュニケーション能力
  • 課題発見力、提案力
  • ヒアリング、交渉力
  • マーケティングスキル
  • トラブル対応力
  • ストレス耐性

新規顧客の開拓、既存顧客への深耕営業など息つく暇もない営業活動にくわえ、ノルマを設けている企業も多いため、簡単な仕事とはいえません。しかし、契約が取れた、ノルマをクリアできたなど、ほかの業種では味わえない達成感がある職種です。

美容師時代に培ってきたコミュニケーション能力やヒアリングスキル、また、お客さまの悩みを聞き出したり新たなスタイルを提案したりする能力は、営業職でも活かせるスキルです。

以下に、美容師からの転職におすすめの営業職を紹介します。

美容メーカー

美容メーカーは、化粧品やヘアケア用品などの美容に関する商品を自社で製造し販売する会社です。

営業は、ディーラーや百貨店、小売店などへ自社製品を売り込みます。小売店では本部バイヤー、百貨店では売り場統括責任者などに営業する、いわゆるBtoB営業になります。

既存顧客への売り込みも多いですが、もちろん新規開拓もあります。日本のメーカーの世界進出も多いため、グローバルな営業を必要とするメーカーもあるでしょう。

小売店や百貨店においては、店舗で直接お客さまへの販売活動をおこなう美容部員の実績管理をおこなうのも営業の仕事です。

自社商品のコンセプトや特徴を把握し伝える必要があるため、美容師時代に培ったコミュニケーション能力や、提案力などが武器になるでしょう。

美容師時代に商品販売した経験や、「月に〇本販売した」などの実績を持っているなら、転職活動でもアピールでき、有利に働く可能性があります。

美容ディーラー

美容ディーラーは、美容メーカーから購入した商品を美容院・美容室などへ販売する会社です。

商品の買い付け、新商品の紹介、美容院・美容室から必要とされたものの提供、といった業務をおこないます。シャンプーなどのヘアケア商品だけでなく、店舗で使う椅子や鏡など設備の導入もおこないます

美容師に使い方を説明するにはメーカーの担当者と変わらない商品知識が必要なため、メーカーのセミナーに参加することもあります。

美容ディーラーの営業は、美容師からの転職では比較的選びやすい職種です。美容室の環境や雰囲気を理解しているため、現場に寄り添った営業活動が可能な点は、美容ディーラーの営業として武器になるでしょう。

美容とは無関係の営業職

持ち前のコミュニケーション能力を活かし、美容とは無関係の営業職に転職するのも選択肢のひとつです。

営業職は、さまざまな業界で必要とされる職種です。そのため、幅広い選択肢から選べるメリットがあります。

また、上述した営業職のスキルを磨くことで、自分自身の成長にもつながるでしょう。営業職で身につくスキルは資格などで証明できるものではありません。しかし、ビジネスパーソンとして活躍するために欠かせない、またどこにでも持ち運びのできる汎用性のあるスキルです。

美容師からの転職先として営業職を選ぶことは、これまでの経験を活かし、さらに自分の成長につながる選択肢といえます。

接客業

接客業は、店舗や施設を訪れたお客さまに対し、商品の販売、サービスの提供などをおこなう仕事です。

接客業で必要とされるスキルには次のようなものがあります。

  • コミュニケーション能力
  • ヒアリングスキル
  • 提案力
  • 観察力
  • 忍耐力
  • 臨機応変な対応力

美容師も接客業のひとつであることから、これまでに培ったスキルを活かせる職場は多いでしょう。美容に関係する接客業も多く存在しますが、アパレルや飲食、ホテルのフロントなど接客業の選択肢はさまざまです。

接客のスキルアップを目指すと同時に、お客さまと直接ふれあう仕事をこれからも続けたい方は接客業も転職先の候補になります。

美容師から転職する際におすすめの接客業は以下のとおりです。

ブライダルヘアアーティスト

ブライダルヘアアーティストは、ブライダルを専門に、結婚式場などで主に新郎新婦のヘアメイクをおこなう仕事です。

お客さまの要望や場面に合わせてヘアスタイルの調整をおこなうため、ヒアリングスキルや提案力が必要になります。

また、ブライダルヘアアーティストはヘアセットだけでなく、メイクも一緒におこなうのが通常です。着付けをすることもあり、和装、ドレス、ブライダルマナーなど多くの知識を必要とします。

結婚式や披露宴では、限られた時間内にヘアセットやメイクを変更しなければならないため、テクニックにくわえスピードも欠かせません。

豊富な知識が必要となるブライダルヘアアーティストは、ある程度美容師として経験を積んでいる方が目指しやすい転職先といえるでしょう。

メイクアップアーティスト

メイクアップアーティストは、テレビや雑誌などの各メディア、ファッションショーに出演するモデルやタレントのメイクをおこなう仕事です。

同時にヘアセットまですることも多いため、前職の技術・経験を活かしやすい職業といえるでしょう。

しかしながら、メイクがメインの仕事になるため、あらためてメイク技術の向上を図る必要があるかもしれません。

ネイルサロン

美容師からネイリストへの転職は、未経験でも十分可能です。美容師の技術がそのまま活かせるわけではありませんが、お客さまの要望を聞き、それに応えることや、デザインやお手入れ方法を提案して伝えることは美容師の仕事に通じるものがあります。

ネイリストには、JNECネイリスト技能検定やJNAジェルネイル技能検定など、取得しておくと転職に有利な資格もあります。スクールなどに通い取得するだけでなく、転職して働きながら取得を目指すこともできます。

ゆくゆくは独立して、自分のサロンの開業も目指せる職業です。

アイリスト

まつげエクステンションやまつげパーマなどの施術をするアイリストも、美容師からの転職におすすめの職業です。

アイリストになるためには美容師免許が必要です。すでに取得している美容師免許を活かせるため、美容師からの転職先として選びやすい仕事ともいえます。

JEAまつ毛エクステンション技能検定試験などの民間資格を、スクールに通って取得してから転職活動をすることもできますが、未経験で応募できる求人も多くあります。美容師なら美容師免許を持っているため、転職時にも有利に働くでしょう。

アイリストも、将来的に独立を目指すことができる職業です。

美容部員

美容部員は、百貨店や量販店、ドラッグストアなどの店頭でお客さまの肌悩みに対するカウンセリングをおこない、商品を販売する仕事です。

悩みを解決に導くためのお手入れ方法を提案したり、それにあわせて必要な商品を紹介したりします。新商品を紹介したり、メイクやお手入れをおこなったりすることもあります。

美容師免許を持たない美容部員は、ハサミを使った眉カットのサービスができません。しかし美容師ならこうしたサービスも可能です。もちろんメーカーの方針に従う必要はありますが、転職の際には強みとしてアピールできるでしょう。

メーカー、専門店、ドラッグストアなど、どこに就職するかによって業務スタイルが異なるため、自分に合った働き方ができるところを選ぶのがポイントです。

飲食店スタッフ

飲食店スタッフの中でもホール担当は、常にお客さまに接する接客業です。お客さまからの注文を受け、厨房スタッフに伝えたり、でき上がった料理をお客さまに届けたりします。

複数のお客さまに対応しなければならないことも多く、マルチタスクをこなせる手際の良さが求められます

美容師も、シャンプー、カット、カラーリングなどを複数のスタッフとローテーションしながら、同時に何人ものお客さまに対応することも多いため、得意とする部分かもしれません。

美容の仕事とは異なりますが、美容師として蓄積してきたコミュニケーション能力や臨機応変な対応力などが活かせる職種です。

ホテルスタッフ

ホテルスタッフにはさまざまな職種がありますが、特にフロントやコンシェルジュ、ベルスタッフなどはお客さまと話をする機会も多いため、コミュニケーション能力や臨機応変な対応力、観察力やホスピタリティが求められます。

美容師で培ってきたコミュニケーション能力をさらに高めたい、より丁寧でお客さまに喜ばれる接客を目指したいと考えている方におすすめの職種です。

転職のための条件は基本的にありません。人気のホテルとなると求人倍率が高くなる可能性もあるため、詳しい内情を知りたい場合は転職エージェントを活用して情報収集するのもひとつの方法です。

アパレル店員

アパレル販売員は、店舗に来店したお客さまの好みや理想などさまざまな要望に合わせて商品を提案・販売する仕事です。

季節に合わせて店内レイアウトを変更したり、商品管理をおこなったりと直接お客さまにかかわらない業務もたくさんあります。

常にトレンドを意識するなど、最新のファッション情報に敏感になる必要がありますが、こうした点は美容師に共通する部分でもあるため、接客やファッションが好きという方は選択肢になる職業です。

事務職

事務職は、他の社員をサポートするために書類の作成や処理、データ入力、電話対応などの業務をおこなう職業です。

事務職には以下のスキルが求められます。

事務職に求められるスキル
  • コミュニケーション能力
  • パソコンスキル
  • 作業の正確性
  • 効率的に作業を進める能力
  • スケジュール
  • タスク管理能力
  • 臨機応変な対応力

これらのスキルに強みがあれば転職の際有利になるかもしれません。美容師からの転職なら、コミュニケーション能力や、効率的に作業を進める能力、スケジュール管理能力や、臨機応変な対応力などアピールできる強みも多いでしょう。

基本的には未経験でも挑戦できる職種のため、PC操作に自信がなくても応募は可能です。

事務職は残業や休日出勤が基本的になく、安定して働けるため人気な職種です。さらに、ひとの企業で必要とされる事務職は限られており、令和3年度の有効求人倍率は0.26と競争率の激しい職種でもあります。

年齢が上がるにつれて未経験からの転職はさらに厳しくなると予想されるため、事務職を目指すなら少しでも早く転職活動を始めることをおすすめします。

事務職は大きく分けて3種類あり、それぞれ業務内容が異なります。

  • 一般事務
  • 総務事務
  • 経理事務

一般事務

一般事務は、契約書など業務上で必要な資料の作成・ファイリング、郵便物の仕分けや発送作業、電話応対などをおこなう仕事です。

企業によっては経理や庶務の仕事内容が含まれることもあります。

総務事務

総務事務は、「社内の環境を整えるための事務作業」が主な仕事です。

来客時のお茶出しや、社員旅行の計画、冠婚葬祭の対応、備品の管理をはじめ、株主総会の運営などに対応することもあるなど、幅広い業務を担当します。

社員のサポートをはじめとした「縁の下の力持ち」といえるポジションですが、裏方で企業を支えるやりがいの持てる職業です。

経理事務

経理事務は、請求書の作成や帳簿の管理、集金、支払い、各社員の給与管理などお金に関する事務作業をおこなう仕事です。

経理事務には、企業の資金を管理する立場という責任感と、ミスのない正確な作業が求められます。そのため、コツコツと業務をこなすのが好きな方や、細かな作業、慎重におこなう作業が向いている方におすすめです。

給料支給日前後となる月末月初や、決算時期が繁忙期の傾向にあります。

1分で無料登録!
理美容業界におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
beauty mirai agentbeauty mirai agent
5.0
公開求人数
2.6万件
非公開求人数
非公開
国内最大級の理美容師に特化した求人サービス。高給与・高収入の求人や完全週休2日の求人も充実。へアスタリストやネイリストとして活躍したい方にも◎
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.7
公開求人数
12.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
公開求人数
4.8万件
非公開求人数
1.8万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
dodadoda
4.3
公開求人数
21.4万件
非公開求人数
3.3万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
beauty mirai agentbeauty mirai agent
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.7
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
dodadoda
4.3
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
beauty mirai agentbeauty mirai agent
5.0
口コミを読む
・現在収集中!🆕
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.7
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
dodadoda
4.3
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

美容師からの転職で評価されるスキル

美容師からの転職で評価されるスキルには、以下の4つが挙げられます。

  • コミュニケーション能力
  • 提案力
  • 接客スキル
  • タフさ

それぞれのスキルについて詳しく解説します。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力は、美容師に期待されるもっとも大きなスキルといっても過言ではありません。

美容師は、目の前の顧客と会話しながら、そのニーズを引き出し、顧客が希望するヘアスタイルを具現化するのが仕事です。

そのためには高い技術力はもちろんのこと、顧客に合わせて話題を変える会話力や、髪の悩みを察知するヒアリング力、似合う髪型を実現するための提案力など、総合的なコミュニケ―ションスキルが求められます。

また、顧客に快適な空間を提供するためには、スタッフ間でのスムーズな連携も欠かせません。日々の営業や練習の中で、店長やアシスタントと良い関係性を築いた経験も、異業種への転職においてアピールポイントとなるでしょう。

コミュニケーション能力は、社会人に求められる基本的なビジネススキルのひとつです。美容師として培ってきたコミュニケーション能力は、転職において大きな武器となるはずです。

提案力

提案力も、美容師が転職でアピールできるスキルのひとつです。顧客の潜在的なニーズを引き出し、提案してきた力は、異業種でも十分に役立つでしょう。

たとえば、営業や接客業において、相手が求めていることを的確に察して提案できれば、満足度の高いサービス提供につながるはずです。

美容師は、毎日のサロンワークの中で自然と提案力が養われているので、転職においても高い評価を得られるといえます。

接客スキル

接客スキルは、美容師にとって欠かせないスキルのひとつであり、転職においても高く評価されるでしょう。

美容師は、カットだけでも1時間程度、施術によっては3時間超もの時間を顧客と向き合って過ごします。その間、顧客に快適な時間を過ごしてもらうためには、一人ひとりに気を配る観察力や話を引き出す傾聴力、高い接客マナーが必要です。

美容師の仕事で磨き上げた接客スキルは、営業や接客業など、顧客をもつ全ての職種において、存分に活かせることでしょう。

タフさ

美容師は、忍耐力がないと務まらない仕事です。美容師の仕事は基本的に立ち仕事で、営業時間は10時間に及ぶこともあります。予約状況によっては休憩なしで一日を過ごし、営業終了後には自主練習でスキルを磨くことが求められます。

また、美容学校を卒業後、すぐにデビューできるわけではなく、まずはアシスタントから始まって、数年かけてスタイリストになるのが通常です。サロンワークの中ではさまざまな顧客の接客を担当するため、ときには理不尽な思いをすることもあるでしょう。

このような日々を当たり前に過ごしてきた美容師は、精神的なタフさを自然と身につけていると期待されます。目標に向かって努力できる力や、状況に応じて気持ちを切り替えられる力は、異業種への転職においても大きなアピールポイントとなるはずです。

美容師から転職するメリット

美容師から転職を考えるとき、本当に転職してメリットがあるのか不安に感じる方も少なくないでしょう。まして、美容師免許という国家資格を取得してまで目指した職業のため、簡単に辞めるのはもったいないと考える方もいるはずです。

美容師から転職するメリットには以下が挙げられます。

  • 美容師のときより高収入が見込める
  • 自由な時間が増える
  • 復職しやすいため思い切った転職活動ができる

今一歩、転職に踏み出せない方は参考にしてください。

美容師のときより高収入が見込める

「給料が安いから」の項目で紹介したとおり、美容師の平均年収、賞与額は産業全体の平均と比べてやや低めです。

したがって、転職先によっては美容師より高収入が見込める可能性があります。

1ヵ月の給与が美容師時代よりも高い、賞与がきちんともらえるなど、安定している職業を選ぶことでより高収入を見込める可能性があります。

自由な時間が増える

美容師は慢性的な人手不足により、一人あたりの仕事量が増加し休日が取れにくい傾向にあります。

残業が少なく、年間休日も120日など確保されている職業を選ぶことで、自由な時間が増え、ワークライフバランスを保てるでしょう。

本記事で紹介したおすすめの職種では、事務職や大手メーカーの美容部員などが、安定して休日が取れる傾向にある職種です。

美容師免許は永年有効のため思い切った転職活動ができる

美容師資格は更新の必要がなく永年有効です。

そのため、たとえ別業種に転職して「やっぱり美容師がいい」と思った場合でも、再び美容師に戻ることができます。

何も後ろ盾がないとなると、行動を起こすのは勇気がいるでしょう。しかし、いざとなれば美容師に戻れるといういわば保険があるため、思い切った転職がしやすいメリットがあります。

美容師から転職するデメリット

美容師から転職するなら、デメリットも押さえておくことが大切です。

  • 一から知識・技術を身につける必要がある
  • 未経験の業界ルールに戸惑う可能性がある
  • ノルマが苦痛になる可能性がある

転職してから後悔しないためにも、事前にデメリットをしっかりと理解しておきましょう。

一から知識・技術を身につける必要がある

新たな知識や技術を身につけなければならない点はデメリットです。

特に美容に関係のない業種に転職する場合には、これまで積み上げてきた知識や技術を忘れて、一から業務に関する事項を覚えなければなりません。

美容師の仕事に慣れていればいるほど、新しいことを一から学ぶのは精神的にもネックになると考えられます。

未経験の業界ルールに戸惑う可能性がある

業界ごとにルールや常識は異なります。特に未経験の業種に転職した場合、ルールや常識がわからず苦労するかもしれません。

全く知らない業務の流れや、飛び交う用語についていけず戸惑うこともあるでしょう。

新卒者と異なり、ある程度美容師として社会人経験を積んでいるため、こうした違いは新鮮でもあり、なかなか切り替えられないなどのデメリットになることもあります。

美容師に限ったことではありませんが、転職の際はこれまでの常識が通じない場面も多いのだと理解しておく必要があるでしょう。

ノルマが苦痛になる可能性がある

年収アップを目指し、営業職などノルマのある職種に転職した場合は、ノルマのきつさがデメリットになることがあります。

ノルマが達成できないと、上司に注意や指導を受ける可能性があります。

美容師時代にノルマがなかった方にとっては重圧に感じ、苦痛に思ってしまうかもしれません。

ノルマの達成度や業績が評価されると昇進や給料アップにつながる企業も多いため、とにかく収入を得たい、実績を上げたいなどの高いモチベーションが必要になるでしょう。

1分で無料登録!
理美容業界におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
beauty mirai agentbeauty mirai agent
5.0
公開求人数
2.6万件
非公開求人数
非公開
国内最大級の理美容師に特化した求人サービス。高給与・高収入の求人や完全週休2日の求人も充実。へアスタリストやネイリストとして活躍したい方にも◎
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.7
公開求人数
12.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
公開求人数
4.8万件
非公開求人数
1.8万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
dodadoda
4.3
公開求人数
21.4万件
非公開求人数
3.3万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
beauty mirai agentbeauty mirai agent
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.7
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
dodadoda
4.3
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
beauty mirai agentbeauty mirai agent
5.0
口コミを読む
・現在収集中!🆕
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.7
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
dodadoda
4.3
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

美容師から異業種への転職を成功させるためのコツ

美容師からの転職を成功させるためのコツには、以下が挙げられます。

  • 転職エージェントの利用
  • 転職先の入念なリサーチ
  • 経験・スキルの提示

コツを押さえておけば、転職に成功しやすいだけでなく、ミスマッチのない転職を叶えやすくなります。

転職エージェントを利用する

転職エージェントは、希望やスキルに応じた求人情報を提供してくれるだけでなく、転職完了までに必要なさまざまな手続きをサポートしてくれる便利なサービスです。

申込時のヒアリングで希望条件や気になる職種などを伝えておけば、現職で働いている間に求人をピックアップしてくれるため、時間を割かずに転職活動を進められます。

転職エージェントでは、転職サポートの経験が豊富なキャリアアドバイザーが相談に乗ってくれるため、特に未経験の職種へ転職を希望する場合は、業界の特徴を聞いたり、自分にもなじめそうか相談してみたりするとよいでしょう。

「ひとりで転職活動を進めるのは心配」「転職で後悔したくない」と考えている方は利用してみることをおすすめします。

転職先の入念にリサーチする

転職先の入念なリサーチも、転職を成功させるコツです。

たとえ美容師として別の美容室に転職する場合でも、お店の雰囲気やカラー、シフト体制、給与など、さまざまなことをしっかりとリサーチしておきましょう。

「想像と違った」といった、転職後のミスマッチを減らせます

求人ではわからない内情を知りたいのであれば、上述した転職エージェントを活用するのもよいでしょう。アドバイザーによっては、内情まで把握している場合があるため、情報収集に役立ちます。

異業種へ転職するなら、仕事内容や年収、応募に必要な資格の有無などのリサーチは欠かせません。厚生労働省が提供しているサイト「jobtag」などを利用して、業種の詳細情報を確認してみるのもよいでしょう。

また、在職者や経験者によるリアルな評判を知るために、口コミサイトやSNSでリサーチするのも有効です。

経験・スキルを提示する

転職先に対して、自身の経験・スキルを的確に提示することも転職を成功させるコツです。

そのためには、履歴書や面接時の受け答えで何をどのように提示するか、事前に自身のスキルや経験の棚卸しをし、内容を決めておくことが大切です。

履歴書の作成

履歴書は経歴や志望動機を記載する書類ですが、同時に最初に自身のスキル・経験をアピールできる場面でもあります。

履歴書はフォーマットによって異なりますが、おおむね以下の内容を書くことが多いでしょう。

  • 学歴
  • 職歴
  • 免許・資格
  • 志望動機
  • 趣味・特技
  • 本人の希望

まず、履歴書の作成で押さえておきたいのは「読みやすさ」です。特に志望動機はだらだらと書いてしまうと読みにくく、伝えるべきことが伝わらない可能性があります。履歴書の中でも重要な部分のため端的にまとめることを意識しましょう。

伝えたいことを1つか2つに絞り、美容師で経験してきたどの部分が転職先で役立つと考えているのか、またどのようなスキルがあるから転職先に貢献できると考えているのかをまとめると、志望動機として伝わりやすくなります。

面接時の志望動機

対面でやりとりできる面接は、経験やスキルをアピールする絶好の機会です。

事前に自分のスキルを振り返り、アピールポイントを考えておきましょう。

  • 自分のどのスキルが転職先でどのように役立つと考えているのか
  • どのようなスキルや経験があるから即戦力になれると考えているのか
  • 将来的にどのようになりたいと考えているのか

など、これまでの経験が転職先でどう役立つか詳しく提示しましょう。

また、具体的な例や数字で提示することも有効です。

  • 毎月平均で〇人から指名をもらっていた
  • 毎月〇個のヘアケア商品を販売して、常に売り上げは上位だった
  • 〇〇をしたことでお客さまに喜ばれた

面接だと緊張してうまく会話する自信がないという方は、面接のコツや対処方法などを教えてくれる転職エージェントを利用してみるのも有効です。転職エージェントによっては、模擬面接をおこなってくれるところもあるため、積極的に利用してみましょう。

転職の目的を明確にする

転職の理由を考慮し、目的の明確化をおこなうこともコツのひとつです。

「収入を上げたい」「ホワイト企業で仕事がしたい」など、転職の目的を定めることで転職先に求める条件も明確になります。

漠然とした「転職すること」のみを目的にしてしまうと、転職後の後悔につながる可能性があるので注意しましょう。

辞める前に転職活動を始める

現職を辞める前に転職活動を始める方法と、辞めてから転職活動を始める方法があります。

株式会社リクルートがおこなった「就業者の転職や価値観等に関する実態調査2022」によると、現職で働きながら転職活動をおこなった方の割合は55.2%とおおよそ半数という結果でした(「前の勤務先の退職と、現在の勤務先が決まるのがほぼ同時だった」「現在の勤務先が決まってから、前の勤務先を退職した」人の合計)。

転職先入社のタイミングについて
引用元:「就業者の転職や価値観等に関する実態調査2022」第1弾|株式会社リクルート

また、株式会社ビズヒッツがおこなった調査でも同様の結果が出ており、「自分の経験上、働きながら転職活動したほうがいいと思うか、辞めてから転職した方がいいと思うか?」という問いに対しては74.2%の人が「働きながら」と回答しています。

さらに、その理由としては「金銭面の安心感がある」が多くを占めており、収入を確保しつつ余裕を持って転職活動をすることが大切だと感じている方が多いようです。

【参考記事】「働きながら転職活動」と「辞めてから転職活動」どっちがいい?経験者500人アンケート調査|株式会社ビズヒッツ

辞めてからの転職では、金銭的な不安がつきまといます。貯金もなくなり生活に困るとなると、妥協して転職することになりかねません。

現職で働きながら転職活動をするのが、納得のいく転職を成功させるコツです。

美容師からの転職面接でよく聞かれる質問

美容師から異業種に転職する際は、面接で以下のような質問をされることが多いようです。

  • 美容師を辞めた理由
  • 業界や職種を志望した転職理由
  • 美容師で苦労した経験
  • 美容師での成功体験

面接における企業側の目的は、応募者が一緒に働きたい人材かどうかを見極めることです。この点を念頭に置いて、面接の回答を用意しましょう。

この章では、美容師がよく聞かれる質問について、回答のコツを解説します。

美容師を辞めた理由

美容師を辞めた理由は、企業がもっとも気になる質問だといえるでしょう。美容師から異業種への転職を決意し、実行に移すためには、強い意志が必要であったと容易に想像できるからです。

ここで留意しておくべきことは、辞めた理由を聞かれたからといって、勤めていた美容室の不満や愚痴を述べないことです。たとえば、「オーナーと気が合わなくて」のような理由を話すと、「対人関係を大切にしない人」とみなされる可能性があります。

退職理由の質問も自身をアピールする機会ととらえ、ポジティブな言い方に変換するように工夫しましょう。美容師時代に得られた経験やスキルと関連づけて語れば、前向きな印象を与えられるはずです。

業界や職種を志望した転職理由

美容師から転職理由は面接でよく聞かれる質問です。

この質問に効果的に回答するためには、自身の経験・スキルの棚卸しと、業界・職種・企業の研究が欠かせません。これらの準備に入念に取り組むことで、説得力のある回答を考えられるはずです。

自己分析と企業研究は転職活動の大切なプロセスであるため、転職エージェントのサポートを受けるのもおすすめです。キャリアアドバイザーに相談すれば、客観的な視点であなたのアピールポイントを見つけ、内定に結びつく志望動機のアイデアを教えてくれるでしょう。

美容師で苦労した経験

「美容師で苦労した経験」は転職活動でよく聞かれますが、難しい質問のように感じる方もいるかもしれません。企業側がこの質問をする趣旨は、「どのようなことに苦手意識をもつのか」「苦手なこととどのように向き合っているか」「どのように対処したか」を知りたいからです。

この回答を考える際は、まず自身の美容師としての経験を振り返り、時系列順に苦労したことを書き出してみましょう。次に、上記3つの観点に沿って、それぞれの答えを導き出します。そして、これらの経験が応募先の企業でどのように活かせるかを考えることが大切です。

苦労の末、応募先企業でも役立つスキルが得られたことを述べられれば、貢献できる可能性の高さを大いにアピールできます。

美容師での成功体験

美容師としての成功体験も、苦労した経験とともによく聞かれる質問です。企業側はこの質問をとおして、応募者の価値観や得意なこと、目標を達成するための方法・工夫を知りたいと考えています。

成功体験では、自身のアピールポイントと関連づけて回答することがポイントです。たとえば、自己PRでコミュニケーション能力の高さをアピールしたのであれば、成功体験では持ち前のコミュニケーション能力でどのように顧客に接し、どのようにサロンに貢献したのかを述べると、一貫性のある回答ができます。

苦労した体験においても、応募先企業で活かせるスキルと結びつけて回答すれば、企業の一員として働くイメージをもってもらいやすくなるでしょう。数字で表せる実績がある方は、数字を交えて述べることで説得力のある回答ができます。

美容師から異業種へ転職する際の注意点

美容師から異業種への転職は、大きなキャリアチェンジとなります。転職にはメリットもあるものの、先に注意点を知っておかないと、「やっぱり美容師を続けていれば良かった」と後悔するかもしれません。

この章では、以下3つの注意点について詳しく解説します。

  • 仕事のイメージとギャップが生まれやすい
  • 「商品を販売した経験がない」と思われやすい
  • 新しい環境に適応できるのかがネック

仕事のイメージとギャップが生まれやすい

美容師から異業種へ転職すると、職場や仕事内容が変化するため、イメージとの相違が起こりやすい可能性があります。とくに、事務職のようなデスクワークに転職した場合、日々変化のあるサロンワークとは大きく異なるので、入社後数ヵ月間は戸惑いを感じるかもしれません。

できるだけイメージとの差異を小さくしたいのであれば、美容メーカーの営業やインストラクター、美容ディーラーなど、美容師として関わりのあった職種に就くのがおすすめです。

また、転職エージェントを利用すると、仕事内容や応募先企業の雰囲気についても詳しく教えてもらえるため、ある程度イメージをつかんだうえで入社できるでしょう。

「商品を販売した経験がない」と思われやすい

美容師は、「商品やサービスを新規顧客に販売した経験がない」というイメージをもたれるため、営業職や販売職において採用をためらわれる可能性があります。

しかし、美容師によっては、スタイリング剤やヘアケア商品のような店販商品を積極的に顧客に勧めたり、ヘッドスパやトリートメントなどの施術を提案して客単価を上げたりして、売上アップに貢献した経験がある方もいるでしょう。また、SNSを使った集客に力を入れて、顧客獲得のために能動的なアプローチをしてきた方もいるはずです。

このような経験は、「商品を販売した経験がないのでは?」という企業の疑念を効果的に払拭できるため、職務経歴書や面接でアピールすることが大切です。

新しい環境に適応できるのかがネック

美容師から異業種に転職すると、仕事の環境が大きく変わります。勤務地や職場はもちろんのこと、同僚や上司、勤務時間なども一新されるため、人によってはストレスを感じるかもしれません。

一般的に、人が新しい環境に慣れるまでは、3ヵ月〜半年程度の時間を要するといわれています。「自分には無理だったんだ」とすぐに諦めず、美容師時代に培った忍耐力を活かして、一日でも早く適応できるように努力しましょう。

職場の人と積極的にコミュニケーションをとり、わからないことは臆せず質問することで、次第に環境に慣れていくはずです。

美容師から異業種への転職におすすめの転職エージェント

美容師からの転職において、求人の紹介、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、スケジューリングなど、転職完了までのさまざまなサポートをしてくれる転職エージェントの利用はおすすめです。

転職に関する悩みの相談や、スキルの棚卸しなど、二人三脚で転職活動をサポートしてくれることもあるため、初めての転職や異業種への転職で不安なときには心強い味方になるでしょう。

ここでは、おすすめの転職サイトを3つ厳選して紹介します。

どれも実績があり、信頼度の高い大手転職エージェントなので積極的に利用してみましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、厚生労働省の「人材サービス総合サイト」における調査でNo,1の転職支援実績を誇る転職エージェントです。

大手の安心感にくわえ、44万件以上の公開求人と、32万件以上の非公開求人を保有している(2023年10月時点)業界最大規模の求人数を誇る転職エージェントでもあります。

業界ごとに専門のキャリアアドバイザーが在籍しているため、業界ごとの転職市場の動向や必要スキルなどを聞くことができ、今後のキャリアについても相談しやすいメリットがあります。

自分で自由に求人を探せる転職サイト機能も充実しているため、まずはどのような求人があるのか検索して見るのもよいでしょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントでは、転職者の相談に乗ったり求人を紹介したりする転職者専任のアドバイザーと、企業側の担当者とコンタクトを取る企業担当アドバイザーの二人が、転職活動をサポートします。

ふたつの業務を別の人が担うことで、転職者に対する細やかなサポートと、企業の詳細な情報を提供しやすくしています。

2023年オリコン顧客満足度®調査では、転職エージェント部門で一位を獲得している実績もあります。二人の担当者からサポートしてもらえるという、マイナビエージェントならではのシステムが、顧客満足度にもつながっているのかもしれません。

転職先の雰囲気や、企業が必要としている人材、スキルなどを知りたいと考えているなら、企業担当者のいるマイナビエージェントを利用してみることをおすすめします。

doda

doda

dodaは、20万件以上の求人を保有しており(2023年10月時点)、自由に求人を検索できる検索サイト機能をメインにサービスを提供しています。

職種、勤務地、雇用形態をはじめ、週休2日制、5日以上の連続休暇OK、原則提示退社,研修制度の充実、固定給25万円以上など、細やかな条件を設定して検索できます。

dodaでは、転職をサポートする「エージェントサービス」「スカウトサービス」「パートナーエージェントサービス」の3つの転職エージェントサービスを提供しています。

それぞれの特徴は以下のとおりです。

左右にスライドできます
エージェントサービス スカウトサービス パートナーエージェントサービス
特徴 転職市場に精通したキャリアアドバイザーが転職活動をサポート
希望に合わせた求人を紹介してくれるほか、書類の作成方法や適職分析、入社スケジュールの調整などをおこなってくれる
Web履歴書を見た企業側からオファーがくるサービス
Web履歴書を充実させておくことで、興味を持った企業側からコンタクトを取ってもらえるため、手間をかけずに転職活動を進められる可能性がある
サービスに登録すると、実績のあるパートナーエージェントからもスカウトメールが届くようになる
待っているだけでもより多くの求人を知ることができる

これらのサービスを合わせて利用すれば、現職で働きながらでも、ご自身に合った多くの求人を確認することができます。

また、スカウトが来ることで自分がどのような業界に興味を持たれているかを知ることもできるでしょう。

美容師から異業種への転職に成功した例

この項目では、美容師から異業界への転職に成功した例を紹介します。

美容師から転職した方がTwitterに投稿した口コミをいくつかピックアップしました。

「転職して失敗したくない」「美容師から転職して本当に大丈夫なのか」といった悩みを抱えている方は参考にしてみましょう。

ツイートを確認すると、美容師時代より充実したビジネスライフを送っているといった内容の口コミが見られました。

また、勤務形態が変わったことでライフワークバランスを取ることができ、私生活も楽しく送れているようです。

このように、充実した生活が送れるなど、理想の転職を成功させるためには転職先の選択が重要です。具体的な転職目的を定め、転職先や職種のリサーチを入念におこない、転職活動を進めましょう。

ひとりでリサーチが難しい場合は、転職エージェントを活用してみるのも方法です。

未経験、ノースキルでも大丈夫!
異業種への転職に特化した次世代エージェント

WarX
1分で登録完了!

 

美容師から異業種へ転職する際のよくある質問

美容師から転職を成功させるには、転職に関するさまざまな知識が必要です。

そこでここでは、美容師から転職する際によくある質問をピックアップし、回答形式で紹介します。

あなたが抱えている疑問点があるかもしれないので参考にしてください。

転職先に選べる美容関係の仕事には何がある?

美容師以外の美容に関係する仕事には以下のようなものがあります。

左右にスライドできます
美容・メイク・ネイル系 ファッション系 服飾・デザイナー系 接客系
・化粧品メーカー社員
・ネイリスト
・エステティシャン
・アイリスト
・美容部員
・理容師
・美容家
・マーチャンダイザー
・バイヤー
・スタイリスト
・ファッションアドバイザー
・ファッションコーディネーター
・アパレルメーカー社員
・ブライダルスタイリスト
・カラリスト
・ファッションデザイナー
・パタンナー
・テキスタイルデザイナー
・和裁士
・ウエディングドレスデザイナー
・ジュエリーデザイナー
・着付け師
・ショップ店員
・アパレル店員
・百貨店社員
・シューフィッター
・レセプショニスト

未経験から転職し、働きながらスキルを学べる職業ものもあれば、それなりの知識や経験が必要な職業もあります。

安定を求めるなら、メーカーなどの社員を目指してみるのもよいでしょう。

別の職業で、一から勉強して成長したいのであれば早めの転職を検討することも大切です。

美容師の退職はいつ伝えるべき?

お客さまからの予約や美容院側を考慮して退職しなければなりません。

よって退職届出の提出は、退職日の約2ヵ月前におこなうのがベストです。

退職届出が必要ない美容院の場合も同様に、2ヵ月前を目安に伝えるようにしましょう。

美容師の退職理由で多いものは?

本記事でも紹介したように、美容師の退職(転職)理由でよく挙げられるのは、「給料が安い」「休みが少ない」「体力面でハード」「人間関係が悪いから」などです。

ほかにも、独立や開業、他の仕事に興味が湧いたなどの理由も、美容師の退職理由として挙げられます。

20代の美容師は未経験の異業種に転職できる?

20代の美容師でも異業種に転職可能です。

20代での転職となると、忍耐力がないと思われ転職に不利になるのではないかと考えがちですが、20代はやる気や伸びしろ、将来性をかわれて採用されることも多く、未経験の業種にも挑戦しやすい傾向にあります。

30代になると経験やスキルなど、即戦力で使える能力を重視されるようになるため、異業種で一から頑張りたいと考えているのなら、むしろ20代など早めの転職が成功のポイントになるでしょう。

美容師からの転職でおすすめの職業は?

美容師からの転職でおすすめの職業は以下のとおりです。

左右にスライドできます
営業職 接客業 事務職
美容メーカー
美容ディーラー
異業種の営業職
ブライダルヘアアップアーティスト
メイクアップアーティスト
ネイルサロン
アイリスト
美容部員
飲食店スタッフ
ホテルスタッフ
アパレル店員
一般事務
総務事務
経理事務

詳細については、上記で紹介している「美容師からの転職におすすめの職業」を再度確認してみてください。

美容師から異業種への転職を成功させよう

美容師から転職を考える方は多く、その理由としては、給料の低さや業務のハードさ、休みが少ないといった待遇に関するものが多く挙げられています。

ワークライフバランスのとれた生活を目指したいなら、美容師とは異なる職種への転職を目指してみるのもよいでしょう。また、美容師としてのスキルや資格を活かせる仕事に転職したいなら、アイリストや、ブライダルヘアアーティストなどもおすすめです。

美容師は、コミュニケーション力や傾聴スキル、提案力など多くのスキルを持つ職種です。それらを必要とする職種もあるため、自信を持ってアピールしましょう。

初めての転職や、ひとりで転職活動を進めるのが不安、転職活動を有利に進めたいと考えている方は、転職エージェントの利用も検討してみましょう。

1分で無料登録!
理美容業界におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
beauty mirai agentbeauty mirai agent
5.0
公開求人数
2.6万件
非公開求人数
非公開
国内最大級の理美容師に特化した求人サービス。高給与・高収入の求人や完全週休2日の求人も充実。へアスタリストやネイリストとして活躍したい方にも◎
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.7
公開求人数
12.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
公開求人数
4.8万件
非公開求人数
1.8万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
dodadoda
4.3
公開求人数
21.4万件
非公開求人数
3.3万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
beauty mirai agentbeauty mirai agent
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.7
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
dodadoda
4.3
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
beauty mirai agentbeauty mirai agent
5.0
口コミを読む
・現在収集中!🆕
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.7
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
dodadoda
4.3
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。