看護師は転職が多い?転職を繰り返す人の傾向と対策を紹介

編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

看護師は「白衣の天使」とも呼ばれ、多くの方にとって憧れの職業でもありますが、過酷な環境で働いている方が多いことも事実です。

変則勤務や夜勤が多いこと、責任の重さ、複雑な人間関係など、そのつらさゆえに「辞めたい」「転職したい」と考えてしまう看護師が多いのも不思議ではありません。

しかし、転職活動を始めようとしたものの、本当に転職ができるかどうか不安になる方も少なくないでしょう。

転職回数の多い看護師は不利になるの?

何回転職すると『多い』と言われるの?

何度も転職しているけれど、不利にならない方法はある?

この記事では、転職したいと考える理由と、看護師が転職を繰り返す理由や転職活動時の注意点について解説します。

転職理由や年代別の転職活動対策についてもご紹介するので、看護師の転職を成功させるために役立ててください。

看護師におすすめの転職サイト5選
サイト名 評価 強み

レバウェル看護

レバウェル看護

4.8

アドバイザーの対応No,1の転職サイト。充実のサポートで納得のいく転職を実現できる。

ナース人材バンク

 

ナース人材バンク

4.5

保有求人数No.1の転職サイト。まずは登録しておきたい転職サイト。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

4.5

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループの転職サイト。

ナースではたらこ

 

ナースではたらこ

4.3

病院からのスカウトが受けられる!最短1か月で転職可能!

看護師ワーカー

看護師ワーカー

4.0

好条件の非公開求人多数!専門のアドバイザーが徹底支援

 

目次

看護師の平均的な転職回数は?

厚生労働省が発表した「看護職員就業状況等実態調査結果」によると看護師の転職回数は以下のようになりました。

勤務先を退職した回数割合
0回39.4%
1回26.5%
2回16.0%
3回9.0%
4回3.9%
5回以上3.5%
【参考記事】看護職員就業状況等実態調査結果|厚生労働省

これまでに勤務先を退職した回数」で最も多かったのは全体の39.4%を占める「0回」、次いで26.5%を占める「1回」、16.0%を占める「2回」という結果でした。

なお、2020年「病院看護実態調査」によると、2019年度の看護師の離職率は11.5%であったことに対し、全職種の離職率は15.6%だったため看護師の離職率が突出して高いというわけではありません。

【参考記事】
2020年「病院看護実態調査」|日本看護協会
-2019 年(令和元年)雇用動向調査結果の概況-|厚生労働省

看護師が転職したいと感じる理由 

看護師が転職したいと感じる理由はさまざまですが、ここでは主な理由として7つを取り上げて解説します。

職場の人間関係が良くない

職場の人間関係の良し悪しは、精神的に大きな負担になることが多いです。

どのような職場でも人間関係は重要ですが、看護師の場合、特にさまざまな立場の方と人間関係を築かなければならないためです。
看護師の仲間はもちろん、医師や患者さんなどとも、その関係性によって適切な人間関係を築かなければなりません。

中には、攻撃的な先輩や、陰口ばかり言う同僚、いつもピリピリとした雰囲気の医師、理不尽なことを言ってくる患者さんもいるでしょう。

多くの方と関わる看護師だからこそ、人間関係が良くない場合は転職したいと感じることが多くなります。

夜勤の負担が大きい・生活リズムが合わない

看護師は夜勤が多く生活リズムが乱れやすいため、体調管理が難しい仕事のひとつです。

日勤からの夜勤というシフトも珍しくなく、毎日同じ時間に寝るといった規則正しい生活を送るのは難しい仕事となっています。
また、そこに残業まで重なれば、身体的な負担が大きいと感じる看護師も少なくありません。

体質的に夜勤が難しい方もいるため、看護師ゆえの不規則な勤務体系は転職の大きな理由になることがあります。

休暇が取れない・取りづらい

人の命を預かる医療の現場において、看護師の存在はとても重要です。

一人欠けるだけで、他の看護師への負担がかなり大きくなることもあります。そのため、「休暇を取りたい」とはなかなか気軽に言い出せないのが現状です。

仮に人材が足りていたとしても、とくに勤務年数が短い看護師などは休暇を取りづらいと感じる方も多いでしょう。休暇が取れずプライベートの時間がなかなか確保できないため、転職を考える方も少なくありません。

給与が安い・見合っていない

精神的にも身体的にも負担が大きい看護師の仕事ですが、その給与額は勤務先によって異なります。

もちろん勤務に見合った給料が支給されるところもありますが、場合によってはそうではないこともあるでしょう。
激務で責任が重い業務であるにもかかわらず給与が安いと、どうしても仕事へのモチベーションを保てなくなってしまいます。

サービス残業が多かったり業務時間外での勉強が必要だったりと、業務負担が多くなりがちなことも、看護師の給与が安いと感じる理由です。

医療ミスへの重圧がつらい

患者の命を預かる立場にある看護師の仕事は、ミスが許されません。
医療ミスは患者の命を脅かすことにもつながるため「ミスをしない」ということは、看護師の基本となります。この重圧は並のものではありません。

毎日重圧に耐えながら気が張った状態で仕事をしていると、どうしても「転職」の二文字が脳裏をよぎってしまうこともあるでしょう。

看護師に向いていないと感じる

患者のために働く看護師の仕事に、自分は向いていないと感じる方もいます。

看護師の仕事に就いたものの、「人と関わる仕事が苦手」「体力がなく身体がもたない」「気持ちの切り替えが難しい」「血や排泄物を触ることに抵抗がある」「どうしても血に慣れない」という方もいるかもしれません。

このように看護師の仕事を続けていくうえで避けて通れないものに苦手意識がある場合、看護師に向いていないと感じることもあるでしょう。

キャリアアップしたい

職場によっては、実力よりも年功序列を重視する場合があります。

そのような職場では、若手でスキルアップやキャリアアップを目指す方はなかなか希望を叶えることができません。また、自分の中で「なりたい看護師像」が明確になっている場合、それを叶えるための環境を整えたいと考える方も多いでしょう。

今の職場がその環境とはほど遠いと感じる場合にも、転職を考えることに繋がります。

看護師におすすめの転職サイト5選
サイト名 評価 強み

レバウェル看護

レバウェル看護

4.8

アドバイザーの対応No,1の転職サイト。充実のサポートで納得のいく転職を実現できる。

ナース人材バンク

 

ナース人材バンク

4.5

保有求人数No.1の転職サイト。まずは登録しておきたい転職サイト。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

4.5

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループの転職サイト。

ナースではたらこ

 

ナースではたらこ

4.3

病院からのスカウトが受けられる!最短1か月で転職可能!

看護師ワーカー

看護師ワーカー

4.0

好条件の非公開求人多数!専門のアドバイザーが徹底支援

 

看護師で転職の多さが不利になるケース

転職の多さが評価に影響しない場合がある一方で、不利になってしまうケースもあります。転職回数の多さが不利になる主なケースの例を3つご紹介しましょう。

短期間で転職を繰り返している

1ヵ所につき1年未満しか勤務実績がない場合は、転職が不利になることがあります。

採用側としては長く勤務してもらいたいと考えるのが一般的であるため、長く勤務してきた実績がないと、またすぐに辞めるのでは?と不安視されてしまう可能性が高くなるでしょう。

経歴に一貫性がない 

経歴に一貫性が感じられない方の場合も、転職回数が不利に働くことがあります。

たとえばクリニック勤務から急性期、慢性期から再び急性期などの転職をされている場合です。一貫性がないということは、仕事の軸が感じられず、中途半端な印象を与えてしまう恐れがあります。

転職理由がネガティブなものばかり

人間関係が上手くいかなかったなど、転職理由が明確な場合であっても、その伝え方次第で不利になることがあります。

いじめがあった、パワハラがあったなど、人間関係での転職理由はさまざまあるでしょう。しかし、これらをそのまま伝えただけでは、ネガティブな印象しか与えず、場合によっては「逃げただけ」で耐性がない人物だと思われてしまうことがあります。

ネガティブな転職理由だけでは面接官に与える印象も良くないため、不利になってしまうことがあるのです。

看護師で転職が多くても評価が下がらないケース

多くの看護師は転職回数が少ないため、転職回数が多いと転職で不利になるのでは、と思う方もいるでしょう。

しかし、転職が多くても評価が下がらない方も一定数います。

また、自分では転職が多いと思っていても、きちんとした理由があればマイナスにならないことも多いです。

ここでご紹介する「転職が多くても評価が下がらないケース」を参考にして、自己分析してみましょう。

1ヵ所で3年以上の勤務ができている

転職回数が多くても、1ヵ所で3年以上勤務してきた職務経歴があれば、大きく評価が下がることはないでしょう。

少なくとも3年以上、長期にわたって勤務してきたという実績があれば、仮に他の職場での勤務が3年未満だったとしても、いわゆる「転職癖のある人」という印象は避けられる可能性があります。

納得・共感が得られる転職理由がある

「配偶者の転勤にともなう引越しが多い」「子どもが生まれた」など、転職先が納得できる理由があれば、転職回数が多くても評価が下がる可能性は低いといえるでしょう。

転職が多くなってしまう仕方のない理由や、共感できる理由があれば問題ありません。ただし、無理に納得させようと、転職先や以前勤務していた病院などへ虚偽の申告はおこなってはいけません。

転職先に一貫性があり専門分野がある

手当たり次第にさまざまな職場を転々としているのではなく、転職先に一貫性がある場合も、評価は下がりにくくなります。

たとえば、透析室や手術室など、専門分野があり、その分野を深めるために転職しているケースです。

ひとつの職場で学べることに限界を感じ、専門性を高めるために転職しているのであれば、評価は下がらないでしょう。

今後の働き方やキャリアプランが明確

ビジョンが明確で、そのビジョンを達成するために転職をしているのならば、評価に影響することはないでしょう。

今後の働き方やキャリアプラン、看護師像など確固とした軸があれば、転職はそれに向かうための通過点となるからです。

看護師におすすめの転職サイト5選
サイト名 評価 強み

レバウェル看護

レバウェル看護

4.8

アドバイザーの対応No,1の転職サイト。充実のサポートで納得のいく転職を実現できる。

ナース人材バンク

 

ナース人材バンク

4.5

保有求人数No.1の転職サイト。まずは登録しておきたい転職サイト。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

4.5

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループの転職サイト。

ナースではたらこ

 

ナースではたらこ

4.3

病院からのスカウトが受けられる!最短1か月で転職可能!

看護師ワーカー

看護師ワーカー

4.0

好条件の非公開求人多数!専門のアドバイザーが徹底支援

 

看護師で転職が多いときの原因と対策

単に転職が多いといっても、転職する理由や年齢、時期によって事情は変わってきます。

そこで、まずは自分の状況を客観的に見て、転職が多い原因を掘り下げてみましょう。そのうえで、適切な対策を講じることが大切です。

職場の人間関係による転職の場合

たとえば、明らかな仲間外れに耐えられなくなって転職することもあるでしょう。このような理由での転職は、履歴書に「一身上の都合による退職」などと記載するのが一般的です。

ただし「一身上の都合による退職」と記載すると、面接で具体的な理由を質問されやすくなります。

このとき、どのように伝えるかによって面接官に与える印象が大きく変わるので注意しましょう。

転職理由がネガティブなものであった場合は、あくまでも前向きな姿勢で転職に挑んでいるということを示すことが大切です。

待遇の不満による転職の場合

勤務に対して賃金が見合っていない、休暇がまったく取れないなど、仕事内容ではなく待遇に不満があって転職を考えている場合、この悩みを率直に面接官に伝えるだけでは不利になってしまうことがあります。

採用しても、また待遇に不満を持って辞めてしまうのでは、と思われてしまうためです。

そこで、ポジティブな内容に変換してうまくアピールしてみましょう。

前職では休暇がまったく取れないほど、たくさんの経験をさせていただきました。業務としては大変でしたが、その結果として多くの知識とスキルを身に付けることができたため、これを活かし、さらに深めたいと思っています

など、待遇の不満をバネにしてさらに精進する姿勢をアピールしましょう。

家庭の事情などで転職する場合

結婚や出産、育児、介護、転勤などのライフイベントでの転職は珍しくないため、同じような理由で転職活動をしている方は多くいます。

育児や介護などの家庭の事情での転職は評価に影響しにくい反面、同じような境遇の方が多いことから採用されるためには工夫が必要と言えるでしょう。

たとえば育児が理由での転職ならば、

今まで医療の現場で幼い子どもたちを見てきた経験もあり、私も手を抜かずに育児をしたいと考えています。仕事についても看護師としてさらに精進したいと思っていた中で、御社の経営理念を拝見し、非常に共感したため、志望いたしました

など、具体的に、応募先でなければならない志望動機を伝えると効果的です。

新人看護師の場合

20代などの新卒に近い新人看護師が転職する際には、どうして前の職場を退職したのか、その理由を明確に説明しなければなりません。

面接官が納得できる理由であれば、新人看護師であっても転職が成功する確率はアップします。その際も、ネガティブな伝え方ではなく、できるだけポジティブな伝え方をすることが大切です。

たとえば勤務体系が合わず、ポジティブに言い換えられない場合であれば、

前職はシフト制でしたが、実際には週に6.5日は勤務があり残業も夜勤も多く、自宅に24時間いられないことも珍しくありませんでした

など、事実のみを伝えるのも有効です。

また、新人看護師の場合は、将来のビジョンを確立しておくことも重要です。そのビジョンを確実なものにするために転職が必要であったことを伝えることができれば、転職は成功しやすくなります。

中堅看護師の場合

30代などの中堅看護師の場合、転職回数はもちろんですが、それ以上に今までの実績が重視される傾向にあります。

特に重要視されるのは、後輩への指導経験です。

プリセプターやリーダーなどを経験したことがある看護師は、それをアピールすることで採用されやすくなるでしょう。

また、後輩への指導に積極的に参加したい、転職後は即戦力になれるように頑張りたいという姿勢も、面接官にとっては好印象を与える可能性があります。

ベテラン看護師の場合

40代以上の、いわゆるベテラン看護師になると、転職回数はそこまで重要視されなくなる傾向も見られます。

仮に5回の転職を経験していたとしても、20代から看護師をしている方であれば、それぞれの勤務先で平均4年ほどは勤めていることになるためです。

ここで重要視されるのは、人柄や経験、知識です。

さまざまな経験をしているベテランだからこそ、自分のやり方に固執してしまう看護師も少なからずいます。
自分のやり方に固執してしまうと、新しい環境になじめないこともあるでしょう。

そのため、面接時は柔軟に新しい環境でも適用できる人であるかどうかが注意深く見られるケースも考えられます。

新しい環境でもお役に立てるよう、先輩方の指導をしっかりと聞いて勤務したいと思っています」など、柔軟に対応できることをアピールしましょう。

看護師の転職で失敗しない3つのポイント

看護師が転職で失敗しないためには、下記3つのポイントを押さえておくことが大切です。

  1. 情報収集を徹底する
  2. 何を最優先にしたいのか自己分析をする
  3. スキルのミスマッチがないか確認する

それぞれについて、具体的にご紹介します。

① 情報収集を徹底する

情報収集を十分にしないまま転職先を決めてしまうと、「思っているのと違った」という結果になりかねません。

せっかく転職したのに予想と違う仕事内容だと、また転職を考えることになってしまいます。そんな事態を防ぐためにも、事前に応募先の情報を徹底的に収集することは必須です。

求人票にある情報は全て読み、公式サイトもしっかり見ることが第一歩です。

仕事内容だけでなく、理念や医療方針などもチェックしておきましょう。

そのうえで、口コミを調査し、職場の雰囲気など、勤務先のリアルな情報も収集しておくと安心です。

転職エージェントを利用し、相談しながらサポートを受け、内部情報を教えてもらうのもおすすめです。

②何を最優先にしたいのか自己分析をする

自己分析をすることで、どのような職場で働きたいのかを明確にできます。

自分の中で何を最優先して働きたいのかがわかっていれば自分に合う職場を選びやすくなり、転職を成功させやすくなります。自己分析は、下記の手順で丁寧に進めましょう。

  1. 自分の強み、弱みを思いついたままにどんどん箇条書きで書き出す
  2. 現職や今までの職場で、良かったと思う部分と悪かったと思う部分を全て書き出す
  3. 育児の時間や休みを取りたい日などの条件、仕事をしていても自分が優先したいことを全て書き出す
  4. 書き出した内容を精査し、自分が何を最優先にしたいのか、優先順位を付ける

あまり深く考えず、最初はとにかく全てを書き出すのがコツとなります。書き出すことで自分の気持ちを明確にし、優先したいことを整理できるでしょう。

③スキルのミスマッチがないか確認する

転職先で求められるスキルと自分のスキルが合っていなければ、転職しても苦労することが多くなります。

特に、自分のスキル以上のものを求められる職場に転職した場合、仕事をする側も教育をする側も、大きな負担を強いられることになります。これが原因となり、さらなる転職を考えてしまうこともあるでしょう。

こうしたトラブルを避けるためには、スキルのミスマッチがないかどうかを確認しておくことが欠かせません。

まずは、自分のスキルを客観的に評価し、転職先で求められるスキルと比較して見合っているかどうかを冷静に判断しましょう

転職回数が多い看護師におすすめの転職エージェント

転職回数が多い看護師には、ここでご紹介する5つの転職エージェントの利用がおすすめです。それぞれの特徴をご紹介するので、ぜひ検討してみてください。

ナース人材バンク

ナース人材バンク

ナース人材バンク」は、看護師登録者数と紹介実績No.1の実績を誇る転職エージェントです。

利用者満足度は97%と高い数字となっていて、求人数は4万件以上取り扱っています。また、全国の転職に対応していて、施設形態だけでなく病床数や配属先など、より細かい条件で求人を探すことができます。

病院のほか、学校や企業の求人も取り扱っていて、地域専任のキャリアパートナーのサポートを受けられることも魅力です。

レバウェル看護

レバウェル看護

全国11ヵ所に拠点を置く「レバウェル看護」は、業界ではトップクラスとなる14万件を超える求人を保有している転職エージェントです。

新人看護師や家庭と仕事を両立したい方、ブランクがある方にもおすすめの転職エージェントで、LINEで気軽に相談できるなど、サポート体制が万全であることが特徴です。

レバウェル看護では、年間に4,000回を超える職場訪問をおこなっています。

これにより、求人票だけでは知ることができない、職場の実際の雰囲気や医療方針についてキャリアアドバイザーがしっかりと把握していることが強みです。

【参考記事】レバウェル看護とは|レバウェル看護

マイナビ看護師

マイナビ看護師

大手人材会社のマイナビが運営している「マイナビ看護師」は、看護師認知度4年連続No.1を獲得している転職エージェントです。保有している4万件以上の求人には、常勤や日勤常勤のほか、非常勤での募集も含まれています。

マイナビ転職では、求職者それぞれのペースに合わせて転職活動を進められることも特徴です。

数週間ですぐに仕事に就きたい方のための「スピード転職」のほか、数ヵ月かけてピッタリの職場を見つける「じっくり転職」も用意されています。

【参考記事】はじめての転職|マイナビ転職

看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)

看護師ワーカー

全国30ヵ所と拠点数が多く、6万件弱の求人を保有している看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)」は、転職活動をフルサポートしてくれる転職エージェントです。キャリアアドバイザーがしっかりと転職における希望を聞き、それに合った求人を随時紹介してくれる仕組みです。

また都心部だけでなく地方に住んでいる場合でも面接同行のサービスがあるなど、全国どこでも安心して転職活動ができるようになっています。

キャリアアドバイザーが親身になってサポートしてくれるため、不安がある方でも、スピーディーに転職活動を進められます。

ナースではたらこ

ナースではたらこ

大手人材会社であるディップが運営している「ナースではたらこ」は、24時間対応でサポートが手厚い転職エージェントです。
大きな特徴は「逆指名」システムで、自分から働きたい求人先に対してアプローチをかけることが可能なところです。

逆指名システムを使うことで、求人を出していない病院であっても、キャリアアドバイザーが状況を確認し、場合によっては紹介してもらえることもあります。

また、24時間体制でサポートしていることから、日中は仕事で忙しいという方でも、自分のペースで転職活動を進められることが魅力です。

【参考記事】ナースではたらこ サービス紹介|ナースではたらこ

まとめ

看護師の平均転職回数は、他の職業と比べても特に多いというわけではありません。

とはいえ、多いからといってむやみに不安になる必要はなく、その理由によっては転職回数が不利に働かないこともあります。また、転職理由の伝え方によっても、面接官に与える印象は大きく変わります。

ネガティブではなくポジティブな内容で伝えること、自己分析をして自分の優先事項や仕事の軸を確立することが、転職を成功させる鍵と言えるでしょう。

年代によって重要視されるポイントが違ってくることも踏まえ、転職回数だけにこだわらず、転職を成功させるための対策を講じることが大切です。

看護師におすすめの転職サイト5選
サイト名 評価 強み

レバウェル看護

レバウェル看護

4.8

アドバイザーの対応No,1の転職サイト。充実のサポートで納得のいく転職を実現できる。

ナース人材バンク

 

ナース人材バンク

4.5

保有求人数No.1の転職サイト。まずは登録しておきたい転職サイト。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

4.5

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループの転職サイト。

ナースではたらこ

 

ナースではたらこ

4.3

病院からのスカウトが受けられる!最短1か月で転職可能!

看護師ワーカー

看護師ワーカー

4.0

好条件の非公開求人多数!専門のアドバイザーが徹底支援

 

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。